Alkwas Blogs

家電、カメラ、AV機器のベストセレクションとレビュー

Category: ミラーレス一眼

富士フイルム Fujifilm ミラーレス一眼 X-T10 ボディ ブラック X-T10-B – カメラをちょっと本格的に始めたい人にもおすすめ

防塵防滴はないけれど、上位機種と写りは同一。元々canonユーザーでしたが、canonでは明確な差別化が当たり前なのに非常に良心的というかユーザーサイドに立ったメーカーだなぁと感心。レンズは昔から定評あるフジノン。期待を裏切られることはなく、また非常に軽快で写りもaps-cとはとても思えない。発色の美しさもさすがフィルムメーカーだなぁと感動すら覚えました。まずは、お店で触ってみてください。ついでに実際に撮影したデーターを見られることをおすすめします。. Sdカードの取り出しが非常に困難です。なぜこのような形式にしたのか理解できません。細かいところの使いづらさはツッコミ所は多々ありますが(使ってると色々なトラップが潜んでます)、コンパクトで写りには満足です。. フジの画質の素晴らしさに満足しています。初めての一眼レフで戸惑うことも多いですかどんな画が取れるか楽しみです。. ミラーレス市場においてcanonとニコンは後発なのでまだまだ遅れをとっています。ミラーレスを買うならオリンパス、sony、fujifilmの3択かなと。こちらはなんといっても操作性がよく、私は撮影にリズムが要求されるポートレートでよく使っています。ミラーレスなのでオートフォーカスも優秀で、サクサクテンポよく撮影できるのがいいですね。. 説明通りでいい商品でした。気に入ってるけど50mm相当のレンズに慣れるには時間がかかりそうです. ずいぶん迷って、x-e2とx20を下取りにx-t10とレザーケースを買いました。液晶がスペック上x-e2より劣る事を気にしましたが、x-t10の液晶はとても見易く気になりません。ただ買う時、中古3台で見比べましたが、近いロットでもやや画面が暗いものもあり、リセットしても変わらなかったので、個体差があるかも知れません。なんと言ってもx-e2に比べ持ち易くジョグダイアルが使い易いので、撮るに楽しいカメラです。こればっかりは理由は分からないですが、気楽に写して欲しい画像が得られる何か感覚のようなものが違います。xf18-55とレザーケースを付けると、コンパクトさは失われ、ぐっと重たくなりますが、x20よりもこっちを持って出掛けたくなると思います。2つのカメラをまとめて、x-t10にした訳ですが、何だかとてもスッキリしました。両方の良いとこ取りで、小さくしかもスペックはx-t1と同等ですから頼もしく、そしてパシャッとやって何か楽しいそんなカメラです。.  XーT1の弟機がでた! と思いきや、或る意味、兄貴機ともいえる。ほんの一まわり程だが、小型化、軽量化(60g減)、低価格化された。確かに軽く小さい。これは弟機だと言われても”そうだ!”という部分だが、”違う、兄貴分だ”と言わねばならぬのが、afーcモード使用時の動体撮影時の被写体のキャッチと、その予測機能のレベルアップである。 全77点の測距点のうち 9~25点を指定する「ゾーン」 と  全77点を使う「ワイド」機能afcモードにセットしてファインダーを覗いていると、つい、飛んでくる鳥、走ってくる車、新幹線・・・・等を撮りたくなる。しかも 一秒間に8コマで、である。細かい事は省くが シングルaf時でのマクロ(35ミリf1,8レンズ解放絞り)使用時にも 納得の ピン送り である。細かい事と言えば、マクロ撮影時切り替え不要、ストロボも内蔵である。いい事だらけである。やっぱり x-t10  は x-t1  の兄貴分と云おうか、柄は一回り小粒だが・・・・。これを買わずにいられようか。      (補足) iso感度調整ダイヤルに関しては、 軍艦部左側の 2軸ダイヤル式の x-t1 のままでよかったのではないだろうか。           撮っているうちに、夕闇が迫り暗くなったことに気づいても 慌てず 瞬時に感度アップができます。ストロボスイッチは位置移動で            す。  ファインダーは 0,77 倍の x-t1  に 軍配が上がるが、 x-t10 にも まだまだ細かい改良点が多々ある。                        6月下旬に x-t1 の ファームアップ (バージョン 4,00)が行われるようだが・・・・・・・・・、”この手”で両者争いの幕引きという手も           あるが、 矢張りまだ 軍配は 行司の手中にある・・・・・・。             (追記) 書き忘れた事を気付きましたので (追記)です。                                                           このx-t10、惜しむらくは       (1) 使用感抜群の アイカップ が 装着出来ないこと。       (2) シャッターボタン が 小さくなり、かなり安物っぽく、貧弱になったこと。       (3) 防滴が省略されたこと。この3点は、コストダウン に原因するものでしょう。 さらに、小型化、軽量化の宿命として       (4) xf56ミリ f1,2 r apd xf16~55ミリ f2,8 r lm wr 未発売だが期待の  xf90ミリ f2 r lm wr 等の優秀なレンズ(特に単焦点レンズ)の頻用には重くて腕のバランスが 取りにくいといった事にも覚悟が必要です。いろいろ考えると、x-t10、 x-t1 、 この二人、実に困った兄弟である。どちらが 兄 で、どちらが 弟 か、出来の良い子は どちらなのか・・・・・・・?      . フロントダイヤルが黒いのが気になる人がいるかも知れないが、実機を見てみるとそんなに気にならない。レンズはxfレンズ。ファインダー236万画素、タイムラグは小さい。そして本当に軽い。やはり高感度も強い。左右に振っても液晶画面の動きは滑らかだし、フォーカス速度も他社に負けていない。本当に良いカメラ。若干、レンズと本体の重さのバランスが悪い、グリップが持ちにくい、その位しか無い気になるところがない。本体が軽い事とレンズがハイクオリティである事が原因なので欠点というか、あえて重箱の隅をつつくなら、だが。やっぱりこのレンズはかなり良い。鏡筒は金属で、そんなに重くはないが、手にはズシリと、そしてヒンヤリと。絞りレングもある。質感も良い。f2. 8-4と明るく、高画質。しかも小さい。そしてこのリングの手応えが最高に心地よい。意味もなく触ってはうっとり…そしてニヤニヤしてしまう。やっぱりカメラを買うなら、こういう、側から見たら気味の悪い楽しみ方が出来ないといけない。まあ、あとはシャッターボタンが気に入らない人はいるかもしれないが、兎に角良いカメラです。実機を触りに店頭へへgo!. 利点と欠点 メリット ちゃんとキズの部分を明記して 古い機種でも十分楽しめます✨ 気に入った! デメリット 中古で購入です。三脚後にキズが大きくあるにも拘らず記載されて居なく残念です。その他は問題無く使えるのでこのまま使いますが通販の落とし穴を知りました。今後は文面を信用せず写真が載ってるものの方が幾らかですが良いのかと実感しました。. X-t1の低価格バージョンで、機能はある程度妥協しなきゃいけないかと思ってたけど、コンパクトなボディと秀逸な富士の画質をキープしたままで大変満足です。この価格ではかなり高品質のミラーレス。もっと早く買えばよかったくらい。. Iphoneやデジカメでは思ったような色で撮影できないことに不満が募り、このカメラで一眼レフデビューしました。18-55mmレンズとのキットです。数年前友人が購入していたものはごつくて重いカメラだったので一眼レフを敬遠していたのですが、最近はミラーレス一眼というコンパクトなものがたくさんあって感激しました!(ちなみに友人はその後重すぎるカメラに挫折し、持ち歩かなくなりました…)ミラーレス一眼or小型一眼レフに狙いを定め、まずはネット上でいろんなカメラの写真をたくさん見て、自分好みの色彩、描写を探索。特に空や街の風景などを自然で美しく、空気感まで閉じ込めるように撮りたい、と思って探しました。暖色系よりも寒色系をすうっと撮りたい、そして夜景や夜の街もきれいに撮りたいので高感度に強いもの…などが条件。ここからはまったく専門的知識のない個人的感想ですが、canonは暖色系が強く出る鮮やかでちょっとケバい感じ、nikonはどちらかといえば寒色系よりの自然で実物に近い静かな感じ、olympusもnikonに似て寒色よりの静かさを強く感じる、sonyはパキッとした色と描写でなんというか透明感のある現代っぽい描写、などなどを感じました。どのカメラもそれぞれ素敵ですが、nikonが求める色に近いのかな、と思いつついた時、ある雑誌にのっていたx-t10のデザインにまさに一目惚れ。さらに色や描写も私の求めているものにぴったりで、その日からこのカメラのことが頭から離れず(笑)ついに購入してしまいました。購入してみて、ほんとに満足しています。繊細で色彩のきれいな写真を撮りたいという欲望は満たされています!自然な色彩なのに、かつ鮮やかで澄んだ空気を感じます。山本まりこさんというエアリーフォトという写真で有名な写真家さんも、x-t1を愛用カメラとして著書で紹介されていておどろきました。彼女も著書内で、色の綺麗さを強調されていました。夜の街や東京タワーから見下ろす夜景などもとても綺麗に写せます。他のカメラのことは知りませんが、iphoneでは夜間撮影がザラザラだったので、綺麗に手ブレせず写せることだけでも涙ものの感激。上からの夜景は三脚があったほうが綺麗なんだろうなとは思いますが、街中スナップ程度なら感度をあげればブレも気になりません。フィルムシミュレーションも微妙で絶妙な色合いでほんとに素敵です。デジカメにもちょっと過剰でおもちゃっぽいフィルターなどたくさんありましたが、そういう変わり種フィルターは早々に飽きてしまうし、あまりにも過剰な演出がわざとらしく感じてしまうのですが、このフィルムシミュレーションは秀逸です。飽きることがありません。ダイヤルで大抵の設定ができてしまうのもとにかくシンプルで大好きなんです。他メーカーのカメラも家電屋さんで触ってみたのですが、コンパクトなカメラはほぼ液晶内でボタンを使って設定するのでパパッとできず、もどかしく感じました。このカメラは露出もシャッタースピードもその他もろもろも、ファインダーのぞきながらダイヤルをクリッと回すだけでokです。電源を入れなくても前回の設定が丸わかりなのも便利!キットレンズが少し大きめなので、小さいパンケーキレンズと呼ばれるものがあるらしい、あるなら欲しい、と秋葉原のヨドバシカメラでfuji売場の店員さんに色々聞いたのですが、めちゃくちゃ良い人で、売り込みではなく使い方を親切に教えてくれたことでfujifilmにたいする好感度もさらにアップ(笑)。18-55mmのこのキットレンズでもほんとに十分なレンズで自信を持ってオススメできるのですよ、と言われ、アドバイス通りまずはズームレンズで撮りまくって、自分の好きな画角を探すことに。自分の好きな画角がだんだんわかってきましたが、このレンズで確かに十分だ!と言われたとおりのことを発見し、しばらくは18-55mm一本で撮ってみようと思っています。望遠側で撮ればボケも綺麗に写せるし、旅行に行く時もこれ一本でなんでも対応できるので旅の多い私にはぴったりです。他にもオートホワイトバランスの色の素晴らしさとか、jpeg撮って出しが一番素晴らしかった件とか色々あるのですが、何より大好きなデザインのカメラで撮りたい色が撮れることが楽しくてしあわせです!. フラッシュの後幕シンクロ機能が星空ポートレート撮影に良さそうなのを知り、(* ̄∇ ̄*)楽しみが増えました🌃💃🌠. ずっと憧れのフジフィルムでした。ずっとキャノンの一眼を使っていました。コンパクトな普段持ち歩けるミラーレスを探していました。フジは金額がいいので迷いましたが、結果色買って良かったです。色が鮮やかでキレイな写真がとれます。設定次第で、動きのある子供も問題なく撮れます。スポーツはやっぱり難しいかもしれないですが…?でも買って良かったです。届くのもとても早かったです!. My xt10’s screen have one deal pixel. I don’t know about fujifilm’s policy about it. I’m contacting […]

Read More

パナソニック(Panasonic) パナソニック デジタル一眼カメラ ルミックス Gm1 レンズキット 標準ズームレンズ付属 ホワイト Dmc-Gm1k-W : とても良かったです。

