この値段で高倍率大変びっくりしました。使いやすく思ったより軽量で満足しています。.

キャノンの5d-マークⅡを使っています。その補助カメラとして悪天候の時に使うつもりで買いました。受光部のサイズはあきらめて、防塵・防滴・ディスプレーか゛自由に動くということで買いました。無理なアングルも楽に撮影できます。.

自分は息子のサッカーの写真を撮りたくて、手頃な望遠カメラが欲しかったので、大満足でした.

値段の割に色々な機能が付いていて使いやすく操作もやりやすい、まだプリントをしていないので分かりませんが画面で見る限りカチット写っているようです。.

  • 遠くの野鳥が撮れた
  • アプリの不良で通信機能は使えない
  • 光学50倍は最高です ただし質のいい三脚がいります

Fujifilm デジタルカメラ S9400w F Fx-S9400w B

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 1,620万画素
  • 光学ズーム50倍

この価格でこの性能はすごく良いものです。また機会があればよろしくお願いします。.

ほぼ言う事が無いほど満足していますが、ズーミングのスピードが、今まで使っていたパワーショットに比べると、少し遅いです。.

庭にくる野鳥を撮りたくて、30倍ズームのS3200を持っていましたが、もう少し高倍率がほしいと思って本品を購入。本品を選択した理由は、s3200と同じく、特殊電池でなく単三電池使用であることです。ヘビーユーザーではないので、操作感もとくに不満は感じません。.

少しずつ使い慣れてはきています。画素数が一千万を超えるらしいのですが、写真がそれほど上質に感じられず。「便利な機能の詰まったオモチャっぽいカメラ」という感じと、「この値段だったらこの機能で十分満足」という気持ちが同居しております。.

SDカードの認識が悪い(装着不良の表示が出やすい)バッテリー残量表示の誤表示がでる望遠は期待してたより画質は悪かった連写じ登録の時間がかかるマクロ撮影はかなり満足できた旅行、子供の運動会、花等の撮影には充分な商品   まっ!やっぱりデジカメかっていう商品.

●良い点●・低価格で1200mm望遠。最大望遠時の画像は必ずしも満足行くクオリティでは無いが、山の中に持って行っても取り回しの良い、そこそこのサイズのカメラで遙か彼方の野鳥に迫れるのは嬉しい。・エネループ(ニッケル水素電池)単3が使用可能なのでバッテリーを大量に準備できる。メーカーによれば単3アルカリ電池で約300枚 単3ニッケル水素電池で約500枚 単3リチウム電池で約700枚撮影可能とのこと。電池の持ちは良い印象を受けた。・レンズのフタが紐付きなので便利。ただし少し外れやすい。・手ぶれ補正が優秀。1200mmでも手持ちで頑張ればなんとか上手く撮影できることもある(三脚があるに越したことはないが)。●悪い点●・連写モードにした状態で電源を切ると、連写モードが解除される。次にオンにした時にまた設定してやらねばならない。連写モード設定スイッチがシャッターのそばにあるのだが、押した後左右ボタンで連写速度を選んでやらねばならず、とっさのシャッターチャンスに対応できない。同社のコンデジz2000exrを所有しているが、そちらは連射モードを電源を切った後も記憶していてくれるため、てっきり同じ仕様かと期待していたが残念。後継機では是非、電源を切っても連写モードを継続することを選べるようにしてほしい。・「撮影画像表示」設定を「オフ」にしているにも関わらず、連写後、撮影画像が表示され続けることがあり、処理上やむを得ないのかと思っていたが、シャッターボタンを押すとすぐにリアルタイムの映像に戻る。シャッターボタンを押さないと長時間、撮影した写真が表示され続けるという謎の仕様。繰り返すが「撮影画像表示」設定を「オフ」にしているのに、なぜか連写後にこうなるのである。連写後、画像が表示され続けたらシャッターボタンを押して、わざわざ解除してやらなければならない。・連写ではない通常撮影時、ある程度(1秒置きくらい)連続してシャッターボタンを押すと、なぜかシャッターが切れないことがある。連写モードだとその不具合が起こらないようである。そのため、普段から連写モードにしていないと動く被写体を安心して撮影できない。ちなみにメーカーが本機に推奨する「クラス10以上」のsdカード(有名メーカー製品)を使用してのことである。・望遠時に時々、被写体が動いたわけでもないのに、意味不明なピント調整が発生する。これで何回かシャッターチャンスを逃し、悔しい思いをした。・ズームレンズの伸縮が同クラスの製品の中ではやや遅く感じる(量販店の売り場で、他機種をいくつも試した)。・レンズの前玉に購入当初からホコリが複数。2mm程度の糸状のゴミも。ズームレンズなのでホコリが入るのは仕方ないが、最初からあまりホコリがあると、精神的にガックリくる。●全体的な感想●・上記のように主に連写モード関係の不満点が多々ある。しかし、この価格とコンパクトさで1200mm望遠が使えて、なおかつ単3エネループが使用できるというのは魅力的。不満も沢山あるが、後継機が出たらチェックしたいと思える機種である。後継機では、連写機能の改善に加えてバリアングル液晶を搭載してほしい。.

