Tag Archives: ソニー(SONY)

コンパクト
July 14, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX5 : 田代照夫です その性能にとても満足しています

noimg

カシオのコンデジからの代替えでリコーのcx4を購入したものの、あまりのノイズの多さに返品しこちらを購入。この商品はすばらしいと思います。他メーカーより相当先を行っている感じです。静止画は肌の色がキレイに写り少し暗いところでも失敗が少ないし夜景もきれい。パノラマや3d撮影も楽しい。それだけでも価値があるのに、動画がこれまた最高です。canonのフルハイビジョンビデオhf21を使用してますが全く遜色ないと言ってもいいぐらいです。より広角で撮れるので子供の参観日なんかではこちらの方が利用価値が高いほど。これが2万で買えるとはすばらしい。倍の価格でも欲しい。もしこれで音声がステレオ記録なら運動会以外ではビデオ機要りません。気になるところは電源ボタンが小さく奥まっているので押しにくいところと、親指に当たるダイヤルが何かの拍子にクルクル回ってしまうところですが小型化の代償ですのであまり気になりませんが手の大きな方はストレスになるでしょう。液晶が指紋だらけになるのも何とかして欲しいですが。容量が小さいバッテリーはソニースタイルで2個setをポイントを使い安く買いました。デザインはシンプルでパープルとピンクのアルマイトカラーもソニーらしくすごくキレイで個性的です。持ち歩くのも楽しくなり久しぶりのお気に入りです。純正の白ケースも購入しましたがこちらもかわいいです。個性的な女性にお奨めします。. この機種の前のモデル「dsc-wx1」を使っていて、とっても気に入っていたので、デジカメを欲しがっていた母に「dsc-wx5」をプレゼントしてあげました。当然、前モデルより同等以上だろうという、勝手な思いは見事に裏切られ、、残念ながら前機種より悪くなっているように感じます。ポイントは2点。ひとつは、ピクトブリッジに非対応になってしまったこと。(ピクトブリッジとは、デジカメをプリンタにusb接続して直接印刷できる機能)この機能がついてないデジカメなんてない!と思い込んでいましたが、ソニーに問い合わせたところによると、「プリンタも進化し、もう必要ない機能」という方針で、新しい機種では非対応になっているとのことです。これには本当にがっかりしました。かならずメモリを抜いて、プリンタにさして、そして印刷、ということになります。(usb接続して、ちょっと一枚だけ印刷、ってことができないです。 古いプリンタではピクトブリッジには対応していても、カードがさせないので 全くもってどうにもなりません。)もうひとつは、バッテリーが小さくなって、長持ちしなくなったことです。メモリースティックとsdカードの両方に対応してしまったため、バッテリーが入る隙間が狭くなってしまったからですね。いろんなレビューでバッテリーのもちが悪いと書かれていたのですが、まぁ、それほど言うほどでもないだろうと勝手に思っていたら、実際使ってみると普通に写真撮るだけで使っていてもなんとまぁ電池がもたないことか。。デザインと機能はもうかなりいけてると思いますが、この2点でのマイナスポイントは、はかりしれません。。まぁ、バッテリーは予備を買うことで対応しましたが、ピクトブリッジ非対応はどうしようもないです。。ピクトブリッジの機能って、もう不要??. 中古で 南青山store という店から買ったが、届いたら不良個所が多々あった。状態は 良い と書いてあったのに、良いどころか不良品。すぐに返品した。. 10年近く前からこのカメラを使っています sdカードの読み取りが時々不具合を起こすようになったので買い直しました もう何万枚も撮影しており、その都度カードを抜き差ししているからだろうと思います ケーブルもありますがカードを抜き差しするほうが手早いからです 私は接写で本をコピーするように写真を撮りますのでその鮮明な画像が気に入っています 5mで撮影すると満足する絵が得られます 今日も科学雑誌(月刊誌ニュートン)を全ページ撮影しましたがとても具合がいいです 小さい文字もちゃんと読めます これに先立って3ヶ月ぐらい前にサイバーショットのdsc-w810を買いましたが接写性能がイマイチ(文字がwx5と比較すると少し不鮮明であること)なのでこのwx5を買い直しました とても満足しています 動画はdsc-w810のほうが長持ちする感じです 実際テストしたわけではありません 多分wx5のバッテリーがへたっているのかもしれません 送られてきたカメラは新品同様で傷はありませんでした バッテリー充電器が付属品としてありました パープルの色が人気がなかったのかもしれません. ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX5 (1220万画素CMOS/光学x5) バイオレット DSC-WX5/V モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ●Cyber-shot DSC-WX5 バイオレット●SONY ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX5 (1220万画素CMOS/光学x5) バイオレット DSC-WX5/V :

Read more
ビデオカメラ
July 13, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY ビデオカメラHDR-CX675 32GB 光学30倍 ホワイト Handycam HDR-CX675 W – コストパフォーマンスに優れたベストバイ

