Nikon デジタルカメラ COOLPIX B700 光学60倍ズーム 2029万画素 ブラック B700BK – マクロ撮影は向かないけれど、さすがに望遠はすごい。

500mm以上の超望遠レンズの購入を考えた時に。①金額的な問題、②使用頻度の問題、③自分の手腕の問題などを考えた時に。センサーが小型になりますが、800mmで1/50秒、程度では余裕で手振れも抑えてくれます。そしてなにより肩が凝りません。まだまだ試運転中ですが気軽に使える高性能カメラとして楽しんでいます。.

今まではcanon g11をずっと使っていました。息子の部活でどうしても望遠が必要になり、一眼とレンズが良いのはわかっていましたが、コスパの面で妥協。望遠機能のみの選択で購入。カメラをあまり知らないからか、見た目は一眼レフに見えます。バリアングルもg11から重宝していましたが、b700は覗き込んだ時に画面が消える設定になっているのでお腹のあたりでフレキシブルに撮影する時に不便です。(設定で変えられるのかな?)肝心の絵ですが、g11に比べると色が淡いというか、寒々しく薄い感じ。こちらの方が正確なのかもしれませんが、温かみのある画質ではありませんね。ただ調節してくと近づける感じはします。動画はなかなか良くて、実際に頻度はそちらの方が上。超望遠で動画が撮れるのはありがたいです。これだけの望遠はハンディーカムのようなものにはあるのかな?なければこれだけでも買う価値はあるのかも。60倍で撮った画像をサイズ調整をしてlineで送って息子にフォームなどのチェックをさせています。静止画よりもこちらがメインになりそうですね。総じて、まだ使いこなせていない面もありますが、直感的な機能しか使わない自分にとっては少し癖のある機種のように感じます。もう少しシンプルにして質を絞った方が良かったのかな?とも思います。昔のバカチョンを買う人の望遠機種というだけで、シンプル機構が主体であればもっと使いやすかったです。.

スタジアムの観客席からエスコートキッズを撮影する必要があったため手頃な値段で高倍率の本機を購入。観客席からでも結構ズームして撮影できました。右利きの私にはホールド感は良いです。左利きは完全に不利です。雨の日に傘をさしながら片手でズーム&シャッター操作ができるのはこのサイズまでが限界。気になる点としては ①朝方から昼までの撮影は絶好調だが、夕方になるとAF精度が落ちてボケ始めるので辛い。 ②連写モード時のSDカードへの書き込みは非同期のバックグラウンドで処理して欲しかった。  結構なシャッターチャンスを逃した。スポーツ向きではないかも。  ファームウェアのアップデートで直らないかな? ③左手操作用のズームは電動ではなく手動のほうが良い。  レンズが小さいためかその分ズームを必要します。  遠近移動が激しいスポーツでは電動だとズームが追いつかない。気に入った点としては ①サイズ・重量が程よい。外出時に、ためらうことなく持ち運べる。 ②高倍率。何といっても、これが購入理由だから。 ③手頃な価格。カメラ初心者の私には冒険は出来ない。 ④デザインがいい。愛着が沸きます。.

このようなカメラを始めて買った超初心者です。メーカー等も特にこだわり無く趣味で始めようと思い購入しました。(←こんな決め方でスミマセン)荷物が到着し開封の瞬間、胸高まる物を感じました、とりあえずカッコいい!そして重い(ズッシリ感がいい)緊張しながら初期設定を終了。今ってスマホと連携出来るんですねスゴすぎるヽ(゚Д゚)ノいつものジョギングコースをカメラを持って出陣。色んな物がシャッターチャンスに見えてワクワクします、今まではスマホのカメラでいいと思ってましたが見える景色が全然違いますね、カメラの魅力に少しずつハマってきてます、望遠機能で同メーカーのp900と迷ったんですが自分にはこちらで十分過ぎます。とりあえずブレないように綺麗に撮れる練習から(笑)日々勉強です、奥が深い世界みたいなんでf値とかiso設定等が分かってくるともっと面白いでしょうね。初代相棒として大事に使って行きたいです。機種としてのの良いところ悪いところまでは分かりませんのでレビューとなってないかも知れませんが買って2日間で撮った写真貼っておきます。参考までに.