画質も良いし気に入ってます。wifiで携帯に画像が飛ばされるのも買って良かったと思わせる一因です。が、wifiが結構すぐ切れちゃうのでそこんとこがちょっと面倒かなってことで星4つです。. 簡単に綺麗な写真が撮れてボケ感も味わえますがカメラが好きな人には撮ってるって感じがあまりしないのでどうかと思いますが軽さを求める人には十分すぎるカメラやと思います。. 新品で購入しましたがカメラの隅にはホコリがありセンサーを調べた所、センサーにもホコリが付着していた。また、キットレンズの後玉には人の指紋がべったり付いていた。カメラ自体問題はなかったが新品で購入したのに使う気がしなくなりました。. コンパクトなのに性能は良い。いろんなシチュエーションで撮れるようになっているので面白い. 暗所耐性抜群のコンパクト 小さくて軽くて使いやすい 可愛らしいけどスマホないと・・・ パナソニック デジタル一眼カメラ ルミックス Gm1 レンズキット 標準ズームレンズ付属 ホワイト Dmc-Gm1k-W モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ●コンパクトサイズで持ち歩きに便利 ●16M LiveMOSセンサ&ヴィーナスエンジン ●スマートフォン/タブレットとの連携が充実 ●コンパクトサイズで持ち歩きに便利本格一眼性能を凝縮した高品位ボディ ●本体寸法幅約98.5mm×高さ約54.9mm×奥行約30.4mmとレンズ一体型コンパクトデジタルカメラ並みのボディサイズを実現。 子供が始めての海外旅行へ行くので、同行させようと購入しました。煙草の箱ぐらいの大きさでバッグの中、ポケットへ入れられると喜んでいます。余りの小ささに落とさないか心配と言いながらも、スマートフォンへデータ移行出来たりと小さいながらも機能は大。購入して良かったです。. 最近は安くなったのを見ますが、一時期ものすごく欲しくて・・・地元カメラ量販店でGM1Sブルーを買ったんです・・・でも オレンジが オレンジが オレンジがどうしても欲しくて・・・でも オレンジが オレンジが オレンジが我慢できなくて買い増しました。今は、物欲の煩悩から開放され しあわせです、. 付属レンズは沈胴式の為に②アクションを余儀なくされますがレンズのf値も3. 5-からなので室内撮影には向かない気がしますがところがカメラのセンサーとアクセラレータの画像処理が抜群で所有する一眼レフに比較的明るいレンズを付けたときよりもaf確実に早く、ノイズも少ないのには驚きました。これでファインダー付きのgm5であったならばもう重たい一眼レフは降雨時等の悪天候を除いて出番は少なくなりそうです。. 思った以上に小さい手のひらにちょこんとのるカメラでした、実際に撮ってどんな映像が見れるのかが楽しみです。これからも宜しくお願いします。. 物はいいですが、箱がキズ付きまくってて、扱いが雑だと思いました。中身をは綺麗だったので、配送の過程で汚くなったんだと思います。. ぼくはデザインが良かったのでかいました!nex5rもよかったのですが、なんかこっちのほうがかっこよかったので笑画質ですが、めちゃくちゃ鮮明です!細かいところまではっきりとうつしだされます!さすがはミラーレス!レンズ交換もできるので、今後がたのしみです!ぼくはブラックをかったのですが、ブラックにして正解でした!全体的に高級感がありました!発売からだいたい3年がたちますが、まだまだ現役ですね!. いつも持ち歩くカメラとして、適切な割り切だと思う。ただ、フォーカスモードの物理的なダイヤルは、露出補正にして欲しかった。. サイズと言い、使いやすさと言い素晴らしいカメラです。レンズ交換の出来ないコンパクトカメラながらマイクロフォーサーズのフォーマット。メーカーサイドからしたら「売れなかったカメラ」なのかもしれませんが是非後継機を開発して頂きたいと思います。. 海外旅行が趣味の私。女性でも使いやすい一眼レフのCMを見て購入しました。昨年の海外旅行で早速使ってみました。ピントをいつも切り替える必要なし、以前までのデジカメは千枚撮影しても大半は満足のいく写真が少なかった。写真度の綺麗が満足しています。. 新品で注文したはずなのに、届いたカメラを見てみるとあちこちに塗装ハゲ、レンズコネクト部にはべったり指紋、ディスプレイには細かい傷が多数あり、全体的に埃がかぶっていました。とても新品とは呼べず即返品。. μ4/3としてでは、素晴らしい性能です。ただし、スマホを持っていない私のような場合、遠隔操作ができないので、ちょっと不満。さすがに持っているPCに接続したとき、レリーズ機能やモニター機能を使えたらよかったのですが、そこだけ残念。紐固定用耳に、銀塩時代のレリーズを固定して、メカニカルレリーズと、改造(ねじ固定で復帰可)して使ってます。. 昨年10月購入で1年も経たずシャッター部が故障。修理見積もりが6万!シャッター部はカメラの基本メカなのに」1年もしないでお釈迦とは設計かqcは大いに問題です。. 持っていて、所有意欲を満足させるカメラです。まだ使いこなせていませんが、街ブラなどに首から提げていてもおしゃれで、スマホでは味わえない画質が得られます。たしか後継機がもう出ていると思うのですが、デザインも質感もだいぶ変わったみたいで、特にこのオレンジ色はすごく良かったので、割高でもお得でした。難しい事はよくわからないが、いい写真を撮りたいという人向きです。そして、軽い!. 旅先でストラップを手首に巻きつけて、歩きながら液晶みて、パッパととります。コンパクトでもマイクロフォーサーズの画面サイズが確保されており、安心して写真が取れます。普段はファインダーをのぞくのがすきなのですが、これだけコンパクトだとコンデジ的な使い方で、高画質の写真が取れるため、お気に入りです。gm5も気になるのですが、ファインダーが小さくて、これなら液晶どりでよいかなーと思ってます。マイクロフォーサーズの特徴としてセンサーゴミ問題が限りなく少ないことがいいですね。以前に他社機でイタリアを旅した時、夢中でシャッターを押しまくったのですが、あるところからずっと空にごみが映っていて、へこんだ覚えがあります。。それからフォーサーズ、そしてマイクロフォーサーズをメインにしてます。交換レンズも使いたいし、レタッチは性に合わないので・・・。. 価格も、商品にも満足しています。近々、旅行に持って行くのが楽しみです。. 色々な撮影シーンが設定できて便利です。軽量だし大きさも小さくサイコーです、難を言えばカメラが軽いせいか若干少しブレやすい事とオレンジが写真よりも若干ケバ系でした^^;. 付属レンズが買ってすぐに外れました。パナソニックのこのタイプは外れる故障が多いみたいです. Qも、持っていますがgf2のレンズが使える小型カメラが欲しくなりポチリました。小さい一眼カメラは面白いです。. 注文してから届くまで非常にはやくて驚きました。商品の状態も全てにおいて満足です!ありがとうございました。. デザイン最高です。お気に入り。所有しているだけで満足。写真とっても、簡単にきれいに取れます。. 画質がとってもいいし小さいのでどこでも持っていけてとても嬉しいですお出掛けするときは必ず持っていきます!!. 使い方をマスターするのに自分は時間がかかりますが、、色んな機能がついていて、使いこなせればかなりいい写真が撮れること間違いなしです!画質キレイです。.

Read More

富士フイルム Fujifilm ミラーレス一眼 X-T10 ボディ ブラック X-T10-B – 良かったです

フロントダイヤルが黒いのが気になる人がいるかも知れないが、実機を見てみるとそんなに気にならない。レンズはxfレンズ。ファインダー236万画素、タイムラグは小さい。そして本当に軽い。やはり高感度も強い。左右に振っても液晶画面の動きは滑らかだし、フォーカス速度も他社に負けていない。本当に良いカメラ。若干、レンズと本体の重さのバランスが悪い、グリップが持ちにくい、その位しか無い気になるところがない。本体が軽い事とレンズがハイクオリティである事が原因なので欠点というか、あえて重箱の隅をつつくなら、だが。やっぱりこのレンズはかなり良い。鏡筒は金属で、そんなに重くはないが、手にはズシリと、そしてヒンヤリと。絞りレングもある。質感も良い。f2. 8-4と明るく、高画質。しかも小さい。そしてこのリングの手応えが最高に心地よい。意味もなく触ってはうっとり…そしてニヤニヤしてしまう。やっぱりカメラを買うなら、こういう、側から見たら気味の悪い楽しみ方が出来ないといけない。まあ、あとはシャッターボタンが気に入らない人はいるかもしれないが、兎に角良いカメラです。実機を触りに店頭へへgo!. ミラーレス市場においてcanonとニコンは後発なのでまだまだ遅れをとっています。ミラーレスを買うならオリンパス、sony、fujifilmの3択かなと。こちらはなんといっても操作性がよく、私は撮影にリズムが要求されるポートレートでよく使っています。ミラーレスなのでオートフォーカスも優秀で、サクサクテンポよく撮影できるのがいいですね。. X-t1の低価格バージョンで、機能はある程度妥協しなきゃいけないかと思ってたけど、コンパクトなボディと秀逸な富士の画質をキープしたままで大変満足です。この価格ではかなり高品質のミラーレス。もっと早く買えばよかったくらい。. 説明通りでいい商品でした。気に入ってるけど50mm相当のレンズに慣れるには時間がかかりそうです. Sdカードの取り出しが非常に困難です。なぜこのような形式にしたのか理解できません。細かいところの使いづらさはツッコミ所は多々ありますが(使ってると色々なトラップが潜んでます)、コンパクトで写りには満足です。. フラッシュの後幕シンクロ機能が星空ポートレート撮影に良さそうなのを知り、(* ̄∇ ̄*)楽しみが増えました🌃💃🌠. Iphoneやデジカメでは思ったような色で撮影できないことに不満が募り、このカメラで一眼レフデビューしました。18-55mmレンズとのキットです。数年前友人が購入していたものはごつくて重いカメラだったので一眼レフを敬遠していたのですが、最近はミラーレス一眼というコンパクトなものがたくさんあって感激しました!(ちなみに友人はその後重すぎるカメラに挫折し、持ち歩かなくなりました…)ミラーレス一眼or小型一眼レフに狙いを定め、まずはネット上でいろんなカメラの写真をたくさん見て、自分好みの色彩、描写を探索。特に空や街の風景などを自然で美しく、空気感まで閉じ込めるように撮りたい、と思って探しました。暖色系よりも寒色系をすうっと撮りたい、そして夜景や夜の街もきれいに撮りたいので高感度に強いもの…などが条件。ここからはまったく専門的知識のない個人的感想ですが、canonは暖色系が強く出る鮮やかでちょっとケバい感じ、nikonはどちらかといえば寒色系よりの自然で実物に近い静かな感じ、olympusもnikonに似て寒色よりの静かさを強く感じる、sonyはパキッとした色と描写でなんというか透明感のある現代っぽい描写、などなどを感じました。どのカメラもそれぞれ素敵ですが、nikonが求める色に近いのかな、と思いつついた時、ある雑誌にのっていたx-t10のデザインにまさに一目惚れ。さらに色や描写も私の求めているものにぴったりで、その日からこのカメラのことが頭から離れず(笑)ついに購入してしまいました。購入してみて、ほんとに満足しています。繊細で色彩のきれいな写真を撮りたいという欲望は満たされています!自然な色彩なのに、かつ鮮やかで澄んだ空気を感じます。山本まりこさんというエアリーフォトという写真で有名な写真家さんも、x-t1を愛用カメラとして著書で紹介されていておどろきました。彼女も著書内で、色の綺麗さを強調されていました。夜の街や東京タワーから見下ろす夜景などもとても綺麗に写せます。他のカメラのことは知りませんが、iphoneでは夜間撮影がザラザラだったので、綺麗に手ブレせず写せることだけでも涙ものの感激。上からの夜景は三脚があったほうが綺麗なんだろうなとは思いますが、街中スナップ程度なら感度をあげればブレも気になりません。フィルムシミュレーションも微妙で絶妙な色合いでほんとに素敵です。デジカメにもちょっと過剰でおもちゃっぽいフィルターなどたくさんありましたが、そういう変わり種フィルターは早々に飽きてしまうし、あまりにも過剰な演出がわざとらしく感じてしまうのですが、このフィルムシミュレーションは秀逸です。飽きることがありません。ダイヤルで大抵の設定ができてしまうのもとにかくシンプルで大好きなんです。他メーカーのカメラも家電屋さんで触ってみたのですが、コンパクトなカメラはほぼ液晶内でボタンを使って設定するのでパパッとできず、もどかしく感じました。このカメラは露出もシャッタースピードもその他もろもろも、ファインダーのぞきながらダイヤルをクリッと回すだけでokです。電源を入れなくても前回の設定が丸わかりなのも便利!キットレンズが少し大きめなので、小さいパンケーキレンズと呼ばれるものがあるらしい、あるなら欲しい、と秋葉原のヨドバシカメラでfuji売場の店員さんに色々聞いたのですが、めちゃくちゃ良い人で、売り込みではなく使い方を親切に教えてくれたことでfujifilmにたいする好感度もさらにアップ(笑)。18-55mmのこのキットレンズでもほんとに十分なレンズで自信を持ってオススメできるのですよ、と言われ、アドバイス通りまずはズームレンズで撮りまくって、自分の好きな画角を探すことに。自分の好きな画角がだんだんわかってきましたが、このレンズで確かに十分だ!と言われたとおりのことを発見し、しばらくは18-55mm一本で撮ってみようと思っています。望遠側で撮ればボケも綺麗に写せるし、旅行に行く時もこれ一本でなんでも対応できるので旅の多い私にはぴったりです。他にもオートホワイトバランスの色の素晴らしさとか、jpeg撮って出しが一番素晴らしかった件とか色々あるのですが、何より大好きなデザインのカメラで撮りたい色が撮れることが楽しくてしあわせです!. 普段はフルサイズカメラを2機種使っていますが、小さく軽いカメラが欲しくなって本品を購入しました。<good>・軽く小さい。・写りの良さにビックリ。・昔のカメラデザインが好き(首からぶら下げてると銀塩と間違えられて何度か声をかけられました)。・ケーブルレリーズが使えるようになった。<bad>・小さく軽い(グリップホルダーを追加してグリップしやすく、適度な重さになったと思います)。・レリーズボタンが押しにくい(ボタンネジに昔のソフトシャッターを付けて解決!すぐ落ちるので軽く接着済)。・レリーズタイムラグがある(mfレンズ使用時のレスポンスは良い為、afのレスポンスが遅いのだと思えます。が、風景撮影にはなんら問題とはならないでしょう。これは自分の偏見だったらご容赦。カメラとレンズのファームアップは最新(カメラ=ver1. 21)です。以上がここ二週間位使用して感じたところです。なおafが効かなくなってswのonofをして復帰したことがあるため、機会を見てサービスセンターに相談しようかとも思っています。 . 利点と欠点 メリット ちゃんとキズの部分を明記して 古い機種でも十分楽しめます✨ 気に入った! デメリット 色が綺麗で使いやすく、画質も良いAPSCにこだわりフィルム時代の豊富な経験や、印刷技術があるフジだからこそ作ることのできるXシリーズだと思います。その中でエントリー機としてはちょっと高めですが、初心者でも手を出せてこれ一本で本格撮影が可能なのがこのカメラ最新のX-T2はセンサーが変わり、x-t1、t10共に生産終了となりますので、同じ写りのカメラはもう手に入れることができなくなります。もちろん、いずれ発売されるであろうx-t20も素晴らしい性能があることでしょうが、名機であるx-t10を買っておいて損は無いかと思います。. My xt10’s screen have one deal pixel. I don’t know about fujifilm’s policy about it. I’m contacting for my problem. Anyway, everything is great. 富士を使ったら…もう他のブランドには戻れない。富士には頑張ってカメラを作り続けて欲しい。. 初心者なので難しいことはよくわかりません。機能に不満もありません。好きなところはシャッタースピードなどがボディー上部のダイヤルで操作できること。不満なところは、1)、ボディーを片手(右手)で持ったとき、掌の親指付け根が円形のmenuボタンに触れて、自分で気付かぬうちに操作してしまっていること。2)、標準ズームが少し大きいこと(あと1cmくらい短かったら使いやすいのに)。.  XーT1の弟機がでた! と思いきや、或る意味、兄貴機ともいえる。ほんの一まわり程だが、小型化、軽量化(60g減)、低価格化された。確かに軽く小さい。これは弟機だと言われても”そうだ!”という部分だが、”違う、兄貴分だ”と言わねばならぬのが、afーcモード使用時の動体撮影時の被写体のキャッチと、その予測機能のレベルアップである。 全77点の測距点のうち 9~25点を指定する「ゾーン」 と  全77点を使う「ワイド」機能afcモードにセットしてファインダーを覗いていると、つい、飛んでくる鳥、走ってくる車、新幹線・・・・等を撮りたくなる。しかも 一秒間に8コマで、である。細かい事は省くが シングルaf時でのマクロ(35ミリf1,8レンズ解放絞り)使用時にも 納得の ピン送り である。細かい事と言えば、マクロ撮影時切り替え不要、ストロボも内蔵である。いい事だらけである。やっぱり x-t10  は x-t1  の兄貴分と云おうか、柄は一回り小粒だが・・・・。これを買わずにいられようか。      (補足) iso感度調整ダイヤルに関しては、 軍艦部左側の 2軸ダイヤル式の x-t1 のままでよかったのではないだろうか。           撮っているうちに、夕闇が迫り暗くなったことに気づいても 慌てず 瞬時に感度アップができます。ストロボスイッチは位置移動で            す。  ファインダーは 0,77 倍の x-t1  に 軍配が上がるが、 x-t10 にも まだまだ細かい改良点が多々ある。                        6月下旬に x-t1 の ファームアップ (バージョン 4,00)が行われるようだが・・・・・・・・・、”この手”で両者争いの幕引きという手も           あるが、 矢張りまだ 軍配は 行司の手中にある・・・・・・。             (追記) 書き忘れた事を気付きましたので (追記)です。                                                           このx-t10、惜しむらくは       (1) 使用感抜群の アイカップ が 装着出来ないこと。       (2) シャッターボタン が 小さくなり、かなり安物っぽく、貧弱になったこと。       (3) 防滴が省略されたこと。この3点は、コストダウン に原因するものでしょう。 さらに、小型化、軽量化の宿命として       (4) xf56ミリ f1,2 r apd xf16~55ミリ f2,8 r lm […]

Read More

パナソニック(Panasonic) パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス Gf90 ダブルレンズキット 標準ズームレンズ/単焦点レンズ付属 オレンジ Dc-Gf90w-D : 素人でも簡単操作でいい写真

