Alkwas Blogs

家電、カメラ、AV機器のベストセレクションとレビュー

Tag: ソニー(SONY)

ソニー(SONY) ソニー SONY ビデオカメラ HDR-PJ680 64GB 光学30倍 ホワイト Handycam HDR-PJ680 W & Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 46mm レンズ保護用 724606 : 良品だと思います。

私が買った時は本体だけで5万を切っていたので買いました!cx680の兄弟機ということですが、プロジェクター機能に興味を持ちこちらの方を購入しました…画質は悪くなく本体も軽いので外での撮影もしやすいですまた、手ぶれ補正もしっかりとしており流石sonyさんの商品だな、と関心しました!初めてのビデオカメラ購入だったのですが、次回もsonyさんのカメラにしようと思えました!ただ、4k撮影とナイトモードが付いて無いのでより撮影の幅を広げたい方なら上位モデルの購入をした方が良いと思いました. 初めて買ったハンディカムなので比較対照がありませんが、軽くて使いやすく電池の持ちも良いと思います。. 付け足しのプロジェクタ機能とは思えないほど、いわゆる映写幕にとてもきれいに投映されます。mp3形式で映像をpcに取り込めるだけじゃなく、そこに圧縮機能が選択できる点も優れています。. ズバリこれを選ぶ理由はプロジェクター機能です!ずっとプロジェクター機能に興味があって気になっていたのですが、たまたま知り合いが同機種をもっていて、そのプロジェクターの能力がいかほどか確かめられ購入を決意致しました。(ちなみに某家電量販店ではお勧めされませんでしたよ)もとい早速、道場の発表会を録画して打ち上げで即上映しました。皆さん大喜び大爆笑。撮ってすぐ皆で鑑賞できるのはいいですね~。上映するには部屋は暗くしないと勿論映りません、投影画面は約50×80センチくらいの大きさにして20人くらいで鑑賞しました。スクリーン代わりの白壁ですが、よくある壁紙で細かい凹凸があるやす。テレビを見るほどクリヤではありません。昔の八ミリな感じを思い出します。それでも宴会で盛り上がるには十分なクオリティです。基本的な機能はストレスなしで使えると思います。ちなみにバッテリーは旧式のソニーの物を持っていたので、新式のでっぱりに合うように、バッテリーのぶつかって入らない部分を彫刻刀で削って再利用しています。ソニーさんバッテリーは高いのです!あまり形式を変更しないでくださいね。. Pj630が壊れたので買い替えました。.

Read More

ソニー(SONY) ソニー SONY デジタル一眼レフカメラ α200 ボディ DSLR-A200 : すぐに壊れました。

第2子誕生時購入。タムロンa16とシグマ30mmf1. 4使用です。今まで不満なく使っていたt9(コンデジ)とは雲泥ですね。精細感も立体感もぜんぜん違う。絞りをコントロールするだけで、こんなに写真って変わるんだなと、中古の古いレンズを試したりし始めて・・・、やばいです。いろいろ勉強中ですが、面白すぎます。. ヤフオクやwebの中古市場は、バツタモンばかりという話は、まんざら嘘ではないようです。今回のこのカメラの売り手さんは、いけませんね。.  発売後1年経過してかなりの安値で購入しました。エントリー機種ながら操作性に優れているのでレビューします。 本機はエントリー機種としては大柄な部類で、手の大きい私にはしっくりと来るホールディング性です。これだけでも購入の価値があるのですが、ボディ内手振れ補正も強力で、手持ちで8分の1秒くらいは手振れをすることなく撮影できます(被写体ぶれはもちろんありますけれど)。画素数が1,000万ですので、レンズを選ぶこともなくキットレンズでも十分に良好な描写を楽しむことができます。デジタル露出補正の効きもよく、よほどの明暗差がある被写体以外では安定した露出精度を誇ります。今となってはライブビューも搭載されていませんが、その分操作も簡単で気軽に使えることができるでしょう。 さらに本機はソニー製独特の形状をした縦位置シャッターボタン付のバッテリーグリップがあります。これを装着するとますます大きくなりますが、大きなレンズを装着してもホールディング性が向上し、縦位置での撮影もスムーズになります。キットレンズだけでは飽き足らず、将来大口径のレンズを購入してからも重量バランスのよい状態で撮影に臨めます。 すでに後継機種α230に代替わりし、本機は流通在庫のみとなっているでしょうが、あれば安く購入できるのでお買い得です。α230のようなちょっと変わったグリップではなく、従来型のしっかりつかむことのできるグリップを備えていますので、より安定した構え方もできます。 本機はいずれはレンズを買い増し、ステップされる方に好適です。大きいボディも安定した写真を撮るためには必要であるということがわかるはずです。どうぞ在庫があるうちにお買い求めください。オールラウンドに使えること請け合いです。. 思った以上に良い商品でした。良く外出時に持っていき使用しております。. ソニー SONY デジタル一眼レフカメラ α200 ボディ DSLR-A200 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ●α200 DSLR-A200 ブラック●SONY ボディ ソニー SONY デジタル一眼レフカメラ α200 ボディ DSLR-A200 :

Read More

ソニー(SONY) SONY Cyber-shot DSC-WX170 ピンク : お値段はお安く、機能は十分

レビューにあるように高機能、使いやすいかどうかはまだわかりませんが・・・小さいので意外に派手でないのはイメージでは判りにくい. 軽いですし、モニターも大きく、使いやすいです。動画もばっちり撮れます!ハンディーカムなどはデカすぎて、持ち運びも疲れます。これは確か、一度に9分以上の動画の撮影が出来ない(?)のですが、9分以上も撮る事ないので十分です。. なので、自分では使っていませんが、重宝していると聞き及んでいます。. キレイに撮影できて満足してます。パソコンでの管理も簡単です。. 以前のモデルWX700で、夜でも三脚なしで、きれいに取れたことに惚れたのですが、赤ちゃんのいたずらで壊れ、同じ値段ぐらいで、さがしたら、このモデル発見!HD動画もきれいだけど、スリムで、特にくらいところでの写真がとても気に入ります。これは、あくまでも、個人差があるものですから、参考のみ!. SONY Cyber-shot DSC-WX170 ピンク :

Read More

ソニー(SONY) ソニー Sony デジタルカメラ サイバーショット T30 シルバー Dsc-T30 S : 最高!!

