富士フイルム Fujifilm ミラーレス一眼 X-T10 ボディ ブラック X-T10-B – カメラをちょっと本格的に始めたい人にもおすすめ

防塵防滴はないけれど、上位機種と写りは同一。元々canonユーザーでしたが、canonでは明確な差別化が当たり前なのに非常に良心的というかユーザーサイドに立ったメーカーだなぁと感心。レンズは昔から定評あるフジノン。期待を裏切られることはなく、また非常に軽快で写りもaps-cとはとても思えない。発色の美しさもさすがフィルムメーカーだなぁと感動すら覚えました。まずは、お店で触ってみてください。ついでに実際に撮影したデーターを見られることをおすすめします。.

Sdカードの取り出しが非常に困難です。なぜこのような形式にしたのか理解できません。細かいところの使いづらさはツッコミ所は多々ありますが(使ってると色々なトラップが潜んでます)、コンパクトで写りには満足です。.

フジの画質の素晴らしさに満足しています。初めての一眼レフで戸惑うことも多いですかどんな画が取れるか楽しみです。.

ミラーレス市場においてcanonとニコンは後発なのでまだまだ遅れをとっています。ミラーレスを買うならオリンパス、sony、fujifilmの3択かなと。こちらはなんといっても操作性がよく、私は撮影にリズムが要求されるポートレートでよく使っています。ミラーレスなのでオートフォーカスも優秀で、サクサクテンポよく撮影できるのがいいですね。.

説明通りでいい商品でした。気に入ってるけど50mm相当のレンズに慣れるには時間がかかりそうです.

ずいぶん迷って、x-e2とx20を下取りにx-t10とレザーケースを買いました。液晶がスペック上x-e2より劣る事を気にしましたが、x-t10の液晶はとても見易く気になりません。ただ買う時、中古3台で見比べましたが、近いロットでもやや画面が暗いものもあり、リセットしても変わらなかったので、個体差があるかも知れません。なんと言ってもx-e2に比べ持ち易くジョグダイアルが使い易いので、撮るに楽しいカメラです。こればっかりは理由は分からないですが、気楽に写して欲しい画像が得られる何か感覚のようなものが違います。xf18-55とレザーケースを付けると、コンパクトさは失われ、ぐっと重たくなりますが、x20よりもこっちを持って出掛けたくなると思います。2つのカメラをまとめて、x-t10にした訳ですが、何だかとてもスッキリしました。両方の良いとこ取りで、小さくしかもスペックはx-t1と同等ですから頼もしく、そしてパシャッとやって何か楽しいそんなカメラです。.

 XーT1の弟機がでた! と思いきや、或る意味、兄貴機ともいえる。ほんの一まわり程だが、小型化、軽量化(60g減)、低価格化された。確かに軽く小さい。これは弟機だと言われても”そうだ!”という部分だが、”違う、兄貴分だ”と言わねばならぬのが、afーcモード使用時の動体撮影時の被写体のキャッチと、その予測機能のレベルアップである。 全77点の測距点のうち 9~25点を指定する「ゾーン」 と  全77点を使う「ワイド」機能afcモードにセットしてファインダーを覗いていると、つい、飛んでくる鳥、走ってくる車、新幹線・・・・等を撮りたくなる。しかも 一秒間に8コマで、である。細かい事は省くが シングルaf時でのマクロ(35ミリf1,8レンズ解放絞り)使用時にも 納得の ピン送り である。細かい事と言えば、マクロ撮影時切り替え不要、ストロボも内蔵である。いい事だらけである。やっぱり x-t10  は x-t1  の兄貴分と云おうか、柄は一回り小粒だが・・・・。これを買わずにいられようか。      (補足) iso感度調整ダイヤルに関しては、 軍艦部左側の 2軸ダイヤル式の x-t1 のままでよかったのではないだろうか。           撮っているうちに、夕闇が迫り暗くなったことに気づいても 慌てず 瞬時に感度アップができます。ストロボスイッチは位置移動で            す。  ファインダーは 0,77 倍の x-t1  に 軍配が上がるが、 x-t10 にも まだまだ細かい改良点が多々ある。                        6月下旬に x-t1 の ファームアップ (バージョン 4,00)が行われるようだが・・・・・・・・・、”この手”で両者争いの幕引きという手も           あるが、 矢張りまだ 軍配は 行司の手中にある・・・・・・。             (追記) 書き忘れた事を気付きましたので (追記)です。                                                           このx-t10、惜しむらくは       (1) 使用感抜群の アイカップ が 装着出来ないこと。       (2) シャッターボタン が 小さくなり、かなり安物っぽく、貧弱になったこと。       (3) 防滴が省略されたこと。この3点は、コストダウン に原因するものでしょう。 さらに、小型化、軽量化の宿命として       (4) xf56ミリ f1,2 r apd xf16~55ミリ f2,8 r lm wr 未発売だが期待の  xf90ミリ f2 r lm wr 等の優秀なレンズ(特に単焦点レンズ)の頻用には重くて腕のバランスが 取りにくいといった事にも覚悟が必要です。いろいろ考えると、x-t10、 x-t1 、 この二人、実に困った兄弟である。どちらが 兄 で、どちらが 弟 か、出来の良い子は どちらなのか・・・・・・・?      .

