ペンタックス Pentax デジタル一眼レフカメラ K-3 18-135wr レンズキット ブラック ローパスセレクタ 最高約8 – 本体は、満足 バッテリーは、偽物?

K5からの交換。基本的な操作のしかたが変わらず、進化した部分は便利になりました。古いメモリーだと連写性能がかなり落ちます.

K3を頼んだはずなのに届いて見てみたらks2が入っていました。楽しみにしてたのにガッカリ(;ω;).

昨年中古で購入しました。フイルム時代からペンタックスを使用していたので、オールドレンズが手元に有り、これを選択。値段も手ごろで発色もよく、専ら風景撮影で活躍しています。ただ、高感度撮影時のノイズと、af撮影の遅さは有るので、被写体によっては向いてないかと思います。それでも、手に入れると馴染み深い物が有り、元々フイルム時代には、af無しで撮影していたので動く被写体もマニュアルで頑張っています。.

フィルム時代はkmを入れたcontaxとnikonf5のズーム付きをコンビで使っていました。それが時代を経てsigma sdとdpシリーズに置き換わり、真逆の相棒を探していて決めたのがk-3。n社でもc社でもなくpentax。ズーム1本付けっ放しと決めていたのと、どんな照明下でも撮影可能である事が条件でした。ほとんど見えない明るさの公園が手持ちで撮れちゃって、しかもiso1600のフィルムに比べても嫌な感じのノイズじゃなくて驚愕です。小柄でもしっかりグリップ出来て、作り込みも立派。  .

一眼レフに帰ってきました。ミラーレスやら高級コンデジやら散々使ってみて何かが足りない。そう、硬性感と音です。フィルム時代に一眼レフを長く使用していると、ミラーボックス周りのしっかりしたフレーム感とシャッター音、ミラーアップとフィルム給送音が当たり前にありましたが、ミラーレスの場合ミラーを支える必要がない為にフレームも一眼レフと比較した場合強度が落ちますし、当然ですがミラーの稼働音もないわけです。あぁ、なんて寂しい。その点、一眼レフはメカが複雑ですから、比較的静かなk-3もシャッターを切った際、色々と音がするんです。k-5使用していましたが音質が良くなりましたね。ニコン機のシャッター音は素敵ですが、kシリーズもだいぶ良くなりました。強固なフレームに全面合金製。ミラーレスは確かに軽く薄くて扱いやすい。ミラーレスの弱点も克服されてきているし、将来的には一眼レフが無くなっても不思議じゃない。でも写真を撮ることにプラスアルファを求めるメカ好きのカメラ愛好家は、一眼レフを捨てきれないと思う。あと数十年後に一眼レフがあればいいな。その時には背面の部品の薄型化が進み、ニコンf3と同等の大きさの高性能一眼レフが世に出ることを期待しています。.

初めての一眼レフ購入でひと月程何にしようか悩みました。k-s2も魅力的でバリアングルやwifiがどうも捨てられなかったです。悩んだ挙句、高級感と性能の良さでk-3に決めました。k-3Ⅱがあったけど割安のk-3です。もう在庫がない時期だったかヨドバシやヤマダ、ビックを探しても実機が無かったですがamazonで9万5千円ほどで購入できました。使用感は全く一眼レフに無知なので毎週k-3を持ち出していろんな風景などを撮って練習してます。ただただ楽しいです。昨日の横浜で夜景を撮ったのでアップします。一眼歴1ヶ月の腕前ですが満足してます。.

ダブルスロツト、防塵防滴(バツテリー蓋開閉摘み一つにしても他機種には余り見かけない造り)、マイナス10℃耐寒、ローパスフィルターレス、-3evまでaf合焦どれを取つてもピカイチです、af瀬能はレンズの明るさに依存するので何とも言えませんが普通に使えます、更に上位機種Ⅱ型が有りますがrrs機能以外は基本同じです。.

