手持ちのカメラは全て電動ズームだからズーミングでイライラしっぱなし。意のままにアングル決めるならやっぱりマニュアルズーム。使いやすいダイヤルやボタンでモード変更も各種設定もマニュアルいらず。溝が切ってあるのでオプションのバヨネット式フードは使い易いし,58mmのuv/cpl/クローズアップがそのまま使えるのは便利。エネループが使えるのでバッテリー切れの心配もないし,アクセサリーシューまで標準装備だから,見た目も重さもまさに一眼。裏面照射cmosで1030万というほどほどの画素,ほどほどの30倍ズームでf2. 6というほどほどの明るさ,だから撮れる写真もほどほどに安心できるバランス重視の画質。5軸手振れ補正,ティルト液晶,evf,hdmi出力などfuji渾身の有り余るスペック。中古だけどいい買い物できました。.

初めてのデジ一(と言っても正確にはデジ一よりのコンデジですが)です。30倍ズームと価格に魅かれて購入しました。値段を考えれば性能は十分!不満を挙げるとすれば保存速度の遅さぐらいです。非常に満足!.

子供用にちょうどいいです。電池にSDカードも付属していたので開けてすぐに使えました。.

2010年10月ごろですが、価格もこなれてきたので購入しました。メーカページではファームがver1. 02までしか公開されていませんでしたが調べてみると購入した製品はver1. 03と最新のようで安心感もあります。そして、実力ですがみなさんがおっしゃる通り広角&30倍ズーム(24mm〜720mm)は超強力で運動会でも大活躍!屋外であれば手持ち30倍ズームで撮影してもぶれ知らずで、狙った獲物を撮るスナイパー気分でした。(高感度ccdと強力な手ぶれ補正のおかげだと思います)手動ズームも慣れると意のままに操れますし静止画を撮る分には画質も感度も良好で室内撮影でもノイズが気になることはほとんどありません。hd動画も美しく、画質的には所有しているxacti dmx-hd1010と大きな差がありませんが2点不満を感じました。 1.動画撮影中にカン高いノイズが混じる   (動画編集ツールで取り除けるレベル。また、個体差があるかもしれません) 2.画像がゆがむ   (結構無茶な広角&ズームレンズのため歪が出るのはやもえないと思いますが、    静止画では綺麗に補正できているので残念です)そもそも、hd動画はおまけですので贅沢は言えないのですが、xactiを完全に手放せなかったのは少し残念です。よって、星4つですが、非常にコストパフォーマンスの高い傑作だと思いますのでおススメです。※2011年1月12日追記 2010年11月30日にファーム ver1. 04が正式にリリースされていました。 ver1. 03は公式サイトで紹介されておらず、何か不安を感じます。(実用上問題はありませんが) メーカには未確認ですが、ver1. 03の方もバージョンを上げるほうがよいと思います。.

  • コスパ良し、でも画素数が物足りないかな
  • 思いっきり使い倒しました
  • 十分です。

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix HS10 ブラック FX-HS10

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●FinePix HS10 ブラック●FUJIFILM

携帯性、使いやすさ、機能性は申し分なし、ところが初期設定において、バッテリーの種類を誤って設定した為か?ニッケル電池を使用中のところ、リチューム電池のレンジに成っていたため、電池消耗の表示機構がミス動作していたと考える・・・ニッケル電池16本とアルカリ電池16本の合計32本で363枚(2日間)しか撮影できなかった。当初は不良品か!と思ったが、取説を再度見たところ鮮明には注意書きが無いが、気を付けるように・・・、メーカーは注意事項としてユーザーに伝達すべきと感じました。 商品が良いだけに残念だと感じました。.

建物調査の写真を撮るために購入。手持ちのネオイチガンが故障したため急遽手に入れました。十分に使えそうです。電源が乾電池ですので毎晩充電し、効率も良さそう。.

1030万画素は今のデジカメではかなり見劣リするかもしれませんが、l版の写真ならそんなに気になりません。しかし多点フォーカスではないので、室内だとストロボを使用してもピンボケ率が上がってしまいます。手動でのファインダー切替、手動ズームが気に入って高画素のコンデジよりこればかり持ち歩いています。重くてかさばりますが、手に馴染むし、やっぱりファインダーで撮るのは楽しい。特に手動ズームはストレス無くていいですね。今度はもっと高画素の手動ズームネオ一眼を探してみます。.

軽いので、持ち運びに便利です。安くて使いやすいカメラです。.