フロントダイヤルが黒いのが気になる人がいるかも知れないが、実機を見てみるとそんなに気にならない。レンズはxfレンズ。ファインダー236万画素、タイムラグは小さい。そして本当に軽い。やはり高感度も強い。左右に振っても液晶画面の動きは滑らかだし、フォーカス速度も他社に負けていない。本当に良いカメラ。若干、レンズと本体の重さのバランスが悪い、グリップが持ちにくい、その位しか無い気になるところがない。本体が軽い事とレンズがハイクオリティである事が原因なので欠点というか、あえて重箱の隅をつつくなら、だが。やっぱりこのレンズはかなり良い。鏡筒は金属で、そんなに重くはないが、手にはズシリと、そしてヒンヤリと。絞りレングもある。質感も良い。f2. 8-4と明るく、高画質。しかも小さい。そしてこのリングの手応えが最高に心地よい。意味もなく触ってはうっとり…そしてニヤニヤしてしまう。やっぱりカメラを買うなら、こういう、側から見たら気味の悪い楽しみ方が出来ないといけない。まあ、あとはシャッターボタンが気に入らない人はいるかもしれないが、兎に角良いカメラです。実機を触りに店頭へへgo!.

利点と欠点

メリット

  • ちゃんとキズの部分を明記して

  • 古い機種でも十分楽しめます✨

  • 気に入った!

デメリット

中古で購入です。三脚後にキズが大きくあるにも拘らず記載されて居なく残念です。その他は問題無く使えるのでこのまま使いますが通販の落とし穴を知りました。今後は文面を信用せず写真が載ってるものの方が幾らかですが良いのかと実感しました。.

X-t1の低価格バージョンで、機能はある程度妥協しなきゃいけないかと思ってたけど、コンパクトなボディと秀逸な富士の画質をキープしたままで大変満足です。この価格ではかなり高品質のミラーレス。もっと早く買えばよかったくらい。.

