富士フイルム FUJIFILM デジタルカメラ FinePix X100 1230万画素 F FX-X100 – カメラらしいカメラ

ズームが無いことをわかって購入しましょう。一見するとフイルムカメラに見えるところがなんともいえません。シャッタスピードと絞りを手元で変更できるのが売りです。.

悪いところから簡単に。背側のボタンの操作性が悪く素早い操作が難しい。マニュアルフォーカスリングはうんと回さなきゃなので実際的じゃない。オートフォーカスが遅い。 ゆっくりとした撮影が中心となりがち。ハイブリッドビューは結局撮れた写真との乖離があるので電子ビュー中心になる。私は。上記のマイナスがあっても抗しがたい存在感。いろいろ操作して素晴らしい写真が撮れた時のうれしさがオートマチックなデジカメと一線を画す外付けのオプションが出回っていて 楽しい。バージョンアップに望むことfnボタンに割り当てを増やして欲しい。もう一回押すと割り当てた別の設定になるとか。追記canonイオスも持っていますが、撮りやすさはイオスが上。レンズも換えられるし。でもちょっと出かけるときつい手にとってしまうのがx100。持ち歩きたくなるのだ。あと固定式レンズ式ですが、一部のコンバージョンレンズが使えてお勧めですね(lumixのを使ってます)。.

慣れないと操作しにくいところがあるかもしれません。その操作しにくいところを楽しめる人にはおすすめです。私にとっては、鞄に入る大きさだし、小さすぎて操作がしにくいというところもなく、ちょうど良い大きさです。.

現在新型であるx100fは高額なため、様々な問題点を承知で中古の初代x100を購入。また、x100fを手に入れたとしても長年使っていけるかということもあってのことです。製造されて6年くらい経っていますのでファインダーがクリアであるか不安でしたが少々のゴミの侵入がありましたが、想定内で問題なし。フルマニュアルでも撮れ、ovfが楽しい。シャッターボタンにレリーズ用のネジが切ってあり、フィルムカメラで使っていて処分するしかなかったレリーズが復活。シャッタースピードにbとtがあります。jpg撮って出しがほとんどそのまま使えます。rawも設定しますが、ライトルームでも少しの手間で済んでいます。接近しての人物撮影は一眼では大げさだったりしますが、x100なら気軽に近づけるように感じます。.

前から気になっていたので今回思い切って購入してみました。このクラシカルライカm型を彷彿させるこの形が大変好印象を与えています。ただ、正直それは外見だけで、中身は高性能な描写力の高いレンズと大きいセンサーを積んだデジカメです。このギャップが受けているのでしょうね。私の感想として良い点: 1.ものすごい描写力   →前までライカm8. 2を所有していたのですが、色の出方などは異なりますが描写力、雰囲気などは正直迫るものがあると思います。これだけでも買う価値はあるのではないでしょうか。(ライカm型信者には怒られるかもしれませんが。)ただ、少しアンダー気味に写る傾向があるようです。 2.クラシカルな外見   →これは好みですが、やっぱりこのファインダー付きのクラシカルな形はワクワクさせてくれます。 3.メイド・イン・ジャパン   →私の中では結構これは大きなポイントでした。どのメーカーも中国製になってしまう中、貴重な存在です。 4.mfの使いやすさ   →ほかの人のコメントではフォーカシングが酷評されていましたが、意外とよく出来ていると思います。ただ、フードを付けるとかなり回しづらくなります。 5.ハイブリッドビュー   →これは病みつきになります。ただ、使い続けると使い方が決まってしまい、あまり切り替えなくなりました。 6.値段   →これは賛否両論あると思いますが、私はこの描写力で、この金額は手頃だと思いました。 7.重さ   →レンジファインダー型には最低これくらいの重さが必要だと思います。mfメインで利用する人は特にですね。 8.高感度   →感度が高くても驚くほど綺麗に撮れます。3200でも十分いけます。これはすごい。悪い(うれしくない)点: 1.プラスチックな素材感   →ここまでやるなら一層のこと、もっと重厚感を出してもらいたかった。コスト的な部分でのトレードオフだったのかもしれませんが、個人的にはもう少し高くしても高級感を持たせ所有する喜びを重視してほしかったと思います。「これがメイドインジャパンだ!」という部分をみせてほしかったです。 2.操作性   →まぁ、他の型がコメントされているほど、酷くはないと思うのですが結構慣れが必要なのでボタンの配置とボタンの凹凸の調整を考えてほしかったです。 3.afの精度の悪さ   →私の使い方が悪いのでしょうか。本当に反応が悪いです。結構驚くほど。まぁ、他のキャノンやリコーなどと比べてしまうのがいけないのでしょうが。ただ、他のaps-cコンデジと比べると良い方かもしれません。 4.フードとフラッシュの相性   →他の方も言及してますがフードをしているとフラッシュが使い物になりません。色々書きましたが私の中ではかなりヒットのカメラです。.

