ペンタックス PENTAX Optio RS1500 : なのに・・・

レンズが以前使っていたカシオのexilimと同じsmc pentaxで、発色が気に入っていたので選びましたが全く別物でした。使い勝手はとても良く、気に入っています。すっきりしたデザインが好きで飽きないので簡単着せ替えは不要でした。アイコンの表示もわかりやすいです。難点は接写のピントがずれるため、花や虫をアップで撮ってもほとんど使い物にならないこと。オートフォーカスでも手前と遠景の奥行きが全くありません。マニュアルフォーカスできないのが一番残念でした。もともとあまり広角を使わないですが、以前使っていたものより広く撮れるのは便利です。バッテリーはそこそこ持ちますが、残量表示がいきなり空っぽになるのでびっくりします。とにかく安かったしシビアな使い方はしないので、お値段通りで納得しています。.

仕事で使う為 購入しましたが 届いてさっそく開けました 壊れてました 残念です.

大伸ばしにしなければ 通常の使用では問題ないと思いますがしいて言えば、やや眠い艶の無い画質ですしかし、価格を考えると文句なし。日常使いに最適です私は パンフォカス設定にして ガンガン取ってます.

1万円以内で探すとどのデジカメもほとんど性能差がなくなってきていますが、その帯のなかで着せ替えができる点はかなりの特典だと思います。公式サイトからスキン作成用プログラムを落とせますし、そのプログラムを使えば自分の好きな画像でスキンが作れます。画像を印刷して切るのが大変そうーと思っていましたが、切り取り線も見やすい色を自分で指定して印刷できるのでとても便利です。もちろん切り取り線を付けずに印刷することもできます。ただ、切るときにフラッシュライトの部分やレンズの部分など丸く切り取るところがあるのでデザインナイフなどがあるとなおやりやすいと思います。普通の印刷用紙に印刷してスキンを作るのもいいですが、写真用の光沢紙に印刷するとよりきれいに作れるのでおすすめです。私は写真よりも動画撮影を中心に考えていたため、動画の撮影時間が気になっていました。このrs1500は容量が大きければ大きいほど撮影できるので、長時間録画したい方は大容量sdカードを準備すればいいだけなのでその点も心配ありません。最高解像度でやるとかなり容量をもっていかれますが、某動画サイトに投稿などなら中解像度で十分高画質になるので、2gのsdで30分弱程度撮影できます。撮影した写真にデジカメのみで編集できる点もとてもよく、使いやすくて高性能なデジカメだと思います。好きな画像で好きなスキンを作るのが楽しいので大満足です(・ω・).

Pentaxカメラ、optioe60より各モデル使い続けて、rs1500に至る、厚さが薄く、然しモニターが、限界まで大きく、ズームボタンが、他機種に今多いシャッターボタンの同位置のレバー型式ではなく、旧形式と同じ位置で使い易く、この型式が続くの期待します。.

購入後数か月で動作不良により、使用不可能となってしまい、代替え機を購入することとなった。.

PENTAX Optio RS1500(シルバー) 1400万画素 27.5mm 光学4倍 簡単着せ替え OPTIORS1500SL

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : OPTIORS1500SL

デザインが気にいって購入しましたがモニターの映りが非常に荒くまたシャッターした瞬間よりも0. 3秒程度遅れた映像が記録されるので狙った瞬間を写真に撮ることができません。着せ替えという機能は他社ではないといっても基本機能がおそまつではないかと感じています。.

 コンデジもずいぶんと普及し、各社色々とデザインに趣向を凝らしています。そんな中、このカメラのセールスポイントは着せ替えできるという点。さっそく気に入ったシートをセットして、外に出かける時は常に持ち歩いていました。自分で愛機をカスタマイズできるという点は、他社にはないとても独創的アイデアと思います。youtubeには海外のテレビ版CMがアップされていて、女性の出演者が自分の服のデザイン・色に合わせてカメラもコーディネイトするというものです。 さて肝心のカメラとしての機能ですが、コスト削減の影響か、いろいろと不満点もありました。記録画素に関しては申し分ないのですが、液晶画面がかなり不満でした。サイズは大きい方ですが画質が最悪で、露出確認に使うには荒すぎ、せいぜいフレーミングの確認程度にしか使えません。 買って一年も経たない頃、落っことして液晶が死亡、短い生涯となりました。メイン・カメラは同社の一眼レフ、K−xですが、こちらはそこそこ満足しているだけに残念です。簡単に撮れて、着せ替えできる楽しさに賛同し納得した上で買うならいいかも。 それにしても最近のペンタックスさんは孤高の「K−5’」と中判の「645D」以外の一眼、コンデジともにデザインで勝負というのが多い気がします。K−xやK−r、QシリーズにK−30など。オーダーで自分の好きな色を持てるというのは、人と同じのはイヤという人や、デザインも重視する女子カメラマンには好評を得るはずですが、機能重視派の人には選択肢が極端に狭まるというのはどんなもんなんでしょう。 いろいろと書きましたが、高校時代からのペンタクスのヘビーユーザーとしての苦言を呈するとすれば、エントリー機はQシリーズ、K−30。本格的にという人はK−5’や645D。その中間層のミドルクラスの機種がほぼないのでは。経営母体がやっと安定したのですから、ラインナップもそろそろ充実させてほしいものです。ガンバレ、ペンタックス!!.

PENTAX Optio RS1500(シルバー) 1400万画素 27.5mm 光学4倍 簡単着せ替え OPTIORS1500SL :