リコー Ricoh デジタル一眼レフ Pentax K-S1 ボディ ブラック K-S1 Body Kit 06415 – 旅行用デジイチ

K-s2と悩んだ挙句、2/3の金額でダブルズームレンズセットが買えるこちらを選びました。70-300のレンズをつけて撮ってきたのですが、起動時の音やピントを合わせる時の音は確かに存在感ありますが、個人的には嫌いではないので問題ないです。また、他のモデルにはない300のズームレンズが予めセットだったので、多少距離がある所でも問題なく撮れました。取扱説明書もまだちゃんと読んでいませんが、これからじっくり使い込んでいきたいです。ただ、本体の色はもう少し考えても良かったかも。グレーのせいか、気持ちチープさが他の色より感じやすかったかもです。.

メインはニコン。その他、富士のミラーレスや、コンデジを使っています。実物を見ないで、カタログやネットの記事をみて、購入しました。まだ、写していないのですが、たぶん、きちんとした絵は撮れると思います。箱から出して、初期セットアップしただけの評価です。残念に思ったのが、ボディーキャップ、レンズキャップが、きちんとした物が付属しておらず、別売なこと。ニコンでは付いているusbケーブルが同梱されていないなど、価格を抑えるためか、付属品に見劣りする部分が多いこと。また、1番期待していたファイダーの出来がちょっと残念。フォーカスエリアを示す赤ランプが、中央以外の測距点が、塗りつぶされた四角です。フォーカスを確認したいポイントが、練り潰されてしまったら、ピントの確認が出来ません。ニコンや富士では、こんなことはありませんでした。.

 k-50のサブとして、購入致しました。私は派手な色はカンベンなので、k-50と同じ、普通のブラックを購入。 ブラックだと、特徴のあるデザインも結構いけると思いました。ブラックは悪くないです。控え目で、ライトな感じでしょうか。 ledも、パソコンが起動したと思えば、全然気になりません。かわいいアクセントになります。 私はタムロンさんのレンズを使っているので、純正との比較は出来ないのですが、多点afだと、あまりにピンボケからの復帰は、誤動作を起こすようです。具体的には、シャッターボタンを半押しにしても動かなくなったり、ピントが合ってないにもかかわらず、合焦音が鳴ったりしてしまう、という現象です。これについては、afポイントを、一点にすることにより解決しました。 シャッター音はk-50に似た音で、”ドシャッ”という音です。やや大きめですね。静かな所での撮影は、目立つかもしれません。 エントリークラスは、どこも3万円台から4万円前後といった感じですから、それを考えれば、リーズナブルで、一眼レフならではの描写が得られるのですから、私は高級コンパクトデジカメを買うより、はるかにメリットがあると思うのです。.

Pentaxのフィルム用一眼レフを2台使っていたのですが、デジカメになってからコンデジを使用していました。3万円台と安かったので買ってみましたが、40年前のマニュアルレンズも問題なく使用できました。すぐに画質が確認できるので、フォーカス以外はマニュアルで使用しています。電池も充電式でランニングコストが全くかかりませんので、今のところ試し撮りのしまくりです。機能、画質とも大満足です。.

外観は、未来的なデザインで、ledが多数散りばめられた、購入当初は、違和感を覚えたが、実際に使ってみると、ホールド感のよいデザインで、ledで光る部分も気にならなかった。平面を強調するデザインは、レバーが少なく、ダイヤルとボタンが中心の配置で、最低限の機能は、逆に扱いやすかった。本体が小さいので、高倍率ズームの組み合わせで、個人的には、ホルスターに収納し、軽装感覚で移動の楽なカメラだ。動物園や風景写真で使用。特性は、ペンタックス臭いカメラで、操作性は、k-5やk-3に類似している。当方の場合には、説明書を読まずに使用している。ファインダーは、k-3に類似したタイプで、違和感を覚えない。画質は、ペンタックス臭いのもで、濃い目で綺麗でしょうか。お値段の割には、コスパに優れたカメラ。基本的に、風景や静止画像の撮影で威力を発揮すると思われるが、験しに、飛行機撮影で使用したことがあるが、動く被写体では、動体モードでも食い付きが悪い。このカメラで動体を撮影すると、何となく頼りない感じだ。本体内蔵の手振れ補正は強力で、ブレとは無縁。本体背部にコマンドダイヤルがあるが、ダイヤルは、薄く回し辛い。変な十字キーも慣れが必要だ。その分、ledで点滅をする部分は、高級感に溢れる。このカメラの個人的な減点は、シャッターボタンが重いこと。あと、シャッター音が大きく酷い音だ。妙な金属音でセンスの悪い音。当初、動物園で使用をしていたが、シャッター音で動物が逃げるとクレームを言われて、それ以来、風景写真で使用をしています。ストラップなど付属品が付くが、pcとの接続コードは、別売りだったように記憶をしています。.