noimg

8年前位に買ったhddハンディカムと比べて、かなり小さく本体にあるボタンも数個しかないくらいシンプル。手ブレ対策に高価なスタビライザーも真剣に考えていた時期もありましたが、空間手ブレ補正という斬新な構造にも関わらず値段が安いですよね。撮影は、他人が見やすいように気を付けているので、スタビライザー内蔵のカメラは本当に有り難いです。まさに運動会に威力を発揮しますよね。これから色々な撮影が楽しくなりそう。小さいので気軽に持って行けます。ちなみに付属してるバッテリーだと1時間くらいしか撮影できないので、予備バッテリーも買いました。それとレンズが動くため、汚れた時の拭き掃除が難しい事と、ホコリ侵入予防で46mmのレンズフィルターも買いました。運動会で使ってきましたが手ブレ補正がかなり効果的で、望遠撮影が楽しくなります。でも、望遠にすると画質がかなり劣化してるように感じます(光学ズームでも)。手ブレ補正が優れているだけに、もったいないと感じました(‘・_・`). そろそろ 限界になって来た 前型からの乗り換え 前型と操作系がさほど変化無いので 説明書読むことなく 使えてます 画質に関しては さほどの変化は感じられませんが ピント合わせは こちらが早く 賢いので これだけでも 良かったと 感じられ 乗り換えて正解かなと 感じました ただ 暗所のノイズは さほど進化はないかなと 印象受けました. 子供の記録撮影とyoutube動画撮影用にと購入しました。1)必要な機能を装備してこの価格!どうせ新しいビデオカメラを買うなら押さえておきたい様々な機能を網羅してくれているのがこちらのhdr-cx675でした。・新 空間工学手ぶれ補正 上位モデル同様の高性能な手ぶれ補正を搭載・ファストインテリジェントaf オートフォーカス性能を大幅に向上。 ロックオンでの自動追尾にも対応・xavc s対応         50mbpsというハイビットレートに対応してくれるのが嬉しい!・マルチアングル対応     hdr-as50を持っているのでソニー製品との連携にはこれ・wi-fiで画面共有       ズーム(低速)と録画/停止のみですが、スマホで遠隔操作、映像確認ができる・内蔵メモリー          32ギガバイトの内蔵メモリーで最高画質でも1時間近く撮影出来ます。・usbケーブルを内蔵     ハンドストラップ部にusbケーブルを内蔵、データのやりとりや充電ができ、モバイルバッテリーからの給電にも対応・ホットシュー          ソニー独自規格なので変換アダプタが必要ですが、外部マイクを使用するのでハードポイントとして必要・外部マイク入力        外部マイクを使うので無いと困る!これだけ出来てこの価格は非常に嬉しい!2)逆に削除した機能・4k対応            正直うらやましいですが、家の液晶もパソコンの画面もしばらく1080pなので不要かなと。・バリオゾナーテッサー    レンズが1ランク安くなってます。残念。3)ちょっと残念なところ・ホットシューのカバー    スライドして本体内部に収納されるタイプだと非常にスマートですが、こちらはカパッと開くタイプ・外部マイク端子の位置   液晶モニターを開いたところの本体側にあります。マイクをつけたまま液晶しめられない・・・総評それにしてもこの価格でこの性能。そしてこのコンパクトさ。最高ですね!レンズ保護のためにプロテクターとレンズキャップを購入しました。買って良かった♪. すぐに壊れた!メーカーに問い合わせたが横柄な対応!まったくダメ!. Made in china になって、ソニー製品に品質の当たりハズレ出てきましたね。性能はいいので重宝しています。. お店で簡単な物とだけ指名したらこちらを強く勧められました。レンズ自体がユラユラして手ブレを補正してくれるところを目の当たりにしてまず気に入り、ハードディスクに32か34ギガ分録画出来ますがmicrosdカードも併用できるし、静止画も9ギガ(動画と静止画って別なんですね…知らなかった)分撮れるそうです。wi-fiに繋げるのも良かったです。我が家には4kよりもこちらの方が都合もよく、もちろん操作も簡単で撮った動画も大満足。しばらくは買い替える必要もなさそうなモノが買えたと思います。. Cx590vを持っていましたが、ディスプレイが壊れてしまったため、乗り換えました。同じソニーハンディカムのため、操作はほとんど変わらず、説明書を見なくてもカンタンに操作できました。我が家ではブルーレイディスクレコーダーもソニーのため、usb接続してワンタッチするだけでレコーダーに取り込みすることできるのもとても便利。外側からレンズを見ると、水に浮いているように中でゆらゆらとしています。手ぶれ補正してくれそうだなとワクワクしますw。本機は「マイボイスキャンセリング」という撮影者の声を低減してくれる機能もあります。前の機種では、私の声が入らないように黙り込んで撮影するということが多々ありましたが、やはり話しかけないと赤ちゃんなどのリアクションが撮れないという悩みがありました。しかしこの機能を使うことで、私の声が小さくなるので(完全には消えないけど)気にしないで撮影することができるようになりました。本機はwi-fi接続でスマホに撮影した動画を転送できます。撮影時には高画質動画と同時にスマホ向けの画質の動画も録画しています。(設定でoffにできる)本機ディスプレイに表示されるqrコードを読んで接続することで、パソコンやレコーダーを介さずにスマホに転送することができます。snsへのアップや、その場にいる人への転送もカンタンにできると思います。その他、wi-fi機能はパソコンへの転送やテレビでの再生、スマホからのリモコン操作などでも使うことができるそうです。. 小型軽量は良いのですが、玩具のようで質感がないことと高額ズ-ムが40~50倍くらいほしい気がします。手ぶれ補正は、歩行撮影しても静止殺意に近く非常に制御され素晴らしいです。現在貴社のdcr-trv9を愛用していますが、手ぶれ補正と画質は格段の差です。ただtrv9に比べますと機能が省略されているのが残念です。. 利点と欠点 メリット 運動会用に購入満足 CX535からの乗り換え 再生画質は満足 デメリット 安くて買えたので良かったです。ただビデオの性能は数年前前に買ったものとそれ程違いが無いのは残念。. いつも通り丁寧な梱包に安心。欲しかったものが安く買え、数ヶ月経ちますが問題無く使えています。自慢の手ブレ機能はさすがと、言ったところです。コレを使ってしまうと、他のカメラのブレは気になってしまうかもしれないので、中毒性抜群の製品です。. 今まで使用していた機材は、キャノンhg10というhddの機種で、撮像素子が大きめで、ライトもついており、画質的には満足でしたが、何せ重いため、長時間用のバッテリーだとちょっとした筋トレができるくらいでした。また、バッテリー交換もしなければならなかったこともあり、入替をした次第です。今回購入の際には、cx680とも比較検討したしたが、記録容量の違いしかないようでしたので、安いこの機種したうえ、浮いた分で、メモリーカードを購入したことで、容量の不足も補うことができたので、よかったです。そもそも、64gb分の撮影する前にバッテリーが持たないと思いますので、自分的には、フルハイなら32gで十分だとおもいます。重さも、565g(hg10)→360g(cx675)と200グラムも軽くなり、いままでなら10分構えると嫌になりましたが、これなら1時間くらい手持でも行けるか!?というくらい違いがあります。あと、ソニーご自慢の「空間光学手ブレ補正」ですが、他の方も仰ってるように過剰な期待はできませんが、ワイド端で撮る場合はほんとに効果ありで、ほんとに手持ちなのというくらい安定してます。(ただし、テレ端は、それなりに揺れますというか、酔いますw)少し残念な点は、前機種購入から8年経過していますが、画質はほぼ変わらず、ハイビジョンはこの辺が限界なのかと思います。これ以上望むなら4k行くしかないないんですね・・・. Gopro的なカメラを使っていましたが、手振れ補正が欲しくなって購入してみました。使ってみたところやはりアクションカムとは比べだいぶ見やすい映像となりました。バッテリーの持ちもよいし、操作も簡単で満足しています。欠点的なのを上げるとすると、mp4形式で撮影できるけど高画質撮影はできないことと静止画モードの画質がちょっと残念なところですね。