このサイズで貴重なaps-cセンサ、さらにssや絞り値と露出補正ダイヤルが独立しておりコンパクトなボディのわりに大変操作しやすいです。さらに自撮り可能なチルト液晶を装備しており、無類の独自性を持っています。同じaps-cセンサのricoh gr2に買い換えようかとも思ってお店で触ってきましたが、上記の操作性やチルト液晶により私の使い方だとx70がぴったりなのでやめました。欠点をあげつらうと…・手振れ補正がない・キャップの装着が面倒・iso感度をダイヤル設定するときなどuiがモタモタしてるくらいです。.

スペック的にgrⅡと比較検討されているようですのでgrⅡと比較した使用感をレポートします。ボディの質感はクラシックでしっかりしていて高級感があります。十分に所有欲を満たしてくれます。高感度には明らかに強い気がします。写りは空気感も再現できるような素晴らしい描写です。チルトは要らないので、より軽く小型にしてほしい。大きさはそうでも無いですが、持った感じはgrより結構重く感じました。レンズキャップは、やはり面倒でした。起動やフォーカスは早いのでキャップ外しの手間が残念。外しっぱなしは気になるし。grは片手でポケットから出してさっと撮れる。x70はじっくり撮るような使い分けになりそう。ただしgrだから撮れる画があるので単純比較は結局できないです。.

カメラが到着して直ぐに検品したところ、レンズ内側にゴミが2つも付着しており、残念ながら返品させていただきました。メーカーの品質管理はどうなっているんでしょうか?.

色々書いてますが気に入ってます撮れる絵のポテンシャルは高いので、個人的には、絞りリングを弄りつつ、アレやコレやと悩んで楽しみながら撮るカメラな気がします●良い点・デザイン人それぞれでしょうけど、やっぱりgrのデザインはちょっと…シルバー買いましたが、ちょっと安っぽいので黒でも良かったかな?・このサイズでaps-cセンサー搭載x-transの恩恵や、アレやコレなデメリットは置いておきますやっぱり映りは良いですこれが全てです・モニターがチルトする換算28mmはチルトしないと不便な撮り方も結構あるので横だけですが水平器と合わせたら這いつくばって不審者みたいな撮り方しなくて済みます・タッチフォーカス出来るこれも便利。端とかに合わせるのによく使ってます位相差はセンター付近だけなのが残念・フィルムシミュレーションベルビアとかいいです。jpeg出しが基本になりました●悪い点フジのカメラは画質は良いけど、機能はあと一歩なのは伝統なんでしょうかね?・レンズキャップと絞りリング左手でキャップを取る→キャップしまう→左手で絞りを決める、とやるとどうしても早く撮れないファインダーあればリングもいいんですけど、モニターなら絞りはやっぱり右手でやりたい…キャップ取る前に絞り決めたらいいと言えばそうなんですけどあとキャップは良く落とすので、ストラップ付けられたら良かったですダサいですが、49mmフィルターとストラップ対応キャップ付けた方が実用的です・af 位相差に期待し過ぎるとガッカリしますあと、 結構迷うし、ターゲット大きいせいか良く抜けます それでもコンデジとしては良い方なんで、言い過ぎかもしれませんが・マニュアルフォーカスやたらとリング回さないとフォーカス移動しないのや、aflしてても、シャッター半押しでフォーカス合わせるのや、ピーキングやスプリットが見にくくて使いにくいのは、mfあんまりテストしてないのでは?と勘繰ってしまいます・露出調整のリング固いのは何でですかね?誤動作防止??–書き忘れてたので追記します49mmのフィルターとキャップを付けるには、メスーメスの変換リングが要ります私はfinepix f100専用unx-8521というのを買って使ってますただ、純正キャップが嵌らなくて使えなくなるのと、色が黒なのが残念ですが…–再修正です。unx-8521つけなくても、フィルタは嵌ります。逆向きにしかつかないので、キャップがつけられないだけです。何度もすみません….

