4,200円は高額なので手を出すまでには相当検討しましたが、結果的には大正解です。たかがシールと思っていましたが貼り終えた感想は、「まるで塗装したかのような艶」。継ぎ目も分からないので、知らない人が一見すれば間違いなく塗装したクオリティと勘違いするでしょう。今回選択した紅い色は空中に居る時でもひと際目立つので以前より見落とすこともありません。.

貼りやすいけど難しいw  けど貼り直しができるから怖くないw 剥がす時はゆっくり剥がさないと伸びるので注意が必要です。すごく精密なサイズにカットされてるので貼るときも頑張れば塗装のような仕上がりになると思います。僕の場合作業時間2.

貼り付け作業は集中力と慎重さが重要です、じっくり慎重に作業を進めましょう。.

材質、設計、作業性、すべてのクオリティーが高く塗装したかのように仕上がります。この価格も納得です。私は2回張り替えて楽しんでいます。欲を言えば全面のセンサー付近の部分も追加してほしいです私は自作で追加しました。.

明らかに個性出せました。気に入っていますが、貼るの難しかったです。説明書通りに貼っていけば普通に貼れるのですが、かなり上手い下手が出る感じがしました。噛み合わせの所で数ミリズレたりします。写真では全く分からないのですが、マジマジ見たらズレてるの分かります。プロペラガードは写真の通り取り付けれますが、プロペラガードの内側を削り取ってやらないと傷が付きます。飛行には当然影響ありませんでした。貼り直して2回目の作業となればかなり上手く貼れると思います。.

以前、山林に墜落させそうになりグレーだと視認性が不安だったので、目立つカラーのレッドにしました。レッド(ジャパンレッド)の色合いも落ち着きがある感じで、思った以上にかっこよく見えます。シールもかなり精密にできていて、丁寧に貼っていくと、本当にピッタリに収まります。機体の細かい所まで対応しているので、正確に貼るのは大変ですが、貼り直しもし易いので、丁寧にやれば問題ありません一点、あとで気づいたのは、ランディングギアをつけると、足のところがシール分の肉厚ではめにくくなります。無理に押し込むとシールが歪んで見栄え悪くなるので、はめ込み方の工夫が必要かもしれませんなお、スキンシールを貼った後、直後に、山林に墜落(比較的低空)させてしまった際に、探しに行ってもすぐ見つけることができました(幸い、機体は無事、ブレードに小さなキズ程度)。ちなみにスキンシールも破れはありませんでした。ジャパンレッドについては、色合いが凄く気に入っています。.

WRAPGRADE MONO スキンシール DJI Mavic Pro用 エアーフォースシルバー (サテン)

  • DJI Mavic Pro専用にカットされたドレスアップ用ラッピング・スキンシール
  • 機体を塗装したり、改造することなく、貼るだけでイメージを大きく変えることができます。
  • 飛行中の識別性を向上し、スクラッチによるキズ、大気中の汚れから保護します。
  • 材質:ポリ塩化ビニル 日本3M社製(飛行性能に影響が出にくい薄い素材)
  • DRONEWRAP MONO AIRFORCE SILVER / エアーフォースシルバー はジュラルミンに近いニュートラルなシルバーメタリック。空軍機の外板を彷彿とする銀色は大空に良く映えます。

思っていた色より、きれいでした。シールは薄く、貼り付けるのに苦労致しました。.

本体色が地味すぎなので、手軽にイメージチェンジを図るため購入しました。各部位毎のカットは非常に精度が良く説明書も丁寧に書かれていましたが、精度の良いパーツを貼り付けるには時間を掛ける必要があり、2時間30分程要しました。重なる部分や端部などはもっとルーズにカットされていても良いのではと思いました。長く残るようならユーザーがカットして調整でも良いかと思います。仕上がりはちょっと見ならば塗装したかのようで大変気に入っています。.

ボディ保護になればと思い購入してみました。とても貼り易い素材で説明書通り貼っていけば簡単でした。今回は、レーシングホワイトを購入しました。いい感じです。単色以外で迷彩柄やカーボン調やカラフルなラインナップがあったら良いと思います。傷んできたらまた購入しようと思います。.

Mavicのラッピングは2回目ですが、このシールは貼りやすくて、また過不足なく設計されていて正確に貼るように造られています。少しずれたときの修正もきくのもいいです。色も落ち着いたいてメタリックな感じも好きです。.

シート素材として元々乗用車、デジタルガジェットへのラッピングを目的とした装飾用フィルムの3m ラップフィルム シリーズ1080が使用されており貼りやすく空気抜きも簡単。剥離も安易です。品質も対候性3年なので安心して使用できまね。.

空撮中に自分の位置と先方の景色の間にmavic proが入ることがあります。目視外飛行認可は取得しておりますし手元の映像でも確認できます。しかし100mくらいの距離なら目視でも飛行を確認したいところ。けれど本来のmavicの色は濃いグレー。このために飛行中に景色と重なると本体の確認が少し難しい状況が発生しこの色を購入シールを貼りました。薄曇りの日には空の白色と機体の白色を少し心配したのですが、この色は光の反射で少し光ります。飛行中の位置確認は便利になりました。上側側面にはにはブルーのライン、左右側面には赤のラインをテープで入れましたので、飛行中はともかく部屋の中に置いている時もオリジナル機の姿としても楽しめます。.

別に仕事で使用する理由でもありませんが、、、、1~2万円のドローンをいくつか買って遊んで居て、どうしても大空高く上げてみたくて、金額の大きさに悩んだ挙句にmavicproを購入で、独自性を出したくて、こちらの商品も購入(予備バッテリー用にも同時に購入)貼りやすいとは言い難いですが、何とか完成イメージ通りですごく良かったとても満足しています.