この辺はカメラと使い分けていくのがよさそうです追記mp4の高画質録画はxavcs方式と設定を変更するとこで可能でしたので訂正させていただきます. いろいろな機能がありますが、評価の高い手ぶれ補正とafのピント合わせの早さが魅力です。実際使ってみて、素人でも簡単に綺麗な動画が撮れるので満足しています。本体はとても軽いが、素材は高級感に欠けます。線キズがすぐ付きそうです。1点、端にあるタッチパネルが若干押しにくく感じました。タッチパネルは今どきなので時期に慣れるかと思います。本当に必要なボタンだけあり、操作が分かりやすく、かつ高品質な動画が取れます。デザインも秀逸です。さすがはソニーです。. 電器店より少し安かったのでアマゾンで購入しました。ちゃんと動きます。手振れが恐ろしいほど出ません。言うことなしてす。. 操作もかんたんで機能もすごく大変いいものです。スマホと連動できるのがいいです。. お遊戯会などバックが黒でステージが明るい場合、全体を写すとステージ上の人物が白とびしやすい。少しアップにして画面内の黒の面積を小さくすると回避できる。そのほかは不満なし。手ぶれ補正は本当に効果が大きい。スマホ用に動画を同時記録してくれる点も◎. 1つ前のモデルを購入しようと考えており、半年くらい悩んでいました。値段が安くなったので購入しようとしたら、「新しいモデルがあります」とのこと・・・。性能もアップしましたが、価格もアップしておりどちらを購入しようかまた悩むことに(泣)ネットで色々調べてみると、前モデルでの不満や改善点が改善されているとの情報がありました。値段は高くなりますが、差額以上の価値があると思いこちらを購入しました。操作もしやすく、大満足です。ただ1点!上部に付いているホットシューの形状がSONY規格なのが唯一の残念ポイントでした。外部機器を使用予定の方は注意して下さい。. メーカーより さらに手ブレに強くなり、美しい映像を残せる高画質スタンダードモデル 拡大表示 拡大表示 拡大表示 拡大表示 ワイド撮影時は約15倍ブレない、“新”「空間光学手ブレ補正」 レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つので、ズームしても、動きながらの撮影でも、手ブレを抑えて安定した映像を撮れるのが、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」。そこへ新たに「インテリジェントアクティブモード」も搭載し、ワイド撮影時は約15倍ブレない安定した映像を実現した。旅行や運動会で、歩き撮りやお子様を追いかけながらの撮影する時になど、さまざまなシチュエーションで安定した滑らかな映像を簡単に撮影できる。 高速・高精度に、ピントを合わせてくれる「ファストインテリジェントAF」 ソニーのαやサイバーショットで採用している独自の空間被写体検出方式をハンディカムにも搭載。従来のオートフォーカス速度に比べて、大幅な高速化を実現。ズームやカメラの向きを変えた際に効果を発揮。撮影チャンスを逃さない。 身体全体を追尾してピントを合わせ続ける「ロックオンAF」 狙った被写体の顔だけでなく、身体全体を認識しピントを合わせ続ける「ロックオンAF」機能を搭載。自由に動きまわる子どももピンボケにならずくっきり撮影できる。 拡大表示 拡大表示 拡大表示 さまざまなシーンを、より美しく、すばやく「Exmor R CMOSセンサー」 どんなシーンでも、高精細で高画質な映像を実現。とくに、夜景や暗い場所での撮影に威力を発揮。ノイズを低減し、美しく鮮やかに撮れる。 撮影者の声が抑えられる「マイボイスキャンセリング」 写体の声や周辺の音はそのままに、撮影者の声を大幅に低減して録音できる。たとえば、運動会でわが子を大声で応援をしながら撮影しても、自分の声ばかりが目立つという心配はない。 楽しい動画がカンタンにできあがる「ハイライトムービーメーカー」 撮りっぱなしの映像を、カンタンな設定だけで、1本の作品に仕上げてくれる「ハイライトムービーメーカー」。BGM解析・色味解析、そして、ハイライトボタンを押した任意のシーンなどを編集して思い出に残るステキな作品を、ハンディカムが作ってくれる 子どものラグビーの試合のために買い直しました。以前はついつい、カメラから目をはなして、直接見てしまうとブレまくちゃいましたが、これを使うと激しい動きもバッチリ‼ボールの動きに合わせてカメラを動かせても問題なしでした。テレビにつなぐのも簡単で満足です。. 670シリーズの発売からやけに早いマイナーチェンジだなーと思っていたのですが、いざ670を購入、現場で使用してみると、afが外れまくり。夜の街頭でも、車のライトでも、とにかくafが迷って定まらない。絵も、コントラストが強すぎてとても見られたもんじゃない。sonyに相談しても、事象を絶対認めませんでしたが、この早すぎるマイナーチェンジが物語っているんでしょう。675を購入してみたのですが、前記した事象は見事に修正されていると感じました。670もファームウエアの更新とかでなんとかならんものかなぁ。. 初めてビデオカメラを買いましたが、非常に使い易く、これまで愛用していたデジカメの出番が減りました。基本的に、ビデオ録画ボタンとズームのツマミと静止画撮るボタンが持ち手の右手の指そばにあるだけで、余計なボタンは隠れてるので誰でも録画できます。液晶画面はタッチパネルで、簡単にwifiでiphoneに接続できます。おそろしく簡単にスマートに使いこなせるなと感じています。. 小型で性能もよく持ち運びにとても良いです。演奏会に使用しています。. 最初に買うなら使いやすいし、値段もそれなりかと思います。スマホは普段用に、これは行事用にしています。. 孫の野球試合に使っていて、最高画質でモニター画面で少し見えにくい時もあるが、再生すると鮮明にとても写りが良く満足しています。ただ、攻守交代時には切ってメモリカード節約しているが、切り忘れた時カメラ内で簡単にカットできるといいかなと思いました。使いこなしには今暫く慣れが必要とも思います。.  アマゾンさんでは無く、近所の量販店で買わせていただきました。通常ポイントや特別ポイントなどでアマゾン価格よりずっと安くなったのと無料で5年保証がついたので。 さて、「ソニーのhdr-cx675」と「パナのhc-w580m」でどちらにするか迷っていました。価格はパナの方が5000円程安く、サブカメラ付きと言うのも気になりましたが、店頭で手持ち撮影をして画面を比べてみたらまったく違っていました。パナの方はデジカメで動画を撮影するよりも手ぶれ対策は良いですが、やはり電子処理なので限度があり、自分の持ち方では画面がふらついておりました。しかし、ソニーの方は手持ち撮影でも殆ど手ぶれがなく、同行した家族が「これならいつもの車酔いしたような映像を見せられなく済む。」と言ってくれたので、これに決めました。「ソニーの空間光学手ブレ補正」のおかげで腕をあげられそうです。. 壊れたのが届いた。録画が出来ないしタッチパネルが出来ず、即返品。でもう一度同じ機種を買ったが壊れている訳でないが、タッチパネルが弱い感じがする。頼むぜソニーさん。こんなんではパナソニックに負けるぞ。画質もパナソニックと変わらない。しかも、パナソニックのが安価だし。. 便利に使わせてもらってます。機能的のも問題ないので旅行にもっていきます. 最新のモデルということもあり、コンパクトだなという印象です。2世代前くらいのハンディカムと比べてみると、質感は落ちる気がします(メカっぽさがなく、プラスチックさが強い)。マニュアルフォーカスやファインダーなど、省略された機能が多いです。あとメモリーカードがマイクロsdのみ対応となっていたのは見落としました。仕様にはちゃんと書いてありますが、もっと目立たせて欲しいです。既存のsdカードを使いまわそうと考えている方は要注意です。また、購入後すぐに使用していたところ(バッテリーはフル充電)、いきなり初期状態に戻るという現象が起きました。調べてみると、内蔵のメモリ記録用バッテリーを充電するため、購入後しばらくは本体も電源に繋いでおいてほしいとの事。日付が狂うくらいで済みましたが、現場で初期化されるのはかなりビビりました。. ベスト ソニー SONY ビデオカメラHDR-CX675 32GB 光学30倍 ホワイト Handycam HDR-CX675 W 買い取り