富士フィルムの写真の色が良いと聞き購入。その通りでした。でも少し重いな。.

単なる固定焦点レンズの高級デジカメと思ってましたが、使ってみてとんでもなかったです。解像度の高いfujinonレンズ、高解像度センサ、画像用のソフト、このバランス感覚とアナログ時代の趣味性を満足させた、写真専門の会社の底力を見せつけてくれる品物でした。ズームとか構図とかを考えずに気楽にスナップを撮って、後からpc上で構成を決め部分拡大しても、一切のノイズが無いなめらかな銀板写真のようです。またカメラを持った適度な重量感がよく、がっちりとした剛性があります。価格からは想像できない様な、奥の深い技術を感じさせてくれるカメラです。.

元々、panasonic lumix gx7をお散歩用カメラとして活用していましたが、aps-cと富士の画質に魅力を感じてこちらの製品を購入しました。高画質とコンパクトさで、現在お散歩カメラとして大活躍しています。ただ、一眼のサブカメラとして使用している方にはとってもおすすめできる製品ですが、コンデジ(高級コンデジも含め)からのステップアップや初めてのミラーレスとしては注意が必要です。というのも、このカメラには手振れ補正がついていません。夕方~夜や室内での手持ち撮影は、しっかりと構えてブレないように撮る必要があります。私は写真好きですが撮影の技術は高くなく、気軽にシャッターを押して綺麗な写真が撮れればよいな。くらいの感覚です。そのため、当初gx7では結構片手で気軽に押してもしっかり撮れていた写真が、x70では全て手振れしていましたので、特に室内や夜の写真を手持ちで取る方は他の選択肢もありかなと思います。とはいうものの、x70を使っていると撮影スタイルがしっかりしてきますので、写真の腕が上がります。写真の技術を磨いていきたい方や一眼のサブとしてコンパクトで高画質を求めている方にはおすすめです。.

新機種が出ても色あせない名器だと思います。できる限りアナログ感覚で操作できるよう、よく考えられており、使い勝手も良い。これでシャッタースピードがもう少し上まであれば最高です。.

利点と欠点

メリット

  • フジフィルムの製品の中では安価です。
  • これ一台でOK!
  • 最高です。

デメリット

いろんなレビューを参考に購入。店頭ではシルバーしかなく黒はモックだったので質感が不安だったが良かった。取説を見ながら操作の確認、自分の撮りたい事がだいたい出来そうで期待が膨らむ。AF-Cの場合ウインウインなりフォーカスが合わないが動体の時は合うのか未確認。SDカード、純正カバー、レンズフード、レンズフィルター、アダプターリング液晶プロテクターも購入。レンズフィルターが届いたので取り付けようとレンズの汚れを確認するとレンズ内にゴミが。ちょっと見ればわかる程度の大きさです。富士フイルムの生産環境にガッカリです。アフターに期待。.

多くのレビューを参考にして購入しましたが、大変満足しています。機能等はこれから勉強です。画質がいいので、気に言っています。大変にありがとうございました。.

普段はオリンパスom-d e-m5 markⅡを使っていますが、サブ機として購入しました。デザインと質感、シャッター速度・絞り・露出補正がダイアルで操作できること、そしてフィルムシミュレーションができることが魅力です。唯一の懸念材料はファインダーが付いてないこと。これはフォクトレンダーの外付け光学ファインダーを付けたので解決。見た目にも格好よくなりました。純正よりも好みです。使ってみた感想としては、富士の画質はやはり素晴らしいですね。空気感まで写すと言われていましたが、その通りに感じました。クラシッククロームの色合いもよかったです。富士を購入するにあたり、基本オリンパス使いのためレンズ沼に嵌まらぬようレンズ交換できないx70にしましたが、こんなにいい画質ならミラーレス機も気になり出し、x-pro2に乗り換えたくなっています。※購入後1ヶ月近く経ちました。ますますお気に入りになっています。当初優先順位が低かった背面液晶がチルト式であることのメリットを実感しております。ローアングル、特に地面すれすれのアングルも楽々で、この構図が大のお気に入りになりました。結局、grとの大きな違いはレンズバリアに非ず、背面液晶に有りだと思います。もちろんハイアングル、自撮りも思いのままです。※ローアングル&ハイアングル作例を追加しました。※画像追加しました。garizのケースにartisan&artistのストラップでドレスアップ。※画像追加しました。貼り革してみました。aki-asahi製ですが、精度バッチリでした。.

