フィリップスライティング(Philips Lighting) Philips Hueモーションセンサー |人感センサー| – 取り付け方法について

玄関灯を人が来たら明るくて、居なくなったら元の暗くにしたかってけど、モーションなしの設定が、何もしない、か、消灯しか無い。暗めとか、夜間照明、元の状態などのの選択はできない。明るくした、明るいまま。モーションありの時は、設定できるのに。なんか、中途半端、期待はずれでし。.

ブリッジと電球を複数持っています。hueの電球と連携させて複数の電球を反応させることができて便利です。また、電池式なので、どこでも設置可能です。hueのアプリから、反応の感度や反応した際の電球の明るさ・シーンを変更できます。appleのホームキットに対応しているので、モーションセンサーをトリガーにオートメーションを作成できます。例えば、ホームキット対応のコンセントを指定しておけば、モーションセンサーが反応した時に、家電の電源を入れたり切ったりすることもできます。他にホームキット対応の製品があれば連携できそうです。色々揃えると、費用は掛かりますが・・・。iphoneのホームキットを開くと、室温と明るさ(ルクス)が数字で表示されます。室温や明るさをトリガーの条件にすることはできませんでしたが、今後色々細く設定できるようになるといいかなと思います。(設定がうまくできていないだけかもです)センサーのみで約4500円と高めですが、センサー付き電球よりも細かい設定ができるため、hueを既に持っている方にはおすすめです。.

Amazon echo plus 使用のみでは使用できませんのでご注意を。アプリでの設定で合わせ込みが必要です。マグネットはかなり強力です.

コンパクトで、磁力で壁につけてるのが便利です。センサーの感度もよく、向きを調整すれば大体対応できます。もう少し価格がリーズナブルだと良いです。.

Hueのライトを玄関に設置した。日没後の帰宅時に扉を開けて入ってくるだけでセンサーが反応して灯りが点くようになったので、買い物で両手が塞がっているときなどはとても便利になったと思った。また照度のセンサーも内蔵されているので日中でも暗い場合はアプリの設定をいじくることで点灯させることも可能。ちなみにセンサー類は温度センサーも内蔵されている。.

コンパクトかつ低エネルギーでバッテリー駆動・無線通信にもかかわらず1年以上の動作はすばらしいです。メインはモーションセンサーと照度センサーでの制御であって、ルーチンにはあまり関与しません。ようは指定したエリア(照明)のonとoffしかできないのです。センサー感度や照度センサーのきめ細かい調整は可能ですが、時間帯による照明センサーの設定は時間のみで、個人的には日没・日の出設定がほしかったです。あと、ルーチンによる照明制御中にonになった時に指定したレシピになり、off(モーション・タイマー切れ)になったら前のレシピに戻る動作もほしかったです。(いちいち完全消灯してしまう動作にもどってしまうのはどうかと)これでは単なるセンサーライト内蔵の電球だけではよかったのではないかなと思えてしまいますね。.

廊下や洗面所のダウンライトをこの製品のおかげで自動化できました。ただ、センサー内蔵led電球などと比較すると、センサーが反応→hue ハブで処理→電球が点灯と処理が介在する為か微妙にタイムラグがあります。時間にすると0. 5秒ほどでしょうか。ラグがその時によって微妙に違うのも気になります。就寝時間中、廊下に出た際は暗めに電球を自動でつけるなど時間や部屋の明るさによって反応を設定できるのは便利です。複数のled電球を連動して動作させるにはこの製品が必要ですが、トイレなど1つの電球を自動化したいのであれば、個人的にはセンサー内蔵led電球の方が簡単で安くて反応も早いのでお薦めです。台座についている磁石は非常に強力で、コンセントの化粧プレートの裏にある金属に反応するのか、コンセントにくっつきます。.

