JVCケンウッド JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio R 防水 防塵 Wi-Fi 64GB アクアブルー GZ-RX670-A – スマホ全盛の今ならではの「ひと工夫」が欲しいところ

アクションカメラを持っているのですが、海行った時、防水ケースを付けると音声が聞こえずらかったのでこのカメラを買ってみました。音声は、少し軽いものの、しっかり聞こえるので、よかったです。少し心配なのは、後ろのケーブル入力などの蓋の部分が劣化してきたら水が入りそうな感じです。水や海に潜っての撮影は、考えていないので(浮き輪などの上に浮いた状態で仕様)自分仕様では、満足です。.

・大きさ、重さ、持った感じはとても良い。すぐに取り出せて、扱いやすい。・電池はよく持つ。・ズームレバーは意外に繊細な操作が必要。手持ちだと確実にブレる。・usb端子やsdカードスロットを保護するツメ付き防水カバーの開け閉めにコツがいる。最初のうちは、ツメだけ閉まってカバーが微妙に開いていることが何回かあった。充電のたびに開ける部分だが、耐久性がやや心配。また、このカバーは画面を開かないと開けられないため、そのたびに電源が入る(特に実害はない)。・画質は良くも悪くもなく、普通。夜の室内などでは明らかにノイズが多くなり、スマホに負ける。・画面のタッチパネルは感圧式で昔のカーナビに近く、グッと押さないと反応しない。三脚に固定している場合は、指で画面を挟むようにして押さないと、固定がズレる。押した後の反応にもタイムラグがあり、間違ってもスマホのようなサクサクした操作、一瞬で返ってくる反応を期待するとガッカリする。スワイプ操作なども一応できるが、感圧式のためほぼ使い物にならない。また、しっかり押すために画面が指紋で汚れやすい。・画面uiがチープで、使いやすさ、分かりにくさに欠ける。反応の悪いパネルに加えてもったりとしたアニメーションuiは、ストレスに感じられる場合がある。ただ、慣れでカバーできるレベルではある。・初期状態でメニューの操作音が大きく、耳障り。だが設定で消すことはできる。・画面を開くと電源が入るが、すぐに使えるというわけではなく、8~10秒程度はかかる。撮影ボタンにも若干のタイムラグがあるので、撮影開始までは12~13秒程度はかかる。・画面を開く以外に独立した電源ボタンがないので、節電のオートオフがはたらくと、一度画面を閉じて開け直す必要がある。用心して閉じても、一定の角度まで来ると、バネか磁石の結構な力で自動的に閉じるので、せっかく三脚に固定していても、ズレる。・アプリの各機能は可能性を感じるが、現実的にはほとんどオマケと思った方がいい。・指定間隔で録画・再生を繰り替えす「セルフチェック再録」は、指定間隔の上限が40秒。目的にもよるだろうが、180秒程度は欲しかった。アプリ「jvc cam coach 2」の「セルフチェック・リプレイ」機能も上限は40秒だが、これはマニュアルのどこにも説明がない。アプリを使えば、指定時間遅延させた映像をライブストリーミングのようにタブレットに表示させられるのかと思ったが、それはできなかった。・wi-fiによる動画の転送は、圧縮がかかる上にそもそもファイルサイズが大きいので、非常に時間がかかる(2分の動画で約5分)。撮ってすぐに大きな画面でチェックするような使い方にはまず使えない。画質的にも時間的にも、hdmiでモニターにつなぐか、usbでpcに取り込んだ方が絶対にいい。・管理ソフト「everio mediabrowser」は、取り込み以外にあまり使い道がない。特にトリミングは独自形式で出力されるため、mtsでそのまま切り出したい場合はフリーソフトの「vidcutter」などが使いやすくて動作も速い。・本体のマイナス点は防水・防塵機能とのトレードオフだと思うので、そこは割り切りが必要。アプリの機能は魅力的だが、本当に自分の用途に向いているか、よく確認した方がいい。.

あらっぽく使っても大丈夫な本機、光学系も十分な性能でスマホとの連携も出来るし最高の構成なのですが、二つ音声の外部入力が無いです、目の前にあるものを撮るだけでは本機ぐらいなら無く遠くの音や立体感のある音を外部マイクで録れたらと思います。もう一つは、電池です外部usbも良いのですがアナログに取り替えて長時間録画出来ればなお良かった。.

レンズの撮影範囲なのかtvに出力すると中心から側面がぼやけている。値段のに見合わない。.