評価の分かれるデザインですが、家族は気に入っています。ファインダーも評価されます。妻も説明書を片手に猫を撮影しています。.

前はキヤノンのeos kissシリーズを使っていました(最後はx3)が、嫁が持ち歩きに不便だというのでコンパクトカメラ買うくらいならと思い、前から気になっていたこのカメラを買いました。しかし大きさは厚み以外eos kissとたいして変わりません。レンズが薄い分持ち運びは便利ですけど。自分は一眼レフ持ってたといっても簡単撮影ゾーンしか使わなかったという、素人に毛が生えたくらいのレベルなのでこのカメラでもほぼオートです。このカメラはまず見た目で所有欲を満たしてくれますが、カタログで見たよりかは安っぽい感じかな。特に上のほう。もう少し金属感があればグッド。ファインダーはすごく見やすいんですが、持ち方がよくわからない。レンズが薄いため一眼レフ風に左手で添えるのが心もとない。レンズ薄いのがお気に入りなんでモンク言えませんが。上部ダイヤルがいつのまにか回ってて、気がつかないと変な画像になります。画像はモンクなし!ズームが出来ないので心配しましたが、ピントさえしっかり合わせれば、かなり拡大してトリミングしてもぼやけた感じしません。いいカメラなんで長く使いたいです。.

ちょっと値段にびっくりしましたが、、それでもそれだけの価値はあるカメラと思いました。なんといっても見た目がいいですね。最近のカメラブームもすこし違う方向に行ってるなと思っていたで、こういう製品はうれしい限りです。ちょっと重たいですかね。。.

利点と欠点

メリット

  • 型遅れでも十分魅力的
  • 使用している!!
  • Amazing!

デメリット

商品自体問題無く美品でした。高性能ながら値段も安くコスパ最高でした!.

購入して手軽に撮影できるのもいいですがしちめんどくせって思いながら設定確認して撮影していくのがたまらなく楽しいカメラです.

まずは、デザインがレンジファインダー的で気に入った。画質などは、経験不足で分からないが、電子ビューファインダーが設定に近い画像を映してくれるのは秀逸。光学と電子を切り替えながら撮るのは楽しい。.

まだ見ていないし、息子の大学入学祝。でもかっこいいね。ライカ買う余裕は無いけど、皆さんのレビュー見て、決めた。私、携帯電話嫌い、しょうがないから電話機能だけで月580円。やっと四人の子供を育てました。最後の一人、自分へのご褒美かもしれない。.

X100fを持ってながら、中古でx100も購入。傷もなくレンズフードやアダプターなど付いてお値打でした。肝心の写りですが、趣味カメラとしては必要十分。フィルムシュミレーションが少ないのが少々残念ですが、中古なので気兼ねなく外に連れ回せます。使うほどに楽しめる良いカメラです。.

形が気に入って欲しかったカメラを、手頃な価格で入手出来、大満足。.

一眼レフのサブ機として買い1台の三脚にaps-c一眼レフの最新モデルとx100のカメラ2台設置して撮ることもあるのですが、両機で撮ったすべての写真を混ぜて、その中から写りの良いもの拾ってくるとx100で撮ったものの方が多く選択してることもあります。使用環境によっては、一眼レフにも勝りえるという事だと思います。都会だと被写体に近づいたり、離れたすることが難しいシーンも結構ありますが、ズーム出来なくてもaps-cのセンサーで撮った写真ならトリミングしても耐えられます。ボディサイズも、コンパクトというには大振りですが、ミドルクラス以上の一眼レフに比べたら小さいし軽いし、フジフィルムの特徴的な四角ボディですのでカバンのなかでの収まりも良いです。買ったばかりの頃、bulb撮影が30秒で固定されてしまうので困っていたのですが、メーカーサイトのサポートで質問したら即日答えが得られたの助かりました。ミドルクラスの一眼レフほど機能面で多岐には渡りませんが、コンデジにしてはマニュアル撮りで遜色なく、各社のハイエンドクラスにはシーンモードとかありませんので、それを考えると同等にして簡易かつ安価。といった感じです。プロ目指してる人の練習機と言われるだけはある気がします。ミドルクラス一眼レフの上でも下でもなく、一眼レフを初めて買う前の練習機としても使え、ミドルクラスの一眼レフを使っていた人がハイアマチュア・ハイエンドへ移行する間でも使えるみたいなレンジの広い良いカメラです。難点で思いつくのは、バッテリーが小さいため、半日近く撮り続けるなら3個くらいは持ち歩く必要があります。一般的な一眼よりはコンパクなボディで底面に幅を取る方向に入れるバッテリーなので、クイックシューのシューをつけっぱなしにしていると、バッテリー窓が開けられないものもあると思います(例:slik自立一脚シュー)。evfで半押しすると、ファインダー内に見えている被写体も静止画の様に止まってしまうため踊りなどの激しい動きのあるものの一瞬を捉えるにはovfに切り替えた方が良いですが光学ミラー式ではないですのでパララックスはあります。.