Iphoneやデジカメでは思ったような色で撮影できないことに不満が募り、このカメラで一眼レフデビューしました。18-55mmレンズとのキットです。数年前友人が購入していたものはごつくて重いカメラだったので一眼レフを敬遠していたのですが、最近はミラーレス一眼というコンパクトなものがたくさんあって感激しました!(ちなみに友人はその後重すぎるカメラに挫折し、持ち歩かなくなりました…)ミラーレス一眼or小型一眼レフに狙いを定め、まずはネット上でいろんなカメラの写真をたくさん見て、自分好みの色彩、描写を探索。特に空や街の風景などを自然で美しく、空気感まで閉じ込めるように撮りたい、と思って探しました。暖色系よりも寒色系をすうっと撮りたい、そして夜景や夜の街もきれいに撮りたいので高感度に強いもの…などが条件。ここからはまったく専門的知識のない個人的感想ですが、canonは暖色系が強く出る鮮やかでちょっとケバい感じ、nikonはどちらかといえば寒色系よりの自然で実物に近い静かな感じ、olympusもnikonに似て寒色よりの静かさを強く感じる、sonyはパキッとした色と描写でなんというか透明感のある現代っぽい描写、などなどを感じました。どのカメラもそれぞれ素敵ですが、nikonが求める色に近いのかな、と思いつついた時、ある雑誌にのっていたx-t10のデザインにまさに一目惚れ。さらに色や描写も私の求めているものにぴったりで、その日からこのカメラのことが頭から離れず(笑)ついに購入してしまいました。購入してみて、ほんとに満足しています。繊細で色彩のきれいな写真を撮りたいという欲望は満たされています!自然な色彩なのに、かつ鮮やかで澄んだ空気を感じます。山本まりこさんというエアリーフォトという写真で有名な写真家さんも、x-t1を愛用カメラとして著書で紹介されていておどろきました。彼女も著書内で、色の綺麗さを強調されていました。夜の街や東京タワーから見下ろす夜景などもとても綺麗に写せます。他のカメラのことは知りませんが、iphoneでは夜間撮影がザラザラだったので、綺麗に手ブレせず写せることだけでも涙ものの感激。上からの夜景は三脚があったほうが綺麗なんだろうなとは思いますが、街中スナップ程度なら感度をあげればブレも気になりません。フィルムシミュレーションも微妙で絶妙な色合いでほんとに素敵です。デジカメにもちょっと過剰でおもちゃっぽいフィルターなどたくさんありましたが、そういう変わり種フィルターは早々に飽きてしまうし、あまりにも過剰な演出がわざとらしく感じてしまうのですが、このフィルムシミュレーションは秀逸です。飽きることがありません。ダイヤルで大抵の設定ができてしまうのもとにかくシンプルで大好きなんです。他メーカーのカメラも家電屋さんで触ってみたのですが、コンパクトなカメラはほぼ液晶内でボタンを使って設定するのでパパッとできず、もどかしく感じました。このカメラは露出もシャッタースピードもその他もろもろも、ファインダーのぞきながらダイヤルをクリッと回すだけでokです。電源を入れなくても前回の設定が丸わかりなのも便利!キットレンズが少し大きめなので、小さいパンケーキレンズと呼ばれるものがあるらしい、あるなら欲しい、と秋葉原のヨドバシカメラでfuji売場の店員さんに色々聞いたのですが、めちゃくちゃ良い人で、売り込みではなく使い方を親切に教えてくれたことでfujifilmにたいする好感度もさらにアップ(笑)。18-55mmのこのキットレンズでもほんとに十分なレンズで自信を持ってオススメできるのですよ、と言われ、アドバイス通りまずはズームレンズで撮りまくって、自分の好きな画角を探すことに。自分の好きな画角がだんだんわかってきましたが、このレンズで確かに十分だ!と言われたとおりのことを発見し、しばらくは18-55mm一本で撮ってみようと思っています。望遠側で撮ればボケも綺麗に写せるし、旅行に行く時もこれ一本でなんでも対応できるので旅の多い私にはぴったりです。他にもオートホワイトバランスの色の素晴らしさとか、jpeg撮って出しが一番素晴らしかった件とか色々あるのですが、何より大好きなデザインのカメラで撮りたい色が撮れることが楽しくてしあわせです!.

フラッシュの後幕シンクロ機能が星空ポートレート撮影に良さそうなのを知り、(* ̄∇ ̄*)楽しみが増えました🌃💃🌠.

ずっと憧れのフジフィルムでした。ずっとキャノンの一眼を使っていました。コンパクトな普段持ち歩けるミラーレスを探していました。フジは金額がいいので迷いましたが、結果色買って良かったです。色が鮮やかでキレイな写真がとれます。設定次第で、動きのある子供も問題なく撮れます。スポーツはやっぱり難しいかもしれないですが…?でも買って良かったです。届くのもとても早かったです!.

My xt10’s screen have one deal pixel. I don’t know about fujifilm’s policy about it. I’m contacting for my problem. Anyway, everything is great.

X-T10を購入してから、底面の微細過ぎるmade in thailandの刻印を確認して愕然とした。予め知っていたら、購入しなかった。比較的安価なので、致し方無しか。それにしても、異常に文字が小さい。これには、疑義を感じるね。遠視では読み取れない。何と、今時でも虫眼鏡が必要だ。小生は、タイランド製等の海外製品が低品質とは思っていない。国内製のニコンF5で粗悪品を掴まされた経験が有るからだ。ニコンから「F6を発売したので今後はF5に関わるクレームを受け付けない」と通告された辛い思いを忘れられない。それでも、made in japanと本体に刻印されたカメラを持ちたい、海外製より値段が高くとも。追記X-T1は日本製とのA&QがfujifilmのHPに掲載されている。.