防水(5mまで30分以内)・防塵・耐衝撃(落下1. 5m)・耐低温性能の4つの防御機能を備えたビデオカメラです。本体を購入し、充電すれば撮影が即可能です。通常の撮影ならば別売のアクセサリーキット等を購入する必要はありません。バッテリーの取り外しはできませんが、マイクロusb(5v1. 0a)で充電が可能なので、スマホと充電器は兼用できます。スマホ用のモバイルバッテリーで充電することができます。(充電時は防水にはなりません)実撮影時間は2時間程度でしょう。内蔵メモリーは64gbあり、高画質(xp)で8時間録画できるので十分な量があります。さらにsdカードも使用する事ができるので、海外旅行などで長時間撮影が予想される場合はsdカードを準備すると良いでしょう。また、wifi内蔵なので、気に入った映像をすぐにスマホへ転送することができます。レンズは35mmカメラ換算で動画40. 5mm~1620mm(光学ズーム)ですから、望遠端は十分なものの、広角側が物足りなく感じる場合があるかも知れません。別売の0. 75倍のワイコンがあるようです。激しい動きの撮影は小型のアクションカメラが良いかも知れませんが、小さい故に操作性が悪い製品が多いです。またアクションカメラは超広角レンズ系が多いので、対象を狙って撮影するのには不向きな場合が多いです。このエブリオrはアクションカメラ並の防御性能を備え、大きめの液晶画面(3. 0型ワイド)で直接タッチして操作ができるので、安心で確実に撮影を行うことができます。本体305gですので、掌にすっぽりと収まりますからプールやビーチ、スキー場やハイキングなどのアウトドア撮影で人物を狙って撮影するのにぴったりの製品と思います。花の開花や夕陽などの撮影に使えるタイムラプス撮影機能も装備しています。設定時間は1秒、5秒、20秒、80秒間隔です。最大撮影時間は、acアダプター接続時で99時間とのこと。自分の実験ではフル充電したバッテリーのみで1秒間隔で撮影した場合に約4時間の記録が可能でした。タイムラプス撮影はやってみると面白いのでおすすめです。スマホにもタイムラプス撮影機能が付いていますが、何時間もスマホが使えなくなるので、専用機が良いでしょう。防水性能が嬉しい本製品ですが、背面の蓋が意外と頼りなくて、ロックをかけていてもずらそうと思えばずれてしまいます。この蓋がずれていると、防水性能が無くなりますので、蓋がきちんと閉まっていることは確認しましょう。本製品の要改善ポイントですね。本製品gz-rx670は自分にとって必要のない機能は付いていないけれど、欲しい機能はすべて付いているビデオカメラでした。.

他メーカーと比べたら色々とあるのだろうけど、防水で持ち歩くのに軽いし衝撃強くてこの値段なら十分です。色も気に入った!.

親指のところにrecボタンがあり、構えていればすぐ撮れるのは良い。動画容量が、軽いモードにしても意外と喰う.

粉塵防水機能はとても重宝しています。ただやはり画質は携帯が普及しているので物足りなく感じました。それ以外は文句なしのスペックです。.

利点と欠点

メリット

  • ももひえ
  • 防水・防塵以外の魅力は少ない
  • 気軽に高品質

デメリット

機械モノであることと値段を考えるとタフであることをウリにされていても、そうそう雑には扱えない貧乏性ですがセールスポイントとして耐久性、4つのプルーフ性能をあげられているとより安心感はあります。付属のストラップがよく手に合い、撮影しやすくて気にいりました。操作もシンプルでわかりやすくていいです。ビデオカメラの出番として定番のひとつである運動会では砂ぼこりで結構汚れますが、この製品だと安心してジャブっと洗ってしまえるので後の手入れは楽そうで良いと思います。その他オプションの別売品ですがロードバイクに取り付け用のホルダや、車に取り付けるホルダ水中に落としても浮くようになってるフロートストラップ等純製品で充実してますのでアクティブにガシガシ使いたい方に向いてる製品だと思います。.

Goproから買い替えました 。引きが狭いので別途魚眼レンズもアマゾンから購入していい感じで使ってます。お気に入りになりました。あえて特筆しますがホワイトバランスが凄いです。サンゴ写真を撮影しますが肉眼見たままの画像が撮れます。手振れが気になるときはgoogleフォトの無料編集スタビライザを通すと収まりが良いですよ。.

