ヴィヴィター Vivicam 5050 シルバー VIV-5050-SILVER : 最高です!

思っていたとおりのステキな写りです!ビビッドモードでステキな写真を撮るには、ホワイトバランス=晴天彩度=highシャープネス=hardがすごくいいと思いました!空や夕焼け、そして何気ない風景を雰囲気をそのままに残して撮影できるので、見ていると子供のころに戻ったような気持ちになります!とてもお勧めの一台です!.

トイデジが欲しくて購入しましたが、他の方も書かれておられますが接近だとモードを切り替えてもオートだとほぼピント合わないです(笑) 接近にしていても25センチまでの距離だとピントが合うようにマニュアルフォーカスで写真を撮らないといけなくなる難点が。ビビッドモードでは色は赤が強く映る傾向があるように思います。確かに最近のケータイカメラは優秀なのでそちらのビビッド+補正の方が思った写真になりますが、まぁ不自由さもトイデジの味、という事ですがw.

ほしくてさがしてたのですが、ここがいちばんやすかった!大変気に入ってぱしぱし写真を撮ってます☆.

味わいのある写真が撮れるかと期待して購入。ところがvividモードにしても、もともと発色力が弱いので少し濃い写真になる程度。普通のピンボケ写真ができるだけ。スマホのカメラアプリのエフェクト機能を利用した方が、よほど味わいのある写真が撮れます。.

気を抜くと普通に写っちゃいます。気軽に写して面白い写真ってのとはちょっと違うのでそれもまた楽しみな人向けですね。自分は満足していますよ。.

まだトイデジの面白さを引き出せていない・・モードの選択を色々試している段階です自分にとって確かに良いおもちゃです。.

●この評価の理由:①大きさが手のひらサイズで小さい。 ②きれいに写したい時に、あまり多くの設定ができない点が、逆に良い. 。【もっと詳しく言うと、『このカメラなら、オートでも簡単に写せるが、設定によっては、更にきれいに写せる(たとえば、”オートフォーカス”を”マニュアルフォーカス”にして撮影する,とか。)ということなら、少し自分の気持ちに「もう少しきれいに写せたのでは?」という後悔が残ってしまう。』⇒こういうのは、私的にはダメ。 ③最初から、カメラケース、(敢えて剥がさなければ)液晶保護フィルムが、添付されている。 ④乾電池方式が良い。たとえば、USB充電の方式だと、外で撮影している時に、バッテリーが無くなると、引き続いて撮影していくのが難しい。また挿入式のリチウムイオンバッテリーだと、(けっこう値段も高く、)同種のバッテリーを1個または2個買っておき、AC電源であらかじめ充電しておくのが、けっこうめんどくさい。 ⑤トイカメラというコンセプトだけど、フラッシュが付いている。(私は、トイケメラで使う目的はない。) ⑥トイカメラのジャンルの製品だが、まずまずきれいに写る。 ⑦設定を最高の設定にしておけば、デジタルズームもある程度の倍率までOKである。 ⑧SDカードで2GBでもけっこうたくさん撮影できるし、2GBなら古いパソコンでも、直接挿入して、パソコン保存可能。 ●以下の人にお奨め:トイカメラで写したい人は、もちろん、持ち運びに小さいので便利で、連続してたくさんの枚数を撮影したくて、2倍ズームくらいはズーム機能が欲しいと思っている人。.

Vivicam 5050 シルバー VIV-5050-SILVER :