Amazonでの購入ではありませんが、使用して3年が経過したのでインプレを含めレビューします。【良い点】 ・手振れ補正が優秀。軽量なため手ブレしやすい環境でもしっかり補正されます。 ・ズームが優秀。エクステンデッドズームで最大55倍。小さな物まで拡大できます。  運動会などで大活躍します。【悪い点】 ・付属バッテリーの消費が激しい。追加バッテリーや大容量バッテリーがないと  運動会や学芸会では不安です。 ・usb充電。調べたところ0. 46aでの低速充電です。  バッテリーに負荷を与えないためか、ゆっくりで急ぎで必要な場合は  バッテリー予備を追加で購入する必要有り。他のビデオカメラと比べ安価な割りに性能が良いですが充電面やバッテリー面でのマイナスポイントが多かったため厳しめの☆3点となります。.

昔から何故か購入する事のなかったビデオカメラ。どうせ購入ならば、手振れのない&できるだけ安価と思い、アマゾンさんから購入しました。購入して1ヶ月の印象です。(気に入っているところ)○軽くて良い。○手振れ防止機能は、確かにブレ方が滑らかにごまかしてくれる。○説明書も簡潔で見やすい。(気になるところ)●付属のバッテリーは、撮影&電源オフを繰り返しで、なんだか1時間くらいの印象。ビデオカメラ初心者の私には、とても良い先生&友として、これからいろんな思い出を記録してくれると思ってます。もしも、自分の周囲でこの商品を欲しいという方がいたら、私はおススメできます。.

空間手ぶれ補正に魅かれて購入したものの、液晶モニターの酷さに愕然とした。雪山のツアーにcx430をメインビデオとして、cx180を予備ビデオとして持参した。最初、cx430の液晶輝度をautoにして使っていたが、あまりに暗いのでマニュアルに切り替えた。autoの輝度は半分程度の表示であったので、余裕は十分にあると思った。しかし、50%以上に輝度を上げた途端、画面は白ボケて被写体が判別不能になっていくのを見た。 試しに、cx180を取り出して液晶を比べるとハッキリと被写体が見えるし、液晶の輝度も十分に上げることができた。 あまりにも差が歴然としていた。以後は、cx180のみを使ってツアーを終えたが、cx430の液晶はソニーの看板が泣く製品である。また、gpsも衛星を捉える時間が長くかかりすぎで、位置情報を捉える前に録画が終わってしまうことも度々あった。 gpsの常駐モードを設定できる機能が必要であると思う。確かに、空間手ぶれ補正は優秀だと思ったが、液晶の見づらいビデオは論外である。明るい屋外や雪山、スキー場、極地などではお勧め出来ないビデオカメラだと思う。.

利点と欠点

メリット

  • 液晶モニターが最悪
  • 初心者の私には、強い味方
  • さすが世界のSONY。手振れ補正が優秀

デメリット

特徴 Sony ビデオカメラ Handycam Cx430v 光学30倍 内蔵メモリ32gb Hdr-Cx430v/T

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●HDR-CX430V HANDYCAM ブラウン●

ベスト Sony ビデオカメラ Handycam Cx430v 光学30倍 内蔵メモリ32gb Hdr-Cx430v/T 買い取り