先日購入しました。dsc-t9とt30で迷いました。t9は薄いし、ステンレスなので高級感があると思います。ただ、t30も深みのあるブラックで、傷のつきかたもt9程では無いような気がします。t9の方が若干軽いのは確かですが、撮影時のホールド感ではt30に軍配が(好みもあると思いますが)。個人的にはシルバーよりもブラックを買って良かったと思っています。深みがあってピアノみたいです。また、液晶はかなり見やすいです。これだけの高性能でバッテリーの持ちがいいのもgood. 他のデジカメよりもデザイン性に優れていると思いますし操作性も抜群、私のような初心者にも使えるt30はお薦めです!. 細く、小さく路線から少し後戻る形で、やや太めの安定感のあるボディの登場です。マニュアル設定などはないですが、それをカバーするだけのプログラムが用意されています。オート設定でも、ある程度質感の高いフォトが撮れますが、慣れてくると、設定をいじってみるのが面白さを長持ちさせます。比較的シャッターが速いのは、高感度ISOによるものだが、ISOは低めに固定できるので、質の高いフォトも撮ることができる。その場合は、三脚をセットと考えるといいだろう。実際、小さなカメラは安定度が低い為、手ブレ防止機能も役に立たないことが多い。役にたったとしても、高感度ISOによる画像の荒れは少し困る。このカメラの売りとしては、デジカメについているスライドショーに音楽がつけられること。しかも、音楽データは自分の持っているCDなども使えるので御得な気がする。ディスプレイは非常に美しく、コントラストが高いので、自分の撮った写真を人に見せるのも楽しいはず。接写から、中距離もこなせるのは魅力だと言える。SONY商品にしては、少しかっこ悪いが、高水準であることは確か。オート設定が明るく撮ろうと働く為、夕陽や夜景を撮る時には、説明書にそった操作が要求されるが、明るい場所での撮影はかなり強いといえるので、日中走りまわる子供の撮影はこれで決まりだろう。本格思考の方には、もちろん物足りないかもしれないが、これを操るセンスくらいは持ち合わせて欲しいところ。. T30より全然軽いT5も検討したけれど手に取ってみるとT5はおもちゃっぽい感じ。手軽で普通人が使うなら機能はT5で十分なのかもだけど程よい重さ・液晶の見やすさ・塗装の質感がGOODだったのでT30ブラックを購入。この前に使っていたのがF77A(レンズ部分をクルっと回して起動するやつ)で2002年モデルなので起動の素早さ・操作性の進歩は目をみはるものあり。液晶がデカいので撮った写真をすぐチェックできるのが嬉しいね〜精細度を上げて撮っても処理スピードが上がっているのでノーストレス。あと塗装もT9のブラックは「すぐ剥げちゃう」評価が多かったけどT30ブラックはツルンとしていて漆器感覚、T9よりは強そうなのも◎。. カメラは素人ですが、液晶が3. 0インチととても明るく見やすいので、すごく撮影しやすいです。細かいことはわかりませんが、ixyを含めて、過去に3台他社の製品を使用しましたが、このt30はすごく使いやすく気に入っています。カメラに詳しくなくても素敵な写真がとれるのがいいですね。. 非常にいいデジカメです! 質感がいいですね 3.0インチ液晶はとても良いです! ソニー Sony デジタルカメラ サイバーショット T30 シルバー Dsc-T30 S モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 光学ズーム3倍/デジタルズーム6倍 ・ダブルの手ぶれ防止・ディスプレイが3型・スタミナバッテリー・マクロに便利な拡大鏡モード・小型、液晶フード付き、乾燥剤不要のマリンパック、等の材料だけでダイビングに最適と思われましたが、更にスライドショーの再生時に自分の好きな音楽を取り込めると知り、ビックリ進化したなー。. このデジカメはすごすぎ!!もう感動(涙)デザインもいい。画面もでかい。バッテリーが長い。スライドショーのBGMダンロードは「これデジカメかよ!!」と思うくらい。でも、悪い点は画素数が高いだけあって昼間など明るいときや、極端に暗いところでは問題ないが、夕方など薄暗いところはノイズがでるわでるは、、、。ま、あまり問題なし。このレンズカバーがかっこいい!!カシャッてあける瞬間は快感!!買おうか迷ったら、絶対買うべし!!. T9と較べるなら、まさに一長一短といった感じです。両者で最も感じる違いはその厚み。並べて較べるとそう大きな差はないように感じるのですが、握ってみるとやはりハッキリと違いを感じます。t9を使っていた人なら、おそらく気になることでしょう。また、ちょっと膨らんだ形状もあり、シャツの胸ポケットに入れるにはあまり適しません。そういう意味では日用の使用感としてt9とはまったくベツモノといった感があります。確かにt9にはt9にしかない使用感、持ち歩き可能状況というものがありますし、そのためt30と併売にしたことは実に正当な判断という気がします。使ってみると3インチ液晶はやはり偉大、そして何よりその大きな液晶を載せながら、圧倒的な稼働時間を確保している点はさらに偉大、なのです。言うならば、撮るまでは明らかにt9が優秀で、撮ってからはまっことt30の方が優秀です。ゴリの場合、出先で撮って、出先で見せることが多いので、t9の方が持ち歩く気にはさせてくれるのですが、最近では撮ってからに優れるt30だけを持ち歩くようになりました。価格差はいずれ収縮していくでしょうが、どちらを選ぶかでは実に悩ましいことこの上ない二機種と思います。ただ、どちらを選んでも、使って後悔はしないと思います。そのくらい共に完成度は高いです。後悔するとすれば、悩みに悩んだ末ようやく買った明くる日に、t9のサイズとデザインでt30並の稼働時間と液晶が載った新機種が発表された時だけだと思います。考えただけでもオソロシイです…. このレビューを見ている方はt9とこのt30のどちらを選ぶかお迷いの方も多いと思います。簡単に言うと薄くて小さいのはt9。液晶モニターが大きくてバッテリーの持ちがよいのはt30。ひたすら価格と携帯性重視なら、あえてt9を選ぶのもよし。逆に旅行に持って行くことが多く、みんなで再生画面を楽しんだり1日中予備電池なしであれこれ撮ってまわりたいというのならt30でしょう。t30も決して大きかったりかさばったりするわけじゃないので迷ったら新しいt30、ということで私はt30を購入しました(^^;. T1を3年ほど使用しました。水槽の撮影でブレが多く残念でしたが、t30にしたら、綺麗にとれます。これは高感度のおかげでしょう。t1だとiso100位でしたが、これだとiso320〜1000までの間で撮れるようです。なので魚影もきちんと撮れるようになりました。液晶も3. 5と比べたらずいぶん違いますし、液晶そのものもt1と比べたら明るくてくっきりです。bgm付きのスライドショーはあまり評判よくない噂もありますが、結婚式の2次会などでtv出力したらかなり使えそうです。. ネットや雑誌に様々なレビューが書かれていますが、自分的には質感の良い良いカメラだと思います。レンズカバーをスライドするだけでパワーオンして、サッと撮れるのが気に入っています。今まで使っていたカメラの液晶が1. 5インチだったので、3インチ大画面には圧倒されます。価格もこなれて来ましたので、お勧めのカメラだと思います。. とにかくキレイです。夜景もすごくキレイに撮れて感動したけど、バスケの試合で走っている選手をブレなく撮れたときはとても感動しましたまた、電池持ちがいいですね。旅行にいったときに撮ってばかりいましたが、充電し直さなくても十分撮れました。デザインもかっこいいし、カバーをカシャっと開閉するだけで電源もつくのでラクです☆初めてデシカメを買ったのですが、カンタンに使いこなせたのでこれを買って正解だった!と思いました♪. 2002年モデルのサイバーショットから買い換え。1日20枚くらい撮影して都度都度PCからウェブアルバムにアップしているが、10日間〜2週間くらい充電しなくてもOKな感じだ。以前のサイバーは電池を外さずにアダプタに直接つないで充電する形式で、このT30は電池を本体から取り出さないと充電できないので最初は面倒かなと思っていたがこの電池ライフなら問題にならない。データ量の多い画像の処理スピードも格段に進歩した。.

Read More

ソニー(SONY) ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX1 : 久しぶりのワクワク感!