Grと悩みましたが、オーソドックスなカメラらしい雰囲気にひかれてこちらにしました。(外付けファインダーはgrのものを使っています)コンパクトで軽い(昔のカメラに比べて)のでカバンに入れておけるカメラです。色はフジのポジフィルムをベースにしたものが選べるので、それで遊んでいても楽しいです。ベルビアはえらく鮮やかで懐かしい発色。プロビアも今思えばかなり鮮やかな発色だったんですね。クラシッククロームと比べると差は歴然です。ただ、トイカメラなどのエフェクトはソニーのnexなどと比べるとわざとらしさがあるのでほとんど使っていません。露出補正ダイヤルが大きくてすぐ動かせるのは便利です。(以前愛用していたミニルックスが露出補正が大変だったので…)設定次第でレンズの根本にあるリングで調整できるので、カスタマイズすると使い勝手は向上します。センサーがapsサイズなので、コンデジにありがちなのっぺり感はなく、十分な画質だと思います。ただ、感度を上げ過ぎるとわざとらしい補正が入るのであくまで標準的な感度内(200~1600程度)で使うのがよいでしょう。全体的な雰囲気としては、コンデジではなく、小型のベッサのファインダーなし版のような感じです。そういう意味ではgrとは別物のカメラなのかもしれません。.

X70は「腰を据えてじっくり被写体と向き合うシューター」が合っているかと思います。重さもありますし、そこまで薄いわけでもないので設定を片手で完結させるのはちょっと難しいです。手振れ補正もないので、手持ちでss稼げない時はブレないようにしっかり構える必要があります。基本両手でじっくり撮影です。おかげで被写体と真剣に向き合う時間が増えました。自分はロープロのダッシュポイント20に入れてます。これは蓋付きならまだ余裕があり、アダプターリング+x-cap2ならばぴったりの厚さです。是非検討してみてください。ノイズ耐性はディテールを犠牲にして色ノイズを抑えている感じですが、そこまで犠牲にしているわけでもなくよく残っており、フジのノイズ処理すげぇ!と感心しました。現コンデジではトップじゃないでしょうか?テレコンが付いていますが、これはクロップに画素補正処理をしているので、通常のクロップのように画像サイズが小さくなりません。個人的にはこの増幅も特に気にならないので非常に良いです。勿論ボケ具合は28mm仕様なので注意ですが。写りはハイレベルな一方で、細かい使い勝手は他メーカー機種に劣ります。何かしらに惚れ込んで買うのは良いですが、何か別の機種と迷うようならそちらを選んだ方が良いでしょう。(使っているうちに不満が大きくなると思います)メインも張れるスーパーサブという感じです。写りに惚れて買いましたが、操作系には僅かに不満があります。人差し指が掛かる部分にダイヤル付けて欲しかった、とか…。最後に、テレコンがコントロールリングにしか割り当てられないのはどうにかしてほしいですね!.

初めてのfujifilmカメラですが期待以上!思ったより重いですがしっかり作られている感じがする。ファームウエアーをアップデートしたら(version1. 10に)pc auto saveができなくなりました。まだ解決するしていないですがそもそも個人的にあまり使わない機能ですので大丈夫です。ちなみにiphoneのアプリは問題なく使えています。jjc製のレンズフードについてくるアダプターだけをつけて少しレンズを保護しつつ厚みを増さないようにしています。.