良い感じで、望遠が利いて価格も一眼レフに比べ格段に安くて良いのですが、機能がありすぎてまだ把握していないことがたくさんありすぎです。使いこなすには、結構かかりそう。運搬時のちょっとした振動のせいか、カードエラーがよく出ることが難点。.

50倍の光学ズーム、花を撮るためのマクロに魅力を感じて購入した。早速梅の花を撮ったが思うような色が出ず。.

今まで使っていた一眼を思い切って買い替えしました。意外とコンパクトで使いやすいです。ズームが少し面倒です、これを意識しなければ、問題ないでしょう。ストロボが少し貧弱です。.

液晶画面大きく見やすく、連射機能でよい画像を確保可能でよいです.

家族写真を撮る用途で購入。カメラには詳しくないので細部の良否は分かりませんが、ズームが良く遠くまで撮れる。wifi機能で撮ったその場でスマホに送れて便利。キレイに撮れる。.

特に50倍ズームがいい今までコンパクトカメラを使っていましたが、同じ使い勝手で遠くのものが、大きく撮影できました。これからどんどん使いこなしていきます。.

一眼をと思っていましたが、そこまでの写真は、正直追求してないから、このズームで、コンパクトで、気にっています。今から、勉強ですね!! 何時でも何処でも持ち歩けるのも良いですね!!.

価格帯が低いので、フィルターとかが使えないのは残念。前モデルでは使えたのに。.

50倍のズームすごいです。10m離れた場所から人の顔の毛穴が見えます。多機能で勉強しないと使いこなせません。しばらくはsr(auto)モードで使います。良い買い物をしたと思います。.

今まで、コンパクトタイプを常用していたが、100倍ズームに気に入り購入した。富士山などの遠景撮影に活用してかなり良い画質が得られて気に入っています。100倍ズームカメラとしは軽量なのが大きいメリットです。.

スマホに送れるのが便利で、フェイスブックへの投稿などに重宝しています。.

3月13日(日)13時頃、静岡市にある清水山公園でピンク・レディーのuf0をcdラジオでガンガン鳴らしていたら、1機の本物のuf0が公園上空を東から北に向かってゆっくりと移動しているのが確認出来たのでこのカメラで写真を撮りました。撮れた写真は拡大写真も含めて、sbs・静岡放送・静岡新聞社に提出して来ました。ここではこの時使用したこのカメラの印象を記します。このカメラに興味を持ったのは光学50倍と乾電池使用とゆうところでした。この2点につきましては予想どうりg00dでした。あと少しイラついたのは液晶の画像が薄いのと、拡大する時の画面の動き、それと連写した後の処理時間が長いことです。ここの部分についてはF900exrの方が優れています(写真にした映像は言うことなし)。全体的な評価としては、uf0を撮るとゆう条件を考慮した場合、やはりf900exrが優れている気がします。最近私は少し健康をこわしていたら、私の知り合いのeさんが、ハクジュの「へルストロン」が体(脳)に良いよと言って私に勧めてくれました。これを使えば「認知将」(他の病気も)日本からなくなるそうです。.

I色々な機能が付いており、光学50倍ズームで価格的に非常に魅力。.

とても使いやすく、尚且つ望遠が最高です。超望遠にすると、ピントがあうのが時間を要します。超望遠時には、三脚があれば、楽かも。画質も綺麗でした!.

