ペンタックス PENTAX デジタルカメラ Optio E90 OPTIOE90 : 最高だぜ!

コンデジの小型化のため、昨今ではリチウムイオンバッテリーの機種が95%位ですが、単三使用は本当に便利です。 エネループ等なら経済的だし、この機種位のほうが厚みがあり構えやすいのです。ペンタックスでもこれ以降、単三2本のコンデジを発売していないのが残念です。.

カメラはデジイチコンデジ銀塩と、色々と持っております。コンデジとしては5台目です。ブログ用に、単三乾電池を利用でき、取回しの良いデジカメを探していたのですが、1万円以下で買えるデジカメで、ここまで高機能なのは驚きです。できれば、手ぶれ補正機能”sr”が欲しかったですが・・・。まぁ、コンデジで光学3倍ズーム位なら、ちゃんとした構えで撮影すれば、まず手ブレなどしません。ボディーはラバーコートなので、以外とグリップ感は良いです。液晶もなかなか大きく、かなりきれいだと思います。メニューも分かりやすいです。電池を交換する時やsdカードを抜き差しする際の場所が同じなのですが(最近のコンデジは大抵そうですが) そのフタを開ける度に日時指定をしないといけないのはどうにかならなかったんでしょうか? 古いフィルムカメラだと、時間管理用の別電池を内蔵していた物ですが、コンパクト化と軽量化のためには致し方ないんでしょうかね。画質については賛否あると思いますが、私としてはコンデジらしくない(白っぽい画質じゃない)ので満足しています。この値段ならこんな物でしょ(‘∇`)まぁ、値段以上の物だとは思いますよ.

近くのヤマダでチラシ特価の7980円で購入。取り説もぶ厚くなかなか使いこなしていませんが、他のレビューみたいに専門的なことが解るようになりたい(笑)初心者なので評価は甘くなりましたが、すごく綺麗に撮れます。.

電源に、乾電池使用が可能。充電が切れたら、乾電池の変えで対応できる。これって今のコンパクトデジカメの流行かも。そして16連写。これは、この機能狙いの機種でないとついてこない、スペシャルな性能。コンパクトだから持ち歩きに便利。どんどんと使って、写真のセンスを磨くには、使い易い。考えずにバシャバシャでもいい。気になったのでパチリでもいい。海外旅行のおともにいい。メモリーは大きめで、予備もあったほうが安心。.

ピントは甘いが,小さくて軽く,操作しやすいので愛用している。充電電池はすぐ不足気味になるので,予備の単三電池は必需品。.

カメラ専門店で購入した時よりも2倍ほどの価格であったが、PENTAXが慣れているので、敢えて他のメーカーの安い機種よりもこちらを購入。.

PENTAX デジタルカメラ Optio E90 OPTIOE90

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番:OPTIOE90

昨今では単三電池で使えるコンデジは少数派ですが、旅先でも電源確保に困らないと思い購入しました。単三型充電池も使えますし、それなりにコンパクトなので、私にはとっても便利です。低価格なコンデジでは珍しい「ラバー塗装」は、価格の割に質感が高いです。1000万画素の画質は価格相応で好みもありますが、明るい場所での撮影は鮮明な写真が撮れます。モニターも観やすく、機能も明確で扱いやすいですが、広角31. 5mmも今時代、広く撮れるとは言い難いですし、高感度とはいえiso1600、手ぶれ補正なし、フラッシュも小さめということもあり、暗い場所は苦手。とはいえ、手軽に持ち運べて、日常生活を撮影するスナップ写真や旅行にはとても重宝しています。.

普段持ち歩く為に中古(3200円)で当カメラを購入しました。ミラーレスやデジ一は確かに画質は良いですが、持ち歩くにはかさばって不便です。カバンの中に入れて置いても傷等が気になります(特に液晶とレンズ)。そこで、ポケットに入り、手軽に撮影でき、しかも安価である事を条件に探し、当カメラに行き当たりました。中古とは思えぬほどの外観で、傷、てかり、べたつきは皆無です。使い勝手も良く各シーン、モードも片手でOK.肝心の画質ですが、やはり手持ちのミラーレスと比べる(比べてはいけないが)と落ちますが、日常の何気ない一コマを撮影するには十分です。いつ頃の製品か調べていませんが、しばらくはこれを持って歩きたいと思います。参考までにつたない写真を添付します。.

