画像はキレイですが 映像がよく途切れるます。思っていたより全然ダメ。 phantom 2 vision+も購入しましたが、まだ使えます.

この製品は日本国内の法律に合わせてパワーダウンしています。また、プロポ(送信機)はdjiの標準品では使えませんので先にマニュアルをダウンロードして確認してください。マニュアルは、誤字・脱字だらけで接続方法も理解に苦しみます。機体側は冷却ファンがついていますがかなり発熱しますのでマニュアル通りに両面テープで貼り付けるだけでは不安です。自分は放熱フィンを裏側にシリコングリスを塗って貼り付けタイラップで固定しました。自分の場合、fpvは機体の状態確認や撮影状態の確認に使う程度で目視できないところまで飛ばさないので画像のちらつきは気になりません。補助的なものとして使うものだと思ってください。しかし、機体の情報が見られるだけでかなり安心できますし、ちょっとしたパイロット気分が楽しめますよ。.

噂以上の性能に満足しています、もう少し安ければ良いのですが。.

2~3mほどの距離でも映像(hdmi出力)が1秒~2秒ブラックアウトを繰り返します.

  • 国内仕様の合法製品
  • 俺の経験値が足りないな
  • 思っていた以下

DJI JAPAN直販 Lightbridge 2.4GHz Full HDの映像伝送

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • Androidモバイルデバイスをサポート(※推奨モバイルデバイスはメーカーサイトをご参照ください)
  • モバイルシステム要件:Android(バージョン4.1.2以上)
  • 通信距離:約1200m(遮蔽物が無く見通しが確保された状態)
  • 日本語取扱説明書保証書付属

届いてから説明どうりに繋いでペラ外してテスト。うん、動かない。試行錯誤の末(この辺は割愛)何とか飛べるまではいったが、10’bほどで電波ロストして戻ってくる。どうも混線してるっぽい状態だと感じる。すごい田舎な場所で飛ばしたから外的な電波ではない。受信機切って飛ばすと問題なく操作できる。憤慨して高度を一気に上げて高高度撮影してしまった。気持ちよかったが何処言ったかほんとに見失ってしまった。初めから付いているプロポでは色々駄目なのかなぁと思う次第です。この辺の説明が無いんで、映像探して設定しようとするとその時点ですでにプロポが違ってて”そうきたか”という次第です。.

購入して良かったと思います。自作機に搭載しています。接続の仕方や使い方などの説明が分かりずらいのが良くないです。.

レイテンシーがそこそこと、コマ落ちなどもあって、リアルタイムにクイックな絵とはいかないものの、hd品質の画像は流石に美しく、アナログのtxとは比べ物にならない。hdmiの接触や、機体、airunit、gsなど、電源入れる順番にも癖があるため、色々試して見る必要があります。映像とコントロールを2. 4ghzに収めてしまうと言う逆転発想は現状素晴らしく、wifi源の無い海上に向かってならば、2kmを超えますが、少しでもwifiがありそうな方向に向かった場合は、極端に距離が短くなるので(300m程度でも)注意が必要。機体(naza)のクセや、仕組みを分かった上で利用しないと、痛い目に合うので知識のある方に補助してもらった方が良いと思います。2014/7の時点では最高峰。.