届いた現物を見てびっくり。非常にごついカメラです。イオスkiss-iシリーズぐらいの大きさではありますが、非常に密度が高く、金属的です。戦車とか好きなら、きっと気に入ると思います。キャノンとは、設計思想が違うので、キャノンユーザーは、ぜひサブ機にペンタックスをどうぞ。特に、センサークリーニング関連の機能が充実しているのが気に入りました。露出補正はイオス5シリーズに比べると、ちょっと不便です。廉価版の標準ズームを装着した場合、発色もシャープネスも素晴らしく、smcタクマー(ペンタックスsp)の頃からの「ペンタックスの伝統」を感じました。逆に、弱点も昔のままで変わりなく、内面反射の処理が微妙であり、逆光に弱いです。レンズフードの着用が必須です。.

SP―Fを親父から奪っ(貰っ)て以来、ME  MZ−7  istds2 と使い続けています。(ああ 途中でN社のfe2に浮気しました←すみません反省しています。でもレンズが重くて私には無理でした。)本機はK−5発売後においても全然色褪せません。(私としてはまだ高くて買えませんし、発売当初はどんなメーカーもいろいろトラブルがつきものだと思いますので、枯れるまで様子見です)多くのサイトで多くの方が述べられているように、基本性能はきっちり作ったから、後はあなたの感性が肝だぞと言われているようなカメラです。←腕を試されます。車に例えるとすれば、ファミリーカーではなく、ラグジュアリーカーでもなく、バリバリのスポーツカーでしょうか。銀塩(フイルム)カメラから移行してきた人は、「ああ、そうそうこれなのよ、これ!」という感じでワクワクします。コンデジからステップアップする人には極めて新鮮な緊張感と歓喜を与えてくれると思います。撮影に必要なパラメータについては、可能な限り細かく用意したから、後は好きに楽しんでねと言う感じでしょうか。誤解の無いように付け加えれば、フルオートモードでの撮影結果が良くないと言うわけでは有りませんので念のため。.

 コンパクトデジタルカメラで撮影した後、画像の傾きに気付くことが少なくなく、photoshopでの水平調整が欠かせません。 本カメラは特長が多く、超音波振動ゴミ除去機能がdriiとなって撮像センサーのダスト付着対策が強力になったことも魅力のひとつですが、自動水平補正機能がオートフォーカス機能の登場した時のように魅力に感じられ、防湿ケースに眠ったままの銀塩方式の一眼レフカメラシステムから、デジタル一眼レフカメラシステムへの切り替えを決意させてくれました。 自動水平補正機能については、まず、ファインダーに電子水準器を表示させるだけで撮影してみましたが、傾き調整と撮影対象に注意が分散されることから、その機能が期待通りのものであることを理解しました。 撮影者の嗜好に対応するカスタム機能、デジタルフィルターやカメラ内raw現像などの従来はpcの処理であった機能の内蔵など、「こんな道具を作ってしまいました。うまく使いこなしてくださいね。」という声が聞こえてきそうです。 マグネシウム合金製の剛性の高いこぶりなボディは質感が高く、必要もないのに手にしてシャッターを切りたくなります。シャッター音が低く抑えられているのも美点です。このような使いこなしの楽しみなカメラが、銀塩フィルムの中級一眼レフカメラのボディと同程度の価格で入手できるようになったのは驚きです。.

Pentaxのデジタル一眼レフのK一桁シリーズはこのK-7に始まりモデルチェンジの度に5,3,1と数字が小さくなっていくのが何とも不思議です。操作体系が一貫しているので持ち替えても迷うことなく使えます。K-7は14メガピクセルとやや物足りませんが画質敵にはA3程度までで使用する分には充分なものがあります。パソコンのHDDの容量にも優しいし,8GBのメモリーカードでも充分な撮影枚数をこなせます。24メガだと8GBのカードなどあっという間にいっぱいになってしまいます。状態の良い中古が手に入れば、経年劣化に弱いネックストラップを交換するだけで、まだまま使える機種だと思います。.

  • まだまだ現役のデジタル一眼
  • 味のある色合い
  • これがペンタだ

Pentax デジタル一眼レフカメラ K-7 ボディk-7

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●PENTAX K-7 ブラック●PENTAX

初めて一眼レフディジタルカメラを購入しました。初心者的にはもっと安価なエントリー機種でも充分なのですが、年齢的に見栄を張ったと言うのが本音です。徐々に慣れてくると楽しまさせて頂いてますが、望遠もいじりたくなり同レベルの200mmのレンズを購入しました。最初からダブルレンズキット見たいのがあると、そちらを選択してたかなと思います。.

K-7を購入した後にk-30を購入したのですがなかなかk-7が諦めきれない。何か魅力のあるカメラなんですね。ノイズ処理が旧式なのでノイジーな写真ばかりですが時と場合によってはそれが味を出してくれる気がします。iso100、リバーサルフィルムモードで撮影した写真はうわさ通りの出来上がりです。シャッター回数4万を超えましたが10万超えどころか動かなくなるまで使いたいカメラです。.

中古で掲載写真の使いまわしはやめてもらいたい。全く意味ありません。付属品など異なっています。.

一眼レフカメラは初めて買いましたが、一眼レフというものはこんなにすごいものかと驚いています。シャッターは速いし、連写も速い、画質もいい。まあ当然なのでしょうが初めての一眼レフに感動しています。また、他社と比べて若干コンパクトだしスタイリングがいいです。特に気に入っているのができあがる写真の色合いです。少し古いフィルムカメラで撮ったような懐かしい色合いになります。(そんなに極端に古い写真を想像しないでください。あくまで「ちょっと古い」です)部屋で撮る場合、キットレンズでは暗くてシャッター速度が遅く使い物にならないのでda35mmf2. 4alを買いまして解決しました。屋外で撮るときはキットレンズで満足しています。(もちろんもっといいレンズも欲しいですが).

Pentaxのaps-cフォーマット上級機種、右肩にある情報ディスプレイがその証!古きよき時代の外観、小さいながらどっしりした重みのあります。シャッター音はくぐもった小さめの音。出す絵も不満はないですが、ライブビューは「何世代か前なのか」と思う画質で、撮った写真を確認するのに若干不便です。勿論ずっとpentaxを使っている方は何も感じないと思いますが。いい単焦点を含めレンズラインナップは魅力的なので、もっと頑張って欲しいです。.

デジタルカメラとしえては2台目です。ハード的な性能としてはこれを超えるようなEOS7なども出ていますが、グリップの握りのよさ、直線的ですっきりとしてデザイン、性能の割には小型で毎日の散歩に持ち歩くのも苦にならない大きさは、他のカメラには無い個性だと思います。また、ファインダーのピントの合わせやすさは特筆物で、マクロ撮影はマニュアルでやった方が早いくらいです。スクリューマウントのアダプターを付ければクラッシックレンズを付けて撮影もできます。色の出方は標準では派手目で、特に夕焼けなどのときの色を逆に強調するcteモードにカラーバランスを変更すると、リバーサルフィルムのベルビアで撮ったような写真になります。このカメラを買ったら単焦点レンズを付けることをお勧めします。1460万画素のcmosの性能を十分引き出せますし、レンズ自体も小さくて軽いので、大きなコンパクトデジカメくらいの扱いやすさになります。大げさかと思われるかもしれませんが、hoyaに買収されたpentaxの開発者たちの存亡をかけた熱い思いが、この工業製品を通じて伝わってきます。.