これまでメモステを買うのが嫌でsonyのコンデジは避けてきましたが手持ち夜景モード、人物ブレ軽減モードの6枚連写合成スイングパノラマ等の先進的な機能に触手が動いてしまいましたデジイチも持ってますが、居酒屋などでのちょっとしたスナップ撮りにはコンパクトで広角、そして高感度撮りに強いこの機種が持って来いだと思いますさすがに飲んでる最中にデジイチ構えるのは・・・ですし酔って壊してしまいそうで(爆)ただ、日中屋外での撮影はやや薄味な為、露出補正をその都度行いたいのですが露出補正がワンプッシュで出来ないのがマイナスですかねボディが小さいのでボタン類も小さめで人によっては若干扱いにくいかもこの辺は実機で確かめて買われた方がいいと思います液晶保護フィルムはダイソーで買った3インチ用が黒枠まで含めジャストサイズでしたこれまで室内撮影での手ブレに悩まされてた人は【買い】でしょうね. 《評価》◎解像度が高く、細部の再現性が高い。◎色が少し薄味な気もしますが、リアルな色合いで良い感じ。◎フラッシュ時のホワイトバランスや高感度時の細部の再現性など、bionzが?格段に進化(dsc-t900以降?) ⇒人物撮影でも違和感なくなりました!◎動画撮影中にズーム&AF&マクロが使える!(使えない機種が多い)◎[動画]ファイルが管理しやすい。(quicktimeで再生可能。更に拡張子をdvに変更すると「デジカメde同時プリント」で再生可能!逆にtz7は、専用ソフトが必要)△メーカー推奨の純正ケース(lcs-csva)が若干大きめ。△[動画]マイク感度が低い?△[動画]機械ノイズが気になるかも?ズームは極力さけるのがオススメ。×静止画の圧縮率低すぎ!(5mでファイルサイズが2. 0mbも…)※色はゴールドがオススメ。裏側のパネル茶色味かかっているなど、全体の配色も良いです。. 専用の台座につけると勝手に撮ってくれるので、後でその写真で笑えます。笑顔で撮るはずなのにバラバラでへんてこな写真が続出で笑えます。はっきり言ってサブカメラと考えて、置いておくだけなので簡単です。買ったところも中古と思えないほど傷も汚れもおかしいところもなくよかったです。. これまでだいたい2年に1回くらいデジカメを買い換えています.casio,casio,canon,canon,と続いて,今回はじめてsonyを選びました.ixyの930isもなかなかよい機種なので最後まで悩みましたが,買って正解でした.気に入った点は以下の通りです.(主としてcasio,canonの旧機種との印象比較です.)・レンズの解像力は十分.明るさも予想以上でした.もちろん撮像素子の解像度も普段利用には十分.・広角24mmは意外に重宝します.屋外だけでなく狭い室内での集合写真にも威力を発揮しました.・日頃からデジタルズームは使わないことにしているので,光学5倍ズームは魅力です.・動画の記録形式がmpegなので,たいていのパソコンですぐに見れるのもありがたい.・パノラマ撮影はおもしろい.撮影中にも移動量を検知してくれています.・全体的にメニュー画面や設定操作がわかりやすく,買い換え組ならばマニュアル不要で操作できます.・色はブラックかゴールドかを悩みましたが,ゴールドにして満足しています.キレイな色です.・重さは他機種より軽い方ではないのですが,見た目が小さく見えるので気になりません.ちょっと気になった点は以下の通りです.・ズームの反応がちょっと悪いです.動画撮影中にもズームできますが,反応は遅いです.・sonyなので当然ですがメモリスティックなので,これまで使っていたsdカードは使えなくなって, その点では残念!・他機種も同じですが,無圧縮記録ができるとよかったです.. 格安で買った型落ち。でもこれで十分。 液晶の映りが悪くなったのは初めに買ったやつ バッテリーがすぐ減る ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX1 (1020万画素/光学x5/デジタルx10/ブラック) DSC-WX1/B モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 光学ズーム5倍/デジタルズーム20倍 室内で黒い犬を明るくきれいに撮影したくて口コミでも評価の高いこの機種に決めました!動物を撮る場合フラッシュを使うと目が光ってしまうので、レンズの明るいwx1はわたしの用途にぴったり。びっくりするほどほんとに明るいです!曇りの日の薄暗い室内でも、レンズを通せば、そこは晴れた日の室内。想像以上の性能に、思わず「凄い!!」とつぶやいてしまいました。広角24ミリが広すぎて被写体が遠く感じてしまう事もありますが、買って大正解でした。室内撮りメインの人ならこれは使えると思います。. 4の「gレンズ」に加え,裏面照射型cmosセンサーexmor r,スイングパノラマなど新しい技術を搭載したカメラです。どちらかというと,どんな場面でもokなオールマイティなカメラではないかもしれません。私は,他での評価どおり暗所での撮影に威力を発揮するカメラという感じを持ちました。また,24mmという画角は確かに魅力的ですが,明るい場所では解像感や階調性にもう少し改良の余地があるような気がします。でも完璧なカメラというのはないので,むしろ使いこなすことでこの点はカバーすべきかもしれません。色々とくせのあるカメラですが,私が一番感動したのはパノラマ写真でした。すでにhx1で実証済みとのことですが,私はこの機能をこのカメラで知りました。パノラマ撮影の簡単さは,驚異に値します。結局,暗所に強く,24mmの広角で撮影ができ,パノラマ写真が簡単に撮れるというのがこのカメラの特徴です。そこに魅力を感じれば,買いだと思います。私は,一眼を含め数台のデジタルカメラを所有していますが,当分wx1がメインのカメラになりそうです。. 高性能で操作が簡単です。手ぶれに強いのが良いですね。サイズもかばんの中で主張しない大きさなので、常にかばんに入れています。男女問わず好まれるデザインだと思います。.  手持ち夜景については、室内での人物撮りに流用しようとすると露出が暗すぎるため、menuから明るさ補正(ev)を操作したほうがよく、また被写体ブレを軽減できるわけではないところに注意が必要。 そのため、人物が入っている場合は、素直に人物ブレ軽減を使用するほうがよい。こちらは、isoが3200となるものの、露出も適正で、シャッター速度も稼げる。ノイズがあったとしてもブレ写真よりはよい。 しかしながら、手持ち夜景、人物ブレ軽減どちらもピントの位置を中央一点とすることができず、狙ったところにピントを合わせることができない。そのため、モードの選択としては、暗くて人がいないときは手持ち夜景、暗くて人物が入っているときは人物ブレ軽減、ピントを合わせたい場所がある場合はpモードのisoオートで中央一点を選択した設定で使用し、通常はインテリジェントオート(緑)にするのがよいと思われる。 気軽にパノラマ写真を撮影できる点は非常に評価できる。. そろそろ新しくしようと思い、同じメーカーで古いデジカメを持ってるんですけど旅行先で使おうってことで購入してみました!前のもソニーだったため操作方法はすぐに慣れました。じゃんじゃん撮れるので、面白いです!. 第1に,サイズがいい。ポケットに放り込み,必要なときにさっと出せる。第2に,室内などの暗いところに強いのがいい。とても重要です。第3に,画像が重くなりすぎないのがいい。シンプル イズ ベスト!アップ・ルーズの調整がやや難。. つかまり立ちを始めた子供を撮るために購入しました。ルミックスtz7と迷ったあげくに室内に強いこちらにしました。字を読める程度の明るさの室内だと、目で見たよりも明るく写ります。字を読めない程度の暗い室内だと、さすがにロドプシンには敵いません。が、赤い光を照射してきちんとピントのあった真っ黒い(笑)写真を撮ってくれます。つまり、後で処理すれば何が写っているか分かります。すごいね〜。スマイルシャッター、面白いです。シャッターが下りるスマイルレベルを自分で決められるので、いわゆる笑顔でなくても少し子供の表情が動くとシャッターを切ってくれて、意外と泣き顔でも撮れちゃったりします(いいのか?)。まだ「笑って!」という日本語が通じない相手ですので、予想外に有用でした。連写は1秒間に2、5、10枚と3段階に設定できますが、専用のボタンがあるのでとてもスムーズに切り替えができます。また、設定は電源をoffにしても保存されるので、「もう面白い絵はおしまいかと思いきや」の場面で再起動して撮影再開できて大変良いと思います。動画は、フルハイビジョンではないがピントがあっていればとてもきれいです。どうやってピントを望むところに合わせるのかな?これから研究します。録画中にズームができるのはいいが、ズーム音がうぃーいっとシッカリきっぱり録音されてしまうのは無粋です。操作性はとても良いです。これまで使っていたのはオリンパスの2003年のモデル、ミュウ20でした。sonyを使うのは初めてでしたが、wx1は取り説を読まなくても自分がやりたいことは全部できました。ボタンと画面表示を組み合わせた操作経路(?)は最節約ながら十分という印象です。フラッシュが真ん中あたりにあって手の陰にならずにすむとか、前面がゴールド背面が焦げ茶でセンスが良いとか、突起物が最低限でスマートだとか、とにかく気に入っています。. Sony デジタルカメラ cybershot wx1 (1020万画素/光学x5/デジタルx10/ブラック) dsc-wx1/b(広角レンズ) 今までキャノンのa590isを使っていたのですが広角側の写りに不満がありました。その点でwx1はスッキリと歪みの少ない広角24ミリ(35ミリフィルムカメラ換算)で、なんだかウデも上がったような気さえします。(cmos)  cmosを使ったデジタルカメラは初めてなのですが本当に感度が高いですねえ。人間の目よりよく写ってますので、同じ雰囲気にするにはevでマイナスに補正しないとかえってヘンなくらいです。 (高速連写) 残念なのは高速連写が10コマまでしかできないことです。10枚撮ったら本体のメモリーからメモリースティックに転送する仕組みのようです。このため、10枚以上へ進むには待ち時間が発生します。 (スイングパノラマ) スイングパノラマはちょっと練習すると簡単にパノラマが撮れるようになります。面白いですよ。 小さいくせに高性能で簡単といいことずくめ、この上ほしいのは防水機能くらいかな^^;. 細かい評価はマニアにお任せするとして。普段持ち歩いて、撮りたいときに撮るという目的で使っています。そういう意味では、小型軽量なのがいいです。全体に邪魔な突起物はなく、一眼レフみたいに「持ち運ぶだけで一苦労」みたいなのはないです。料理を撮るモードもあり、ほとんどお任せに出来るのは楽です。暗い場面に強く、パノラマ撮影が出来て、解像度も悪くないです。動画も簡単に撮れます。スマホのカメラみたいに音が邪魔をしないのもいいですね。モニターも本体の大きさに合わせていて小さくなく、これで十分です。私は黒を買いました、大人しいデザインでいいです。大きいバッグのストラップに、大きさの合うポーチを付けて入れています。本体にカバーは使っていません、こういう製品は直に使う方が好みです。(細かいキズは付きますけどね、そういうものです)欠点を書くと、まず動作が遅いこと。電源とか、撮影した直後とか、ちょっと間があります。こういう部分でイライラしてしまう人には向きません。次に、デザインがシンプルだけに、ホールドしづらいこと。これも慣れですけど、指が引っかかる突起とかないので、神経を使う部分です。ズームが速すぎるのも、使いにくいです。折角ズームが付いていても、丁度いい所で止められないのは物凄いストレスになります。電源ボタンの位置も悪いです、片手で取り出して撮影して仕舞うという動作をする場合、こんな場所に電源ボタンがあってはねぇ……感触も悪く、上に書いた通り反応も遅いので、「あれ、押したはずだけど?」って感じになります。マクロがイマイチなので、小物を撮影するならやめた方がいいです。充電池の持ちが短い気もします。気軽に使えるデジカメとして、そう悪くはないのですが、人に勧めることはないです。自分の場合、わざわざ買い換えるほどのストレスはないから使っているだけです。(小物を撮るときはリコーのデジカメを使ってますし)撮影するだびに、他にもっといいデジカメもあるんだろうなぁって想像はしています。. I am disappointed with this product as you cannot change the menu on it into english. Although you can read instructions in […]