Ricohのgrも使っていましたが、高感度のノイズと不安定なホワイトバランスが時々気になって、本製品を買い足しました。grよりも一回り大きくて重いのは最初から分かっていましたが、露出やシャッタースピードを電源を入れる前にいじくれるのはメカ的に最高です。また、富士フイルムならではのフィルムシミュレーションも良い発色を見せてくれて、grとも違うaps-cでの一つの到達点を創り出したのではないかと思います。grがパシャパシャ気軽に取れるスナップシューターだとすると、x70は腰を落ち着けて設定を両手でじっくり定め、絵を描くようにシャッターを切る使用方法に合っていると思います。.

好きで買ったのでチョウ〜楽しくて使っておりますありがとうございました〜〜フジカのカメラもコレで5台に増えました〜。.

初めはファインダーが無いので敬遠していましたが、小型軽量・映り良しの評判を見て買っちゃいました。画像は富士フイルムらしく大変綺麗で、持ち運びもラクチンです。デジタルテレコンバーターが付いているので、35mm・50mmとしても使えるので、ズームレンズ付き感覚でも使うことが出来ます。持ち出し率ナンバーワンの機種となっています。.

特徴 Fujifilm デジタルカメラ X70 ブラック X70-B

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 1,630万画素 X-Trans CMOSⅡセンサー搭載
  • スナップに最適な広角18.5mmのフジノンレンズ
  • 180度チルト式液晶&タッチパネル搭載で撮影スタイル自由自在

メーカーより

約340gの小型・軽量ボディにAPS-Cサイズセンサー搭載。富士フイルムならではの写真画質がポケットサイズに

小型軽量のボディでありながら、1630万画素のAPS-C大型センサーを搭載。独自のカラーフィルター配列により光学ローパスフィルターなしモアレや偽色の発生を抑え、高性能画像処理エンジンとの組み合わせにより卓越した解像感、豊かな階調性、低ノイズを実現。最高画質を提供する。

風景撮影からスナップ撮影まで幅広いシーンをカバーする新開発フジノンレンズを搭載

X70に搭載されているフジノンレンズは、肉眼が捉えている視野に最も近いと言われ、スナップから風景まですべてをカバーできる焦点距離18.5mm・開放F 値2.8の、広角単焦点レンズ。

センサーに最適な光学設計を施しているため、周辺光量を十分に確保し、画像の中心から周辺部まで高い解像感を実現。カメラの小型・薄型化と高画質を高次元で両立することに成功している。

狙った瞬間を捉える最速0.1 秒の高速位相差AF と3 種類のフォーカスエリア選択

「X-Trans CMOS Ⅱ」センサーに組み込まれた位相差画素を活用した像面位相差技術と、画像処理エンジン「EXRプロセッサーⅡ」の高速処理性能により、最速0.1 秒の高速AF と起動時間0.5秒、シャッタータイムラグ約0.01 秒、撮影間隔0.5秒の高速レスポンスを実現。「シングルポイント」モード、「ゾーン」モード、「ワイド/トラッキング」モードの3種類のフォーカスエリア選択を駆使する事で、決定的瞬間を逃さない。

タッチパネルで直観的に操作可能

ダイヤルとリングによる露出コントロール

天面に配置したアルミ削り出しの露出補正ダイヤルとシャッタースピードダイヤルにより、撮影者の意図に応じて瞬時に撮影条件を切り替え可能。また、「オートモード切換レバー」を操作するだけで、シーンに合わせて最適な撮影条件をカメラが自動で設定するため、誰でも簡単に写真撮影を楽しめる。