わたしが ルミックス をブランドを買ったのは、浜崎あゆみさんが「こいつカリスマ(強者?だったかな?カリスマですよね)」と宣伝していた(400ミリ相当)ロングズームを売りにした製品でした。当時のコンパクトカメラにしては光学レンズが大きかったですけども一定距離から先は、ccd依存のデジタルズームで画像の荒がひどかったので、キャノン純粋な(400ミリとか)光学レンズを購入せざるを得ませんでした。この製品も、物理的なレンズとccdの基本関係は同じです。が、4k技術のccdとcpuの進化で、以前とは比べようもない良いカメラになっています。特に、デジタルだから出来るピントや広角情報の補正はsfフィルムを見ているような先進性をそなえていて、あえてレンズの効果を作品に反映させるプロの表現をしたい場合以外の美しい画像を得るには最高点に達している感があります。*物理的な絞り効果を人為的に起こすことには無理があるので、 割り切って使うのが良いです。インスタグラムの隆盛で、セルフィー(自撮りはもはや死語でしょうか?笑)の需要に答えるべく、180度回転式液晶パネルやシャッターがふたつなど、インスタのインフルエンサー女子たちの御用達は、現在、iphoneが主流ですが、そういう活用シーンにもより高度な写真技術の簡便な導入にもなると思います。しかし、フィルター処理など編集i性能はiphoneにおとります。できればもうすこし、昔のよき時代のカメラの概念を捨てるくらいのボディ設計をもらえたら良いのになと、取り説を手にとりながら、使う気がうせる・・・・と溜息も漏れます。しかし、ビデオフレームを超える1秒30コマ4k連写はすばらしく、現状ではスマートフォンを凌駕するスペックです。恐らく、iphoneのライブ写真モードが長くなった感じで実現しているとおもわれますが、4kまでくれば印刷にもたえるデータ量になっています。もっとも最近は紙に印刷する事はああり無いですけども。レンズ周りは、軽量化のためか、プラスティック筺体です。最近は成形精度や、アルミ蒸着技術で、殆どアルミと変らない感じもしますし、このカメラの用途の1つと想定されるレジャー目的には返って良い選択だと思います。先先 活用させて頂きながら良い事やおもしろい発見が見つかったら追記します。. フィルム時代からカメラが好きでデジイチ、ミラーレス含め結構いろんな機種を使いまわしてきました。技術的にはもはや飽和状態、また普通に写真を撮りたいだけならスマホさえあれば事足りる現在において、わざわざ10万近い金を払ってまでカメラを購入することにどんな意味があるのか?ただ欲しいだけの人は別として、「初心者ですが、どのカメラを選んだら良いですか?」の問いにどう答えるべきなのか。先に私なりの答えを言うと、素人にとって良いカメラとは「持っていたくなるカメラ」なのだと思います。気に入ったカメラであればどんなところにも持ち出したくなる。持っていれば撮りたくなる。撮りたくならないまでも、なんかの時に「そういえば写真でも撮るか」となる。やはり撮ろうと思わなければ撮らないのが写真というもの。当たり前ですが。だから子供が産まれたらカメラを買って、「さぁ、可愛い我が子を撮って撮って撮りまくるぞ!」となるのがカメラというもののあるべき姿なのだろうと思います。ちなみに現状私が愛用しているのはlumixのgx7というコンパクトなミラーレスカメラ、おもに4歳と0歳の子供撮りですが、もはやファインダーを覗くこともなく気づいた時に液晶の角度を調整して、カメラを子供の目線に合わせてピントは顔認識頼りでしかも連写でシュパパパパ…と撮影しています。「持っていたくなるカメラ」の条件は幾つかありますが、自分としては①モノとして気に入ること②ある程度軽いこと③操作性が良いこと④良いレンズがあることくらいなんですが、このgf10/gf90は①の点でgx7に及ばないものの、自分の使い方からすると所謂「良いカメラ」です。ということで、オールマイティに使いたいというニーズなのであれば、物として気に入った上で購入されて後悔されることは少ないのではないかと思います。あとは初心者の方はレンズで迷われるでしょうが、やはり多目的にとなれば、絶対に必要なのは12-32程度のズーム。これを付けっぱなしでも正直だいたい事足りますが、せっかくのレンズ交換式なのだからとなれば標準的で使いやすい15mmか25mmの単焦点。ぶっちゃけ言えば25mmより15mmですが価格差も結構あるので予算次第で。以上、長くなりましたが参考になれば幸いです。. 重い一眼レフカメラを数十年使用し、80歳を超えると重さに耐えかね使用が億劫となりコンパクトに転換。中でもol社のこれとほぼ同価格で1600万画素のカメラは軽く機能も多彩でpcソフトも使いやすい愛用品。それでこの初のミラーレスが登場。さすがミラーレスの先駆者lumixの製品に期待いっぱい。レンズ交換のミラーレスだけあってがっちり、ずっしりの久しぶりの重量感。高齢には少し重すぎか?しかし高級感と、安定した信頼感はある。pcのソフトは使いにくく、スマホへのwifi転送も普通。画質も予想通りだが速写に少々問題。シャッターの触れるまでの手続きに時間を要する。モードも少なく、バッテリーの消耗も。しかし、以前使用の同社防水カメラと同様に耐久力に期待できる安心感のあるカメラだ。. 普段から持ち歩くソニーrx100と、ちょっとしたお出かけの時に持ち歩くこのルミックスとでうまく使い分けができています。ミラーレス一眼と言うことでレンズの交換ができてかつコンパクトと言うところが非常に使い勝手の良いところです。デザインもおしゃれなので首からぶら下げていても様になるといいますか、所有していることの喜びを感じることができます。肝心の画質は皆さんがレビューされている通りだと思います(大原ずかしながら批評できるほどの腕を持ち合わせておりません)。ただこの価格帯で購入できるカメラとしては非常に満足度が高いものと思います。. インスタ映えなど、SNS用にも便利なカメラ 手軽!画質良き!使いやすさ良き! 自撮りに便利 パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス Gf90 ダブルレンズキット 標準ズームレンズ/単焦点レンズ付属 オレンジ Dc-Gf90w-D モデル番号を入力してください これが適合するか確認: カメラ有効画素数:1600万画素 デジタルズーム:OFF/2倍/4倍 液晶モニター:3.0型静電タッチパネル液晶(約104万ドット) 充電時間:約130分 質量:約240g(本体) パナソニックとオリンパスは互換性があるので、家にあるオリンパスの14-150mmのズームレンズを付けて構えてみると、左右の親指の付け根が痛くなりました。ボディの角rが小さいデザインのおかげか、左下の前の角と、右下の手前の角が左右の持ち手に食い込みます。クッション性のある滑り止めテープを貼りました。ボディ前面の小さなグリップは小さいだけで角が立っているし、後ろの指掛かりも滑るのでホールド感は良くないです。シャープなラインのお洒落なデザインを目指したのかもしれませんが、使いにくければ意味がありません。オプションの ボディケースを付ければホールド感は良くなるかもしれません。某テーマパークのパレードで撮影してみた所、「4kフォト」ボタンを使っての撮影は全く思い通りになりませんでした。「4kフォト」は練習が必要なようです。次の回のパレードではスポーツモードならぬキッズモードを使うと、今のミラーレスだけあって反応が良く快適に撮れました。付属のレンズは標準ズームと明るい単焦点レンズですが、この単焦点レンズはどうなんでしょう?ボディ本体は信じられない事に手ブレ補正機能が無く、このレンズも手ブレ補正機能がありません。暗さに弱くてマクロ機能も無いこのレンズを水族館で使ったらまぁ使い物になりませんでした。単焦点レンズは無くてもいいので、12-60mm / f3. 6 辺りの標準ズームレンズ1本でよかったのでは?4kフォトと4kの動画を快適に撮影するためには、「microsdxc/microsdhcメモリカード uhs-Ⅰ u3」という高スペックと高容量のメモリーカードが要求されます、「transcend microsdxcカード 64gb uhs-i u3対応」を買いました。バッテリー容量が小さく、予備が必要と思われたので、ロワジャパンの互換バッテリー2個とusb充電器のセットを買いました。小洒落たデザインが好きな人はこのカメラでいいのかもしれませんが、本体に手振れ補正ぐらいは付けて欲しかったです。. 現状のミラーレスでおそらく最も軽量、コンパクトであるgfシリーズにブラックが出たということで購入しました(当方男性)。本当に軽いです。レンズ込みで500mlペットボトル1本に満たない重さ。持ち出すのも苦になりません。家族連れで出かける自分にとっては非常に助かります。付属の単焦点レンズを使えば、ちょっと見ただければ一眼レフと見分けがつかないような雰囲気のある写真が撮れます。室内で子供を撮ると余計なモノがボケてくれて助かります。まあ、整理をちゃんとしろという話なのですが。。ホームページを見る限りおそらくこのカメラのメインターゲットは20~30代の女性だと思いますが、私のように家族連れで・子供のもっといい写真を撮りたい・荷物はできる限り増やしたくないにもおすすめできます。. 本当の本当にカメラ初めての人間の感想です。なので、不満をいくつか書きますが、もしかしたらこのカメラに限ったことではなく、どのカメラでもそうなのかもしれません。私と同じ様な全くの初心者の人の参考になればと思って書きます。今まではスマホの写真で満足していたのでカメラを買った事はありませんでした。が、色んな人の写真を見るうちにこんな写真を撮ってみたいなーと思い、あれこれ見比べてこちらを購入。約ひと月使用しましたが、最近やっと使い方を理解してきました。説明書を頭から読んでも入ってこないタイプで、やりたい事を逆引き(「機種名 連写」で検索など)して使っているので、使いこなせていない機能は多々あります。「スマホの様に操作出来る」とありましたが、スマホの様な直感的な操作とは程遠いです。その手軽さを期待してはいけないですね。どうしても分からないところはサポートに電話して聞きました。とても対応もよく、不明な点を即時解決して貰えて助かりました。説明書が苦手な方はさっさと電話して聞いてしまった方が早いし撮影が楽しくなると思います。自動であちこちにピントを合わせ、複数枚撮影して好きなものを選ぶ機能ですが、正直分かりづらかったです。撮影時間や選ぶ手間が増えるだけなので、オフにしてしまいました。動くものを撮るのには邪魔なだけの機能ですし、止まっているものを撮るなら自分でピントを合わせればいい話です。いまいち良さが分かりませんでした。本体は小さいですが見た目よりかなり重いです。が、きっとカメラの中では軽量な方なのでしょう。私は主にペットの写真を撮っているので、片手でペットを遊ばせ、片手にカメラで撮影です。片手だと指に食い込む重さです。痛いです。両手で景色とかを撮る分には問題ないと思います。そしてこれが1番の不満なのですが、電池持ちが悪過ぎます。あっという間になくなります。不具合かな?と思う速さでなくなります。旅行で一日中あちこち巡る場合、私なら予備バッテリー4個(1日で)は必要だと思います。そしてスマホに転送中など、操作中の充電は一切出来ません。スマホへの直接転送は一度に30枚まで。1枚2秒ちょっとかかります(これは使っているメモリーカード次第で早くなるのかも。私はu1というのを使っていて、転送速度はu3に比べて遅いと言われました。この辺はよく分かりません)転送中はスマホ側からカメラをリモートコントロールしている状態になるのでカメラもスマホも使えません。手持ち無沙汰です。wifiでの転送なのでいちいち家の中のwifiから切り替えるのが面倒です。bluetooth対応にしてくれるといいのに…そしてリモートコントロールではなくバックグラウンドでの転送が出来ればいいのに…技術的に無理なのでしょうか?メモリーカードにたまった写真を消すときは一枚ずつ、複数枚、全部と選んで消せますが、複数枚はカメラ上で消す場合は100枚まで、スマホからは30枚までしか消せず、複数選択は一枚一枚タップして選びます。100回もタップ…3000枚も溜まればそれを何度も繰り返す…2900枚は消したいけど100枚は残したい時…とても怠いです。iphoneのように指で撫でれば選択できるとかにならないかなぁお気に入りを除いて全てを消す機能はありますが、何百枚も撮るのにその中からお気に入りを探して登録してそれから削除ではあまり便利とは思えませんそして先ほど書いたように操作中の充電は出来ません。転送中にも、不要な写真を削除中にも、バッテリーはどんどん減っていきます。転送(削除)が終わったからさあ撮影!とはいきません。充電時間が必要です。結果、私の使用感では「気軽に撮影」とは程遠いという感想です。写真の出来はとても満足です。ど素人の私にもそこそこの写真が撮れ、みんな褒めてくれます。しかし、操作しながら充電出来ない、これは何よりのネックです。