コンパクトで、画質も良くてファインダーも使い易くて、満足しました。.

2017年6月に購入。子供の成長を残したいとの思いから、機能・デザインを総合的に判断し、最終的に予算内であったことでこのカメラを選びました。毎年観戦する都市対抗野球にも持参、楽しみが増えました。添付画像はナイターですがよく撮れていると思います。付属のバッテリーは、オン状態で1時間以上は持ちますが、野球の試合では2時間を超える時もあるので予備のバッテリーを用意しています。2本あれば9回×2ゲームの撮影が出来ました。撮った画像は、カメラとbluetoothで繋がっているスマホ(専用アプリ)に送られてきます。動画も送信で可能です。容量が大きい場合はwi-fi有効であれば問題ありませんでした。自分の使用目的にピッタリなカメラ。使い始めて2年が経ちましたが、今も役に立ってくれています。.

いやほんと、めちゃくちゃいいデジカメです。カメラが楽しくなります。.

B700とP900を何方にするか迷っていたが、製品はB700の方が画素数の大きさや製品の製造年度が新しいのでB700に決めた、本当はredがメリハリが有り、良いと思っていたが、製品の球数が低いので性能面は同じと思い黒に決定、人物や景色を取るのが中心であるので、望遠は極端には必要ではない、プリントするとバカチョンのカメラとの差は歴然である。買って良かった。.

利点と欠点

メリット

  • 安い時に買っておけば良かった(後悔)
  • 手軽に強力な望遠機能を楽しめる
  • P1000が出るまでは史上最強のコンデジ

デメリット

これまで使用していた300mm500mmの望遠と違い、デジタルで2000mmを超える画像が手に入るようになり楽しんでいます。.

購入後1年くらいで、本体の充電端子がカメラ本体に陥没、修理見積もり¥25,000也。そのまま使用していたら、2年目に電源が入らなくなったので修理依頼したら¥46,000円也。ネットの中古が¥4万円で売っていたので購入。バカ高い修理費にビックリ仰天!!.

後継機を待っていたのですが、どうにも出そうにありません。製造中止、取扱店舗の激減、少なくなる在庫…高い高いとは思いつつも新品が入手不可能になる前に購入しました。ですが、電池を入れて試し撮りしてビックリ!写真の番号が0083から始まり、現在日時もほぼ合っているのです。そう!恐らく、これは新品に見えるだけの中古品!!不足品、キズ、汚れと言った決定的な瑕疵があれば返品したのですが、見つけられないまま、現在も使用しております。しかし、嘘はよくありませんね。★を一個、削ります。①雀(縮小)水場の多い公園で、色合いのテストです。雀は結構水浴びしますので水がキレイだと汚れも少なくなるものなのですが…しかし、ちょっとこれは彩度が高すぎますね。明らかに中間色はキャノンのpowershotより劣っています。②昼の月(縮小)コントラストのテストですが、これは良くできてますね。ただ、目で見た空の色よりは明らかに彩度が高いです。③土星(切り取り)最大望遠のテストです。画面上は小さな楕円に見えていたのですが、拡大すると、まさかここまでハッキリ映っているとは…ですが、残念ながらpowershot sx60hsより劣ってます。これは仕方ありませんね。なにせ、b700は口径52mmしかないのにsx60hsは60mm位あるのですから。ここはニコンの望遠設計の優秀さを褒めるべきでしょう。因みに土星のピント合わせでafは使いものになりません。マニュアルオンリーで中央部が拡大されるため鬼ムズです。総評色々撮りたいなら機能が充実しているlumix dc-fz85、色合いや広角望遠なら2018年11月発売のpowershot sx70hsでしょう。b700は、機能面、操作性の両面でこの二つの機種に及ばないでしょう。ですが、口径が52mmと小さいだけあって100gほどですが一番軽量です。レンズ部にネジが切ってあり、すぐに保護フィルターが取り付けられます。バッテリーも安価なサードパーティ(700円くらい)のが使えます。旅行とかで荷物を少なく軽くしたいと考える人には良い選択肢ですね。因みにpowershotは要アダプターで、しかも67mmと大型フィルターとなります。.

