5週間の海外旅行中にF700が故障、やむなくカナダでこれを買いました。保存メディアが同じであること、PCのソフトもそのまま使えるというのが理由です。(輸出仕様ですからメニューが英語ですがこれは仕方ないですね。)感度が良くなってフラッシュを焚かなければならない場面が大幅に減ったこと、電池の持ちが異常とも言えるほど長いことが良くなった点です。その代わりに大きく重くなりましたがこれは許容範囲内でしょう。シャッターを押すときにぶれる危険性が減りますし。光学ファインダをなくしたのは、液晶画面の面積を稼ぐためでしょうが、炎天下での撮影では、液晶を明るくしてもなお見づらいというのが難点です(反射型液晶との切り替えができればいいのですが…)。あと、液晶画面が大きいのは良いのですが、解像度が低いので、従来の小さな画面と同程度の実用性しかないような気がします。充電およびPC接続用に専用アダプタが付いていて、これはスマートじゃないなーと思ったのですが、試しにUSBケーブルを直接カメラに挿してみたらPCへの転送は問題なく動作しました。そんなわけで、あのアダプタは充電時のみの使用でOK。充電はそうそうしなくても済むほど電池が持つので、普段の使用には全く問題ありません。【追記:動作したのはF700のUSBケーブルを使った場合でした。F10のケーブルの場合、カメラに差し込むことができないのでこの方法は使えません。】そんなわけで、緊急避難的に買ったマシンですが十分に満足しました。(カメラ全体のスタイルはF700の方がお気に入りでしたが、まぁカメラの外見で写真を撮るわけではないので…。).

カメラを使うには、xdピクチャーカードというメモリーカードが必要ですが、このメモリカードは別売りとなっています。しかし、現在、xdピクチャーカードは生産中止となっているので、お店で手に入れることは困難な上、ネットで購入してもかなり割高なので、デジカメを安く手に入れたつもりでも、xdピクチャーカードの入手でコストがかかり、意味が無いように思います。アマゾンで、安くデジカメを購入するつもりで、このデジカメを手に入れたものの、xdピクチャーカードがついておらず、xdピクチャーカードを、また別途手に入れるべきか、安物買いの銭失いという教訓で、購入したデジカメはゴミ箱行きにするか悩み中です・・・。.

 高感度時の画像の荒れがコンパクトデジカメとしては非常に少ないです.iso400までならまったく問題なし.iso800または1600でもガマンできる範囲内です. ただ,ストロボ切りで自動的に感度を上げてくれるナチュラルファインモードやプログラムモードでは,一切露出補正ができません.自動露出にいくら自信があっても,撮り手の意図通りとは限らないので,やはり露出補正できるようにして欲しかったです. このカメラはオートだと,どちらかというと明るめに写りすぎるきらいがあります.その方が一般的にきれいに見えるのでそのようなしようにしているのだと思いますが,白飛びしてしまっては,後から修正の施しようもありません. 露出補正はマニュアルモード時のみ可能で,しかもいちいちメニューから選択してやることになるので,事実上使い物になりません.やはり一発で補正可能な仕様にして欲しかったです. 売りのナチュラルフォトモードは,逆光で,主要被写体が影になっているときでもストロボ・オンにできません.どうせなら,ストロボを弱く発光させるモードも搭載して欲しかったです. 不要な画像を1枚ずつ消去したいとき,3回もボタンを押す必要があり煩わしいです.確認画面で消去を「やめる」が選択されているためで,消去「実行」が初めから選択できるように設定変更できるようになっていればよかったと思います. メモリーカードが,xdピクチャーカードなどで,多のデジカメとカードを共用できません.sdカードにして欲しかったです. 以上,不満点を中心に述べましたが,私はそれでもこのカメラを使い続けます.それは感度が上がっても荒れが少ないからに他なりません.これは多少の不満はあっても余りあるものがあります.操作性に関する不満は,次期モデルで解消されることを祈っています..