Read More

ソニー(SONY) SONY ミラーレス一眼 NEX-3N パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3 – いいです

早くミラーレス一眼がほしかったので、家電量販店で買いました。初めて一眼を買ったのですが、ミラーレスなので軽量コンパクトで電池の残量がスマホみたいにパーセントで表示されます。コンパクトデジカメやスマホでは中々表現が難しい背景のぼかしも慣れてくれば簡単に出来るようになります。3nlはレンズも付いてるので、ちょっとした旅行などで使うには初心者には十分です。. 大型撮像素子を採用した高級コンパクトデジカメと比較すると、この製品の価格の安さが際だってくる。撮像素子クリーニング機能が省略されているが、そもそもレンズを交換しなければ何ら問題はない。液晶画素数も少ないが、カメラで作品鑑賞する訳でないので、これで十分。私は旅行での使用と、趣味の航空機撮影の際、メインのカメラには望遠ズームを装着し、このカメラを広角・標準域撮影用での使用を考えている。海外旅行時、肩に食い込むショルダーバックから、これでやっと解放される。コンパクトなサイズに、かつてのsonyを彷彿とさせる凝縮感が感じられ、nexシリーズの中で、一番買い得感ある製品だと思う。半年もしたら後継機種が出るだろうが、3万を切った今、買い時だと思う。. 必要十分です。使い勝手も問題なし。とにかく安くて助かりました。. この値段でこの性能はコスパ高い。デジイチをずっと利用していたので物足りなさは当然ありますが、コンデジと比べれば雲泥の差。このコンパクトさでこの性能はいいですよ。ロードバイクに乗っているので、こういった小さいサイズのカメラがほしかったので、希望どおりでした。. 一眼を買おうか迷いましたが、旅行で主に使うことを考えたらやっぱりコンパクト性を重視しnex3nを買いました。ほとんどおまかせでオートで撮ってますが、素人でも十分きれいに撮れます。夜景もコンデジとは比べ物にならないくらいきれいに撮れます。残念な点は、液晶がとても傷つきやすいので保護シートは貼った方がいいです。アンチダスト機能が無いのでイメージセンサーを時々チェックしないといけません。. 想定通りでほぼ満足でした。オプション・社外レンズの種類が少ないのが残念、今後に期待します。. 大型撮像素子を採用した高級コンパクトデジカメと比較すると、この製品の価格の安さが際だってくる。撮像素子クリーニング機能が省略されているが、そもそもレンズを交換しなければ何ら問題はない。液晶画素数も少ないが、カメラで作品鑑賞する訳でないので、これで十分。修学旅行ように買ったのですが付属のselp1650が壊れてしまったので、持っていくことはできなかったが、修理から帰ってきて思う存分つかうことができた最近若者にはやっているインスタグラムに撮った写真を投稿している、とてもきれいだとコメントが多いのは事実だ。東芝のflashairを使いスマホに転送してしているので、手間が全くかからないたいていの方はインスタグラムにはスマホで撮った写真をにせる。やっぱり、3万切ってやすい端末だが。きれいな写真撮りたい方や、初めての方、スマホで物足りない、きれいな写真を投稿したい、大きな一眼レフは持ちたくない人には最適な、ミラーレス一眼だと思いますこのカメラは一生の相棒ですね. 高級コンデジを買うつもりでしたが、どれも性能が一長一短でnex3nの価格の安さと性能にひかれました。ボタンが少ないわりには、使いやすくシヤッタ-音などフィ-リングもとってもいいです。唯一レンズがまだ大きいところが不満なところです。. 利点と欠点 メリット このサイズと値段でこの性能は、あり! いいです デザインと価格で買いました デメリット 確かにほぼ新品でした!この値段でとても満足。小さくて持ち歩きやすく、操作も簡単なわりに、写真がきれい、使い心地いい. おすすめです^^包装もよくて、いいサービスですね。もし機会あれば、またここで買います。. I was very upset when i received my package. I’ve ordered a new camera but it was a used one. The sticker on lcd screen was unsealed and the screen was scratched. The camera body was also damaged. I’m […]

Read More

ソニー(SONY) ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX300V 1820万画素CMOS 光学5倍 ブラック DSC-TX300V/B : DSC-TX30が欲しかったけど

あまりにも高いため、中古でtx300vを購入しました。今までtx10を使っており、前面を下にスライドさせるだけで電源が入る方が、使い勝手がいいです。片手ですぐに撮影ができるのは魅力です。このマシンは電源ボタンが上の真ん中あたりにあり、慣れれば片手でも起動させることはできますが、tx10の方が使いやすかったです。それに、これには再生ボタンや録画ボタンがないので、やはり片手で操作をすることが難しいです。もっとも気になるのは、レンズ面が手垢で汚れないように、常に気をつけて持たなければいけないという点。それと、マイクが上についており、全面にマイクが付いているtx10,20,30の方が、被写体の音声がはっきり録音できます。いい点は、dsc-tx10は、録画されるまでの時間が10秒くらいかかり、画面のタッチ感度も動作も遅く、頭にくることばかりでしたが、tx300vは、動画は4秒以内。タッチ感度も動作も許せる範囲で、ストレスがなくなりました。小さくて薄くてポケットに入るスマートなデザインのカメラですが、やはりdsc-tx30がよかったなぁ. スマートフォンとデジカメをバリバリ使い、facebook 、sns や twitter などガンガン写真載せ活用してて、外出先オンライン環境はスマートフォンでそろっているのに、デジカメで撮影しても、外なのですぐ取り込み環境がなくアップロードできないやと諦めて、本当はデジカメで撮りたいんだけど、すぐアップしたいし、しぶしぶスマートフォンで写真撮ってた人向け!まさにそんな感じ。使ってみると思っていたよりワイヤレス wi-fi 転送は便利すぎる想像以上!(パソコンに wi-fi 取り込みは xp未対応。)撮影機能も抜かりなく nex シリーズゆずりで個人的に好きな「ピクチャーエフェクト」も大充実!流行のミニチュアやパートカラーなどめちゃ楽しめる!パートカラーが結構好き。さらにプレミアムおまかせオートは、かんなり強力!手持ちムリな場所でも難なく hiiso 感度 up でそつなくこなす!その場の雰囲気は十分伝わる画像が撮れる!簡易的に gps ユニットの「gps-cs3k」替わりに十分なる!ログも取れ google earth でログ読み込んで経路表示もバッチリ!と全部入りの最強スリムカード型デジカメ。画質はともかく、画像の取りまわしがものすごくラクチン!. Cyber-shot dsc-tx300vを入手デジカメを一年に一度は衝動買いをしている気がする。 今使っているcyber-shot dsc-hx9vはかなり気に入っているのだが、ズームの性能が良い(光学16倍ズーム)分、厚みがあって(最厚部33. 9mm、215g)日常の持ち歩きにはちょっと不便を感じていた。何か良い、よりコンパクトなカメラがないかと思っていたのですが、偶然dsc-tx300v(最厚部16mm、134g)に出会い、衝動買い! 今年も駄写真を撮りまくります。■気に入った点 ・正面のデザイン。全面を1枚のガラス板で覆ってあり、粗野な使い方をしてもレンズなどを指で触れてしまう心配がない! 撮影前に、ガラス面をズボンでゴシゴシしてしまえば、いつでも撮影okなズボラさが僕向きです。(なぜか、ガラスの裏面にレンズバリアがあるのが面白い。cmosの特性と関係があるのか? それとも面一感のある正面を造りたいためかな?) ・スペック。裏面照射型cmosという新しいcmosが使われているところが、あたらしもの好きの僕好み。撮影モードも、パノラマ自動作成などなど、dsc-hx9vの気に入っていた点がほとんど全て備わっている。gpsももちろん組み込まれている! ・防水。水深5mまでの防水仕様になっている。汚してもジャブジャブ洗えそうなのは面白いし、ハードな環境でも使えそう。それに合わせて、突起物やコネクタ類の露出がないことが、気持ちが良い。ラバー製の中途半端なキャップがコネクタ類を隠しているといった、ハンパなディテールがない点がうれしい。 ・カメラ付属のアプリは嫌いで組み込んでいなかったけど、playmemories homeは意外に良い。sdからの写真の読み込み(dsc-hx9v)、iphoneやipadからの写真の読み込み、そしてトレー状のマルチステーションの上に置いたdsc-tx300vからの画像を取り込み、最新の画像のみを自動的にダウンロードして、日付ファイルで整理してくれる。前からあったアプリなのだろうけど、使いやすいアプリであることに今更ながら気が付き本気で採用を決定。(僕はもともと膨大なデジカメ画像を日付ファイルで整理していたので、これは僕好み。4つのガジェットからの写真画像を一元的に簡単に管理できるようになった。ズボラ向きのアプリだ!)   ■気に入らない点 ・側面と裏面のデザイン:裏面のプラスチック部分のデザインが、正面の全然ガラスデザインや、ガラス部分を囲むリムのデザインとしっくりと行っていない。僕だったら、リムの素材感との統一を図ったか? ジオメトリもいまいちピンとこない(失礼!)。裏を見てがっかりさせるプロダクツは長生きしないと思う。 厚みも16mmは中途半端、12mm以下に絞り込めれば、手に取った時の感動が倍増しそうだ。 ・厚みによるものだろうか、広角側が26mm相当。建築の撮影で使う僕らには、やはり24mm以下へと切り込んでほしい。 ・電池の持ち。カタログ値でみても200枚程度で電池切れ。これはしんどい。ズームをジコジコ動かして撮影していたら、100枚そこそこで電池が切れるかもしれない。一日、集中して建物を見学していると、500枚は最低でも撮影するのが建築屋。500枚程度、できれば1000枚は撮影したいところ。この問題は、このカメラに限らず、デジカメ共通の問題。まあ予備電池を持てばいいのだけど、4つも5つも持ち歩く気はしないし。■勝手な要望 ・アプリによるカスタマイズ機能。お化粧ができるカメラをパナが出しているけど、建築関係者にはレンズシフトなど、建築向けのモードが搭載されたカメラが欲しいところ。電子処理を後で加えればよいのだけれども、今どきのカメラならば搭載可能でしょう。好きな画像処理アプリをダウンロードして、カメラをカスタマイズできるようなカメラが欲しい! レンズに凝っているカメラがアナログ派を取り込むものだとしたら、デジタル派を取り込むためには、好きなアプリを組み合わせてカメラがカスタマイズできるようなシリーズがあってもよさそうに感じる。まあ、photoshop使えばいいんだけど、スイングパノラマ機能とか、一度使うとphotoshopを超える便利さ。hdrも現状搭載されているナチュラルな画像つくり以上に、高精細なマニアックな画像を造りだしたり出来る機能が搭載されれば、デジタルならではの面白みも出せそう。そんなズボラなデジタルカメラ小僧(爺だけど)向けのプロダクツが欲しい!(笑). コンデジとしては画質は十二分です。プレミアムオートでらくちん。前面ガラスで、レンズの汚れの心配がないのも精神衛生上良いです。ただ、前面、裏面とも指紋がきになるので、ウエスは必須です。. 何より軽いのが良いです。コンパクトデジカメは、リコーpx,オリンパスtg3を使っていますがtg3は胸ポケットには入らないのでリコーpxを普段は使っていましたが、tx300vはシャツの胸ポケットに入れても軽いので、常に持ち歩いています。 欠点と言えるかどうかわかりませんが、電池の減り具合が少し早いような気がします。 この後継機が出たら是非購入したいと思っています。. 量販店では注文しないと手に入らないという事で、ネット購入しました。手にしないとわからないほど透明なトップガラスがあり、その中でスッと開くレンズカバーに感動しました。数枚であれば、内部メモリーに記録できるところも気が利いています。機能は当然コンパクトカメラであれば十分な物が装備されています。. ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX300V 1820万画素CMOS 光学5倍 ブラック DSC-TX300V/B モデル番号を入力してください これが適合するか確認: […]

