Category Archives: コンパクト

August 22, 2019comment(0)

キヤノン Canon デジタルカメラ PowerShot SX70 HS 光学65倍ズーム 4K動画対応 PSSX70HS – 良いのではないでしょうか…

noimg

レンズ事態が暗いので曇り時や、体育館等室内のスポーツ、ダンス撮影には向いていません。動きの速い被写体を撮るにはシャッタースピードを上げなければならないのですが、上げれば暗く写ることになります晴天時の屋外撮影にしか使えそうにないので、自分の用途には向いてなかった…スマホからのステップアップにはよいのでしょうが…望遠機能と重量、価格は◎しばらくしたらミラーレス一眼のエントリーモデルとf2. 8の望遠レンズに買い替えようと思います. 普段はニコン5600を使っています❗今回 長距離の山陰 四国の旅に行くのでズーム望遠までカバーできるpowershotをと思い購入しました❗ ニコンのサブ機種として420を使ってましたがレンズが破損してしまい使用でき無くなり購入至りました 使いかっての良い設計で手におさまり素晴らしいカメラです. 子どもの運動会で使用しました。満足する望遠で、撮影が楽しかったよ!. 製品に付属の取説は使い物にならない。詳しい取説を購入したら高価なので驚いた。. 望遠は最高だがオートフォーカス予想より遅い. モデルチェンジを待って購入しました。ですから性能などは申し分なく良い機体だと思います。. 期待通りの望遠ズームがこの価格で入手でき、満足している。軽量を重視したのであろうが、ボディの材質が安っぽい感がある。. 連写機能が非常に悪い。このカメラは連写撮影限界枚数が画面左上に表示され、sdカードによりこれが変わるが、クラス10のsdカードで連写限界枚数がわずか45枚。高速連写で45枚を超えて撮影すると、高速連写できず、3〜4枚が限界。 1〜3秒経たないと高速連写できない。 画面にbusyと表示され、シャッター以外の操作が一時的にできなくなる。 しかし3秒経つと撮影できるが、撮影限界枚数が撮影の幅を大きく下げてる。おススメできない。. 利点と欠点 メリット スマホでは絶対に撮影できない世界 SX60HS後継でもあり使いやすい機種です. 取扱説明書が高価 デメリット フードを取り付けるとフィルターが付かないのが残念 次機に期待したい。. 使い勝手は60の後継機でもあり,問題なし. 2000万画素というhispecであり一眼レフと同行してどこでも随行しています. 4kであればfzのようなプリ連写機能がほしかった. Fz85を所有していますが4k機能の際バッテリの寿命が短く予備を購入していました. (当方サギの撮影専門)当該機はかなり持つようです. プリ連写機能があればom-dにたぶん匹敵すると思います(残念)添付は300mm望遠近くで 普通の連写撮影のものです. 手持ちなので多少のブレは愛嬌で. 超望遠の世界を撮ってみたくなり、手持ちのミラーレス一眼(eos m5)を売却して購入…結果大満足でした!コンデジよりは大きいですが、一眼レフを持ち歩くことを考えれば全然フットワーク軽く動けます。撮像素子のサイズはeos m5のaps-cから1/2. 3型に縮小してしまいましたが、スマホやパソコンの画面で見るような使い方であれば充分許容範囲だと思います。それどころか撮像素子のサイズが小さくなったおかげでこの超望遠が手に入るのであれば、全然アリなのではないでしょうか。スマホでは絶対に撮れない世界が撮影できます。スマホとのペアリングについてもeos m5よりもスムーズに接続できます。デメリットとしては望遠カメラ全般に言えることですが、やはり望遠端でブレが発生しやすいことでしょうか。ただ、これも撮影の姿勢を工夫したり、三脚等を使えばある程度はカバーできると思います。そのうち野鳥を撮影に行くのが楽しみです!. デジタルカメラは、一昔前のフィルムを使っていたカメラのような一生物ではありません。フィルム時代のカメラは良いものを買っておけば一生使えるものでしたが、今は大体5年~10年ぐらい使えば、より高画質で高性能なカメラが手に入る時代です。事実、10年ぐらい前のデジタル一眼レフは1000万画素ぐらいしかありませんでしたが、今はコンデジでも2000万画素ある時代です。したがって、今は良いカメラかもしれませんが10年後には大したことがないカメラになっている可能性が大なのです。5年~10年ぐらい使いたおしたら、カメラに買い替えると割り切った方がいいです。10年後には4000万画素の時代になっていてもおかしくないのです。そんな時代に2000万画素のカメラにこだわっている必要はないと思います。. 特徴 Canon デジタルカメラ PowerShot SX70 HS 光学65倍ズーム 4K動画対応 PSSX70HS モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 広角21mm-1365mmの光学65倍ズーム搭載の超望遠ズームモデル 約2,110万画素と先進の映像エンジンDIGIC8搭載で高画質 最高約10.0コマ/秒の高速連射でシャッターチャンスを逃さない アイセンサー付き約236万ドットの高精細なEVFで快適な撮影をサポート 4K動画対応で幅広い画角を活かした高精細で美しい動画表現を 3.0型バリアングル液晶でローアングル&ハイアングルの撮影の自由度を拡大 Wi-Fi&Bluetooth対応で撮影しながら画像をスマホに自動送信 メーカーより 先進の映像エンジンDIGIC 8が生み出す高画質 オートライティングオプティマイザ 自然な明るさに自動で調整 HS SYSTEM 薄暗いシーンでも鮮明に写しとる シャッタースピード優先AE(Tvモード) 流動感を表現 特徴 決定的瞬間に強い「約5.7コマ/秒の連続撮影」 被写体を追従するサーボAF時に最高約5.7コマ/秒、ワンショットAF時に最高約10.0コマ/秒の高速連写を実現。飛行機や野鳥など、動きのある被写体の撮影に力を発揮します。 「約0.16秒の高速AF」でシャッターチャンスを逃さない 約0.16秒のオートフォーカススピードを実現。被写体をすばやく捉えられるため、手ブレを抑制して撮影することが可能です。暗い場所でもシャッターチャンスを逃すことなく描き出します。 さらに高精細な動画表現「4K動画撮影」 フルHDの約4倍の解像度で記録される4K動画に対応。幅広い画角を活かして、広角から超望遠まで高精細な動画表現が楽しめます。さらに4K動画フレーム切り出しや4Kタイムラプスに対応しています。 特徴 高精細な視野で、撮影が楽しめる「約236万ドット内蔵EVF」 0.39型 約236万ドットの高精細なEVFを搭載。ピント合わせや撮影画像の確認がより高精度かつスムーズに行えます。新たに、アイセンサーも採用。目を近づけるだけで液晶モニターからEVF表示に切り替えることが可能です。視度調整範囲は-3.0~+1.0m-1(dpt)です。 自由なアングルで撮影できる「3.0型 バリアングル液晶」 上下左右に自在に角度を変えられる、3.0型バリアングル液晶を搭載。角度を細かく調整して、ローアングル&ハイアングルからの撮影が楽な姿勢で行えます。また、約92万ドットの液晶モニターで、ライブビュー撮影時のピントチェックや撮影画像の閲覧も快適です。 撮りながら共有も楽々「スマホへ自動転送」 Wi-Fi接続のもと、カメラや専用アプリ「Camera Connect」を使えば、撮影と並行してスマホへ画像を自動送信することができます。撮影後にスマホへ画像を保存する手間が省けるので便利です。SNSやシェアもかんたんに行うことができます。 ベスト Canon デジタルカメラ PowerShot SX70 HS 光学65倍ズーム 4K動画対応 PSSX70HS 買い取り

Read more
August 22, 2019comment(0)