撮っている時間より写真を選んで転送して削除して充電している時間の方がずーーーっと長いのですから。いつも肝心な時に電池がなくて、結局スマホで撮ったりしています。撮った枚数が多いと転送中に電池切れになります。これはあまりにも酷いです。転送中くらい充電させて欲しい…しかしきっとバッテリーはこのカメラに関わらず他のカメラもそうなんでしょうね。充電中に操作しても問題ないなら出来るようにするはずで、問題があるから出来ないのでしょう。それはそうなんだろうなぁ、と思った上で、それなら尚更この電池の持ちの悪さが不満です。不満ばかりですが星3つなのはとにかく綺麗な写真が撮れるから(あくまで素人目でみて、ですが)スマホとは別物、不便さはある、という認識を最初から持てればとても良いものなのではないかと思います。ただ、宣伝では当然ですが手軽さを売りにしているので、カメラ初めての人間には買うまでその不便さは認識出来ないと思いますなのであえてその不便さを書きました。. かつてニコンのフィルムのカメラでスタートし、その後キヤノン、そのキヤノンがafになってeos。そしてデジタルになったときには一眼レフをやめてコンデジ。オリンパスなどなど。ですが、いつしかスマホやipadで写真を撮るようになり、不満を持ちつつ、手軽さに流されてきました。このミラーレスを手にして、いわゆる一眼レフとは違うし、コンデジでもない。コンデジに比べればおおげさ。一眼レフに比べれば性能は劣る。でも……。このいかにも軽いカメラを首からぶらさげて、出歩くことはいかにも楽しいです。とくに4kフォトの高速連写は、待ちの猫などを撮影していて、めちゃくちゃ便利です。思いのほか、いい表情が残されていたりします。つまり、一度切ったシャッターに記録されたコマを、あとからのんびりチェックして「あ、これいいな」を発見する楽しみです。ピントをあとから選べるフォーカスセレクトのおかげで、老眼もあって適当な撮影をしていますが、あとからジャストの画像をチョイスできてしまう。あまりにも多機能なので、使いこなせるまでにはなりませんが、とりあえず、これだでも、楽しい。そう、チルト式のモニターは、タッチパネルという便利さだけではなく、猫を追うようにローアングルになるときも便利です。4kでは、連写が3モードあって、通常の連写(秒30コマ)のほか、長時間連写(s/s)なら動画のようにシャッターを押して開始してもう一度押すまで長時間の連写ができます。動く相手にはとてもいいです。さらに、プリ連写も同様に、動きの素早い相手を止めることが可能。これいいですよ。iaモードでも、うまく使えば個性的な作品を作れそうです。ダブルレンズでは、通常、ズームをセットしておけば、旅行などではたいがいokでしょう。2倍、4倍のデジタルズームもありますし、まあ、メニューが多すぎて、説明書を一度読んだぐらいではよくわかりません。お店で、「lumix gf photoレシピ」という小さな冊子をみかけたら、ぜひ手に入れておいたほうがいいです。これは10例ぐらいしかないですが(中にはマクロレンズが必要なものもあるのでけど)、とにかく「なにができるか」はわかります。そして、https://panasonic. Jp/dc/g_series/photo_recipe. Html こちらのウェブ版にはさらに多数の作例があります。ただし、手ぶれ補正機能は、限られたレンズ装着時のみで、通常はoffです。このあたりは好みもあるでしょうが、満点にはなりにくい部分かなと思います。あとpc用の専用ソフトがあるのですけれども、このダウンロードの時に、本体に刻印されている11ケタの英数字を入れなければなりません。この機体番号が見えにくくちょっと面倒でした。でも、使いやすいカメラです。. ■ どんなカメラ?マイクロフォーサーズを採用したミラーレス一眼の入門機です。操作はシンプルで、タッチafやタッチaeも対応しているので、これまでカメラではなくスマートフォンで撮影してきたと言う人にも違和感無く使えます。レンズは二本セットです。一本はいわゆる標準ズームの12-32mm(f3. 6)と、単焦点の25mm(f1. 7)です。キットレンズなりの描写力ではありますが、12-32mmは35mm換算だと24mm-64mmなので、わりと便利に使えます。単焦点はキットレンズながらも充分な明るさと、描写力を備えている実力派です。とてもよくボケるので、一眼デビューの方は恐らくとても感動する事でしょう。■ snsへの投稿にも最適このカメラが発売された時期にインスタグラム用の写真である【インスタ映え】という言葉がよく話題になっていました。gf90の描写はそういった流れを意識しているのか、出てくる写真は撮って出しの状態でも鮮やかで、メリハリのある作品です。撮影モードも多彩で、淡い色、より鮮やかな色など、様々な効果を楽しむ事が出来ます。wi-fi機能もあるので、撮影したその場で専用ソフトでスマートフォンへ転送し、手を加えずにそのままsnsへ投稿…という使い方も出来ます。一つ欲を言えばキットレンズはどちらもそれほど寄れないので、寄れるレンズを用意するか、もしくはレンズに装着できるクローズアップレンズを一つ購入しておいても良いかもしれません。多く撮影した場合でもusb給電(micro usb)に対応しているのでスマホ用のモバイルバッテリーからでも充電でき、余分なバッテリーなどを持つ必要がありません。■ gf9、gf10との比較まずgf90の先代であるgf9との比較ですが、実はほぼ変わりません。外観では指を引っ掛ける小さなグリップが加えられた事と、ホワイトのボディカラーが追加された事が相違点です。撮影に関するスペックも全く同じです。撮影に関する相違点は、自撮り機能が強化されている事のみです。自撮りは余りしないよ!という方は、価格的にこなれているgf9を検討するのもアリだと思います。gf10に関しては相違点はありません。同じ機種に別々の名前が与えられているので、もし購入時に同じ内容でgf90とgf10で価格差があれば安い方を購入すれば良いでしょう。■ 感想私は元々は中級~上位機種のカメラを使ってきました。今回、縁があって入門機を使わせて頂きましたが、驚くほど良かったです。afも充分な速度があり、操作性も良くも悪くもシンプルです。ファインダーが無いカメラが初めてでしたが、よく見えるモニターや、大きく確認できる水準器などのお陰で違和感無く撮影できました。キットレンズも充分にいい写真が撮れます。特に単焦点は秀逸で、撮影の条件が揃えばクラスを超えた写真が撮れる事もあります。恐らくターゲットはこれまでコンデジやスマートフォンで写真撮影を楽しんでいた方のステップアップだと思いますが、個人的には従来の一眼レフなどで持ち出すのが面倒だなと思っているような方にもお勧めしたいです。ミラーレスの入門機と侮ること無かれ、なかなかいい相棒になってくれる一台です。添付写真として標準ズームと単焦点の作例、手持ち夜景による写真を添付します。参考にして頂ければ幸いです。. 人生初の一眼カメラということで、カメラにはそれ程詳しくない素人のレビューです。今までは安物のデジカメやスマホで撮影するのが精々の人間がこの度一眼カメラを手に入れた訳ですが驚くほどに凄い。コンパクトで持ちやすく、それでいて使いやすく、素人が使うのに苦はありませんそれでいて驚く程に綺麗な一枚が撮影出来て、その迫力には驚くばかりです。お値段は少々高くはありますが、その価値は十分にありますし、使いやすさなどを考えれば下手なのを買うよりこれを買った方が良いと思います。オススメです。. マウントがマイクロフォーサーズの一眼カメラです。ずいぶん前に購入した同じくマイクロフォーサーズのオリンパスの一眼と比べて大きさはほぼ同じです。この一眼は液晶も綺麗で画像の再現性もかなりのものです。wi-fi接続も簡単でカメラの設定画面からwi-fi機能を選択しスマホのwi-fi画面でgf90-39a8dfを選択するだけです。その後事前に入れておいたpanasonic image appを起動すれば撮影した写真やカメラのシャッターのリモート操作もできるようになります。スマホに転送する際に写真サイズの変更も出来ます。アプリもとても使いやすいです。付属のレンズは標準的なレンズで特段高性能ではありませんが、普段の日常スナップや旅行先で撮影するには十分なレンズと言えます。マウントがマイクロフォーサーズですので同じマイクロフォーサーズ規格のオリンパスのレンズも使用出来ます。オートで撮影してもとても綺麗な写真が取れ、初心者の方でも十分満足出来ると思います。見た目も可愛く操作も簡単でとてもいいカメラです。. 説明書に従い、pcとのwi-fi接続の設定を行ったが、『検索中』→やり直しのループになった。パナソニックのサポートに問い合わせたところ、まず新規に共有フォルダを作成し、次にパソコンのユーザ名、コンピュータ名(macです)を半角英数に変更するように案内される。ユーザ名やコンピュータ名は(データのことやログインのことを考えると)簡単に変えられるものではなく、wi-fi接続はあきらめました。ちなみにipadでは簡単に繋がったので、pcとの接続だけがパナソニック独自ルールに縛られて手順が複雑になってます。デジカメではないですが、例えばjblのwi-fiスピーカーlink10は簡単に繋がったので、パナソニックのオペレータの『pcはセキュリティ上の理由で手順が複雑です』という説明も言い訳にしか聞こえなかった。これまでずっとパナソニックのデジカメを使ってきたが、今後は簡単に接続できる他社製品に切り替えようと思います。. 今までは同社のコンパクトデジカメdmc-tz7を使っていました。一眼は敷居が高いのかと思っていましたが、この機種を使ってみて撮影のしやすさ、画質の素晴らしさに感動しています。別途必要なのは4k動画対応のmicrosdカードくらいで、後は揃っています。バッテリーチャージャーが別売りでありますが、本体にusbケーブルを差し込めばそのまま充電出来ます。ただ旅行先で使った感じだと動画も撮影するようでしたら、予備のバッテリー&チャージャーはあったほうが良いかも知れません。使ってみた感想ですが、焦点の反応速度はキビキビして感動するレベルです。afに大体は任せて問題ありませんが、タッチパネルでピントを調整出来るので、ピントを合わせたい所に狙いを定めるのも楽でした。必要に応じて細かい設定は出来ますが、とりあえずiaモードで撮影すれば大抵は自動で判別してくれます。一眼の敷居の高さを感じさせない使いやすさはとても良いと思いました。撮影した写真の画質の良さも素晴らしく、ハイキングに行って撮影した野草の数々は毛先まで映っていて美しいです。最初レンズフードを付ける時に、最初から付いているデコレーションリングを外す時は結構力が必要でした。wifiを使ってタブレットやスマホに画像を転送し、googleフォトなどのクラウドにバックアップも出来る機能は、使えば使うほど便利に感じております。ミラーレスで本体サイズが嵩張らず本格的な撮影が何の気負いもなく出来る本機種はとても気に入りました。最近はスマホの写真画質も上がってきましたがやはり撮影したものを比較すると全然違います。旅先での貴重なワンシーンの欠かせない相棒になりました。. 昔、私が写真学校の学生だった頃、先生が撮りたいと思った時にカメラを持っていなければ意味が無い事を端的に言ったものだが、今やスマートフォンがその位置を占めている。しかし、もうちょっと自由度の高い写真を撮りたいと思った時にこのカメラは良いポジションにある。非常に小さなボディと、ライカ判換算で24mmから始まる収納時は非常に薄いのに手振れ補正まである標準ズームに明るい標準単レンズのセットは、写真を撮る人が考えた組み合わせだなと思わせる。gf9からのマイナーチェンジで目立つ変更点は外装にグリップが付いたことで、これの有無は結構安定感が違う。撮影に関しては自撮りをする場合の4kフォトモードに画角がクロップされない4k連写(広角)というモードが付いた。以前の4kフォトもそのままあるのはクロップされない代わりに秒間30コマではなく15コマになってしまうからだろう。しかし、広い画角は自撮りモード以外でも使いたい機能なので、ぜひファームウエアのアップデートで対応してほしい。4kでの撮影は連続撮影が5分に制限されているが、その制限以前に本体温度が上昇して電源が切れてしまった。熱の問題でどれだけ撮れるか読みにくいので4kでの撮影は1カット2~3分程度で納めないと現実的ではないだろう。他の制限としては4k以外の撮影ではmp4でmicrosdxcカードを使っていてもファイルが4gb毎に分けられてしまう。このカメラでそこまで長尺の撮影をする事は無いと思うし、fhd/28m/60pの20分制限でもちょうど4gbに収まるのだが、4kのmp4撮影ではファイルサイズの制限がないのでこの仕様は残念だ。動画のチェックで頻繁に充電する必要があった時に気になったのは、充電に使うmicrousb端子があるグリップサイドの蓋が扱いにくく壊してしまいそうな不安感を感じた。動画撮影などをメインにするならバッテリーの容量も少ないのでpanasonic バッテリーチャージャー ルミックス […]