色が綺麗で使いやすく、画質も良いAPSCにこだわりフィルム時代の豊富な経験や、印刷技術があるフジだからこそ作ることのできるXシリーズだと思います。その中でエントリー機としてはちょっと高めですが、初心者でも手を出せてこれ一本で本格撮影が可能なのがこのカメラ最新のX-T2はセンサーが変わり、x-t1、t10共に生産終了となりますので、同じ写りのカメラはもう手に入れることができなくなります。もちろん、いずれ発売されるであろうx-t20も素晴らしい性能があることでしょうが、名機であるx-t10を買っておいて損は無いかと思います。.

この届けたレンズは撮影距離が全然調整できないです。新しいものをチェンジしてほしい。.


メーカーより

拡大表示

拡大表示
フルオートモードにワンタッチで切換

天面には「オートモード切換レバー」を新設。AUTOにすれば「アドバンストSRオート」に切り替わり、58パターンから、カメラが自動でシーンに合わせた最適な撮影条件を設定。最高画質を気軽に味わうことが可能。

優れた操作性

小型ボディの中に、Xならではのダイヤル操作系は健在。

シャッタースピードダイヤルとレンズの絞り設定を組み合わせれば、「プログラム(P)」「シャッタースピード優先(S)」「絞り優先(A)」「マニュアル(M)」を使い分けることが可能。

シーンに応じた露出モードを直感的に選ぶことができ、本格的な撮影の醍醐味が味わえる。また、±3段、1/3EVステップの露出補正ダイヤルを使えば、微妙な露出コントロールが可能。フルマニュアル撮影時にも露出補正を併用することができる。

デザイン-小型・軽量

ボディ重量は約381gという軽さ。縦横サイズの適切なバランスと手に馴染むグリップ形状を追求した、シルバーとブラックの新デザインを採用。

デザイン-92万ドットチルト式液晶

3.0インチ92万ドットの液晶モニターを搭載。上下に可動するためハイ&ローアングル撮影に便利。

デザイン-グリップ

こだわり抜いたグリップの大きさと形状。コンパクトサイズでありながら、高いグリップ力を実現。

デザイン-内蔵フラッシュ

ボディ天面中央部にフラッシュを内蔵。小型設計にこだわり、ポップアップ時もスタイリッシュ。

小型・軽量

チルト式液晶

グリップ

内蔵フラッシュ

優れたオートフォーカス

X-Trans CMOS IIとEXR Processor IIの相乗効果で実現した、クイックネス

独自の位相差AFを可能にした「X-Trans CMOS II」センサー+ 高速処理エンジン「EXR Processor II」が、最速AF0.06秒をはじめ、あらゆる操作を高速化。

8.0コマ/秒のAF追従連写と高度な動体予測

捉えた被写体の過去の情報から次の動きと方向を予測する、高度な動体予測技術を搭載。これにより、AF追従しながらの高速連写は最高8.0コマ/秒を実現。

6通りのAFモードを使い分ける

新搭載の「ゾーン」「ワイド/トラッキング」で、「横の動き」も確実に捕捉

AFモード)

・AF-S+シングルポイント

・AF-S+ゾーン

・AF-S+ワイド/トラッキング

・AF-C+シングルポイント

・AF-C+ゾーン

・AF-C+ワイド/トラッキング

その他の特徴

リアルタイム・ビューファインダー

236万画素、表示タイムラグ0.005秒、ファインダー倍率0.62 倍の高性能ファインダーを搭載。

光学ファインダーに匹敵する視認性と、電子ビューファインダーならではの機能性を兼ね備え、写真を「覗いて撮る」という原点へ。

フィルムシミュレーション

80年にわたってフィルムを手掛けてきた富士フイルムの色作りへの情熱と哲学を注ぎ込んだ「フィルムシミュレーション」は、フィルムを選ぶ感覚で豊かな色再現性と階調表現を楽しめるモード。完成度の高い作品表現が簡単に行える。