購入して約3カ月経過しました。単3形のアルカリ乾電池・充電式ニッケル水素電池が使えるという事で本製品を選びました。amazonベーシックの約1000回充電の8本セットを合わせて購入しました。4本使いですが、手持ちの2本使いのニコンのl610、キャノンa1100など比べ私の使用状況では差が無いように思います。乾電池仕様で電子ファインダーや高倍率、wifi(意外に便利でした)を装備しこの価格は大変良いと思います。単3形の電池で他の機器と共用し使い回せるので、バッテリーの心配をしなくても良いので気に入っています。(今は、l610より本機を使っています)コンパクトデジカメのジャンルの製品ですがけしてコンパクトではありません。カメラの大きさを重視される方はお薦めできませんが、一眼タイプまでは手が出ない、そこまでは必要ない、手持ちのコンデジにもう1台と思っている方にお薦めします。捕捉)後継機が出ました。イメージセンサやレンズは同じみたいです。wifiリモートが追加、電子ファインダーの解像度アップ等。wifiリモートを重視すれば新機種、そうでなければ価格しだい。差が20%程度なら悩みますね。.

【2015/08/16・追加】 遠くの野鳥などを撮影するには、良いのかも知れません。でも、やはり昆虫撮影、飛んでいる蝶やトンボなどの撮影には、全く使い物になりません。 セミを撮影したくて、木の幹を遠くから狙うと、セミにピントが合う前に、木の葉や木の肌にピントが合い、セミになかなかピントが合ってくれません。 こんな状態ですので、連写機能があっても、動体撮影ができません。シャッターが切れても、ピントが合っていないのですから、写真になりません。否定的な文ばかりになってしまいましたが、これではスポーツなどでも、同様のことが頻発しそうです。 私が購入した個体が、特にひどいわけではありません。一般的な被写体なら、不自由なくピントが合いますし、連射なども機能します。 しかし、ほかのかたのレビューが素晴らしかっただけに、期待が大きすぎて、『使い物にならない』という評価になりました。形こそ一眼レフのようですが、コンデジの延長でしかないのですから、期待しすぎないほうが良いと思います。 クローズアップにしても、1センチまで接近できるなどというキャッチフレーズは、『接近できたからどうなんだ?』といったレベルです。 クローズアップにすると、被写界深度が浅くなるために、ポイントにきちんとピントを合わせることが、かなり困難になります。どうやっても、一眼レフのサブカメラとして使うのは、無理です。 トロくさい機構であっても、これに手動によるピント調節があれば、何とか使い物になったかと思えるのですが、残念です。 シャッター速度が1/1700までしかないといった中途半端さを含めて、いかにも入門用のコンパクトデジカメといった雰囲気が強い機種です。この価格なら、他社の機種も似たようなものかと思いますが、あまり利用価値がない《飾りの機能》を増やすよりも、基本機能をきちんと押さえて欲しかった気がします。 遠くの被写体をアップで捉えられるから面白い、といった遊びの要素が強いカメラです。 デジタルズーム域に入ると、レンズの劣化部分が見えてしまって、部分的に色収差が顕れたりします。 超望遠域になると、手ぶれ軽減機構があっても、さすがに手ぶれを押さえ切れません。レンズの絞りは手動操作ができるといっても、開放か最小絞りかのどちらかを選べるだけで、中間絞りが選べるわけではありません。 また、レンズが明るくない上に、高速シャッターが速くないので、手持ち撮影では、手ぶれを抑えられないのです。 富士フイルムはこのような開発ができないメーカーではありませんから、価格なりに性能を抑えた結果、この製品ができたのでしょう。 1台でかなり多くのシーンに対応できそうなので、散歩がてら持ちだしてみたものの、スナップにはちょうど良いが、●花のクローズアップには使えない、●小動物や昆虫などに出会ったときには、シャッターチャンスを逃がしがち、●(上記に原因があるが)瞬間的なピント合わせはできない、●登録しておいても、ファンクションで機能を呼び出しにくいなどの扱いにくさがあって、良いカメラとは言えなくなりました。 一眼レフよりも非常に軽くて、携帯には便利です。でも、一度しか来ないシャッターチャンスの場合は、絶好のタイミングを逃がします。 一発必中とまでは行かなくても、10発でようやく当たりそう、というのでは、逃がすタイミングが多すぎます。 実際に使うにつれて不満部分が増えてきますが、あくまでもコンデジだと割り切れないためだと思ってはいます。形が一眼レフに似ているために、気持ちの切り替えが難しいのかも知れません。 あわよくば簡単な仕事にも使ってやろう、と過大な期待を抱いたための、厳しい(見当外れな)レビューになったかと思います。 使いこなす前に、また古くて重いデジイチを持ち出すことになりそうです。このカメラの出番は、デジイチの半分以下になるかも知れません。 その程度のカメラです。