直感的な操作を可能とする静電式タッチパネルディスプレイ搭載の180°回転チルト式液晶モニターと、撮影者の創作意欲をかきたてるマニュアル操作性

180°チルト式液晶モニターでアングル自由自在

「X シリーズ」で初めて「静電式タッチパネルディスプレイ」を採用。撮影モード時には「タッチショット」等、再生モード時には「スワイプコマ送り」や「ダブルタップ拡大・縮小」等、スマートフォンやタブレット端末と同様の直感的操作が可能。180°回転チルト式液晶モニターを活用すれば、「タッチショット」機能との組み合わせで、「セルフィー( 自分撮り)」も快適に行える。

その他の特徴

ユニークな写真が撮れるアドバンストフィルター

アドバンストフィルターでは、手軽にアーティスティックな写真表現が行える8種類のフィルターを選択可能。レトロな雰囲気の「トイカメラ」、ミニチュア効果の「ミニチュア」等、液晶モニターで効果を確かめながら撮影ができる。

スマートフォンとタブレットからリモート撮影

無料の専用アプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」からリモート撮影が可能。露出モード、ホワイトバランス、タイマーなどの各種設定からタッチAFまで、スマートフォンやタブレット上で操作できる。

画像を即送信できるワイヤレス機能

「FUJIFILM Camera Remote」を使えば、IDやパスワード不要で、スマートフォンやタブレットへ画像を送信することが可能。写真をシェアしたり、SNSへのアップもすぐに行うことができる。

