パナソニック(Panasonic) パナソニック Dmc-Lz2-S Lumix デジタルカメラ 500万画素 : お手軽デジカメ

6年ほど使ってます。今となっては液晶画面も小さく分厚い印象ですが、使いやすいです。上部のモードダイヤルを回転させ撮影モードを選びます。これが手軽で素早く切り替えられるので便利。シーンモードが2つあり、それぞれ前回選んだモードが記憶されているのでスポーツや花火、夜景などふと撮りたくなったときに便利です。デジイチのようなおっこうさもなく鞄の隅に忍ばせておいて撮りたい時に気軽に撮れます。一度、自転車の前カゴからまともに落としてしまいレンズが出てこなくなり修理しました。それ以降(以前もですが)もあまり丁寧には扱っていない(ベッドから落としたり・・)ですが傷だらけになりながらも未だに最前線で活躍してます。.

私がこのカメラを選んだ理由は、1・単三電池 2・レンズが大きめ!!の二点で選びました。なぜなら私がよく海外旅行に行くからであり、現地調達のできる単三電池は必須です。これは結構電池もちが結構よかったです。一日2本くらい。(一日中撮っていましたし、液晶なので電池ならこの程度で十分だと思います。)最近は、スリムなデジカメが多いですが、やはり写真を撮るときはある程度の重さ大きさが必要だと思います。これは、写真を気軽に撮れ、手にフィットする大きさ+重さです。(毎日、カバンに入れて何かを写しています).

手ぶれ補正でおなじみのlumixシリーズの単三電池タイプ電池の容積分、fxシリーズと比べるとどうしても大きくなっていますが、2・3日の旅行や長時間の外出でのスナップなど気軽に電池交換ができ重宝します。また、コンパクトデジカメでは珍しい光学6倍ズーム(35mm換算焦点距離222mm)で、少し離れたところの撮影にも役立ちます。一眼レフを持つほどではないという方、すでに単三充電池を持っている方にはお勧めです。.

最近はスリムなデジカメが流行っていますが、私にはこれくらいの大きさのほうがしっかり持ててちょうど良いです。操作は簡単で起動もそこそこ早く、価格もお手ごろです。電池のもちですが、フラッシュは使用せずに256MBのメモリに手ぶれ補正を常にONにし、昼から夜にかけて目いっぱい撮影、プレビューを多用する、電池は単三型充電池という条件で使用したところ、電池切れにはならず、電池容量の警告もでませんでした。高倍率レンズのデジカメはいちいちレンズキャップをしなければならないものが多いですが、本機は一般的なデジカメ同様、電源のONOFFに連動してレンズバリアがかかりますので安心です。売りの手ぶれ補正ですが、フラッシュを炊くことが難しい場所での撮影に威力を発揮します。ただし、過剰な期待は禁物です。撮影した画像ですが色味はあっさりとした感じです。残念な点はピント合わせが若干遅い(特にマクロ)ところでしょうか。せめて常にピントをあわせ続けるモードがあれば良かったのですが。.

  • 良い買い物でした。
  • 画質も悪くなく、総合的に使い勝手が良い
  • 単三電池カメラ、手ブレ補正あり〜♪

パナソニック Dmc-Lz2-S Lumix デジタルカメラ 500万画素

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : DMC-LZ2-S
  • カラー : シルバー
  • レンズ構成 : ルミックスDCバリオレンズ 7群8枚(非球面レンズ2枚3面)
  • 光学ズーム : 6倍
  • デジタルズーム : 最大4倍 バリアブルデジタルズーム(光学と合わせて最大24倍)

60代の両親から頼まれて、lz-2を選択しました。はじめてデジカメにさわる母も、一通りの説明で操作できるようになり、早速、庭の桜を撮っていました。下記2点が高齢者には良いようですね。1.電源ON/OFFが他機種と比べてわかりやすかったこと。2.充電式じゃなく電池交換というのがわかりよいようでした。.