Read more
ビデオカメラ
July 13, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX700 : 製品は素晴らしいですが梱包が最低。Amazonで買うのはおすすめしません。

noimg

訳けあってコンタクトレンズが使用しにくくなったところに今まで使っていた一眼レフが2台とも不調が発見されましたので動画に切り替えようと思い立って、現在当該ax700に焦点を当てております。そこで先輩の方々にお伺いいたしたいのです。被写体は殆どが長距離ドライうイブでの風景と主に桜の花です。従って鮮明感・精細管・解像感・hdr感・ぶれない感・鮮やかさ感・スカイブルー&ホワイト&濃い緑&重厚なレンガ色のカラー感・不自然な輪郭補正感の無いこと・収差を感じさせないこと・全域(周辺ボケ&ワイドボケ)でボケ感が出にくいことを重視しています。①ミラーレスα7Ⅲの動画性能と比較して動画の画質差は歴然としたものはありますか。②ax700の動画から写真のjpeg切り出しは簡単に出来ますか、その際にフォーマット変換で画質が落ちる感はありますか。③現状のpcはfhdですが1台はfhdと4kとの差が表示できません。もう1台は最新のfhdですノートの性かこれまた差を感じません。(youtube動画配信での感触)こういった環境での4k動画retouchは可能にすることは出来るのでしょうか。④同じく動画視聴環境は4kフルサイズtvを前提にしていますがソニーにはやはりソニーのtvでないと十分な能力発揮は出来ないのでしょうか。⑤おなじくtvもhdr仕様ですがカメラもhdrでの撮影ですとダブってしまってダメなんですかね。それとも自動検知と二重hdr防止機能があるのでしょうか。手動でも切り替え調整をすればokなんでしょうか?⑥ax700のプロ仕様機との決定的違いはなんですか?高速外部記録装置との連結機能の違いですか?それともマルチチャンネルの録音機能が強化付加されただけなのでしょうか?質問は細かく多枝に渡っていますが包括的なワンポイントご返事でも構いませんので是非先輩諸氏方々のアドバイスをお願いいたします。是非ご教授下さいませ。. センサーサイズ1型なので、いままでの家庭用ハンディカムではイマイチだった夜間撮影がバチンと鮮明に録画できます。花火とか夜景撮影、夜の動物撮影など長くなるので詳しくは下記のレビュー記事にて。あともう一つすごいのが、af性能です。乗り移り感度やピント前後範囲などを細かく設定できて、流し撮りでも全然ピントが外れません。これはかなり撮影が楽になりました。狙ったところにピントが合うのがやっぱり上級モデルだなという印象。ハイブリッド位相差afで前後が速いうえに正確、そして粘ってくれるのである意味初心者にオススメです。適当に撮ってもハイセンスな動画が撮れました(笑)youtubeでの投稿動画の質が一気に上がりました。レビュー記事http://mysimasima. Com/dialy/ax700-af/youtubeチャンネルhttps://www. Com/channel/ucx8etgfihx5poodadqbtzqq. ほぼ思い通りの画に対応できるので満足です。手持ち長時間構える場合は重さで若干疲れてきますが、別途購入したグリップで安定させています。逆に三脚で振り回す時など、このカメラ重量がちょうどいいバランスで安定すると思います。. 「ファストハイブリッドaf」システム、「スロー&クイックモーション」や、最大960fps(40倍)の「スーパースローモーション」など多彩な撮影機能を搭載したfdr-ax700で、どうせ買うなら最高機種を・・・と思いがち。しかしこのfdr-ax700は同じsonyのハンディカムでも操作方法が全く異なり、ほぼ同型のfdr-ax100とも異なり、相当複雑かつ難しくなっています。 他のハンディカムは液晶パネルでのタッチ操作が中心で、シンプルで分かりやすく設定項目も少なくて初心者でも比較的簡単ですが、このax700は液晶パネルを見ながらボタンやキーで何十もある細かい撮影設定をしていきます。従来のハンディカムではオートだった項目も、この機種では細かくマニュアル設定が可能。それらを使いやすいようカスタマイズボタンに記憶させ、撮影場面に応じて呼び出す事ができます。その為、画面には表示と項目が従来のハンディカムよりもはるかに多く、初心者ではどれがどう設定されているか理解するのが難しい。これらの新機能や操作方法、表示はα9等のミラーレスやrxシリーズに搭載されているもので、上級クラスいわゆるプロ仕様です。使いこなすには撮影の専門知識と順応な対応、それに対する慣れが必要で操作がかなり複雑です。これができませんと、上記の様な新機能やこだわりの撮影機能を発揮する事ができません。 レビューされている方の中には使いやすいとか大概の方が満足されるとか言ってる方がいますが、その方はこの機器も含め、仕事で同じsonyのミラーレスα6500等を外部モニター等に繋げるなどして使うプロ。複雑なカメラ操作に熟練しており、このfdr-ax700は操作方法がα6500よりも簡単なので使いやすいと言えるでしょう。その他youtuberの方やセミプロの方々もカメラやビデオカメラを仕事で使っていますので、今までの物よりはるかに多機能だと満足されていると思います。  しかし行楽や運動会や子供の成長記録など休みの日くらいしかカメラを動かさない方には、多様な設定に不慣れだったり知らなかったりで操作に手こずり、いざ撮りたい場に直面しても設定ができていなかったりミスをしていても気づかず。そして撮った映像を再生してみると、ピントが合っていなかったり、白とびしたり、実物とは全く違う色合いになってしまっていたり、暗くて見えづらい映像に。結果、理想とは程遠い記録となってしまい、これならもっと簡単なカメラの方が良かったと感じるかもしれません。 これらの事からデジカメや従来のハンディカムクラスしか扱った事がない方がfdr-ax700を購入されても、使いこなすには専門知識の習得と使い慣れる必要があり、相当困難だと考えます。付属の取扱説明書を読んでも専門用語が多く、理解できないかもしれません。オートで撮影もできますが、それではfdr-ax100に毛が生えた程度の実感しかありません(追尾が早くなったくらい)。買ってはみたものの、使いこなせず手放しておられる方が多いのも事実。ですので多機能高性能高画質ですが、操作が複雑なプロ仕様なので、購入、又はfdr-ax100 からも含め買替は慎重に。 もちろん新機能やプロ操作にチャレンジしようと思っている方、業務用カメラや同じsonyのαやrxシリーズを使いこなされている方にならオススメです。 あとこのビデオカメラは動画映像撮影メインであり、静止画撮影(写真)と音声録音機能は最小限の機能しかありません。ビデオカメラで多様な写真を撮られる方、音声を5. 1chの高音質で録音されたい方は、fdr-ax100の方がいいでしょう。このカメラでは写真の画質バリエーションが少なく、マイクもステレオしかありません。今までハンディカムで使ってきたオプションも使えないものがあります(フラッシュ等)ので注意。. プロ仕様。操作が複雑で難しいので、購入や買替は慎重に 製品は素晴らしいですが梱包が最低。Amazonで買うのはおすすめしません。 機能に満足 ソニー SONY 4Kビデオカメラ Handycam FDR-AX700 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 像面位相差AFセンサー273点 AFカバー範囲最大84% 高精細で低ノイズな映像と、美しいぼけ味を実現する1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS搭載 ズーム倍率 光学12倍 全画素超解像ズーム 18倍 (4K)/24倍 (HD) 外形寸法:幅×高さ×奥行(付属バッテリー装着時)121×104×274.5mm(レンズフード,大型アイカップ含む) 外形寸法:幅×高さ×奥行(付属バッテリー装着時)121×104×274.5mm(レンズフード,大型アイカップ含む) 兄の孫の定期演奏会を撮影してきました。大きなカメラと三脚を持って行けないので今回小型4kカメラを購入しました。編集して画質の良さに驚きました。色合いも良く数台のマルチカメラ編集でなく1台でトリミングして編集できました。ただ、広角がもっと欲しいですが兎に角満足しております。. 先程届いて、バッテリーを少し充電してテストしてみました。短時間のテストでも良好な画質が確認でき、製品の素晴らしさが確認できました。ただし、梱包は最低でした。amazonの倉庫から出荷されたものですが、ダンボールの中でガタガタと動いていまた。また同時購入したプロテクションフィルターやストラップが、ビデオカメラの箱と外箱の間に挟まれており、ビデオカメラの箱が凹んでいました。私にとって高額な買い物ですが、割れ物注意の指定もされておらず、梱包に対しては大変不満です。金額もポイント還元も大差ないので、ヨドバシで買うほうが安心です追記:その後の動作確認で、液晶モニターが点滅する症状が出ています。初期不良なのか、梱包由来の故障なのか判断つきませんが、返品の方向で話が進んでいます。繰り返しますが、製品は素晴らしいです。☆4〜☆5に相当します。梱包が非常にいい加減です。. 仕事で使用するため、まず4kビデオの中で品定めをしていたところ、殆どのカメラが4k撮影時には外部モニターに接続できないことが判明。ビデオカメラの小さいモニターでは細部を確認しづらく、撮影終了後にpcで確認してみたらイマイチというケースがあるため、この機能は私にはマストでした。しかしこちらの製品は4k撮影時にも問題なく外部モニターに出力ができます。また、家庭用のカメラだと様々な設定が基本オートになっており、明るさ・wb等が撮影の途中で勝手に変わってしまうことがあり、映像がボツになることもしばしば。毎回いちいちメニューに入り込んで各種設定をマニュアルにする必要がありましたが、こちらの製品は、マニュアル設定の切り替えがスイッチで可能なため、メニューに入り込む必要がなく、直ちに切り替えが可能です。更に、カスタマイズボタンもついているため、必要な機能をすぐに呼び出せるよう設定が可能で、使い込むほど使いやすい仕様になっています。プロ仕様で、家庭用のビデオ程度しか触ったことない方には複雑だと思いますが、使いこなせれば懐がとても深く、大概の方は満足できる商品に仕上がっているかと感じました。.