廉価な一眼レフですが、軽く、使い勝手よく、写りもよいです。ただし、まったくもってプラスチッキ-なのでツルツル滑ります。そこでホムセンで薄いゴム板を買って来て、グリップや指のかかるところに両面テープで貼ると、これが一気に解決しとっても使いやすくなります。100円くらいでできるチューニングです。レンズはレンズ内モーターの入ったhd pentax-da 18-50mmf4-5. 6 dc wr reを付けています。静かです。ただしシャッター音がガシャーンと賑やかなのは……。イルミネーションがとやかく言われてますが、とってもまじめなカメラです。一つ星を減らしたのは、液晶の情報画面の非表示をoffのあと維持できないことですかな。.

 中学生の頃に、父が、おもちゃのようなカメラ買ってくれて、それから写真に興味を持ち始めて、高校の頃に、中古のペンタックスのsvとか簡易な外付けの露出計がついているもので、大学時代まで使っていた。ただこの頃に撮っていた写真見てみると、みずみずしさを感ずる。社会人となって海外に行く機会の時に、meという小型のカメラを買い、これは仕事がら世界中一諸に回った愛用機となった。そんな写真のスタートからフイルムカメラより、デジタルの時代になり、最初は、コンデジ、オリンパスのc2とかいう200万画素のカメラ、これも結構楽しいカメラだった。 やがて一眼レフが出てきて、ペンタックスからも出て、ist-dsを買った。これは、今となっては600万画素といういうスペックだったが、気に入っているのが、ガシャンというシャッター音。 最近、親しい人が亡くなり、映像に残っている。前記のカメラで沢山の思い出が残すことが出来た。携帯性を考えるとコンデジだけど、満足感を考えると一眼レフ。2年位前に、k01ブルーパンダ。これは、夜景がとても綺麗にとれたが、いかせん、明るいところでは、液晶画像が見づらい。 やはり、ファインダ-付きでmeのような小型のカメラが欲しいなと思っていて、k-s1、新型が出て、Ist-dsが10万円はるかに超えていたのに、丸めると3万5千円、この金額で買える。つい衝動的にポチッとアマゾンでしてしまったが、やっぱりね。音が良くて写りも良い。多少、嵩張るが、普段使いは、姉から譲ってくれてgrで、旅行、出張にはカートにいれている。やっぱり、夕刻とか条件が良くない時に、ファンタジィーみたいな写真がとれる。ペンタックスとは、かれこれ、50年のつきあいになる。 思い出の写真、過ぎ去った時間を戻してくれる。   .

中古での購入でしたが新品同様で最高ですそしてかなり使いやすいです.

利点と欠点

メリット

  • 唯一無二
  • いいですよ
  • 一眼初心者ですしね。

デメリット

軽くて扱いやすく操作も簡単で写りもよく散歩にも三拍子揃った良いカメラです。.

300ダブルズームキットのページにあるのに、300ズームのレンズが欠品。だったら、「ダブルズームキットのページに載せるな」と思いつつも、これについては、こちらの確認不足のため、我慢しました。しかし、実はカラーも違っていて、「デニムブルー」で購入したはずが、とどいたのは、「ブルー」。本当に頭に来て、即刻返品を決めました。郵送料もこちら負担で、文面も「返品よろしく」などと舐めきった態度だったので、二度と利用したくありません。この会社には、「仕事」の意味がわかってないように思いました。.

