カードの差込口が残念です。カードススロットのカード受けが浅いため、カードを差し込む時に少しでもズレると、上手く入らなかったり、ボディの奥まで落ちてしまします。自分も一度落としてしまい、取り出すのに苦労しました。.

Telloに吊り下げて使用、真下が綺麗に写ります。問題は、micro sdカードの挿入口が何とも具合悪く、一度内部に落ち込んで取り出せなくなった。カードが正しくセットされたかどうかはその時の運みたいです。.

レンズの前に貼られた傷がつきにくいガラス製。軽くドローに搭載してもバッテリーを消費しません。とにかく気に入っています。.

録画されてファイルをパソコンで再生すると音声が無いので、そもそもマイクが内蔵されていないのかな?.

記録を開始しても5秒で切れてしまったり、勝手に開始してしまったり、そんなことを繰り返していて全く使い物になりません。記録媒体の問題かと32gbと8gb、2gbそれぞれメーカーもバラバラで試しましたがいずれでもうまく記録出来ませんでした。5000円のゴミを買ってしまいました。.

このカメラ本来の用途はドローン用かと思います。でも、本来の用途と異なりヘルメットのシールド部にベルクロテープで付けてみました。カメラ自体が軽いので、今の所飛んで行く気配無く付いてます。(笑)雨の日は外してしまいます。通勤快速のスクーターに乗った際の簡易的、お手軽なドライブレコーダーとして使ってます。専用のドライブレコーダーに比べると画質は劣りますし、利便性は低くデメリット面を挙げ始める、マイナスポイントの方が多いかもしれませんが、何と言ってもお手軽です。特にスクーターの場合、アクションカムや二輪用のドライブレコーダーを付けると、仰々しく目立ってしまいがちです。それがちょっと…と思っていたので、あまり目立たずいい感じです。.

届いてすぐにbugs3につけて空撮してみました。軽量かつコンパクトなのでdroneのtopにバンドで簡単に取りつきますし、自作のアダプターを付けたら、ちょっと短めのスキッドのbugs2のbottomにも取り付け出来ました。 また、ケースの角度設定が適切なのかtopにつけてfull speed aheadした時の映像は、丁度良い感じで映っていました。 ケースはレーシングドローン用に設計されているみたいですね。もともとpowerのあるbugs3ですが、通常のアクションカムの約60gの重さはちょっと不安です。 でも本品はケース付きでも17g位なので全く不安がありません。カメラのボタン操作も簡単シンプルで取り扱い易いと感じました。  映像を取り上げて評価したらは大満足とまでは言えませんが、価格を考えて総合的に評価したら十分満足できる商品と思います。 .

利点と欠点

メリット

  • SDカード挿入口が不満
  • 気に入りました
  • 他のユーザーさん書いていますが・・・・・

デメリット

特徴 ARRIS Hawkeye Firefly Micro HD 1080P FPV ミニアクションカメラ

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 超ミニサイズのカメラ、バッテリー付きの重量も14gだけの軽量!
  • 160度広角、もっと広い景色が目に入ります!
  • レース用ドローンに設計された専用パーツが付属!利用方法も簡単
  • AV OUT 機能付き。本格的なFPVドローン飛行が楽しめます!
  • バッテリー内蔵。こんな小さなサイズでも外部電源が必要なし!

ベスト ARRIS Hawkeye Firefly Micro HD 1080P FPV ミニアクションカメラ レビュー