一眼レフを2台もっていたので、古いやつを処分し本機を購入しました。一眼レフはレンズを交換するとき、ccdが集塵機になりゴミを吸い寄せるので後々面倒なことになるので、ズーム一体式としました。ただカメラの写りの良さは小生のような初心者の場合、画素数ではなくccdの大きさで決まるのスマホ以上一眼未満と考えています。結局コンデジ、本機、一眼ともニコンになってしまったのはただの偶然なのか。小生のような、もの心ついた時はフィルム式カメラ全盛だったため、ファインダーのないミラーレスはものすごく違和感があります。横並びでみるとパナソニックやオリンパスのほうが、価格的には安いのですが特にオリンパスの液晶のみで撮影する一眼レフは絶対だめです。現在所有する液晶のみのニコン製薄型コンデジもまだスマホのほうが液晶撮影はしっくりするので、最近はもっぱら引き出しの中に眠っています。若い人は5軸手振れ機能を使い、腕を思いきり伸ばしての撮影でもokでしょうが、5軸手振れもなくaeもいまいちだった銀塩フィルム時代のおっさんは、カメラをしっかりホールドし、脇をしめてファインダーで画角を決め、ピントをしっかり合わせシャッターを押すという一連のトラウマに犯されているので、もう変わることもないと思います。.

子供のサッカーを撮っています。b500を持っていて使いやすいので990と700で悩みましたが毎週持ち歩くのでコンパクトさと軽量さで選びました。60倍はすごいけどさすがにmaxまで持って行くと肘を台についても手ぶれがすごくて三脚がいります。.

中古のカメラも購入するのは初めてでしたが何も心配は要りませんでした、多機能ゆえに取説とにらめっこです^^スマホのカメラほどラフな撮影が難しく特に夜の動く被写体の撮影の仕方を勉強しなくてはなりません。.

コスパもさることながら、性能が凄い。野鳥観察に利用しています。野鳥の産毛から、瞳に映った空まで見えそう。そして驚きなのは、この添付は写真じゃなくて動画の切り抜きです。野鳥と一定の距離を置いて、逃げられずに写真が取れます。すっかりnikonのファンになりました.

It has a big scratch on the screen,im not happy on this product. Not yet use the item, so im not sure if the charging condition is good.

スマホにすぐ転送されるのは便利。暗いところでのノンフラッシュ撮影は若干の難あり。動く被写体はぶれる。.

特徴 Nikon デジタルカメラ COOLPIX B700 光学60倍ズーム 2029万画素 ブラック B700BK

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • コンパクトな「1440mm相当の超望遠、世界最小・最軽量の光学60倍ズーム」
  • 最大120倍、約2880mm相当までのダイナミックファインズームも搭載
  • 決定的な瞬間を逃さない、「高速AFと短い撮影タイムラグ」
  • 手ブレ補正効果5.0段のデュアル検知光学VR「高性能手ブレ補正(静止画時)」
  • 静止画切り出しも可能な「4K UHD/30p動画撮影」
  • 超望遠も高画質、ニコンの一眼レフカメラの交換レンズにも採用されているスーパーEDレンズ
  • カメラで撮影した画像をスマートフォン/タブレットに自動転送できるSnapBridge対応
  • 近づくだけで表示が点灯「アイセンサー付き電子ビューファインダー」
  • Capture NX-Dで、撮影した画像を思い通りに現像できるRAW(NRW)に新対応
  • Wi-Fi内蔵/NFC機能・有効画素数2029万画素・裏面照射型CMOSセンサー・3型バリアングル液晶モニター

メーカーより

COOLPIX B700

1440mm相当の光学60倍ズームが魅力

COOLPIX B700

拡大表示
  • 広角24mmから超望遠1440mmまでカバー
  • 光学60倍以上で最軽量(2016年2月23日現在。ニコン調べ)
  • サイドズームレバーも搭載
  • 1cmまで近寄れるマクロAFも利用可能

