タロット680の機体に使っています。初期設定のままですが非常に安定しています。ナザライトから入れ替えしたのです。私の場合フタバ10j受信器ではsbusが使えませんでした。失敗はgpsのケーブルを逆接してgpsを買い換えました。.

安定性は十分で性能はなかなか良い。GPSモードでは強風下でもキッチリと定点ホバリングしてくれるし、ゴーホームも自動着陸も問題なし。問題は情報の少なさで、ネットで情報収集できる人でないと使いこなすのは難しいかも。(私もまだ完全には使いこなせてはいません)しかも情報のほとんどは海外の物なので英語の理解力も必要だし。安価で高性能なFCですが敷居は少し高いと言うのが率直な感想です。日本語の解説サイトでもあればなぁ。.

真夏の日中何度もgps信号が取れなくクルクル回って宇宙と交信していました1週間ぐらい悩みましたが、mbの中身なのか裏表逆で、反対に裏側に張り付けたらすべて上手くいきました。.

今までは、DJIのNAZAやNAZA-M-Liteを使用しておりましたが、結構問題があるので、試しにこれを購入しました、商品は問題ありませんでしたが、設定でちょっと不明な点があったので、販売元へ問い合わせました所、中国の会社でしたが、日本語で丁寧な対応をして下さり、問題を解決する事が出来ました、困った時に気軽に問い合わせをする事が出来るのはありがたいので、次の機体を製作する時もこの機種を使用したいと思います。.

  • 日本語の説明書があったらよかったのに
  • ヘキサコプター自作の為に購入
  • 安定性は十分。

Tarot Zyx-M フライトコントローラ Gps コンボ付き Zyx25 飛行安定化装置 マルチコプターに適用

  • ご注意:ご使用の前に、TAROT公式サイトまたは以下の商品の詳細情報欄のリンクから最新のV1.64のソフトウェアをダウンロードしてから、パラメーター調整を行ってください。新しい製品のパラメーター調整は最新のV1.64ソフトウェアが必要ですから。  今までなかった飛行の体験を提供するフライトコントローラー:  Tarot ZYX-Mフライトコントローラーは最先端的な技術を集大成したものです。複雑な設定や調整するプロセスを簡素化し、シンブルな操作方法を提供します。
  • 一新された操作体験 :
  • スマートフライトコントローラーは元々素晴らしい飛行体験を提供する用のものです、ZYX-Mも例外なく、先端的な慣性航法スマート演算とナビゲーション制御アルゴリズムを採用し、航空機を安定性と操縦性の両立したものにし、また、自分の好みによって、ソフトウェアからピッチ・ロール・ヘディングなどの設定を調整可能、機体操作を自分なりにカスタマイズできます。
  • Tarot ZYX-Mコントローラーは多様な異常状態の保護を提供できて、さらに異常が発生した場合、適切な操作をユーザーに知らせします。飛行範囲と飛行禁止区域とその他の保護機能の設定が可能、航空機がずっと制御可能な範囲内にありながら順調に飛行できます。
  • 高い安全性を確保:

有り難う御座いました。おかげさまでドローンでの農薬散布に間に合いました。.

ヘキサコプターを自作する為に6ローターに対応したフライトコントローラを探していた所、かなり手頃な価格のこちらの製品を見つけ購入しました。フレームも同じメーカーなので、何となく揃っていて、良い感じです。性能はdjiのnazaとは比べ物にならない位良いです。gpsの測位精度も高く、安心して使える商品です。ジンバルを接続するポートがありましたが、プロポが12chあるので受信機に直接つなぎました。また、pcからの設定は中国語か、英語しか無いので、分からないとかなりきついと思います。.

設定用のアプリも用意されているので、使用するうえでの不都合はありません。日本語対応していただけると助かります。fc本体には、電源ランプがないので、チョット不安になりますが、他製品も同等と思います。レシーバーへの接続は、フタバコネクタなので、jrの場合はちょっと手間がかかります。.

私の勉強不足と、メーカーのアップデートされた説明書が入っていなかったので不良品と勘違いしましたが、[email protected] Comの親切な担当者のおかげでアップデートが終了しました。.

これは初心者の私には不向きでした。説明書は中国語と英語のみで、文章を翻訳しても意味不明な単語や文章 専門用語で悩みまくりです。最初このフライトコントローラーで組んで設定までしましたが、cscをやっても動かないので 一度dji naza-mのフライトコントローラーで試して動作出来るようになりました。djiは種類によって 日本語の説明書があるので、一部を残し理解できました。理解できれば このzyx-mでも設定出来るはずです。(まだ試してませんcscでモーター起動しなかったのは、プロポのトリム設定値が高いので低く設定することで動きます。このzyx-mは入力10チャンネル 出力 モーター8個まで ジンバル3個まで設定出来るのかな?使っているフタバプロポt10jのチャンネルを全て使い、オクタコプターまでサポートジンバルはドローンの下に機材(カメラ等)を使って、サーボモーターを使って任意の方向に回転させたり上下に視点を変更に使うみたい。オクタコプター(8個のモーター・プロペラ)まで使えるみたいですが、公式で問い合わせたら ハンチング(振動)が起きやすく 初心者には扱いが難しくなるのでオクタを製作されるなら別の製品をお勧めします。ヘキサコプター(6個稼動タイプ)なら問題ないそうです。.