ソニーhdr gw 66v(縦型10m防水)が修理不能になり止む無く購入。豆粒大の5. 8型センサーと37ミリ口径の暗めのレンズでもプログレッシブ28m bpsなら何とかなるかなと思ってしまった自分を責めた。かつて使っていたビクターのvhs c機器並みの広角側40ミリだと常時0. 5倍のワイコンが付けっ放し。ハードディスク世代の電子式手ブレ補正で40倍にした日には、撮影対象が画面からハミ出す程大暴れし、吐き気を催す次第。パワード補正使えば撮影対象がなんとか画面内に収まっているが、ありえない程画角が狭まる。防水機能をさほど必要としないなら避けましょう。防水機能が必須ならば2月発売の4kの980をプログレッシブ28mbpsで使う事をお勧めする。間違っても発売延期の680は買わない方があなたの為。唯一の長所はシーソー式のズームレバーかなあ。マニュアル撮影は難しいよね。.

電器屋さんで確認して購入しました。非常に扱いやすく、防水機能がついて買って良かったと思える商品です。.

海外旅行に重い一眼レフを諦め、wp要件もありこちらを購入しました。コンパクトで軽く、サッと出してすぐ撮影できるし、タフさが売りのため、カメラのように保管状態に気を使うことも無く、ポケットにも入る気楽さがとても良いです。画像もとても綺麗で、特に青空や森の木や葉の色、夕景などは、目で見たまま記録されていてとても感慨深いものがありました。設定上の問題かもしれませんが、雑音や風の音はほぼ気にならない分、会話の音は非常に小さいと感じました。川や滝壺で泳いだ際に水中へ持参しましたが、全く問題なく使用できました。またカメラボタンを押せば写真が取れるので、使い分けも簡単で充分満足です。.

50年以上、一眼レフを使ってましたが、孫の剣道の試合を撮影する為に購入しました。もうカメラはいらないと実感しました。wifi機能もあり、至れり尽くせりです。.

今や各社からアウトドア用のアクションカメラも充実してきている中で、昔ながらのビデオカメラを選ぶシチュエーションも減っているかもしれません…。とはいえ本機はかなり小型なほうで、防水防塵性能もあってかなり取り回しは優れていると思います。ビビッドなオレンジのカラーリングも個人的には大好きです。(ベージュやブルーなど、もっとシックな色も!)画質は、正直なところその他のビデオカメラと比較しても可もなく不可もなくと感じました。本体の堅牢さ、専用ビデオカメラならではの安定可動性、すぐにプレビューが可能といったポイントでは、まだまだ優位性のある商品だとは思います。.

映像はとても綺麗です。しかし、購入して一年も立たずにずっとピントを合わせるような動きが止まらず、息子の運動会を取り損ねました?それだけであれば運がないだけで済むのですが、子供の演劇会があったため、某家電メーカー経由で修理に出したところ、店頭で現象確認できたにもかかわらず、再現しないと戻ってきました。その後、確認するとバッチリ再現。カスタマーサポートはもっと、テストをして原因を明らかにして対処、今後の再発に努めるべきだと思います。こちらが時間と労力を無駄にするのでソニーにのりかえました。抜群に使いやすく、子供のイベントで活用させていただいています。.

手ぶれ機能がありますが、手ぶれはします。お値段のわりに画質が良いので良かった.

>>wi-fiでスマホやタブレットと接続すれば離れた場所からカメラを操作することが可能と、商品説明にあったので、録画した動画を、スマホやタブレットにwifiで転送する事が出来ると、勝手に思ってしまったのですが、未だに使い方が分からない。ただのモニターとして、スマホで使えるだけなのかなぁとかちょっとガッカリです。今度、カメラに詳しい友人から特訓を受けます。.

軽くコンパクトで使いやすいです。5m防水・防塵・1. 5m耐衝撃・-10℃耐低温 ・・と言っていますが、強固という感じではなく、特にプラッチッ部分が不安なので、限界まで試す気にはなれません。多少水がかかったりぶつけたりしても大丈夫なんだろうな・・くらいの認識でいておきます。特に背面のコネクタの蓋がちゃちい上開け閉めが煩雑で、充電する度に、毎回壊したりしないか気を使います。インテリジェントオート機能やパワードアクティブモード搭載、手振れ補正等いろいろ言っていますが、要するに充電すればあとはカメラを向けて撮影する「だけ」で、綺麗に撮れます。モニターを見ているとさっとピントを合わせます。ついでに笑顔も採点してくれます。余興でアニメ撮影や顔デコレーションで遊べます。機能は多いですが、本体操作が簡単で慣れれば直感で操作できます。またwebサイトが綺麗でわかりやすいですね。本体もスタイリッシュで色もよく、どこで使っても恥ずかしくありません。今のところ性能的には120%及第点なので★5つですが防水・防塵・耐衝撃・耐低温 を限界までは試していないことは注釈しておきます。.