ペンタックスの旗艦モデルを飛行機撮影で使用中。当初・フルサイズモデルの購入も考えたが、飛行機撮影ではaps-cの方が有利なことから、完成度の高いカメラを探したらk3になった。k3を使用した感想は高性能で安定したaps-cカメラ。組み合わせるレンズにもよるが、純正の高性能レンズと組み合わせると最大に威力を発揮してくれる。一般にペンタックスは動体に弱いと聞くが、k3に関しては動体撮影の得意なカメラ。一眼レフは数台有しているが、性能面ではキャノン70d以上かも知れない。操作性がよく動体撮影に優れたカメラ。当方は飛行機撮影専用で使用しているが、離陸する旅客機を安定して撮影出切る。画質の精度は高くiso800までは使用しているが、ノイズは確認出来ない。「なんでノイズがないの?」そんな感じです。ニコンのフルサイズモデルd610も有しているが、画質的にはk3の方が勝っているようにも思う。フルサイズの初級モデルよりも画質的には優位ということでしょうか。グリップ性が高く操作しやすいボタン配置など使用でストレスを覚えない。視野率100%のファインダーは動体撮影には有利だが、自動水平補正は重宝している。乗り物撮影には向いているカメラ。組み合わせるレンズも当初、お安く済ませる目的でda18-270mmf3. 3ed sdm kマウントと組み合わせるが、k3との相性が悪く、現在はda★60-250mmf4edと組み合わせて使用中。k3は軽いカメラだが、da★60-250mmf4edと組み合わせると重くなります。この仕様はk3との愛称は抜群で、見た目にも格好がよい。ペンタックスの旗艦モデルであるので、撮影場では目立っている。.

利点と欠点

メリット

  • 今でも十分満足出来ます。
  • まだまだ通じる機能
  • メモリー2枚使い分けと水準器が気に入ってます

デメリット

正にpentaxファンの王道を行くaps-cモデルです。発売開始から1年が過ぎ、やっと手に入れました。ist-dr k-r とつなぎ、k-50と同時購入。ランクの違いは歴然。アマチュアの自分でも充分に判る程。かなり使えるタフネスカメラです。フィールドカメラの王道とも言えると思います。キャンプしながらツーリングを行う自分には最高のカメラかと感じます。.

K-20Dからの乗り換え。交換レンズは手持ちを使用。描写力が格段にUPしており撮影していて気持ちが良かった。私のレベルなら全体的にみてこれ以上は必要ないと思われるカメラです。思い切って購入して良かったです。前カメラより少し大きく感じたが重さは軽いと思いました。目的の設定をするのにワンボタンではたどり着けない所があり、手間取った。取説の説明が簡単な記述でよく理解出来ないところがあったのでガイドブックを購入しました。.

10年以上慣れ親しんだ機種の後継機ということもあり、操作性が良く、特に冬は分厚い手袋をしていても操作ができる点が気に入っています。画質も数段向上し、大判で印刷も出来ました。.

今まで、*istds、k10、k-r、k30、k01と使ってきて、k一桁シリーズは初めてですが、機能は豊富、動作もキビキビ、耐久性も高そうです。ファインダーも見やすいですね。純正レンズはafが遅いので、シグマの安い望遠ズームを使って、主に飛行中のツバメ撮影しています。afに関しては、最も期待していた部分でしたが、ファームウェアアップ後のk-rやk-30よりも接近中の動体への食いつきが悪いように思いました。これは意外でした。afについてはいろいろ設定が出来るようになっているので、試行錯誤してみたものの、結果はあまり変わりませんでした。精度重視なのかもしれませんね。一方で、高画素化、ローパスレスによる恩恵なのか、止まっている物は精細に写ります。安いレンズでもその恩恵は十分に受けているようです。いろいろな所で言われているように、高感度は弱めですね。高感度が必要なシーンではk-r/k30かeos kissを使うようにしています。個人的にはもう少し低画素で高感度重視にした方が利用シーンが広がったかなと思っています。電池の持ちですが、まだ充放電を繰り返していないためか、電池の持ちはあまり良くないように思いました。気になった点は、プラスチックのカメラよりも夏場の蓄熱が大きいというか、放熱が弱いようで、夏場の屋外では結構熱くなり、日陰に移動してもなかなか温度が下がらないようです。金属部分が多いからかもしれませんね。限定シルバーは高いので、もう少し明るい色のスペシャルでないバージョンがあっても良いかなと思いました。.

