ペンタックス Pentax 防水デジタルカメラ Optio : コンパクトデジカメはこうでなくては

前モデルw60からの買換えです。専用シリコンジャケットをつけて使用していますが、カバンにポンッと放り込んでも、カメラ自体やほかのものを傷つけることもなく、非常にラフに扱えるのが良いです。雨降りでも関係なく使えるので、アウトドアで一眼レフで撮影するときは、サブ機として持ち歩いています。仕事で利用することもあり、米粒ぐらいの部品の撮影や、蛍光灯下の環境で使っても、十分な画像が得られます。ほとんどオートで撮影していますがちゃんと反応してくれます。マニュアルで設定することもできますが、露出だの絞りだの、細かいことは良く分かりません!という方でも、状況がイメージできるアイコンをカーソルボタンで選ぶだけでモードを変えられるので、扱いやすいです。自分がよく撮影するアイコンを、いくつか覚えておけばいいでしょう。ボディ外形の外へのレンズ駆動がありませんので起動が早く、すぐに撮影できるのは快適です。ボタン類は押下し易く、クリック感も確実です。最近はもっと薄いものや軽量・小型なものがありますが、「よし、カメラ持って行くぞ!」ではなく、とりあえずカバンに入っていて壊れにくい、というこういったモデルのほうが、撮影機会が増えて楽しいと思います。.

沖縄旅行のために買いました。海の中でとったあとはやっぱり洗った方がいいです。。壊れてしまいました。なぜかわかりませんが、本体のレンズやシャッターの中に海水が入っていました。電池とメモリを入れるところも少々はいってて完全にこわれました・・あ、メモリは無事でした!海の中でとった写真については全然大丈夫です。魚もきれいにうつっているし、ばっちりです!.

プールや海で子供と遊ぶ時に使いたかったので買いました。防水機能以外は多くを期待しない方が良いです。明るい屋外専用のカメラです。ちょっとでも暗いとノイズが多くて鑑賞に堪える写真は撮れません。私の感覚だと室内撮影は不可能です。ただ、マクロ撮影はちょっとびっくりするくらい良く撮れます。すごく近くに寄ることも可能です。PENTAXというブランドには光学専門メーカーの高品質というイメージを持っていたのですが、これは想像以上にダメでした。所詮家電メーカーのOEMでしょうから仕方がないのでしょうが(made in indonesia だからたぶんその昔洗濯機でメジャーになったあの家電メーカー製でしょう)、この程度のカメラならもっと安くても良いのではと思います。結構、売る側では利福が大きいのかもしれません。もっと安ければ評価はできます。.

フイルムカメラを仕事で使用されあるいはフイルムカメラ(大体フイルムカメラなどという名称もおかしいですが)に長年の御趣味のあられるかたで。デジタルカメラあるいはコンパクトデジタルは「カメラではない」と信念をもたれているが「デジカメ」をというかたに。・・「絶対のお薦め」です。非常によい・です。私は室内でしかつかいませんが。私は写真撮影は俗にいう大型カメラを仕事では使います。「バイテン」という「8x10」を仕事では使います。銀粒子の数はこれからいくらデジカメの「画素数」が増えても1cm**2の10**9=「10億銀粒子」にはかなわないでしょう。けれども万一のことがあり「ブローニー版」という「6x7cm」「6x9cm」をサブとして携帯到します。このようなカメラを「中型」というようですが。アサヒペンタックス6x7が携帯しやすくマミヤのrb67と同時に持ち歩きますが。アサヒペンタックス6x7は手持ちでなんとか60分の1のシャッターがきれるのですが・何か「よくありません」・・ペンタックスさまの「フオーカルプレーンシャッター」反動の偏見はこびりついていました。私もデジタルカメラは用います。一眼レフデジタルもコンパクトも用います。コンデジでつるつるスベるカメラとことなりこのがっちりしたすべらないつるつるでないデジタルカメラは私のデジタルカメラの印象をがらりとかえました。フイルムカメラの接写感覚では想像もつかない手持ちでなんとグラビア雑誌の印刷ドットの●●まで想像もつかない手持ちで・・つかまえる・・。びっくりしました・・。キャノンさまもニコンさまもオリンパスさまもよいデジを作ろうとされています。よくわかります。今現在はペンタックスのこの機種が最高峰でしょう・・。有難いものです。.