カメラ自体に問題はありませんが、保証期間を過ぎた直後にバッテリーが充電できなくなりました。中古品と理解しての購入でしたが故障寸前のバッテリーとは思いませんでしたカメラ自体はすごく良い品なだけに残念です.

2012年01月段階での補足ですが…2月18日よりリミテッドエディションとしてブラックカラーが発売されますね。レザーケース、レンズキャップ、レンズフード、アダプターリング、プロテクトフィルター…と全てがブラック一色!!!素敵すぎます!!以前からメーカーが”要望があれば黒バージョンも検討する…”と言っていましたが、最初から市場調査をすれば黒バージョンの方が人気のあったのでは?と思います。買い換えるわけにもいかなく羨ましい限りです。と言うより、費用を出すので外装を交換して欲しい!なんてサービスを展開したら同社も利益が上がるのではないでしょうか?———-フィルムメーカーとして最後までklasseなどの高級コンパクトカメラを発売し、メーカーとしての責任を果たし、リコーなどがgrシリーズなど高品質コンデジを発売してきたことに数年の遅れをとって、富士フイルムの威信をかけて発売された最高級コンデジ。実際に手に取ってみるとカタログで見ていたイメージより大きく感じます。ovfを内蔵しているのでサイズ的に大きくなるのかもしれませんが、penなどのミラーレス一眼くらいの体格です。ricoh grのように毎日気軽に持ち歩きというよりは「ちょっと撮るぞ!」という気持ちで持ち歩くサイズでしょう。aps-cサイズセンサー、23mm f2レンズ搭載と新設計のフジノンレンズによって圧倒的な描画力で写りは満足ですが、ovfの水平器に基準を合わせて撮影した場合、実際の映像に傾きが出るという現象が出ます。これは仕様なのか、それとも設計ミスなのかは分かりませんが、evfで撮影した場合には問題ありませんので、今後の富士フイルムのサポート状況をみたいと思います。折角のovfなのに残念です。アナログ的なダイヤル操作は今までのデジタルカメラではない温故知新的な斬新さがありますが、他のメニューを含む全体的な操作性は最高とは言い難く、今のところはちょっと使いづらいです。また購入したカメラのファインダー内に7ミリほどもある線状のゴミ(繊維?毛?)が混入していました。一見分からなかったのですが、エアダスターで何度か吹いていると、中に空気が入ったのでしょうか、ゴミがファインダー正面に登場!購入直後だったので販売店に対応してもらえましたが、発見が遅れていたら交換は無理だったでしょう。ファインダーのゴミは、撮影には直接支障がないですが、気分はよくありません。製造時の管理面の見直しが問われます。富士フイルムの思い入れのある商品だけに、今後ファームウェアのバージョンアップで操作性などもどんどんとブラシアップされていくことを大いに期待しています。.

特徴 FUJIFILM デジタルカメラ FinePix X100 1230万画素 F FX-X100

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●FinePix X100 シルバー●FUJIFILM

カメラに多くの情熱を傾けることの出来ない人は買うべきではありません。多くの方が書かれているようにやや起動に時間がかかります。ぼかし写真など素人のとれる最高の出来だと思います。.

星一つをつけることさえありえないほどの憤りを感じる。新品を購入したが、ゴミクズのような中古品を送りつけてきた。カメラ本体は薄汚れ、傷だらけでレンズには指紋べったり。返品処理を行っている最中だが、皆さんにはこんな思いは決してしてほしくはない。.