●購入した場所amazon●利用期間2016/10-2017/1で20,000枚以上●使用する場面、このジャンルにおける私の習熟度写真歴3年。nex6、x100、x100t、ricoh grd4、gr、x-t1、x-pro2を保有し、今はほとんどx70とx-pro2の2台しか使っていません。写真歴は浅いながら、幾つか賞を頂いたり、作例として使って頂いたりしています。jpeg撮って出しが基本で、あえて編集することが前提でない限り99%はjpegしか撮りません。—【結論:満足度】★★★★★じゃ足りない。x-pro2と別の守備範囲をもつ最高のカメラ。お風呂の時以外は肌身離さず持ってます。—【選定基準(商品を選ぶ時に重要視したポイント)】①画質(色再現、被写体を選ばない万能さ)持ち歩き用と思いricoh grも持っていましたが、どうしてもwbが好きになれず、結局x-pro2を買って以来そればかりを常に(お風呂に入る時以外)持ち歩いてました。特に撮影対象がストリートスナップや風景だけだったり、モノクロだけならgrに何も不満は無かったのですが、人を撮る時にはgrのjpegの色が好きになれなかったからです。(反対にfujiには被写体を選ばず、jpegで常に安心して撮れる万能さは信頼しきってます。)②小型、携帯性(特に軽さ)それでもx-pro2は重いのです。仕事鞄(tumi)に入れて持ち歩くと、大きさはどうとでもなるものの重さは緩やかに体力を削り、画質を求めて携行してるのに夜には疲れて取り出さないという矛盾を抱えてしまい、軽いeveryday cameraを探し始めました。※ポケットにも入ります。が、grもそうなんですが小柄な僕にはゴツゴツするので、どのみち入れません。無理がある。③暗所(hi-iso)耐性grもx70も同じaps-cサイズのセンサーを持っていますが、iso感度を上げた時の気持ちいい写真が撮れるのは間違いなくx70(というか富士フイルムのセンサー)です。正直、携帯性とのバランスで考えて暗所耐性を求めなければ、私にとってのgrの競合はiphoneでしあ。grは暗所で画がノイズ崩れするので、「それならiphoneで良くないか?」とすら思います。ノイズを嫌ってハイコントラストなモノクロを選ぶなら、iphoneでもイケてる写真撮れるぞ、と。x70はiso autoで6400までは上がるようにしてますが、まったく汚さが気になりません。—【結果的に…】サブカメラ(重さの代わりの平日用の妥協カメラ)のつもりで買ったのですが、以下の2つのポイントが想像を遥かに超えていたため、x-pro2の出番が休日でも減り過ぎて慌てているくらい気に入りました。これ、最高です。grとは全く別物。x100とも別物。本体とレンズを一つしか選べないとすれば、積極的にこれだけ旅に持っていこうと思えるいいカメラです。①28mmでも腕次第で人は全然撮れる…今まではボケないし、余計なものが写り込み過ぎるし…と人撮りに28mmは向かないと思ってましたが、grの色が僕のポートレートのイメージに合わなかっただけなんだと思いました。カメラが変わると撮影者のテンションって全然違うもんなんですね。②これでしか撮れない写真がある…x70で撮る人物はものすごく楽しいです!何よりファインダーを覗かないコンパクトサイズだと、副産物として中型以上のカメラよりもズイッと寄れるので、臨場感が出ます。むしろコツは近づけ過ぎと思うくらい寄って撮ることです。またチルト液晶はx-t1の時にも使っていましたが、画角が28mmで固定されてるx70の方が恩恵を感じます。これがあるだけでこんなにクリエイティブに使える機能だったのかと驚きました。むしろx-t2の縦チルトもx70に搭載して欲しい…。—【その他の要素】①x100のようにファインダーの汚れを気にしなくていいのが楽だ…。x-pro2は防塵防滴だからいいんです。常に綺麗なファインダーが保たれるから。でもx100は大好きなカメラなのにファインダー内部にすぐ埃が入る。それが気になってしまっていたので、x70はいっそファインダーがなくなってかえってポケットにもどこにも放り込めるのが気に入ってます。②本当はx-pro2と同じセンサーが搭載されたらもっと良かった。分かってます、それでもx-t1と同じ画質ですからいいんです。…でも、x-pro2のacrossを知ってしまうと、きっと次期モデルではセンサー変わるんだろうなって思っちゃいます。③プロテクトフィルターは必須x100も同じですが、レンズカバーが付いているんですが、いちいち付けたり外したり面倒です。プロテクトフィルターを付けて、カバーなしで鞄やケースに放り込むのがいいと思います。プロテクトフィルターは丈夫ですし、買い替えもそこまで高くないですから。アダプターはサードパーティの安いので十分です。(grと比較してレンズバリアがないことが挙げられますが、この使い方をしてることから私にはデメリットになりません。)④レンズフードと外付ファインダーを付けると大変格好よろしいコンパクトカメラなのに、レンズフードとファインダーを付けるだけで結構イケてる見た目に化けます。コンパクトさを優先したい時と、見た目を渋く持ち歩く時で二度美味しいカメラ。⑤絶対使わないと思ってたデジタルテレコンが意外と使えるあくまで緊急脱出用なんですが、画質がなかなか悪くないので、意外と使えます。50mmが一番好きな画角なので、いざという時に使えるのはいいです。⑥フラッシュが付いてるのはやっぱり便利特にシンクロ撮影するときですが、ビルトインされてると思いついた時にすぐ使えるのがいいです。これはx100と同様。今のところ使う場面がなかったので使ってませんが、ハイスピードシンクロもできるようなので、一眼レフとまた違う種類のカメラとして表現の幅がもてて楽しいです。⑦10mmまで寄れる!grと同じマクロ域が使えるのは本当に嬉しいです。デジタルテレコンと組み合わせると簡易マクロが撮れるのがいい。⑧(私にとって)唯一のgrの利点はフルプレススナップ機能これはタッチシャッターで代用が効くかと期待しましたが、ダメでした。遅いし、afの精度がタッチシャッターに限って悪すぎます。フルプレス機能での速写性はgrが絶対いい。ひたすらテンポよく街をフルプレスで撮りまくり、後でrawから現像する使い方をするならgrの方が絶対いいです。私にはそれより大事なポイントがありましたが。—【以下、余談: ビギナー〜ライトユーザーにこそ絶対これだと思う】最近、子供が生まれる知り合いに立て続けにカメラを買う相談を受けるのですが、cやnのレンズ交換式が引き合いに出ても胸を張ってx70をオススメしてます。4人程x70を実際に買いましたが、皆さんとても好評です。①カメラは持ち歩かなきゃ意味ないです。重いのは想像以上にじわじわと持ち歩く気力を削ぎます。大きいカメラを首から下げてると、子供を抱っこするために屈んだ時に頭にゴツンなんてこともあり、結局買った半年後にはiphoneに絶対戻りますから。余程写真に魅せられてドップリ浸からない限り、まずはポケットに入るこのくらいのサイズから始めるのが絶対いいです。(ただし、言わずもがな運動会や舞台撮影は画角的にムリです。ズーム付で買いましょう。)②iphoneの画角に近いライトユーザーでも取っつきやすいみたいです。妻に渡してもすぐなかなかの写真を撮ります。(普段自分が写らない写真ばかり残るので、パートナーが使いやすいというのは意外と大事だと気づいた…。).