Read more
コンパクト
July 13, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー Sony Dsc-T5 S Cyber Shot/T5 シルバー : お手軽カメラ

noimg

スリム型のデジカメの中でも、薄く、そしてデザインがやぼったくないので、ポケットにしのばせ、いつでも使えるデジカメだと思います。画素数は、500万画素と最近のものに比べれば、少なめかもしれませんが、個人的にはこれ以上画素数が多くとも、データ量が多くなるだけなので、スリムでスタイリッシュであるものをお好みの方は、いい選択肢だと思います。残念ながら、現行機種では一般的な手振れ補正がないので、脇をしめて写真を取る必要があります。(^_^;). デジカメを買うときの基準として、僕は薄さとデザインにこだわりました。両方の点から言ってこのt5は優れていると思います。ジャケットのポケットに入れていても違和感がありません。名刺入れサイズで、重さもあまり感じません。シルバーを選んだのは、以前canonの製品を使っていてこの基本的な色合いに愛着があったからです。デジカメは買っても持ち歩かないと意味がありません。持ち歩きに便利なこのタイプはすごくいいと思います。. デジカメは初心者です 弟がカメラをやっているのでお勧めをきき  また、レビューをみて決めました とてもコンパクトで持ち歩きたいと思っていたのでちようど良い大きさでした それと、取り扱いもとても楽でカメラになじみのなかった私にも楽しく撮影できそうです.  1目でわかるほどの薄さが、そのまま本機の魅力となっています。大型のディスプレイも見やすく、500万画素といい申し分ないクラスです。 もともとが安いので、購入時に256メガ、512メガなど、メモリを同時に揃えると、更に使いやすさが増す。 最近流行のマニュアルデジカメとは違う、簡単操作でハイクオリティなデジカメ。マニアックな操作を必要とせずに、予想以上の写真が撮れるので、遊びの場においては威力を発揮すること請け合い。 起動時間の早さと、スライド式の電源が周囲の目にはかっこよく映ることでしょう。何よりも、胸のポケットからさりげなく出せる薄さなので、まず形から入るデジカメとしても、都合がよいと思われます。  レンズがやや小さめなので、写真が少し暗めに感じるかもしれませんが、それに順応するだけのiso感度は持っております。接写もこなせるので、多様な現場での活躍が期待できそうです。 趣味としてのデジカメ撮影をこなしていきたい人には、やや物足りないかもしれません。. 持ち歩きのカメラ どこでも持ち歩けるデジカメ 置いてるだけで絵になります。 ソニー Sony Dsc-T5 S Cyber Shot/T5 シルバー モデル番号を入力してください これが適合するか確認: メーカー型番 : DSC-T5(S) カラー : シルバー 撮像素子 : 1/2.5型総画素数530万CCD CCD : 正方形画素・原色フィルター・インターレーススキャン・SuperHADCCD カメラ有効画素数 : 有効510万画素 私もデジカメを初めて購入いたしました。この商品は大変使い易く妻も使い易いと大満足です。ぜひSONYファンはもちろん他のかたも購入して使用してみてはどうでしょうか?私は5つ★です。. 9月は諸事情で3台のコンパクトデジカメを購入しましたソニーのt5ですが中身はほぼt7と同じです。アメリカでt7の代わりに先行発売されヒットしてるだけに実力はあります。以前のソニーはサイバーショットといえば同じ形を思い浮かべるほど1機種だけが大ヒットしていましたが、キャノンなどがスタイリッシュに力を入れ始めてから変化が起こり、l1あたりで開花し先のt7や今回のt5など女性にも受け入れられるデザインを取り入れ成功しています。女性がカバンから取り出した時に違和感の無い、むしろ注目されるファッショナブルなデザインは多くの方にオススメできます。★が4つなのは先のt7でもコメントを記載しましたが、引き続きのサイバーショット画質は良いのですが好みが分かれるのと、画質を求める方は昼間でもキチンと脇をしめて撮影を心がければそこそこ妥協できるのではないでしょうか、本来のソニーらしいファッショナブルな商品だと思います。デザインが気に入れば、も~チョット値段が落ち着いてから購入だと割安感が得られる商品かもしれません。.

Read more
デジタル一眼レフ
July 11, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY デジタル一眼α NEX-3 ダブルレンズキット ホワイト NEX-3D/W : よかった!

noimg

Bodyだけが欲しかったんですが・・レンズはおまけということで我慢かな?液晶モニターコーティング ハゲハゲのキズ箇所・・機能は大丈夫なんでok。. 私はカメラ初心者なのですが、撮影してびっくりカメラの腕が上がったように思えます。今まで友人が撮る写真は上手だなと引け目を感じていたのですが、カメラの性能もあったんですね!自分もそれなりに上手になったように思い、撮影するのが楽しくなってきます。機能面では、7連続高速シャッター、ぼかし調整、などジョグダイヤルで操作も簡単です。大きい一眼レフのカメラを買おうと思ってましたが、これにして正解でした。悪い点は充電池の持ちが悪いような気がします。がファインモードで250枚位撮影出来ました。. 簡単にいい写真が撮れるカメラを探していて、オートでも簡単にきれいに写せるカメラだったので、彼女が購入しました。私が持っているα55と比較しても、下手するとnex-3のほうがよい写真が撮れることも。(構図やカメラ設定、腕の差などの理由)カメラの撮影設定の切り替えが少し面倒だったり、時間がかかるのが欠点。しかし、α55にはないmdf(ダイレクトマニュアルフォーカス)機能があります。これを使うとオートでピントを合わせ、もう少し追い込んでピントを合わせるのに便利で、思い通りの写真を撮ることができます。hdrやdro、マニュアル操作、αマウントアダプターでレンズ交換などを駆使すると多彩で非常にレベルの高い写真まで撮れる懐の深さがあります。普段は全部オートでカメラ任せで、誰でも簡単にきれいに撮れる。絞り優先できれいなボケを活かした撮り方を覚えれば、友達から褒められる写真が撮れるようになりますよ。. ソニー SONY デジタル一眼α NEX-3 ダブルレンズキット ホワイト NEX-3D/W :

Read more
デジタル一眼レフ
July 11, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY ミラーレス一眼 α77 ズームレンズキット DT 16-50mm F2 : 俺にとっては最高の相棒です。

