メインの機種としては他に大型のカメラを持っていて十分満足しているのだが、それは大きすぎて「チョイ撮り」や携帯することには向かないので、「とにかく安い機種」と言うことでこのカメラを購入。この値段なので大して期待していなかったのだが、実際に使ってみて、この画質にこの機能ならもう大満足だ。強いて「値段相応」な点を挙げるなら、次の3点か。1)フラッシュを使用すると、次の撮影を5秒ほど待たなければいけない。ただし、極めて感度が良いので室内撮影でもほとんどフラッシュなしで撮影できる。2)「顔認識」が遅いので、動く子供の撮影にはあまり使えない。顔認識機能はアテにせずに撮影しているが、それほど困ったことはない。3)他の超コンパクトカメラに比べれば大きくて重い。ただし他の超コンパクトなカメラはより値段が高く専用電池が必要だが、こちらは単3電池が使えること自体が非常に便利なので、それでカバーしてあまりある。実は単3電池が使えることが、これほど便利だとは思わなかった。以前に使っていた超コンパクト機種は専用の充電池だったが、電池が切れれば充電するまで撮影できないし、繰り返し使って電池自体の寿命が来ると、その機種専用の電池をまた注文しなくてはいけない。ところが単3電池なら、充電池が切れればアルカリ電池が使えるし、充電池自体も汎用品がいつでもどこでも簡単に購入できる。万が一旅行に充電器を忘れてしまっても慌てることはない。このような「専用電池」の実際の運用上の問題は、購入前にはなかなか判らなかったが、これから先はもう単3電池以外は買う気がしない。とにもかくにもこの値段である。素晴らしい。.

妻のためのデジカメとして購入。選ぶ際に条件としたのは、画素数は600万以上、手振れ防止、光学ズーム3倍以上、SDカード保存といった内容でした。いくつかの候補の中で、最終的には上記の内容を満たした上でのコストパフォーマンスが決め手となりました。実際に使用してみてまず感じたのは、微妙にふくらみを持たせているボディの持ちやすさでした。これはかなり評価できると思います。色は素人目にはごく自然な色に感じました。気になった点としては、フラッシュ撮影後、次の撮影までにすこし時間がかかることぐらいでしょうか。その点を差し引いても単3電池対応なので手軽に持ち歩けて、気軽に撮れる1台だと思います。.

リチウムが長持ちしていいと思ってたけど、だいたい2-300枚でアウト。旅行中にバッテリー切れたら、その日はあきらめてホテルで充電しないといけない。でも乾電池なら世界中で手に入るし、充電池使えば3-400枚は軽く撮れます。.

アルカリ電池使用可OK!!!!!!!!!!!!!!!!!!!.

  • 低価格ながら高機能
  • お買い得!
  • アルカリ電池使用可

Nikon デジタルカメラ COOLPIX(クールピクス) L12 710万画素

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : COOLPIXL12
  • 有効画素数 : 710万画素
  • 撮像素子 : 1/2.5型原色CCD
  • 記録メディア : 内蔵メモリ(約21MB)/SDカード
  • 画像モード : 高画質(3072★)/標準(3072) : 3072×2304、標準(2592) : 2592×1944、エコノミー(2048) : 2048×1536、パソコン(1024) : 1024×768、TV(640) : 640×480、16 : 9 : 3072×1728

Isoの設定など色々と細かくしたい人には物足りないのでしょうが、日々の記録程度であれば充分。何も難しくないです。大きさは思ったよりコンパクトだし、カバンに入れてもジャマではない。(電池2本の重さがあるので首からさげるには向いてないかも)本体が滑りやすいという点は、正面ロゴの部分に小さな滑り止めシールをひとつ貼っただけで何なく改善されました。気軽に持ち歩いてバンバン使えるカメラです。しいて言えば、オートではさすがに思うような絵にならないのでモード設定をいちいち切り替えることになり、それがやや面倒なのと、変にピカピカしたパーツにせず、いっそもっとシンプルで無骨な作りにしてくれたほうが格好良かったかも。ということで星4つ。.

海外旅行用として単三電池駆動という点を重視し本機を選択しました。最終的にもう1ランク下のl11と迷いましたが画面の大きさと左カーソルキーの押しやすさ(持ってみると分かりますが、同じようで少し違う)でこちらを選びました。低価格機種ながら・iso感度 50〜1600・手ブレ補正機能・顔認識af・・・と機能が充実していて大満足です。電池の持ちも予想以上で2300mahのニッケル水素電池で200枚以上は余裕で撮れる様です。逆に不満な点は・ストロボのチャージに時間がかかる(5〜6秒)・iso感度の調整はautoのみで任意に設定することができない・マクロは15cmまでで接写というレベルで撮るには工夫が必要また、付属のusb接続ケーブルはちょっと見かけない「8ピン平型」というタイプです。デザインも携帯性にも優れ現行機種の中ではかなりお薦めかと思います。.

今までデジカメを持っていなく、ちょっとしたときにすぐ使えて、携帯に便利なコンパクトデジカメを探してました。いろいろ悩んだ結果ニコンcoolpix l12を選びました。理由は・乾電池、充電池が使える・sdカードが使える・600画素以上・持ちやすさ(構えやすさ)です。特に、構えやすさはコンデジの中では上位にくると思います。ボディのふくらみが適度な掴みやすさを生み、単3電池2本の重量があるためカメラが良い感じの重さがあり、構えた際の安定感があります。性能全般に関しては価格相応です。しかし、日常的に写真を撮る、たまに動画を撮るくらいなら期待にこたえてくれます。isoやシャッター速度の設定などをやりたい人向けではないですが、逆に言えば日常ユースでは十分満足できる性能です。操作も難しいことは何一つないです。.

Casio qv-r51を使っていましたが不調になった事もあり1年半ほど前、友人と行く旅行用に購入しました。専用バッテリー仕様のデジカメが嫌いなので単3仕様のデジカメを探していてこの機にめぐり合いました。現在は仕事用としてacアダプターを使い、三脚固定で使用しています。sdカードスロットがサイドにあるので三脚に固定したままsdカードを出し入れできとても便利。この仕様は他のデジカメでも採用してほしいです(特に乾電池仕様機)画質などは自分的には満足できるレベルですしcoolpix lシリーズに高いレベルのことは望んでいません。再生モードなどにいてもシャッター半押しですぐに撮影モードに切り替わるのは便利です。(後継機に当たるl15では出来ない…)さすがに顔認識機能は出来が悪くほとんど使いませんが顔認識ボタンを押さなくても人物は綺麗に撮れています。壊れるまで使い倒そうと思っています。.