富士フイルム FUJIFILM 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W3 F FX-3D W3S : 3Dでもさすがフジのフラッシュ

他のレビューにもありますが、3dカメラで撮る写真というのは、まるでそこにある空間を切り取ったかのような感じです。3dテレビがあれば、大画面で迫力の3d写真を堪能することができます。よく3dテレビなどは全く必要ないといったような意見を見かけたりしますが、そう言っているのは3dテレビを持っていない方なのではないかと思います。最近は下火になりつつある3d商品ですが、実際に触れてみるとかなりの感動があり、驚きと感動に酔いしれる事でしょう。本当に買って後悔の無い物だと思いますので、ぜひぜひご検討を!.

手ごろな価格で手に入る3d撮影機器です。撮った写真は裸眼で3dの確認ができます。子供も3dに大喜びです。気軽にいろんな写真を撮って遊んでます。おすすめ。.

画質は非常にきれいで゛ボタンも操作しやすく簡単に3d動画や写真が撮れる いろいろなモードがあっていろいろな種類の写真も撮れる。起動も早く獲ったらすぐに次も撮れるのでストレスないし画面も大きく見やすく非常に良いカメラです。唯一の不満はズームが3倍くらいしかないこと ライブとかで少し離れたステージだと撮るのがきついです。でも良いカメラです。.

現場でのレイアウト写真を保存するのに使ってます、立体的に把握出来グッドです、ただ専用ビュワーが既に市場に出ていなの残念です。中古でも欲しいですね。.

  • 本当に買って良かったと思える商品
  • 楽しいですね!
  • 3Dでもさすがフジのフラッシュ

FUJIFILM 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W3 F FX-3D W3S

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番:F FX-3D W3S
  • 本体サイズ:(高さ)65.9 x (幅)124 x (奥行き)27.8mm
  • 本体重量:約250g(付属バッテリー、メモリーカード含む)

とにかく楽しいカメラです。3d関連の装置がどんどん無くなっていくので、あわてて購入しました。gs-td1やaiptec 3dも持っているのですが、気軽さや画質の良さではこれが一番です。結局、3dは情報量が多いわけで、これで撮っておけばなんとなく安心です。aptecの3d液晶を投売りで購入したのですが、これでもきちんと3d再生できました。美しい写真や感動する写真を撮るのももちろん楽しいのですが、3dはそれらとはまた別の楽しさがあります。デジタル一眼やhdvビデオを持っていてもこの機種の出番が多くなりそうです。.

素晴らしいカメラです。大型3dテレビでみると窓の向こうにはてしなく奥行きが広がり、過去の時間が現在再現されます。飛び出しより奥行きに感動します。今でも大型の中級テレビはほぼ3dに対応しています。4kテレビで4k写真観てもこんな奥行経験できません。残念なのは認知度低く動画はいまいち、bdにできないことでしょうか。パナソニック3d1はサイドバイサイドですがbdにできます。3dプリントはテレビにはおよびませんが、プレゼントすると今でもよろこばれます。ぜひ復活して後続機種だして欲しいです。.

3dビデオカメラとして使用してます。再生をカメラのモニターで見ると目が疲れ、短時間しか観れませんので、プロジェクターに接続して観てます。サイドバイサイドに設定して接続では問題無く観れますが、dlp機にフレームシーケンシャル設定で接続後投影してから設定を変更したところ、プロジェクターが不調になりました。相性だと思いますが、プロジェクター使用の場合は設定に注意が必要です。.

3d静止画も良いが3d動画がかなりおもしろい。酔います。私の環境ではカメラのモニターでしか鑑賞できないのが残念。カメラを二台搭載していることから、ワイドとテレの二枚撮りなんてのもできるのでこれは隠れた使い方かも。高感度に枚撮りというのは単眼のカメラでもありましたが。大切なモノ、場面を立体で手軽に残したい!そんなときにオススメ。.

商品の質が良かったです。機能もいろいろついてます。使いやすいです。.