高感度なコンパクトデジタルカメラがうりですが、ある程度カメラの知識がないと広告通りの画像は得られません。無闇にiso1600になったりします。ですが、使いこなせばかなりの写真が出来上がります。非常に素晴らしいカメラです。三脚取り付けネジがプラスチックなので扱いに注意が必要です。手の大きい人だと無意識にaf補助光を持ったときに塞いでしまう事があります。付属ソフトウェアインストールcd 5. 0aにおいて、windows xp sp2 環境で正常に簡単インストールが出来ない不都合があります。現時点において、このクラスではこれ以外に買う物はないほど良いものです。sdカードからなど、他メディアからxdピクチャカードへのメディア乗り換えの価値は十分にあると思います。.

オートでも高感度を操作できるので非常に良いです暗い森林内で花や虫の撮影にデジカメをオートで使用すると、暗すぎてシャッタースピードが落ちて手ぶれするか、ストロボを炊いてまがまがしい色合いの写真になるかのどちらかでしたが、高感度で撮影すると、もちろんある程度の画像の荒れはありますが、暗さを考えると納得の行く撮影が出来ます。バッテリーの持ちも良いようですフラッシュを使用しなければかなり持ちます普通のスナップを撮るだけなら1~2日は普通に持ちます私は野外での仕様頻度が高いので、乾電池が使用できないデジカメはちょっと…と、思っていたのですが、ここまでバッテリーの持ちがよいのであれば電源に関しての問題はないです。立ち上がりは早いのですが、若干ピント合わせに時間を食うことがあります。マクロが若干弱く、ズームはかなり弱い、レンズカバーに構造上の弱さがある等々難点はありますが、それでも総合的に見て十分満足できるデジカメです普段使いにはちょっと勿体ないくらい高性能ですがコンパクトさや使いやすさなどから考えると最適ですし、僕は野外で野花や虫の撮影に使用しています防水プロテクターもあるので、河川などの暗めの水中撮影にも向きます.

~感度が勝手に高くなってくれることで、1番いいなと感じるのはシャッタースピードが常に高速であるために、「さくさく」写真が撮れるところです。起動時間、撮影時間、書き込み時間のすべてが高速なので、写真を撮る動作に対するレスポンスが極めて快く、あっというまに枚数を撮り貯めてしまいます。そこで有り難いのが、バッテリー容量。安心して~~撮りまくることができます。xdカードが高いのが難点ですが、できたら500m以上のメディアが欲しいところ。クレードルの代わりになっているアダプタ周りがみっともないのは、デスクトップなら据え付けてしまえば関係ないと思いますが、ノートユーザーにはちいと醜い部分です。モバイルするなら、オプションの携帯充電器とリーダーを別途買ったほうが良~~いかも。まあでも、よほどの長旅でもなければ、撮り貯めて家でまとめて取り込み充電するというスタイルで十分いけるのではないでしょうか。あらためてカメラ持って歩いていて気付くのは、「晴天のカメラ日和時間帯」は実に限られているということです。iso80なんて感度で撮れるのは、むしろ少ないと思う。でもf10なら、どんより曇り空でも、室内で~~も、夕方でも、夜間でも、そこそこの画像が(iso1600ではさすがにノイズが入りますが)撮れてしまう。さくさくと。これにより手に入る画像は、今までのコンデジでは絶対撮れなかったものであることは確かです。一眼レフと比べてはいけませんが、コンデジとしてはかなり世界を広げてくれるカメラだと思います。z1と迷いましたが、見ていて意外に~~飽きないデザインだし、買って良かったと思っています。~.

FUJIFILM FinePix F10 デジタルカメラ

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●FinePix F10 シルバー●FUJIFILM

ちょっと期待しすぎてしまった気がします。iso1600にするとやはりそれなりの画像ですね。でも、扱いやすいし、このクラスとしては良くできていると思います。.

