三洋電機 SANYO ハイビジョン対応デジタルムービーカメラ Xacti – 画像と持ちにくさ

Hd1aですら、hd1よりも格段の進歩だったのだが(しかも地味に)このhd2はさらにその上。使いやすさはhd1の比ではないだろう。そして、光学10倍ズームを持つ、最後の機種になるかもしれない。サンヨーの新型xactiの傾向を見ると、光学5倍にして他の機能をアップする方向に動いているようだ。同じ性能でcシリーズ並みの大きさを実現したhd3が出ればよいのに…。.

Dmx-hd1より有効画素数と暗所撮影性能と連続動画撮影時間(+10分)が主に改善されたモデル。屋外撮影主体で考える方はhd1でもいいかもしれない。hd1でも屋内である程度明るければ撮影不可能ではないと思われるからだ。但しその場合は画質が犠牲になるのを我慢するしかない。このhd2より8gのsdメモリカード(sdhc)が正式に対応されている。私はトランセンドの8gを使っているが全く問題は無い。尚、hd1もhd2も1ファイルとして扱える最大ファイル容量はどちらも4gとなっているそうだ。実際に撮影してみたが、動画も静止画も十分に綺麗。これがあれば私はデジカメは不要と思われる。但し三脚無しで撮影する場合、本体が軽量なのでしっかりホールドしないとズーム使用時にはかなりブレる。目的のある撮影の際には是非三脚使用での撮影をお薦めする。三脚を選ぶ場合は、この機種には独特の傾きがあるので雲台が左右に調整できる三脚を選ぶべきだと思う。ドッキングステーションへも無理なく置く事ができ、撮影したファイルの管理も楽に感じる(sdカードリーダーは不要)。あと、sdカードを記録媒体として使って動画を扱う以上、オーサリングや編集の観点から最低限のpcの知識が必要と思う。(dvdやdvテープに直接記録・保管する手軽さと混同してはいけない。)とにかく手軽に美麗な動画や静止画が撮影できるので、是非ポケットに入れるなどしてデジカメライクに何処にでも持ち歩きたい気分になる。外出が楽しみになるカメラだ。.

■画質などに関しては大変満足しています。ここでは問題点等をお知らせしましょう。■問題点1.撮影までに手間がかかり過ぎる。a. レンズキャップをはずす。b. 液晶部(モニターユニット)を十分に起こす。c. 液晶部を直角近くまで開いてはじめて操作可能となる、電源スイッチを入れる。■問題点2.ハンドガンスタイルのため、ホールド性に欠けブレやすい(個人差があるかも知れませんが)。■問題点3.ファインダーがないため、晴天の屋外などでは、モニターを見にくい。■解決策の提案:これら1〜3の問題点は、xacti の形態を、かつてマニアの間で極めて評価の高かった、MZシリーズのような、箱型に戻すことで殆ど解決可能です。ハンドガンスタイルに人気があるのかどうかは分かりませんが、奇を衒うことより機能優先で再考を望みたいものです。.

使用していたビデオカメラ(デジタルテープ)のヘッド寿命がきたため、修理するよりもと思いHD画像に期待して購入しました。 しかし、超高画質のモードでも映像が以前のデジタルテープの物より悪く、臨場感などが伝わらない画像でした。正直「あれ?これがHD画像?取り方間違ってるかな」と言うほどです。 画像にこだわるなら、やはりもう少し費用をだした方がよいと思います。 また、小型ですがグリップ感は、さほど良くなくすでに一回、落下させて傷が付きました。バンドを手に通すなどして落下防止をした方が賢明です。 デジタルカメラの動画機能が、すこし良くなったなくらいを希望する方は、買いだと思います。子供の記録を鮮明に残したいと思っていた私にとっては、安物買いになってしまいました。.

これまでシャープとパナソニックのminidvビデオカメラを使用していました。そろそろ寿命ということで、hddにするかdvdにするか、mpegムービーにするか迷いました。が、お金がありませんでした。ハードディスクはそれ自体が心配だし、dvdは毎回のランニングコストが心配。mpegはメモリとコピー先のhddが問題。minidvもすべてハードディスクにコピーして保存していたので、コピーが簡単にできるというのがかなり決め手でした。minidvからの乗り換えということで、画質はあまりこだわっていませんでした。hd2は予想以上の画質と発色で満足しています。画質については満足できました。音質ですが、ややminidvに劣る感じを受けました。これだけが残念です。レンズカバーの自動化と音質の向上さえされれば完璧な一台になりそうです。あと汎用のレンズフィルターを使えるようにしてほしかった。ただ現状でも十分納得いく性能でした。数年はメイン機種として使いたいです。今後のxactiの進化が楽しみでなりません。メモリ式のカメラもいよいよ手軽に使える時代になってきたんですね。値段以上の性能と思いました。いい買い物でした。追加コメント:mp4を編集できるソフトがついていないので、ほかで用意しないといけません。   自分はadobeを使ってみようと思います。.

動画の撮影に関しましてはhd2で強化された暗所撮影機能がなかなか優秀です。日中野外しか撮影しないという方でしたらhd2に拘る必要は無く、hd1等でも良いのでしょうが、夕方以降の撮影や光量が十分では無い室内で撮影をする機会は結構あります。時間帯を問わず動画撮影出来るという事は非常に重要な要素です。私がhd2を選んだのはこの暗所撮影機能が有るためです。画像の質という点に関しましては動画についてはカメラを固定しての撮影は30fpsとして相応なものですが、カメラを回しながら写すとカクカクした映像となります。音声については内蔵マイクでもなかなかのものだと思います。外付けマイクも使用できますので、音に拘る方にも対応しています。静止画については静止画像専用のデジカメと比べると劣るでしょう。私が所有する数年前主流であった画素数2mのカメラメーカーのデジカメの方が綺麗に映ります。写真を綺麗に撮りたい、という事であればカメラ専門メーカーのデジカメの方が良いでしょう。hd2については手軽に動画を撮りたい、という方向けの動画カメラという事になります。hd2にもいくつか使いづらい点が有ります。まずカメラのホールド感ですが、しっかりホールドとはいかないでしょう。手にすっぽりと収まる形ではありませんので使用時は必ずハンドストラップと使用する事をお勧めします。そして非常に使いづらい点はカメラのレンズキャップです。スライド式のカメラは以前所有していたこともあるのですが、手動レンズキャップは比較にならない位不便です。カメラのレンズキャップは非常に装脱着が面倒臭いのですが、気軽に時間帯を問わず動画撮影出来るという事は便利ですので、そのような目的の方には良いと思います。.

利点と欠点

メリット

  • お手軽動画撮影機
  • miniDVから乗り換えしました★
  • 光学ズーム10倍 最後の機体

デメリット

特徴 SANYO ハイビジョン対応デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD2(K) ブラック

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●DMX-HD2 ブラック●SANYO Xacti

ベスト SANYO ハイビジョン対応デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD2(K) ブラック レビュー