今までマーリンからpilotfly h1とスタビライザーを使用してきましたが、この製品は圧倒的に簡単に手ブレのない映像を撮影できて、持ち運びにも便利です。スタビライザーに良くある撮影の際にオペレーターの技量に依存したり、設定のシビアだったりといったことは皆無。敷居の高かったスタビライザーですが、この製品を機に一般的になるのではないかと思えるほどの完成度の高さです。しかも映像のクオリティもgopro等のアクションカメラとの比較でも格段に高いような印象です。これは文句の付けようがないですね。開封後、特に設定変更を加えず撮影した動画のサンプルです。↓https://youtu.

滑らかな動画が撮れて満足ですが、唯一ジンバルのモーター音が入ってしまうことが気になりました。.

4kでの恐ろしい映像品質。ローライトで恐ろしいビデオ品質は、 iphone 6s +は、本製品よりも良い仕事をしていません!不可能が原因騒々しいファンにこのosmoと何か良い音声を記録します。.

ジンバル性能は素晴らしいが、それだけでなく換算20mmぐらいの焦点距離、レンズのひずみの少なさ。やや低いコントラストと彩度。これらが複合的に作用して、プライベートの世界ふれあい街歩き作りには最適です。特に大型の4kテレビで見る場合(比較的接近して)、これくらいの焦点距離が見やすいです。手振れに優秀な機材としては色々ありますがソニーの空間手振れも良いがやや焦点距離が長い。om-d em5iiでは4kがとれない。gopro+ジンバルではレンズのひずみが気になる。osmoは丁度良い感じです。その他横向きであろうが手持ちで背伸びしようが、地面すれすれであろうが 安定して撮影できます。静止状態の解像度はそれほどでもありませんが手振れがないことから時間単位の解像感は納得のゆくものです。一眼ムービーでやたらに解像度が高くても、ピントや手振れで見苦しいムービーは結果的に見る②耐えません。作品作りに気合いを入れる場合は一眼ムービーが良いでしょうが、プライベート街歩きにはosmoの方が適しています。難点としては①バッテリーが極端にもたない。街歩き一日に、最低4本くらい必要か②音が貧弱外部マイクでもなかなか解決が困難③携帯性特殊形状にスマホ付きなので山登り時などにはとてもむき出しでは持てない。④突発的な撮影が困難スリープにしておけば助かるがスマホともどもバッテリー注意など難点がありますが、一眼ムービー、ハンディタイプを押さえて今後は私のメイン機になりそうです。.

 スティックタイプのジンバルなのでバランスを取る手間がほぼありません。 ワンマンオペレートの現場では他のカメラも使いつつ. となりますのでその場合、roninなどはやはり面倒くさいです。4kで撮影することは現状ありませんし、延々ジンバルで長回しということもないのでバッテリーも今は予備一本でどうにかなってます。軽く、携帯性もよし。画質もまずまず、変なゆがみもなし。ローリングシャッターも出ません。ちなみにndは必ず購入した方がいいです。設定の調整やタイムラプス用にスタンドなどアクセサリーもそろえました。やはりあった方が便利です。アクセサリーを買うのはもったいない!と思う方もいるかもしれませんが、カメラ付きと考えればそもそもこの価格は安い!最初から揃えてもいいかと思います。音は外部マイクを使うしかありません。本体のマイクは全く使用不能です。それら欠点を踏まえても星5つの機材だと思います。.

Djiに改善して欲しいのでちょっと辛口で評価します。良い所・手軽にジンバルが楽しめる・気軽にバッグに入れておける、さっと取り出せる・高い位置から気軽に撮れる・モニターでカメラの向き等がコントロールできる。(ただし延滞はあります。当方iphone6s,6)・パノラマ写真が簡単に水平がとれておもしろい(ただし、pcではwin64bit版の結合アプリしかないので、屋外でwindos-padでの運用は厳しいですまた。mac版の結合アプリはまだありません。つないでも解像度が落ちますね。これは改善して欲しい)悪い点・phantomの方が水平がきちんとれるのでは?と思うこともしばしば(キャリブレーションや各種設定を行ってもいまいち汎用の設定が追い込みにくいのでのでカスタム設定の登録項目を3から6つぐらいに増やして欲しい)(droneを手持ちした方が便利かもしれないと思う時がある)・バッテリーが問題外に持たない(dcカプラーを出した方が良いのでは?駆動時間が長くなると壊れるのかな?)がんがんに使うと40分持たないのでは。設定しているだけでどんどんバッテリーを消費。設定を追い込んでいる時にバッテリー交換しなければならないのはストレスに感じます。iphoneのバッテリーも合わせてガンガン無くなるので、・自分撮りモードを実行すれば解りますが(youtubeの各方々のサンプルを見るとわかりますが)、やはり近い所はピントが合わない画角が広いので、フレームに入れようと思わず被写体に近づきすぎるとピントが合っていないという結果に・・・。(慣れが必要)(絞り設定は・・・無理かな)・ちょっと樽型に写る。gopro系もそうなので仕方がないのでしょうが。対処として動画編集の広角補正plug-in等で補正すると良いです。・sonyの空間手ぶれビデオカメラよりレンズについているゴミが目立つ(sonyはぼけてるがosmoは虹のゴミに見える。仕方がないですが)・ndフィルタが専用なので汎用の40mm前後のマウントにして欲しい。・wifiの電波が混線している場所では誤動作する事がある(仕方がないですが)・スマホマウント、オプションロッド等の締める箇所が弱すぎ、緩みすぎ。hakubaの延長ポールえお使った方がが安定するし付けやすい。・dji goのプレビュー画面が見づらい。画面を強調するモードと水平機表示を付けて欲しい。(ついでにipadに対応して欲しい2016_0517現在ではつながります)iphoneのバッテリ-残量の表示もお願いします。・音声に関しては他の方のレビューと同じで、まったく役に立ちません。音声を入れるには別途マイクが必要・osmoだけじゃないですが、明るい場所から暗い場所への移動の際、一瞬だけ画面がいきなり白飛びする。もう少しじわーっと変更できないのでしょうか(dji droneでも良くあるので性能的に仕方が無いとは思いますが)・室内でちょっと暗いと画面がざらざら。4Kだと目立ちますね。djiのカメラの設定はこんな感じでしょうか。iso感度が上がるので(あげなければ暗いので)照明がないと無理だと思うのでしかたがないのですが)・性能には関係ありませんが、付属のバッグはどうやって予備バッテリーやオプションを入れておくの?という形なのでヘビーユーザーにはたぶん要らない。・マイクロsdの入れ替えがしづらい総合では用途によりますが、便利だとは思います。アクションカムの延長線上として捉えれば問題ないと思います。日中で撮るには楽しいですね。ただし普通のビデオカメラと捉えると不満も出るかと思います。3軸ジンバルとしては優秀な方ですが、この値段だと用途によっては3軸ジンバル+ミラーレスでも良いのではと思ってしまった部分も正直あります。(とはいえroninシリーズはサイズが大きいので比較対象はアイスクリーム型でしょうか)初めてのジンバルとしては値段を考えると、iphone6sと3軸ジンバルの方が結果安上がりかもしれませんね。(こんなに速く電池が切れないし)追記マニュアルには32gbのmicro-sdをサポート書いてありましたがその通りでした。sandiskの10クラスの64gbは認識しませんでした。また、私の機体では東芝のエクセリアとはかなり相性が悪いです。海外の暑いところではエラーが連発。2分程度で書き込みが止まってします現象にみまわれました。エクセリア他6枚の東芝製で試しましたがエラーは改善されませんでした。sandiskとの相性は問題ありません。撮影用の代替え品として急遽アジアの現地で耐熱仕様と書いてあるシリコンパワーを購入。これはokでした。熱問題でしょうか。.