玄関の廊下の灯をhueにしています。夜にトイレに行くときに、普通の人感センサーのライトだと眩しいので、時間帯で光量の調整ができるのがいいです。どこにつけようか散々迷い、普通にマグネット仕様なので、結果的に玄関のドアにつけています。感度も調整ができるのでいい感じ。.

利点と欠点

メリット

  • Never search for the light switch in the dark again.
  • Alexa Plusでは設定不可 2018.7.1
  • コンパクトで感度の良いセンサー。

デメリット

廊下とトイレで使っています。通りかかると自動的に点灯して、近未来的なお家が完成です。取り付けは磁石になっていて、鉄の柱などがあればネジ止め不要です。もちろん天井などにネジ止めも可能です。時間帯ごとに2つのシーンが設定でき、昼は明るく、夜は暗くだったり、昼は白色、夜は電球色などと設定可能です。明るさセンサーで、一定以上明るい時は動作を無効にしたり、消灯までの時間の設定も可能です。この値段でこんなに柔軟な人感センサーシステムが手に入るならお得です。.

Alexa echo plusでは、デバイス検出できるが設定できない、ブリッジを買わなければならない.

Homekitのセンサーとして、購入しました。センサーは問題なし。設置した箇所でしっかり動きます。取り付け方法についてあまり書かれていないようなので、記載します。この商品には磁石がついておりそれで取り付けが可能です。この磁石は強力で、かつネジ穴が空いており、ネジを使うことで取り付けを可能としています。ですが、私はマンション住まいなので壁に穴あけが困難です。ある時閃いたのですがそもそも磁石なので鉄には取り付けられるので、その磁石を使用して壁紙をさすりつつ、壁紙奥の鉄の柱?(なにかは不明です。)に磁石が反応することに気づきました。そのため、なにも加工せずに取りけられました。磁石なので、こんな利用方法もあるのだなぁと思いつつ、味をしめて各部屋に取り付けています。.

モーションセンサーなので製品にはhueそのもののような感動はないです。とはいえ、通過すればhueが動作してくれるのはとても快適です。廊下を歩くためにいちいち「アレクサ、廊下を付けて」なんて面倒です。.

リビングと寝室が一緒の、一人住まい部屋でセンサーの挙動の使い分けがしたく導入。強力なマグネットのおかげで逆さづりを可能にするほどなのに加え、乾電池駆動ですので設置場所の自由度がわりと広いです。例えば、スタンドライトの支柱や、ダウンライトの周辺金具、ドア枠等。住まいが賃貸でも、自前で購入した家具等へ付属のタッピングビスを使用するのを躊躇しなければ、更に設置場所が広がります。.

No more searching for the light switches when i arrive home. As soon as i open the door – a light from above – guides me easily into my darkened apartment. It’s remains on for 3 minutes and shuts off after no motion is detected. I don’t have to touch the light switch ever again.

感度良くて満足iftttでセンサーをトリガーにしたりは出来ない.

特徴 Philips Hueモーションセンサー |人感センサー|

  • 【自動で照明をオンオフ】動きを感知すると自動的にHue照明が点灯します。動きを感知しなくなってから消灯させるまでの時間を1分~60分まで設定ができます。
  • 【設置しやすい】配線不要の乾電池式です。壁や天井に取り付けたり、そのまま置いたり、付属のマグネットを使用して設置をすることができます。
  • 【Hueアプリで設定・管理】照明をつける場所、時間帯、照明の明るさ、シーン、オフになるまでの分数まですべてアプリから管理できます。 *設定・管理・使用には別売りのHueブリッジが必要です
  • 【時間帯に合わせた照明】時間帯で設定を変えることができるので、昼間は活動しやすい昼白色、夜には落ち着いた電球色といったHueシリーズの特性を生かした設定ができます。
  • 【寸法】(本体のみ)55㎜×55㎜×30㎜、(取付マグネット含む)55㎜×55㎜×37㎜

メーカーより

MS

MS

MS

MS

ベスト Philips Hueモーションセンサー |人感センサー| レビュー