コンパクトな1440mm相当の超望遠、世界最小・最軽量の光学60倍ズーム

広角24mmから超望遠1440mm相当までの幅広い画角をカバーする超高倍率ズームを搭載しながらも、気軽に持ち歩けるクラス世界最小・最軽量ボディー(2016年2月23日現在。ニコン調べ)を実現。

最大120倍、約2880mm相当まで迫れるダイナミックファインズームも搭載。一度見失った被写体もクイックバックズームボタンを使えばすぐに捉え直すことが可能。シャッターボタンに指をおいたままズームにできるサイドズームレバーも搭載し、快適な超望遠撮影が可能だ。

レンズ前約1cmまで被写体に近づいて撮影できるマクロAFも楽しめる。さらに、多彩なアングルからラクな姿勢で被写体を狙える、バリアングルタイプの広視野角大画面モニターも採用した。

COOLPIX B700

COOLPIX B700

拡大表示
手ブレ補正効果5.0段のデュアル検知光学VR

角速度センサーと画像情報から得た2つのブレ情報を基に、VRアルゴリズムによって高精度にブレ量を演算。手ブレを抑えるためにシャッタースピードを上げ過ぎると開放絞りでも適正露出にならない、高感度になり過ぎるといった制約を軽減する。

また、望遠撮影時にも、レンズシフト方式で5.0段の手ブレ補正効果により、5段分速いシャッタースピードを使用したときと同じ防振効果を発揮する。

決定的な瞬間を逃さない、高速AFと短い撮影タイムラグ

約0.09秒の高速AF搭載

撮りたい瞬間を逃さない約0.09秒の高速AFを搭載。

また、撮影タイムラグも短く、広角側で約0.1秒、望遠側で約0.54秒と、全ズーム域でシャッターボタンを押し込んだ、ほぼその瞬間を撮影できる点が特徴だ。

野生動物の撮影はもちろん、日没直後などの低輝度シーンにも強く、決定的なシーンをキレイに撮影できる。さらに、構図を大きく変えたときや手ブレを感知するたびに、自動的にピントを合わせ直す「プリAF」により、望遠撮影時や暗い場所でも、より確実に鮮明な写真を撮影できる。

COOLPIX B700

静止画切り出しも可能な「4K UHD/30p動画撮影」

3840×2160/30p対応、最長約7分のステレオ音声付き4K UHDムービー撮影が可能。

フルHDの4倍の高画素で撮れるので、超望遠撮影時にも被写体の細部までより高精細な表現を実現。5軸ハイブリッド手ブレ補正(VR)機能で手ブレもしっかり軽減し、鮮鋭感と臨場感にあふれた映像表現が楽しめる。

動画の撮影中にシャッターを切ることで静止画の切り出しも可能。高速連続撮影では捉えられないような瞬間も高画質な作品として残せる。

COOLPIX B700

スマホと常時接続するSnapBridge対応

COOLPIX B700

拡大表示
スマホと常時接続するSnapBridge対応
  • 撮影した写真が自動で転送
  • クラウド側で自動バックアップも可能
  • 自動で指定したSNSへの投稿もできる
  • 著作権情報の自動付与にも対応
  • スマートフォンからカメラの遠隔操作もできる

スマホと常時接続するSnapBridge対応

SNS投稿も自動化できる

カメラとスマートフォンを常時接続するアプリ「SnapBridge」に対応。「SnapBridge」は、Bluetooth接続でカメラとスマートフォンやタブレットを接続する。

SnapBridgeを利用すると、Bluetooth接続でカメラで撮影した画像が自動的にアプリ側に転送される。アプリからニコンのクラウドサービス「NIKON IMAGE SPACE」への自動アップロードも可能。画像サイズを指定して、任意の場所へ写真を自動送信することも可能だ。

アプリ側で日時や位置情報を付加して管理するため、時間や場所ごとにソートすることもできるという。

そのほか、著作権情報やコメントなどクレジットの付加機能、スマートデバイスからカメラを遠隔操作できる機能などを搭載している。1台のカメラに対し、最大5台までペアリングできる。