コンデジしか使った事がなく、カメラの知識もあまりないユーザーですがHS10を購入して非常に満足しています。小さなコンデジに比べてカメラをかまえた感じは頼りがいがあります。ちょっと重たいですが、撮影時は気になりません。子供の運動会や学習発表会用に購入したのですが、手動ズームは非常に使いやすいですし、一眼レフっぽくてその気にさせられました(笑)条件さえそろえば一眼レフの様に背景をぼかしたポートレートも可能でした。ただ広角側で撮影している時は気にならないのですが、望遠側ではピンボケになる事があります。しっかり撮影すれば問題ないのですが、コンデジの様にパシャパシャとはいきませんでした。低価格でこの性能に非常に満足しています。.

2014年現在ではおもちゃのような存在になりつつありますが、大きいことを除けば良い商品ですズーム&アウトが手動のため、すぐに撮りたい大きさに合わせることができます.

1000万画素程度のコンデジを使っていたのですが、近距離・遠距離・景色撮影に不満があり、本品を購入することに決めました。私の場合、決め手となったのはこの価格!このクラスとしてはお手頃な値段でかつ、マニュアルモードもアレンジしやすい。数十万ほどの本格的なデジタル一眼レフには及ばないかもしれませんが、私のような今のコンデジに不満があるけど、そんなに高いものは…という方にお勧めです。性能については他レビュアーさんが言及している通りの、高スペックだと思います。.

F2はないが比較的レンズが明るい。液晶がバリアングル。マニュアルモードがある。エネループが使える。手動でのワイドからスーパーズームまである。フルハイビジョン動画。低価格である。シャッター音などが消せる。パーフェクトな商品だと思います。.

24mm-720mmの光学30倍ズームがこれ一つでカバー出来る!単三乾電池やエネループが使えるので充電池が壊れたり電池切れの際、代用品がすぐ見つかる。可動式モニターを搭載しているので超ローアングルやハイアングルでも撮影できる。ズームが手動なので素早く焦点距離を選択出来る。手ぶれ補正能力が高く、昼間なら720mmを手持ち撮影できる。無駄に高すぎない画素数1000万画素によって安定した良画質が期待できる。裏面照射型cmosセンサーによって薄暗い撮影に強い。jpeg+raw同時記録が出来る。フルhd動画も撮影できる。1秒間に7枚の連写性能このあたりが高性能っぽい売りの部分なのですが、実際に使ってみると…高倍率ズームはやっぱり若干無理があり、写真の中央部はまずまず良好な写りですが、周辺部分はぼやけたり歪んだりしますので、人物撮影はなるべく中央に被写体を配置するような構図をとった方が良いでしょう。手動ズームは写真撮影では便利ですが動画では回転が渋い為撮影中は動かせない。手ぶれ補正は静止画では強力なものの、動画では効いてない気がします。手持ち動画撮影は200mm以上は無理かなと思います。背面モニターと電子ファインダーの画質が悪く、見難く目が疲れやすい。ピントの確認も細かいところは判断出来ません。小さいセンサーサイズの割りには画質や暗所性能は悪くないかなと思います。ハイエンドコンデジやデジタル一眼とは比較してはいけません。af速度はかなり遅いです。af後にマニュアルで微調整も基本的に出来ません。動く被写体を撮影するのには向いていません。追尾afやコンティニュアスafも役に立ちません。afは基本的にセンター固定、af-sで使います。afモードをmfにして、ae/af-lockボタンでafを作動させ、微調整をフォーカスリングで手動調整して撮影するのが一番正確に撮影できる方法になるかと思います。jpegを一枚づつ撮影するなら結構快調に撮影できますが、rawで記録するとすごく書き込み中の時間が長くなり、書き込み中はモニターは暗転し撮影は出来ない状態になります。jpeg一枚づつ撮影時にも1秒ほどの画面暗転がありますので、望遠で動く被写体を撮影していると見失います。連写モードはほとんど使い物になりません。バッファが小さく7連写までしか出来ず書き込み時間が非常に長くなります。サンディスク30mb/sのsdhcを使った場合、rawの書き込み時間約5秒、7連写jpeg書き込み時間約15秒ほどになります。rawとjpegではなぜか記録される範囲が異なります。付属のraw現像ソフトがあまり良くないのでrawのみの撮影はお勧めしません。動画はフルhdだと画面が歪む事が多い気がします。hdのほうが歪みが少ない気がします。手持ちでの動画撮影には向いていないので、三脚で固定して広角側で全体的に撮影してサブ動画記録機として使うくらいが無難かもしれません。三脚の取り付けネジ穴がプラスティックなのは非常に不安。超望遠レンズがついた低価格コンパクトデジカメだと思っていれば、総合的には良いデジカメだと思います。.

