CASIO(カシオ) Casio デジタルカメラ Exilim Ex-100fbk 60枚/秒の高速連写 全域f2 : CASIOの隠れた名機❗

Exilim ex-10を使用していて、casioのデジカメ撤退のニュースを聞いて 衝動買い購入しました。300mm 2. 8f 、ハイスピードシャッターのコンデジは今後 販売は無いと思います。新品で購入出来大変満足しています。.

素晴らしいカメラです。やっぱり値段だけのことはあり、高級感があります。ケースと、予備のバッテリーと、液晶保護フィルムも同時に購入しました。エクシリムは他にもzr-1700も持っていますが、全然、高級感が違う。持つ楽しみがある。いろいろと、自分の使いやすいようにカスタマイズしましたが、exファインダーというのが、うれしいね。初期のコンデジからすれば、操作性、機動性が進化していて、その点、一眼レフに、ひけをとりません。レンズキャップをつけたまま撮影できるのがまたグッドです。ただ、フラッシュ撮影のときは、キャップの羽根の大きいほうが横になっていないとケラレが発生することもあるということですが、それなら、大きいほうの羽根が常に横になるような仕組みにして欲しかったです。ネジ式のキャップだから、いっぱいしめた状態では、横にならず、斜めになります。そのためフラッシュ撮影のときは、キャップを少し緩めて大きいほうの羽根が横になるようにしなけれはなりません。これは設計ミスだと思います。あとは言うことなしです。.

基本的な動作が速く、正確で、画像がクリヤーです。連写もいいですが、1枚1枚写すときのスピードもストレスがありません。バッテリーの持ちも十分です。.

カメラはおもいっきり素人です。今まで15年、犬を室外で高速連写撮影するためにexilimの上位機種を3種類わたりあるいてきました。(寒い北海道での撮影なので、軽さ優先でコンデジにこだわってました)しかし!最近ネコも家族になったのですが、今までの全ての機種では、室内が暗すぎてネコの素早い動きは連写がブレブレでした。casioさんのデジカメ撤退のニュースを知り、購入しようか迷っていたex-100を3台迷わずに購入しました。おかげで、室内のネコの高速連写もバッチリぶれずに撮影できてます。唯一難点は、高速連写後にディスクに書き込み中、全ての画像の書き込みが終了しないと撮影が出来ない事でしょうか。(今まで使っていた機種は書き込み中でも10枚書き込みが終了していれば、10枚の高速連写ができました)でも、書き込みスピードが速いので+-ゼロという感じです。.

全体的にはレンズも明るく良いのですが、ホールド感が良くありません。角ばっているせいだけではないと思いますが、手に馴染みません。またシャーター音がしっくりきません。機能的にはてんこ盛りで使いきれません。.

高速度撮影ができるので、以前はこの前のモデル、そして現在はこのモデルを仕事でつかっています。前のモデルに比べ1)電源をきるとレンズがすっぽり胴体におさまる、2)カメラ上部のでっぱりがない、3)液晶が胴体いっぱいにひろがっていてみやすい、というわけでとても使いやすくなっています。胴体にすっぽり収まるレンズなのに長焦点側では月面クレーターが識別できるほどの分解能がありますが、レンズ交換はできません。性能を最大に発揮させるコツは値段が高くても大容量のsdカードを吟味して購入することです。.

Casio デジタルカメラ Exilim Ex-100fbk 60枚/秒の高速連写 全域f2.8光学10.7倍ズームレンズ プレミアムブラケティング Ex100f ブラック

