前機種(exilim)を水没させてしまったため、同程度の後継機種と思い購入しました。操作も同じ、sdカードも前機種データー(水没後も使えました)を残したまま認識しました。業務確認専用として使用していますが、本機種にスーパーマクロ設定が無いのに気づきました。ですが、問題なくマクロ設定で対応できました。.

以前から使っていたものが故障したので、同じものを購入。以前店頭で買ったものより4000円安かった。電池は使い回すため同機種にした。.

Casio最後のデジカメ記念に買ってみました。相変わらずというか画素数は有効画素1610万画素(撮像素子1/2. 3ccd)とカタログ値は大きいのですが、pcで画質を見ると粗い。2006年発売のex-z1000と比べると、6倍ズームでありながらより薄いのが唯一の優位点。画素数ではz1000の有効画素数1010万画素(撮像素子1/1. 8ccd)に勝りますが、実際の画像の粗さと動作速度はほぼ同等。電池の持ちはz1000の半分しかないのが残念なところ。デジカメをスマホとは別に持ち歩くための「デジカメでなければ」の優位点がないように感じられました。カシオデジカメが長寿命バッテリーの優位性に加えて他社と同等の高画質にこだわっていたなら生き残れたかも知れないと思わせる作品でした。.

サブカメラとして購入したがピントが甘く発色もおかしい。無理しても2万円台にしておけば良かったと反省している。付属の純正ストラップは見かけは高級感があるが材質が硬くて使いにくい。.

  • カシオ最後のデジカメ・・・性能は格安スマホと同レベル
  • コスパは最高!
  • 安かった

Exilim Ex-Zs33sr Set [ex-Zs29sr&ネックストラップ Ens-2bk]

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • B07N6BS3Z6

主に仕事の記録用で使用しています。ほぼほぼ満足しています。ただ、小さくて軽いのはとても良いですが、あまりにコンパクトで凹凸がなさ過ぎて、本体をつかんで持ち上げると、うっかり、すべらせて落としそうになります。でも、それは逆にポケットやバッグに入れやすいという、大きな特長でしょうね。それから、接写をするケースでは、なかなかピントが合わず、何度か取り直す場合もあります。でも、使い慣れてくると、ピンボケを回避するコツも身につきました。とりあえず撮れれば良い、という人にとっては、コスパが最高のコンデジではないかと思います。.