Read More

ソニー(SONY) ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX7 1620万画素CMOS 光学x5 ブルー DSC-WX7/L : レンズが素晴らしい。

同じソニー製デジカメ(dsc-11)からの買い替えです。今まで使用していたのが古すぎなので、性能面の進化がすごいです。良い所・本体サイズはコンパクトで液晶も大画面でボタン操作もシンプルで非常にいい感じ。・MSだけでなくSDが使える。・起動が速い・静止画がとても綺麗。・3Dスイングパノラマの機能にびっくり。(ブラビアHX800の40Vを使用)・HDムービーは凄く綺麗です。・ブラビアリンクでHDMI接続すると、ブラビアリモコンで操作可能。PS3ともリンクしているので、楽しみ方も多彩です。・スマイルシャッター、手ぶれ防止、オート撮影モードは今では当たり前みたいですが嬉しい機能ですね。・この性能で3万円切る価格は良いですね。悪いところ・3D静止画はそんなに3D感がない?(3Dスイングパノラマはすごいです。調整不足でしょうか?)・USBケーブルしかなく、HDMI(片方がミニ)が別売り。1. 5MでSONY純正だと3500円位する。高い。(PS3も今時AVケーブルしかついてないですよね。HDMI端子が当たり前なこの時代なのに)ほぼ満足ですので、今後の新製品に期待しつつ、長く愛用して行きたいと思います。.  もう一台購入したいと思っていたdsc-wx7/p(ピンク色)は、同じ-wx60,-w630などより色調もデザインも美しいすぐれものであるが残念なことに生産終了となっていて、店頭での入手ができない。インターネットで販売されているが、何故かピンク色はびっくりするほどの高価。 今回購入したものは、本体に打痕があるが性能に問題のない新品ということで非常に安価なものであった。その打痕が心配であったが、納入された現物には全く打痕の跡が見られない新品で、申し訳ないと思うほど満足。ただ、リストストラップが同梱されていなかったのは、残念。. Sdカードが付いていたらよかったです. なんとなくデザインがカッコいいので買いました。私はカメラの知識などほとんどないので全部おまかせモードで撮ってますが綺麗に撮れますねーほとんどブレがありません。試しに扇風機を最高速モードで回転してる状態で写真を撮ったら扇風機の羽がしっかりと止まってる状態で写りました。羽についてるシールもはっきりと見えます。他のカメラの性能がどうなってるのか全然知らないのですがすごい進化してるんですねぇ. 傷が多く、ズームが壊れていた。良くない. コンデジが大好きで、この色と大きさを探していました。巡り会えてよかった。大事につかいます。. ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX7 1620万画素CMOS 光学x5 ブルー DSC-WX7/L モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ●Cyber-shot DSC-WX7 ブルー●SONY キャノンのpowershot a40を長く使っていますが、重くて旅行に持って出るのが億劫になり、胸ポケットに入るのがほしくなりました。接写がしやすい(オークション出品用)、動画が良い(a40は実用レベル以下)、小型軽量を条件に選定。キャノン(ixy410fとixy31s)とソニー(wx7とwx10)を候補にしましたが、動画方式が異なるとtvに映らないの分かりました。pcで方式変換可能ですが、少し古いpcなので対応が難しい。ブルーレイレコーダーに取り込んで編集するなりtvに映すにしても、動画方式を合わせる必要がある。取り込むソニーのブルーレイレコーダーbdz-ax1000と映す日立のプラズマテレビp42-xp03はどちらもavchdでした。この方式のカメラはパナソニックとソニー。ズームを掛けながら接写もでき、自然な色合いで、レンズも良いキャノンは動画方式がmovなので断念し、パナソニックはソニーより僅かに大きいので、ソニーになりました。なお、キャノンはフルハイビジョン動画撮影時10分でいったん終了しますが、ソニーはこれがなく、動画は最高のようです。wx7とwx10。動画手振れ補正があり、レンズが上で、ズーム倍率も上で、バッテリー持ちが良いのはwx10なのですが、手に持つと、どうにもwx7が小さくて軽く、非常に手に馴染む。抗えませんでした。使ってみるとバッテリー消耗が早いので専用のnp-bn1を購入(動画10秒を4回と写真数枚写し、pcで作業したら、総計二時間弱で空になりました)。専用保護フイルム貼りました。百円ショップのはペラペラで扱いにくいですが、これはきれいに貼れました。ただ、ティッシュで強く押さえたら、それだけで傷が付きました。ケースは百円ショップで150円の硬質ぴったりサイズのデジカメケースを発見。sdhcカードは色々調べ、東芝made in japan クラス10で、4gb、8gb、16gbの海外パッケージ品を購入。使った実感は高信頼性で、全く問題ありません。評判のゴリラポッドを入手。長さ16. 5センチと短く軽量48g。チャチに見えますが、しっかりした造りで、使い勝手抜群。本体とゴリラで168g。キャノンは本体とキング三脚で953g。もう戻れません。ただ、出品用写真では、ズームしながら近接撮影できる、安定能力のキャノンはこれからも使います。ちなみに、キャノンは自然な色合いで、ソニーはくっきり画像です。軽くて小さいwx7。内蔵メモリー19mbで、写真ならsdカードを入れなくても少し写せます。落下は絶対駄目のようですので、付属のストラップ部17センチのハンドストラップで手首に固定して使用。スイッチ等の反応が早くて非常に軽快です。静止画像サイズを普段はa4サイズ印刷対応の5m(2592×1944)、オークション用にはvga(640×480)か2m(1920×1080)(2mにしますと、画像サイズは700kb位のもでき、オークション上限の500kbを超えますが、アップロードできました)、動画は最高の24mに設定した後は、プレミアムおまかせオートで昔のバカチョン感覚で簡単です。ワイド端5センチで、5センチ接写しますと、出品用写真もきれいに撮れます。テレ端は1メートルで、光学ズーム最大の5倍では1メートル以上離さないとピントが合いませんが、1. 4倍位なら、30センチ位でもピントが合います。ただし非常に鮮明な2. 8型液晶でピント確認するのが必要で、ピントが合った時のピピッ音がしても液晶で見るとピンボケの時があります。この辺りに気をつければ、ピンボケは起こしません。四隅が僅かにゆがむ場合がありますが、この手の25ミリ広角レンズは仕方ないようです。