Read More

富士フイルム Fujifilm ミラーレス一眼 X-E2 ズームレンズキット シルバー F X-E2s/1855kit : AFが動きものだけに弱いように書かれてますが

ここ3年ちょっとで60d、α65にα57、e-m5とe-pm2、g6、α7など使ってきましたもともと新しいモノに目がないってのもありますが普段持ち歩くのにあまり大きなカメラは望んでなくて、それでも出来る限りイイ画質を高望みしながらお財布と相談しながら買い足したり買い換えてきましたあちこちで評価の高い富士フィルムのxシリーズが以前から気になってたのでもうじき発売になるx-t1を気にしつつx-e2を購入防塵防滴やさらにブラッシュアップされたevf、チルト液晶などは勿論魅力的ですがお財布的にも発売直後に購入は無理なので…でも画像処理エンジンなんかはおそらくe2のものとほぼ同じじゃないかと思い大分価格がこなれてきたこちらを購入しました中古でかなり安く購入したxc16-50と合わせてみましたがかなり画質面での満足度は高いです何よりaps-cなのにフルサイズに迫るんじゃないかっていう高感度性能に感動します!バッテリーがレフ機みたいには保たないコトとか(でもって純正品は高い…)afの速さや精度、せっかくコンパクトなボディなのにレンズがちょっと大きめなコトは惜しいな〜なんて思うんだけれど画質が全てを気にならなくさせてくれますwifiも搭載してるんで撮った画像をすぐにスマホなどで見れるのはスゴく嬉しいですコツコツお小遣い貯めて単焦点レンズを揃えていこうと思います. ミラーレス機を選ぶなら無理してでも買う価値はあるのではないでしょうか?入門機では撮れなかった写真が撮れますwまぁ半分はレンズ次第ですが. 今までぶれた写真が多かった妻がこのボディに変えてからは写真が上手くなり夫要らずですw.  子供のことから(当然フィルム・カメラの時代から)何台かのカメラを使ってきて、それぞれに不満に思ってきたことが、このカメラではほぼ解消されている。 露出や被写界深度を見通しの良いファインダーで確認でできることが一番。それに、レンズ側に絞りリング、ボディー側にシャッター・スピード・ダイヤルと露出補正ダイヤルがあって、どんな時にも迷うことなく操作ができる(ニコンのdfがあんなに評判になるなら、このカメラだってもっと評価されていいと思います)。シャッター音も安っぽくなくて心地よい。画質の上品さは特筆に値する。なおかつ小さくて軽い。 パナソニックのg7にしようかと迷ったのですが、10年使っても飽きのこないのはx-e2だと判断しました。間違っていなかったと思います。ランキングなどで家電臭の抜けないg7よりも下位に置かれているのを目にすると、どうも不思議でなりません。レンズの選択肢が限られるという問題もあるかもしれませんが、それを補って余りある「味」がこのカメラにはあります。 贅沢を言えば、isoとフィルム・シミレーションにそれぞれ独立したダイアルがあれば、もっと嬉しいのだけれど。まぁ、isoの方はオートにしていることが多いので要らないのかもしれないけど、あれば、やっぱりその方がいいなぁ。. AFも早いし、非常にクリアなファインダー、アドバンスフィルターも使いやすく面白い解像度も十分で4切りに伸ばして鑑賞しています. 全部の機能は確認していませんが、大変状態の良い商品でした。ありがとうございます。. レンズに水吹きしたような跡があり、ズームキットも、ホコリがたくさんついていて返品させていただきました。楽しみにしていたのに残念でした。. Fujifilm ミラーレス一眼 X-E2 ズームレンズキット シルバー F X-E2s/1855kit モデル番号を入力してください これが適合するか確認: レンズキット:XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS メーカー型番:F X-E2S/1855KIT 本体とレンズもバージョンアップする事でフォーカス方面は完璧になります。また1/32000 の電子シャッターが有効になり絞り開放での世界が広がりングとなっております。x-t1を7-8万円台で買う感じ。. 若いころフィルムカメラを使っており、その後コンパクトカメラ、コンパクトデジタルカメラと何機種か継いできました。フジフイルムは、レンズがいいとの口コミでしたのでいろいろ迷ってこれにしました。サイズや使い勝手は非常によく、大満足です。また、思ったよりも小さい点も気に入りました。唯一の難は、レンズメーカー(シグマ等)のレンズが使えないことでしょうか(アダプターはあるようですが…)。各メーカーさんには、xマウント対応のレンズを作ってほしいと思います。. 本体カメラは綺麗な状態でしたが、レンズ鏡筒に一か所塗装が剥がれているくらいの深い打痕きずが有りました。. フジブランドが使いたくて購入した。しかし普段オリンパスの手振れ補正付を使っているので暗所ではつらい部分がある。しかしかっこいいし、オリに比べ絞り等ダイヤル調整できるのがいかにもカメラを操作している感じでとても良い。. 気になった点だけ書きます。操作性 afポイントがダイレクトに変更できない。バッテリー もたない。体験的にあっというまになくなる感じ。予備は必須。ホールド感 小さすぎて持ちにくい。軽いので手ぶれしやすい。最大の欠点はevfにある。5枚も撮ると目が痛くなる。(店頭で試したsonyのevf「機種問わず」ではこのようなことはない)1日で300枚も撮ると頭が重くなる。(店頭で試したx-t1は2枚で目が痛くなった)3日連続で計1600枚撮ったあと、1週間ほど頭痛が続いた。どうやら眼精疲労のようだ。明るさ調整は5段階で役に立たない。これさえなければ、非常に良いカメラ(キヤノン・ニコンより画は好き)なのに失明すると嫌なので手放すことにした。. Fujifilm ミラーレス一眼 X-E2 ズームレンズキット シルバー F X-E2s/1855kit : Fuji x-e2 レンズキット18mm~55mm付属です。フイルム一眼レフカメラで、絞り、シャッター速度設定のマニアル撮影最適。又、シャッター速度優先とか、絞り優先も簡単。フイルムシュミレーションも選択。フワインダーが有るから便利。写真は、55mmでストロボ撮影です。. Fujifilm x-t1を考えていたのですが、価格を考慮してx-e2にしました。操作性も良いですし、液晶画面も十分な綺麗さ。ファインダー内に液晶画面と同じように写されているので操作性も良好。afも十分に満足できる速度で、遅いとも感じません(個人差はあると思います)。. 以前のデジカメと違い色彩が非常によく鮮やかに表現されていると思います。風景、人物と様々撮っていますが画質がしまっている感じです。. K&sネットというところから送られてきました。新品未開封とありましたが、ファインダーは曇っており、レンズ鏡筒は汚れまくり。箱を開けた瞬間にほんたい、レンズのビニールを見て直ぐにわかりました。撮影した上で返品するかどうか考えますが、このようなところからは買うべきじゃないと改めて認識しました。展示品と書いてあれば納得しますが、新品未開封と書くからにはキチンと対応すべきで、詐欺ですね。システム上、星を付けざるを得ませんが、星0です。. 多くのネット等の情報から、動いているもののafは苦手だが風景等静止物の撮影では最高レベルの画質、との評価を得ていることから購入しました。ちなみにレンズはxf10-24です。一眼初心者の感想と思ってください。発色については非常に優秀でハイエンドクラスコンデジでWBやダイナミックレンジ等をどれだけ調整してもこの機種のフルオートに及びません。カラーシュミレーションのビビッドにしても、コンデジはメリハリのある色使いにはなってもケバイ感じの色になるのですが、この機種は自然で鮮やかな透き通ったような色を出します。色が赤っぽかったり青っぽかったりもせずクセやかたよりのない色合いです。また日陰での写真でも色があせたようにならず、見た目のイメージどおりのしっかりとした発色です。加えてawbはたいていの場面でオートで正確な色を出し、まず狂いません。ただ、afのレベルは完膚なきまでに低いです。まず動きものですがこれは多くの情報どおり基本使えません。(期待してなかったので個人的にはこれは問題ないのですが、水族館でゆっくり泳ぐエイを写しましたが、慣れてないこともありハイパフォーマンスモードで27枚中ジャスピンは0でした。)また木の葉や木目など細かくて輪郭があいまいなものに対するafはハイエンドコンデジ(rx100無印)に確実に劣り、精度以前にafができないことが普通にあります。唯一使える被写体は建物等の輪郭のくっきりしたもので、ピントを合わせた場所はパソコン等倍鑑賞に耐えます。ただこれはコンデジでもできますので当然でしょう。またマニュアルフォーカスも2つアシスト機能がありますが、あそびが大きくよほど習熟しないとafと同程度にしかなりませんのでafがあわない場面くらいしか使い物になりません。(新機能のaf+mfモードはアマチュアには無意味で、普段mfを普通に使い慣れていないとaf以上にはなりません。)画像編集ソフトを使えばまた別なのかもしれませんが、fujiの機種の最大の美点はjpegとって出しの色の美しさにあると思うので、それをすればfujiのカメラを買う意味がありません。定評のある高感度撮影は確かに強いのですが過度の期待は禁物です。画面全体の暗い部分の比率が多い被写体(暗闇の中で提灯等小さな光点が多数あるような)はrx100と変わりません。3脚等を使えばわかりませんが、そこまでの機材を持ち歩く体力があれば1眼レフでいいと思いますし。ただし建物など大きなものの全体がライトアップされているような画面全体の明るい部分の比率が多い夜景の被写体ならパソコン画面の通常鑑賞(等倍でなく画面大)には十分です。総論として、とにかく色については最高ですがそれ以外は凡庸で、価格も総合性能では高過ぎの印象しか受けません。画質がいいというより発色のいいカメラという印象ですので、画質に精細さ(解像度)を求めるなら対象外でしょう。(かなりの努力と覚悟をして技術をみがけばわかりませんが。)多くのレビューに添付されているファイルはせいぜいフルhd(200万画素)程度以下なのでアラは確認できませんが、素人が使った場合コンデジ程度のaf能力で解像度ですので、このカメラの評価は色のためだけに十数万円の価値をみいだせるかどうどうかで分かれると思います。ただ色・af精度なら同社のx-a2がごく微妙に色あいは違いますがほぼ同等で10万以上安いですし、α6000は色はイマイチですがafは精度・スピードともに別格です。xfレンズの価値もよほどカメラに造詣の深い人でなければまずわかりませんので。ファーム4適用後の感想です。先のレビューでオートフォーカスが完膚なきまでにダメとレビューしましたが、ファーム4. 0で激変しましたので評価を訂正します。動体に対するフォーカスは大して進化したようには思えませんが、静止物に対するフォーカス精度は大きく進化しました。「image comparison tool」のサイトを見ればわかりやすですが、x-pro2には届かないものの極めて近い領域に達しています。当方4kディスプレイ鑑賞が主体ですが、緩さを全く感じません。またまともに解像しなかった木の葉などに対する解像も確実にアップし、暗所での撮影にもけっこう耐えるようになり、ほぼ不満の無いレベルに達しました。いまだ桜の花のような淡い被写体は苦手なようで、20mも離れると花がポップコーン状態になりますがこれさえなくなればほぼ完ぺきでしょう。. 予想以上の色合い、さすがフィルムメーカーが作ったカメラですね。末永いつきあいになりそうです。. Fujifilmの刻印を上端ではなく前面に表示すべきだ。表示に必要な十分なスペースが存在する。made in japanの製造国表示も裏面の下部ではなく裏面上部か上端に施すべし。前面を見てもメーカー名が判らない、製造国表示を探さねばならぬ。レンズ交換カメラとしては、細部の仕上がりが貧相だ。営業会議で何を検討したのだ、と疑問を感じる。. 私は2年前に購入して、t1やt10等の新製品が出るたびにe2もボディ内ソフトウェアのバージョンアップが実施され、使い易くなりました。富士フィルムには、新機能を加えた時点でいたずらにモデルチェンジしている大手3社に比べて、二年前にデビュー後にもアフターフォローして、未熟だったカメラを熟成させて行く企業姿勢(顧客を大事にする)には感謝しています。t1も含め、お陰様でバージョンアップの度に胸が高鳴ります。最近、富士フィルムのxシリーズでpro2がデビューしました。そしてt2も今秋にはモデルチェンジするとか? それに、e2sも販売の噂があります。しかしながら、このe2sは数々のバージョンアップで二年前に比べて激変したe2のソフトを整理するためのカメラだと推測(e2sの外観写真から)します。機能的にはt1と同等になったe2です。安価の時(二年前は量販店でボディ価格が11,5万円していました)に購入し、購入後にソフトウェアのバージョンアップすれば良い訳です…今がチャンスですよ!. 富士フィルムのxシリーズから購入しようと検討した結果、e2に決めました。購入後、わずか3ケ月でx-t1が発売されたのがいささかショックですが、私のように趣味でスナップを撮影するタイプには取り回しがよくてちょうどいいのかなと思っています。フィルムカメラに親しんでいたものですから、フィルムシュミレーションモードはとても気に入っています。画質も、遜色ないのではと思うほどに。お値段以上にこれから使い倒していくつもりです。. 軽量で操作性に優れ、フルサイズ一眼レフにも迫る色の美しさ。fujifilmの思想が明確に反映されているカメラです。スナップショットをメインに使っていますが、三脚での風景写真もこなせる機種はなかなかありません。レンズバリエーションも充実する気配なので、xシリーズはこれからのカメラ業界の台風の目になる気がします。. X10を使い倒してfujifilmの色の素晴らしさを堪能して来たがaf性能や安定感はdslrに遠く及ばず旅行などではクソ重いnikon d700とx10の2台。xe3が出るのを待っていたが小さくなったもののフラッシュがないのにがっかり。スナップショットで人を写すのにはフラッシュが欲しい時があるが外付けを持ち歩くのは不便。xe2が市場にまだ新品があり8万円で買えるのでこちらを購入。ファームウェアアップでafも位相差でnikon d7100と同等のスピードがある。ローパスレスで解像度も1600万画素あり十分。カメラバッグでなく普通のカバンで持ち歩けるカメラとしては最高性能であると思う。.

Read More

オリンパス Olympus フラッシュ ミラーレス一眼用 Fl-Lm1 : 良く光ります

最近nikonから機材全般をolympusに入れ替えました。メインカメラのom-d e-m1との組み合わせですが、サイズ的に抜群のバランスだと思います。ガイドナンバーも普段使いには過不足の無い物です。om-dシリーズにはピッタリなストロボですね。オススメです。. 他のメーカーのを使ったことがないので比較できませんが、オリンパスの前モデルに比べると、ものすごくチャージ時間が短縮されています。. 純正のフラッシュだけあって多機能です。ストロボだけでなく定常光があるのでビデオでも使えます。. カメラ本体に対しては少し大きい感じである。. このクラスでは必要とされる機能がほとんどそろっており非常にバランスがとれています。軽くてコンパクト、バウンス時にキャッチライトが入れられるのも良いです。強いて言うとマニュアル設定等でボタンの反応がもう少し良いと最高です。. 商品の説明には照射角調整について書かれていなかったので、機能はないとあきらめていたが、焦点距離に合わせて照射角調整が出来ていた。om-dに合った大きさで比較的小型なのが良い。rc機能があり、e-5,e-m5,e-520,e-pm1と手持ちのどれでも活用できるところが気に入った。. Olympus フラッシュ ミラーレス一眼用 Fl-Lm1 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: フラッシュ FLLM1 オリンパス FL-LM1 エレクトロニックフラッシュ オリンパス PEN E-PL3/E-PM1同梱専用品のエレクトロニックフラッシュです。 対応機種:E-PL3/E-PM1 対応機種:E-PL3/E-PM1 Om-d e-m1で使用しました。チャージの時間が早くて使いやすかったです。. 中古のM-5がフラッシュが無かったので購入しました。新品同様でよく光ります。とても満足です。. 取り扱い説明書が不親切でafイルミネータが発光しないなど機種別の機能一覧が不明であり初期不良か正常なのかわからない。発光の制御 発光量は問題ないと感じます。. 電源を本体から供給されるので、小さく軽いです。オート設定で、きれいに撮れます。ただ、ガイドナンバーが小さいので、遠くは光量不足になります。スナップには最適です。. 純正なので、特に問題は有りません。ただ、ズームが動く音が聞こえるのは動いているのが分かるからいいのか、それとも、ねじに過負荷がかかっていて良くないのか分かりません。他でも1台買いましたが同じ音がします。. Olympus フラッシュ ミラーレス一眼用 Fl-Lm1 : Om-dに取り付けると見た目にも満足できますし勿論光量にも今のところ不満を感じていません。またエネループ単3型4本で使用しています。. デジアナ共用のストロボから、eシリーズ專用のストロボを待つこと?年。全体にスリム化も図れ、マイクロ4/3でもいける。高いかもしれないが、純正には純正の満足感。. どちらがoemか知りませんが、panasonicのgh2、3、4でもまるであしらえたように動作します。panasonic製のほうが高かったし在庫も貧弱だったので賭けでしたが買ってみたらあっさり動くので嬉しかったです。. 中古品なので安い事を承知して購入しましたが、外観に大きな傷も無く問題無く使用できました。ありがとうございました. 2016年1月購入。オリンパスに限らず panasonic lumixの43sにも使えよいスピードライトです。1点、電池カバーの付け根である蝶番の部分が非常に軟弱で、購入当初から取れてしまいます。自分の購入品だけかと思い ヨドバシで検証したところ 同じような症状が。プラ部品事態が柔らかく外れるため、購入8か月を過ぎた最近では、蓋自体がガタガタになってしましました。随分とチャチなつくり。オリンパスの上位機種とは思えません。改善を求めます。. パッケージから古いタイプであることが判明。でもE-PL7で使えました。. ルミックスに合わなかったけど、また機会があるかと保管中です。. 先日購入させていただきました。数枚撮影したら、突然うんともすんとも言わなくなりました。電池を入れ替えても電源すら入りません。可能でしたら返品もしくは交換していただきたいです。ご対応いただくことは可能でしょうか。. ボディーのプラスチックが少し欠けていてがっかり. ズームレンズキットにセットとして付属されていますが、小さい部品なので、もしもの紛失した時の予備として購入しました。. 専用ポーチが持ち運びにとても便利。あまり使う機会はないのですが、、、. 中古のオリンパス/ペンfのボディーのみ購入したのですが、フラッシュ無しだったので購入したのです…が、オリンパスの販売終了品のためにヨドバシカメラにも在庫がありませんでした。のでamazonで購入しました→間一髪で助かりました❗単3電池は充電式のエネループproを使用しています‼️. 中古でe-pl3を買ったのですがフラッシュが欠品しており購入しました。ガイドナンバーが小さくてあまり遠くまでフラッシュが届きませんが、とても小さく携帯するには便利です。. これは、お買い得!!!ちゃんとフラッシュ焚かれるので買ってよかった!!. 携帯に便利で、発光量も充分で使用していて不便は感じません。om-d e-m1のbodyを使用するなら、ストロボはこれがbestです. 別売りのフラッシュを初めて購入しましたが、撮影の幅が広がり重宝しています。屋外での逆光の撮影もイメージどおりに被写体に光を当てることが出来ます。また、屋内でもバウンス撮影で自然な感じの光を被写体に充てることが出来ます。他にも色々と機能があるようですが、おいおいと勉強して、撮影の幅を広げたいと思います。. 小型で、バッテリーも使用しないタイプ、角度もつけられていいと思います。. 本体以外にケースはないと困ると思っていましたがそれなりの外観で使用に耐えると感謝です。取説等は本社からのデータをダウンロードすれば十分に役立ちます。フィルム時代と違い発光テスト、画像の写り具合が即確認できるので安心です。よき時代なんだと実感した次第です。 使用頻度もさほど多くなくバッテリーは充電電池を使用しますので当分安心して使用出来ると思います。 .