リコー Ricoh Theta S 360度 全天球カメラ 910720 – とにかくみんなで集まるのが楽しくなる

noimg

静止画は非常によく録れます。wi-fiに関しては他の電波の影響を受けすぎるため、都心部に近づくほど肝心のricohシータのwi-fiが見えなくなることがしばしば。動画はあまり写りがよいとはいえません。次は4kを購入したいです。それと外部sdに記録できない仕様はどうにかして欲しいです。現時点で不便はないですが、外部sdに記録できるのと出来ないのではかなり差があります. 添付のマニュアルはなにも書かれておらず、ネットでダウンロードして見る必要があります。pcとスマホには専用ソフトをインストールする必要があります。当該中古にはusbケーブルが最初からなかったのですが、スマホ用のusbケーブルで充電ができ、f/wのアップグレードもできました。ただrichoは純正じゃないとまずいようなことが書かれていたのですが、さてどうなるか。当面はgoogleストリートビューへのアップロードを目指します。. 機能自体にはなんの不満もない。ただ、肝心な画質が汚い。見れるぎりぎりの画質だ。もう少し鮮明な画像化と期待していたのだが、その点が非常に残念だ。ほかの点については不満はない。. ちょっと便利 デジカメと併用して使用してます。位置関係が分かり、結構便利です。 . 360度つなぎ目のない(目立たない?)写真が簡単に撮れるのは面白い。 三脚や自撮り棒で撮影するときは、セルフタイマー機能を使うかスマホで操作するか選べるのもうれしい。ただ、ブレには弱いらしい。 自撮り棒で身体から離して撮影するとき、ブレさせずに写真を撮るのはかなり難しい。 自撮り棒の下端にコンパクト三脚をつなげた三脚モドキだと、多少の風でもブレてしまいます。. 動画を360°カメラで撮りたくて初めて買ったのですが動画の画素数がそこまでで撮ってみたら僕個人としては物足りませんでしたが写真は最高でした。いくつか360°カメラが出ているなか初めて買う人ならここのグレード(theta s)が一番コスパがいいと思いました。写真だけでいいよって方はおすすめです。動画もって方ならもう一つ上がいいかもしれませんね。. 非常にきれいにとれるので満足しています。又電池も長く持つのでいいと思います。. オートで撮影すると想像以上にぶれる。ちょっとした手振れでさえぶれる。かと言って1回1回シャッタースピードや色々調整するのめんどくさい。画質も想像以上に悪い。1面範囲なら携帯の写真の方がよっぽど綺麗で高性能。中古で買って1万ちょっとだったので、まーお遊び程度には良いかなって思えますが、新品を3万でって考えるとricoさんには残念で仕方ないです。水中撮影用のケースとかも本体と変らないくらい高くて買えないし、汎用性にかける。ゴープロもどきの格安アクションカメラを見習って欲しい。. 利点と欠点 メリット 唯一動画が残念です、静止画、デザインは満足です。 安くて高性能 中古で買いましたが、値段が高い割にはポケットに入るくらい小さく存在感が薄いです。 デメリット 2つ前の商品ですが、良い商品だと思います。他のレビュアーさんと同じ位称賛に値する商品です。アプリでの編集はほとんどしません。pcにダウンロードして編集で使用しています。. 写す方向を考えなくてよく、面白い写真・動画が撮れるので満足しています。データの転送が遅いのだけ気になるので星4つとしました。. 360度カメラに興味があったので買ってみました。とても面白いです。静止画の画質は良いと思いますが、動画は最悪です。飛行場で飛行機の動画を撮影しましたが機種が分からないくらいです。動画に期待せずに静止画だけで良いというのであれば十分だと思います。最近新型が出たようなので、動画を撮りたいのであればそちらの方が良いかもしれません。. 思っていたよりピントが合わないのが残念。撮影方法などは満足しています。. 面白い写真や動画が撮れ満足してます。若干写りが眠いですが携帯側でカラコレしてあげれば十分。その状態で専用アプリからも閲覧できsnsやline等にも投稿もできました。hdで解像度的には満足なのでvでなくてsでも十分楽しめる上に値段も安い!面白いガジェットです。ウェアラブルの固定具や自撮り棒つかってスノボやサーフィン等で大活躍!旅のお供や友達との飲み会などでも臨場感ある写真で思い出も残せます。素手で撮影すると若干つなぎ目が目立ちますが、自撮り棒や三脚使うと緩和されより自然な仕上がりになります。この値段でこれだけ遊べれば満足!!. 某国営放送の日曜朝の番組で見かけ、即買い。自分の見えていない後や上、下が見れるなんて、新しい発見や驚きを見せてくれる商品です。難点は、電池の持ちと、wifiの遅さ。転送は有線化などで速くなればもっと楽しめるのにと思います。. 値段と機能の。というか、この後の機種は値段が一気に上がって・・・・ただ、太陽が入ると、赤いポッチが出るのは気になるけど。. 普通のスマートフォンやデジタルカメラでは撮影できないシーンを撮影するにはもってこいです。例えば集合写真の撮影に使えば撮影している人物まで残すことができますし、訪問した場所を記録するなら全天撮影できますから、一般カメラであちらこちら撮影する手間が省けます。その代わりどうしても撮影者が映り込んでしまいます。そのまま撮影すればthetaを握っている手が映り込んでしまいますし、頭上で撮影すれば、頭が映ってしまいます。これを防ぐには三脚に固定して無線接続して遠隔操作でシャッターを切る必要がありますが、撮影者が隠れる?場所が遠いとthetaとの無線接続が途切れてしまいシャッタを切ることができません。接続距離を延ばす外部アンテナを用意する等の改良をメーカには望みたいです。なお防水のケースがメーカで用意されていることから、耐水性はそれほど期待できないと思われます。. パーティやスポーツなどみんなで集まって並ばないでそのまんまその場で記念撮影、スマホみたいに手で360度回らなくても、手で持ってそのまま普通のカメラと同じようにシャッターをポチっとするだけ、撮った画像をlineで共有するとぐるぐる360度臨場感がすごい画像をみんなが見れます。(lineさん360度ぐるぐるアプリ対応ありがとう!)楽しかったその雰囲気がそのまんまです。実はこれで気に入って買った友人が2名もいます。球場でジェット風船を観客が一斉に飛ばすところで使ってみましたが、その場で飛ばしたあの時の感動がそのまま画像に残ります!こんなに楽しいカメラ、今までどうして知らなかったんだろう。. 特徴 Ricoh Theta S 360度 全天球カメラ 910720 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 360°カメラの大定番。全天球イメージ撮影が可能なTHETAシリーズ ハイスペックモデル 1回のシャッターで、あなたを取り囲む全ての景色を簡単に撮影可能。 スマートフォンアプリ上で全天球イメージをスワイプ、ピンチすることで、好きな部分を自由自在に楽しめる。 有効画素数: 約1200万画素、内蔵メモリー:約8GB 動画1回の記録時間(最大) :25分 THETAシリーズで唯一のライブストリーミング機能付き機種 1/2.3 CMOSセンサー(一般的なコンパクトカメラ相当) 搭載 メーカーより RICOH THETA V RICOH THETA SC RICOH THETA S 外形・寸法(幅×高さ×奥行き※レンズ除く)(mm) 45.2×130.6×22.9 (17.9※) 45.2×130.6×22.9 (17.9※) 44×130×22.9(17.9※) 質量 約121g 約102g 約125g カラー 1色:メタリックグレー 4色:ベージュ、ホワイト、ブルー、ピンク 1色:ブラック 有効画素数 約1200万画素 約1200万画素 約1200万画素 撮像素子、サイズ 1/2.3 CMOSセンサー(×2) 1/2.3 CMOSセンサー(×2) 1/2.3 CMOSセンサー(×2) 内蔵メモリー 約19GB 約8GB 約8GB 外部インターフェース microUSB 、USB2. 0、MIC端子 microUSB microUSB、HDMI-Micro 動画1回の記録時間(最大) 約25分 約5分 約25分 ライブストリーミング機能 3840 x 1920/29.97fps、1920 x 960/29.97fps なし あり(UVC,HDMI) 特徴など 4K動画対応ハイエンドモデル スタンダードモデル ハイスペックモデル 360°全てを驚きの美しさで描き出す、ハイスペックモデル 見渡すかぎりの美しさ、息をのむほどの臨場感、「今、そこにいる感覚」。 静止画も長時間のムービー(最大25分間)も、思いのままに、360°の世界をより鮮やかに、驚きの高画質で記録する。 さらなるハイクオリティ・ハイパフォーマンスを実現したRICOH THETA S誕生。 スマートフォン用アプリの使用でライブビュー撮影が可能に 今回のThetaは専用アプリ「RICOH THETA S」を使用することで、Liveビュー撮影が可能に。 スマートフォン上で被写体を確認しながら撮影を行うことができる。 最長60秒長時間露光に対応* 長時間露光での撮影が可能になったので、星景写真の撮影も可能に。 360°の星空。息をのむ程の幻想的イメージも1ショットで幻想的な世界観を演出できる。 * 撮影アプリRICOH THETA S利用 旅先などで活躍しており楽しい記録を残せています。防水だとベスト。. 知人の勧めにより購入しました。旅行へ行く際に利用。買ってよかったです。ボタン一つで撮れるのがとても便利。普通のカメラだと正面しか映っていませんが、360度だと自分が気づかなかった景色を見ることが出来ます。綺麗な教会や、広大な大自然、高層ビルにて撮りましたが良い思い出になりました。旅行中に、インド人やアメリカ人に声を掛けられ、カメラと答えたら驚かれました。. お手軽に楽しい!画像も綺麗で買って良かったと思いました。レンズの取り扱いには少し緊張しますが、私はシリコンケースと防滴ケースを買ったので、守って行きたいと思います。付属の充電用のケーブルでの充電が出来ませんでしたので星を−1そこは自分の持ってるもので代用しています。. 仕事用に購入しましたが楽しくて 公園や自然なと撮影に出かけてしまう基本は建物関係の撮影に使っていますが 活用次第では楽しい写真が個人でもたくさんとれますイベントなどで撮影してwebにupして参加者に気軽に楽しんでいただいたりなかなか使いこなせば楽しいツールです新商品なども出ていますが、お試しでこちらを購入しましたまぁアプリももう少し使い勝手が良ければと思いますが 今の所これでいいかなって感じです. 旅行や登山での撮影で利用しています。画質は普通のカメラと比較したらダメなレベルだけど、山頂で全方位を撮れるのが面白いので荷物に余裕があるときは持って行ってます。天気が悪いときなどに綺麗に撮るのが難しい。賃貸の部屋の参考画像で使ったら便利なんじゃないかな。. レストランや公園、ちょっとした時にパッと出してパッと撮ることができます。動画も撮れるので不便はありません。アプリのインターフェースもなかなか使いやすくていいと思います。. 流行りに乗っかって購入。とても綺麗に撮れるし満足。ただ、isoやホワイトバランスなどの調整が少し面倒。写真は画面見ながら調整すればいいが、動画は画面を見ながらの調整ができないので撮ってみないと写りわからない。ので-1点。. 通常のスマホやカメラでの記念撮影よりもこちらで撮影した記念撮影のほうがはるかにみんなの表情を引き出せます。たぶん、カメラを向けられている感がしないからなのでしょうが、珍しさも際立ってなになに?とみんな興味津々なのもすごく良いです。職場の集合写真やビデオ撮影をこちらで今回撮影してみましたが、動画もすごく良いですね。遠くはさすがにボケてて鮮明感は全くありませんが、近距離の人はしっかり写るしいろんなところでみんなが何をしているかがわかるっていう今までの動画では知ろうにも知れなかった部分が見えるのがすごく面白いです。wi-fiでのファイル移動は無線通信の為、10mbを超えると転送に時間がかかってしまいますが、これはカメラの性質上仕方ないかな…?とは思いますが、それよりも今までに見たことのない世界を体感できるという点ですごくおすすめしたいカメラだと思いました。. スマホ、タブレット端末がひつようですが、製品のアップデートも頻繁にあるので、とても好感がもてる商品です。. お疲れ様です。手元に無事に届きました。大切に使わせていただきます。. お酒の席などでとても盛り上がって楽しめます!今後の使用方法を考えて楽しく使用させていただきます!. 撮影は非常に簡単で、集合写真などで非常に重宝しています。バッテリー持ちは微妙です。動画の編集アプリがpcでも欲しかったです。. 初めて360度カメラを購入しましたが、とても使いやすい!. 転送ソフトが不安定ですが画像はバッチリで欲を言うともう少しシャッターを押す指の写りがないと良いですかね〜不満を言えばメモリーカード化すると扱いが良いですかね. 私は3m自撮り棒と組み合わせ、既存の三脚も使って、スマホ経由でストリートビューアプリと、専用アプリを使い分けつつ、持ち歩いて撮りまくって楽しんでいます。ピントが若干甘い気がしますが、10~20分の露出で街の夜景と星の軌跡を同時に撮影できる機能には驚愕させられました。. 中古の物自体は良かったです。wi-fi転送が遅い。予備バッテリーからの充電が出来ない。電圧の問題かな?もうちょっとそう言う細かい所が良くなるといいかな。。。. […]

Read more
August 21, 2019comment(0)

