Alkwas Blogs

家電、カメラ、AV機器のベストセレクションとレビュー

Tag: LYTRO

LYTRO Light Field Camera ライトフィールドカメラ ILLUM : 撮影者のスキルが試されるカメラでした。

撮影場所や構図をよく考えないと、高い買い物をしたと思われかねないカメラです。しかしながら、このカメラでしか出来ない表現力を知ると、結構ハマるカメラでもあります。. 以前より興味がありましたが、だいぶ安くなり、またコンシューマ市場から撤退とのニュースを聞いて、最後のチャンスと重い購入しました。表題のとおり、使いこなしが難しいカメラです。ライトフィールドの概念や、使いどころを考えないと、大きく重く、画質の悪いだけのカメラになります。「ピンとは後から~」tのキャッチフレーズがありますが、これはある意味誇大広告で、撮影時にピントを合わせる必要があり、後からそれを変えることができる、というほうが正しいかと。また、写したどこにでもピントを合わせられるわけではなく、調整限界があります。静止画よりも、動画の特殊効果として使うのが、よさそうです。カメラの操作性自体は良いと思いますが、概念が理解できないと、メニューなどが使いにくい。あと、先に書いたとおり、画質自体は「悪い」です。400万画素相等ですが、安いコンパクトカメラの400万画素相当で、当倍は見れたもんじゃない。原理上収差などが少ないはずですが、シャープネスが極めて低い感じです。. 以前より欲しかったのですが、コンシューマー撤退のせいで値段が下がり、底値ではと思い購入しました。こういうカメラは以後出ないと思うので、安い時が買い時だと思います。sdカードは高速なものが必須なのは注意して下さい。95m以上となっていました。接続もusb3. 0が必要です。レンズが明るいので使う機会は少ないかも知れませんが、ストロボは入手しづらくなっています。. 興味があったので、風景写真作成用に購入しました。ダウンロードしたソフトを操作すれば、撮影後であってもピントが変わります。実用的には、被写界深度の調整機能が最重要になるかと思いますが、まあ、ボケ味もよく(いい光学系ですね、それともソフト上で計算するからなのでしょうか、ボケがきれいな円状になりやすい感じがします)素晴らしい機能です。しかし、誤算がありました。持って歩くには、少々、いやかなり重く、しかも顔に押し付けにくい形状のため、ホールドに不安があります。重量を生かして、早めのシャッタースピードを使用するか、三脚を持ち歩くことになり、道端に車を止めてから撮影場所を探して歩くなどという使用方法には、あんまり向いていないのかな(少なくとも私の体格では)と思います。スマホや小さなデジカメをお使いの方にはお勧めできません。カメラバッグを背負って歩くことが苦にならず、先進機能がお好きな方にお勧めします。. 持ちだして撮ったの見せると背面液晶でも後からピント位置変わるのが判り、話題性は抜群ですね。本体ファームは初期バージョンが入っていて、ver2. 0まではアップデートできました。カメラ好きには面白いオモチャになります。その点についてのみ星評価をします。はい、オモチャ。間違ってもこれで作品作りしようとは思ってはいけません。作品作りなら同価格帯のフォーカスセレクト機能積んだlumixの方がいいと思います。こちらはあくまでも夢を買う感じで。標準のjpgにしようとすると、現状最新のlytro desktopで処理しても、バックと被写体の輪郭に、ボケてるところとシャープなところが混在してもうめちゃくちゃな写真になります。出力されるjpgの解像度は数値的には400万~450万画素相当あるはずですが、実際は絞っても150万画素のコンデジと同じくらいの写りになります。国内の事業撤退を決め、今後アップデートが見込めない以上、不自然な輪郭も今のままでしょうから、オモチャ以上の存在になるのは不可能ですね。以前出てた3dコンデジと同じような道を今後辿るんだと思いますのでメモリアルに1台、って感じですね。バックに周りよりわずかにコントラストが高いものがある場合、被写体自体が消えるという不可思議な現象(作例にup、f2とf16設定で消滅する現象をどうぞ)も起きますので「人類には早すぎたカメラ」なのかもしれません。撮影者がコントロールしようがありませんので。なお、リモートケーブルはキヤノンrs-60e3 の互換品が使えます。. Lytro Light Field Camera ライトフィールドカメラ LYTRO ILLUM (イルム) 9.5‐77.8mm F2.0 LYTRO ILLUM [並行輸入品] モデル番号を入力してください これが適合するか確認: チルト液晶 Lytro Light Field Camera ライトフィールドカメラ LYTRO ILLUM (イルム) 9.5‐77.8mm F2.0 LYTRO ILLUM [並行輸入品] :

Read More

LYTRO Light Field Camera 8GB Graphite- 並行輸入品 – 実におもしろいが・・・

マウスクリックでピントを合わせても、まったくもって面白くないです。タブレットの指で触ったところにピントが合うと、なんでかは分からないですが途端に面白くなります。アンドロイドに対応してないので、星を2つ減らしています。. 後でピントを合わせることができる、唯一のカメラ。最新ファームウェアにアップデートすればwi-fiでiphoneやipad経由で画像アップロードも可能。撮影にはちょっとしたコツも要るがさほど難しくなく、操作自体はとても簡単。工業製品としての品質も高い。残念なのは液晶。解像度が低く、視野角も狭い。あと、非常におもしろいのではあるが、この技術を活かす使い方が見つからない。この商品は並行輸入品ということで、外箱に汚れがあったり若干の傷や変形があるものの、中身は完全な新品で付属品も揃っており問題はない。ファームウェアは最新ではなく、アップデートしてwi-fiの使用が可能になった。また、初めて使う時はやや長時間の充電が必要であった。. おもしろいと思います、ただし、macのみ対応は・・・しょうがないですね. 「並行輸入品」とありましたが、包装も汚く、かつ私のところに届く前の日付の画像が1枚保存されていました。完全に中古品ですね。. 0が繰り出す、ピントの自由、素晴らしい。デザイン、他にない使いにくい、でも先進性があって素晴らしい。意外とデカい。一眼タイプの新製品は、もっとカッコいい。使いこなそうと鼻息荒く購入したものの、こういう時に仕事が忙しく全然触れてません。単なるおもちゃになりそうで・・・恐いっ。. 撮影後にピント変えられるという新しさが刺激的。変更可能な被写界深度の狭さが惜しいがiliumと比較したら価格差のわりには非常に高性能. 発想としては面白いカメラです。ただ、専用ソフトを使わないと楽しめないというところが残念なところです。近接撮影にはめっぽう強く、水槽の中の魚を取るなどするとなかなか面白い写真が撮れます。. 利点と欠点 メリット 面白いおもちゃではあります。 もっと評価されていいカメラ 実におもしろいが・・・ デメリット 特徴 Lytro Light Field Camera 8GB Graphite- 並行輸入品 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: Lytro Light Field Camera 8GB Graphite ベスト Lytro Light Field Camera 8GB Graphite- 並行輸入品 買い取り

Read More