ほとんど軽く家族写真と主にフィギュアの撮影に使っていますがマクロ専用機のα58と30ミリマクロレンズにも劣らないマクロ性能!afも迷わない50ミリクロックアップが簡単に切替できるのでもう少し寄りたい時にも便利です色味が気に入らない時は全部のフィルムシュミレーションを試し好きな色味が選べるのも◎高感度にも強く手ブレ補正はほぼ自分的には必要を感じませんちょっとネガな点は電池の持ちがイマイチなのとレンズシャッターが欲しかったかな~.

【画質】富士の色は特別とよく言われるが、確かにjpegで使えるフィルムシュミレーションのベルビアは、印象的な絵作り【操作性】絞りとシャッタースピードを物理ダイアルで設定し電源を切っても目で見て設定がわかるのは便利だと思った露出補正ダイアルも独立で目視できるダイアルドライブモードを直接呼び出せるボタン親指のそばにあるジョグレバーこれで色々設定できるボディー表面にあるafmf切り替えノブこれをマニュアルにすると親指afが可能【バッテリー】充電器3500円ほどで追加しましたがこれはもっと小型なものをコードなしで付属してほしい製品登録のポイントでバッテリーを注文したが【携帯性】ミラーレス一眼と違いこれ一つで完結していてレンズもパンケーキの単焦点なので特にカメラバックは必要ないリストストラップでぶら下げて散歩するが違和感なし【機能性】28ミリ35ミリ50ミリのデジタルテレコンがjpegで使える簡易なフラッシュ搭載、4kは非対応【液晶】感圧式のタッチパネルで自撮り対応タッチパネルの感度操作性はとても心地よい【ホールド感】クラシカルなデザインだが、持った感触はそれまで使っていたペンタックスのmx-1によく似ているラバーの感触がしっとりと指にフィットしてぶれにくい【総評】コンパクトカメラにしては驚くほどスイッチボタンが多いまたそれがよく考えられていて、妙に使いやすい画質、発色は非常にレベルが高くレンズも隅々まで解像する10センチまで寄れるので簡単なマクロ撮影も色乗りも素晴らしく、簡単に作品ポイのが撮れる.