補足情報:sdhcカードについては、例えばpc容量残が5gb位でも、16gbのカードをつないでも開きます。pcがブルーレイ対応でなくても、フルハイビジョン撮影した映像も最高画像サイズの写真も一応見れます(最初映像がpcで再生できませんでしたが、付属のソフトpmbをインストールしたら見れるようになりました。使いやすいソフトです)。カードのクラスはpc動作に問題起こしません。pcにつなぐ場合、カードスロットの方がusbより早い。tvにつないで見るときは、hdmiケーブル(ミニ)でつないでカメラ側の操作で見るのが一番早い。sdカードをtvにスロットしたり、usbやsdカードスロットでブルーレイレコーダーにつなぐと、リモコンでテレビやレコーダーを操作することになり、写真はすぐ見れますが、映像はいったんレコーダーのハードディスクにコピーしてからの再生になり、手間と時間がかかります。. 青というより紫ですね。アマゾンのレビューを見て衝動買いしてしまいました。ケースも買いました。ケースもかっこいいです。. 軽くて、操作性がよく大変気に入っています。以前使っていたcasioと比べると電池の持ちが悪いですが、それは覚悟で購入しました。ビデオ撮影もパノラマ撮影も自分撮り機能もgood!. モーターパラグライダーで空撮したくて、この型が軽くてクリアな画像のとれると評判を聞き早速購入!期待を裏切らないクリアな画像がぶれないで撮れるし、動画もバッチリで感激です(*^^)v. 高性能でレンズが明るくきれいな画質の写真がとれる。だだ小型すぎて電池やsdhcカードの出し入れが不便。. 通勤時など普段持ち歩いて、気になった風景を気軽に撮るために購入。発色は良いが画質はあまりシャープではないので、撮影後PCソフトで補正しています。モードダイヤルがやわらかい(かちかちという感じではない)のですぐ回ってしまう、マクロモードが無い(5センチまでしか寄れない)といったあたりが難点ですが、スナップ写真撮影用としては十分なレベルだと思います。. 静止画については特に問題はないです。きれいに撮れます。でも「プレミアムおまかせオート」だとバッテリーの減りがすごく早いです。連射するからかな?動画はきれいに撮れました。感動です。でも撮影がはじまるまで4秒くらいかかるのでそこがちょっと不満ですね。小さくて軽くて色もきれいでかわいいです。液晶が見やすいと良かったんですが、正面以外からだと薄くて見づらいです。上から見たら真っ白で全然見えない〜。お店でちゃんと実物見てから買えば良かった。しょぼん…。wx7とwx10で悩んでいる人がいたらwx10をお薦めします。友達のwx10は液晶も見やすかったです。.  前のデジカメは壊れていませんでしたが、これが大手スーパーマーケットの店頭で9,000円くらいで売っていたので、思わず衝動買いしました。前のは売却。私は3台目のソニーです。 高機能とデザイン(私が買ったのはブルー)が魅力的でした。ほとんど使わぬまま親戚の葬儀があり、従兄弟に頼んで230枚ほどの撮影をしたのですが、手ぶれ、ピンボケの多いこと多いこと。正直開いた口が塞がりませんでした。 従兄弟が撮影がうまいのかどうかは私も全く分からないので、自分で数枚撮影してみました。そうしたら、手ぶれはさほど起きないものの、全部の写真、画像左側が明らかにボケた感じになり、不良品ということで、店で症状を確認してもらった上で、返品交換となりました。交換品は幾分マシでしたが、やはり今までのソニーコンパクトカメラにはない、左側がボケる癖があります。 ピント(焦点)が強すぎて、他の部分がボケたり手ぶれするような気がします。正直静止画の撮影機能に関しては感心しません。 デザインと機能は満足しています。ソニーの専用ケースも買いましたが、在庫が少ないようなのでお早めに。液晶保護フィルムはサンワサプライのが、最初からフィルムに傷があり、縁の糊も酷かったので、すぐ捨て、ハクバの専用品を買いました。ハクバでなくても良いので、専用品がいいようです。 ちなみに、今回から動画撮影も念頭に置き、tdkのclass10の16gbsdhcカードも同時に導入しましたが、正直言って転送速度はバカみたいに遅いです。今、アマゾンさんで、海外向けパッケージのソニー製高速メモリースティックを注文しています。海外パッケージならかなり安いです。 そんなわけで保護フィルムも、メモリーカードも、カメラそのものも、最初から外れだらけのスタートでした。 祖母の死という、一生に一度しかない大切な儀式の記録映像をグチャグチャにされ、やや憤っています。. 小型軽量で、パノラマが撮れ、解像度も条件内。欲を言えば、電池の容量だが、・・・。自分とっては、あれこれ機能が多すぎる。もっとシンプルなら文句なし。. 発売からかなり年数が経っているけど、モニターを含む画素数に問題なし。小型軽量でバッグに入れて何処へでも持ち出せます。ブログ用のサブ機にとてもいいです。. 取材の主力機にしているhx5vのサブ機として購入しました。(本当は、ニコンp7000がメインでhx5vはサブのつもりだったのですが、p7000が少し大きすぎ、このようになりました)使い勝手を考えれば、防水・沈胴のtx10の方がよいに決まっていますし、hx5vとの共用を考えれば、バッテリーが共通のwx10にした方がよく、最後まで迷ったのですが、見栄えに負けました。コンパクトで薄く、とてもかわいらしいカメラです。全体的なデザインも上品ですが、安っぽくなりがちな電池蓋などのプラ部品も、そう感じないように上手に作ってあり、非常に好印象です。少し残念なのは「プレミアムおまかせオート」にすると、1枚ごとに処理に時間がかかること、それから、「プレミアムおまかせオート撮影時の重ね合わせ設定表示」のアイコンがけっこううるさいこと、です。このアイコン、いらないのではないでしょうか?このため、いまのところ、「プレミアム. 」は使っていません。ただ、意味もなく持ち歩きたくなるほどかわいらしく、持ち歩くことがまったく負担にならない重さ、薄さのカメラです。身に着けていて気分がよいというのはたぶんとても大切な特性で、その他のこまごましたことはどうでもいいやという気になります。最近の一押しです。. ダメ元で物凄くお安く購入しましたネコ丸通商さんの所で購入しましたまず電池充電する為お友達に充電させて貰いました商品はとてもデリケートな感じでusbケーブルが専門じゃないと使えない事に初めて気づきました起動しっかりとしましたこれから電池とケーブル揃えたいと思います諦めてただけに商品もとても綺麗で起動もしました電池も付いてました古いのが好きでこれから色々試したいと思います.

Read More

ソニー(SONY) ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 光学30倍 内蔵メモリー64GB レッド HDR-CX680 R 本体 : 操作は簡単!