発売前から気になっていたhs10、発売当時初期ロットの頃は色々と不都合があって評価もイマイチで購入するの様子見でした。また、家から50k四方には置いてある店も無く触れなかったのもありひとつき以上購入しようか悩んでいましたが、色んな所の口コミやユーザーの方々の投稿写真を観ている内に我慢出来ずに半分博打のつもりで昨日購入しました。思っていた以上に画質、afスピード良いです。確かに記録するのに多少もたついたり、ファインダー覗きづらいですが(自分にとってはこれが一番気になる天気の良い日は液晶が観づらいのでファインダーは大きく観易いのがよいですね。)基本的には液晶で観てファインダーはオマケ程度なんでしょうが次回作では重要視してもらいたいです。富士フィルムさん。ですが・・・強力な手ブレ防止機能・1センチスーパーマクロ〜24ミリ広角〜720ミリ超望遠・バリアブル液晶1秒間に7コマの高速撮影等・一眼レフで揃えればン十万以上掛かりそうな物が4万前後で手に入るのですから大満足でした。デザイン・ホールド感もバッチリ、一眼程の画質は無いけど、気軽に色んな用途で使える魅力が最高です。後は故障しないことを願います天気の良い休みには山・川・湖と被写体求めて散策に行きたくなりました。.

ネオ一で、完成度が高かったです。いい感じの写真になります。よく使いました。.

S社のα33とか、その位の大きさです。(少し小さいかも)軽いし手持ちも苦になりません。オートで撮るのでもいいのでしょうが、少し凝る事も出来ます。動画も行けますし、コスパ高いと思います。コスパ高いのはいいのですが、持ってみると全体的に安っぽいイメージが。液晶パネル横のメニューやらのスイッチ類が安いメッキだったりするのと全体的に「立て付けの悪い窓」みたいに遊びがある感じでメッキもあいまって「キコキコ」音がします。ですが、マルチに使えるので結局稼働率が高いです。所詮デジカメなのですがコンパクトさに拘らなければ一家に一台という感じのカメラです。.

画素数は少ないが、便利な機能が多い。レンズ交換なしに700mm迄ズーム可能なところなど、使いこなせばさまざまある。しかも安価でゲットできました。.

 この手のズームレンズつきデジタルカメラは旅行にはもってこいです。 如何に画像が多少甘くても、なにしろ遠くの物体を手元に引きつけて記録することができるというただただこの一点でいうことがありません。しかし、だからこそ他にそれに優るものが出てしまえばそれまでの寿命ということになります。lumixのfz70という画像の点でも、ズームの点でも凌駕するものが出て、一定の価格を切ったので、直ぐさまこれに取って代わりました。.

電動はどうも扱いづらく、このマニュアルズームは最高です。私的にはこのぐらいの速さでちょうどいい感じです。.

何故こうも揃ってズーミングを電動でやらなきゃならないのかとコンデジを使っていて時々イライラすることもありましたが、その点、本機は手動操作でストレスなくズーミングができます。特に左利きの方にとってはとても使いやすいのではないかと思います。大きさは小型の一眼レフ機(ニコンd-3000クラス)とほとんど変わりませんのでコンデジとは言いにくい大きさと重さです。この価格をもって30倍もの高倍率のズームとその多機能ぶりの装備にはただ圧倒されるばかりですが、そんな中でもこれは凄いと感心させられたのが手振れ補正の機能がとても強力であることです。条件さえよければ手持ちで超望遠撮影が可能です。ブレない。というのには本当に驚かされました。フジノンのレンズは放送局で使用されているテレビカメラに使われており、中でも高倍率ズームレンズには定評があるもので、オリンピックやサッカーなどのスポーツ中継などでも大活躍しています。そんな経験や技術が本機のレンズにも生かされているようで、このクラスではトップクラスといってよいくらいコントラスト、発色とも十分満足できる高性能なものであると思います。またバッテリーも単3アルカリ乾電池対応ですので、当然ながらエネループも使えるという大きなメリットがあります。液晶につきましても23万画素ということですが、発色が美しく、癖のないナチュラルで好感のもてるものです。液晶が見難いような条件の下でも本機では液晶ビューファインダーがありますので(ファインダーそのものに多少不満はあるものの)何とかなるといったものです。意外に良いカメラなので特に左利きの方にはお勧めしたいと思います。.