デザイン、重量感がいい。そして一番は、情報満載のファインダー。老眼のため液晶モニターではメガネなしでは使いずらいが、ファインダーは視度調節が付いていてくっきり 確認できるのが良かった。一番の選択肢ではあったが、このファインダーは明るくて予想以上に使いやすいです。シャッタスピードダイアル・絞りも選べ フルオートにないカメラを使っているという楽しさがあります。操作は昔使っていた一眼レフの感じです。じっくり構えて撮ることが出来るそんなカメラです。(オートにすればそれなりにつかえますが)使用されている方の口コミ等で故障が起きているのを読むとちょっと不安です。私も届いてからシャッタースピードダイヤル回していて(シャッタースピード・絞り優先撮影出来るのも魅力)ダイヤルのスピードとモニター表示のスピードが1段階ズレていて、これは初期不良かと焦りましたが、一度バッテリーを抜き再セットしてからは大丈夫です。あとマニュアルでのピント合わせが、まだ慣れないせいか 近く⇔遠くピントを合わす場合 リングの回転幅が思った以上に必要と感じた。とにかく故障しないで欲しい長く使いたいカメラです。まだあまり撮影していないので画質については触れません。.

若干傷があるものの、設定等今のところ問題なし!!良い写真が撮れている!!描写力に満足.

自分での操作感があり、シャッタースピードや絞りの設定がすぐわかるところがよいです、もちろんデザインも。.

レンズは固定式ですが、非常に使いやすいカメラです35ミリ換算で35ミリは、画角的にも使いやすいですし、常に持っていたいカメラです.

多くの方の評価のとおり、撮れた絵はたいへん宜しい。フィルムシミュレーションも含め期待どおり。素通しのビューファイダーは明るくて気持ちがいい。フォーカシングに連動して視差補正枠が動くのはなるほどと感心してしまう。evfも背面液晶も、まあ普通のレベルですが、撮影した画像プレビューはあまりよくない。たいていの場合撮影画像はプレビューで見た時よりも綺麗に取れている。ボディ背面にはたくさんボタがあるわりには操作性はあまりいいと思わない。メニューも見やすくはない。フォーカシングはmfがよい。mfでもafl/aelボタンを押すとオートフォーカスしますので、それからレンズのフォーカシングリングで微調整。このアクションは一眼レフと同じ操作です。絵は綺麗ですが、操作はなかなかのじゃじゃ馬です。しかし何でも便利なったコンパクトデジタル機が多い中で、ストレスを感じながら扱うのは楽しいことです。.

デザインも良く、気にいっています。操作もアナログ適で良いです。永く使いたいと思います。.

サブカメラとして購入。他のミラーレス一眼も検討しましたが、ファインダーなしのタイプは個人的に使い難かったのでこちらにしました。結果としては、不便な点も多々ありますが、それを含めて楽しめるカメラだと思います。コンデジに慣れた方には大きくて重く感じるのかもしれませんが、自分が普段使っているカメラがd700なので、x100の軽さと小ささはかなり魅力的。どこにでも持って行けるし、機動力も大幅にアップしました。何より、カメラを構えても大袈裟にならないのがイイ!d700の出動回数が明らかに減りそうなサブ機になりました。以下、良かった点と不便な点個人的に良かった点は1. ファインダーがある  カメラはファインダーがないと嫌なので、ファインダーは  購入決定の大きな決め手。話題のovf(光学ファインダー)は  非常にきれいに被写体を確認できまずが、レンズフードを  付けるとファインダー右下部分がフードでけられます。  ただ、ovfではピントが合っているか分からないし、  露出補正やwbの効果もわからないので個人的には  evf(電子ビューファインダー)を多用しています。2. 軽量コンパクト  フィルムカメラでヤシカエレクトロを所有していますが  同じような形状なのに、x100は比較にならないくらい軽い!  素材感が安っぽいという意見もチラホラと(amazonレビュー以外でも)  見かけるのですが、重厚感を出すと重さも上がるような気がするので  この程度でもいいんじゃないかとは思います。個人的に安っぽいとは  思わないのですが、この価格のデジカメなのでこんなもんなんじゃ  ないのかという程度の感じ。3. 画質の良さ  ピントがきっちり合えば、素敵な写真になります。  af精度はそこそこなので、時には自分で補う努力が必要です。4. 高感度も使える!  iso6400でも黒潰れが少なく案外いけます。5. マクロもok  単焦点固定の35mmですが、マクロ設定で10cmまで寄れます。  かなりピントはシビアになってきますが、10cmまで寄れて  遠くも撮れるというのはかなり使い勝手が良いです。不便な点1. ボタンが勝手に動く  a)カバンの中で勝手に電源が入る  b)露出ダイヤルが勝手に動いている    a)は、ケースなどに入れておけばまず大丈夫    b)は。。。都度チェック(でも忘れがち)  で対応できますが、露出設定が勝手に変わっているという  経験は今までなかったので(笑)ちょっと面倒。2. 操作性  他の方のコメントにもあるように、操作性は微妙。  シャッタースピードもiso感度も全てをオートで撮る方は  問題ないのかもしれませんが、マニュアル撮影を主とされる方は  いちいち面倒。操作性の微妙さも含めて楽しむカメラだと  思わないとイライラして無理かもしれません。3. 俊敏さ  操作に手間取ったり、afがそこそこだったりするので  撮りたい時にパッと構えてパッと撮る!というカメラではないように  思います。撮りたいものを定めて狙ってじっくり撮るそんなカメラ。  お散歩カメラやじっくりゆったり撮りたい人には最適ですが  どんなシャッターチャンスも逃したくない!と言う人にはおススメ  できないカメラです。不便な点も多々あるのは事実ですが、クラシックカメラの不便さと似ているかもしれません。クラシックカメラの不便さが却って楽しい。x100もその不便さもひっくるめて楽しい。そんな感じのカメラです。(コンデジ機能を求める人にはただの不便なカメラでしかないかも。。。).