COOLPIX A900 COOLPIX A300 COOLPIX B700 COOLPIX B500
A900 A300 B700 B500
有効画素数 2029万画素 2005万画素 2029万画素 1602万画素
撮像素子 1/2.3型原色CMOS 1/2.3型原色CMOS 1/2.3型原色CMOS 1/2.3型原色CMOS
レンズ 光学35倍ズーム、NIKKORレンズ、焦点距離:4.3-151mm(35mm判換算24-840mm相当の撮影画角)、開放F値:f/3.4-6.9、レンズ構成:11群13枚(EDレンズ4枚)、電子ズーム倍率:最大4倍(35mm判換算で約3360mm相当の撮影画角) 光学8倍ズーム、NIKKORレンズ、焦点距離:4.5-36.0mm(35mm判換算25-200mm相当の撮影画角)、開放F値:f/3.7-6.6、レンズ構成:7群8枚、電子ズーム倍率:最大4倍(35 mm判換算で約800 mm相当の撮影画角) 光学60倍ズーム、NIKKORレンズ、焦点距離:4.3-258mm(35mm判換算24-1440mm相当の撮影画角)、開放F値:f/3.3-6.5、レンズ構成:11群16枚(EDレンズ4枚、スーパーEDレンズ1枚)、電子ズーム倍率:最大4倍(35mm判換算で約5760mm相当の撮影画角) 光学40倍ズーム、NIKKORレンズ、焦点距離:4.0-160mm(35mm判換算22.5-900mm相当の撮影画角)、開放F値:f/3-6.5、レンズ構成:9群12枚(EDレンズ3枚)、電子ズーム倍率:最大4倍(35mm判換算で約3600mm相当の撮影画角)
シャッタースピード ・1/2000~1秒 ・1/2000~8秒(S、A※、MモードでISO 80、100、200固定時) ・1/4000秒(高速連写時の最高速) ・25秒(シーンモードの「比較明合成」の「星軌跡」) ※広角側、f/5.6~8時 ・1/1500~1秒 ・4秒(シーンモードの[打ち上げ花火]) ・1/4000※~1秒 ・1/4000※~15秒(MモードでISO 100時) ・25秒(シーンモードの[比較明合成]の[星軌跡]) ※広角側、f/7.6時 ・1/1500~1秒 ・1/4000秒(高速連写時の最高速) ・25秒(シーンモードの[比較明合成]の[星軌跡])
ISO感度 ISO 80~1600、ISO 3200(P、S、A、Mモード時に設定可能) ・ISO感度は、標準出力感度 ISO 80~1600、ISO 3200(オート撮影モード時に設定可能) ・ISO感度は、標準出力感度 ISO 100~1600、ISO 3200(P、S、A、Mモード時に設定可能) ・ISO感度は、標準出力感度 ISO 125~1600、ISO 3200および6400(オート撮影モード時に設定可能) ・ISO感度は、標準出力感度
撮影距離範囲 ・先端レンズ面中央から約50cm~∞(広角側)、約2.0m~∞(望遠側) ・マクロモード時は先端レンズ面中央から約1cm~∞(広角側) ・先端レンズ面中央から約50cm~∞(広角側)、約1.5m~∞(望遠側) ・マクロモード時は先端レンズ面中央から約2cm~∞(広角側) ・先端レンズ面中央から約50cm~∞(広角側)、約2.0m~∞(望遠側) ・マクロAF時は先端レンズ面中央から約1cm~∞(広角側) ・先端レンズ面中央から約30cm~∞(広角側)、約3.5m~∞(望遠側) ・マクロモード時は先端レンズ面中央から約1cm~∞(広角側)
画像モニター 広視野角3型TFT液晶モニター、反射防止コート付き、約92万ドット(RGBW)、輝度調節機能付き(6段階)、チルト方式 2.7型TFT液晶モニター、反射防止コート付き、約23万ドット、輝度調節機能付き(5段階) 広視野角3型TFT液晶モニター、反射防止コート付き、約92万ドット(RGBW)、輝度調節機能付き(6段階)、バリアングル方式 広視野角3型TFT液晶モニター、反射防止コート付き、約92万ドット、輝度調節機能付き(5段階)、チルト式(下方約85°、上方約90°可動)
記録媒体 内蔵メモリー、SD/SDHC/SDXCメモリーカード 内蔵メモリー、SD/SDHC/SDXCメモリーカード SD/SDHC/SDXC メモリーカード SD/SDHC/SDXC メモリーカード
寸法(幅×高さ×奥行き) 約113×66.5×39.9mm 約95.9×58.0×20.1mm 約125.0×85.0×106.5mm 約113.5×78.3×94.9mm
質量 約299g(電池、メモリーカード含む) 約119g(電池、メモリーカード含む) 約570g(電池、メモリーカード含む) 約542g(アルカリ単3形電池、メモリーカード含む)