使い勝手も悪くなかったですが、画面のキャップの取り外しが面倒です。.

※2018/7/22 本文中に追記ありますビデオカメラの新機種に触れるのは約10年ぶりです。とはいえ,10年以上前に買った当時の新機種(パナソニックSD-1)もどこも故障することなく現役で使えていますが,当時との大きな違いは,今とは違って,SDカードやフラッシュメモリに記録するタイプの手持ちビデオが少数派(というか,SD-1しかなかった)だったことと,画質等にこだわらなければ,今は多くがスマホで事足りてしまうという点でしょうか。現代の新機種としては,ビデオカメラ専用機ならではのメリットが見いだせるかどうかが購入のポイントになるのでは…。本機種は,防水をはじめとした屋外向けの仕様がひとつの売りになっています。…が,実物の第一印象は,意外とオモチャっぽい。もっとゴツい外観を想像していたのに小さくて軽いのでそう感じたのですが,決して悪い意味ではありません。レンズの前は透明カバーで保護されていますし,フタにはシーリングも施されています。実際どの程度の防水性能なのかはまだ試していませんが,説明では,短時間なら水中でも使用できそうなことが書いてあります。見た目によらず,なかなか頑張っているようです。次に「!」と思ったのは,電源スイッチがないこと。ディスプレイの開閉がそのままスイッチのON・OFFになっています。便利ですが,無造作にカバンに放り込んだ際などにフタが開いて電源オンのまま…ということもありそうです。もちろん,考え抜いた上でこの方法を採用したのだとは思いますが,ヘビーデューティを売りにしているのに,ここは何かちぐはぐな感じです。持った時の感じは,手にしっくりと馴染む良い形です。手の大きさに関係なく持ちやすいと思います。肝心の録画部分ですが,こちらは(じつは特に期待していなかったのですが)まずますです。特段画質が良いというわけでもありませんが,不満も無いと思います。64GBなら,記録時間も十分でしょう。(個人的には,あとで見る/見せることを考えると,ホームビデオにとって何時間も連続撮影できることが,そこまで重要とは思えないのですが)これも個人の印象ですが,操作系のデザインはあまり良いとは思いませんでした。小型化のためなのかもしれませんが,手持ちのビデオカメラに圧力式のタッチパネルは不向きだと思います。保持するために片手がふさがった状態で,ヒンジにぶら下がっているタッチパネルをあいた方の手の指で強く押し込むという操作は何だか不自然です。(冬季の屋外や水中など,素手ではない状況での使用を考慮してのことかもしれませんが)画面のデザインも,よくあるタイプのメニュー選択式で,特別使いやすいという感じでもありません。テレビゲームのコントローラーのように本体を保持している指のあたりに,レバーやボタン類を配置して片手でメニューを操作できるようには出来なかったのでしょうか。こういう部分で素人にアピールできればやっぱりスマホじゃなくて専用機が良いよね,となるのではないかなと思うのですが。あとは,メニューを操作するときのレスポンスの音が大きめで耳障りなのも気になりました。説明書を読んでも,メニュー操作音のボリュームを変える方法が分からなかったです。今どき,ビデオカメラをわざわざ買うのにブルーレイを持っていないという人もいないのでしょうが,私のような昔人間は,自宅のHDDレコーダー(対応はDVDのみ)に繋げられなかったのもガッカリポイントでした。PCからダビングできるので問題ないですが。スマホ時代の専用機ということで10年前よりはキビシイ目線でいろいろと書きましたが,私が感じた不満点は,多くの人にとってはさほど気にするようなことではないと思います。(こういうことが気になる人は,今の国産車は運転しづらくて我慢ならないはず………! だから「自動運転ウェルカム」なのか…?)オススメとまでは言いませんが,必要ならば,買って損することはないでしょう。最後に雑感。冒頭にも書きましたが,ビデオカメラの新機種は約10年ぶりです。everioといえば,今から10年以上前,HDD搭載モデル全盛の時代に小型・軽量を売りにした代表的な機種我が家でもビデオカメラの購入を検討していましたが,手持ちカメラの記録媒体としてのHDDの信頼性に疑問を感じていたので,発売間もなかったパナソニックのSD-1(SDカードに記録するモデル)を買いました。高かった上に,「録画時間が短い」だの「信頼性が低く故障が心配(笑)」だの,「ハイビジョンなんて再生出来ないから必要ない」だの,周りの子育て先輩パパたちからは,さんざんバカにされましたが,故障もなく,大容量のSDカードも次々でた上に,世の主流はBDとなり,私自身には大満足の買い物でした。そして10年後,ライバル機だったeverioもフラッシュメモリとSDカードが標準となって「あれ?『HDDサイコー!』じゃなかったの?」と,皮肉のひとつも言いたいところですが,これでよかったのかもしれませんね。.