noimg

いいカメラを買うことができたと思っています。最初はcanon デジタル一眼レフカメラ eos kiss x6i を購入予定でしたが、その後新発売のnikon デジタル一眼レフカメラ d5200とどっちがいいかと迷いました。カメラ店にも何回も行って検討しました。sonyは眼中になかったのですが、ふとα65を手に取りファインダーを覗いたときこれにしようと思いました。α65のボディにレンズはdt 16-50mm f2. 8 ssmで計算したらα77標準仕様のほうが数百円安かったのでα77の購入を決めました。. α55からのαユーザーです。先日57を購入し進歩を感じられたので、勢い余って77も買ってしまいました。aps-cサイズのセンサーに2400万画素も突っ込んだ弊害として高感度ノイズがヤバいというのはもう周知の事実でありそれが私も不安だったので無難に57を先に買ったのですが57と比較した結果、問題ないなというのが私の感想です。それよりも、日中の風景や花を撮ったときの解像感が素晴らしく、1600万画素機では味わったことのない写りを早くも量産してくれてます。日中…と書きましたが、今ぐらいの時期であればキットレンズのdt16-50f2. 8なら17時を回ってもiso100で撮れることが多いですしそれ以降撮る気ならどんなカメラをお使いの方でも三脚を持ち歩いていると思います。iso上限をきめて置けば、高感度で悩むことは無く、むしろ57よりストレス無く使えている気がします。他に57との違いと言えばファインダーがより高精細になっていますが77のあとに57を覗くと違和感を感じるものの、77を買う以前は何も不便だと思ったことがないのでここは重要ではないかもしれません。それよりも私が感動しているのは背面液晶です!ドット数などはたしか同じなのですがチルト機構が三軸になっており、色んな角度に対応可能です。57はモニターがどうしてもボディ下に飛び出すのでローアングルで三脚をつけると干渉してしまいカメラは縦位置なのに、モニターは横向きでカメラの動きとモニターの映像の動きが一致しない…という状況が多々あるのですが77の三軸チルトは思いつく限りのポーズで構えましたがバッチリ!ライブビュー撮影が強みのαシリーズではこのチルトは必須だなとまで感じるほどです。中級機ならではの作り込みとボタンの多さからくるダイレクトな操作性で、撮影の快適さは当然ですがエントリー機とは比べものになりません。レンズも非常に高速で描写も素晴らしいです。後継機の噂が出てきましたが、値段が下がった今だからこそ買ってみても良いんじゃないでしょうか。この値段で高性能ボディと2. 8通しの純正レンズは損なんてありえないですよー。. はっきり言うと各メーカーから一眼、コンデジに関してはどれを買っても良いという程現在のラインナップは充実しておりどれを買っても損はないはずだと個人的には思っている。一応初めての一眼が名機α55であったためレンズ資産を生かす為に二代目も当然sonyということになった。sonyはカメラメーカーであると同時にエレクトロニクスのエースとして独特のポリシーを持っている。近く一週間ほど掛けて東北の方に旅行に行く予定であるが天候の万一の不順に備えて防塵、防滴でかつ堅牢な構造のカメラ、そして動画撮影に使うことの多い人間としてはカメラレンズとともにストレスに強くf値が2,8と明るくそこそこズームも利く機種となると全メーカーを通じてエントリー、ミドルクラスとやはりα77が最善の選択だろうということになった。正直なところこの次に来るラインナップを見てみたかったが時期が迫っておりそうそう悠長なことを言っていられず現在のところ最高の選択肢と思えるα77を買うと決めた。カメラの高画素化というのははっきり言って性能の低下以外の何物でもないがやはりこのα77に於いてもisoの実用範囲は特に動画の場合800以下というところのようだ。それ以上はノイズが出やすいと思う。しかしやはりisoがむやみにオートで1600以上にならないというのは大変な良さで少々の操作ミスを恐れず安心して撮影していられる。実際に夜景を撮影してみたもののかなり光の少ないところでも使い方次第で割り合いとくっきり写る。かなり性能には満足している。ただ静止画と動画とで画角に大きな開きがあるのは案外知られていないところで動画を写し始めると画角が望遠よりになり狭くなる。α33でこれがあるのは知っていたがα55ではなかったので少々面食らった。ピントの合う範囲も静止画と動画とで随分と異なる。動画になるとかなりボケが弱くなる。それでも実に鮮やかにうつり、色の潰れやブロックノイズはα55より少ないという感覚は編集していてはっきり感じる。動画のクオリティは明らかに上がっている。今年撮影した桜の花びらの散る様子がくっきり撮影でき満足している。モニターや電子ビューファインダーとは別に右肩の上のところに液晶表示で撮影情報が出るというのは本当に助かる。マニュアル撮影が本当に楽しくなる実にカメラらしいカメラだ。現在の価格帯からは考えられないようなオールインワンの汎用性の高いカメラで現状最高の買い物の一つだと考えている。. α200からα550へと進み中級レベルのα77へと進みました。以前はpentaxのk10dを使っていましたがミノルタのα7の中古を買った頃からミノルタが好きになりαを中心に置くようになりました。αマウントを選択した理由はフィルム時代のオートフォーカスを開発したα7000、一眼に負けない35mmフィルムの小型カメラtc-1、数々の銘玉レンズ、初のデジタル中級銘機α700など数々のここでは書けない歴史があり特に「7」の番号を付加した機種には特別な意味があり、その時代の凝縮された技術が詰まっています。他社の様に、次から次へとリニューアルを繰り返す特徴の薄い新製品?と異なります。現在はsonyになりましたが基本技術はミノルタ、アイデアはsonyとの融合と言った感じです!視野率100%のxga有機elファインダーは発色も良く、カメラを動かしてもビデオカメラのように残像ブレは感じられないので、これが電子ビューファインダーと言われなければ高精細なため見分けの付かないレベルでよほどのマニアかプロで無いかぎり使い勝手はk10dのようにペンタプリズムでなければならないとは思いません!(決してpentaxが悪い!と言っているのではありません、ペンタプリズムで無くても良いと感じます)液晶モニターについてはあまり語られませんが最初にこのα77のモニターを見た時その視野角の広さと綺麗さに圧倒されたのを覚えています!是非、現物で確認される事をオススメします。ボディーも上級機α99と同じ仕様のマグネシウム合金でガッチリとしてホールド感も良いです付属レンズも最新の広角寄りのdt16-50mm f2. 8 ssmの超音波モーターで無音回転しピント合わせも驚くほど早く、エッ!もう合ったの!と思うほどです。逆に無音に近いので本当に回転しているのかと不安になる位です。ズームしてもf2. 8と変わらず明るいレンズ 大口径72mmでカッコ良く高級感に溢れています。このレンズだけでも8. 7万円もしますのでレンズキットは大変お得です。後に、私は望遠用のGレンズ 77-300mm f4. 6g ssmと合わせて使用していて保有している満足感とともに楽しんでいます。どちらのレンズを使用してもソフトのbions内でレンズ周辺光量と収差補正が自動で行われ周辺明るさ補正とともに歪みの無い撮影が出来ます。価格もこなれていますので新しい機種志向の方でなければ私のようにレンズキットをリーズナブルに購入できます。フルサイズの機種も検討しましたが、レンズもさらに高級になりそれなりの覚悟が無いと財布の予算不足でレンズを揃える事ができなくなりますので私はα77で落ち着きました。中級クラスになるとファミリー一眼カメラと言う感覚では無く趣味趣向の要素が優先されるべき物ですが、電子ビューファインダーの情報表示も好みでカスタマイズできて従来の表示方式には無い良さも有り趣味趣向の製品として合格点を与えられるでしょう。私はnikon canonも考えましたがどちらも報道カメラというイメージがあって好きになれません。購入履歴も無く画質に関して「悪評」を流す、どことは言いませんが他のメーカーの分子と思われる低評価もありますが、apsサイズのクラスでは画質に関しても決して他品に劣るものではありません。ミノルタ時代の資産やトランスルーセントミラーなど独自の技術を持ちcmosセンサー、lsiも自社で開発製造できるのはsonyの強みでは無いかと思います。他にプログレッシブフルハイビジョンの動画も取れるので時代が進んだものです。静止画モードから専用ボタン一発で動画モードになり便利です。最近は、プロの動画撮影にも高級レンズと大きな撮像素子を利用しデジタル一眼のメリットを生かして被写体の前後をぼかした映像に使用されるほどになったと各雑誌でも記事になっていますね。videoカメラはもう要らないかもですねー。. Minolta時代のα交換レンズを沢山持っていたので、迷わずα77を購入し、旅の友として長年愛用していたのですが海外旅行中に盗難事故に会い、ガックリしていたのですが幸運にも新たに入手するチャンスが出来、非常に満足しています。 只、モードダイアルのラバー部が(長期、保存状態の悪さ?)変色しているのが残念です。 又、商品写真(レンズ2本)と商品名称(レンズ1本)の不一致を解消されたし。. Cpが高い~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~. ソニー SONY ミラーレス一眼 α77 ズームレンズキット DT 16-50mm F2.8 SSM付属 SLT-A77VQ モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ●α77 SLT-A77VQ ブラック●SONY ズームレンズキット いままではα55を使っていて、中級にアップしようと買いました。画質はキレイですよ。拡大してもかなりキレイです。、、、、、問題のファインダーですが、確かに自動的に明るさ補正しやがってウゼエ。まあ自分で即効露光とかをいじって好きな明るさにしてるからまあいいけど。. 軽量とお買い得は星低めですが、一眼デジカメ特有のバッテリー消費の激しさがうかがえますね。ソニーはデジタルビューファインダーを採用しているため全てに電力を使います。ただ、バッテリーグリップの採用で補えるので興味があればセットでオススメです。ヘビー級の重量にはなりますが、最高に扱いやすい機種です。. ソニー SONY ミラーレス一眼 α77 ズームレンズキット DT 16-50mm F2.8 SSM付属 SLT-A77VQ :