ヤシカ Yashica Ccd搭載 1219万画素デジタルカメラ Ez F1231 – 意外や意外

noimg

Yashica製品の中ではしっかりした作りのカメラです。光学ズームも綺麗だし、画質もそこそこ良いですが、ちょっとフォーカスとマクロが微妙かなと思います。シャッター半押しの時は綺麗にピントが合うのですが、押し切る時に若干ボケるような気がします。個人的には、かなり気に入っていて買ってよかったと思っています。普通に写真を撮るぶんには問題ないカメラだと思います。. 購入前は、かなり心配していたのですが、かなりいい製品です。コストパフォーマンスは高いと思います。手ブレ低減機能が付いて1万円台です。恐るべきコンデジですねぇ。. 2ヶ月ほど使用。スペックに現れない部分や感想を…。afスピード…マクロやズーム距離を適切にチョイスしていれば      気になるほどではない。実反応…レンズ入光からモニタ反映までにやや時間がかかる。    (0. 2sec程度)光学系…素直なボケで開放側は使いやすい。緑系のコーティング。露出 …広角側で(f2. 1)の2段階。    テレ側で(f5. 2)の2段階。     iso調整で露出をカバーするというスタンスのよう。    中間絞りがないのは愛嬌か。     (マルチ・中央重点は暴れることが多いので、      結局スポット(-0. 3補正)を多用している。)eye-fi…使用可能。日本デジカメメーカの良いところどりスペックは必要十分であり、コンデジとしての設計も、よく練られている感がある。製造精度についても、多少ボタンなどもガタつきを想像させるつくりも案外気にならない。デザインや操作感覚も名機tproof(yashica t4super)を彷彿とさせる子気味よさがあり「気軽に使えてイケてる。」これがこの機種の最大の魅力かも。やはり以下の点で減点せざるを得ない。残念なのは、予備バッテリーに関するメーカーの対応だ。「このカメラ専用のバッテリーで、特に型式番号はないとの回答。」 「現在のところ、 メーカーにて専用バッテリー単体での取扱いが無い為、 誠に申し訳ございませんが、予備バッテリーの掲載及び手配を致しかねます。」◎満点大笑でーーす。デジカメの製品寿命はそれほど長くないことは理解できるが、【バッテリーの寿命=製品の寿命】というデジカメは初めてだ。なお独自に調べたバッテリ仕様(サイズなど)から、おそらくコニカミノルタで採用されていたnp-900が該当しそう。未検証。(どなたか確認とれたら教えてください。)エグヤシは、設計品質、製造品質、コスト努力に、ヤシカブランドへの敬意、精魂はそれなりに込められているようだが、企画品質、アフター品質は、残念なプロセスしか持ち合わせていないようだ。. どこ探してもレビューがなくてyashicaとか初めて聞いたから不安で不安でたまらんかったけど、使ってみると意外にしっかりしてる顔認識も手ぶれもスマイル認識(笑)もついてるし。このyashicaロゴがちょっと古くさい感じするけど私はこのレトロな感じがお気に入りです。まぁまだ使いこんでないからわからないけど普通にちゃんとしてました画質もめっちゃキレイってことはないけど液晶が画素についていけてないだけで、取り込んでプリントしてまえば普通にキレイだと思いますなんせ1200万画素ズームしても結構鮮明で細かい字も見えるし(・∀・)yashica流行ればいいな〜がんばれ. 価格の割りには、満足しています。唯一難点はマクロが微妙です。普通の撮影には問題ないとおもいます. どうもフォーカスが合わないので、ついにメーカーサポートに連絡してみた。まずメールを送ってみたが返事が無い。自動応答すら来ない。仕方なく会社の昼休みにサポートに電話してみると、「おかけになった電話番号は現在使われておりません。」おかしいと思っていろいろ調べてみると、エグゼモードはすでにヤシカブランドから撤退しているではないか。プレスリリースによると、「エグゼモードは今年の6月までにエグゼモード単体による製品開発と販売事業から撤退」とさりげなく書いてある。私が買ったときには既に撤退後だったのね。安いはずだ。既に存在しないメーカーの製品と承知の上で買うなら良いですが、何も知らずに買うと後悔します。. 利点と欠点 メリット 意外と良い(^^♪ もう売っていないかもしれませんが。 意外や意外 デメリット 特徴 Yashica Ccd搭載 1219万画素デジタルカメラ Ez F1231 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ●有効1219万画素ccdイメージセンサー ●3.0型(インチ)低温ポリシリコンtft液晶モニタ ●光学3倍*デジタル4倍最大12倍ズーム ●内蔵メモリ32MB、SDメモリカード(別売り4GBまで)、SHDCメモリカード(別売り8GBまで)対応 ●静止画撮影(マクロ/セルフタイマー/連写)、音声付動画撮影、音声録音 ●手ブレ補正機能、顔検出機能、abe(自動段階露出)機能 ●DPOF機能、ダイレクトプリント機能 ●windows os:me/2000/xp/vista ●mac:9.0/9.1/x ベスト Yashica Ccd搭載 1219万画素デジタルカメラ Ez F1231 買い取り

Read more
August 21, 2019comment(0)

リコー Ricoh デジタルカメラ Griii Griii Aps-Cサイズcmosセンサー Gr3 15041 : 持っていて喜びを感じるカメラ

noimg

ブルーリングは付属していませんでした。問題になっている背面のボタンの印刷ズレは、届いたものにもありました。どのボタンも向きが微妙に傾いているといった感じで、これくらいなら気にしないで使えるレベルかなあ。。。。. GrシリーズはgrデジタルⅣとgr2を使ってました。gr2に慣れてるので小さくなったことで使い勝手が心配でしたが全く影響なし。操作系も迷うことなくレスポンスも早い。充電の際に外すカバーが思いのほか硬く、充電の際に頻繁にいじりたくなかったので急遽、充電器も購入しました。もう少し使わないと判断難しいですが、af速度は暗所の迷いが多いような気がします。でもgrシリーズはアップデートも頻繁にあるでしょうし気にする程じゃありません。→バージョン1. 10でafは改善されました!ただしバッテリーの減りは早い。液晶みながらメニュー変えたりしながら撮影してると200枚持たないです。購入はアマゾンで一緒にメタルカラーのリングキャップ、シューカバーも購入。リングキャップはアクセントとして良い感じ。シューカバーも質感は良いのですが若干、色味が明るくリングキャップと比べると浮いてしまって残念(メーカー説明文ではリングキャップとシューカバー同色と書いてあるが違う、、、)保護フィルムは液晶同サイズのルミックスpanasonic gx7mk3用のフィルムで代用しましたが、特に問題ないです。→今は各社から専用フィルムも発売されてます。片手で全て完結する操作性、ポケットに入る手軽さ、奇をてらわないデザインでありながら高い質感、常に携帯したくなるカメラ、これぞ完成された高級コンデジだと思いました。手ブレ補正も加わり一般的になりましたが、尖った硬派な機種なのは確かなのでそれを知った上で買わないと後悔するかもしれません。バリアングル液晶、ファインダー、ズームが必要な方はrx100 など他の選択肢を検討されたほうが良いと思います。都度、バージョンアップがあるのでモデルチェンジサイクルが長く、フィルムカメラのように長く付き合えるので値崩れしにくい。そんなカメラが欲しいかたには是非オススメの逸品です。. 当初は9万円を切ってから購入しようと考えていましたが、タイ出張が7月上旬にあり そこへgr3を持っていこうと急遽購入に踏み切りました。(流石に仕事なので一眼レフはちょっとどうかと思った次第)5月末に予約注文し、10日も待たずに手元に届きました。やはり、一番のメリットはコンパクトさと電源ボタンを押せばすぐにシャッターを切れる機動性。f値の調整はたまにするものの撮影は基本af(オートフォーカス)です。grレンズ、sr(shake reduction 手ぶれ補正)、aps-cイメージセンサーの組み合わせはコンパクトデジカメの中では最高に綺麗に撮れると思います。※ポケットにねじ込んですっと取り出せる。そこまでコンパクトな作りじゃ無いけれど。そう言う使い方の人はドラえもんのポケットが装備されていると思いました(笑)このgr3からタッチパネル式になりました。ピントをどこかに合わせたい時にメチャクチャ有効です。今までのgr digital3だと中央にピントを持っていってカメラをづらして撮っていましたから非常に簡単になりました。マクロ撮影も最短距離が短くなりレンズ先端から6cmまで寄れる様になりました。(しかしafは迷う時があります。)付属でバッテリー充電器が付いていなかったのが残念です。(泣く泣く純正品も買いました。)本体からでも充電は出来るようですが、充電中はカメラ使えないですからね。ストロボが無いとか、ズームが無いとか、購入前からその不便さは承知の上で購入するのがgr3だなんだと。ファームウェアアップデートでますます深化するのが、この先楽しみです。ありのままを撮る(get real)が楽しみな1台です。  . Gr iiiは私にとって3代目のgrシリーズ。初めて購入したgr digital iiiとその後のメイン機であるgrは、このgr iiiを手に入れるまではどちらも現役で、それぞれにそれぞれの良さがあり、手放すことはできませんでした。今回のgr iiiを購入する際にも、「今まで通り、先代の2台も使うだろう」と思っていたのですが、gr iiiを手に入れてからは、grd3とgrの出番がなくなってしまいました。gr iiiは今までのgrシリーズユーザーの私にとって、最高のgrとなりました。個人的に良いと思っているところは以下の点です。<良い点>●クリアで緻密な描写⇒とにかく色の抜けが良くて、一本一本の線が細い。⇒固いもの、柔らかいものの質感の描写が非常に綺麗。●快適なaf⇒ハイブリッドafで素早いピント合わせ。⇒タッチパネルと組み合わせて快適に測距点移動ができる。●実用範囲が広がった高感度⇒アクセラレータユニット搭載により高感度の実用範囲が広がった。⇒個人的にはiso6400は余裕で許容範囲。●sr搭載でスローシャッター撮影⇒手ぶれ補正の効きが非常に良い。⇒1秒~1/8秒付近のシャッタースピードでもブレない。●多彩なイメージコントロール⇒レンズの抜けが良くなったことでそれぞれの画作りがより良くなっている。⇒モノクロモードが4種搭載している。⇒それぞれの色に対して詳細なパラメーターを変更できるようになった。●片手で撮影できる操作性⇒mfや露出補正がしやすくなった。●6cmマクロ⇒10cmまではマクロモードにしなくても寄れるのが凄く良い。⇒6cmまで寄ってクロップと組み合わせると更に寄れるからマクロレンズいらず。良くない点はほとんどありませんが、しいて挙げるなら●クロスプロセスがなくなった⇒ファームアップで対応してくれたら…●たまに使いたい時にフラッシュがない⇒時々、モノクロでコントラストをつけたい時にフラッシュを光らせたい時があるけど、たまになのでまぁいいかな、でもgrⅢからストロボの接点がペンタックスと同じになったのでafストロボでp-ttlが使えるから便利、grⅢに付けてもバランスの良いaf201fgを買えば、その悩みは解決。●マクロ時のafが迷う⇒10cmまでは全く問題なく使える。6cmまで寄ると迷うことがある。これも最近のfwのupデートで良くなりました。このぐらいでしょうか。私は自分の身の回りにある日常の景色を撮るのが好きなので、このgr iiiがあれば無敵に思える、そんな最高のカメラです。最後に、ネット上で「バッテリーの持ちが悪い」という声が多く見られますが、公式のgr officialの記事にあった「電池を長持ちさせるコツ」を見て、同じように使ってみると、最低300枚ぐらいは普通に撮れるようになったので、一日の撮影であれば予備バッテリー1つで充分になりました。grⅢより電源のifがusb-マイクロcになったので緊急時はスマホ用の外部バッテリーから充電も出来て、anker等のpd対応usb充電器なら給電しながら撮影する事が可能になったので電源面の環境は従来機種に比べ各段に向上しました。. コンパクト、画素数が多くなった。一応手ぶれ補正がある。操作性がひどい。マクロの範囲が狭すぎで、使えない。動画の操作性が良くない。(わかりづらい)露出補正機能が、グラフがなく数値だけ、わかりづらい。AFのターゲットをロック出来ないようで、気がついいたら、左上にあったりいちいち、直さないとならない。 未だに、普段はGRdegital3を持ち歩いている. 箱から出して手に持ったら、本体の中から「カタカタ」音がする。まだ作動確認はしてないけど、精密機器がこれじゃね・・・出荷前の検品どうなってるんだ??とても楽しみにしてたのにがっかり感がハンパない。. Ricoh デジタルカメラ Griii Griii Aps-Cサイズcmosセンサー リコー Gr3 15041+ricoh 充電式リチウムイオンバッテリー Db-110 リコー 37835+ricoh バッテリー充電器 Bj-11 リコー 37861 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 最強のSnap Shooter 高性能を凝縮した小型ボディ& 機能的デザイン 3軸・4段の手ぶれ補正機構 RICOH GRIII、WG-6、G900用純正バッテリー。 模倣電池にご注意ください。 純正充電器 放電状態から約2.5時間でフル充電になります。 ACコードは付属しておりませんのでカメラに付属のケーブルをご利用ください。 最初に言うと硬派てず。ズームないafもお世辞にも反応は他の高級機に劣ります。でも、持っていて喜び嬉しく感じで楽しく使えるカメラです。正直、最近までカメラ熱数年なかったのですが、久しぶりにカメラ熱を感じせさせたカメラ。とにかく気楽に外に持ち出してサクサクと撮りまくれて高画質。ずっと使って行きたくなる相棒のような存在です。これが最強のスナップシューターだと感じました。これから数年、何年も使って行きたくなるカメラ。. Ricoh デジタルカメラ Griii Griii Aps-Cサイズcmosセンサー リコー Gr3 15041+ricoh 充電式リチウムイオンバッテリー Db-110 リコー 37835+ricoh バッテリー充電器 Bj-11 リコー 37861 :