I was surprised by the quality of the photos. An excellent camera for anyone who does not want to carry weight.

 ダイヤルで露出補正出来るあたりは便利。ファンクションボタンを押せば、iso感度もすぐに変えられるし、その他の機能も登録できる。 シャッタースピードダイヤルとレンズの絞りの組み合わせででプログラム(どちらもauto)、シャッター優先(シャッタースピードダイヤルを任意に設定)、絞り優先(絞りを任意に設定)を選べるというのも、銀塩のマニュアル撮影に慣れていた人にとっては、デジカメに感じていた不自由さから解放してくれる感じ。 カラーは富士定番のvelvia/provia/astiaのほか、モノクロもフィルターなし、ye/r/gという3種類のフィルターを付けた映りが選べます。さらに、大好きだったセピアもあって8種類から選択できる。 写りは文句ないといいますか、ムリのない設計の優秀なレンズにaps-cサイズの画像素子を組み合わせれば、ここまで写るんだ、というところを達成しています。 デザインはm型leicaを意識していますが、質感を期待するとガッカリするかもしれません。銀梨地の仕上げなど旧ソ連といいますか10年ぐらい前の中国製カメラのような出来。60年代、70年代の日本製の中級機の質感に遙かに及ばない。昔の工作技術がいかにすごかったということかもしれないが、グッタペルカの質感もちょっと…。まあ、きっと、社内で高級路線否定されたんだろうなと思います。leicaの質感求めたら12万じゃなくって、20万は確実にオーバーしそうだし。m型の形って、ある意味、抜けないわなぁとも感じました。.

カメラなど精密機械製品の中古は故障があると嫌なので買わないのですが、外観も機能も問題ありませんでした。もう一点、バッテリーなのですが中古は消耗度が気になりました。出店者様のご厚意で純正バッテリーを用意して頂きました。感謝です。.

短所1 ピント合わせをマニュアルにしたとき、ダイアルを思いのほか回転させる必要がある。もっとわずかな角度でレンズを調節できるようにしてほしい。2 お好みメニューボタンとして使えるファンクションボタンが1つしかない。せめて2つ欲しい。3 背面のコマンドダイアルがやや軽めなで、不用意に押してしまう事がたまにある。設定をあまり変えないで使う人むけに、カチっと機械的なロックレバー(ホワイトバランス、マクロ、などを含む)があるといい。4 デザインが渋過ぎる。ので、私はアクリル絵の具(ゴールデンのセルリアンブルークロム)で塗装。剥がれることなく(使用10日目)快調。長所1 画質の素晴らしさ。ピントが合っている所はため息が出るくらい美しいく、ボケている所は絵のように空間を感じる。拡大、トリミングしても遜色がないので数倍のズームレンズをつけているのと同等に使える。2 シャッターは押し込む時、ふわっとしたあそび、クリーミーな半押し、カチッとした固めの本押し。とても気持ちがいい。フォーカスダイアルはちょうどいい重さとなめらかさ、シャッタースピードや露出補正のダイアルはカチッカチッと、マニュアルの楽しさを満喫できる。3 気楽に使える。ダイナミックレンジ(100%、200%、400%)、iso感度、もちろんフォーカス、絞り、シャッタースピードも自動にして光学ファインダーで何も考えずばしばし撮れる。撮影後の確認画像表示もオフにしておく。カメラが自分自身の体の一部になったようにスナップ写真が撮れる。4 じっくり使える。好きなフィルムシミュレーションでホワイトバランスも微調整してマニュアルフォーカスで落ち着いて撮影。以上です。永く使いたいカメラなので高価には感じません。.

ベスト FUJIFILM デジタルカメラ FinePix X100 1230万画素 F FX-X100 買い取り