ここのところiphoneアプリでパノラマや全天撮影で全景を撮ることで臨場感を楽しんでたけど3dは一味も二味も違う。リアリティの実感が違いますね(^^)23インチの3d対応モニターにつなげば情景を簡単に再現できるといのが凄い。取り扱いもカンタン撮影も閲覧もすぐに覚えた。撮影に関しては自動モードで大体okあとは10くらいあるプリセットのシーン別を2つ選んでおける。マニュアルモードで細かく調整することも可能。しいて気になる所と言えば、、、セーブに時間がかかるかな?シャッター押してから1. 5秒くらいはかかる。(最高画質の場合)最小画質(1920x1080)だと連写モードができるので基本そっちで撮ってる。付属品は少ない。minihdmi−hdmiケーブルが必要だし持ち運ぶのにポーチも必要。メモリーカードも当然必要。昔のデジカメは本体に付属してたよね。素の状態だと、最高画質で3枚しか撮れないです。16gbのsdカードで1400枚、4gbで350枚とかでした。ですが最低画質がフルhdの1920x1080画質。これで十分なので4000枚以上が16gbで撮影可能。そしてモニター接続だとズームが出来ないから4kテレビの3dじゃない限りは画質は上げる意味無いんじゃないかな?カメラ本体で拡大表示させる時しか意味ないフルhdモニターだと1920ピクセルでピッタリなので。(windows pcだとソフトが使えるらしいけど使ったことないです)16gbのsdカードでも1000円弱なので利用コスパは良好。コンピュータに繋いで画像ファイルの移動もできます。(macで出来ました)そしてバッテリーは予備があった方がいいです。バッテリーの残量表示は多分1/3くらいまで満タン表示じゃないかな?減り始めてからが早い気がします。赤くなったら速攻wサードパーティ社製のもので2個セットで数百円。1日撮影目的で出かけたら予備バッテリー2つくらい必要になります。買っておいて正解でした。ちなみに撮影した3d写真データをネットで3d加工して写真にするサービスがあります。試しに注文したところ、ホログラム的な写真で奥行きが感じられる写真が出来ました。1枚450円くらいでした。大きな集合写真サイズだと2000円とか総評で、買い。普通のカメラの描画範囲なので、パノラマに比べてかなり狭く感じるけど、この臨場感は何物にも代えがたいです。定価の4、5万でも欲しいと思います。ニンテンドー3dsと同じで本体上で3dで見られるけど3d対応tvやモニターを持ってるのであればオススメ。.

パナソニックからも3d撮影できるコンデジが発売されてますが、本体の液晶モニターが3d表示じゃありませんのでパナ製品では「その場で3d具合の確認」ができません。せっかく3d撮影してもその場で確認できないのでは、本当に大丈夫なのか不安なまま撮影する事になります。そんなストレス抱えて撮影するより良いと思ってこのデジカメを買いました。3d静止画は3d対応機器なら何ででも見れるんですが、この製品で録画した3d動画を見る方法は少ないようです。本体モニター以外では、tvにhdmi接続で見るくらい?これはちょっと不便。何故なら、bdにして送付するなど「遠方の友達に見せる」といった事ができないからです。パナ製デジカメだと、avchdという動画形式でパナ製の3d対応のdigaやvieraで再生できるらしいです。3d録画はこの製品が便利で、3d再生はパナ製が便利という感じ?もしかしたらyoutubeとか使えばtvで3d表示させれるかもしれません。そのうち試してみようと思います。.

携帯で写真が撮れるのが、当たり前の今、ただのカメラを買っても面白くない・・・と言うことで、購入しました。イベントで使用するので、子どもたちも、3D写真の面白さに喜んでくれています。ただ、残念なのが、メガネがセットではない事、3Dメガネをセットにしてこそ、このカメラの意味があると思います。だから、☆4つ( ^)o(^ )/.

使い込みが激しく1台目が不調となり、代替えになりそうな機種も無くまた買いました。値段も随分安くなりましたね、今が買い!(笑)欲を言えば、もう少し広角が欲しい!(惜).

普段は大型コンデジや一眼レフも使っています。この手の3dカメラはパナソニックからも出てますが、基線長(カメラ間の距離)が狭く、立体感に乏しく、また背面液晶が2dという致命的な問題があるので本機は完成された唯一無二のデジタル3dカメラと言ってもよいでしょう。後継機が発売されることを切に願います。サイズ、デザインはレンズを70mm離すため、小型コンデジとしては大きく感じるかもしれませんが重さもさほどでもないので機能美だと思っています。(大型3d液晶になっているし)まず2d画質ですが、3年半前の1/2. 3型ccdということで、あまり画質には期待していませんでしたが、iso100-400の範囲でとても良く撮れます。また、撮像素子が小さいぶんパンフォーカス気味になり3dには有利になっています。3dですが、まず背面液晶がとても素晴らしい。初めてでもちゃんと立体視できるので、職場やパーティ、飲み会等で身近な人を撮って見せるだけで盛り上がれます。2dでは、iso800からざらつくのですが、3dは両眼視する関係上少し気にならなくなります。夜間室内で滑らかさを求めるならば内蔵ストロボをたくと十分な画質が得られます。3dなのでストロボ1灯でものっぺりしないところが普通のカメラと違って素晴らしく、躊躇せずに使えます。3dの素晴らしさは撮ったあとより感じることができます。その場の情景が蘇って感動するという写真の本質をより深く味わうことができます。未来への記録として毎日欠かさず撮っています。現在1万数千円で購入できることが可哀想になるくらい出来の良いカメラです。現在どんなカメラを持っていても使い分けられるでしょう。.

1、ワンショットで3Dが撮れる。(左右に移動して撮るタイプだと、動いているものは撮れない)2、ビュロワーなしで見れる。3、高画質だ。(55インチで見ているが映像がきれい)4、料金がリーズナブル。.

