Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z7 FTZ マウントアダプターキットZ7FTZKIT – 思った通り。そして予想以上。

昆虫の飛翔を主に撮っているが、思った通りに撮れる。そして画質は予想していた以上に素晴らしい。.

絵画などの撮影で使用していますが、画像の解像度が安定しており使い安いです。.

私も、最近、色々な方のコメントを読んで何を買おうか非常に迷いましたが、ニコンz7を購入しました。カタログ上のスペック以上の性能を出すのがニコンなので、早速モデル撮影会に行き試してみました。電池寿命スペックは330枚ですが、実際は、2438枚 撮影出来ました。通常raw、JPEGで撮影をするので、256gbのxqdが必要で、もし、128gbでの撮影の場合、千数百枚で一杯になるので、不安な方は、その時に電池を交換すれば良いと言う感じです、 カタログスペックと実際の性能が同じS社とは大違いXQD信頼性、これが素晴らしい、早い、高価な事が納得出来ます、私は、SD、CFカードでは、画像飛びや動かなくなった事が有りますが、XQDは、d850、d500でも使っており、6枚所有 一度もトラブった事が有りません。画質ですが、周辺部までシャープで、S社と比較すると、周辺では差がハッキリと分かります、特に、風景や繊細な描写を望む方は、絶対にZ7をお勧めします、噂では、S社はAPS設計を無理やりにフルサイズにしているので、ニコンやC社に追いつく為に、マウント径を変える噂もある事が納得出来ます。 AF これが楽ちん抜群です  瞳AFが無いが、しかし撮影画像を見ると瞳にピントが来ている、 多分、石橋を叩いて壊してしまうニコンなので、少しでも自信の無い物は表記しないのでしょう。  重さですが、各メーカーミラーレスは同じ位ですねー  特に最悪はC社で、レンズ手ブレ補正が入っているので、重い高い 、ニコンZ7は総合的に見てもグランプリを取るだけの事はあります、 これは、撮影してその画像で比較するとその凄さが分かります Z7にして良かった.

まだ数週間なので、良さを伝えられませんが、これからが楽しみです。.

750に比べ、軽く、機能面でもよくなっている。.

ポートレート撮影でスピードライトを多用する人には使いにくいカメラです。縦位置が構えにくいし、スピードライト使用時に難ありです。①縦位置グリップがない。縦位置撮影が多いポートレートでは、縦位置グリップが必需品です。バッテリー庫内・カメラの底面にも縦位置グリップを可能とする接点がないことから設計段階から不要と考えていたもよう。ニコンミーティングでは、シャッターボタンのない単なるバッテリーパックのモップにブーイングを浴びていた。②縦位置に構えるとwr-r10が手に当たる。縦位置に構えるとwr-r10が手に当たり、縦位置が構えにくい。何度も当たってるうちにwr-r10が壊れてしまった人もいる。③スピートライトを使用すると、mモードではファインダーに露出が反映されない。 ポートレートでのスピードライトの使い方mモードで露出を整え、マニュアル調光でモデルに充てる光を調光します。しかし、z7はスピードライトを使用すると、ファインダーは一定の明るさに保たれ、露出が反映されないため露出を整えるのをリアルタイムで確認することが出来ません。ちなみに、新興のソニーは、同条件で露出が反映されるます。①、②、③を検討した上で購入を検討したほうがいいと思います。尚、日中に顔認識af+スピードライトの組み合わせで撮影すると、ファインダーが真っ白になって飛んでしまうバグは、ファーム ver. 03で改善されています。ようやく、スピードライト+顔認識afが使えるようになりました。.

D5にしようかd850にしようか悩んだ末騙されたつもりで選びました。でも凄いです。.