他の方のレビューにもありましたが、画質的にiphon6と同程度かと思います。ババに使わせましたが手ブレはほぼありませんでした。. Iphoneより画質悪いし、広角も効かない。なぜ価格コムで人気なのか理解できない。. コンパクトで非常に取り扱いやすい。ただ、分かっていたが若干画質が荒いです。. 大変楽しく、動画を撮っております末永く使える事を、信じて使い込んで行きたいと思います、. ピアノ発表会の録画のために購入しました。音質にこだわりたく、ステレオマイクロホン ecmxyst1m c と組み合わせて使っています。4kのビデオカメラも検討しましたが、家庭用として結果的に画質・音質ともは十分だったと思います。持ち運びも軽く、操作方法もわかりやすいです。. カメラとして画質などは最高です。pcに取り込むアプリケーションソフトが分り難いのが玉に疵。. ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 光学30倍 内蔵メモリー64GB レッド HDR-CX680 R 本体+アクセサリーキット モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 数量1: ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 光学30倍 内蔵メモリー64GB レッド HDR-CX680 R 数量1: ソニー SONY アクセサリーキット ACC-TCV7C キャッシュバックキャンペーン5000円に背中を押されて買いました。2012~3年頃人気のあった機種の中古と比較しましたが、中古美品の値段が35000円~45000円と高く、ヤマダ電機ヤフー店のポイント12%+キャッシュバックキャンペーン5000円で29800円で買えました!【デザイン】【画質】自宅のテレビは4kの55インチなのですが、ソニーのブルーレイ録画の画質はフルhdで録画しているので、録画後の編集をブルーレイでするならフルhdで十分なので4kビデオカメラは考えませんでした。【操作性】【機能性】【バッテリー】予備互換バッテリー2個と液晶表示が楽しめる専用充電器をアマゾンで買いました。【携帯性】【液晶】さすが新製品奇麗です。【音質】5.1チャンネル録画の音も臨場感があり、大満足です。【総評】ヤフオクで2012年頃人気の中古機種は保証も無く、新品では無いので当たりはずれがあります。さすが新製品、2012年頃の人気機種と同等の画質と数々の新しい機能です。悩みに悩みましたが、新品+キャッシュバックキャンペーン5000円で29800円で買える機種にして大正解です。. 13,4年前のsonyのビデオカメラが壊れてこちら買いました。10年前の物とは全然違いますね。軽い小さい画質よし、手ぶれに対応してレンズが動く、起動も早い、音質もよし、とにかく悪いところが見当たらないです。10年前の物は10万しましたがこちらは値段も半分以下♪映像系はsonyがいいです。. さすがにテープのハンディカムは動画編集ソフトもwindows10すら対応しなくなって買い換えました。軽さは時代を感じますね。プラスチッキーで、おもちゃみたいですが、やむを得ないでしょう。ただ昔のマイクやワイコンレンズが使えたら100点満点でしたね。. 写真ではシルバーに近いかんじかと思ったが来てみたらペンキで塗ったような白だった。機能面は満足です。. 子供に頼まれて購入しました、手ブレもなく録画しやすいと喜んでました。. 芝居の稽古の様子を録画してます。プロジェクターにつないで再生しダメ出しに使っています。. 数年前にハンディビデオカメラが故障してからずっとスマホで動画を撮影してきましたが、撮影シーンによっては手ブレや風切り音が酷く、大きな画面では見るに堪えない仕上がりになっていたります。家族の記録を残していくうえで、なるべく綺麗で見やすい映像にしたいと思ってビデオカメラ購入を決意。数多くの製品から選ぶにあたって、手ブレ補正の性能と製品の重さ、価格のバランスを重視して、吟味に吟味を重ねて購入したのがこのhdr-cx680でした。レビューで一番伝えたいのは、とにかくブレない点。撮影したまま歩いても走ってもブレない!手の震えがある年寄りに撮影を任せても、とにかくブレませんでした。空間光学手ぶれ補正ってすげえ。価格は変動があるので、なんとも言えませんがsonyは結構キャッシュバックキャンペーンをよくやるので、対象になっているかチェックしてみることをお勧めします。. 今までのと比べられないくらい、とてもいい感じで撮れました。買ってよかったです。. まあ、ハンディカムですので安心して買えますが、買ってみて、以前とは違って電源ケーブルが付属していない(usb給電になっている)avマルチケーブルが付いていないことに驚き、それらを追加で購入しました。avマルチは使わない人が多いと思いますが電源ケーブルはあったほうがいいと思います。こちらを購入される方は合わせての購入をおすすめします。. 手振れの抑制効果が素晴らしい。歩きながらの撮影で、顕著な効果が感じられる。. 一台目のhdr-pj670があるのですが、ライブ撮影で失敗が許されないので、サブとして購入しました。このcx680はスマホからビデオのon-offやズームがコントロール出来、さらにビデオカメラの撮影している画像をスマホの画面で見れるので、さらにライブ撮影の失敗が少なくなりました。pj670のプロジェクターもかなり活躍していますが、cx680がこれからはメインになると思います。.  【まとめ:忙しい方のために、要点抽出】・スマホでもデジイチでも動画は撮れるが、ビデオカメラが優れている点はまだまだ多く、本機はそれを余すところなく搭載している。強力なズーム、5. 1ch録音…・動画は時間の流れを切り取るもの、動画で重要なのは静止画レベルの品質よりも、映像の流れを捉えやすくしその質を保つこと。本機の超強力な手ブレ補正や、大メモリによる長時間撮影が意識する点であり、デジイチやスマホカメラとは考え方が異なる。・本機を買ったら、手に入れておくべきもの。例えば500mlのペットボトルカバー・付加価値… メディアサーバー化などネットワーク機能、下位機との差はメモリ容量だけではない・残念な件… usbケーブル直出し(笑)、ダウンロード提供のpcソフトやスマホアプリはいささか貧弱・サンプル動画————–以下は、その詳述となります。長いですが、時間のある方はサンプル動画ともどもご覧いただけると嬉しいです。————–【ビデオカメラがなくても動画は撮れるが】きょうび、お手軽に動画を撮ろうと思ったら、スマホのカメラでできますよね。逆に、本格的に撮りたいと思ったら、デジイチの動画機能でできますよね。じゃあ、ビデオカメラの出番はあるんでしょうか?「あります」(← 若手女性科学者ふうに)そして、そのビデオカメラならではのいろいろを詰め込んだのが本機(以下cx680と呼びます)です。【写真(静止画)と映像(動画)は別物、ビデオカメラは映像に必要なものは何かを中心に考えられている】写真は静止画で絵画に似ていると思います。しかし、映像は違います。むしろ絵画より音楽に近いのが映像です。なぜなら、動画には音楽と同じように時間と流れがあり、その時間と流れをいかにうまく表現するかが映像に求められることだからです。例えば、月は写真で撮れば単に静止した月ですが、空の月を眺めていると数分間の間にゆっくりと東から西へ動いているのがわかるでしょう。鳥や雲がその手前を飛んでいくこともあります。それら一連の時間と流れを切り取る(あるいは編集で作り出す)のが映像の役目です。小さな時間と流れが積み重なることで、小さなストーリーが生まれ、小さなストーリーが集まるとドラマになります。それが映像の目指す方向です。そうすると、ビデオカメラに求められるのは、静止画レベルの美しさよりも、時間と流れ捉えやすくその質をいかに保つかということになります。cx680の非常に強力な手ブレ補正は、静止画のそれというより、流れを阻害しないためのものです。歩きながら回してもスタビライザーの役目を果たしてくれます。大きいメモリを積んで長時間の撮影に対応させたのもそうでしょう。デジイチやスマホカメラとは思想そのものが違うのです。【素子のスペックで劣るが、それが長所となることもある】●撮像素子の画素数 cx680 […]

Read More

ソニー(SONY) ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI – 初めてビデオカメラを買いました