Read More

キヤノン Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 レンズキット : EOS M から入れ替えで購入

 使い勝手さは、完璧とは、いえないですが、ほぼ満足しています。. 初代eos mからのアップグレードです。チルト液晶とwifiの便利さに脱帽です。. 単焦点レンズが欲しかったのでこのセットで買いました。とてもいいカメラだと思います。iphoneユーザーですが、アプリと連動させたwi-fi通信も簡単です。. 待望の第一子が誕生するため購入しました。可動するディスプレイがかなり重宝してます。avで主に使用するのですが、ピントが合うのがもっと早いといいかな。あとバッテリーは半日でなくなります。. 娘の部活用に購入しました。一緒に頼んだ単焦点レンズも同梱包されていたので助かりました。. 軽くて使いやすく、もっとはやくミラーレスにしておけばよかったと思います。商品もすぐに届きました。良いお店で良いお買い物ができたと思います。. Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 レンズキット(ホワイト) EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 EOSM3WH-1855ISSTMLK モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 標準ズームレンズ EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM 同梱品:バッテリーパック LP-E17(撮影可能時間約1時間35分)、バッテリーチャージャー LC-E17、インターフェースケーブル 約2420万画素の高画質CMOSセンサー Wi-Fi / NFC対応 結構軽くて、妻が気に入って使ってます。私も使ってみて気に入りました。. 入門用と購入しました。初心者でも使いやすくスマホとの画質は全然比べ物にならないほどの良さでした。. Eosーmから興味があったのですが、いまいちデザインであったり、性能面で購入に積極的になれませんでしたが、デザイン、性能ともに満足できるまで向上したことから、購入しました。オプションも気になり、レンズの購入もかんがえています。. 初めての一眼ですが、デジカメのように機能がある程度整理されていて使いやすいです。レンズもこれ2本である程度色々な写真を撮れます。. Afは信用できません。少しでも暗いと途端に合焦しなくなります。この商品の利点はアダプターを介してefレンズを純正として装着できる点で、持ち運びの際とても軽量コンパクトになります。センサーもapscなので、でてくる絵だけは中級機と変わりありません。動き物や暗いところでのスナップにはaf性能が不安なので、メインは風景という使い方がいいでしょう。ただし、マジックアワーや夜景の撮影にはmfでピントを合わせなければならず、三脚は必須となります。結論としては、割り切って使う分にはとても安くて良いカメラだが、総合的な性能を求めるなら入門一眼レフや他社のミラーレスを使った方が良いでしょう。このカメラで撮影した写真をアップロードしますので、ご参考までに. とてもいいカメラですが、画素が高い、きれい写すことができる。. 開封してみると本体にレンズにとシールを剥がした後ののりがそのまま残っててかなりべたついてます。レンズの方も指紋のような汚れがありました。. 白色のカメラでコンパクトで質もよく取れていい商品です!旦那さんがしばらくカメラで楽しみ見すぎていました。カメラを買ってあげたらカメラに夢中で困りました。とにかく気に入る商品です。ストラップも可愛いですし、レンズもかっこういいです。. 最高です。コンパクトで持ち運びも便利そして、何よりも撮った写真をその場ですぐにスマホに送れる事が良い(*^_^*)スマホで写真を撮らなくなりますよ( ̄^ ̄)ゞ. 元々使っていたx8iが、妻が重いとのこと。さらにサブで二台持ちで撮影楽しみたいなーと、お手頃なm3の中古をマーケットプレイスで購入!箱はレンズキットのつもりが、ダブルレンズキットの箱だったので、ビックリでしたが、予備バッテリーもついてお買い得!使い勝手もチルト液晶ということで、バリアングルに慣れている自分からすると、不便なこともあるかもですが、慣れの問題でしょうね。あくまでもサブ機ということで割り切っています。af速度もそんなに遅いとは思わず、純正マウントアダプターを使用して、efレンズも試してみましたが、もちろん全く問題なし!手軽に持ち出すのには、ミラーレスいいですね!両方使いこなせるように、たくさん使いたいと思います。. 従来持っていた一眼レフの他にもっと手軽に持ち出せる小型のミラーレスを探していましたが、ちょうどcanonがキャンペーンをはっていましたので、これに乗る事にしました。まだ機能を確かめながらの手探り状態ですが、色々楽しめそうです。丁度amazonでも期間限定の割引があり、価格的にも大変満足しています。. ちゃんとした写真が撮れるのは期待通りでしたが、まー持ち歩きやすいです。首から下げてても、鳩尾を強打してえずくこともなく、重宝しています。. かっこいいし、写真加工ソフトも抜群、持ちやすく、旅行に最適おすすめ。. コンパクトで軽くて一眼レフの画質なのが良いですね。キヤノンの純正のレンズもすべて揃えましたが、レンズもコンパクトや軽さを失わないよう設計されており画質も大変満足です。【55-200】不満点はチルト液晶で通常時しっかりとホールドしてほしかった。撮ってるとき液晶がズレることはないけど、不安感はあります。. M2からの買い換えです。【デザイン】チルト液晶とグリップがついたため、ボディの奥行きはかなり厚くなっています。モードダイアルと露出補正ダイヤルが上部について、とても便利になりました。 モードダイアルは少し固いです。ポップアップ式のストロボは、作りは華奢ですが、あるとないとでは利便性が全然違います。質感はとても高いと思います。【操作性】タッチパネル、wi-fi、最新の機能がよくまとまっていると思います。 ただ、各種設定変更の動作はレフ機と比較すると少し遅いと思います。【画質】m2と比較するとかなりよくなりました。フラッシュをたいても白トビがかなり減っています。階調面でも伸びが改善されていると思います。18-55mmisstmレンズも手ブレ補正がよく効き、顔認識afでもまつ毛にバリピンがきます。ただし、肝心のafですが、他の方も指摘されているように、m2と比較して速くはなっていますが、エントリークラスのレフ機と比較すると、まだまだ遅いと思います。【総評】一番ひっかかるのは、af合焦速度とリレーズタイムラグです。。コントラストの淡い被写体とか(果物とか花びらとか)、結構迷います。ミラーレスの場合どうしても、ブラックアウトとか像喪失時間が発生します。また、大きさの点でもチルト液晶、グリップがつくと、kissx7とかd5500とかと比較するとアドバンテージはだいぶ縮まってきているのではないかと思います。とくにレンズはm3はaps-cサイズなので、どのみちレンズの径は今以上は小さくできないですよね。だから携帯性においては、m3のその差を評価できるかどうかは、個人差があると思います。なので、af速度など、気になる方は是非店頭で手にとって確認してみることをおすすめします。. ミラーレスは通常の一眼に比べ抵抗があったのですが、想像以上でした。レンズのシリーズがもう少し多いとベターですね。. 一眼レフを超える高画質、優れた携帯性、使い易い操作性と、全てが高水準。画質はフルサイズには劣るかもしれないが、良いカメラでも持ち歩かねば宝の持ち腐れ。性能的にはプロでも無い限りメインでも全然使える。. 小さくて、ホワイトのボディも可愛いし、ちゃんと撮れて値段もお手頃でいいですね!本当はファインダーのセットのキットが欲しかったけど無かったので、またお金に余裕ができたら個別で買います!canonは人を撮るのに向いてるよ〜と勧められて選びましたが正解でした!. コンデジからのグレードアップです。canonのフイルム一眼のレンズをアダプターを使えば良いと云うことでsonyと迷いましたがこちらに決めました。左手が不自由ですが軽いので問題なく使えて満足しています。チルド式デスプレイが特に気に入っています。. 今まで使っていたデジカメが古くなったので思い切って買いました。画像、使いやすさ、等々すべてにおいてすごいです。写真を取るのが好きになりそうです。. 大変気にいっています思った以上に機能、解像度が凄い、長く使用するつもりです。. 元々キャノンが好きだったので、即買いました。撮れ高が非常にいい!ただ、買って一週間後1万近い安くなったことが悔しいです。. 一眼デジが重たく感じるようになり出先で邪魔に思うようになってきたので、ミラーレスカメラの購入に至りました。ネットで確認するとピント合わせが遅いとか、重たいとか、いろいろ指摘されていたんですが・・・。実際使ってみると、ピントの合わせの速度は気になりませんでした。普通に使うにはこれで十分だと思います。操作は簡単ですが、自分好みに設定する場合は面倒臭いですね(私がズボラなだけかも)。重量はコンデジに比べると、それなりに重くて本体のサイズも大きくなります(男性の方には問題ないかもしれません)。総合的には、一眼デジよりはるかに使い勝手が良いので良い買い物をしたと思います。初めてデジカメを購入される方でも、ちょっとカメラを持ってお出かけっていうときには、有りだと思います。. […]

Read More

富士フイルム FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2 : 撮る楽しさを堪能できるカメラ

フジのx-t1とx-t10を使っています。新フイルムシミュレーションのアクロスが追加されたというので、x-pro2を購入しました。アクロスはとてもいいですね。描写の繊細さと感度を上げたときの粒状感はモノクロフイルムのようです。フジ入魂のovf/evfのハイブリットファインダーについて。evfはx-t1のevfのように極端にコントラストが高いようなことがなく、かなり見やすくなっている印象です。困っているのは視度調整ダイヤルにロックがないことですね。カメラバックの出し入れの際や本体が体に擦れて、調整ダイヤルは簡単に回ってしまうので仕方なくテープで固定しました。ovfに新搭載された電子式レンジファインダーは、私の視力では使い切れませんでした。ovfの隅っこに、小さく小さく表示されるevfではピントの確認がほとんどできません。私はevfメインでovfはオマケ程度に思っていたので、この点について不満はありませんが、もしovfメインで使うならばぜひ手にとって実機を確認されることをお勧めします。. 欲しくて堪らんのがヤット手入り!いじくり回しています。手で握った感じが最高にイイ!20年前に使ってたコンタックスg1感じを思い出しました。. 露出補正ダイヤルが不用意によく動きます。ovfでのafは、自分が測りたいところと実際に測られる部分にパララックスの関係でずれが出ます。前者はcポジションに入れてフロントダイヤルで露出補正することで解決します。後者は致し方ないので、私の場合、被写界深度が浅い場合はmfにしてafロックボタンを使うことでいくぶん解決しています。afロックボタンが押しにくいですが。素直にevfに切り替えるのがいいかもしれません。他に欠点らしき欠点はありません。5点にしましたが、4. 6くらいが本当です。fujifilmの最高級機はx-t1であって、x-pro2ではありません。最高級機としては余りに癖が強いからです。その点は分かって買えばかえって楽しみにできるものです。. 初めてカメラで発売前に予約までして購入しました。子供が生まれてから初めて写真を始めて、2年が経ちました。ソニーのカメラから始めて、依頼x100、gr、x-t1、x100t、x-pro2とカメラを使ってきて、結果的には富士フイルムのヘビーユーザーで、これまで幾つか賞も頂きました。なるべく「カメラ好き」にならず「写真好き」でありたいと思いながら、どうしても本当に気にいる道具が見つからないと思っていたところに、このx-pro2は明らかにこれまてのカメラとは格が違います。他のカメラはある意味替えがきくと思いますが、これ一台だけは替えがきかず、本気で2台目も買おうかと思ってるくらい気に入ってます。私の被写体は子供、ストリートスナップから風景、ポートレートまでかなり幅があります。一方でオートフォーカスの速さはx-t1より上であればそこまでカメラ自体に求めてませんし、操作性も気に入ったカメラであれば慣れが大きく左右しますので、あまりこだわってません。(その上で、慣れた今ではこの機種は今までで一番使いやすいです。必要な機能の起動には最低ボタン押下2回以内ではなんとかできます。my settingを保存しておける機能と、自分でfnボタンをアサインしてカスタマイズできるので、よほどカメラの性能を隅々まで使いまくってる人以外は十分道具として使い倒せるだけのポテンシャルがあると思います。その点ではx-t1やx100tでもう利便性は満足でした。)では何がこのカメラの格が違うかというと、①drがこれまでのxシリーズのものとは根本的に違う。②それ故にモノクロのフイルムシミュレーションacrossが本当にスゴい。③同じくフイルムシミュレーションclassic chromeの表現の幅が広がった。(シャドウに更に細かい階調がついた。)④velviaが従来だとすぐ色が飽和してしまっていたところが、かなり細かい色描写が得意になった。⑤画素数アップで解像感がかなり上がった。建築物の写真を撮った時にはかなり顕著に出る。⑥持っていて、眺めて、構えて、このボディのデザインが本当に好き。x100tの方が単体ではオシャレに見えるんですが、カメラを構えた時にはx-pro2の方が見栄えします。写りこそxf35mm f1. 4が一番好きなんですが、つい見た目がカッコいいので普段はxf35mm f2. 0が付けっ放しです。普段スーツでいる時間が多い自分にとって見た目はものすごく大事で、ダサかったり大きいカメラはどんなにいい写りをしたとしてと持ち歩けないので意味がなく、見た目がカッコいいカメラはそれだけで日々使われることになるので大事です。⑦同様に、x-t1の方がサイズはpro2より小さかったんですが、「さぁ撮ります」とばかりに目立つようで、周りから「デカイの持ち歩いてるねー」と言われることが多かったです。一方でx-pro2は「小さくてオシャレ!」と言われることが多く(今までよりデカイんですが)、目立ちません。人を撮る時にはこれって大事で、撮られてることを意識させない見た目は、子供の写真で撮れるものも全然変わります。レンジファインダースタイルのカメラが一番プレッシャーかけないで済むんだなって実感しました。⑧x100tは本当に素晴らしいカメラなんですが、ファインダー内に埃が入りやすいところと、防滴仕様じゃないところが唯一の泣き所でした。その点、防塵防滴仕様のpro2はいつでもクリアなファインダーを維持できるので、気持ちいいです。塗装が少し剥がれても、それが味になるとすら思えるくらい、道具として美しく、タフな作りになっていて安心できます。と、いうことで、このx-pro2は初めて「理想のカメラ探しはこれで終わりかな」って思わせてくれる素晴らしい一台でした。. X-t20から乗り換えましたが、値段は落ちたものの金額は高いです!ですが、やはり購入してよかったです^^. 購入後2年ほど使いました。ルックスも良く、頑丈。一眼レフを仕舞い込んだままだった私ですが、x-pro2なら気兼ねなく外に持ち出せます。jpegで気軽に撮っても、レンズとセンサーの性能、フィルムシミュレーションで満足度が高い写真残せまるのも嬉しいポイント。手ぶれ補正や、チルト液晶のような便利な機能がないので、純粋にスナップ写真を撮るカメラとしておすすめです。. FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 有効画素数:2430万画素 撮像素子:APS-C 画面サイズ:3インチ 連続撮影速度(コマ秒):8 シャッタースピード:1/8000秒 最低/最高撮影感度 (拡張感度)、ISO 200~12800 付属機能、特徴: フルハイビジョン動画、顔認識機能 ました。私は仕事で写真撮影をします。カメラが重いと取り出しやセッティングに時間がかかったり、様々な角度でカメラを構える事が出来ないですが、x-pro2は程よい重さとシャッターフィーリングが心地よく、作品創りを邪魔しません。アンティークなデザインですが、使い勝手は古臭くなく、非常に深く考えて造られています。とてもお勧め出来る一台です。. 銀塩一眼レフからコンデジ、nikonデジタル一眼、fujifilm x20と変遷して、カメラ趣味の一種の到達点としてx-pro2にたどり着いた感じです。デジタルカメラに対してスペックや撮影の機動性・速写性を求めているのなら、x-pro2より優れた機種が数多あります。モノとしての出来の良さ、シャッター切る行為そのものが楽しくなる「デジタル写真機」です。【fujifilmの色】フイルム屋の矜持ともいうべきフィルムシミュレーション。acrosの銀塩っぽい階調性の素晴らしさ。クラシッククロームが紡ぎだす画は、日常の風景に物語が生まれるかのような画です。【黒半ツヤの塗装】他の人から見ればただの黒い、目立たない外観。でもそれがいい。黒半ツヤの塗装はたいへん歩留まりの悪い塗装なのだそうです。マグネシウム素地の状態が良くないと塗装が上手く乗らない。そんな貴重な仕上げをx-pro2に施してあるのは、単なるカメラを超えた、モノとしての出来の良さや道具としての完成度の高さを物語ます。たぶん限定生産のグラファイトの方が、半ツヤよりも歩留まりは良いはずです。(特設サイトではグラファイト系の塗装が「貴重」ではなく「高級」であると説明されている。)【レンジファインダー】ファインダーを覗き、シャッター切るという一連の行為がいつも楽しい、そんなデジタルカメラはそうはないのではないでしょうか。凝ったファインダーと小気味好いシャッター音が日常の景色を切り取る「楽しさ」を教えてくれます。. 一眼レフや類似のミラーレスからカメラを始めた人は、良さがさっぱり理解出来ないかもしれません。20万円も出してまで、と懸念さえ感じるかもしれません。それくらい、このカメラはあらゆる点で、他のカメラと一線を画しています。それが分かると、これほど楽しいカメラはありません。光学ファインダーと電子ファインダーを的確に使い分けていく楽しさ。とことんカスタマイズをして自分の操作をカメラに刻んでいく楽しさ。多彩なフィルムシミュレーションで自分のイメージを表現する楽しさ。気持ちの良いシャッター音。更に、カメラから出てくる絵は破格の美しさです。私はx-e2からの買い増しですが、e-2とは空間の奥行きが別格。正直、ここまで進化したかと驚愕しました。fujifilmでは、proシリーズとx-tシリーズの二つをフラッグシップ位置付けるのも頷けます。このカメラは、すぐにパチパチ撮って楽しいカメラではなく、じっくりと付き合って、お互いを理解していくようなカメラだと思います。そして、きっと最高の相棒になるという期待をフツフツと感じさせてくれる名機です。. 本体は申し分なく期待通りの商品で非常に気に入って使用しています。ただ取説がついていないという条件は承知の上で購入したが取り扱いを習得するまで時間を要した。. そろそろモデルチェンジが近いとの噂もありますが、一度お店で手にして、もう欲しくてたまらず、ついには中古で手にいれました。外見第一で購入したのは20年前のペンタ64以来です。商品説明のとおり新品なみに程度もよくていい買い物しました。本当にかっこいい!子供みたいですが、それ重要です自分には。それだけで持ち出す回数が増えます。次にこのカメラの気に入っているところはシャッターですシャッターを切る感じが他の高級一眼レフよりメカ的で気に入ってます。音もいいです。ただシャッターボタン自体がちょっとぐらつくのは少々気になりますが押したときの感触があまりにいいのでそこは無視します。新品のレンズ(kf35mmf1. 4r)と合わせて購入しましたが、前評判どおいの素晴らしい絵を見せてくれます。昔使っていたベルビアの色気は特に入ってます。確かに色の補正とかしなくても好みの画像出しやすいです。それと、このカメラやはりそのフォルムですよね。本当にかっこいい、子供のような表現ですが自分にはこれが一番。あと、シャッターの感触です。いつもデスクの前において鑑賞してます。持つ喜びが大きいです。画質が手に入ったという感じです。自分的には星5ですが、高価なカメラとしては、手ブレなどの機能が遅れているし、まだ使えてない機能をチェックしていないので評価としてはこんな感じにしておきます。1,2枚めの写真は追加で購入のオプション装着してます。これもかっこいいんですよ~. まさに唯一無二レンジファインダーとも言えます。持ってるだけで満足できるカメラです。もちろん撮影に関しても天下一品。フィルムメーカーであるフジだからできるフィルムシュミレーションと色再現は最高です。. 4年前にオリンパスのタフを買ったのが始まり。そこからしばらくして、カメラを必要とする仕事(若者と行う活動)についたので、d3200を買い使い始め、xz-2→eosm→k30→d7100→シグマdp2merill→f100(なぜ?)→d750と変遷し(一部はまだ所有中)、このxpro2が良いらしい!と最近評判を聞き、購入。いや、評判通りで画質と表現力が素晴らしいです!stdも充分ですが、acrossが雰囲気出まくりです。(レンズは35mm/f2)フィルムの雰囲気って、なかなか一眼レフでは出せません。merillは、良い画質を生みますが、isoが限定されてしまい、使いづらい……。一眼レフは、重くていつもは持ち歩きにくい。その分、xpro2は問題なく、かつ軽量で気軽に使えます。しばらく、モノクロに没頭する日々が続きそうです。xpro2の出来ならaps-cでも十分。勝負時はd750、サブというか常用はxpro2で充実したカメラライフが送れそうです。. Canonから乗り換えです。eos 7dを使っていましたが、重さがネックで全然持ち歩くこともせず宝の持ち腐れ。最初はkiss mあたりに乗り換えようかと思ったのですが形が気に入らず、色々探してるうちに、x-pro2を見つけました。選んだ理由は形と光学ファインダーです。1つ目、形はフィルムカメラみたいな形がいいと思っていて、富士フィルム、lumixあたりに目をつけていました。2つ目、身内がsonyのミラーレス機を使っていて触ったことがあるのですが、ミラーレス機の問題点は何と言っても、モニターの描画。月を撮ろうとしてsony機で奮闘してましたが、露出補正などで色々弄らないとモニターに映らないんですよ。もともと7dを使っているので、ファインダーを覗き、月にカメラを向けるだけでミラー越しに見えるのが当たり前だと思っていました。それで普通のミラーレス機はめんどくさいんだろうなぁっていう印象に。それを打開してくれるカメラを探していたら、たまたま光学ファインダー搭載して偽leicaとの異名を持つx-pro2を発見。学生ゆえお金がなく中古ですが、購入に踏み切りました。画質は申し分なしです。色合いは好み分かれるので、実際にみなさんの作品を見て検討することをお勧めします。買ってよかったことは、撮った時の色合いとシャッター音の気持ち良さです。canon、nikonあたりのカメラは色をそのまま表現してくれて記録写真みたいな色なんですが、癖も何もなくてなんか物足りなさあったんです。それを最初っからx-pro2は満たしてくれました。シャッター音は、本物のフィルムのように気持ちいい音はしませんが、全然満足のゆく響きで最高です。. 露出補正やマニュアルオーカスなど、アナログ感覚、すなわちダイヤル操作でかんたんにできるのがよい。写真の上がりの昔のポジフィルムのような感覚だ。あらゆる条件で、自分の意とした写真が撮れるものと思う。長く付き合っていきたいカメラである。. ※今回、出品者namcostarsさんより「ほぼ新品」という「新品未使用品」を購入できて幸運でした。出荷も迅速で、かつ梱包も精密機械を運搬するに相応しい荷姿がとられていました。とても優れた出品者だと思うので、ここでも記したいと思います。 さて、レビューに移りたいと思います。つい最近、kipon handevision ibelux 40㎜f 0. 85を購入しました。これで撮りたいものなどありません。興味本意で購入したものです。ところが購入して時間がたつにつれて、ibelux の作り込みの素晴らしさに畏怖と尊敬の念すら感じるようになりました。所有し装着していたx – e 1が役不足だとは思ってはいませんが、ibelux に応えるために現在の私が用意できる最高のカメラを購入することにしました。それがfujifilm x – […]