最初の購入個体ですが、購入3日目に電源が入らないトラブルが発生しました…。至急、ペンタの大阪サービスセンターに送付→新品交換。今まで使っていたデジカメが単三4本タイプだったので、2本で済むあたりは軽量に感じました。あと、使って気になった点をいくつかメモ。・ホワイトバランスの設定項目が無い「夕日」「夜景」などの項目はありますが、手動で設定できないというのはやや痛い。オートでも極端に変な色彩になることはないのですが、電球などの光の下で撮影した際にはモロに黄色っぽげに写り、ちょっと困った場面がありました。・シャッタースピードが最長でも4秒「花火」というモードがあるくらいですし、それを撮るのには何とかなっても、星空などその他長時間露光撮影は、まずアウトだと考えてください。・「パンフォーカス」モード説明書には「他人に撮ってもらう際に、ピント合わせ不要のモード」とあります。旅行先でそういう場面はあるでしょうし、この発想はアリだと思います。・マクロ機能が弱いレンズを望遠にして(背景をぼかしたい時など)のマクロが、あまり寄れません。・球面収差が大きい広角側にして撮影した場合、被写体に寄ると「樽型歪み」(魚眼レンズのように膨らんで写る)がけっこう目立ちます。・整理する際の機能は充実撮影日時別での分類・トリミング(大きめに撮影した画像の、一部分だけの切り出し)やリサイズ(全体的な画像サイズの縮小)・赤目補正などは、パソコンに不慣れな層には親切な機能だと思います。・動画の音量撮影者側のナレーションは、よく収録できる印象があります。逆に、被写体側からの声がちょっと…ですね。.

 黒色ラバーの表面処理のため同価格帯のカメラと比べると高級感を感じます。1万円以下で購入できる機種とは思えません。同じ形をした富士フィルムのカメラがありますが,こちらのほうが外装はいいですね(同じ形… ユニバーサルデザインなのでしょうか)。 肝心の写りですが,可もなく不可もなくといったところでしょうか。発色はやや記憶色傾向で,鮮やかです。デフォルト設定でもプリント映えします。広角側ではたる型の収差が目立ち,倍率色収差もありますが,ここは割り切りが必要でしょう。望遠側ではとくに気になる点はありませんでした。ノイズについてはiso400で気になりはじめ,iso800ではかなり目立ちます。本機は日中屋外では問題はありませんが,屋内や夜間はストロボ撮影か三脚併用で低感度を使用するべきでしょう。 本機に限らずペンタックスのコンパクトデジカメは撮影後のデジタル加工がカメラでできるのが面白いですね。子供用のカメラとしても使い道がありますね。 さらにペンタックスのコンパクトデジカメにはパンフォーカス機能がついています。本機では広角側絞りf2. 9の状態で約20センチメートルから3〜4メートルくらいまでピントがしっかりあっています。無限遠はピントはやや甘い感じですので,厳密にはパンフォーカスではないかもしれません。しかし,取扱説明書にもありますように他の方から写真を撮ってもらう場合はもちろん,ピントが合う範囲内で子供や動物の撮影をする時も重宝します。afを作動させる必要がないのでシャッターチャンスには強くなります。私は水族館でガラス越しにアザラシを撮影しましたが,パンフォーカスは重宝しましたよ。 使い道は多少限定されるかもしれませんが(価格が価格ですから仕方がないでしょう),日中屋外では問題なく使用できますし,前述のパンフォーカスを使えばシャッターチャンスにも対応できます。夜間や屋内では力不足になりますが,そこはストロボや三脚でカバーすれば何とかなります。日帰り旅行等には便利ですよ。.

PENTAX デジタルカメラ Optio E90 OPTIOE90 :