11追記します。撮影中にジンバルの水平が狂ってくるととても見苦しい映像になります。ジンバル校正の間は撮影もできないため、とても不便で、この点が最大の欠点と思います。ですので、撮影中に水平が狂った場合、また撮影開始時に例えば、3秒間なり合わせたい角度に(カメラ部分を)手で固定すると、その場所がジンバル標準位置として記憶されるようになるととても便利かと思います。アプリケーションで対応可能でしたら、是非お願いしたいと感じています。————移動しながらの録画画像はとても魅力的です。ソニーの空間補正よりも格段に完成度は高いですが、パーンするとき(歩きながら曲がる場合など)の操作にはコツが必要と思います。バッテリーは1時間未満ですから予備は必携です。また、内蔵マイクは現場の記録用ぐらいでも、実用性がありません。収録音には冷却ファンやボタン操作音がかなり目立つので、音声記録が必要な場合、3. 5mmプラグでの外部マイクは必須です。マイクジャックがあることは「◯」です。(まだ使っていないので感度は分かりませんが・・)本体には冷却ファンがありますが、けっこうな発熱があるので、連用の場合は耐久性が少し心配な点です。あと、ipod 5_ios9. 2で使用していますが、録画時の画像にはタイムラグがあります。納得して使えば、なんとか気にならない程度ですが、カタログには表示してほしいと感じました。付属品としては、日本仕様の電源プラグではありませんでしたが、購入時の説明にはその点にも触れられてはいません。安価な商品ではありませんから、変換アダプタぐらいは同梱頂きたいものです。———それよりも、64gbのカード、ファームウエアのバージョンアップ後osmoでフォーマットが出来なくなりました。「カード異常」の表示があり、フォーマットしようとすると「タイムオーバーしました」のダイアログでフォーマットが出来ませんし、カードも使えなくなっています。追記です!上記「カード」の解決ができました。ファームウエアのアップに使用後pcで「exfat」でフォーマットします。そのままではosmoでフォーマットしてもエラー表示になりますが、録画をした後ですと、フォーマットできました。原因は分かりませんが、カード上に何かしらの「osmoの記録データ」が必要なのかも知れません。私の環境のみかも知れませんが*pcで通常の「fat」フォーマットしたカードには録画もできません、「exfat」ですと録画できるようになりました。.

いろんな方のレビューを参考に購入を決めました、ズームが出来ない他は画質、ジンバルの性能等、私にとっては素晴らしいものでした。旅行が多いので、今後楽しみです。しかし、多くの人が指摘しているように、マイク性能が今一つ、内臓マイクに至っては、最悪、動作音が大きく入ります、外部マイクを利用したいのですが、利用するパーツも中々良いものが有りません。そこで、ベースを購入、それに外部マイク取り付け用のシューを自作、取り付けて使っています。カメラ部からも離れるので、操作音も拾う事無く使用できます。因みに、マイクの風よけも毛足の長い使わない襟巻をばらして作ったものです、効果は購入したものと変わりません。.

4kで撮ったらまさにデッドヒート。ファンも回りっぱなしであっという間に電池消耗。スマホによるwi-fiモニタリングはタイムラグがあってリニア感がない。グリップに集音マイクがあるので、ノイズを拾いやすい。外部マイクは着けれるが、おおがかりになる。専用アプリがまだまだ不安定。外部からの電源供給はできない。改良の余地はかなり多い印象です。.

DJI Osmo 3軸ハンドヘルドジンバル :