K-7を4年半位使ってきました。低感度での画像は結構気に入っていました。夜用にはnex-5TとかE-pm2も併用していたので、特に買い替えの欲求はありませんでした。ただ、K-7のAFが遅くて不正確なのが気になり、値段もこなれたのでK-3に買い換えました。カメラの○○○○にK-7本体と一緒に購入したda70mmf2. 4の買い取りをお願いしたところ、3. 2万円という事で即決。中上級機のカメラは結構値段がつくことに驚きつつ、K-7も大事に使おうと考えています。実際に使ってみて①AFが体感で2倍位早い②100倍位正確にピントが合う③想定以上に高精細な画像で、嫁さんも驚き・・・まあ絶賛です。写真で大事なことは、ピントがスッと合うなので合格です。レンズはda15㎜がメインと考えていますが、リミティッドレンズは高く売れるので買い足すか?悩み中です。.

今まで以上のafの食いつきや連射吐き出す絵k-5と少し趣が違っているような感じはあるがやはりペンタックスらしい絵作りで気に入っています。シャッター音だけは静かにはなったのだけれどもk-5の方が好き.

僕的には大満足、機能面での不満はほとんど無い、afも及第点、k5(2s)でもかなり良くなっていたけど、倍増したafポイントの効果は大きいようだ。しかし過度な期待は禁物、暗所性能以外はnikonで言えばd5000番台並でしかないのだから.

8年前に購入のpentax k-10dの更新に、ついにk-3を買いました。後継のk-3Ⅱが出たからこそのこの低価格(本体が実質7万円っ)で。フルサイズ流行の現在、pentaxもフルサイズを発売してしまえばaps-c一眼で、おそらく後にも先にもこれを超えるカメラは出ないだろうと思い、超解像とかgpsとか必要としない私は、k-3を購入しました。ローパスフィルタレス2400万画素の高精細、8. 6万画素rgbセンサーによる露出、さらには、pentaxの大きな弱点だった暗いところで迷いまくるオートフォーカスもピタッと合焦する長年使っていたk-10dからは、見違える大進化となりました。なのに、N社C社より大幅に小さく、直線基調のスッキリとした機体。C社の中級機でも98%視野率なのに、100%視野率で、さらに明るく見やすいファインダー。前後2つのダイアルで、自由自在に操れる絞りとシャッター速度。デジタルでは前ピン後ピンになることのある銘玉fa limitedシリーズも問題なく使える、個々のレンズに対応したピント微調整登録機能。秒速8. 3コマの連写性能にプラスして、fullhdの動画まで撮れてしまう多機能ぶり。da55-300mmをお持ちなら、デジカムなんぞ無くても、運動会や学習発表会などでの動画も大口径の一眼のレンズの素晴らしい描写のままに撮影できてしまいます。10万円、20万円、30万円が当たり前のフルサイズ用レンズと違い、高性能スターレンズやlimitedレンズでも、数万円で購入できるpentaxのaps-c用daレンズ。必要とする交換レンズも臆することなく揃えられ、多少の荒天でも持ち出して撮影に出かけられる防塵防滴のpentaxを選ばない理由は無いと思います。.

ペンタックスを長年使い続けておりますので、前の感覚のままに使えてます。.

特徴 Pentax デジタル一眼レフカメラ K-3 18-135wr レンズキット ブラック ローパスセレクタ 最高約8.3コマ/秒・最大約60コマ -3ev低輝度対応 15543

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 同梱レンズ:PENTAX DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
  • ファインダー:[アイレリーフ長]約20.5mm(見口窓より)・約22.3mm(レンズ中心より)
  • [視度調節]約-2.5~+1.5m-1[フォーカシングスクリーン]ナチュラルブライトマット3・交換式
  • 画像モニター:広視野角タイプ・エアギャップレス強化ガラス・約103.7万ドット・明るさ、彩度、色調整
  • AF:TTL位相差検出式[輝度範囲]EV-3~18(ISO100・常温)[AF補助光]専用LED
  • 露出制御:[測光方式]8.6万画素RGBセンサーTTL開放77分割測光・分割測光・中央重点・スポット
  • [露出範囲]EV-3~22(ISO100・50mmF1.4)[露出補正]±5EV(1/2・1/3)
  • 撮影:カスタムイメージ・クロスプロセス・ノイズリダクション・ダイナミックレンジ設定・レンズ収差補正
  • デジタルフィルター・HDR撮影・多重露出・自動水平補正・構図微調整・インターバル・電子水準器
  • 動画:[ファイル形式]MPEG-4 AVC/H.264[記録形式]MOV(MotionJPEG)