購入後5カ月ですが、マクロからロングズームまでほとんどの場合三脚なしでOK。カメラ本体だけ持ち歩けばそれなりの写真がとれるのですから、実際の携帯性は最高とすら考えています。素人としては大満足です。.

SP−560UZの増設・併用しています。悪い点から・シャッターを切って記録するまでの時間が長い。つらい!・レリーズが使用出来ない。・UZ系と比べると重い大きい。一眼よりはまだまだマシですが。良い点は・フィルターが装着出来る。いろいろ選べる。・単3電池の使用。入手が容易。・フレーミングの切替が簡単便利。舞台等の使用時。・液晶モニターが動く。一脚や三脚使用時便利。これだけのロングズームレンズが手軽に誰でも使用できる。買って後悔が少ない製品と思います。お奨めします!.

画素数で決めるのも良いですが、このhs10は、昼夜問わず手持ちzoomでかなり自在な写真が撮れます。夜間の撮影に関しては、autoでは見た感じより、明るく撮影されるようです。皆様も書かれている通り、このカメラ購入後は、かなり使用頻度は、上がると思います。夜間の手持ちzoom(フラッシュ無し)で普通に写真が撮れるのには、驚きです。夜景が撮影出来るなんて程度では無いです。一眼レフに拘りが無ければ、画素数に拘りも薄れて、長く使えそうな気がしてます。.

ただ漠然とシャッターを切るコンパクトデジタルカメラでは物足りないのでデジタル一眼レフカメラを購入しようと検討していましたが、正直hs-10があれば十分楽しめます。レンズの交換なしでマクロから超望遠までカバーでき、手ぶれ補正が強力なのか光量が足りない場所でも不思議と失敗しません。三脚なしで満月を光学30倍ズームで撮影して、それをmacのiphotoで少し拡大するだけで月面のクレーターまでくっきりです! ccdのサイズは普及クラスのコンパクトデジタルカメラと同じですが、ある程度のズームを使うと被写界深度を浅くできるのでインパクトのある写真も撮れます。まだ使い始めて日が浅いのですが、多彩な撮影モードをテストしていくのが楽しみです。動画もステレオのフルハイビジョン対応だし、バッテリーもアルカリ乾電池やエネループが使える点が非常に良いです。大変実用的です。ただ、光学的に無理やり超望遠を達成しているせいか、広角側で周辺が歪む傾向があります。ある程度の望遠側で真価を発揮できるように設計されているので仕方ないのかも知れませんが、トータルで見るとたいへん良いカメラだと思います。お勧めです!!.

いままで使っていたのが「canon eos kiss digital x」。標準でセットされていたレンズ(18-55mm)では物足らなくて、普段はこのボディにシグマのレンズ(18-200mm)を装着して使用している。’@【重い】。イベントなどの撮影で歩く距離が長い場合、この重さは正直言ってツライ。’a【暗い】。isoのmaxが1600。最大値のところはノイズ気味のため実用はiso800。夜間とか舞台はツライね。選択にあたって重視したのは、(a)【ズーミングが手動】であること。いままで数台のデジカメを使ってきたが、思うようにピタっと止らない。手動にこだわった。(b)【iso3200】まで欲しい。最大値の6400を使わないとして、3200が使える。(c)【外部ストロボ】が使えること。(d)【レンズ交換は不要】。(e)【軽い】。■満足度。(a)〜(d)までは、希望に沿っている。ただ(e)については、もう100g程度軽くならないだろうか。長時間持ち歩くには、やはり重い。■困ったこと。【機能が多彩なこと】。実にイロイロと対応できるようになっている。ひとつ一つを見ると便利な機能であり、凄いナと感じる。スナップなどで露光や速度を変更するとき、この便利さが邪魔をする。menuボタンをおしても、10個あるボタンに手が触れたりすると、やたらと設定画面がでてくる。そのため、おおいにあわてることになる。便利さが使い辛さを招いている。これはカメラだけに限ることではなく、デジタル製品全般に言えることだが、もう少し アナログ的要素(アナログ的操作)を残してもらえると、一層 使いやすくなるのだが。.

元箱入り、が気に入って注文しました。届いた物も未開封ではないがそこそこ奇麗。本体も液晶モニタやレンズ、鏡筒に傷や汚れも無く大満足。思わず、kenko pro1d protecterとhakubaのネックストラップを購入しちゃいました。古い機種ではあるのですが自分使いには充分。末永く愛用させて頂きます。 jshカメラ 神代さん手書きのメモまで・・・感謝。.