せっかくテレビに3D機能があるのに3D機器を持っていなかったため、3D機器で一番安価な製品だったという事もあり試しに購入しました。3D撮影してテレビに映してみましたが、立体感はあるものの薄っぺらい感じは否めません。もう少し楽しませる工夫が必要だと思いました。.

コンデジ初期、finepix1500からf700、f30と長年フジ使ってますが、フラッシュ光の自然さは抜群でした。それが3dになっても引き継がれているのは流石です。バッテリーの持ちは悪い方ですが、一度に二台分食ってると思えばこんなものか。変な持ち方しないとどうしても指が映り込む右レンズと、各社3dフォーマットがバラバラで今ではほとんど立体写真の使い道が無いことで星1つマイナスかな。.

3d動画もとれるので、この値段なら面白いと思いました。ちょっと重いです。.

7000円位で胸ポケットに入るくらいの、コンパクトカメラを探していた所この「finepix real 3d w3 f fx-3d w3s」を見つけた。大変興味が湧き、fujifilmのホームページを見たら、何処にも無い。3d関連のサイトには、写真はあるのだが、「finepix real 3d w3 f fx-3d w3s」の情報が無い。 まさかと思い、生産終了製品のサイトを見たら、そこにあった。こんなに面白そうなカメラが、生産終了で、後継機が無い。 衝動買いしてしまいました。画質は、正直悪いです。普通の一眼レンズのコンパクトカメラの方がまし。でも大変お手軽に3d撮影出来、その場で効果を裸眼で見られるなんて、なんて楽しいカメラなんだろう。付属のソフトは、windows版は、「finepix real 3d w3 f fx-3d w3s」で撮ったmpo file,avi file をステレオグラム、赤/シアン アナグラフ で満足いく再生が出来るソフトですが、mac盤は、mpo file,avi file 共にただ普通に見られるだけで、3dでは一切見られない。「finepix real 3d w3 f fx-3d w3s」の恩恵を一切受けられない。実に酷い差別だ。 fujifilmは、マイクロソフトの下僕か。私のコンピューターは、macintoshですが、macは、boot campや、vmware fusionなどでwindows osを起動させられます。さいわい私のmacはvmware fusionでwindows os 7 をmacの1ソフトウェアの用に使用出来る環境ですので、windows版「myfinepixstudio」で楽しんでいます。macで mpo file,avi file を楽しむのであれば、app storeで「showwe 3d」。此れは、mpo file を、ステレオグラム、赤/シアン アナグラフ が楽しめます。動画ファイルの avi file は、「avi-converter」こちらは、avi file ,mpo file が、ステレオグラム、赤/シアン アナグラフで楽しめます。残念ですが、両ソフトとも有料です。「showwe 3d」500円、「avi-converter」1000円。何方かがphotoshopでmpo fileを読み込み出来ると書いてらっしゃいましたが、photoshop cs5では、読み込み出来ません。もし、古今殆どの静止画像に対応している「graphicconverter」が有れば、此れで読み込み、「tiff」ファイルに変換し、mac標準の画像観覧ソフト「プレビュー」で、左/右の画像が、見られます。 下に出た画像が右側の画像です。 下に出た画像を「ドラッグ&ドロップ」で画像を複製して横に並べれて「ステレオグラム」で3dが見られます。動画は、動画ソフト「vlc」で avi file が見られます。左右の画面が重なって表示されるので、横に並べて「ステレオグラム」で見られます。.

先ず、他の方のレビューにもあるように、こちらの商品は2010年発売の同機種から赤外線機能「irsimple/irss」を省いた廉価モデルです。と言っても赤外線通信なんて今更必要無いという方も多いでしょうし、私の場合も問題無しだったので、価格差からこちらを選びました。背面の液晶モニターが3. 5型ワイド115万ドットで、メガネなしで3d映像が楽しめるのがポイント高いです。二つのレンズにそれぞれ1000万画素ccdセンサー搭載です。昨今cmosに押されがちな?ccdの精彩な描画が楽しめるかと思ったのですが、そこはやはり3dカメラという特殊性か、2dモードでも「まあ、こんなもんだよね」という感想でした。あくまで面白い画像を撮影出来る不思議なカメラと捉えて欲しいです。光学3倍ズームですが、3dモードで撮ると画角が狭くなるので、ズームの出番があまりありません。むしろもっと広角に寄せたい感じ。バッテリーの持ちは、このサイズとしては健闘していると思いました。よほど撮影量が多い状況でないかぎり、特に予備の必要は感じませんでした。自宅のテレビが3d対応なのを忘れてしまった方でしたら、ブルーレイの映画を見るのも良いですが、このカメラで自分で撮影した3d画像や映像を出力出来る楽しさを体験してみるのをお勧めします。最近はミラーレス機が素晴らしいので、旅先でそれらのサブ機としてこいつで撮影すれば、趣の違う記録として楽しめると思います。とにかく、立体視にロマンを感じられる少年魂を持った各氏には薦められる商品です。下火になりつつある3dの世界において、この価格でこの商品を現行発売し続けてくれるfujifilmさんへの感謝も込めて星5つ。.