メーカーより

K-3 K-3Ⅱ KP
K-3 K-3Ⅱ KP K-1
有効画素数 約2435万画素 約2435万画素 約2432万画素 約3640万画素
ISO感度 ISO100-51200 ISO100-51200 ISO100-819200 ISO100-204800
撮影素子 APS-C 23.5 x 15.6 mm CMOS APS-C 23.5 x 15.6 mm CMOS APS-C 23.5 x 15.6 mm CMOS フルサイズ 35.9×24 CMOS
液晶モニター 3.2インチ 約103.7万ドット 3.2インチ 約103.7万ドット 3インチ 92.1万ドット 3.2インチ 103.7万ドット
防塵・防滴
WiFi
幅 x 高さ x 奥行き(突起部含まず) 約131.5 x 100 x 77.5 mm 約131.5 x 100 x 77.5 mm 約131.5 x 101 x 76 mm 約136.5 × 110 × 85.5mm
重さ(本体のみ) 約715g 約715g 約643g 約925g

使ってみると分かります。nのカメラを使い続けていて「こんなのがあれば良いな」と思っていた機能が何もかも詰め込まれていると云った印象。それでいて、いわゆる写りも非常に良いです。高感度では最新の画像処理エンジンを積んだ物には及びませんが、iso3200までは問題なく使えるし、1秒間に8. 3枚の高速連写はaps一眼レフ中では相当速い部類です!多少、afやawbに癖もありますが、それはどんなカメラにもありますからね。今なら、わざわざ新品を選ばずに、程度の良い中古をおすすめします。追記:友人のk3Ⅱを借りる事が出来たので、比較してみましたが、正直rrsは室内で動かない物を対象にした撮影や、無風状態での風景等で三脚使用を前提とするなら、絶大な威力を発揮出来るけど中々、戸外では使いづらいと思います。手振れ補正はk3に対して一段強くなったと言われますが、実際は半段ほど向上したかな?と感じました。元々、k3の手振れ補正は弱く無いのでこの差をどう感じるかですかね?k3Ⅱはk3に対してafの精度向上との事ですが、よく分かりませんでした。鳥やジェット機等の撮りものによっては捕捉率等が上がっているのかも知れませんね。k3Ⅱはgpsユニットを内蔵させて星を撮るには非常に便利な機能ですが、k5、k3からの買い換えで既に外付けgpsユニットをお持ちなら必要ないです。他社からの買い換えで星を撮りたいと言われる方にはアストロトレーサーは非常に便利なのでわざわざgpsユニットを追加購入する必要が無いのでk3Ⅱを推します。反対にgpsユニットを搭載したおかげで内蔵フラッシュは省略されましたので、gpsは要らないからフラッシュをと言う方にはk3の方が良いと思います。実際に暫く使ってみての感想は、基本的にk3もk3Ⅱも同じような内容と実力なので、rrs、gps等付加された機能を取るならk3Ⅱ、コスパを取るならk3で良いと思います。.

2つのダイヤルで操作性抜群、防水防塵、かなり使い込ませてもらいました。初心者の一台目にはおすすめです!.

カメラの性能や使い易さには、とても満足ですが、梱包が最低です。厚めのエアークッションを底にひいた上に、品物を置いていただかないと、業者が手荒に扱って落下させた時、衝撃が品物へ伝わってしまい、壊れてしまう。.

もう、なんて言ったら良いのやら完璧です。完璧すぎてもうデメリットが見つからないくらいです。まず、5300も持っていたので比べると解像度が全然違いますダイヤルが二個付いているのでmで撮ることしかないので設定しやすい。sdカードが二枚入る防塵防滴質感もかなりお上品マイク端子ヘッドホン端子いい始めると切りがないですまた、シャッターの寿命は20万回です、ペンタックスの思いが感じられます。←かなり多い方です(1日100枚撮って6年)ノイズの少なさもaps-cの中でトップレベルです。富士のx-t1と迷いましたが。色々と未完成なx-t1に比べると、突っ込むことが無いk-3は非常に優秀です。電池持ちも700枚撮れるので十分です。また、別売のsdカードを買うとwi-fi経由でリモート撮影も出来ます。レンズも安いのでかなり買ってしまいましたwこのカメラはスゴいですね満足満足です。使い倒してやろうと思います.

満足です。高感度は少しアレですが、それ以外は文句無しです。買って良かったです。.