張る作業に4時間程かかりましたが大変満足しております。しかし見本のような隙間なく張るのは至難の業が必要となりますのでtest用のシールを切り取って隙間を埋める作業は必要です。カモフラだった為、この隙間を埋めるシールも目立たなくまるで塗装したように仕上がりました。ただし単色系はツギハギ部分が目立つかもしれません次はゴールドが出たら張り直しします。.

順番通りに貼っていけば失敗しないと思います。貼り直しも可能ですが、一度貼ってから剝がす時はゆっくりやらないとシートが伸びてしまうので注意。エアが入りやすいので、貼る位置を大体決めたら中心から外側に向かって指でエアを抜くより綿棒とかで左右にこすりながら貼っていくとエアーもキレイに抜けるし隅のほうもちゃんと貼れます。.

所詮シールだろうなくらいの気持ちで購入しましたが、とても貼りやすかったですし、出来栄えはオリジナルカラーと思うほどシールを貼ったとは思えないですし、今後も剥がれそうなんて全く思えないほどです。.

私が不器用なこともありますが、休憩を挟みながら約5時間貼り付け作業を行いました。パッケージの裏だったと思いますが機体との誤差0. 1ミリ以下と記載してあり半信半疑で貼り付け作業を始めてみたら、驚くほど精巧に作られていました。写真は貼ってから数回飛ばしたものですが、劣化、粘着の弱り等無く大変気に入りました。又、多少のガリ傷はドライヤーなどの熱で目立たない程度に補修出来ますよ.

私は綺麗に貼りたかったので 手を洗い 手の汗をのけ、ピンセットなども使い 順番どうりにゆっくりと 貼っていきました。多分 1時間半ぐらい かかったと思います。完成したら 指の先が痛くなっていました。何回も強く押さえながら丁寧に貼っていたので。ステッカーにしたら 出来は良いと思います。重ね貼りも良く考えていると思いました。リモコン用も出して欲しいと思います。追伸リモコン用が売り出されたので買いました。これで、全部同じ色になりました。満足です.

Mavic 2が発表されましたが、inspire2もあるので買い換えるつもりもなく、旧型となりましたが本当に良い機体です。なのでこちらの商品でイメチェンしようと、軽い気持ちで購入しました。 が! こちらのステッカーの精度と質感は本当に素晴らしく、約35分ほどで貼り終えた我が家のmavic proはとてもスペシャルな存在感となっており、今後も長く愛して行ける機体となりました。精度も仕上がりも素晴らしいですが、何より手触りが独特のザラザラ感? 安っぽさが完全になくなり、とても気に入ってます。予備でもう1set購入してしまいました。とても良い商品です。.

 スキンシートを貼り終えた感想としては、「うまいぐあいに仕上がっているね」というのが率直な感想です。カラーリングとしては、いろいろでいおり、今後も増えいそうは感じですので、お好みに合わせて、張り替えや組み合わせが可能かとおもいます。個人的にはトリコロールカラーにしてダンダムっぽくや、エヴァカラーにしてみたい衝動に駆られてしまうぐらい色合いとしては上々です。スキンシートについて各シールがmavicの形状に合わせてうまくカッティングされています。特に曲面などの余分の取り方がうまく隙間が出にくいように工夫されているのは、同様のスキンシート系の中では頭一つ出ているかと思います。装着時の影響について本体への影響ですが、装着後に電波の届きが悪くなるといことはなく、特に影響はないです。むしろ、突然の雨などに対しては有効かと思います。貼り付け作業について肝心な貼り付けについてですが、簡単とまでは言いませんが、とても貼りやすくはなっています。各パーツごとにどの部分で、どこから貼るとうまく貼ることができるようにガイドが付いてきます。あと、メーカー側のガイド動画もあるので、貼る作業について困ることはないかと思います。ただ、作業自体には根気のいる作業ではあります。作業時間について約2時間強といったところです。ゆっくりやったつもりなので、うまい人ならばもう少し早くできるかと思います。総評視認性が上がるかどうかは微妙なラインですが、シール装着後、十数回フライトしていますが、劣化もなく、色落ちなどもないので個人的にはとても満足です。本体上部のみのお手軽スキンシートもいいですが、本格的にmavicをお好みカラーにしたいのであればオススメです。ざっくりですが、開封時の写真を添付します。動画はコメントより参照してください(写真等はレビュー掲載後に追加予定です。).

安っぽくなってしまったら嫌だなぁと思いましたが一定の高級感男があり気にいりました制作過程は容易ではない細かい作業になりますのでそれなりの時間と精神力を使いますwガラッと雰囲気が変わるのでそのうち違う店バージョンでも試してみたいです(^^;;.

商品としては、やはり日本製しかない!て感じでよく細かな形まで表現されているシールでした。★4なのは自分のミスで番号通りに貼らずにシールどうしが重なるミスが出てしまったので一個なしとしました。あと、やはり精密な?シールだけに慎重に貼らないとしわができたり、空気がたまったりしますので、神経を使いますね^^;しかし、綺麗に貼るとまるで塗装したかのような出来栄えです。細かな作業が得意な方や、愛機に個性を持たせたい方はぜひ買って挑戦してください。なお画像の文字がある分は、このラップシールの上から量販店で買った立体的な文字シールを貼ってみました。貼ったあとのシールどうしの相性はいいみたいです。.

3mのカッティングシートでした。接着もほどよくとても貼りやすいシートです。貼っている最中でも位置補正のしやすい粘着力です。dji mavic proのフロント側の足はアンテナになっています。足に巻くと電波が弱くなる?   気のせい? シートの粘着面から見ると銀色に見えたのでアルミの蒸着?パウダー?そのせいで電波遮断?疑問符ばかりですみません、飛ばす前に脚部のシートを剥がしました。.