Read more
コンパクト
July 11, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー Sony デジタルスチルカメラサイバーショットn2 1010万画素 Dsc-N2 – 触れば触るほど奥が深い

noimg

現在のコンデジと比べると非常にコントラストが高くクッキリとした描写をします。液晶画面もタッチパネルになっていて反応も速く、撮った写真に付属のペンで文字を書き込めるなど遊び心もあります。レンズは年代的に広角側があまり広がっていませんが、これも構図の練習のためには好適といえます。. サイバーショットが好きなので、気に入ってます。かっこいいコンデジだから。. まずはこのボタン類のほとんどないデザインを見てください。ヘアライン処理もすばらしいと思います。また、ボタンが少ないことで初心者にも使いやすいと思います。そして、他の方も評価していますが、マニュアル設定による奥行きの広さです。初心者から、ちょっとカメラに凝ってますという人にも十分使えるかと思います。. タッチパネル機dsc-n1の後継機種。今回もタッチパネルのハイスペック。魅力なのは勿論1000万画素オーバーの描写。レンズ性能云々ではなく、やはり描写密度は高い。iso1600も、その数値からは想像できないほどノイズが少ない。多機種と似たようなスペックだと思われがちだが、この機種の一番の魅力はマニュアル設定があること。今まで通りにオート撮影でもよいのだが、そこに一味加えたいユーザーには、やはりお勧めなのがマニュアル機であることと、その懐の広さ。シャッタースピードを変えての夜景撮影などは、マニュアル機でないと楽しめないもの。タッチパネルなので、なかなか数値の設定が面倒だったりもするが、どうして、はまると面白い。丸みのある形は賛否両論だが、底部の厚みは安定感があってよい。撮影が楽しくなるカメラの仕組みについて学べるカメラでもあり、1眼レフカメラはよく分からないというユーザーで、なおかつハイレベルを目指す入門にしてもよいのではないかと思う。手ぶれ補正機能なしでも、それを感じさせない低ノイズ。惜しむらくは、タッチパネルが持つ独特のストレス。ちょっと設定を変えたい度に、画面をさわりまくることになる。液晶面はよく出来ており、指紋はつきにくい。遊べる機能としては、あいかわらずのらくがき機能が面白い。触れば触るほど奥が深く、遊び尽くすには経験と時間を必要とするが、その分長く長く付き合っていける一台と言える。. リチウム電池の問題、apple computerとの音楽配信機器での劣勢、等々、なかなかスランプから脱出出来ないでいるsony…。いくら長年appleを使ってきた僕でも、sonyにはどうしても頑張ってもらいたい!創業者、井深大、盛田昭夫氏の創ったsonyがこんな事柄で消えてしまっては日本として困ります!敢えて今日はあちこちの都内家電センターを歩き回って、これ!という製品を見つけて大々的に推薦したい、こう思いました。それがこのデジカメです。この価格の範囲でこの製品以上の精度・機能・手軽さ・画素数を持ち合わせたデジカメは他社では当分出来ないでしょう。これは一押しです。じっくり情報を分析して下さい。頑張れ、SONY!敢えて推薦します。. 利点と欠点 メリット まだまだ現役 触れば触るほど奥が深い いい部品使ってる デメリット 特徴 ソニー Sony デジタルスチルカメラサイバーショットn2 1010万画素 Dsc-N2 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 美しい有効1010万画素。ブレに強い高感度ISO1600。タッチパネルで使いやすい、高画質サイバーショット メーカー型番 : DSC-N2 カール ツァイスレンズ : バリオ・テッサー(レンズ構成 : 5群6枚〈非球面レンズ3枚〉) 光学ズーム : 3倍 F値 : F2.8-5.4 ベスト ソニー Sony デジタルスチルカメラサイバーショットn2 1010万画素 Dsc-N2 レビュー

Read more
デジタル一眼レフ
July 11, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY デジタル一眼レフカメラHズームレンズキット α350 高倍率ズームキット DSLR-A350H – 初心者にオススメ