K50を所有しておりk3は追加購入、info及びmenuボタンの文字が少し剥げている以外は傷はなく奇麗な状態でした。内部にも埃はなく満足しています。k50は絞りの作動不良が問題視されていますがk3はそれに関しては問題ないとのことで購入を決めました。画質、操作性、機能も私には十分です。バッテリーグリップが装着できるので同時購入しました。古い機種でもあるので大事に使っていきたいと思います。.

K-30が何となく物足りなくなり、ボディーのみ、購入。手が大きいので、バッテリーグリップも購入。手にはなじんできているが、まだ、使いこなせていない感じ、私の感性には、合っているカメラだと思う。他の方には、合うかどうかは、わからない。手に取って、なで回して、決めるのが何よりだとおもう、使いこなすうちに、不満がでてくるとは、おもう・・・・.

同じ機種を使っていますが、こちらの方が遥かに美品です。色々な設定で撮影しましたが不具合はありません。とてもお買得でした.

K20dからの買い増し、半年ほど使用しての感想です。スナップメインだったのでk-7が出てもk-5(ii)が出てもスルーしていたのですが、今回は魅力に勝てず買ってしまいました。ちなみに、k20dもサブでまだ使ってます。<良い点>・ローパスレスの解像感・馴染みのある操作系・ペンタらしい色味・心配してた古いレンズとの相性も比較的良い・オートフォーカスが速くしかも正確になった・秒間8. 3コマで動きの速い被写体も追えるようになった<イマイチな点>・高性能、高機能のせいか、バッテリーの持ちが悪い感じです。特にムービーは電力消費が大きいですね。ただし、予備バッテリーで解決できるのでほぼ問題なし。k20dと比較するとスペックは比較にならない程凄いですが、そのスペックを感じさせないところが良いですね。構えてシャッターを押すだけ。撮影に集中できる良いカメラです。.

Before i decided to buy pentax k-3 18-135wr, i’ve been watching k-50. One day i suddenly found it hit 10 percent off,then it would cost me less than 100000 yen. It is very cost-effective and metallic texture. I just started learning to use it,but i love it!.

ペンタックスは「ist-ds」時代から使っています。当時もちろんニコンやキヤノンもありましたが、「見た目」を最優先で(本当に何も分からずだったので、一番重要なのはデザインと…ひねくれた性格か、巨大メーカーでないメーカーに魅力を感じて)ペンタックスを選択。毎年のように発表されるニコン、キヤノンの新製品を羨ましく感じたこともありましたが、手にするペンタックス製品にはいつも満足していますので、後悔はありません。さて、今回は「k-5Ⅱs」からの買い換えです。主な理由は解像度です。「k-5Ⅱs」の写り自体には特に不満も無かったのですが、写真を大きく引き延ばす必要が出てきたため、解像度の問題はやはり避けられないものでした。発売日からすると「k-5Ⅱs」の翌年となる古い機種(2013年)ですが、一気にブラッシュアップされている感じです。aps-cの限界点であろう2400万画素となり、モニターも見やすく(可動じゃないけど…古いから仕方ない)、メモリカードもダブルスロット、見た目はほとんど変わらないので全然新しくした感はありませんがw(完成された美しいデザインは変に触らない方が良いってものです)、私の撮影スタイル(ほとんどが静物撮り)から、不満点はほとんどありません。現時点でデジイチもとっくにフルサイズ時代に入っており、ペンタックスもk-1を出しておりますが、aps-c用のレンズしか持っていないことと価格を考えてk-3を購入しました。k-1もすでに2年前の機種ですし、状態の良い中古が120,000することを考えたら、ちょっと見合わそうかなと。(ボディを低予算に抑えられたので、超広角レンズも購入出来ました。)もし次回の買い替えが必要になって、タイミングが合えば、その時は発売ほやほやの新機種を手に入れたいなあ〜。出しますよね?.