コートや上着のポケットに楽々入る大きさですので、どこにでも気軽に持っていくことができます。チルト液晶パネルを使ったウェストレベル以下での撮影ができる点も魅力です。ものすごくしんどい姿勢での撮影が楽に行えます。そして何より、小さくて、いかつくないので撮影中も目立ちにくく自然に周りに溶け込みながら撮影することができます。必要であればシャッター音を無音にできます。届いて使ってみて、まさに期待通りでした。そして、長く愛用するには機能面だけでなく外観も重要だと思うのですが、x70はこの点においても十分満足させてくれます。落ち着いたクラシカルなスタイルに加え、ダイヤル類の細部の造りこみの良さや子気味良いクリック感、梨地仕上げクロームメッキのきめの細かさなど、コンデジと呼ぶには失礼なくらい秀逸な出来栄えです。ブラックもきっと素敵だと思いますが、このカメラのシルバーは本当に美しいです。買ってよかったと思います。あえて難点をいうと、全体に小さすぎて持ちにくく、ボタンも細かくて押しにくいことです。ケースを付けると持ちやすくはなりますが、ボタンはどうしようもないです。それから、ファンクションキーが沢山ついているのはありがたいのですが、どれを何に設定したかを覚えられません。カメラより私の脳を責めるべきかもしれませんが、もし可能なら次機種では液晶パネルの周りの枠のところにボタンを並べ、各ボタンのすぐ近くに設定した機能を示すアイコンを表示してほしいです。他社で既に実現されているのかどうか知りませんが、是非xシリーズで実現してほしいです。--ここからは余談になりますーー私の場合は素のx70に飽き足らず、画像のようにして楽しんでおります。撮って良し、肩からぶら下げて良し、眺めて良しで、一台でこれだけ楽しめるデジカメはそんなにないのではないでしょうか。ちなみに、レンズフードはlh x100(x100用純正品)、ケースはlim’s fj-x70br、ストラップはa&aのacam-280-dbr、ビューファインダーは日本光学(現ニコン)の2. 8cmファインダーです。ビューファインダー以外はすべてamazonで購入しました。あっ、それから貼り革もしてます。aki asahiさんの製品です。ビューファインダーは50年以上前に製造された年代物ですが、パララックス補正機能が付いていてフレーミングが遠近ともピタッと決まります。後方のローレットは伊達じゃありません。また異常なほどx70に似合います。富士フイルムさんには、こういうのを純正のオプションで出してほしいものです。.

スナップシューターとして、バツグンです。grⅡより発色がいいです。.

これ迄は、iphoneで写真を撮っていましたが、少し物足りない感じ。小さくて扱いやすいものを探していました。sony,pana,grなどと比較検討しましたが、最終的にフィルムシミュレーションに惹かれ決めました。使ってみてもやはり「クラシッククローム」「ビビッド」等気に入っています。私的には、raw画像をさらにとか思っていないレベルで写したものをそのままで、ある程度フィルムシミュレーションを楽しむ。写りも当然iphoneに比べるととても綺麗と満足しています。また、絞り、ss等一目してわかるのも気に入っている点。ま、カメラの持っているパワーの半分程度活用しているかな?あまり深く考えず、先ずは撮る。何より小さくていいです。.

X-t2, pro2 ユーザーです。平日は iphone, ipad で間に合わせていましたが、ストレスが溜まるばかりなので思い切って買いました。x100f にも惹かれますが、サイズと価格でこちらに決めました。x-t2, x-pro2 にできない事の一つが液晶画面をタッチしてフォーカスポイントを指定する事。背面にレバーはありませんがそれに代わる機能で、コンパクト機であることを考慮したものと思います。センサーは一世代古いですが、外出先で ipad などに転送するにはこれで十分でしょう。今回入院することになり、昨日急遽購入しました。シャッター音も静かで使い勝手が良く、画質は申し分ありません。充電器が付属していませんが、usb ケーブルを繋いで本体で充電できるので通常は必要ありません。ただ、予備のバッテリーを用意して充電しておきたい場合などは別途購入した方が便利です。充電器とバッテリーは x-s1 と共通なので、以前使っていたものが使えました。不満点としてはマクロを意図通りに撮れない事と、それに関するマニュアルの記載が分かりにくい事。オートマクロであることはメーカーサイトで知りました。純正のフィルターとフードも購入しましたが、フードにはフロントキャップが付属しないのでフードを着けたまま持ち運ぶにはケースかポーチを用意する必要があります。フードにはフードを持ち運ぶためのポーチが付属していますが、フードを外した状態(アダプターリングとフィルターを取り付けた状態)ではフロントキャップを取り付けることができないので、フードには専用のキャップを用意してほしいところです。.

ベスト Fujifilm デジタルカメラ X70 ブラック X70-B レビュー