D850から去年機種変更しました。ミラーレスは(初物は完成度が低いと思っていました)お布施のつもりで買ったのですが、期待を裏切る出来にさすがnikonと感心しています。まず、電子ファインダーの見やすさ、カメラの軽さ、顔認識の正確さ(もうすぐファームアップで瞳af対応するらしいです。)私の撮影環境では、一眼レフには戻れなくなっています。まずピントの正確さです。掲示写真の様にaf-s105mmf1. 4を使い女性ポートレートを撮る機会が多いのですが、大口径レンズの薄いピントで、ギリギリまで被写体にピントを合わせ背景をぼかす、一眼レフでは不可能な領域のまたは、撮影しては確認の作業が、シャッターを押す前に撮影画像が確認そして調整出来る事に感動しました。奇跡の一枚でなく、z7+105㎜f1. 4ならば、誰でも立体感のある写真が出来のではないでしょうか。またz24-70mmf4のズームレンズの出来もよく今年発売のf2. 8に期待しています。そして、ボデー内手振れ補正で、500㎜望遠レンズの組み合わせでも低速シャッター+手持ち撮影で手振れを確認出来なかったのは嬉しい誤算でした。又、私の撮影環境では、連射はこの速度で十分野鳥撮れました。バッテリーの持ちもそれなりで予備を持てば問題有りません。シングルスロットのxqdは精神的不安が有りますが信頼性の高いメディアとアナウンスしていますので信じて使っています。シングルメディアですから撮影後jpgファイルとnefファイルが混在しているのを、pcで分けるのは簡単なのですが、ひと手間増えるのが地味にめんどくさいです。ミラーレスを買ってから時々考えるのですが、私の用途では、撮影は、一眼レフのファインダー越しの撮影が楽しいです、ですが、一眼レフは、撮影前に微調整そして撮影した写真の出来はミラーレスにかなわないと思います。撮影前にボケの調整を画像を確認しながやり出すと一眼レフに戻れないです。現在d850は売り、17-55mmf2. 8(nikonで工場送りして調整後見違えるようにシープでボケも綺麗になり手放せなくなりました掲示写真はこれで撮影)しばらくは、撮影が楽しい一眼レフか、出来上がりが素晴らしいミラーレスで答えが出そうにありません。以上はアマチュアカメラマンの意見です。最後にこの機能で40万円程度の値段は安いと思います。z6などバーゲンプライスと思います。.

利点と欠点

メリット

  • デジタルカメラグランプリ受賞最高のカメラです
  • 奥深い機能
  • 感動 D850から機種変更で、高画質機の微ブレ&手振れの減少

デメリット

大きくて重いd800e+fレンズ群に嫌気がさして2015年8月からsony α7riiを使っていました。しかしd800eと比較するとα7riiの画像は抜けが悪く、どこか塗り絵のような奥行き感・立体感に乏しいものに感じられ、α7riiiを横目にz7を購入しました。ファインダーの出来、マニュアルフォーカスアシストと写りの良さはz7が優っています。優秀なファインダーのおか げで、meyer optic trioplan 100mm f2. 8(e、fマウント共所有) のようなピーキングが使えない非cpuマニュアルレンズのフォーカシングがrive viewを使わずともファインダー上で楽にでき、レンズ情報手動設定を行うことでボディ内手ぶれ補正も効かせることができます。連写性能、瞳フォーカスの有無、ダブルスロットの有無、バッテリーの持ちの悪さなどz7が叩かれているポイントですが、瞳フォーカスがなくとも顔 にきっちりピントが来るし、バッテリー持ちの悪さはα7riiで経験ずみだっためほとんど気にならず、風景写真を撮る事が多いため写りの良さを最優先にz7を選択しました。画質は素 晴らしく満足しています。dxo markのセンサー評価では高感度耐性はα7riiがz7より上ですが、実際にiso2500で撮影してみると(アルゴリズムの違いなのか)z7の方が解像度が維持され立体的に見えるているのに対してα7riiは情報が丸められて解像度が低下し塗りつぶしたように見えます。α7riiiではなくz7を選択したもう一つのポイントはs line レンズが意外に小さく軽いことでした。24-70 f2. 8の比較では、sony sel2470gmの886gに対しs line 24-70 f2. 8の比較では、sony sel70200gmは1480gもありボディ本体を軽くした意義を見いだせずsony storeで注文したもののキャンセルした経緯があります。s line 70-200 f2. 8の重量は1300g台が期待出来そうだと感じています。さらに大口径マウントによる恩恵が今後設計されるレンズの 小型軽量化に効いてくるに違いないとも期待しています。気に入らない点は、レンズロードマップに普及を促進するためのお手軽レンズ(撒き餌的なレンズ)が一 本もないこととレンズメーカーにマウント情報を公開していない点です。α7riiは小さくて軽くzeissレンズが使えることが購入の決め手でした。これ からの主流は間違いなくミラーレスだと思われますが、nikonさんには未だその認識はないようです。マウントアダプターを介さないで使えるレンズが多い方が本体も売れるのは明白なことです。敷居を下げないと売れませんよ!nikonさん。対応レンズが少ないことで−1点としました。.

