P10で使っていますが、それならcx3やcx4の方がいいと思ってしまいます。売らんかな、の姿勢が見えてどうも興ざめです。本当はa12とかで使ってもらいたいのでしょうが、高いので、それなら一眼を使います。ちまちましたスイッチを操作するより一眼の方がいいでしょう。という事で私にとっては中途半端です。.

共通のボディに、それぞれ特性の異なるさまざまなカメラユニットを組み合わせて楽しむ、GXRという思想。この特異な思想を持ったカメラシリーズが、後継機種の発表もないままに生産終了。残念です。すでに4つのカメラユニットと2つのボディを持っていますが、ボディ2つとも難点を抱えているので、ディスコンの影響で叩き売り状態のボディ単品を購入しました。このボディだけでは役に立たず、ボディそのものの設計もすでに古いため評価は満点ではありません。GRレンズA12 2機種は今でも満足のいくカメラユニットなので、値下がりしているいまこそ買ってみてはいかがでしょうか。.

The camera is very heavy with good quality.

以前はデジタル一眼レフをメインに撮影しており、当初はサブ機のつもりでa12 28mmとボディを購入しました。しかし、その写りに感激してしまい、a12 50mmレンズを追加購入して、28mmと50mmをいつも携帯して撮影を楽しんでいます。大きく重いデジタル一眼レフはもうぜんぜん使わなくなってしまいました。私の撮影目的は人物、風景のスナップのため、gxrの大きさがちょうど良いです。さりげなく撮影できるので、大好きなカメラになりました。ただ、私の満足は、aps-cサイズの単焦点レンズが、この大きさのボディで使えることにあり、「ユニット交換」というコンセプトにあるわけではありません。むしろ、現在のユニットのラインナップから言えば、「ユニット交換」は、いつもレンズをセンサーを含めて購入する必要があり、割高で、デメリットのように感じられます。そこでリコーさんにお願いしたいのが、もっとこの「ユニット交換」というコンセプトを活かした商品を出してほしいということです。mマウント対応ユニットが発表されましたけど、それもいいんだけど、ちょっと違うかな。。今後の展開としてプリンターユニットなどを出されるそうですが、それなんか出たら、私的には最高に嬉しいですね。私は海外出張することが多く、また旅をすることも大好きで、訪れた先で出会った人たちの写真を撮らせてもらっていますが、撮らせてもらうだけでは申し訳ないので、撮った写真をその場でプレゼントできたら、、、と考えていました。以前はそのためにポラロイドカメラも一緒に持って行ったくらいです。そんなことが、プリンターユニットの登場で出来るようになったら、素敵だなと思います。リコーさん頑張ってください。応援しますよ!.

  • 最高のデジカメだと思います
  • とても良い中古品でした
  • 新品を買ったのに中古でした

Ricoh デジタルカメラ Gxr ボディ 170380

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●RICOH GXR ブラック●

2015/11/16やはり一生もの。あれからキヤノンeos m2, ニコン1 v1, パナソニックgx7とコンパクトなミラーレスを使ってみましたが、スナップのお供は未だgxrプラスgr lens a12 28mm f2. 5。画質、操作性、渋いデザインでまだまだ他を引き離す。パナソニックがaps-cならばいい勝負か。pentaxよりこっちに力入れたほうがおリコーさんだったかも。写りだけならkissでいい。見栄を張りたきゃライカを。偏差値重視なら5d mk iiiをどうぞ。誰かが手にしていてもふと目が追う、使っていて飽きが来ない。愛機と呼べる道具。どんなに格好良くても、小さくても画質だけは犠牲にしたくない。gr lens unitはセンサーとレンズが一体となった孤高のユニット。見せかけだけのテレセントリック設計が尻尾を巻いて逃げ出す、センサー、フランジバック、光線入射角度などが最適化された贅沢仕様。適切な画素数だからごまかしのノイズリダクションを使わなくても極めて少ないノイズ。スナップ用に常用しているgr lens a12 28mm f2. 5は超高画質。加えてgr lens a12 50mm f2. 5 macroの素晴らしいぼけのポートレートも手に入る。望遠が使いたければmount a12がある。マウントアダプターの使用で望遠はおろかあらゆるレンズの使用が可能。ローパスレスのクリアーな画像は半切までのプリントならaps-c機最上級クォリティー。周辺部の画質が悪いフルサイズは全紙にでも伸ばさない限り必要性を感じない。独創的で高品質、個性が光る日本の至宝。.

他の一眼レフデジタルカメラを使った事がないので、比較はできませんが、デザインはかわいい!!写真もキレイ!!とても軽い!!コンパクト!!とても使いやすいです。楽しく使わせて頂いています。.