一眼レフカメラが欲しくてやっとに入れる事が出来た価格。他メーカの同クラスと比較すると視野率100%のフアインダー、解像度、iso、シャッター速度、高速連続撮影等の点で優れているし他機能に於いては同レベル。これならば値段の安い方が断然お得。購入する時にあまり重視していなかった、前面にあるledランプ(ボディーランプ)機能の威力を初めて実感しました。先日、家族でセルフシャッターで撮影した時に、ランプが一つ一つ消えて行き最後に全部が消灯してパチリ。これが大うけ。つまり集合写真を撮影する時にシャッターが切れるタイミングが全員に分かるので全員がシャッターチャンスに合わせてポーズをとることが出来た。使ってみてわかる良さ。これはk-s1にしかない機能。こんなに優れているのに、他メーカー機種に比較してどうして安いのかと考えた時に、メーカーの人気が価格差としか考えられません。.

小型軽量、それでいてガラスプリズムのファインダーでローパスフィルターレスなど上位機種に負けない性能を持っています。長めのズームレンズをつけるとフロントヘビーでバランスが悪いですが、そもそもこのカメラはコンパクトが売りなので21㎜や40㎜といったパンケーキタイプの単焦点レンズをつけて、起動力を生かした撮影が向いています。しかもその独特のデザインがすばらしい、好き嫌いが大きく分かれるでしょうが、わたしには唯一無二のグッドデザインのカメラです。.

機能的に何も言うことなしです。初心者といっても、ミラーレス一眼は使っていたのですが、ファインダーのないものだったのでイマイチカメラに入り込むことができず、ファインダー見たさに購入したのですが価格から考えても初心者には十分すぎるスペックです。ledギミックが気に入らない方も居られる様ですが、撮影してる時は本人には見えませんから気になりません。(笑.

Amazonが一番安かったのですが、今回は機材を少し整理したので専門店で買いました。amazonさんごめなさい。ペンタックス機をメインに使っていて、k-5Ⅱsとk-01を使用していたのですが、nikonのフルサイズ機にメイン機を移行したため、サブ機をk-01としていました。k-s1が発売された時には、ペンタックスもまた変なカメラを出したものだと思い、全く興味がありませんでしたが、ある日量販店で触ってみたらとても軽い。調べてみるとk-01とほぼ重量は同じ。k-01は写りもよくこれにファインダーがあったらなと考えていたので、k-s1にビスケットレンズのda40mm/f2. 8xsを着けてみたくなり購入に至りました。テクニカルな面は専門家ではないのでご容赦ですが、ビスケットレンズとの組み合わせの約600gは、お散歩カメラとしてはストレスがありません。しかもファインダーはペンタプリズムで見やすいです。富士のxシリーズもいいなと思っていましたが、レンズも買い直しになるし、やはりovfのカメラが好きなのです。背面のモードダイヤルや十字キーは思っていたほど使いづらくはありません。infoボタンから測光方式やafモード、測距点などの切り替えができるのもいです。しかし、電源レバーのスチル、ムービー兼用だけはいただけいです。たまに誤操作してしまいますので分離して欲しかったです。あとたまに背面のaeロックボタンは押しちゃいますので、これも軍艦部に持ってきて欲しかったです。ペンタックスは初心者も上級者もターゲットとしていると言っていますが、このカメラは個人的にはk-5やk-3などのサブ機としての用途がいいのではと思います。強力なボディー内手振れ補正機能があるので、三脚などは使わずに手持ちで街歩きのお供として連れ出す。そんな使い方がいいのではないでしょうか?.

新品を買ったはずなのに中古品が届きました。レンズには小キズあり、本体には少しキズ、開封時からレンズガードが付いており、液晶保護フィルムまで貼ってありましたご親切にどうもありがとうございます。おかげで買う手間が省けましたよ畜生.

旅行用に軽いペンタックス一眼レフが安く買えて満足です。軽い35mmレンズをつけて、旅先でのスナップ撮影に活躍中です。.

ペンタックスのデジタル一眼レフカメラ使ってる人なら、説明書要らずで使いこなせるでしょう。使い易さはピカイチだと。しかし普通の一眼レフカメラに慣れてる人はちょっと戸惑う所もあるかもしれませんが、直ぐに慣れます。初心者にはかなり使い易く設計されてると思います。軽さや小ささは驚く程ではないけど、一眼レフカメラの中では1位2位を争うくらいです。うちの女房がコンデジと間違えたくらいです。驚くのが描写です。とにかく綺麗。ペンタックス k-mを使ってましたので、最新のデジタル一眼レフカメラの進化にはおどろきました。ただ他のレビューにもありますが、起動音は半端ないです。(笑)上位機種や他のメーカーさんは使った事ないので何とも言えませんが、ペンタックスのお家芸なのかな?(笑)電源つけたらカタカタ。ズームすればジージーカシュカシュ。シャッターきればカシャッ。また電源切ればカタカタ(笑)でも私はこの嫌いではありません。機器を扱ってる感覚というか心地の良い音と思います。特にシャッター音はかなり心地良いです。写真を撮ってる気分にさせてくれます。カメラ自体は本当に良いカメラです。最後に気をつけていただきたいのは説明書はpentaxのホームページからダウンロードする方法になりますので、ネット環境が整ってる人でないと説明書読めません。簡単な使い方が書いてあるスタートガイドが入ってるだけです。最初にも書きましたがpentaxのカメラ使った事ある方なら使いこなせますがね。.