普段ニコン850やd5をメインに使っています。流石のニコンです。しかしz7は少々高額すぎるのではないでしょうか?20万円代ならまだ我慢できます。それも30万円代後半です。なかなか厳しい価格設定です。バッファが足りないのはわかっています。rawで撮影したいる場合17コマ程度で止まってしまいます。バッファが物足りないのは最初からわかっていました。でも他にも我慢ならんところがあるんです。たしかに、これからのカメラです。でも現状、バッテリーグリップもなければ、sラインという純正レンズも単焦点が35mm1本しかなく、アダプターをつければfマウントレンズが使えるので、それなりに不便ではないのですが。だったら、別にd850でいいのではないかとも思いますし、確かに高感度は850よりノイズが少ないですが、特筆すべきはそのくらいで、あとないんですよね。動画はわかりませんが。しかもsラインの35mmが明らかにレンズがいまいち。ロードマップを見る限り、2020年くらいまで良さげなレンズも出ないみたいだし、一回購入したけど、またその頃に購入すればいいかということで、価格が高いうちに売却しました。それでも数万円は損しました。最初だから仕方がない。アイテムが少ないのも仕方がない。わかっているんですが、人柱になるにしては価格設定が高すぎます。現状はsonyのアルファ7r3が高画素モデルでライバルになるとおもいますが、現状そちらを購入して使っております。残念ながら、価格も安価だし、機能的にも優れておると言わざる終えません。zシリーズの今後の巻き返しに期待します。追伸:ノクトニッコールもf値が0.95ということで期待大でしたが、mf(マニュアルフォーカス)ということで、パスです。歳をとるとだんだん眼が見えなくなってきますので、40代の私でもafが無いのは厳しいです。.

特徴 Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z7 FTZ マウントアダプターキットZ7FTZKIT

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 優れた光学テクノロジーと画像処理テクノロジーで自然な見えを実現する電子ビューファインダー
  • 像面位相差 A F 画素を搭載した裏面照射型ニコンF X フォーマットC M O S センサー
  • 約5. 0 段の高いブレ補正効果を発揮する、ニコン初のカメラ内センサーシフト式 V R
  • 独創的な表現を可能にする2 0 種類の「Creative Picture Control」
  • 像面位相差AFとコントラストAFのコンビネーション、新開発ハイブリッドAF
  • 撮像範囲の縦横約 9 0 % をカバーするAF 領域
  • -4EVの低輝度までAF可能な「ロ ー ラ イ トAF 」
  • パソコンとの接続に対応した内蔵Wi-Fi

メーカーより

Z7_1

Z7_2

Z7_3

深みを増した高画質、先進AFの優れた捕捉力、高度な操作性

Z7_4

Z7_5

Z7_6

有効画素数4575万画素とISO 64-25600を両立

像面位相差AF画素搭載の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、有効画素数4575万画素と常用感度ISO 64~25600を両立。画像処理エンジンには、最新のEXPEED 6を採用しています。

撮像範囲を広くカバーする、高精度ハイブリッドAF

493点のフォーカスポイントが、撮像範囲の水平、垂直約90%という広い範囲をカバー。FXフォーマットセンサーに最適化したアルゴリズムで像面位相差AFとコントラストAFを自動的に切り換え、状況に適した方式でピント合わせを行います。

自然な見えを提供する電子ビューファインダー

Quad VGA(約369 万ドット)有機EL パネルを採用。ニコン独自の光学技術を活かしたファインダー光学系と先進的な画像処理技術により、収差が少なくクリアーで、長時間の撮影でも目が疲れにくい自然な見えを提供します。

高い機動力と信頼性、充実した動画性能、NIKKOR F レンズを活かすマウントアダプター FTZ

Z7_7

Z7_8

Z7_9

高い機動性と堅牢性の両立

マグネシウム合金を使用し、防滴・防塵性能も確保した堅牢なボディーにより、厳しい環境でも安心して撮影に臨めます。D850 と同等の高い信頼性を確保しています。

フルフレーム4K UHD 動画

4K UHD(3840 × 2160)/30p 動画を[FX ベースの動画フォーマット]フルフレームで撮影可能。さらに、フルD/120p にも対応しています。DMI 10bit 出力が可能で、一段と階調豊かな情報が得られプロの映像制作ニーズに応える 「N-Log」も搭載しています。

NIKKOR F レンズの個性をZ マウントシステムで活かせるマウントアダプター FTZ

AI NIKKOR 以降の約 360 種のNIKKOR Fレンズで AE 撮影が、さらにそのうち、モーター内蔵の AF-P、AF-S、AF-I レンズ計 90 種以上でAE/AF 撮影が可能。VR 機構非搭載のNIKKOR F レンズ使用時も、Z 7 のカメラ内VR で手ブレ補正(三軸)が可能です。

ベスト Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z7 FTZ マウントアダプターキットZ7FTZKIT 買い取り