 昨年はパナソニックを中心として「手ぶれ補正」が一躍表舞台に立った年であったと思いますが、ブレにたいする富士フィルムの回答が「高感度」であるようです。 このカメラを一言で表すとすれば、「今まで撮れなかった絵が、そこそこの質でとれる」に尽きると思います。たしかにiso200-800で得られる画質は、従来のデジカメのそれとは別次元の感があります。このメリットは計り知れないものでしょう。 一方で、その画質はあくまで「従来と比べて」であり、常用に耐えうるかどうかはそれこそ個人の主観の問題となります。 私はこれまでキヤノンg3やs45をメインに使用してきましたので、最初にf10の高感度の絵をみたときには、それでもノイズが多いと感じてしまいました。しかしはたと考えてみるに、これまでのカメラでは低感度でとれるものしか撮ってこなかったわけです。ためしにs45やg3の感度をあげて撮影してみると、このf10の高感度画質がコンデジとしてはいかに優れているかが実感できました。 オートでとると、フラッシュをたくにもかかわらず感度を上げてきたりするので、iso調整は独立ボタンで対応してくれるとうれしかったのですが、デジタルカメラの新たな方向性を示すひとつの試金石となる機種だとは思われます。追記 このカメラは高感度ばかりが強調されておりますが、バッテリーの持ち(500枚)、動作の機敏さなど基本的な完成度も高いですよ。.

被写体に素早くピントを合わせる「クイックショットモード」を搭載したカメラで、ブレに強く、フラッシュを使わずに自然な写真が撮れる。動作・バッテリーの持ちも良く500枚くらい撮れるので、初心者にも使いやすい。色々な場面で写真をキレイに撮りたい・・・・・・という人におすすめ.

総合評価90点。同レベルの他社製コンパクト・デジタルカメラと比較した場合、トップクラスの表現力と画質であると思う。この製品の「売り」である高感度CCDも、多少のノイズが残るものの実用的には問題なし。また特筆すべきはバッテリーの持続力だろう。大き目のバッテリーを装備している分、コンパクト性・総重量と言った面が犠牲になっているが、持続力の凄さには驚く。購入して一ヶ月、毎日30枚前後の写真を撮り続けているが、未だ充電の必要なし。「自家発電してるのか?」と疑いたくなるほどの持続力。ただ、ISO設定や撮影モードの変更が分り辛い。もう少しユーザインタフェースを考慮してもらえれば言うことなし。.

撮像素子の小さなコンパクトデジタルカメラは、従来より感度が低く、晴天日中の撮影では問題がないものの、夕方や室内、夜景などでは三脚を使うかフラッシュを光らさないと撮れなかった。しかし、このカメラは高感度撮影を実用にした。手ブレ補正機能で暗い条件の撮影を楽にしたモデルも他社から発売されてるが、このカメラは感度そのものを高めるということで、手ブレの問題だけではなく被写体ブレの問題も解決している。実際の画像は、iso400ではノイズを気にすることはなく、iso800でも十分きれい。そして、iso1600では暗部にノイズが見受けられるものの、そんなに気になることはなく、一般使用では十分に実用になる。なお、感度AUTOモードではiso80-800に変化し、シーンセレクションをナチュラルフォトモードにすると、iso1600まで変化する。また、感度を手動設定すると、iso80-1600まで変更が可能である。他には、2. 5型の大型液晶画面を採用しており、動作も機敏で使いやすい。また、大容量電池を採用しているので、1~2日の旅行なら充電する必要はないかもしれない。一方、ウィークポイントとしては、光学ファインダーがない、広角に弱い、充電やPC接続に、専用のアダプターが必要、といったことがある。しかしながら、デジタルカメラ業界では高画素数化ばかりが進む中、高感度化に真正面から取り組んだこのカメラはとても真面目に作られており、おすすめできる。ということで、星5つ。.