レンズ&アクセサリーラインアップ

すべてを一から設計したオリジナルXマウントレンズは、高精度な光学設計に加え、最新のデジタル技術を結集。高い解像度を誇るXFレンズ、持ち運びやすさにもこだわって設計したXCレンズが、その描写力を存分に発揮。その他、別売りアクセサリー類も充実のラインアップ。

撮った画像を簡単チェキプリント

FUJIFILM X-T10では、撮影した写真をカメラから直接スマホ de チェキに送信して、チェキプリントすることが可能です写真の楽しみ方が更に広がる。

X-T10 X-T1 X-E2
X-T10 X-T1 X-E2
有効画素数 1630万画素 1,630万画素 1,630万画素
撮像素子 23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) X-Trans CMOS IIセンサー、原色フィルター採用 23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) X-Trans CMOS IIセンサー、原色フィルター採用 23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) X-Trans CMOS IIセンサー、原色フィルター採用
撮影感度(標準出力感度) (1)感度設定 AUTO(ISO6400まで設定可能) ISO200~6400(1/3ステップ)(標準出力感度) (2)拡張感度設定 ISO100 / 12800 / 25600 / 51200 (1)感度設定 AUTO(ISO6400まで設定可能) ISO200~6400(1/3ステップ)(標準出力感度) (2)拡張感度設定 ISO100 / 12800 / 25600 / 51200 (1)感度設定 AUTO(ISO6400まで設定可能) ISO200~6400(1/3ステップ)(標準出力感度) (2)拡張感度設定 ISO100 / 12800 / 25600
液晶モニター 3.0型 3:2アスペクト チルト式TFTカラー液晶モニター 約92万ドット(視野率約100%) 3.0型 3:2アスペクト チルト式TFTカラー液晶モニター 約104万ドット(視野率約100%) 3.0型 3:2アスペクト TFTカラー液晶モニター 約104万ドット(視野率約100%)
連写 約8.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGは約8コマ) 約3.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGはカード容量一杯まで) * 記録枚数は、使用するカードにより変わります。 * 連写速度は、撮影環境や連続撮影枚数によって変わります。 約8.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGは約47コマ) 約3.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGはカード容量一杯まで) * 記録枚数は、使用するカードにより変わります。 * 連写速度は、撮影環境や連続撮影枚数によって変わります。 約7.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGは約28コマ、RAW/RAW+JPEGは約8コマ) 約3.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGはカード容量一杯まで、RAW/RAW+JPEGは約8コマ) * class 10以上のメモリーカードをご使用ください。 * 連写速度は、撮影環境や連続撮影枚数によって変わります。
電源 充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ)※付属 充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ)※付属 充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ)※付属
標準撮影枚数(CIPA準拠) 約350枚(XF35mmF1.4 R 使用時) 充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ) ※CIPA規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディアはSDメモリーカードを使用し測定。バッテリーの充電容量により撮影可能枚数・時間の変動があるため、ここに示すバッテリー作動可能枚数・時間を保証するものではありません。低温時ではバッテリー作動可能枚数・時間が少なくなります。 約350枚(XF35mmF1.4 R 使用時) 本体のみ(フラッシュ非装着) 充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ) ※CIPA規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディアはSDメモリーカードを使用し測定。バッテリーの充電容量により撮影可能枚数・時間の変動があるため、ここに示すバッテリー作動可能枚数・時間を保証するものではありません。低温時ではバッテリー作動可能枚数・時間が少なくなります。 約350枚(XF35mmF1.4 R使用時) 充電式バッテリーNP-W126(リチウムイオンタイプ) ※CIPA規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディアはSDメモリーカードを使用し測定。バッテリーの充電容量により撮影可能枚数・時間の変動があるため、ここに示すバッテリー作動可能枚数・時間を保証するものではありません。低温時ではバッテリー作動可能枚数・時間が少なくなります。

初心者なので難しいことはよくわかりません。機能に不満もありません。好きなところはシャッタースピードなどがボディー上部のダイヤルで操作できること。不満なところは、1)、ボディーを片手(右手)で持ったとき、掌の親指付け根が円形のmenuボタンに触れて、自分で気付かぬうちに操作してしまっていること。2)、標準ズームが少し大きいこと(あと1cmくらい短かったら使いやすいのに)。.