以前に書いたレビューと重複する部分が多いのですが、当初の印象とほとんど変わりがなかったということです。                      【以上・2015/08/16 追記】 amazonよりも、1,000円近く安いショップを見つけたので、即刻購入しました。それというのも、こちらでのレビューがかなり“好評”でしたので。 届いたカメラを見た瞬間の印象は、『小さい』『軽い』でした。普通のデジタル一眼に近い製品をイメージしていたからかも知れません。確かに『ポケットに入る』ほどではありませんが、コンパクトデジタルカメラに、望遠レンズを組み込んだといった印象です。 実際に使ってみましたが、一般的な撮影では、ピントが合いにくいといった大きなストレスは感じません。多くの撮影シーンに対応しているのも、いかにもコンデジ仕様です。 しかし、遊び的要素が盛りだくさんな割には、基本機能が不十分です。余計な“遊び要素”を盛り込むのは、デジタル処理が進めば、コストがかからずに、高機能を印象づけられるので、積極的に採用したい項目なのでしょう。 基本機能として不足している最大のものは、マニュアルフォーカスでしょうか。特殊とは言えないと思うのですが、クローズアップ撮影などで、兎に角ピント合わせが“迷い”続けます。 花を撮影しているときに、飛んできた昆虫をフレームに入れて瞬間にピントを合わせるといった作業は、まずできません。シャッターチャンスは、ほぼ確実に逃がします。 この面では、これほどまでに使えないカメラだとは、予想もしていませんでした。1cmまでのクローズアップができるといっても、それは広角側でのこと。つまり、それほど期待通りの“拡大効果”は得られません。 コンデジに多くを期待しすぎるのは酷でしょうが、形が一眼レフっぽいだけに、過大な期待を寄せがちになったようです。 レンズ性能などは優秀ですが、画像素子のサイズが小さいので、画質もコンデジの域を出ません。1600万画素の映像が、この程度のものだとは予想外でした。 私が現在多用しているメモカメラは、カシオのex-h20gですが、画質面で、この古い機種に勝っているとは感じられません。 また、花のクローズアップや昆虫の動きに対応するために、ニコンのd-70を利用していますが、画素数では勝っていても、描写力や扱いやすさは、全く比較の対象になりません。 ニコンの場合は、ほとんど手動ピント調節をしていますが、シャッターチャンスを逃がすことが、fx-s9400wよりも段違いに少なくなります。 fx-s9400wの魅力のひとつとして考えたのが、秒間の撮影枚数でしたが、飛んできた蜂などには、まずピントが合わないので、カメラがもたついている間に、被写体が飛んでいってしまいます。 置きピンでも、被写体の動きが速いので、ほとんど対応できません。このような被写体には、古いデジイチのニコンd-70のほうが、充分に対応できます。秒間に多数のシャッターが切れても、その後の書き込み処理に時間がかかるので、結果的に多くのシャッターチャンスに対応できません。 一枚必中のd-70のほうが、うまく写っている確率が高いのは、残念な結果でした。また、シャッターの最高速度が1/1700秒という能力も、コンデジそのものでした。 d-70では動きを止められた蜂の羽が、fx-s9400wでは消えてしまいます。例え1秒間に1700枚のシャッターが切れても、コンデジでは動きを止められないという、意外な現実を再認識させられました。 カメラの拡張性も、期待すべきではないのでしょう。このカメラだけで完結させる撮影を、考えるべきです。 古いとはいっても、ニコンd-70と比較することが、そもそも無理でした。600万画素しかないd-70のほうが、描写力でも桁違いに優れていますから。 以上、このカメラの扱いにくい部分、劣っている部分を書きましたが、100倍望遠が使えるコンデジだと割り切ってしまえば、それなりに使えるカメラだとは思います。 このカメラだけにしかない、メリットも確かにあります。そのメリットに目を向けて、使ってみることにします。多様な“遊び機能”は、撮影に馴れれば、その多くが不要な機能になるでしょう。 兎に角残念だったのは、マニュアルフォーカスが採用されていなかった、この一点に尽きます。価格を考えれば、値段なりの仕上がりだったということです。 また、多くの操作については、私の場合には、ほとんど『使用説明書』を見るまでもなく、機能が理解できる、わかりやすいカメラでした。 以上のほかの操作感における欠点などは、他のかたのレビューと重複しますので、割愛させて戴きます。 平均的なカメラ、という意味で、評価の★は3個にいたします。 作例写真を追加しました。fujiで撮影した蜂は、ピンぼけでブレているうえに、大きく写せませんでした。nikonで写した蜂は、fujiの写真よりも半分ほどの大きさしかないのですが、ピントを目に合わせることができましたし、羽の動きも止められました。 今後、fujiでもきちんと写せるかどうか、試行錯誤をしてみます。.