noimg

記録媒体にコンパクトフラッシュを使う10年前の古い機種ですが、画素数は14メガあり必要充分です。発色も良く最高感度のiso3200まで充分な画質を持っています。よほど大きく印刷するのでなければ、まだまだ現役で活躍してくれる一眼レフです。付属の高倍率ズームはこの画素数に対して充分な品質で、これ一本でたいていの撮影は間に合っていまい重宝します。ライブビューは滅多に使いませんが、ミラーの上げ下げなしに行える面白い機構です。視野率が少し小さくなるのが難点です。結局3台のα350を使っています。. 被写体を追いかけるのに精一杯で、使いこなせないと思っていました。やっぱり、すごい表現力がありますね。連写能力がもの足りませんが、素人には十分です。撮影旅行に、大活躍していますし、子供の運動会にも、便りにされています。これ持ってれば、買い替える必要ないと考えます。. 展示品でしたが未使用の品物で保証書も残り10カ月ありました。気持ちよく使っています。. 初心者には十分です。使いやすいし、これ一つで、ズームまで使えてしまう。なんてうれしいんでしょう。欲を言えば、もうちょっとズームできたら・・・。よくばりすぎですね。. α350は、デジタルカメラの可能性を一気に向上させている。それと言うのが「ライブビュー」モード搭載!背面液晶で常に撮影状況を把握することが出来る。マニュアル撮影での設定変更も画面にリアルタイム表示される。しかも、目の前の被写界と液晶内の「ズレ」を感じさせない。自由なアングルで撮影範囲がグッと広がる上に、1眼レフでしか搭載できないような描写力の高いレンズを使うことで、今までよりもストレス無くグッとくる写真が生まれてくる。これは1つ、夢のカメラの誕生と言ってもいいだろう。1400万画素の描写力もレンズとマッチングして活かされてくる。手ブレ補正機能が本体に付いているのは嬉しい。それにしても画像エンジンのレベル向上により、画面内1200分割による測光モードにより、より的確なシーン撮影を可能とさせている。ローアングルからの逆光にしても、オートでも十分な成果が期待できる。ライブビューから生まれてくる新しい可能性は、撮影者の意図を偶然や突発的なものにより更に進化させてくれることだろう。18mm〜200mmと言うレンズの範囲は、広角範囲はやや広く新しい感覚を体感できるだろうし、ズーム性能も練習用だと思えば十分に堪能できる範囲である。大抵の撮影域はこなせるので、芸術用でなければこれ一本でもいける。物足りなくなったら「F値」の高いレンズを求めることで、また新しい世界が開拓できる。ズームレンズだけでなく、他のレンズの面白さも求めて欲しいし、それこそが1眼レフの最大の魅力だと思う。. 値段を忘れて買ってしまったのは、サイバーショットU10以来です。大きさはまったく異なりますが、U10と同じ異端児のニオイがぷんぷんしており、持ち歩いていると意味もなくシャッターが切りたくなります。(これはデジタルガジェットに対するほめ言葉です。)クイックライブビューの使用感ですが、うたい文句のとおり、コンパクトデジカメとまったく同じ感覚で使えます。これを買うまで知らなかったのですが、今までのデジタル一眼レフは、液晶画面で構図を見ながら撮影できなかったのですね。”ライブビュー”がなぜ注目されるのかようやくわかりました。操作感は非常にスッキリしています。写り具合は、オートモードでも十分イイ感じなので、今のところ調整はほとんどしていません。また、カメラ雑誌が指摘するiso3200でのノイズの多さについては、私にとっては問題ないレベルでした。付属レンズが18-200ミリの望遠ズーム1本であることも決め手になりました。理由は、1)レンズを2本もつより機動性にすぐれる2)レンズの口径がほかのメーカより少し大きいので、理論上、明るい写真が撮れる(=暗いところに強い)そして2点だけ今後の改善点があります。1)フラッシュのフタが開きやすい。→形状の見直しを。カメラバッグに引っかかりやすく、開いてしまうことがよくあります。2)グリップが弱そう→わたしの握力は強くありませんが、にぎると微妙にゆがむというか、音がします。軽量化のためとはいえ、もう少し剛性があってもいいのでは。以上、総合的にはよくできたカメラだと思います。デジタル一眼レフの入門機として、オリンパスe420あたりと、いい勝負になるのではないでしょうか。追記:α300がまさにそういう立場でデビューしてしまいましたね。こちらは高解像度が唯一のアドバンテージですが、微妙な気分です。高倍率セットが出てないので、まあいいけど。. 利点と欠点 メリット 古い機種ですが性能は充分です 満足 良い品物でした デメリット 特徴 ソニー SONY デジタル一眼レフカメラHズームレンズキット α350 高倍率ズームキット DSLR-A350H モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 本体サイズ(H×W×D):本体:約98.5×130.8×74.7mm(突起部を除く)、レンズ(最大径×長さ)73mm×85.5mm 本体カラー:ブラック ベスト ソニー SONY デジタル一眼レフカメラHズームレンズキット α350 高倍率ズームキット DSLR-A350H レビュー

Read more
保護フィルター
July 10, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウン HDR-PJ680 TI & Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 46mm レンズ保護用 724606 : プロジェクタ機能がすばらしい

noimg

ズバリこれを選ぶ理由はプロジェクター機能です!ずっとプロジェクター機能に興味があって気になっていたのですが、たまたま知り合いが同機種をもっていて、そのプロジェクターの能力がいかほどか確かめられ購入を決意致しました。(ちなみに某家電量販店ではお勧めされませんでしたよ)もとい早速、道場の発表会を録画して打ち上げで即上映しました。皆さん大喜び大爆笑。撮ってすぐ皆で鑑賞できるのはいいですね~。上映するには部屋は暗くしないと勿論映りません、投影画面は約50×80センチくらいの大きさにして20人くらいで鑑賞しました。スクリーン代わりの白壁ですが、よくある壁紙で細かい凹凸があるやす。テレビを見るほどクリヤではありません。昔の八ミリな感じを思い出します。それでも宴会で盛り上がるには十分なクオリティです。基本的な機能はストレスなしで使えると思います。ちなみにバッテリーは旧式のソニーの物を持っていたので、新式のでっぱりに合うように、バッテリーのぶつかって入らない部分を彫刻刀で削って再利用しています。ソニーさんバッテリーは高いのです!あまり形式を変更しないでくださいね。. 私が買った時は本体だけで5万を切っていたので買いました!cx680の兄弟機ということですが、プロジェクター機能に興味を持ちこちらの方を購入しました…画質は悪くなく本体も軽いので外での撮影もしやすいですまた、手ぶれ補正もしっかりとしており流石sonyさんの商品だな、と関心しました!初めてのビデオカメラ購入だったのですが、次回もsonyさんのカメラにしようと思えました!ただ、4k撮影とナイトモードが付いて無いのでより撮影の幅を広げたい方なら上位モデルの購入をした方が良いと思いました. ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウン HDR-PJ680 TI & Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 46mm レンズ保護用 724606 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 高速・高精度に、ピントを合わせてくれる「ファストインテリジェントAF」 25ルーメンの明るく見やすいプロジェクター機能 撮影者の声が抑えられる「マイボイスキャンセリング」 ハイビジョンも長時間記録 コーティング:マルチコート 面反射:1% 枠材質:アルミ 枠の特徴:ローレット

Read more
ビデオカメラ
July 10, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX45 4K 64GB 光学20倍 ブロンズブラウン Handycam FDR-AX45 TI – マイク

noimg

画像は、キレイですね。価格からも気にならない。ただ、やはり重みは感じました。. 到着予定日より1日早く到着しました子どもの発表会の為に、初めてビデオカメラを購入しました。そんな私でも すぐに使う事が出来ました。. 4kディスプレイでみるとhighvisionより進化していることがはっきり分かります.詳細な印刷されたマニュアルがないのが残念です.. 電池の消耗が若干早いですが、高性能なので買ってよかったです。. さすがソニー製、日本製なので安心して使えますね。他のレビューに掻かれているとおりズームや手ぶれ防止はさることながら、画質もしっかりしていて色再現性が一番だと思います。これからもよいmaid in japan の製品を作りつづけて欲しいブランドです。. ソニー製品なら使いやすい!テレビも簡単につないで再生できるから良いです. 文句ない画質と手振れ補正、ズームに満足しています。ただ、とても気に入ってしまったので、上位機種のax60にすればよかったと後悔しています。マニュアルレンズリングは絶対あった方がいいです。普段マニュアルで撮ることなんてないのでいらないかと思いましたが、学芸会など明暗がある場面で、明るさ調整をカメラ任せや画面をポチポチするのではなく、手でスムーズにしたくなりましました。. ソニーの対応ブルーレイレコーダーに取り込めるとのことですが、本当に取り込むだけです。一日のイベントは細切れの(撮影ボタンを押した回数分だけ)タイトルで取り込まれ、それを統合することもできません。買ったことを後悔しています。. 利点と欠点 メリット 使いやすさ抜群 ソニー製品 さすがにソニー デメリット 録音レベルを上げたいと思いマニュアルで最高にしても低い以前に使用していたもっと安価なeverioの方がこの点はいいですね別にマイクを購入しないと駄目かな不満はこの部分です. 特徴 ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX45 4K 64GB 光学20倍 ブロンズブラウン Handycam FDR-AX45 TI + SONY ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M C モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 運動会におすすめ「4Kビデオカメラ」「マイクロホン」のセット 180通りの組み合わせの中から、撮影状況に合わせた最適な映像が取れるように自動設定「おまかせオート」 撮影した映像をカメラが自動でBGM付のショートムービーに仕上げてくれる「新・ハイライトムービーメーカー」 撮影した4K動画から決定的瞬間を、829万画素の高精細な静止画で切り出せる 狙った音をしっかり収録できる、マルチインターフェースシュー対応ガンズームマイクロホン 映像だけでなく音でも運動会の思い出を残そう ベスト ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX45 4K 64GB 光学20倍 ブロンズブラウン Handycam FDR-AX45 TI + SONY ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M C レビュー

Read more