FUJIFILM FinePix F10 デジタルカメラ : たまたま義父から、いらないからと貰ったものだけど、パーツが見つからず充電できない状態。特殊パーツの為、単体で探すのも面倒で、中古品を部品取りのつもりで一式購入。一番の良い点は、電池が長持ち。特に充電後 何週間経っても 満充電状態を表示していて今まで、キャノン・ニコン・その他色々なコンデジを使ってきたけど、どれも使わないのに自己放電してしまい常に予備の電池を携帯せざるを得ないので、ストレス&もう嫌気がしていた時なのでこれは、思いがけずの大収穫。結局同じ物を2台ゲットしたので、もう他のコンデジは使ってません。古くても、機能が最新でなくても、常時メモ代わりにパチパチ撮れるこのカメラは優秀です。中古がまだ有れば、更に買い増したい程です。.

カメラに素人で、初めてのデジカメ購入でした。どれが良いかわからず取り合えず、600万画素以上のオリンパスのx-3が今安いので同時購入し、f10と比較しました。≪x-3より良いと思った点≫・何も設定しなくても、室内で撮影した場合、見たままの綺麗な絵が撮れる。・よほどの暗さでない限り、フラッシュをたかなくて良いので、電池を消耗しづらい。・小さい。・暗い部屋でもやっぱりブレにくい。≪x-3より劣ると思った点≫・f10のはじめの印象は、ボディーの塗装の雰囲気、液晶画面が大きいのでキズが付きそうだと感じました。同時に保護フィルムは購入しないとダメかも。・ピクチャーカードが別売りな所。どうせならセットにしての価格にして欲しい。その点は、激安のx-3は初めから付いているのですぐ使えて、お買い得。・説明書が難しい。x-3は親切に、まず初めに何を設定したら良いか、説明書と別になっていて、わかり易かった。・バッテリーを充電する際や、パソコンと接続する際に、ケーブルを繋げる過程が多い。めんどくさい。デジカメ初心者で慣れていない人は操作の仕方がわかり難く、その後のアクセサリーや、ケース、カードなど購入していくと高くなるので注意。色・画像はやっぱり良いです。あくまでも画像重視なら問題なくお勧め。.

これはエポックメーキングなデジカメだとおもう。こまかい事は他の方も書いてるので割愛しますが・・・ナチュラルフォトモードは秀逸です。薄暗い路地裏など撮影するにはもってこいですね。他のカメラでは真似のできない描画です。f-クロームモード これからの季節、桜の撮影に威力を発揮しそうです。さらに、ピクセル設定の3:2が選択できるのも好感がもてます。これは、フィルムカメラと同じワイドな比率です。それから、不評な接続アダプターですが、写真で見た感じよりは小さくクレードルよりも場所をとらなくて個人的には○です。最後に改善要望付属ソフトのfinepixviewerですが、私のpcでは自動インストールできませんでした。早急に対応してもらいたいものです(けっこう多いみたいですよ)これをインストしないと、5/31までキャンペーンのxd-ピクチャーカード128Mが申し込めないんですよね。ご参考まで、手動インストの方法を。添付CDを開く「viewer」→「fviewer」内のsetup. Exeでインストール「viewer」→「resource」→「30000」内のsetup.

旅行で利用する為に購入しました。<良かった点>①なんといってもスタミナバッテリーです。予備バッテリー等準備なしでしたが、電池切れの心配は1度もありませんでした。②手ブレ、被写体ブレがほとんどありませんでした。(高感度)③家で写真プリント(canon ip4100)しましたが、高解像度でしたので仕上がりが非常に良く大満足。(フィルムカメラより綺麗でびっくりです)<悪かった点>①夜や暗い場所での撮影時、ナチュラルモードに任せっぱなしだと、ほとんどiso1600になり多少ノイズが目立つ。②xdピクチャーカードはやはりマイナーな為多少値が高い。またカードリーダーも他のカードに比べ少ない。以上ですが総合的には満足です。.

ベストセラーのデジカメですから、今さらという感じですけれどやはり手ぶれがない(少ない)のはいいですね。1,大きさ・重さ  少し大きいと感じます。今まで使用してきたファインピックスに  比べて一回り大きく重い感じがしています。2,クレードルがない  使い慣れてきていましたから、無いととても不便です。3,バッテリ  驚異的に長持ちですね。予備バッテリの購入は様子をみるため  見送っています。.