Read more
August 21, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-W830 : ちょっと分かりにくい(デモモードの罠?)

noimg

値段の割に使い易いです。画質もきれいで重宝しています。wi-fiがないのが残念です。. 何よりあの薄さ、軽さで8倍ズーム。手ぶれ補正もそこそこ満足できます。致命的だと思ったのは、充電やpc接続に使うusbケーブルの本体接点。カバーが無く本体下部にむき出しのため、水濡れ注意です。またケーブルを挿した状態は安定した所に置かないと破損の原因になります。この部分さえ無ければ、コスパ的にいって星4つでした。. 撮影モードが大変お気に入りです。中々肉眼で見ている色が出ないコンデジが多いですが、この機種は忠実に再現してくれます。使用頻度がかなり多くその影響で故障もありましたが(消耗品なので仕方がありませんね)、現在3台目です。もうこの機種は手放せません。. 箱に入っている説明書が紙1枚(両面刷り)だけだったり、あれこれちょっと分かりにくいです。購入時(使用開始時)の初回設定で、意図せずデモモードをonにしてしまって、写真が何枚か自動削除されてしまい、後日撮り直しに出向きました。他のレビューにもあるとおり、機能や性能は値段のわりに高いので、webマニュアル等をよく読んで使いこなそうと思います。. 私はこれでいい とにかく遅い ★画像はきれいに撮れて軽いのがよいのですが・・・ ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-W830 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: コンパクトボディに光学8倍ズーム×広角25mmレンズを搭載 光学式手ブレ補正機能搭載 カメラまかせで、かんたんきれい「おまかせオート撮影モード」搭載 好みの顔で美しく写れる「ビューティーエフェクト」搭載 好みの顔で美しく写れる「ビューティーエフェクト」搭載 最短撮影距離5cm 有効画素数2010万画素 重量120g ※バッテリー・メモリーカード含む 電源ACアダプター ※AC-UB10C(同梱) 顔認識有 ズーム機能を使用しても、かなり綺麗な写真が撮れます。軽くて持ち運びにも便利です。. 安くなったので、即買いしたら、届いて見たら、新品、保証無し品?機械もんなんで、壊れなければ良いが、、、、よくよく確認して買わないと、一抹の不安が残る。. かなり軽量だし、ズームもそこそこ良い。ただ、肝心の画質は一昔前の普通グレードカメラ。まあ、値段相応. かな。今のスマホのカメラの方がマシな画質なので、最近のスマホユーザーはスマホで取ることを推奨する。. デジカメに求めるスペックは人によって違うとは思いますが、一般的に家庭や仕事で使う分には必要十分な機能が揃っていると思います。かつ、newモデルでこの価格に押さえている為、手頃に新しいデジカメが欲しい方にはオススメかと。ライバルは高スペックスマホですね、サラリーマン向けかな?. 以前使用していたW-320の経年劣化による不調の為、後継機である本機を購入しました。近年はスマホの画質も向上し、ヘタなコンデジを上回っておりますが、特殊なシュチエ―ションでの補正等がわからず、勝手知った本機が活躍しております。旧モデルより一層手軽で便利になり、スピードも驚くほどです。デジイチの補完サブとしていましたが、その手軽さから最近デジイチはお留守番となっています。唯一の弱点は起動までに5秒ほどONボタンを押し続けなければならない事ですが、わかっていればそれ以外は充分要求に応えてくれています。専門的な写真はデジイチに任せ、そこそこの写真を気軽に楽しむにはお薦めの1台です。. 簡単な操作でスマホと比べれば光学ズームで綺麗な写真が撮れるので初心者向きだと思いました。ただ暗いところの写りが残念な印象でした. 今回はお宅様の商品を購入して‼️早速使わせてもらってます‼️とてもお安くて便利です‼️また何か有ればお宅様の商品を購入したいと思います‼️今回はいろいろと本当にありがとうございました‼️. この価格でこのレンズは超お得。まだ使い始めていませんが使い心地を楽しみにしています. ビデオの60fps撮影とhdr機能(スマホに良く付いてる機能)が無いのが素晴らしく惜しい使いやすいんだけどね. スマホ持ち込み禁止で使おうと思って購入したんですが、class10のsdを使っても、動作が遅すぎるし、ピンボケ率が高すぎて使えないです。スマホの方が高性能ですね。今回の場合は実売店で購入した方がきちんと試しが出来てよかったと後悔しています。. ホームページ作成用に買いました。スマホの画像も素晴らしいのですが、スマホは高価なのと個人情報が入っているので、落下や紛失などの取り扱いに気を使います。このクラスのカメラは小型で軽いので重宝しています。dsc-w35とdsc-p8を使用しています。10年使用のw35がピントボケになったので同等品と思われる dsc-w830を買いました。★いまいちと感じるところ:シャッターを押すと一瞬、表示が消えますが、再びシャッターが押せる状態になるまでの時間がw35に比べて長いです。☆一応!zeissレンズなので安価ではあるのですが、いいイメージです。. 以前は、ミラーレス一眼を使用していましたが、重くて旅行には不向きと思い、コンデジを購入しました。非常に軽く、旅行の思い出に残す程度であれば、性能は十分です。. 以前、使用していたサイバーショット dsc-t10 の手軽さを思い出しています。庭の花をマクロ撮影しても有効約2010万画素だけあって、とてもきれいに撮れて広角25mmから光学8倍ズームまで撮影することができ、コンパクトでお手軽です。. 近くのものを撮影するときに他のカメラだとピントが中々合わなかったので、少し高いこちらを購入。問題なく使えてます。強制発光時とかだとなかなかボタン長押ししてもフラッシュが付かなかったりします。自分だけかな。後は電源ボタンが押しづらいです。小さいのですんなりと押せません。押しても反応しない(多分押せてないだけかも)。奥までギュッと押し込めば付くのでちょっと変な部分で苦戦することがあります. ズーム機能が甘い感じがする。接写するときにピントが合いにくい。. 同じシリーズの『dsc-wx100』を使っていたのですが、画素数が2010という宣伝文句に惹かれて購入したのですが使って見てがっかりしました。オンオフ、シャッターボタンはつま先で強く押さなければ反応しにくく、遠近ボタンの操作もしにくいしシャッターボタンに触れる。ボタンは大きくなっているものの配置が良くない。最悪な欠陥はレンズ収納部の円形部分の外側のバリ取り処理をしていないことです!気をつけなければ怪我をします!すぐに改善するべきです。そして疑問に思うのは、同じサイズでありながら安っぽい外装にしたのでしょうか?旧製品と比較すれば一目見ただけで安っぽく見えます。ソニーカメラが好きで複数台使っていますがこのカメラは最悪です。買わない方が良いです。. このカメラは記録用として使うのがいいようです 旅行とか家族用には最適です とにかく小さい 気軽に毎日の家族スナップとかスマホのように使えます 特に動画は電源をつないで使えば2時間でもokです 外部バッテリーがないと1時間半弱でした 音はとんでもなくいいです 講演会で使ったらとてもよかったです私は、dsc-wx5を持っていたのですが何万枚か撮影後にダメになってしまったのでこのカメラを買いました 私はポケットに入れておくのに、a4プリンター用紙とアラビアノリでピストルホルダーのような薄いケースを作って普段に持ち歩いています 手紙用封筒に入れて持ち歩いても問題なく小さいです 専用ケースはゴロゴロしますので手作りの紙のケースに入れてます 取り出してすぐ撮影できます これでわたしはすぐ撮影できています こわれた機種は何万枚も撮影してyoutubeとかブログにアップしました vgaで十分なのです. どんなに高性能なカメラでも、撮ろうという意欲がわかないカメラならば買い物は失敗なわけですね。では、そんな(意欲がわく)カメラは存在するのかと思い、探したのがこのソニーの新商品でした。とにかく、単純なカメラであることだけは間違いありません。. ソニーのデジカメからの買い替えだったのですが、電源ボタンが小さすぎて操作がしづらくなってしまったのが残念。デザインは良いし、シャッターも相変わらず早いのでそこは気に入っています。. Dsc-wx100から乗り換えようとしたけど使い勝手、撮影能力、全ての点でdsc-wx100以下。デザインもスタイリッシュに見えるけど軽さ重視なのかプラっぽくて金属の重厚感無し。スマホの充電器が刺せていたのに今回は専用のケーブルが必要な点も改悪。少し動かして撮るとブレるし微妙すぎる。まだまだdsc-wx100を使い続けます。. 最初に見たときはびっくりするぐらい安っぽいです。私はpcで日記を書くので、それに貼り付ける写真を写すために購入しました。今まで使っていたキャノンのsx620hsが紛失したために仕方なく買いました。良い点①携帯性が抜群 ②画質はまあまあ(日記ソフトに貼る付ける分には問題無し) ③ワイド画像が撮れる ④マニュアルを見なくても直ぐに使える ④写した後の保存スピードが速い ⑤usbで充電出来る悪い点①安っぽい ②on/offスイッチが使いずらい ③モニターは見たらびっくりするぐらい粗い ④日付は入るが時間が入らない 以上ですが私は人にはお勧め出来ません。デジカメを何台か使った事がある人なら見たらびっくりするはずです。おもちゃです。. 4年間「cyber-shot wx200」を使い倒して、usb差し込み口フタがイカレた(左画像)のと、ズーム時に誤作動が出はじめたため、この製品に乗り換えた。私はコスパと最低限の性能に満足しています。以下、乗り換えてよかった点、悪かった点。《良かった点》1. 旧型機より光学ズーム倍率は落ちた(10倍→8倍)が実害なし。ズーム速度は大幅に本機の方がアップ。2. 本機はwi-fiではないが、旧型のものも転送がトロすぎて実用できなかったから、なくても結構。3. 室内撮影(ノーフラッシュ)でもそこそこ撮れる。これは旧型より継承されている。4. バッテリーのもちが良くなった(というか旧型は悪すぎた)5. 000円弱。wi-fiあるなしを除いてほぼ同機能でこの価格差は大きい。6. 旧型で使用していたバッテリーがそのまま使える(n/np-bn/np-bn1の3種とも使用可能)※画像中参照《悪かった点》1. たしかに電源スイッチ反応は悪い。0.