  • 室内や暗所での撮影はオススメできません。
  • 愛用しています
  • バッテリーの持ちが悪い

Pentax 防水デジタルカメラ Optio (オプティオ) W80 ガンメタルグレー 1200万画素 光学5倍ズーム Optiow80gg

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●Optio W80 ガンメタルグレー●PENTAX

前持っていたカメラを水につけて壊してしまったため、今回は防水カメラにするぞ!と思い購入。ノートパソコンにSDカードを入れる部分があるなど、SDカードを使うカメラがよかったのです。海に行く機会も多いので、水中で写真が撮れたり、よく砂でレンズがしまらなくなり壊れてしまったりするけど防塵だったので重宝しましたが、なにぶんバッテリーが1日もつかどうか。長時間充電できない状況ではかなり不便です。一度、逆にバッテリーを入れて充電してしまったので、そのせいで悪くなったのかなと思っていましたが、他の方のレビューを見るとバッテリーはあまりもたないんですね。前のデジカメは防水でなかったせいか、普通に使っていて3〜4日はもっていたので驚きました。後続機種はだいぶ改善されているとか。そちらを買われる事をおすすめします。.

 前機種のw60から買い換えましたが、室内や暗所で撮影した時の画像が、あれこれ設定を切り替えても鮮明でない為、後継のw90を購入するまでw60を愛用して持ち歩いていました。 屋外で撮影してもw60の方が非常に鮮明に感じるので、ほとんどw80は使用していません(悲)。今となってはw60が販売終了しており、比較できないためなのか、カスタマーレビューでw80の評価が高いのがとても意外です。 後継のw90はw60に匹敵するくらいの画像レベルに戻った感があります。今から購入を検討するにあたり、価格にこだわらないのならw90の方が間違いなくお買い得です。電池容量も大きくなりました。持ち歩いていて電池切れになる不安はありません。 w80の操作上の難点を言うと、ほとんど使うことはないのですが、ボイスレコーダーを使用するのに、グリーンボタンで起動できるよう予め初期設定しておかないといけないので、グリーンボタンに設定しない状態でいざ起動しようとすると、どうしていいのか分からず使用し損ねてしまいます。(w60はアイコンパレットでボイスレコーダーを設定できたので、操作に迷うことはありませんでした。w80はオートピクチャー機能を追加した為、このような操作手法になったと思われます。)また、撮影した動画から静止画を切り出す際、静止画保存を終えると、静止画を切り出したシーンに戻らずに、動画編集機能の操作選択画面に戻ってしまうため、ベストシーンから複数の静止画を切り出そうとするとおそろしく時間がかかってしまいます。動画編集に関しては他のメーカーの機種にはない特徴的な機能だけに、改良して欲しいと思います。(グリーンボタン、動画編集に関してはW90も同じ操作になっています。) とはいえ、防水機能付で、動画の編集機能や広角撮影など特徴的な機能をほぼ全て備えているのはこのラインアップだけです。価格や重量の点でも優れており、アウトドアの必需品に間違いありません。.

昨年始めたスキンダイビング、冬場のスキーの撮影目的で購入しました。5m防水との謳い文句でしたが、7,8mは問題ありませんでした。それ以上は潜れないので分かりませんwグローブを着けての操作にも問題なく、起動も早いのでマメに電源を切っていればバッテリー持ちも気になりませんでした。とはいえバッテリー持ちは良いとは言えないし、旅先で電池が切れるほど空しいこともないので予備バッティーは買っておいた方がいいと思います。私はrowaで互換バッテリーを2個買いました。問題ないですね。手ブレは良く効きますが、それでも暗所には弱いです。暗所というか、普通に室内でもちょっと不満な画質なので、あくまでもアウトドア用と割り切った方が良さそうです。一昔前、2,300万画素時代のコンデジ程度には撮れますけどね。耐衝撃は落としていないので分かりませんが、シリコンジャケットも着けるとなんとなく安心感はあります。この性能はスキーで転倒したときに確認できると思いますw万一の時沈まないようにフロートストラップが欲しかったので、デザインが合いそうなfujifilmのを購入しました。バッチリ浮きました(・∀・)=bちなみにヨドバシの店員に訊いたところ、重量も軽いのでオリンパスのでも何でも浮くとの話でした。水の中の撮影は予想以上に楽しく、気軽に面白いものや神秘的な写真が撮れます。旅の記録程度なら地上でも充分だし、タフだし、これだけの使い勝手の良いものが3万もしないで買えるとはいい時代になったもんだと思います。海に山にアウトドア好きの人にはオススメできる一品です。.