フィルムシュミレーション最高です!エアリーフォトを始めようと購入しました!.

良い点:x-t10自身の色とかは素敵です。商品も良品です。一方、外観から見ると新品ではないです。中古品なんです。まだ、メーカー保証書がないと報告されましたから、この部分が気になっています。.

キヤノンの一眼を長く使ってきたので、慣れるまで少し時間がかかったevfに抵抗があったが、しばらく使うと、こっちの方が現像の手間を減らせる、と感じるようになった一眼レフに比べ軽くて楽それでいて作画に問題はない魅力的なレンズも多く素晴らしい前後ダイヤルは、もう少し硬い方が良いと感じている.

富士を使ったら…もう他のブランドには戻れない。富士には頑張ってカメラを作り続けて欲しい。.

Canonも使っていますが、富士の色に惹かれて購入。画質はaps-cとは思えないほど素晴らしい。afも進化して、富士のカメラとしては初めて?ようやく使えるレベルになりました。常に携帯して、写真ライフを楽しんでいます。ただ、流石にeos7dmk2を使っているとシャッタータイムラグがちょっとある様な・・・。価格と画質・性能のバランスは富士のカメラの中で1番と思います。.

普段はフルサイズカメラを2機種使っていますが、小さく軽いカメラが欲しくなって本品を購入しました。<good>・軽く小さい。・写りの良さにビックリ。・昔のカメラデザインが好き(首からぶら下げてると銀塩と間違えられて何度か声をかけられました)。・ケーブルレリーズが使えるようになった。<bad>・小さく軽い(グリップホルダーを追加してグリップしやすく、適度な重さになったと思います)。・レリーズボタンが押しにくい(ボタンネジに昔のソフトシャッターを付けて解決!すぐ落ちるので軽く接着済)。・レリーズタイムラグがある(mfレンズ使用時のレスポンスは良い為、afのレスポンスが遅いのだと思えます。が、風景撮影にはなんら問題とはならないでしょう。これは自分の偏見だったらご容赦。カメラとレンズのファームアップは最新(カメラ=ver1. 21)です。以上がここ二週間位使用して感じたところです。なおafが効かなくなってswのonofをして復帰したことがあるため、機会を見てサービスセンターに相談しようかとも思っています。 .

Canonのeos 7dを使っています。流石に重いので散歩にも持ち歩けるカメラを探しました。ファインダー派ですが自分は遠視(老眼)なのでafの合致が早く正確なものを探しました。x-t1を買う直前にx-t10発売の情報がありました。機能的にさほど差が無くafが早いという宣伝文句を信じて予約購入しました。使った感想ですが、画質の良さは衆目の一致するとこですが、操作性の面では・・、まずaf(の合致)は期待通りでした、早いです。シャッターのタイムラグもデジイチと比べてもそう遅いとは感じません。evf(ファインダー)も表示は速いです、左右に振ってもついてきます。機能的には星5つです。ただ、自分だけの問題ですが・・・、自分の利き目は左目です。左目でファインダーを覗くとリアコマンドダイヤルの操作(親指)が顔にぶつかりやりにくいです。いったん目を離す(顔を浮かせる)動作が必要です。リアコマンドダイヤルはプログラムシフトの変更(シャッタースピード・絞りの組み合わせ変更、これはフロントコマンドダイヤルでもできます)と軽く押すことによりファインダーのピント位置の拡大表示ができます。マニュアルフォーカスでの使用や他社レンズをアダプターを入れ使うときこの拡大表示機能は大変役に立ちます。自分はcanonのefマウントレンズの長玉を使っていますが、この動作が煩わしいです。利き目が右目の方は問題有りませんが左目の方で他社レンズを使いたい方は考えた方が良いかもしれません。.

以前からxシリーズを使っていますので、操作感は問題ありません。コンパクトで存在感もあり、何と言ってもオートフォーカスが速くなりました。これが一番の収穫です。操作ダイヤルも違和感なく配置され、クリック感も悪くありません。良いボディーです!.

ベスト Fujifilm ミラーレス一眼 X-T10 ボディ ブラック X-T10-B レビュー