機械オンチの私でも、すぐに必要最低限な操作は使いこなせました。運動会ギリギリに注文しましたが、すぐ届いて助かりました!. 一台目のhdr-pj670があるのですが、ライブ撮影で失敗が許されないので、サブとして購入しました。このcx680はスマホからビデオのon-offやズームがコントロール出来、さらにビデオカメラの撮影している画像をスマホの画面で見れるので、さらにライブ撮影の失敗が少なくなりました。pj670のプロジェクターもかなり活躍していますが、cx680がこれからはメインになると思います。. 軽くコンパクトで、モニターも画像がきれいです。何よりも手ぶれが無く動きながらも、記録した画像が綺麗です。光学30倍がいいです。. 新品で購入したのですが、中古品でした。コード止めのモールが明らかに違うもの。説明書もボロボロ。カスタマー登録の用紙も入ってませんでした。best price店、あんまりです。. 趣味で入門機として手ごろなので購入。撮影して欲が出てきて、半年ほどで手放しました。今は一眼カメラで撮影してます。ビデオカメラは手振れ補正は問題ありません。. 手振れ補正が効いているので、自然に撮れて初心者に優しいカメラです。ボディーカラにブラックがないのが、悲しい。. カメラより後ろの音もちゃんと入るのですが、音声だけはほとんど撮れないです。意図してカットされてるような感じです。もちろん撮影者の声を小さくする機能はオフです。それと、液晶に貼り付けたフィルムのせいだかわかりませんが、液晶のタッチパネルの反応が悪すぎます。特に液晶上部の左端と上部中央の反応が悪すぎます。3回も4回も押さないと反応してくれない。また、ズームレバーのすぐ後ろにシャッターボタンがありますが、指が触れたかどうかわからないぐらいなのにボタンが反応してしまう。明らかに異常。ハズレを引いてしまったようです。できれば防水のjvcが欲しかったのですが、音声を綺麗に取りたくてソニーを選びました。しかしアテが外れてがっかりしてます。撮影できる時間も短いですしね。jvcのrx980にすればよかった。.  【まとめ:忙しい方のために、要点抽出】・スマホでもデジイチでも動画は撮れるが、ビデオカメラが優れている点はまだまだ多く、本機はそれを余すところなく搭載している。強力なズーム、5. 1ch録音…・動画は時間の流れを切り取るもの、動画で重要なのは静止画レベルの品質よりも、映像の流れを捉えやすくしその質を保つこと。本機の超強力な手ブレ補正や、大メモリによる長時間撮影が意識する点であり、デジイチやスマホカメラとは考え方が異なる。・本機を買ったら、手に入れておくべきもの。例えば500mlのペットボトルカバー・付加価値… メディアサーバー化などネットワーク機能、下位機との差はメモリ容量だけではない・残念な件… usbケーブル直出し(笑)、ダウンロード提供のpcソフトやスマホアプリはいささか貧弱・サンプル動画————–以下は、その詳述となります。長いですが、時間のある方はサンプル動画ともどもご覧いただけると嬉しいです。————–【ビデオカメラがなくても動画は撮れるが】きょうび、お手軽に動画を撮ろうと思ったら、スマホのカメラでできますよね。逆に、本格的に撮りたいと思ったら、デジイチの動画機能でできますよね。じゃあ、ビデオカメラの出番はあるんでしょうか?「あります」(← 若手女性科学者ふうに)そして、そのビデオカメラならではのいろいろを詰め込んだのが本機(以下cx680と呼びます)です。【写真(静止画)と映像(動画)は別物、ビデオカメラは映像に必要なものは何かを中心に考えられている】写真は静止画で絵画に似ていると思います。しかし、映像は違います。むしろ絵画より音楽に近いのが映像です。なぜなら、動画には音楽と同じように時間と流れがあり、その時間と流れをいかにうまく表現するかが映像に求められることだからです。例えば、月は写真で撮れば単に静止した月ですが、空の月を眺めていると数分間の間にゆっくりと東から西へ動いているのがわかるでしょう。鳥や雲がその手前を飛んでいくこともあります。それら一連の時間と流れを切り取る(あるいは編集で作り出す)のが映像の役目です。小さな時間と流れが積み重なることで、小さなストーリーが生まれ、小さなストーリーが集まるとドラマになります。それが映像の目指す方向です。そうすると、ビデオカメラに求められるのは、静止画レベルの美しさよりも、時間と流れ捉えやすくその質をいかに保つかということになります。cx680の非常に強力な手ブレ補正は、静止画のそれというより、流れを阻害しないためのものです。歩きながら回してもスタビライザーの役目を果たしてくれます。大きいメモリを積んで長時間の撮影に対応させたのもそうでしょう。デジイチやスマホカメラとは思想そのものが違うのです。【素子のスペックで劣るが、それが長所となることもある】●撮像素子の画素数 cx680 < スマホ < デジイチ●撮像素子のサイズ cx680 < スマホ. 1chによる多チャンネルサウンドは環境音の臨場感がなかなか良いですね。デジイチは画質の良さが災いして長時間撮影に耐えられないものが多いです。スマホはファイルあたりのサイズ(≒撮影時間)に上限があったり、撮影以外のことにもストレージが必要なので長時間録画に向きません。cx680はメモリを多く積みカードの使用もできるので、電源さえ確保できれば、長時間撮影はお手のものです。【cx680を買ったら、そろえておくといいもの】ビデオカメラを買ったらワイコン買えというのが一時期常識だったのですが、cx680はワイド側の画も広いので、ワイコンは必要ないでしょう。ワイコンやプロテクターをつけるねじ溝はあります。私は魚眼レンズをつけることはあります。それよりもおすすめなのは…◎ペットボトル(500ml)用ボトルカバー100均で売っている、ペットボトルのカバーです。これが立派にcx680のケースになります。サイズとしてちょうどいいですし、モノによってはクッション性も。もともとペットボトルの保冷保温のためのアイテムなので、夏の暑い日ざしや冬の北風など、高温低温からcx680を守ります。〇三脚ケースを安くあげたら、三脚に投資してください。パンやティルトでガタが出ないのが理想です。ただしあまり大きくなくてもいいでしょう。品がそこそこ良ければメーカーはどこでもいいです。cx680は一般的な三脚やクイックシューが取り付け可能です。手ブレ補正があるからいらないって?そんなことはありません。手で持ってずっと撮影し続けるなんて大変ですし、ブレなくてもカメラが動き続ける落ち着きのない動画を長時間鑑賞するのは無理です。また、三脚を使っていても、ズーム状態でカメラに触れる時に手ブレ補正が必要になります。あるいは手ブレ補正機能が苦手とする被写体の場合、補正offにして三脚で固定するということもあるでしょう。△microsd系メモリーカード容量をさらにアップ。予備に、貴重な録画のバックアップに、他の機器に撮影データを渡す方法のひとつとして△予備のバッテリー△電源アダプタ(dc)usbで充電できるため、こちらは別売りです。コンセントが取れれば長時間の使用も心配なし。 ※おすすめ度 高 - ◎〇△ - 低【付加価値】・マニュアル操作可基本はオートだとして、弄りたい機能がマニュアル操作で変更可能です。フォーカス、明るさ等ですね。・ネットワークwi-fiでスマホや家庭内ネットワークと連携できるのは今風です。ネットワーク上のcx680をメディアサーバーとして認識させることができます。amazon fire tvもネットワーク動画用アプリ(たいてい有料ですが)をインストールすることで、cx680の撮影データを再生することができます。pcとは「テレビ鑑賞」でメディアサーバー、「パソコン保存」でネットワークストレージとして接続です。・mp4ファイルxavcsやavchdなど通常のfhdフォーマットで撮影すると同時に、mp4ファイルを生成して同時記録してくれます。元の映像を変換しなくても、アップロード用のファイルができているというわけですが、画質的に言ってオマケです。綺麗な動画をアップするなら、元の映像からpcなどで変換した方がいいでしょう。・cx470との違いより安い姉妹機について、違いはメモリ(ストレージ)の大きさだけとよく書かれていることがありますが、ほかにも多くの点で違います。手ブレ補正はcx680と比べると少しだけ簡易版です(それでもまあまあの性能があります)。サウンドは2chのみ。そして上記のネットワーク機能に対応しません。よほど価格差がない限り私は本機cx680を薦めます。【ちょっと残念な点】・usbケーブル直付け(笑)cx680はusbで充電やpc接続を行いますが、usb端子はなく、cx680本体から短いusbケーブルが直接出ています。短くて不便なので、さらにusb延長ケーブル(付属品)を追加して充電やpc接続を行います。これは勘弁してほしかった。直付けのケーブルが断線すると、充電やら、データ転送やらに重大な支障が出ます。まあ、電源は別売りのアダプタを買ってdc-inに接続、データ転送はwi-fiでも可能なので、断線=即死ではないものの、やはり困ります。・ダウンロードソフト(pc、スマホとも)が貧弱cx680のユーザーのためにplaymemoriesという名前でpcソフトやスマホアプリがダウンロード提供されていますが、どちらもたいしたことがなくがっかりです。pc版は、撮影データの転送と管理と閲覧、光ディスクへの焼きこみとその際必要な最低限の簡易編集等ができます。が、これだけです。低機能な割に動作が軽いわけでもありません。映像の編集にはもっと本格的なソフトを買う必要があります。playmemoriesがなくてもストレージ(usb/wi-fi)やメディアサーバー(wi-fi)として認識されるので転送はpcの基本機能や他のソフトでもできます。スマホアプリは、cx680の映像をスマホの画面で見ながら遠隔操作できるのが売りですが、操作といってもできるのは撮影のスタート/ストップ、静止画と動画のモード切り替え、ズームイン/アウトで全てです。cx680本体のタッチパネルでできる細かい操作とは大違いです。いちどこちらを使うと、あらかじめ本体側で調整していたマニュアル設定がすべてオートに戻ってしまうというのも考えものです。【サンプル動画について】タイトル : おぼろ作者(演出撮影その他一式) : otopon (私)音楽(曲) : lassus作曲 ave regina caelorum(a3) クラシック/パブリックドメイン(≒著作権フリー)音楽(データ作成と演奏) : otoponとotoponのpc機材 : カメラ hdr-cx680 (レビュー対象機) / pc dell inspiron15 / 編集ソフト cyberlink powerdirector13内容 […]

Read More