インターバル撮影機能が付いたデジカメがほしくて探していたところ、オプティオの、w80を使った、情報を入手し、早速購入しました。自家用車の、ダッシュボードに取付、車で移動するときに、10秒間隔で、インターバル撮影(1000枚)して、パソコンに画像を取り込み、始めていった道路の状況や交差点の、状況を後日確認して、道路を覚えるのに便利に使っています。内蔵バッテリーで、1000枚の撮影(8GBメモリー使用)約2.5時間、は可能なので、これは使えるカメラです。予備にバッテリーと、100vの電源アダプターも持っていますが、使う状況が発生しません。長時間使えるのが便利なのか、予備バッテリーは、あまりに心配性なのか?(笑)私としては複雑です。防水機能も、ホコリや雨の中での使用も考えての購入なので、ありがたい機能です。.

ハワイへ旅行が決まりプールや海辺で使えると思い買いました。水中の写真はきれいにとれましたが水辺で狙った写真は水しぶきがレンズについていい写真にはなりません。(まあ当然っていってしまえばそれまで)ですから水にぬれても平気だから!という程度の理由で買うなら普通のコンデジを買ってぬらさないようにすれば十分かな。あと、プールでは、日焼けオイルが目に見えず水面に浮いていてレンズや本体が汚れちゃいます。ご注意を。バッテリーの弱さをいろいろ聞いていましたが私の感想も、やはりその通りでした。家族旅行の際、ストロボは全く使わず1枚の画像容量も3Mに抑えたのにもかわららず朝から、夜までもちません。また、バッテリーの装着方法も左右間違えたままでも装着できてしまい何度も差し替えました。内蔵モニターで確認したものと、写真店でプリントしたものとあまりにも差がありすぎてびっくり。(汚くて)トイカメラモードがありますがトイカメラのように少し画質が暗くなり、ざらつきがでます。味のある写真を撮るときに活用してこれはおもしろかったです。手ぶれ補正は、ぶれた部分の前後に戻って補正してくれるのですが、その分色や画質が犠牲になります。夜の室内でもストロボナシでしっかりと撮れました。でもメインのカメラとして買うにはオススメできません。.

現場監督の仕事で愛用し、ています。とても小さくいので常にベルトにケースをつけて歩いているので何時でも写真が撮れます。時々、変な人に思われることもありますが。仕事の現場写真は建設calsといってデータが重くならない100万画素で撮れるカメラが必要です。選択肢は他にリコー、オリンパスしかありません。仕事以外でもデータの軽い写真はとても扱いやすく便利です。機能は十分ですが、kodakブルーに魅せられたkodak信者の私にはいい色とは言えません。仕事につかえるそれなりの発色です。それから、手振れ補正がありませんので、暗いとやたらに高感度になってノイズだらけの画像になります。内蔵ストロボは3. 9mしか届きませので、特に注意が必要です。本体が小さいのでリチウム電池はとても小さくて薄いです。現場によっては100枚以上撮るときがあるので、予備電池は常に持ち歩いています。その他は必要十分です。それから、一緒に買ったプロテクタージャケット o-cc932はとても便利です。3年使って少し破れましたが、こんなものでしょう。カメラケース o-cc81はすぐに汚れてしまってほとんど使っていません。私の使い方が悪いのでしょうが、もう少し汚れにくい素材のものがいいと思います。日本トラストテクノロジー mybattery hq for d-li78は1年後に充電不十分になりました。やはり、純正品とは違うようです。他の問題はありません。.

バッテリーの持ちが悪い、雪面で使用すると画面が紫~青になってしまい汚い、暗い場面での描写力が最低。カメラはいたって素人ですが、今どきのスマホに全てにおいて負ける気がします。.