今更こんなものを探してまで買うのは 1. 手持ちの pentax-m が使える、2. 安い、という理由です。 画質だけを問うなら別の選択肢が良いと思います。嬉しいのはマニュアルモードで ae-l ボタンを押すとシャッター速度を設定してくれることと合焦(もちろん手回し)で 「ピピッ」 と言ってくれることです。 絞りがいくつになっているかは表示されませんけれどそれ以外は昔のマニュアル機よりずっと使いやすいです。私としては十分に満足です。 まあ、もう少し安く手に入ったらより嬉しかったとは思いますけれど(笑。ひとつだけ注意を。 デフォルトの設定ではマニュアルレンズを付けると警告も無くシャッターすら落ちませんのでその目的で買おうとしている方は覚えておいてくださいまし。.

今更ながらのccd機で期待していなかったのですが、腐っても昔の良き時代の物らしく、良く出来ていますし、ペンタプリズムなので見え方は良く100d、200dより見易く手ブレはないのですが此方の方を気に入ってよく使っています。流石にk-50とは比べられませんが、一眼のボカシや画角等の勉強には十分ですし、等倍で見たりしなければ写真としてはアリな物が撮れると思います。最近はスマホも綺麗には撮れますが、やはり違う雰囲気になる(それさえも後処理で^^;)のは楽しいと感じられました。ただ上でも触れましたが、重量、荷物も増えますし、スマホの手軽さと比べると苦しい立場な物だとも感じました。(趣味の世界ですね).

約30年前からのペンタックスユーザーで、当時最高峰だった銀塩一眼レフカメラk2dmdを大切に所有している。その後もずっとペンタックス一眼レフとレンズを増やしてきた。istdsのよいところは昔のレンズ、30年前、いやそれ以前のレンズをも使えること。もちろん最新の専用レンズと比べて制約はあるけれど、蘇るレンズとでもいいましょうか、レンズ交換をしてこの場合はどんな写真になるのかと、また違った楽しみがあります。操作メニューもわかりやすく、液晶も2インチと大きくて何より背面のボタンが少なくていったん覚えれば操作間違いも少ないと思います。操作は他社と比較して覚えやすいと感じました。コンパクトデジカメからの移行でも違和感無く使えると思います。なにより価格です。コンパクトデジカメの高画素を買うならぜったいこれです。ビデオ撮影はできませんが、ビデオ機能はもっと低画素のコンパクトデジカメに任せておけばいいのです。デジタル一眼初心者だけでなく、一眼レフも初めての方も購入されていると聞きますが過去の資産をも有効に使えるペンタックスは初ユーザーに優しく、カスタマーサービスも考えられているメーカーだと思います。.

 古いカメラと、思われるでしょうが、基本機能は良く出来ています。レンズは、純正の18/55mmのコンパクトズームを使ってますが、時には、m42のアダプターを付けて、ツァイスのテッサー、フレクトゴン、パンカラーで、楽しんでいます。 電池も単3が使えて最高です。 ペンタックスと、光学機器産業が健全な頃のカメラですね。.

PENTAX *ist Ds デジタル一眼レフカメラ ボディ単体

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 有効610万画素の高精細かつ階調豊かな画像
  • 気軽に持ち運べる小型軽量ボディ
  • 高倍率で見やすいペンタプリズムファインダー
  • 従来からのペンタックス交換レンズ装着可能
  • 大型で高精細な2.0型・約21万画素の液晶モニター

PENTAX *ist Ds デジタル一眼レフカメラ ボディ単体 :