タイトル通り、約2年使用したk-5iisのシャッターカウントが10万回を超え、2度目のオーバーホールが必要と診断された為、af周りの改善が著しいと評判のこちらへ買換え。正直、流通在庫のみとなったk-5iisを再度購入する、という選択肢も考えなくはなかったのですが、約2年使用する中で、・時折起こる露出の暴れ・af-cの追従性の悪さ・メモリーカードへの書き込みの遅さこの3点が、どうしても不自由に感じるシーンが多くなった為、いくつか不明、不安な点もありましたが、当機に変更する事に。買換えた結果(約1か月併用しました)は、上記3点については、ほぼペンタックスのボディとしては満足いく結果でした。露出の暴れについては、ほぼ解消されましたし、af-cについてはホールド度合の設定を詰めれば、ほぼ自身の癖に合わせられる感触、特に前後の距離移動にはかなりの向上が見られる・・・ただし横方向の弧を描くフォーカスホールドは相変わらず苦手な様子(=ロングレンジの流し撮りが苦手)・・・これは、測距点が増えた事と、モーターが3個に増えた事の恩恵かな?書き込みの速さは、言わずもがなで、土台がk-7から変わっていなかったk-5iisの泣き所がやっと改善されたという所。ボタン等の配置が変更になって、やや戸惑う場面があったものの、馴れてくると今まではメニューに入らなければ変更できなかったり、オペレーションが煩雑だった点を独立させたと言う事に気付くので、岐で言われる程の改悪ではない様子。・・・と、2か月目の感想としては、おおむね満足のいくボディ変更が出来ました。以下、不安、不明だった点について。・aeユニットが変更になったので、露出の癖を1から探る必要はある?・画素数が増えた為、ノイズが乗りやすくなった?・ミラーがエンドレスで高速作動する個体がある?・レンズを選ぶ=古いレンズでは高画素の恩恵にあずかれない1?等がありましたが、とりあえず3番目については、私の所の来た個体では、今の所発生は無いので一安心。1番目のaeに関しては、露出の暴れは今の所(約12000ショット経過)は殆ど無く、k-5iisから比べると平均測光時で大凡0.5ev程アンダーになる様な傾向でほぼ安定している様に感じますので、癖がガラッと変わって苦労する・・・という程では無い様です。2番目の、ノイズに関しては、確かに同ss胴f値同iso(isoに関しては近似値)では、ザラッとした画像となりますが、単にノイズが増えた、と言うよりもノイズの傾向が変わった・・・輝度ノイズよりもカラーのノイズの量が増えた・・・という印象。iso1600辺りから顕著になりますが、rawで撮ったファイルならば、処理時にひと手間掛けてやればiso4000迄は、そこそこ使える画質かと思います。・・・k-7をお使いの方なら、逆に「楽に」感じる程度の作業かと。私もk-7>k-5iis>k-3のクチなので、余りストレスは無かったです。pentax自体、むやみにノイズを消さない(笑)傾向が強いメーカーなので、最終的にどんな媒体(webなのか、pc鑑賞なのか、紙なのか)に出力するかで、ノイズの処理の仕方を変えてやる必要はありますが。4番目の、レンズを選ぶ?については、確かに差が出る場合もあるとは感じますが、単に高性能レンズでなければ・・・という感じでは無く、ローパスのオン・オフも含めて、使い分ける必要がありそうです。・・・単に、レンズを選ぶという事なら、k-5iisの方がその傾向は強いと思います。実際、あくまで感覚主体ではありますが、死蔵になりかけていた旧いfaズームの稼働率が上がったり、逆に新らしい部類に属する18-135mmが嫌になって手放したりと、k-5iisの時とは明らかに違うレンズ選びをする様なっています。今日(4/22)の時点で、次期k-3iiの発売が近々との声も聞こえていますので、現時点で即買いとは言えないのが辛い所ですが、尖ったk-5iisでは、使いどころに迷ったレンズも生かしてくれるボディの様に感じます。☆マイナス1は、細かい事ですが、ボディのk-3のロゴ下の盛り上がりが出来た分、吊カンの収まりが悪いところ。これ、結構不愉快です(笑.

今となってはk-3iiが発売されていますが、gpsやwifiが必要なければk-3で十分です。大きさはコンパクトで持ち易くaps-cでは、これが一番持ち運びやすい一眼カメラだと思います。使用して1年以上経ちますが、新製品が色々発表されても、この相棒から浮気しようという気になりません。性能については、文句なく、運動会、マクロで花や昆虫、風景、鉄撮り、何でもこれ一台(もちろん交換レンズの使い分けは必要)でまかなえます。オプションは必須ですが、星景撮影もバッチリです。天の川も綺麗に写ります。カメラ業界はc社やn社、s社に圧されてますが、間違いなくk-3は名機です。価格もこなれてきたことですし、お勧めの逸品です。.

ペンタックス愛好家ですが、多機能で使いやすく非常に気にいっています.

はk-5Ⅱよりも弱くなってますが連写性能・AF速度共に向上しており概ね満足です。.