Read more
August 21, 2019comment(0)

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P1000 ブラック クールピクス P1000BK : 倍率に対しての カメラ全体の軽さ

noimg

 コンパクトカメラ?デカ!ただ、3000mmの超望遠でこのサイズは逆に凄い。大きさの割には軽いと思います。写真を撮っていて今までもう少しヨってくれって良くあったのですがちょ、ちょいそこまでいくかと言うぐらいヨリます。3000mmで250倍、そこからの電子ズームですがこれが凄い500倍までズームするので今まで動物や昆虫など逃げてしまうものに対して顔のアップで撮れちゃいます。新しい世界が撮れそうなきがします。まーただ、3000mmともなるとシャッターを軽く押すだけでもブレます。三脚、リモコンかセルフタイマーは必須です。動画の方が4kも録画もできますし良いかと思います。それにしても凄いカメラが出たもんですね!. P900を生物探索に使っておりました。比較して概ね買い替えて良かったと思います。ズームスピード、フォーカスの速さは前作を圧倒的に凌いでいます。何より液晶ビューファインダーが大型化したのは個体確認に大変有用でした。また枝葉の間の個体を狙うのがp900は圧倒的に苦手でしたが、mfでフォーカスリングを使えるようになったためデジタル一眼により近くなった印象です。全体的に重いのでフルズームでもそんなに前に重心が移って保持がつらくなることもありませんでした。じゃあデジイチ買えよ、という話ですがこの機能と望遠ついてこの値段は相当コスパ良いように感じます。重さ、大きさは一回り以上大きくなったので、持ち運びに多少のためらいを感じるのが★1個↓でもそれを覆すメリットの多さは大変魅力です。ケースは必須です。はようどこかウェットスーツ生地でソフトケース出してください。. 望遠撮影には向いていて、手持ち撮影ができる。画質は並クラスかな。. 画質や重さを重視するなら普通の一眼レフだと思いますが、何せ光学125倍で中々良い画質で撮れるのが一番気に入っているところです。普通の一眼レフだと超高額で巨大なレンズになってしまいますが、この値段でこの倍率が楽しめるので一番の売りじゃないでしょうか?三脚はケチらず良い物(自分はリーベックの3万以上)をお勧めします。2019/4/24 追伸月の撮影には良いのですが、星などの撮影はダメです。理由、iso感度を上げてしまうとシャッタースピードが決められてしまいます。通常、星空を取りたいiso感度にするとシャッタースピードが一番遅くても1秒までしか遅らせられませんでした。したがって、星を取りたい場合はtimeなど手動でシャッタースビートを調整しなくてはならないのですが、iso感度を上げられなので、ちゃんと写すには星が移動してしますので無理です。なので、キレイな天体撮影は無理です。リモコンに付いている設定機能で連続撮りして、比較暗合成などで星軌跡なら撮れそうですが・・・そこまでしてこの機で星撮りする苦労好きは居ないでしょうね!月+夜空が取れると勘違いしている方や悩んでいる方が居ると思い書き込みました。. Panasonic の lumix dc-fz85からのリプレースです。所有していたfz85も光学60倍と高望遠でしたが、1200mmから2000mmで撮影したい場合はテレコン付ける手間と装着後の取り回しに難を感じていたため、この機種の予約開始時に決めました。初めてのご対面の印象は「ごつい」・「レンズが太ッ」fz85のイメージからすべてを上回ってました。操作性は私なりに直感的に使えるので満足してます。また、evfがoledなのでfz85のevfがおもちゃに感じるほど表現が違います。本機の売りである125倍の画は本当に迫力あります。24mmから3000mmまでスムーズにズームできるのがよいです。素人なので気の利いた絵が取れなかったですが、1枚目~3枚目は直線距離50mくらいの鳩を24mm/1400mm/3000mmで4枚目~6枚目は直線距離1. 4kmのマンションを24mm/2000mm/3000mm で撮影航空機を撮影する際に重宝できそうです。カメラケースは以下のケースでぴったり入りました。hakuba 一眼カメラケース ルフトデザイン スリムフィット カメラジャケット l-160hakuba 一眼カメラケース ルフトデザイン スリムフィット カメラジャケット l-160 ブラック dcs-03l160bk. ズーム素晴らしいです。画像安定3000mmでは三脚が必要。手持ちでシャープに撮るなら日中でも1/200〜1/500秒で。f8までしか絞れない仕様なので、光線条件が良くないとシャッタースピード稼げないくせにどの焦点距離であっても、反射率の高い被写体でなくともフレア地獄。cplフィルターを使うとシャッタースピード稼げず動き物は被写体ブレばかり。isoは400以上は映っているだけマシな画質。(個人的には)400でもノイズ地獄。そして全焦点距離で画像がネムイ。特に望遠側2000mm以上は顕著。mf追い込みも余り効果無い。被写体が100mとか、かなり遠い場合は空気の揺らぎがあるのでシャープに撮ること自体物理的に難しいですが、さすがに20mとかでネムイのはキツいです。オートフォーカス本体のバッファが異常に少ないのか処理が異常に遅いのか、一度半押しafしてから再afするとフリーズして数秒停まってから動き出すのでチャンスを掴めない。単写撮影では同じ理由で再afが効くまでフリーズ数秒あるのでレスポンスは最低。一枚毎のかかる時間はフィルムmf機のテンポより倍くらい遅い。追随afは機能があるだけ。速度、精度共に他のポイントサイズのコンデジ以下。置きピン&運で単写した方が成功率高いかも。その他機能の融通性・ボタン等への機能の割当て性がほぼ無いので致命的なほどカスタマイズ性が無い。このモードではあれが出来ない、これが出来ない、これしか出来ない、が多すぎです。撮影の軽快さは同じ大きさの撮像素子を使っているスマホの方が遥かに良い。10万円以上する機体なのに、使った感じは雑誌のオマケ?というレベル。ただし、キマったときは万歳したい画が出ます。お高い一眼と高級レンズでトリミングするよりマシな一枚になることがあるのは非常にデカイです。でもとても稀なケースですが。デジタルメディア用で大判印刷が必要無いことが前提であれば充分通用すると思います。それがこのサイズ・重量・取り回しで出来るのはP1000以外にないです。何より鳥撮影の際に鳥のストレスにならない距離から自然な姿を手持ちで気軽に撮影出来るのは素晴らしいです。派手な服装や騒音・動き方を控えれば、迷彩服にブラインドテント、長丁場用のイスや食糧、ひたすらジッと我慢して静かに息を潜めて何時間も待つ必要も無いです。そこだけは飛び抜けて優秀だと思います。条件はありますが、3000mmで手持ち撮影出来るくらい手ぶれ補正も優秀だと思います。写真はフォトショで現像した中でまだまともだなと思うやつをあげておきますので参考にしてください。悪いやつからだんだん良いやつになります。. Nikon デジタルカメラ COOLPIX P1000 ブラック クールピクス P1000BK モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 3000mm相当で開放F値8を実現。超望遠でも高画質。 ●補正効果5.0段のデュアル検知光学VR ●ピント合わせや露出補正などの機能を割り当て、マルチに使える便利なコントロールリングを鏡筒に搭載。 本格的な画づくりができるRAW(NRW)対応 ●フルHDの4倍の高画素で撮れるステレオ音声付きムービー撮影で、より高精細な表現が可能。 月や野鳥も手持ち撮影で美しく「月モード・鳥モード」 ● 細部まで圧倒的な美しさ「高性能NIKKORレンズ」 撮影間隔を自由に選べる「インターバル撮影」 白とびや黒つぶれを解消「アクティブD-ライティング」 パソコンからの電源供給で充電できる「Micro-USB充電」 最短撮影距離:1cm ※マクロAF時 ●連続撮影速度7コマ/秒 ※連写H[約7コマ/秒で約7コマ(16M)]、高速連写 120fps(約120コマ/秒で60コマ連続撮影)、インターバル撮影 有効画素数:1605万画素 重量1415g ※電池、SDメモリーカードを含む 防塵機能:非対応 ●顔認識:有 倍率アップと使い勝手の進化.画質は良くなったのと特にファインダーは良すぎる位.重く成ったのは覚悟の事。. 待望のp1000は最近のiphoneと同じくらいの値段ということで迷ったのですけど、画質アップ&光学125倍の魅力に惹かれたので思い切って購入。サイズと重量が大きくなりましたけど元々p900を使用していたので気になりません。画質は最近の一眼レフにも現役で搭載されているエンジンになったおかげでかなり良くなっていますし、付属のレンズフード(p1000から使用可能)を活用することで撮影の幅も広がります。気になる点として、ズーム速度は速くなって快適な一方で電池の消耗が心配だったりするわけですけど、私は日頃から使う時だけon、使わない時はoffを心掛けているので、残りわずかになったり電池切れになったりする事は1年近く使用した現在でも無いみたいです。ちなみに、電池はen-el20aになった関係でp900のen-el23を使い回すことはできません。とりあえず、価格は10万↑になってしまいましたけど、価格以上の性能を搭載してるので買う価値有りです。ただ、重量が1. 4kgくらいあるのでそこを理解した上で購入の検討を…。後、レンズ用のフードですが、着脱を何回もしているうちにネジ部分が緩くなりちょっと当たっただけでフードの位置がずれたり外れやすくなります。(後から写真を確認するとフードが写り込んでいて後悔…)なので、撮影時にフードを使用する際はずれてないかを事前確認で…。そして、うっかり落下させて紛失しないよう注意してください。(消耗品?)参考までに、撮影した写真を載せておきます。1枚目・・・月2枚目・・・風景3枚目・・・蝶4枚目・・・ショッピングセンターを等倍で撮影5枚目・・・4枚目のショッピングセンターを光学125倍で撮影. 少し重いと感じました、使いなれれば気にならなく成ると思っています。. 自宅は眺望がよいので、望遠鏡を置いて景色を見ていたのですが、このカメラがあれば望遠鏡は不要です。手ぶれ補正機能が強力で、望遠鏡よりずっと使いやすい。一般的な使い方ではありませんが。. 風景。及び天体撮影に使います 特に月影. 夕日等のアップ写真は良く写ります。 ⅠSO感度がマニアルでない事が残念です. Nikon デジタルカメラ COOLPIX P1000 ブラック クールピクス P1000BK : 以前から持っていたp300では野鳥撮影は少し無理があるので2018年9月にリリースされたp1000を10月に購入。一眼レフカメラと単焦点レンズでは移動距離の長い観察には向かないが、この機種ならある程度長距離でも耐えられるので結構重宝している。しかし、撮影待機状態で数分以上の場合、ストールする事がある。電源オフボタンも効かないので電池パックを外すなどの強制操作でしか復旧しない事がある。まだfwアップデートが出ていないようだ。. 光学で3000mmがこの価格、安い買い物です。センサーサイズが・・・、本体の大きさが・・・、いくつか不満のある人もいるでしょう。そんな人は一体何をどう撮りたいのか?この金額でどこまで求めているのか?画像の検証が趣味?作品を造り表現したいのなら必要充分です。クライアントに求められているのならそれなりの機材が必要でしょう。所詮は趣味の範囲、私には購入して楽しいことばかりです。. 野鳥撮影のために、p900を所有p1000は3.000ミリの魅力で購入、迫力はあります、それから、p900の欠点が改善されている。鳥モードなるものは、子供の玩具程度、00モードなるものは、元々使用するつもりはない。問題はピントが甘い(解像度が最悪)、初期の故障かと思い、交換してもらいました、結果はおなじでした、2.000ミリの同一条件で撮影しましたが、明らかに、p900の方がよい、何度もいろいろ撮影しましたが、結果は同じ、返品しました、2台とも故障とは考えられません、私にとっては、ピント甘いカメラは不要です、大きく写したいと思う方にはいいと思います。写真1はp900、2. 000ミリ相当にトリミング、写真は2はp1000, 3000mm、トリミングなし、これは一例ですが、この画像で、変だと思い、沢山の比較写真を写しましたが、p1000は眠いという結論に至りました。ちなみに、一眼から、pシリーズまでニコンのファンとしていままで来ましたが、ショックですね。・・・・ニコンが販売に踏み切ったのは、よほどの事情があるのでしょうね。・・・・甘く眠い画像を見て、販売禁止の声をあげた社員がいるはずです、かわいそう。・・・全部を回収する勇気に期待します。答えとして、p900とp1000,どちらかをくれるといえば、マヨはず、p900を頂きます。. 一人で、にんまりしている毎日です。若干ですが重たいのが、悩みです。.  被写体別にこの1台で使えるので超便利。特に大きくお月さんを撮るのが楽しくなるほどシャープに撮れる。4k動画もなかな優れもの、野鳥モードは飛んでいる野鳥にピントが合いにくい、マニュアルでピント合わせが出来ればいいのですが、リングを回すと露出補正になるのが少し残念、しかしスポーツモードで連射すれば画像サイズも小さくならずに撮れるのでいいかなと、取説に書いてあるように太陽を直接撮ると花びらのような赤いゴースト、フレアが出るセンサーにも良くないのであまり使わない方が良いでしょう。s,m,a,野鳥モード、等で連射すると、自動で1280xにリサイズされるので、プリントを大伸ばし出来ない可能性があるので,注意が必要かと思います。全体的にはそこそこ使えるので良いかと思います。まだまだこれから使いこなそうと思っています。全て手持ちで撮影してみた野鳥の画像を追加します。. 最近バードウォッチングにハマっている母から、「鳥の写真撮影するのに凄い望遠のカメラ買ったんだけど重くて持ち歩くのも大変だからあげる」との事で我が家にこのカメラがやってきました。どうやら現物を見ないでニコンから通販で購入したようだ。第一印象は、デカイ!そして重い!