Read More

リコー Pentax ミラーレス一眼 Q-S1 ズームレンズキット [標準ズーム 02 Standard Zoom] ゴールド 06239 : 軽さと小ささは武器です

妊娠を機に買いました。大きいカメラは初心者には向かないと聞き、初心者でも扱いやすいタイプをと思い、選びました。日々の写真は携帯で撮ってますが、外出先での写真はこのカメラで撮っています。まだまだ勉強中ですが、扱いやすいので気に入っています。. コスパ最高です コンパクトで使いやすいです そして軽量です. 値段が安い割には本格的なカメラです。デザインも気に入ってます。. Amazonセールでお安く購入出来たので、今までデジカメを使っていたのでそれがかなり古くなったので買い替えです。一眼は初めてなのでこれから練習です。それにしてもかなり時間がかかりました。. やはりカメラですね。夜景の撮影などを行うとiphoneとは比べ物にならないくらい綺麗に撮れます。また、詳細な設定変更もできるので、カメラを始めたい方などにオススメです。. 全くの新品を箱破れという理由だけでお得にゲットできました。搭載されている機能は、q7とほぼ変わらないようですが、この白づくしの外観がとても気に入り、カメラを持ち歩く私は、お洋服とのコーディネートも大切な要素なので、購入しました。. Canonのeosを使っていますが、大きくて重くて機動性に欠けることから安くなっていたこれを買ってみました。想像以上に小さくてビックリ。これに単焦点レンズを組合せれば本当にコンパクトデジカメ並です。見た目や触った感じの質感も高く、機能や画質も必要十分です。. セールで購入したので、届くまでにかなり時間がかかったのが残念でしたが、商品自体は満足しています。ミラーレス一眼でこんなにコンパクトなサイズは旅行にもピッタリだし、普段持ち歩いても邪魔になりません。このコンパクトさがまた可愛い♪これから毎日持ち歩いてバシバシ撮りたいと思います。. 新品と思い購入しました、しかし箱はボロボロの開封済みでボディも開封されてましたが、使用感は有りませんのでデットストック品かと思われます。この品はメーカーにも量販店にも在庫が無いので新品保証を思うと「めっけもん」かもしれませんね、あとは中古品しか無いのですから文句も言えないかも。1/11の金曜に注文し翌日土曜日に商品説明を見ると何と値下がりしているでは無いか. . 残念でした、レンズ買えたのに、残り1台に惑わされてはイカンのだ. このサイズ有難い、コンデジ以下のサイズでごきげんな写真が撮れる、何時でも持ち歩きたいミラーレス一眼ですダブルズームでカバー出来るけど標準レンズも欲しくなりますね(フィッシュアイと広角は後で購入しました). 液晶には目立ち過ぎる傷、cdが付属してない、商品説明で説明なし。. 超小型軽量の一眼ミラーレスデジカメ、ペンタックスq-s1。毎日通勤鞄に入れて持ち歩いても重さと体積が苦になりません。レンズも標準ズームと望遠ズームのセットですべて事足ります。望遠ズームの望遠端は35mm版換算で200mm相当ですので、かなりのアップ撮影ができます。カメラ本体の機能の多さも特筆で、とくにペンタックス独自の「雅」カラーのきれいさは素晴らしいと思います。シャッター音のボリュームが調整でき、消音もできます。. 画質云々じゃなくて、いろんな設定が瞬時に変えられる、使う人が楽しいカメラ。qからの買い替えです。大きさ、デザインも、質感も素晴らしい。レンズは01が一番使いやすくて楽しいかな。. 金額といい、カメラのサイズといい、申し分ございません。しかも、赤というボディカラーが非常に私らしくて良いと思います。. レンズも廃盤になると噂のシリーズですが逆に買い時ともいえます。黒を買ったのですがどうせなら変わった色を買ったほうが良かったかもと思っています。レンズはこれ以上増えそうに無いですがコンバージョンレンズを使えば運動会等何とかなるでしょう。そもそもメインカメラにする人がどれだけいるか、、、メインにするひとはアダプタレンズでもokだと思います。. 全くの初心者なので、機能とかよりも一目惚れした このカメラにしました♩片手サイズで大きさも丁度いいです。右上にあるフラッシュが飛び出してくる遊び心がなんとも可愛いカメラ( *ˊᵕˋ)これからカメラのこと勉強していきます♩. 箱を開けた瞬間、少し小さすぎるかと思いましたが、手に取って撮影をするとベストの大きさであることがわかりました。操作性も良く、多くのカメラを使ってきましたが、毎日持ち歩くカメラとしての地位となっています。. 見た目で決めたので機能については勉強中です。楽しいですしとにかく可愛くて軽い、小さい。たくさんお出かけしたいです。. 忙しくて中々、開梱出来なくて。。。思った通りの手のひらサイズ。まだ、バッテリー充電中なので未使用。使用後のレビューも次回載せます。保証書に販売店名と購入日の記入をお願いします。手続きの方法を教えてください。. 中古品ですが、新品同様でした。カメラとしてはコンデジのミラーレス版という事ですが、写りが良いです。nikon1v3も持っていますが、こちらはローパスフィルターが効きすぎていて精細感に欠けています。q-s1はローパスの効きが弱い為精細度が高く、またノイズもその割に少ない方だと思います。直焦点で木星の写真撮影に使っています。. 手のひらサイズの高級ミラーレスカメラ、と呼んでもいい傑作です。かつてのauto110も使っていましたが、それがデジタルとしてこの時代に帰って来てくれました。レトロなデザイン、マグネシウム合金のしっかりボディ、しかも条件が合えばすぐれた絵を創ります。標準ズーム、ワイドやフィッシュアイなど単焦点レンズもそろっていてカメラ好きには格好のおもちゃです。後継機が出ないのがまことに残念です。. スマホで撮影できる画質とは違うものを撮りたいと考えていた時に格安で購入しました。予備バッテリーとともに購入。その後レンズも2種買い足しましたがコスパ高いです!. カメラ初心者の僕にはぴったりの性能と価格だと思い、買ってみました。ケータイなんか良いよっぽどいい雰囲気でとれます。. 2016年10月のamazonのタイムセールで安かったのでダブルズームキットを買いました。既にディスコンの話が出ていたのですが、お金を掛けずにマニュアルフォーカスできるカメラが欲しかったので、1/2. 3型センサーのコンデジしか持っていなかった私にとっては充分でした(サイズは私が持ってるコンデジより本体は小さいです)。レンズは、01、04、08、kマウントアダプター+タムロンの70-300mmを買い足しました。確かにセンサーは小さいですが、レンズも含めて軽い。qマウントレンズはいつも全部持ち歩きです。小さいカメラバッグに、レンズと財布もスマホもセットで入ります。また、レンズはマイクロフォーサーズのように高価でもありません。小さいのでレンズの交換が素早く、本格的な一眼をお持ちの方々がレンズ交換を躊躇するようなときでも、ガンガン交換して撮り比べできます。レンズ交換できるカメラの楽しさを教えてくれました。pentax特有(なのかな?)の「クイックシフトフォーカス」というオートフォーカス状態からすぐにマニュアルフォーカスで微調整できる機能が、qマウントの高性能レンズで機能します。こいつは特筆ものです。ちょっと後ピン、前ピンなんかにしたいときに重宝します。また、ボディ内raw現像もできるので、子どもは楽しいといじくり倒しています(私はもっぱらpcで現像してますが)。液晶にタッチ機能はありませんが、ボタンで操作できるので不便を感じません。ただ、液晶がしょぼく、拡大機能はあるのですが、画質がデジタルでの拡大なので、画像が悪い状態で拡大されてもあまりうれしくないです。気に入らないとしたら、ここくらいでしょうかね。後付けでもevfが欲しかったなぁ、と思います。q-s1では望遠性能不足で子どもの運動会では辛いので、pentaxの一眼レフを買い足しましたが、2018年5月現在でも普段持ちはq-s1です。. しっかりとした造りで持ち重りもあり、手ぶれも減りました。デザイン良く、これが欲しかった逸品。. 説明に美品とありましたが、仕様感がなく、新品同様でした。とてもお得意な買い物が出来ました。. 買って1年と少し経ちました、買った理由は単純に安く一眼を始めれるから、というような理由でしたが、今ではこれを買って良かったと思ってます。3つほど良かった点を挙げると、全体的に小さく、持ち運びに便利なので旅行の際邪魔になりづらいです。付け替えレンズが安い割に本格的で、一眼レフの楽しさをお手軽に楽しめます。スペックはスマホやコンデジに毛が生えた程度ですが、レンズの大きさ=光が多く入る為、夜や室内などでもちゃんと撮れます。同じくらいの位置から撮った2枚を貼っておきます、左はiphonese、右はq-s1に広角レンズを着けてオートで撮りました。シャッタースピードが違うのもありますが、同じ撮って出しでもかなり違います。大きいカメラは持ちたくないけど、一眼始めたい!という方には適するのではないでしょうか。欠点をあげるなら、電池の持ちが悪いのと、後ろの液晶が近年のと比べると荒い、afに癖があること、そしてこのqマウントはもう新しいレンズやパーツは出ないだろう、という事か。canonやnikonのように優秀な子ではないので、ある程度練度を上げなければ良い絵は取れないが、逆にがんばって絵作りしている感が、なんだか楽しく思えてくる、このカメラはそんなカメラ。. ずっとコンデジを使ってきましたが、娘と一緒にミラーレスを楽しみたいと思い購入しました。去年の一時期、確か22000円でこのセットが売られていたように思いますが、その頃はまだカメラの相場がのことが分かっておらず、安いものだと眺めているだけでしたが娘にキャノンのミラーレスを買ってやったら自分も欲しくなりましたが、キャノンは高くて手が出ないのでこのカメラにしようと思ったら値段が上がっており手が出せないでいましたが、セールでやっと手に入れることができました。センサーサイズが小さいとか液晶が今一とかカメラに詳しい方なら気になるのかも知れませんが、私のレベルでは十分に機能に感動しながら写真を学べてあり難いです。感動を切り取れるポートレートが写せるようになりたいと思っております。. 小さくて軽いミラーレス。テーブルフォト等のちょっと撮る用にサブ機として購入しましたが、ふと思い立って登山に持って行きました。山の写真はいつもペンタックスの一眼レフ使用している登山者です。まず、軽い。圧倒的な軽さは正義です。画質はまあまあ納得。lrにて現像を行なっています。ただ、液晶画面が屋外では非常に見づらい、本体が小さいためボタン類も小さく、登山用手袋をたびたび外して素手で操作を行う必要がありました。操作面では使い慣れた一眼レフには及ばない点がありますが、荷物を軽量化したいときにはこのミラーレスを持っていくなど、うまく使い分けたいなと思います。使用レンズは02スタンダードズームです。. もうq関連の後継機が出て来なさそうな雰囲気もして来ていたので、今しか買い時がないだろうと思い今回q-s1のガンメタルカラーを購入させて頂きました。ミラーレス機の中では、センサーサイズが小さいとの事で。あまり画質には過度な期待はしておらず。その小ささと、格好の良い洒落たデザインに惹かれて購入を決断しました。が、割と(失礼)良い写真が撮れるので。軽量かつ、どこにでも持ち運べてこれだけ写るのなら。出先に持って行くなどの用途の範囲では大変重宝し、満足です。色々な事情を考えれば、出なさそうな気はしますが…。ricohさんには今後もqシリーズの新作を造って欲しいなぁと。そんな風に思わせる機体でした。購入させて頂き、とても満足致しました。. 小さいが、今レンズの収集に追い込まれてる。画質はとてもいいしバックに入ってちょうど. 思っていたより小さくてびっくり。でもその分持ち運びやすいし、気に入っています。初めての1台にぴったりかと思います。とりあえずオートにしておけば、なんとかなります。. 標準レンズではなく、ちょいズームでしたが問題なし。操作も簡単で初心者の僕にも優しいカメラです。. 美しくスタイリッシュなデザインで、小さくても本格派のカメラと思って購入しました。いわゆる一眼レフとして使うなら操作が難しいところもありますが、技術的にあまり凝らなくても十分使えます。とても気に入ってます。.