ビデオカメラです。防水、防塵、耐衝撃のビデオカメラです。アウトドア向けに設計されており、水でレンズ部を洗えるなど外での使用が考えられています。ボディもシンプルな構造で、一般的なエブリオと大きな違いは無いように感じます。防水のためhdmiやusbの部位を開けるためには2段階の爪とパッキン付きのカバーで覆われています。レンズ部はレンズの前に一枚透明な板があるので直接洗っても大丈夫に思います。カバーはついています。私はカバーのストラップを持ち手の部分に付けて落ちないようにしました。内蔵ストレージは64gbで、長時間撮影できます。さらにsdカードは最大128gbまでなので別途用意する必要はありますが、あれば長時間の撮影が可能です。あまりいじらずにオートで撮影してみましたが、外では比較的普通に撮影できました。操作性ですが、後ろにあるボタンを押すだけなので、簡単です。手に持っていれば片手だけですぐに撮影できます。オンオフのスイッチは無く、画面を開いたらオン、閉じたらオフと認識すると楽です。設定なども簡単ですが、指が太い人だとイマイチ押しにくいような気がしました。手ブレは電子タイプなので、オンにすると録画される範囲は少し狭まります。外でもコントラストは暗めです。室内では一昔前のビデオカメラのような画質になってしまいます。iphone6などのスマホで動画を撮ったほうが室内ではキレイに撮れるように感じました。全体的に暗い感じですが、白っぽくもあり、夕方のような薄暗い時ははっきりしない感じです。ライトもつくのですが、スマホレベルのフラッシュライトなので、しっかり照らしたい場合は別途用意する必要が有るかと思います。個人的な好みになってしまいますが、私は高彩度な映像のほうが好きなので、外なら尚更そういった色味を再現できればいいと感じてしまいました。以前使用していた超小型のエブリオとそこまで大差ない画質なのが少しショックです。安物のワイコンをつけてみましたが、問題なく使えました。ケラレは多少ありましたが、問題ないレベルです。手ブレ補正が少し微妙なためスタビライザーに乗せて使うと多少良くなります。色はオレンジですが、いいアクセントになって普段使いにもちょうどいいように感じます。タッチパネルは少し反応は遅めです。ボタンを押すような感じでタッチしないと端の方は反応が鈍いです。usbで充電できるのは、モバイルバッテリーなどの普及を考えればとても便利だと思いました。防水などを考えればつけにくいのはわかるのですが、音声入力が無いのはマイナスポイントです。少し離れてしまうと声の入りが悪く、歩く音がしっかり入っていしまうので会話をしながらだと耳障りに感じてしまいます。前の機種と大きな差はないようなのですが、この価格帯であれば、もっと映像がキレイに撮影できるものがほとんどなので、微妙なところです。アウトドアで気軽に使用するのが目的であるなら、すぐに手が出せるような価格であっても良いのかなと感じました。.

画質は3倍の価格の4k対応のカメラのが当然大きい画面にするといいです。ただそっちのカメラは結構重たいので、このカメラのコンパクトさと軽さに驚きました。画質が少し白めに出るように感じたので、編集ソフトがあれば、頑張れなくはないのかな。内部メモリだけでも1回のお出かけでの子供の記録残すには十分すぎるほど。水を気にしなくていいのも、子持ちにはありがたい仕様です。持ち運びの時間が長い時は、軽さコンパクトさが本当いいと思います。.

Jvckenwoodビデオカメラをありがとうございます。バッテリーも長時間なので鉄道イベントや航空祭で戦闘機展示飛行など動画撮影が楽しめる。.

