HUBSAN HT009送信機 H501A H507A H216A H501M対応Bluetooth搭載 トランスミッター 国内認証済 – スマホの操縦より断然これです。

いろいろなスマホで、bluetoothの接続を試みましたが、認識するもペアリングできませんでした。.

最初にスティックに正しく応答しませんでした。 原因は、送信機そのものの初期設定がされていなかったようです。 試行錯誤で、離陸ボタンを押した状態で電源ON、次に動画、静止画を押し、その後左右のスティックを同時に左上、右上、左下、右下の順で操作し、最後にリターンホームのボタンを押すと正常に機能するようになりました。ただし、リピーターと併用するとブルーツースの信号が途切れる現象がおき、上空で操作不能になり焦りました。 ht009は、リピーターなしで数十メートルの範囲で使うと良いと思います。 購入は、リスクと操作性を天秤にかけての判断が必要と思います。 ちょっと期待はずれで残念でした。.

Bluetoothをつかっての操縦だが、指摘されていたように、遅延がありダイレクト感にかける。2. 4ghの送信機のほうが、自分的に合っている。h501aの操縦に使うために、スマホのバーチャルステックが嫌で購入したが、hubsanの実験に付き合った感じだ。.

Wifi操縦の場合、スマホの画面で操縦しますが大変難しくスティックが有る方が操縦しやすい。ht009は若干の遅延はあるものの、スポーツ的な操縦にはやや遅延が気になりますが普通に飛ばす分には全く問題ありません。癖を把握して飛ばせば良いことです。オートテイクオフやRTH等のボタンも連動しているのでスマホ画面はモニターとして見れます。私はこれで十分重宝しています。.

遅延はあるが慣れれば大丈夫。自動離陸、録画ボタンなどあると便利。.

利点と欠点

メリット

  • Hubsan HT009送信機
  • ちょっと・・・
  • custammer

デメリット

特徴 Hubsan HT009送信機 H501A H507A H216A H501M対応Bluetooth搭載 トランスミッター 国内認証済

  • 寸法:15*13*6cm、Bluetooth規格:4.0 
  • Hubsan機体のさまざまな機能に対応できるブルートゥース搭載のトランスミッター
  • 対応Hubsan機体:H501A、 H216A、 H507A、 H501M
  • 機体操縦可能距離:50~60メートル
  • TELEC技敵マーク付き国内認証済商品

ベスト Hubsan HT009送信機 H501A H507A H216A H501M対応Bluetooth搭載 トランスミッター 国内認証済 レビュー