凄い望遠との事だったので、ベランダに出て超望遠を試してみて驚いた!!!500メートルは離れている有名なタワーの展望台の人の顔が判別できてしまうのだ!驚いて妻にも覗かせてみると、「凄い!でもこんなカメラがあるんじゃ景色の良い露天風呂とか行けないね」と一言。確かにそうだ。。。例えば高層階のマンションに住んでいて近くに同じ高さのマンションがなくても、500メートルも離れた場所に同じ高さのマンションからこのカメラを向けられたらブラインドやカーテンを閉めたままにしないと部屋の中が丸見えだろう。月や鳥を撮るのには最適なカメラかもしれないが、違った使い方をする方の手に渡るとヤバイカメラになってしまう。10万ちょっとで超望遠で手振れ補正の性能のおかげで三脚を使用しなくても遠くの対象物が簡単に撮影できてしまうこのカメラ。こういうものを安易に買える値段で発売するのはどうなんだろうと考えさせられました。ちなみに、こちらで撮影した月の画像が公式サイトにありますが、明るい月だから撮影できるのであって暗い場所での望遠撮影は全く使えません。あくまで日中の屋外、又は明るい月を単体で写す際に超望遠の威力が発揮されるカメラです。. P900では、メモリカードが128gbmaxでしたが、p1000は512gbまで対応できる点がいいです。また、4k動画で100m以上はなれた一級河川対岸にいた、「ダイサギ」「かわう」などが精緻に撮影できる点は脅威だと思いました。問題点としては、やはり重さと、望遠を最大近く利用した場合の被写体をカメラ内に正確に捉える難しさでしょうか?慣れるまで、少し経験が必要と感じます。あと、静止画の解像度が、他社製品のデジカメのように、もっと出るとありがたいです。. 昨晩(4月8日)、三日月でしたので、初めて月の撮影をしてみました。(issの撮影は別のカメラで撮りました)月モードがあるので、なにも設定する必要はありません。普通のうんだいでは、月を視野内に入れても、すぐに動くのでなかなか撮影することができません。自分はビクセンの微動うんだいを持っていたので、それを使って撮影してみました。ちょっとずつ動かしながら視野内に入れることができます。赤道議がなければ必須と思います。きれいに写っている写真は赤道議を使っているんだと思います。そういえば、持ってた赤道議。ポータブルですが。ここだと言うところで、リモコンを使ってシャッターを切ると、まあまあきれいに写ります。まあまあの理由は三脚です。このカメラ重くて(自分は想像していたほど重くないですが)、おっきいので、ちょっとの風で揺れます。三脚もそこそsしっかりしたものですが、それでもわずかに動きます。そのため、どうしてもシャッターが開いているわずかな時間にゆれが生じるのです。もちろん大気の揺らめきも影響しているのかもしれません。月が西の空の20度ぐらいの方向でしたので。それでも、初めて月を画面いっぱいに撮ったのに、きちんとクレーターも見ることができました。10万ちょっとですが、それ以上の価値があるのではないかと思っております。もしかすると、issも撮れるかも知れません。動きが早いけど^^;今度は飛行機の撮影でもしてみたいです。このときは、ニコンのドットサイトが役に立つはずです。これまで撮れなかったものが撮れる。それも10万ちょっとでと考えると、恐ろしく安いカメラに見えてきます。ということで、今後のgwでいろんなものを撮りに行ってきます~~^^追記満月になったので写真を撮ってみました。予想以上に簡単にきれいに撮れました。画像は、解像度をかなり落としていますが、それなりにクレーターもしっかり写っています。.  変わったカメラが好きなのと天体写真を撮るのが好きでp1000を購入しました。他にdfも所有しておりp1000が届いて大きさの比較をしました。dfに24-120mmニッコールを装着した大きさと重量でほぼ同じで笑ってしまいました。昨日届き早速今日早朝に月と木星が並んでましたので撮影しました。今までは口径115mmの反射望遠鏡にアイフォンをコリメート法で撮影してました。それと比べれば画質(シャープさ)は劣るものの僅か数枚撮っただけでこれだけ写るのに驚きました。(三脚無し・レタッチ無し)コンデジなのに笑それに何より正立で写るので画像編集の手間が省けます。三脚を使い露出・フォーカスをマニアルで追い込めばかなりのポテンシャルを感じます。もちろんレタッチするのも良いと思います。気になった点近所の電柱にカラスが停まっておりそれをショットしましたがカラスが黒いせいかafがなかなかスムーズに合いません。電柱や電線は簡単にピントが合いました。dfには無い手惑いでした。シャッターボタンにねじ穴が空いてないので従来のレリーズが使えません。ホットシューカバーも付属してもらいたいです。概ね2000mm以下でしたら画質は良く申し分無いです。タブレットの充電器(マイクロusbタイプ5v-1a)で充電できました。(自己責任で!)望遠好きな人にはお勧めでcpはかなり高いと思いました。まだ一日しか使ってませんが買って良かったと思います。最後に頭の上を米粒に満たない大きさで飛行している飛行機を最大ズームで撮りました。赤いjalのマークが見えます。すげー!の一言です。. 600/F4で野鳥の撮影をしていますが、時たま2倍のテレコンをつけても、あともう少し寄れればと言うシーンが野鳥撮影の場合あります。p900も良いと思いましたが、フイーダーの視野が狭く購入する意欲が湧きませんでしたP1000が発表され新宿ニコンで実機を触り感触がすごく良い感じで即注文、フイーダ視野もD500までとは行きませんがそれに近いです、一応D500のサポート機として購入しました。望遠は当然ながらテレ短24mm/f2. 8で100mm近くまで寄れマクロ撮影も可能、3000mmは三脚&遠隔リモコンは必要です. 40年来のニコン愛用者です。この大きさで⒉3インチのコンデジとは、随分と中途半端な物を作ったものと思いつつ、つい怖いもの見たさで^_^購入。お散歩カメラの一つとして毎日、イロイロ試しながら使用中です。これまで主に街中の散歩にはパナソニックに広角レンズ、郊外の自然の中の散歩にはrx10 iiiをそれぞれお供に下げて歩いています。自然の中を歩く場合、季節の移り変わりや動植物など、刺激的な場面が沢山あり、広角から望遠まで使えるととても写真の幅が広がります。そこでp1000 に魅力を感じました。rxでも十分ですが、珍しい野鳥に遭遇した時に、もう少し引っ張れたらなァと、思うことが時々あります。まず、当然のことですが、ノーマルで3000ミリは迫力あり、私には十分な焦点距離です。何よりも魅力はこれ。重いのは納得の上ですので気になりません。気になる点をまとめます。①バッファが少ないので書き込みが遅く、連写の場合、2、3枚でやめます。それ以上だと、次のシャッターチャンスを逃します。対応として書き込みの早いsdカードを新たに購入しました。あまり効果は有りませんが。②⒉3インチのためだと思いますが、光が少ない曇りの日や逆光気味で露出補正などをすると解像度が極端に悪くなります。記録として撮るのであれば全く問題はありません。③私のカメラの問題かも知れませんが、野鳥モードの場合、暗めになります。afエリアの関係か?合わせて連写の場合、手ブレの関係で、対象の位置がかなりズレます。この2点については、通常のpモードで撮影するといずれも軽減されますの、なるべく野鳥を撮るときも専用のモードは使わないようにしています。④手ブレ問題。流石に3000ミリは手強い。ただ、どうしようもないカットが意外に少ないのには、初めは驚きました。本来の目的がお散歩ですので、重たい三脚は持ちたく無い。そこで、本日から一脚と腰ベルトを持って散歩に行ってきます。. 3年半年の月日を経てp900で足りなかった部分を穴埋めする形でパワーアップし帰ってきました。目玉の超望遠機能は光学125倍ズーム&ダイナミックファインズーム250倍に対応。肉眼で見えないような遠い被写体もばっちり捉えるレンズ。超望遠ですが、ひずみも少なく24mm~3000mmまでオールで使えます。同価格帯のcanonの80dを所有していますが、望遠+テレコンを付け400mmに対し、本機は同一体格で3000mm対応。運動会等で大活躍です。デジタルズームが特徴だけのカメラではなく、立派な一眼レフとして使えるレベルに仕上がりとなってます。. 野鳥写真撮影がメインです。3000mmはafの付いたデジスコのようなものです。いつでもどんな場面でもすぐに使えるサブカメラとして言うことなし。気軽に楽しむならこれ一台でもok。24時間手元に置いて備えています。欲を言えば望遠側のフードもついていればいうことなしです。写真のように改造して作ってしまいました。. ニコン光学技術の結集。驚愕の望遠端3000mm。はじめて見る世界がそこに。肉眼では捉えきれない 光学スナイパーp1000誕生。. これまでにも、主に動画撮影を行うために高倍率のデジカメを愛用してきました。キャノンのsx50hs(光学50倍)やパナソニックのdc-fz85(光学60倍)などです。本機p1000は、光学ズーム125倍という事で、一気に倍以上の倍率と、待望の外部マイク端子装備しての登場だったので飛び付きました。カメラの購入については、発売後しばらく様子見をし、評価が出揃い、値段がこなれてきた辺りで購入するのを常としてきましたが、この機種に限っては、初めて予約での購入に至りました。それだけ、このカメラに寄せる期待は大きかったという事なのです。が、実際に使用してみると、少々思いが変わってきました。最大のネックはその大きさです。youtubeなどで海外の動画を見て、本機が大きいという事は大体理解していたつもりでしたが、実際に目の当りにしたら、予想を上回る大きさで、一瞬、絶句しました。高倍率ズームのカメラは、何かと重宝しており、普段使いにしてきましたが、本機の大きさは、そうした『気軽に持ち出す』という気持ちを萎えさせるに十分な巨漢ぶりを発揮していると思います。見た目の印象通りに重いですし。次に、125倍ズームについてですが、その動作感は、これまで使用して来たものよりスムーズで、好感触を得ることが出来ました。しかし、やはり125倍ともなると、三脚に乗せていたとしても、ズームレバーを触る指から体のブレや揺れが伝わってしまい、少なからずブレます。とは言え、この点については、本体から手を離せば揺れは収まりますので、スチルをメインで使用される方にとっては、大きな問題とはなり得ない事でしょう。待望の外部マイク端子については、動画も撮れるカメラでありながら、各メーカーの高倍率ズーム製品にこれが無いのが当たり前のような状況だったことに驚きです。屋外での撮影時に、風が少しでも吹いていたら、内臓マイクは風に吹かれ、ボボボという大変聞き苦しい音声の動画になってしまいます。この点が改善されたことについては、本当によくやってくれたと感謝の念すら湧いてきます。しかし、それでも気になったのは、fhdで動画を撮影する際、構図を決めて録画開始ボタンを押した瞬間、画角が狭くなって録画が開始されてしまう点です。これには閉口しました。構図を決めた時には画面の端っこに映っていたハズのものが、撮影開始と同時にはじかれてしまうのですから。何のためにこのような仕様になっているのでしょうか?理解不能です。手にする前の期待値は☆五つでしたが、実際に手に取って、ちょっと使ってみた感想としては、残念ながら☆三つとなってしまいます。今後、使い込んでいくうちに印象も変わるかもしれませんが、ファーストインプレッションとしてはこんな感じです。https://youtu. Be/wzpajh8ugfq【追記】購入後、いろいろな撮影に本機を用いて来ましたが、何度か熱暴走が原因と思われる完全フリーズ状態に見舞われました。液晶に映し出されていた映像がフリーズして、どの操作ボタンも一切無反応。メインスイッチの長押しでこの状態から解除されたことも有りましたが、多くの場合は、バッテリーを抜く以外にリセットすることが出来ませんでした。しかし、この方法カードに多少の影響が起こりうるようで、リセットした直後、カードを修復しますか?と訊いてくる来ることもありました。他にやりようが無いので、どうにもなりませんが。あと、このカメラは暗さにめっぽう弱いので、光量が不足気味での場面では注意が必要です。民生機のビデオカメラでもそこそこの明るさで撮れるような照度下であっても、本機でビデオ撮影を始めると真っ暗になってしまいます。そして、本機を数ヶ月使用してきましたがやはりこの大きさと重さが「普段使い」には向いていないという思いがさらに強まりました。ズームは80倍程度で良いのでもっと小型軽量で、しっかりした音声入出端子を持ったものが出たら買い換えてしまうかもしれません。. P900からの乗換組(正確には買い増し)。もちろん!3,000mmが最大のウリ・スペックのこの機種だが、+1,000mmで価格は倍以上、重量もゴツさもズッシリと増したのでコスパ感は後退。こいつを持つと逆にp900のバランスの良さを感じることもできる。ただし、商品価値としてはズーム性能以外も実は重要で、p900比でピント・ズーム速度向上、ファインダー画質向上、アクセサリーシュー装備・別売ドットサイト発売、raw対応、mfスイッチなど改良点多数、p900を使っていた人なら膝を打つ、不満軽減の正常性能進化版。特に超望遠域でピントが迷う/マニュアルあわせに四苦八苦していたので、そしてp1000になってもやっぱり完全ではないので、一発mf・コントロールリング装備の改良だけでも買った価値がある。この機種について言えば、比較対象はあえていえばテレスコ、その比較なら手軽にお安く・軽く、という意味ではものすごい革命的な商品。他コン(?)デジと比較のしようがない。逆に、これ1台で. と考える人には全くすすめられない。買うべきか買わざるべきかあれこれと迷うぐらいなら購入を控えた方が良いかもしれない。モードはいつも自動で、倍率高いカメラが欲しい程度ならp900(とか他社高倍率コンデジ)がお安くてバランス取れていてすすめられる。買う理由、3,000mmだから。以上。覗いたことのない世界、見たことのない世界を見たい(写したい)から。以上。そういう機種だと思う。ただし、覗くものをお間違えなく. ええ、私は鳥や猫や大自然の風景を写してますよ。. レンズ交換無しでこれだけの倍率、そして綺麗に撮れるネオ一眼は素晴らしいです。気軽に写せますが、持ち歩きには少々大きくて重いです。. この製品が出てから買って正解!.