特徴 Ricoh デジタル一眼レフ Pentax K-S1 ボディ ブラック K-S1 Body Kit Black 06415

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • PENTAX K-S1 ボディ ブラック

手軽なサブ機として伝統のコンパクトボディ、遊べるカスタムモードや分かりやすいファンクションなどペンタックス従来機からの使い勝手期待して購入、レンズキットで3万チョイなら申し分ありません。以前から所有する単焦点da35mmもいい感じに使えて満足、やや突飛な感じのボディデザインが??でしたがafがクイック、グリップのフィーリングも文句なく半月で手になじむ感じになり愛用しています。.

40年ぶりにリコーのカメラを購入しました。普通に良く撮影できます。タムロンの高倍率ズームレンズでも特に問題なく撮影できました。ちょっと気になったのは、キットレンズでもタムロンレンズでもカメラのシャッターボタンを押してフォーカスが合う時の音です。カメラから出るのかレンズから出るのか両方なのか分かりません。メカ音ですから、良く言うと焦点を合わせているなと感じます。悪く言うと、ちょっとうるさいなと感じます。慣れると正常に動作していると感じる程度です。カメラ本体に3倍ズームキットレンズを取り付けた大きさは、高級感が有って良いかと思います。フラッシュ撮影で連射が出来たのは助かります。被写体は主に孫ですが、顔の表情が刻々変わるのでフラッシュ連射はシャッターチャンス撮影に有意義です。ただし、連射はまぶしいようで、写真を撮るのを止めてと言われます。.

ペンタックスブランドの一眼としてはk-01と同じくらいユニークで近未来的なカメラです。ハンドグリップのledが奇抜過ぎたせいか、又は防塵防滴やハイパー操作系などの幾つかの機能をそぎ落としたせいか、往年のペンタックスファンからは嫌われた感もありますが、私にとっては「何か新しいものを作りたかった!」という開発者の意気込みが伝わってくる評価の高いカメラです。独自のui(ユーザーインターフェイス)を持つk-s1ですが、その中でも背面のモードダイヤルのデザインがユニークで、慣れてしまえば操作性が素晴らしく良いです。なぜ後継機種であるk-s2のモードダイヤルに同じものを採用しなかったのか(防塵防滴に対応するのが難しいのか?)はなはだ疑問ですが、k-s1ユーザーとしてはこの意匠は是非k-s1だけの特権にしていただきたいと祈るばかりです(笑)。最近ではk-s1にコシナ製 carl zeiss distagon t* 2/35mm を付けっ放しにして遊んでいますが、 マニュアルでピント合わせがしやすい光学ファインダーとボディー内手振れ補正機能、またレンズの描写力などの機能が相まってそれそれはすばらしい写りを見せてくれます。スタンダードカラーモデルであればまだお安く買えるので、浮いたお金で高性能レンズと共に購入されるといいのではないでしょうか。k-s1は防塵防滴に対応していませんので、どうせなら防塵防滴仕様で無いレンズ,例えばhd limitedシリーズや、まだ入手可能なcarl zeiss distagon t*(2. 8/25または2/35)を選ぶのも良いかと思います.また,バックに忍ばせ毎日のように持ち歩くのであれば、da 40mmf2. 8 xsもおすすめです.k-s1とても良いカメラです.2015. 25  追記もう1台のk-s1にdistagon t* 2/35を付け,k-s1 midnight blackを撮影してみました.3枚目がk-s1で撮ったk-s1の写真です.ん?.

ベスト Ricoh デジタル一眼レフ Pentax K-S1 ボディ ブラック K-S1 Body Kit Black 06415 買い取り