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 【EXILIMエンジンHS Ver.3 ADVANCE】2つの回路でデジタル処理を高速化。さらにホワイトバランス精度の向上にも貢献し、より適切な色再現を可能に。
  • 【秒間最大60枚の高速連写】一眼レフカメラを遥かに凌ぐ驚異的な連写スピードで、難しかった動きの速い被写体の決定的瞬間が狙える。
  • 【プレミアムブラケティング】ワンシャッターで、フォーカスと絞り、ホワイトバランスと明るさなど、2つの撮影パラメータの設定値を3段階変化させて計9枚を連写。被写体に対するあなたのイメージに、新たな回答を与えてくれる。
  • 【トリプルショット】ワンシャッターで、シャッターを押す前後の画像も保存(計3枚)できるので、すばやく動く被写体の決定的瞬間を逃さず撮影。 撮影者のタイムラグさえも限りなくゼロに。
  • 【ND(減光)フィルター搭載】明るい場面でもスローシャッターが切れるので、躍動感あふれる水の流れや花火の放つ刹那の輝きも思いのままに撮れる。
  • 【HSナイトショット】フラッシュなしでも明るくブレの少ない画像が撮れる。綺麗な夜景をバックにした自撮りも驚くほど綺麗に撮れる。
  • 【質量】約390g(電池およびメモリーカード※を含む)/約350g(電池およびメモリーカードを除く)(※16GB SDHCメモリーカード(SanDisk Corporation製)の場合)
  • 【付属品】リチウムイオン充電池(NP-130A)、USB-ACアダプター(AD-C54UJ)、マイクロUSBケーブル、ネックストラップ、レンズキャップ、取扱説明書

さすがの性能です。デジイチとは違う面白さで稼働率高めですよ。.

これの前はカシオのハイスピードexilimのex-zr800を使っていたが、屋内で動きの速い剣道の撮影にはレンズが暗く、増感せざるを得ない為、画質は諦めていた。剣道の試合は近寄って観戦できない為、200~300mm程度の望遠を使う必要がある。カシオがデジカメから撤退と言うニュースがあり、新品を当たったが7~8万円でちょっと値が張る。中古の新品同様が出ていたので購入。特に配送にも状態にも問題なかった。レンズや液晶にも目立った傷はなし。操作系も正常動作。で、使用した感じでは、まず大きくて重い。シャッターを押す時のブレが少ないかも知れないが、長時間構え続けるのは今までのより辛い。しかし、大口径レンズが全域f2. 8なのは伊達では無く、1/200秒で200mmでもiso800~1000、これで30枚/秒までは最大解像度で撮れる。シャッター前後の画像を記録してくれるバーストモードがあるので、シャッターラグは余り気にせず撮影できる(但し、余り長く動きを追って半押しにしているとメモリーバッファーがあふれて警告が出る)。sdxcはsandiskのextreme uhs-iのu3対応を入れてあり、カメラはu1対応だが、書き込みは思ったより時間を取らなかった。これは、連写枚数をシャッター前後の20枚に設定していたせいもあるだろう。また、レンズの根元にリングがあり、その機能をモード毎に設定できるので、プログラムaeなら露出補正、シャッター速度優先ならシャッター速度、絞り優先なら絞り、マニュアル露出ならiso感度としておけばいちいちメニューを開く事も無く撮影できるのが便利。デジイチで無くても高速連写ができるのは、このサイズのコンデジにしては他に無い。それが必要なら、カシオ一択である。下位モデルに比べると装飾も無く、エンドユーザー対象の製品で無い事は明らかだが、その分、写真を撮る道具としての存在感がある。.

カメラが趣味ではありませんがカシオファンなので最後のデジタルカメラとして購入しました。2010年に買ったハイスピードエクスリムとしか比較できませんですがやっぱり星5です。一番気に入ったのはデザインです、無骨で気に入りました。唯一不満なのは付属ストラップを入れるのが頭こんがらがってしまいました(笑)取り付けて下さいと言う取り付け方を説明しない説明と解りづらい絵でした。30分程かかってしまいました。もしかしたらこれがカメラのスタンダードストラップなのかもしれませんが。.

Casio デジタルカメラ Exilim Ex-100fbk 60枚/秒の高速連写 全域f2.8光学10.7倍ズームレンズ プレミアムブラケティング Ex100f ブラック :