50mmの写りだけでも素晴らしい。これを買う価値あります。しばらくは、これで撮るつもりです。.

一度は手放した機種だけど、オールドレンズを試したくて再度購入。改めて最新機種を必要としないと感じさせる画質と操作性に改めて感心した!レンズを買い足して一生モノにする予定です。.

メーカー販売終了品となり新品を購入するのが難しくなった機種すでに持っているけどとても気に入っているため今後のことを考えて本体を購入。躊躇していた中古を購入することに決めていろいろ見ていました。今までチェックしていた中で価格が安いものだったのですが良品とのことだったので決定。届いた者は新品と思えるくらいの美品でした。本格的に使用はしていませんが ちょっと試しただけではまったく問題なし。箱に入り部品も揃っていて本当に良い買い物をしました。.

質感、重さはコンデジの比ではないです。(比べてはいけないのかも知れませんが)手に持ったときのひんやり感も気に入ってます。グリップは握りやすくボタンの配置も良く間違って触っちゃうみたいなことがありません。ユニットを外せば携帯性も良いと思いますし、センサーやレンズがないので少しくらい雑に扱っても問題無さそうなので積極的に持ち歩いて使ってます。.

金属ボディーの信頼性と拡張性を持たせたカメラ。発想が素晴らしい。しっかりしたボディーを長く使用する。とかく使い捨て志向の時代にリコーのメーカーとしての良心と発想が素晴らしいです。広角が必要であれば広角に適した構造等を設定できるとのこと(かの21ミリも期待)。旅行、外出に大変重宝しています。他社でも販売していますが多種多様なレンズで撮影できるマウントアダプター付き等の記事も日本カメラに掲載されていました。持って楽しいカメラだとつくづく思います。.

破損品返品させて頂き、新たに注文しました。今回は大丈夫な品が届きました。迅速な対応はamazonさん流石です。ありがとうございました。.

レトロカメラフェチの心を鷲掴みにして離さないデザイン、grでも充分堪能できる抜群の操作性はそのままに、ユーザーの用途と予算に合わせたユニットの組み合わせで千変万化な楽しみ方が出来ます。コンデジからちょっと背伸びした使い方から、一眼の存在を喰ってしまいかねないほどの実力を持つユニットまで揃ってますので、cxやgrからのステップを考えているリコーユーザーにこそ積極的に薦めたい商品です。更に、11年秋に出るレンズ交換ユニットの登場でレンズ遊びまで出来るようになるので、nexやpen以外のレンズ遊び用カメラとしても使ってみては如何でしょ?.

独創のユニット交換式カメラのハブとなるボディーです。マグネシウム合金の軽くしっかりとした作り。ユニットを取り付けるスライド機構の摺動部の節度感は極めて心地よく仕上がっています。撮像素子に合わせて光学系を専用設計できるコロンブスの卵のようなコンセプトにシビレました。最初出た時はなんて色気の無い無骨なデザインかと思いましたが、手には良く馴染む形、大きさだと思います。やはりユニットを取り付けた状態での見た目、ホールド感はgr lens a12 50mmが一番良いですね。ココまで本気な製品をなぜヤメちゃうかなぁ〜無念の気持ちを込めて星一つ減らします。(笑).

カメラはどちらかというとトイカメラ専門の私ですが店頭で虜になり、その場で購入してしまいました。高い買い物ですがww。50mmレンズのキットは割高に感じますがためし撮りすると描画力が一発でわかります。表現の幅が非常に広い。ガチャガチャした売り場の撮影はあまりピンとこないのですがデジカメにありがちなべったりした映像。もし可能であれば、展示機のgxr本体を撮影してみてください。黒の幅の広さにノックアウトされます!高級レンズを例に挙げる人がたくさんいますけども多分こういうことなんだと思うのが、目の前に展開されます。たかが10万程度のカメラにこんな表現力があっていいの?というのが実は本音なんです。良い買い物ができました。.

良さげなカメラが次々に現れ、その度に期待して店に行き、結局手ぶらで帰宅・・の繰り返し。af、画素、動画、そういう面では「いいねー」というものがいくらでもありますが、結局、このホールド感と写り(a12)、操作性、そしてこのカメラに込めたリコーの情感、に代わるものがない。この程度のこと、どこかのメーカーが容易くクリアしてくれるものと期待しているのですがなかなか難しいようで、こいつを持ち歩く日々はまだまだ続きそうです。.