使用1週間での雑感です。【いいところ】・小さくて防塵なのでウェストバッグからさっと取り出してぱっと撮れます。しまう時もほこりとかあまり気にせず入れられます。・電池込みの重さなので軽いです。・雨にぱらつかれても何ともありません。バッグ自体が濡れても本機が壊れる心配がありません。・モバイルバッテリーで充電できます。USBがあればなんでも充電できることで電池を気にする必要がないです。実働で2日撮りましたが充電しなくてもまだ60%以上電池が残っていました。・フルHDなのでグーグルフォトで管理できます。画質も4Kと比べれば落ちますが、見るのはタブかスマホ。どのみち小さい画面なので荒はほとんど気になりません。・ブレも実は結構ありません。ソニーと比べるとぶれますが、そもそも歩きながら撮ると何でもぶれます。実用上問題ありません。【微妙なところ】・固定のひもが短すぎて役に立ちません。・画質はいいですが、色味が少し暗いです。もっとパナソニックみたいにビビッドでもいいくらい。・ズームアウトが足りません。まぁ広角は40mmからって書いてあるし、撮ったそばから適性距離になるようにズームしなくていいわけですからこれは案外ありなのかと思います。いちいちズームしてたら撮りたい瞬間にちゃんとした画が撮れませんよ。・おまけのwi-fi機能がちゃんとした仕事をしません。おまけでも無駄でしたね。【まとめ】動画用のカメラは撮りたいと思った時にさっと撮れてこそだと思っていました。すぐに取り出せて、すぐに持ち運べて、いつでも撮れることが一番大事なことだと思います。やれ充電器はどこだとか、予備のバッテリーだとかカメラ用バッグだとか言ってたらそもそもの撮る気が失せます。この機種は他と比べて抜群に頑丈です。バッテリーも他のと比較にならないほど長く撮れます。声高に言われるブレ防止ですが、イベント事には三脚を持っていけば絶対ぶれません。一方で、画質は4kには遠く及びません。しかし動画を見るデバイスはタブ・スマホ・pcが圧倒的だと思います。これらはネットとつながっているのでグーグルフォトで管理できたほうが利便性はいいし、撮った動画を見る機会も増えます。また、これらは画面が小さいのでアラは気になりませんよ。 この機種は「撮るとき」、「観るとき」をちゃんと考えて作ってある機種だと思います。画質が良くてもビデオカメラは撮らないと意味がないわけですから。アウトドア用とはよく言ったものでもって行きたくなる、カメラです。.

サイズ的にもコンパクトで持ち歩きやすく、「防水」「防塵」「耐衝撃」というタフネスさも備えているので、屋外での使用には適した設計にはなっています。ただし、この手のビデオカメラの宿命ともいえるものですが、ワイド側の画角が狭いことで、近くにいる人物などを撮影するのにはかなり不便な部分があります。顔や表情をアップで撮りたい時には良いのでしょうが、全身を撮影しようとするかなりの距離をとる必要があるのです。しかし実際のアウトドアシーンでは、足場の問題などもあって、それだけの距離を獲れない場合も多いですし、アウトドアなのですから、撮影対象の表情だけではなく、周囲の状況や全身の動きなどを撮りたいことも多いでしょう。運動会などでの使用を考えてのテレ(望遠)寄りの設定と思いますが、実使用上では、ワイドコンバージョンレンズの使用が不可欠と思います。逆にその分、スポーツ観戦などで選手の動きを獲りたい時には、テレ寄りのレンズ設計が生きることになりますが、そんな時には今度は手振れの影響が大きくなりますから、1脚などのアクセサリーを使用したくなります。(もちろん、手振れ補正はついていますが、それだけでは修正しきれない部分が発生します。)いずれにせよ、実際の“現場”に持ち出すと、本機だけでは満足出来ない部分が出て来るとは思いますので、そういったことを踏まえて検討する必要があります。ただし、オレンジ色のボディカラーは、店頭など手見ると派手に見えるかもしれませんが、アウトドアシーンで持つ小物としては、非常に似合います。所有欲を満たす一品であることは間違いありませんので、後はユーザーの方で工夫して、自分が使いやすいようにアクセサリー等を揃えれ場良いのではないでしょうか。それがこの手の商品の“正しい使い方”なのでは?とも思います。その意味では、大変魅力的な商品です。.

ベスト JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio R 防水 防塵 Wi-Fi 64GB アクアブルー GZ-RX670-A レビュー