初めてのデジタル一眼で使い始めてから5ヶ月程です。主に風景や静止物の撮影でraw、jpeg同時に記録し、微妙な補正が必要なときだけraw現像しています。撮影時にどちらで記録しようか迷うこともなく、プレビューもスムーズです。また、水準器は建物、風景の撮影時にとても重宝しています。.

ペンタックスのカメラは3台目になります。K-10DからK-5Ⅱとなりの3台目です。購入するたびに機能がアップし、使いやすくなってます。連射速度のアップ等の目的でしたが、予想どおりか予想以上の画像がえられています。他のメーカーと比較すると価格も安く、機能は同等です。.

始めて一眼レフを買いましたそのままの色が出ていていいと思いますafが遅いとネット上に書かれてましたが素人でも問題なく撮れているので問題ないと思います(af押してピピという感じです近くにフォーカスしてから遠くにフォーカスするときは瞬時〜1秒かかるかどうかです)af. Cだったかなこの機能は動体を追尾してくれるので動体に結構フォーカスが合いますなんだかんだでmfの方が楽しいですけどねcanonとニコンで迷いましたcanonはなんだか青っぽい写真ばかり(加工はされてると思うけどネット上にアップロードされた星空や景色の画像を参考に)ニコンはafが遅かったり合わなかったりした(店になぜか3台も置いてあったd7100かd7200のどちらか忘れましたがレンズキットと比較)のでk-3にしましたk-5Ⅱsの方が高感度時のノイズが少ないとのことでどちらにしようか迷いましたが比較画像を急に見せられてどちらがk-5Ⅱsかなんて答えられないので新しい機種のk-3にしましたk-3Ⅱも考えましたがgpsは使わないしアストロトレーサーは使いたいけど常にはいらないのでk-3にしましたk-3Ⅱ簡易的なフラッシュもないですしねk-3はレンズをつけると1kgぐらいあります私は手が震えるので重い方がブレなくて好きですcanonやニコンは軽すぎてぶれてしまいましたバッテリーに関してですがファインダーを使えば700枚くらい普通に撮れます3メモリ中1メモリ減るくらいsrオン(手振れ補正)状態でライブビューを見ながら撮っていると常に素子が動くので電池を激しく消耗しますレビューなどで電池がもつ人ともたない人がいるのはこの違いだと思いますsrオン状態でライブビューにするとブーンという素子が動く音がなりますローパスセレクタに関しては常にオフで使っていますモアレなどはまだ出たことがないので参考にならずすみません画質に関してはフルサイズには勝てません(知り合いのカメラマンの画像を見て)画質というより表現かな?同じaps-c?だと最終的に画像をリサイズするので気にならないと思いますあるとしたら色の特性の違いです握りやすさはなかなかでした手の大きさはiphone5sが縦1. 5個分の大きさです爪が長くても持ちやすかったです二週間色々と一眼レフに関して調べて悩み続けてk-3買った初心者のレビューなので当てにしないでくださいまたバスの中でiphoneからの投稿なので誤字脱字があるかと思われます一つ目の画像はrawのままはrawでとって付属ソフトで編集二つ目はrawを編集したもの三つ目はjpegで水槽の中のリクガメをmfで撮りました無加工です水槽の表面は汚れています参考になればと思います.

当初の価格の半値ということで思い切って購入。ニコンd40からのペンタk3、やばいですねコイツは。こんなすげーのが十万で買えるとかどんだけー??.

本体は、スレもなく使用感なく大変きれいでした。本体は、☆5個ですが、下記理由によりー☆1個。PENTAX K3のバッテリーは、「D-L190P」ですが、旧タイプの「D-L190」がついてきました。このためか電池は、すぐなくなります。中古商品のランクは、個人の感じ方の差でアタリ・ハズレは、仕方ないが、型式違いの商品を組み込むのは、✖です。.

K-7からの買い増しです。AF性能が大幅に改善ストレス解消されました。又、解像度、高感度撮影等他の機能でも沢山改善がみられ少々重くなったが大満足です。これから雨に濡れたアジサイ撮影に行きたいと思っています。.

満足しています。お得の金額で入手が出来ました。これからの撮影は楽しみです 。.

ベスト Pentax デジタル一眼レフカメラ K-3 18-135wr レンズキット ブラック ローパスセレクタ 最高約8.3コマ/秒・最大約60コマ -3ev低輝度対応 15543 買い取り