JVCケンウッド ビクター ピクシオ ハイビジョンメモリームービー Gc-Fm1-B : メモ帳代わり

デザインは良い。価格も良し(廉価・旧商品のため)。まあ、遊びでの使用には良いかな。.

このての製品は海外メーカーなどから出てましたが、ナレーション重視なのかマイクが後面にあるものばかりでした。しかしこの製品は、ついに前面にマイクを採用してくれて私個人としては感激です。ズームボタンも無段階でカチカチ音など一切ありません。撮影時間もフルhdで2時間弱でsdhcカードで、メリハリのある撮影にこだわれば充分です(映画やドラマだって2時間で充分です)カードタイプのビデオカメラの決定版をついに出してくれた、と思ってます。.

起動は電源ボタン長押しで一秒程度。なので、ポケットやカバンの中に入れていて間違ってボタンが押されても電源が入ることが無いので安心です。起動さえすれば、すぐに真ん中のボタンで録画を開始できます。購入してから4カ月たちますが、常に持ち歩いて、家族を撮影するのに使っています。ポケットに入れて、日常をスナップショット的に動画撮影したいという時にぱっと取り出してすぐに起動して撮影でき、小さな子供はよく動きますが、その動きについていける早さで撮影を開始できます。また、ビデオカメラをがっちり構えてる形にはならないこの製品だと、携帯電話に近い形でもてて目立たないので、外出時に人がそれなりにいる場所でも、露骨に家族を撮影しているという感じにはならず、自然な形で撮影できます。おかげで子供たちも撮影されることに慣れてきました。扱いも簡単なので、自分で撮影をしたがる子供にカメラを奪われても、気軽に撮影を子供に任せることもできます。また起動後の動作もきびきびしています。撮影の終了も、真ん中のボタンを押せばすぐに終了できますし、そちらのボタンを使わずに電源ボタンを直接押して撮影を終わりつつ電源を切れるので、子供を持ち上げたり、すぐに別の行動に移りたい時なども、撮影をすぐに切り上げてこの製品をポケットにしまって一瞬で行動することができます。次に動画ファイルのファイル形式ですが、. Movとなっています。ps3にファイルを保存してテレビの大画面でみたいなと思った時は、mp4に変換する必要がある形式となっています。自分は最低限必要なファイルだけ変換して使っています。それから映像の撮影サイズですが、720pと1080pでは、レンズの限界なのか、あまり違いは感じられません。出来上がるファイルサイズも同じです。ただ、hdサイズ(16:9)は横長で、広角レンズではないため、vgaサイズ(4:3)で撮影するときにくらべ、上下の視野の範囲が狭くなってしまいます。.

本格的な記録ではなく、思いついた瞬間に日々の何気ない物を残す感じ。本当にビックリするくらい必要最低限の機能しかありません。やらなきゃいけない撮影設定はマクロ切り替えぐらい。ボタン長押し2秒程度でサッと起動、すぐにハイビジョン撮影可能に。そしてまた長押しで消す。まさに未来人のアイテム。画質は、動画は2011年のスマホとどっこいな印象。なのでそれらを持ってる人なら無理に買う必要はありません。夜間撮影やアクション撮影等も過度に期待してはならない。静止画も結構綺麗だけど、さすがに同価格の一万程度のコンデジと比べると明らかにボヤけていて見劣りします。とは言え、どちらも見苦しいという事もなく、ちゃんと撮影した達成感、満足感はあります。唯一残念なのは、カメラモードに切り替えても、電源を落とすとまたビデオモードになっている点。忘れているとサッと出した時にカメラだと思って動画を録画して、いちいち止めてカメラに切り替えるという作業をするはめに。自分はカメラの方が使用頻度が高いし、一般的にもデフォはカメラの事が多いのでこの切り替えはややうっとおしい。旅、散歩のお供に是非!.

Jvcケンウッド ビクター ピクシオ ハイビジョンメモリームービー Gc-Fm1-B

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : GC-FM1-B
  • 寸法 : (W)53×(H)97×(D)17mm
  • 本体質量 : 約95g
  • 付属品 : ストラップ、AVコード、専用USBケーブル
  • 記録メディア : SD/SDHCカード