Read More

Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z7 24-70 – 軽くて使いやすいです

大きくて重いd800e+fレンズ群に嫌気がさして2015年8月からsony α7riiを使っていました。しかしd800eと比較するとα7riiの画像は抜けが悪く、どこか塗り絵のような奥行き感・立体感に乏しいものに感じられ、α7riiiを横目にz7を購入しました。ファインダーの出来、マニュアルフォーカスアシストと写りの良さはz7が優っています。優秀なファインダーのおか げで、meyer optic trioplan 100mm f2. 8(e、fマウント共所有) のようなピーキングが使えない非cpuマニュアルレンズのフォーカシングがrive viewを使わずともファインダー上で楽にでき、レンズ情報手動設定を行うことでボディ内手ぶれ補正も効かせることができます。連写性能、瞳フォーカスの有無、ダブルスロットの有無、バッテリーの持ちの悪さなどz7が叩かれているポイントですが、瞳フォーカスがなくとも顔 にきっちりピントが来るし、バッテリー持ちの悪さはα7riiで経験ずみだっためほとんど気にならず、風景写真を撮る事が多いため写りの良さを最優先にz7を選択しました。画質は素 晴らしく満足しています。dxo markのセンサー評価では高感度耐性はα7riiがz7より上ですが、実際にiso2500で撮影してみると(アルゴリズムの違いなのか)z7の方が解像度が維持され立体的に見えるているのに対してα7riiは情報が丸められて解像度が低下し塗りつぶしたように見えます。α7riiiではなくz7を選択したもう一つのポイントはs line レンズが意外に小さく軽いことでした。24-70 f2. 8の比較では、sony sel2470gmの886gに対しs line 24-70 f2. 8の比較では、sony sel70200gmは1480gもありボディ本体を軽くした意義を見いだせずsony storeで注文したもののキャンセルした経緯があります。s line 70-200 f2. 8の重量は1300g台が期待出来そうだと感じています。さらに大口径マウントによる恩恵が今後設計されるレンズの 小型軽量化に効いてくるに違いないとも期待しています。気に入らない点は、レンズロードマップに普及を促進するためのお手軽レンズ(撒き餌的なレンズ)が一 本もないこととレンズメーカーにマウント情報を公開していない点です。α7riiは小さくて軽くzeissレンズが使えることが購入の決め手でした。これ からの主流は間違いなくミラーレスだと思われますが、nikonさんには未だその認識はないようです。マウントアダプターを介さないで使えるレンズが多い方が本体も売れるのは明白なことです。敷居を下げないと売れませんよ!nikonさん。対応レンズが少ないことで−1点としました。. 軽くて使いやすく、赤いデザインも良い感じがします。. 昆虫の飛翔を主に撮っているが、思った通りに撮れる。そして画質は予想していた以上に素晴らしい。. まだ数週間なので、良さを伝えられませんが、これからが楽しみです。. D850から去年機種変更しました。ミラーレスは(初物は完成度が低いと思っていました)お布施のつもりで買ったのですが、期待を裏切る出来にさすがnikonと感心しています。まず、電子ファインダーの見やすさ、カメラの軽さ、顔認識の正確さ(もうすぐファームアップで瞳af対応するらしいです。)私の撮影環境では、一眼レフには戻れなくなっています。まずピントの正確さです。掲示写真の様にaf-s105mmf1. 4を使い女性ポートレートを撮る機会が多いのですが、大口径レンズの薄いピントで、ギリギリまで被写体にピントを合わせ背景をぼかす、一眼レフでは不可能な領域のまたは、撮影しては確認の作業が、シャッターを押す前に撮影画像が確認そして調整出来る事に感動しました。奇跡の一枚でなく、z7+105㎜f1. 4ならば、誰でも立体感のある写真が出来のではないでしょうか。またz24-70mmf4のズームレンズの出来もよく今年発売のf2. 8に期待しています。そして、ボデー内手振れ補正で、500㎜望遠レンズの組み合わせでも低速シャッター+手持ち撮影で手振れを確認出来なかったのは嬉しい誤算でした。又、私の撮影環境では、連射はこの速度で十分野鳥撮れました。バッテリーの持ちもそれなりで予備を持てば問題有りません。シングルスロットのxqdは精神的不安が有りますが信頼性の高いメディアとアナウンスしていますので信じて使っています。シングルメディアですから撮影後jpgファイルとnefファイルが混在しているのを、pcで分けるのは簡単なのですが、ひと手間増えるのが地味にめんどくさいです。ミラーレスを買ってから時々考えるのですが、私の用途では、撮影は、一眼レフのファインダー越しの撮影が楽しいです、ですが、一眼レフは、撮影前に微調整そして撮影した写真の出来はミラーレスにかなわないと思います。撮影前にボケの調整を画像を確認しながやり出すと一眼レフに戻れないです。現在d850は売り、17-55mmf2. 8(nikonで工場送りして調整後見違えるようにシープでボケも綺麗になり手放せなくなりました掲示写真はこれで撮影)しばらくは、撮影が楽しい一眼レフか、出来上がりが素晴らしいミラーレスで答えが出そうにありません。以上はアマチュアカメラマンの意見です。最後にこの機能で40万円程度の値段は安いと思います。z6などバーゲンプライスと思います。. 絵画などの撮影で使用していますが、画像の解像度が安定しており使い安いです。. 普段ニコン850やd5をメインに使っています。流石のニコンです。しかしz7は少々高額すぎるのではないでしょうか?20万円代ならまだ我慢できます。それも30万円代後半です。なかなか厳しい価格設定です。バッファが足りないのはわかっています。rawで撮影したいる場合17コマ程度で止まってしまいます。バッファが物足りないのは最初からわかっていました。でも他にも我慢ならんところがあるんです。たしかに、これからのカメラです。でも現状、バッテリーグリップもなければ、sラインという純正レンズも単焦点が35mm1本しかなく、アダプターをつければfマウントレンズが使えるので、それなりに不便ではないのですが。だったら、別にd850でいいのではないかとも思いますし、確かに高感度は850よりノイズが少ないですが、特筆すべきはそのくらいで、あとないんですよね。動画はわかりませんが。しかもsラインの35mmが明らかにレンズがいまいち。ロードマップを見る限り、2020年くらいまで良さげなレンズも出ないみたいだし、一回購入したけど、またその頃に購入すればいいかということで、価格が高いうちに売却しました。それでも数万円は損しました。最初だから仕方がない。アイテムが少ないのも仕方がない。わかっているんですが、人柱になるにしては価格設定が高すぎます。現状はsonyのアルファ7r3が高画素モデルでライバルになるとおもいますが、現状そちらを購入して使っております。残念ながら、価格も安価だし、機能的にも優れておると言わざる終えません。zシリーズの今後の巻き返しに期待します。追伸:ノクトニッコールもf値が0.95ということで期待大でしたが、mf(マニュアルフォーカス)ということで、パスです。歳をとるとだんだん眼が見えなくなってきますので、40代の私でもafが無いのは厳しいです。.  このカメラのことを知って、接写や風景写真がメインの筆者は、直ちにovfのd850を下取りに出した。なぜなら、d850で不満に感じていた操作が一掃されたからである。その理由は次の2点である。1)ライブビューをアイピースで直接見ることが出来るゆえ、アオリレンズpceでティルトアオリを効かせたときの、ピントの確認が容易であること(とりわけ拡大時)。ovfカメラの場合、フィールドでモニター画面をライブビューに切り替えても、とりわけ明るいときは画面が見にくく、ましてや老眼の場合は容易ではない。アイピースでピント確認が可能になれば、ティルトアオリの微妙な角度調整もずっと楽になる。2)アイピースが角形のため、縦位置のローアングル時に、角窓用アングルファインダーdr-6の使用が可能である。ニコンのデジイチでは、背後のモニター画面のティルト機能が横位置にしか対応していないため、縦位置でのローアングル撮影はお手上げである。しかしながら、角窓のz7(6)の場合、ミドルクラスのd750などと角窓のアイピースのサイズが同等のため、角窓用のdr-6を装着することが可能となる。もちろん、アイセンサーには対応していないが、モニター画面で確認したければ、「モニターのみ」のモードに切り替えれば済むことで、さしたる不便はない。(ただし、ニコンではdr-6の使用が、事実上可能であることを公表していない) これに対して、d850などの丸窓用アングルファインダーdr-5は、一々ネジ山を合わせた上でグルグル回しながら装脱着をしなければならず、その使いかっての悪さは、経験者ならば懲り懲りであろう。 斯様なわけで、筆者は以上の2点のメリットを大いに買い、未練なくd850からz7に切り替えた次第である。 なお、24~70/4のズームレンズも、全域で至近距離が30cmと、f2. 8のズームよりもさらに近接撮影が可能で、ピントも四隅まで優れた描写を示すことから高く評価している。. 利点と欠点 メリット デジタルカメラグランプリ受賞最高のカメラです 感動 D850から機種変更で、高画質機の微ブレ&手振れの減少 奥深い機能 デメリット 私も、最近、色々な方のコメントを読んで何を買おうか非常に迷いましたが、ニコンz7を購入しました。カタログ上のスペック以上の性能を出すのがニコンなので、早速モデル撮影会に行き試してみました。電池寿命スペックは330枚ですが、実際は、2438枚 撮影出来ました。通常raw、JPEGで撮影をするので、256gbのxqdが必要で、もし、128gbでの撮影の場合、千数百枚で一杯になるので、不安な方は、その時に電池を交換すれば良いと言う感じです、 カタログスペックと実際の性能が同じS社とは大違いXQD信頼性、これが素晴らしい、早い、高価な事が納得出来ます、私は、SD、CFカードでは、画像飛びや動かなくなった事が有りますが、XQDは、d850、d500でも使っており、6枚所有 一度もトラブった事が有りません。画質ですが、周辺部までシャープで、S社と比較すると、周辺では差がハッキリと分かります、特に、風景や繊細な描写を望む方は、絶対にZ7をお勧めします、噂では、S社はAPS設計を無理やりにフルサイズにしているので、ニコンやC社に追いつく為に、マウント径を変える噂もある事が納得出来ます。 AF これが楽ちん抜群です  瞳AFが無いが、しかし撮影画像を見ると瞳にピントが来ている、 多分、石橋を叩いて壊してしまうニコンなので、少しでも自信の無い物は表記しないのでしょう。  重さですが、各メーカーミラーレスは同じ位ですねー  特に最悪はC社で、レンズ手ブレ補正が入っているので、重い高い 、ニコンZ7は総合的に見てもグランプリを取るだけの事はあります、 これは、撮影してその画像で比較するとその凄さが分かります Z7にして良かった. 750に比べ、軽く、機能面でもよくなっている。. ポートレート撮影でスピードライトを多用する人には使いにくいカメラです。縦位置が構えにくいし、スピードライト使用時に難ありです。①縦位置グリップがない。縦位置撮影が多いポートレートでは、縦位置グリップが必需品です。バッテリー庫内・カメラの底面にも縦位置グリップを可能とする接点がないことから設計段階から不要と考えていたもよう。ニコンミーティングでは、シャッターボタンのない単なるバッテリーパックのモップにブーイングを浴びていた。②縦位置に構えるとwr-r10が手に当たる。縦位置に構えるとwr-r10が手に当たり、縦位置が構えにくい。何度も当たってるうちにwr-r10が壊れてしまった人もいる。③スピートライトを使用すると、mモードではファインダーに露出が反映されない。 ポートレートでのスピードライトの使い方mモードで露出を整え、マニュアル調光でモデルに充てる光を調光します。しかし、z7はスピードライトを使用すると、ファインダーは一定の明るさに保たれ、露出が反映されないため露出を整えるのをリアルタイムで確認することが出来ません。ちなみに、新興のソニーは、同条件で露出が反映されるます。①、②、③を検討した上で購入を検討したほうがいいと思います。尚、日中に顔認識af+スピードライトの組み合わせで撮影すると、ファインダーが真っ白になって飛んでしまうバグは、ファーム ver. 03で改善されています。ようやく、スピードライト+顔認識afが使えるようになりました。. D5にしようかd850にしようか悩んだ末騙されたつもりで選びました。でも凄いです。. […]

Read More