Read more
August 20, 2019comment(0)

ヤシカ Yashica 508万画素cmosイメージセンサー デジタルカメラ 軽量 薄型 4倍デジタルズーム搭載 Ez F525 レッド : きちんと作ってあると思います。

noimg

 先日購入し、まだテスト撮影しかしていませんが、”とても良く出来ている”というのが率直な感想です。A4プリンタでプリントするのでしたら、500万画素で十分綺麗だと思います。 最近は、1000万画素クラスのコンデジが主流ですが、某メーカーのカタログの作例を見ると、ものすごい無理をして、綺麗に見せているように感じます。 コンデジのような小さいセンサーで画素を増やすと、1個あたりのセンサーが小さくなりすぎて、ノイズなどいろいろ不都合な問題が発生しやすくなります。 ・・ただ逆に、それを映像エンジンで、綺麗に写るように画像処理する技術はとても素晴らしいと思うのですが・・。 このカメラの欠点ですが、シャドウ部分や、露出アンダーの部分にノイズ(偽色)が発生しやすいようです。 シャッターフィーリングも、押した瞬間にカシャっと言わず、かなりタイムラグが(・・1秒くらい?)あります。 撮った写真をパソコンで拡大しても、500万画素らしく、かなり精細です。 まだシャープネスは「標準」でしか使ってませんが、このクラスのコンデジは、画像処理ソフトでいじった方がいい気もします。 「標準」だと少し甘く感じますが、十分許容範囲です。 操作性も良く、デザインもシンプルで好感が持てます。ケースも付いてますし、いろいろな意味で、手抜きは感じられません(値段からしても)。 問題はこの製品の寿命でしょうね。 どのくらい持つのか分かりませんが、コンデジのエントリー機として、決して買って損は無いと思います。  . これはトイデジです。普通に写るカメラがほしい場合は国内有名メーカーの方がいいと思います。トイカメラとしては高性能な部類にはいると思います。. 値段が安く、手軽に持って出掛けられ撮影が出来てとても重宝です。欲を言えばもう少し薄くて電池も充電式が望ましいと思いますが、反面単4電池2本は何処でも間に合う電池なのでこれはこれで又良いです。ズームも4倍ズームと欲張りで近接撮影からチョイ望遠まで撮影可能は値段の事を考えればお勧めカメラかな・・・・。. 画質は期待しないで下さい。とにかく値段で勝負です。今なら、iphoneなどのスマートフォンの方が余程綺麗に撮れるかもしれませんが。。。購入した当時はインフラ系の仕事をしていたので、サーバー室などで写真を取るのに購入しました。セキュリティがしっかりした現場だと、スマホや携帯を預けないといけない場所もあったので、その時はこれを持って行っていました。取るだけ、見るだけなら問題ありません。外見は少しおもちゃみたいです。. 最初は、そんなに期待はしていませんでした。まともに普通に撮影したら、そんなに良くないほうだと思います。が、しかーし!流し撮りをすると、あら不思議!写る世界がことごとく歪んだり傾斜したりと、素晴らしいことになるのです。特に、風景を流し撮りしてみて下さい。垂直の建物やポール等が強風に吹かれて倒れるように写るのです。まっとうなカメラに飽きたマニアックな方々には、最高です。傑作がバンバン撮れること請け合いです。. Yashica 508万画素cmosイメージセンサー デジタルカメラ 軽量 薄型 4倍デジタルズーム搭載 Ez F525 レッド モデル番号を入力してください これが適合するか確認: YASHICAブランドの500万画素デジタルカメラ!乾電池(単4)駆動でコンパクトな薄型ボディと質量82gの軽量ボディが特徴。使いやすさNo.1で女性やお子様でもカンタンに使うことが可能、持ち運びも楽々。デジタルズーム最大4倍。動画撮影も可能。高性能を手軽に楽しむことが出来るデジタルカメラの登場! メーカー型番 : EZ F525 セット内容 : カメラ本体、CD-ROM、単4形乾電池(2本)、USBケーブル、ポーチ、ストラップ、取扱説明書、保証書 撮像素子 : 1/2.5型 508万画素 CMOSイメージセンサー 有効画素 : 508万画素 / 総画素 : 517万画素 内蔵メモリ : 16MB容量 フラッシュメモリ Yashica 508万画素cmosイメージセンサー デジタルカメラ 軽量 薄型 4倍デジタルズーム搭載 Ez F525 レッド :