しばらく実際に使って分かったこと。このカメラは全く販売店映えしない、ということ。実際に使ってみないとこのカメラのことは(良くも悪くも)全く見えてきません。それぐらい実地に投入しないと分からないカメラです。私の場合は元々リコー大好きなので、発表された瞬間に買うのは即決していましたが、それでも近所の家電屋で触った感じでは「ああ、うわさ通りaf遅いね」とかその程度の事でした。実際に街で使うと、細部のさりげないバランスが非常に良好で、弱点などいくらでもカバーできることが分かります。自転車のように練習しないと乗れないが、乗れると最高といった風情の製品ですね。もちろん補助輪は抜きで(笑)個人的には「販売店で見てみたけど…」といったレビューは全く信用できないと思っています。人を選ぶのは確かなのですが、gxrに何か感じるものがあるなら、それは信じた方が良いですよ。他のカメラではまず味わえない色んな感覚が楽しいですから。.

現在のデジカメは,所謂ミラーレス一丸が注目されています。ricohのデジカメシリーズはとても気にいった好きなカメラです。其の中の,gxrのa16を購入しましたが,望遠に少し足らなさがありました。そこで,「古いfdレンズ」が使えるa12マウントを購入しました。これで,私の持っているfdより更に古いflレンズをアダプターを使ってもちいることが出来るようになりました。しかしながら,いちいち本体に付け替えるのが「面倒」になり,新しく本体を購入しました。とても,満足しています。.

Ricohのgxrという製品自体はとても素晴らしいモノだと思います。しかし新品として買ったのに説明書(綺麗にビニールで包装され未開封状態なのに)所々赤ペンで印がついており完全に使用品でした。.

50mmと一緒に購入しましたが、本体の軽さに思わず「軽っ」と声に出したほど。グリップ部はモードセレクタやシャッター、バッテリにカード、コネクタ類が集中しており、のこる部分は液晶とホットシュー、フラッシュだけです。メイン基板とか何処にあるんだろうと思うほど。その所為か、三脚穴がバッテリ&メモリスロットの蓋の真横に来ており、一般的な三脚では問題ないものの、マンフロットの小型四脚や、一部の雲台ではちょっと難アリ。grやgxよりは若干大きいボディですが、グリップ部分が良くできておりこの厚さにしては握りやすくなっています。grなどと同様のモードセレクタダイヤルや各キー類なので慣れてる方は楽に移行できるかと。ただし十字キーがgrなどと比較して下に下がっているので若干操作しづらいかも。スライド式のマウントですが、少しスライドするだけで脱着できますので慣れれば簡単です。丁寧に扱えば全く問題なく長く使い続けられると思います。背面液晶は92万画素と言うことで綺麗は綺麗なんですが、若干明るいところでは弱い様で見にくいシーンがありました。12/21追記当初マクロの拡大画面がないと書きましたが、grなどと同様にmenu長押しで中央部分を2x程度に拡大できます。それでもちょっと足りないと言えば足りないのですが……。追記終わり。手に持ったときのしっとり感というか、金属の高級感がgrなどの系譜だと感じさせてくれ、大変満足の出来る製品だと思います。あとは今後のユニットの展開と、期待されている他社マウントの実現があれば化けるかと。その辺の期待をこめて☆4つ。あと底面にある謎の拡張端子(evfコネクタと同形状)やメニューの空き部分も期待に加えておきます。さらに3/23追記 3/18に公開されたa12/s10及びbodyのファームウェアアップデートにおいて、afモードが追加されました。これはaf動作時の画面遷移を表示しないqk-afとこれまで通りのfr-afの二種類で、qk-afに設定した場合明らかにafの合焦速度が向上します。日中であれば、これまででもマクロ以外は意外と高速でしたが、今回のアップデートではマクロモードやマルチaf/スポットafの全モードにおいて高速化されており、今まで若干迷いのあったマルチaf等ではかなりの効果があると思います。 体感的なものだけではなく、平均速度を計測しましたが通常のafで20%以上、モードや明るさ次第では50%以上も高速化しています。ただし他の高速なafを持つカメラに「追いついた」所までは来ましたが、まだaf補助光などで迷う場合もあり、さらなるブラッシュアップを望みます。 また、周囲が暗い場所で明るい被写体(街灯や提灯など)を撮影した場合に画面全体がマゼンタになるホワイトバランスの暴走も抑えられているようです。.

ミノルタcleのレンズが使いたくて、mマウントレンズ互換ユニットと合わせて購入しました。.

携帯性、操作性、画質良し(jpegでも十分いける)センサーに付くゴミも気にする必要無いため、最新の機種よりも安心宣伝の仕方次第で相当売れるカメラだったのでは・・・後継機出ないかな.