他と比べ軽量であり、旅行先の撮影で大いに活躍しました。ホワイトバランスと手ブレ補正に関して、もう少し分かりやすい設定方法があればいいかもしれません。.

ペンタと一緒に購入。フジfinepix50☓からの買い替えです。2000万画素月を撮りたいのと遠くからでもきっちり抑えたいので重宝しています。祇園祭など人がいっぱいで後に下がって撮影する機会が多くなりましたがバッチリでした。難点はズームがfinepixのように手で出来ないので思ったところで止めにくい。慣れれば良いのかな。でも買ってよかったです。.

デザインとカラー、操作性は気に入ってますが、マクロ撮影が今一つと感じました。望遠の方はまあまあかな。解像度、質感ともそれなりに満足です!.

マクロ撮影は苦手です。接写などは無理。あと、望遠でも、航空機などはAFが厳しいです。が、さすがに望遠はすごい。風景や静止物の望遠撮影は最適です。試しに、月を撮影してみました。.

軽く手にフィットして写しやすいカメラです。ズームの時も手ぶれ補正が協力に効き気に入ってます。.

私はニコンカメラ愛用者で5台のカメラを使っていますが、このカメラは比較的軽量で使い買っても静止画・動画が簡単に撮影でき、しかもクオリティが良く日常子供の撮影や自然の撮影など多彩な撮影に活用していて便利です。.

カメラ撮影等、初心者なんですが操作など割と簡単で使いやすいです。女性等にも軽いので使いやすいですね。何しろこの値段なら全然及第点なのではないのでしょうか?嫁さん気に入って常に持ち歩いていますし(笑)大事に使用させていただきます。.

趣味の野球観戦の撮影用にカメラを探していたところ望遠に関して評価の良かったこの商品が目に留まりました。最終的にc社製一眼レフと迷った挙句、こちらに。実際、光学60倍は想像していたものよりすごかった。遠い外野席からでも打者の顔が鮮明に撮影できます。それ程カメラに詳しくない自分レベルでも、少し設定を弄るだけで動きの速いスポーツから、ノイズの少ない夜景、細部まで鮮明な近接撮影まで、お手軽かつ綺麗に撮れますし今では外出時には必ず鞄の中に入れて持ち歩く一品となり大変満足しております。.

B600新品とb700中古と相当迷いましたが、もともとカメラの使いこなしは苦手な為、練習用にとb700の中古に決定しました。b700中古を扱い店舗レビューを信じて購入しましたが、到着商品ををみて想像以上の商品(新品でも通用するレベル)でしたので、大変満足。良心的な店舗から購入出来た事うれしく思っています。.

充電器はまだ使っていない。PCのUSB 3. 0の変換コードで充電できます。2000mAHのバッテリーで充電してみたい。画質は文句なし。童画はまだ撮影していません。.

以前は小さい鞄にも入り持ち歩けるa900を使ってましたが、店頭でb700に興味を持ち購入する事にしました。パッと見は一眼レフ風ですが大き過ぎずに首からぶら下げても軽くて疲れないし60倍ズームが気に入りました!大変いい買い物をしました。.

望遠機能の高いカメラを探していました。先日(1月31日)の皆既月蝕の時に大活躍しました。ようやく月の写真がまともに撮影でき、うれしい限りです。.

簡単に綺麗なお月様が撮れました。コンパクトカメラでこのレベルの写真が撮れるって凄いです。.

ベスト Nikon デジタルカメラ COOLPIX B700 光学60倍ズーム 2029万画素 ブラック B700BK レビュー