H501mをht011aで飛ばしてみたくて購入しました。h501mとの接続には苦労しました。動画を参考にしてもなかなかつながらず、諦めかけましたが、なんとか成功しました。操作感も操作しやすいです。また、付属のプロポより反応が良いように思います。説明書が付いてなかったので、あればよかったかなと思います。.

手元に届いた送信機、スマホをセットし起動、機体は501aです。最初は全然手順が掴めずマニュアルに記載された。スイッチのマークも分かりませんでした。繰り返し操作していると手順がつかめました。次にwifi機能のない502sの接続をおこないました。機体のledとtx(送信機)のledのみの使用です。501aも502sも起動ホバ、回転等近距離での飛行ができました。遠距離飛行は春まで待ってそれまで基本操作をマスターしたいと思っています。hs001 lcdモニターを海外手配しました。.

H501a x4 air proとセットで購入した。スマホでのwi-fi操縦、2.4gでの操縦とも、トランスミッターで操作すると離陸したドローンが、自分の尻尾を追う犬のように回転する。おかしいなあ。たまたま別に購入していたhs001 lcdディスプレイで、左右のジョイスティックの動作を確認すると、左ジョイスティックの水平方向動作が、スティック中立でも右端に寄り切って表示されている。これが空中で回転してドローンの姿勢をコントロール原因かと思い、トランスミッターを開けて点検してみると、左ジョイスティックの水平方向動作を制御するケーブルが、ジョイスティックユニットとの接合部分で断線していた。左側ジョイスティックユニットの垂直方向動作の制御ケーブルや、右側ジョイスティックユニットの垂直・水平動作制御ケーブルは、ユニットとケーブルの接点がハンダ付けされているのに、当該部分は透明ビニールテープで固定されていた。接点はほとんど断線状態だった。検品があったかなかったか分からないが、製造ミスを手直しすることなくテープ留めで誤魔化したのか。これで技適マークを商品特徴として誇らしく広告出来る製品かと驚くばかりだった。また、2.4g信号を受けるロッドアンテナも可動部分から抜け落ち、挿し込み直した後も留まらずに折れて脱落してしまった。静止画、ビデオ、ヘッドレスモード、オートリターンのボタン類は機能せず。単なる飾り。この商品(h501a x4 air pro とトランスミッターのセット)はしばらく在庫切れしているが、一時的に入荷した際に購入した。私の注文の後再び在庫切れになり、現在もそのままである。b、c級品の在庫を掴まされたのか?粗悪品にがっかりしている。wi-fi、2.4gどちらでも制御出来る、5.8gで専用ディスプレイにドローンからの画像を受けられる、というコンセプトは魅力的だが、粗悪品か普通品か、どちらに当たるかギャンブルする勇気がある方々なら、購入を検討されると良いと思う。.

まず商品自体は本来良質なのだが、初号機はずれだったようでスロットルレバー不良でh501m離陸出来なかった。しかし、販売店の良心的対応のおかげで、2号機に交換処理して頂き快調飛行できてます。付属プロポht009と比較すると飛行距離が抜群に伸びます、それと気のせいか反応も良くなったような、これがあれば他のhubsanドローン2. 4ghz帯すべて順応するみたいだし1台持っておいて損はないと思います。よって、初号機不良を差し引き星4個とさせていただきます。(トラブル無ければ星5個の商品です).

このプロポは、リピーターが内蔵なのでおススメです。スマホ操作の苦手な私には、最高です。少し残念なのは遅延がある。2. 4G対応なのでコスパいいですね。.

HUBSAN Hubsan 多機能送信機HT011A 国内認証済商品

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ★ Wifiモジュール内臓、2.4Gモジュール内臓、Wifi 中継器内臓
  • ★ 2.4G 操縦最大距離は800m±50mでWifi 操縦最大距離:500m±50mです。
  • ★ 操縦できるHubsan 2.4Gドローン:H501S H502S H502E、操縦できるHubsan Wifiドローン:H501A H501M H216A H507Aなど
  • ★ 送信機用Li-Po バッテリー付き、USB 充電、使用時間:2時間、サポート設備:モバイルデバイスと5.8Gディスプレイ(例えばH122D のLCDディスプレイHS001)
  • ★ TELEC 技適マーク付き

HUBSAN Hubsan 多機能送信機HT011A 国内認証済商品 :