CASIO(カシオ) Casio デジタルカメラ Exilim Ex-Z550 ピンク Ex-Z550pk : プレミアムオート

 カシオ独自のプレミアムオートが使用できるボトムグレードです。レンズは35ミリ換算で26ミリからとなっており,常用域を十分にカバーしています。 なんといっても小型軽量なのがいいですね。液晶のドット数やズーム倍率,af補助光が未搭載などに制約はあるものの,画像はex-h15と同じ見事なもの。肌はなめらかに,風景は鮮やかに,夜景もノイズ感なしで撮影できます。プレミアムオートの状態ではiso800でも十分に常用できますし,大きくプリントもできます。 難があるといえば,レンズを最広角域にしたとき周辺の画像が流れてしまうこと。どうやら仕様のようです。絞り開放のときは顕著ですし,絞り込んでもまだ気になります。プリントするときはカットされてしまう部分なのであまり問題にはならないかもしれませんが,pcのモニターで鑑賞するときは気になりますね。 使い方ですが,基本的にはプレミアムオート専用のほうがストレスがないかもしれません。1,400万画素という画素数を利用して思い切ったトリミングをするのもいいと思います。出張先,旅先,日常のスナップ… 気軽にプレミアムオートを楽しみましょう。.

プレミアムオートって凄く綺麗に写るんですね。 ただ次の撮影までに時間がかかるのでもっと早くなれば最高です。 機能もたくさんあってこの値段なら良い買い物でした。 画像一枚あたりのサイズが最高画質にすると9m位なんで2gのカードで200枚位しか撮影できません。標準画質で400枚位です。 l版サイズでプリントしても違いはわかりません。.

ここに写る物を他の人も見ることができると思うと、わくわくする。メニュー画面が非常に使いやすい。デジタルは複雑だというレッテルが、触り始めて数分で、剥がれ落ちました。撮影するサイズの変更と、マクロ、スーパーマクロ、ノーマルというこの4段階はよく使うのでシンプルな操作感はとても親切。業界ではあたりまえの「bs」というマークのベストショット機能は、写真に鮮やかさを付け加えてくれる機能。本来の雰囲気を大きく壊すことなく、色味を添えてくれるそれは、できあがった写真を見るたびに、「うわぁ、キレイ」と声をあげてしまいます。特に印象的だったのは、水の流れを撮影できるところ。もちろん、静止していますが、川の流れや水道水の流れ…つまり水の持つ柔軟な凹凸を、見事に再現してくれます。1日握ってバシャバシャ撮ると、バッテリーの減りが気になるが、デジカメ。どんなに撮影技術が進歩しても、肝心のスタミナが短いとげんなりしますよね。でもこのz-550は、特別、電池食いというわけでもなく、5〜6時間、撮影に没頭してもまだ底をつきませんでした。近距離撮影が好きななので、フォーカスで遊んでは実は撮影に至らない、といういわば、遊びというムダも多いなかでの数字です。デジタルカメラに大きなこだわりの無い僕は、あとからこの機種の良いところに目がいき、多少、贔屓目な意見になっていると思います。でもそれは、写真をとっていく上で必要なものは揃っていて、すぐに閃くような工夫は既に付属しましよということ。毎日使うアイテムは、その付属された当たり前を気に入ることも、気持ちよく使うコツなのかもしれません。.

Casio デジタルカメラ Exilim Ex-Z550 ピンク Ex-Z550pk

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●EX-Z550 ピンク●CASIO EXILIM

Casio デジタルカメラ Exilim Ex-Z550 ピンク Ex-Z550pk :