Read more
August 20, 2019comment(0)

ソニー(SONY) ソニー Sony Dsc-T7 B Cyber Shot : ボタンの位置が・・・。

noimg

携帯できバックにかさばらない薄さが気に入って、赤ちゃんを撮影しようと半年前に購入しました。しかし少し子供が加えただけでヨダレといってもさほど付いていないのに、水分が毛細管現象で内部に入っていき、電源が入らない再起不能の故障になってしまいました。他の製品に比べて、薄さの分、水分には十分注意しないといけないという事でした・・・修理も大金がかかるので諦めましたが、商品自体は気に入って使用していたのに残念です。水分が少しでも付きやすい環境の方は注意が必要です。. 薄型で軽い操作も結構簡単なのでお勧めなのですしかし薄くて軽いには欠点が・・・それは持ちにくいという欠点です・・・小さくしていけば仕方ないですよね・・・胸ポケットに入れて撮りたいときにだしてパシャリととる使い方をしてますデザインもシンプル. 何といっても、魅力的なのは世界最薄デザインと&大画面液晶。実機は写真よりガンメタっぽいです。難点は、レンズカバーの開閉や、撮影時のメニュー操作が片手では難しいことと、メモリースティックデュオの高値止まり。. このカメラは晴れた日に外で撮るなら問題はありませんが室内では三脚を使いセルフタイマーを使用しないと撮れません。sonyにクレームの電話をしたらそう言われました。. ボタンの位置が・・・。 ボディの塗装が弱いのと素人向きでないが残念です。 難点は・・・ ソニー Sony Dsc-T7 B Cyber Shot モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ●Cyber-shot DSC-T7 ブラック●SONY ともかく塗装がヤワです。 レンズのシールド部分の塗装が特に弱く、爪で引っかいただけでハゲます。 本体の塗装もかなり弱くて、カメラメーカー製の金属ボディと比べると、クレームが多発しても仕方ないレベルで気軽にポケットにケースにも入れずにしまえるような塗装の強靭さはなく赤ちゃんの肌のようにデリケートです。 スタイルにこだわったモデルだけにこの塗装ハゲはなんとかしてほしいものです。 肝心な画質ですが、以前にT1を使ったことがあり、あまりの画質の悪さに即刻返品したことがあり、どうせ500万画素といったって300万画素程度の力しか無いという先入観がありました。 どうせ細部が溶けたような描写なんだろうと。ところが、iso感度を64に固定して使うと画面周辺まで相当な高解像度とかなりリアルな質感描写でT7で撮ったとは思えないという印象でした。 下手な普通サイズのコンパクト機よりとくに周辺の描写力は高いくらいです。 バリオテッサーなんてどうせブランドだけであんなレンズの作りでは写りは悪いという先入観があったため余計にそう感じる部分もありますが、過度の輪郭強調に頼らない自然な解像感には一寸驚きました。ただし、画質が良いのはiso64だけでせいぜいiso100まで、iso200となるとかなり悪化し、iso400ではお約束のとろけた画像になりますが、コンパクト機の小さいCCDでは仕方ないところです。この手のカメラは、晴天時は良いですが、夕方、室内、夜間となると簡単にシャッター速度が1/8など一桁になるのできちんとカメラを扱えない人には向きません。 これはT7に限ったことではなくコンパクト機全般にいえることです。 なので手ぶれするとかクレームの嵐になってしまうんですね。 iso感度を上げて対応すれば画像の想像を超えた劣化に直面してしまうんです。 カメラを知った人が使うと以外に薄いボディでも持ちやすいし、昼も夜も意外なほど良く撮れます。 カメラを知らない方が使うと晴天以外まともに撮れないロクでもないカメラという評価になります。 この利用者(素人向きでない)とのミスマッチと利用方法(ラフな扱いで塗装がハゲる)とのミスマッチがT7の問題です。  .  デザインもよく、コンパクトで使いやすいカメラだと思います。スイッチの代わりのフタもいいし、液晶も大きく見やすいです。撮った画像もきれいで不満はありません。しかし、他のサイバーショットシリーズと違い、なぜかこのカメラのみ操作ボタンの位置が逆です(普通は右だが、この機種のみ左)。今までサイバーショットを使っていた方は、大きな違和感を覚えることでしょう。また、若干暗いところでの撮影には弱いかもしれません。中途半端な明るさのとき、すべてオートでやっているとピントが合わずボケることがけっこうあります。(フラッシュ強制発光で回避できます).

Read more
August 20, 2019comment(0)

ペンタックス PENTAX Optio S60 : 電池のもちが、、

noimg

12月末に買いましたが、最初の印象オキシライド電池で50枚程度で電池切れしてしまいます。電池が切れる時に電源が入ったり切れたりするので壊れたかと思う挙動がマイナス。それ以外は、十分実用には満足しております。初心者向けにはとても良いですが、完成度は若干低いかな?持ち運びできる安めのデジカメを探すならばこれで満足です。1月頭にペンタックスに相談したら不良品と判明。。トホホ. 私の祖父がデジカメが欲しいと言い出してから探していたところ、ちょうどよくセール品として売っていたので買いました。操作性も上々で、程ほどな大きさの液晶画面のおかげで不用意に強く押して壊れるということもありませんでした。我が家のデジカメは固定バッテリー式で、20枚も撮れば電池切れを起こしてしまいますが、このデジカメでは電池式なので長い間使えるという利点があります。ひとつのデジカメの操作に慣れてしまうと替えたくないという方が結構いらっしゃるので、そういった方に送るとしたら適切だと思いました。. 乾電池式でありながら小型でデザインも良く気に入っています。画質は荒いのですが動画も取れるので、ちょっとしたお出かけならこのカメラを持ち歩くようになりました。専用フォルダー(別売)もシンプルなデザインで、ベルトに付けられるのでカンタンに持ち歩きが可能です。自分としてはファインダーが無い点がマイナスですが、室内での応答速度もまあまあですし、機能も(まだ使いこなせないくらい)充実しているのでお勧めです。.  60代の母親にプレゼントするために、なるべく簡単な操作で撮影が出来るもデジカメを探していました。 他の600万画素の機種に比べるとかなり安かったので、余った予算で512mbのsdカードとニッケル水素充電池(eneloop)も同時購入しました。 ダイヤルで簡単にモード変更できることやメニュー表示が拡大できるなど母には好評でした。 自分でも使ってみましたが単三電池を使用するので、流行の薄型筐体に比べると若干厚めですが、その分シッカリと握ることができるので安心感があります。撮影データをプリントしてみましたが、いつも使っているキヤノンのデジカメよりはあっさりした画像だなと思いました。なお、他のレビューでもありましたがアルカリ電池だと消耗が早いのが星一つ分マイナスになります。ニッケル水素充電池の購入は正解でした。. おじいさんへのプレゼントにどうでしょう 値段以上の性能に満足 電池のもちが、、 PENTAX Optio S60 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: メーカー型番 : OPTIOS60 有効画素数 : 600万画素 CCDサイズ : 1/2.5インチ 光学ズーム : 3倍 デジタルズーム : 2.6倍

Read more
August 18, 2019comment(0)

ニコン Nikon デジタルカメラ COOLPIX – COOLPIXS710B

noimg

購入して数年経過してしてますが、旅行の必需品です。現在まで故障もなく働いてます。. 買ってよかった!送料も無料で商品も納得できるものだった!またよろしく!. かなり古いタイプですが、十分に使用に耐えています。画質も満足です。. デジカメを5年ぶりに買い換えました。まず色合いがどう設定してもあまりよくありません。なんというか乾いた感じの写真になってしまいます。画素数とか全ての数値が前のよりかなり良いのにも関わらず、前のカメラで撮った写真の方が綺麗に見えます。あとは液晶部分が広くなったので、買ってすぐに手を滑らして落としたら画面の一部が黒くなってしまいました。落とした自分が悪いのですが、従来のデジカメなら落としてもこんなに簡単に壊れたりしなかったので残念です。修理に出しても色合いが気に入らないので、1年しか使っていませんが新しいものを買うつもりです。. 昔からニコンレンズのカチッとした解像力は好きでしたが、コンデジながら1200画素で撮影するとパソコンで取り込んだ後で自由に拡大してみると画面の隅々まで細かい点が分かり重宝しております。速写能力もあり、少しカメラが分かった経験者でも十分楽しめます。シャッター優先や絞り優先モードもありデジイチの補助機としても有用です。モニターの画質はやや荒いですが、実際の写真は高画素で撮影されており実用上は問題ありません。. コンパクトデジカメで、マニュアル設定ができ、ISO感度も高かったので期待したが設定動作に時間がかかるし、オートフォーカスに時間がかかる暗いところの撮影では、粒子が荒くなりすぎてあまりよくなかった。最近は設定ダイヤルも、接触不良を起こし始めている。. 私がコンデジを選ぶ基準は・コンパクト性・操作性・電池もち・デザインが主な事項ですが、この機種はどれも満足のいくものになっています。特に電池もちはすごいですね。以前使っていたキャノンixydigitalには無かった電池もちです。一日中バシバシ撮っても余裕です。あと、デザインや質感は流石は老舗カメラメーカーnikonと言うべきもので、美しく、手に馴染みます。コンパクト性については持つ人によるとは思いますが、がっしりとした造りで少々ごつい印象を受けます。ですが、薄型とかにはあまり興味無いのでこれくらいがちょうど良いです。写真の色合いがしっとり落ち着いていて、この感じ好きです。細かいところですが、プレビュー画面の表示が速いと思いました。特に動画撮影後のプレビューは店頭で触った際に他機種との差を感じました。この機種を使い始めたら、無性に一眼が欲しくなりました(笑). 利点と欠点 メリット Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S710 アーバンブラック ニコン 解像度はニコンの伝統 NORI デメリット 特徴 Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S710 アーバンブラック COOLPIXS710B モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ●COOLPIX S710 アーバンブラック●Nikon ベスト Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S710 アーバンブラック COOLPIXS710B レビュー

Read more