パナソニック(Panasonic) パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス Gf90 ダブルレンズキット 標準ズームレンズ/単焦点レンズ付属 オレンジ Dc-Gf90w-D : 素人でも簡単操作でいい写真

わたしが ルミックス をブランドを買ったのは、浜崎あゆみさんが「こいつカリスマ(強者?だったかな?カリスマですよね)」と宣伝していた(400ミリ相当)ロングズームを売りにした製品でした。当時のコンパクトカメラにしては光学レンズが大きかったですけども一定距離から先は、ccd依存のデジタルズームで画像の荒がひどかったので、キャノン純粋な(400ミリとか)光学レンズを購入せざるを得ませんでした。この製品も、物理的なレンズとccdの基本関係は同じです。が、4k技術のccdとcpuの進化で、以前とは比べようもない良いカメラになっています。特に、デジタルだから出来るピントや広角情報の補正はsfフィルムを見ているような先進性をそなえていて、あえてレンズの効果を作品に反映させるプロの表現をしたい場合以外の美しい画像を得るには最高点に達している感があります。*物理的な絞り効果を人為的に起こすことには無理があるので、 割り切って使うのが良いです。インスタグラムの隆盛で、セルフィー(自撮りはもはや死語でしょうか?笑)の需要に答えるべく、180度回転式液晶パネルやシャッターがふたつなど、インスタのインフルエンサー女子たちの御用達は、現在、iphoneが主流ですが、そういう活用シーンにもより高度な写真技術の簡便な導入にもなると思います。しかし、フィルター処理など編集i性能はiphoneにおとります。できればもうすこし、昔のよき時代のカメラの概念を捨てるくらいのボディ設計をもらえたら良いのになと、取り説を手にとりながら、使う気がうせる・・・・と溜息も漏れます。しかし、ビデオフレームを超える1秒30コマ4k連写はすばらしく、現状ではスマートフォンを凌駕するスペックです。恐らく、iphoneのライブ写真モードが長くなった感じで実現しているとおもわれますが、4kまでくれば印刷にもたえるデータ量になっています。もっとも最近は紙に印刷する事はああり無いですけども。レンズ周りは、軽量化のためか、プラスティック筺体です。最近は成形精度や、アルミ蒸着技術で、殆どアルミと変らない感じもしますし、このカメラの用途の1つと想定されるレジャー目的には返って良い選択だと思います。先先 活用させて頂きながら良い事やおもしろい発見が見つかったら追記します。.

フィルム時代からカメラが好きでデジイチ、ミラーレス含め結構いろんな機種を使いまわしてきました。技術的にはもはや飽和状態、また普通に写真を撮りたいだけならスマホさえあれば事足りる現在において、わざわざ10万近い金を払ってまでカメラを購入することにどんな意味があるのか?ただ欲しいだけの人は別として、「初心者ですが、どのカメラを選んだら良いですか?」の問いにどう答えるべきなのか。先に私なりの答えを言うと、素人にとって良いカメラとは「持っていたくなるカメラ」なのだと思います。気に入ったカメラであればどんなところにも持ち出したくなる。持っていれば撮りたくなる。撮りたくならないまでも、なんかの時に「そういえば写真でも撮るか」となる。やはり撮ろうと思わなければ撮らないのが写真というもの。当たり前ですが。だから子供が産まれたらカメラを買って、「さぁ、可愛い我が子を撮って撮って撮りまくるぞ!」となるのがカメラというもののあるべき姿なのだろうと思います。ちなみに現状私が愛用しているのはlumixのgx7というコンパクトなミラーレスカメラ、おもに4歳と0歳の子供撮りですが、もはやファインダーを覗くこともなく気づいた時に液晶の角度を調整して、カメラを子供の目線に合わせてピントは顔認識頼りでしかも連写でシュパパパパ…と撮影しています。「持っていたくなるカメラ」の条件は幾つかありますが、自分としては①モノとして気に入ること②ある程度軽いこと③操作性が良いこと④良いレンズがあることくらいなんですが、このgf10/gf90は①の点でgx7に及ばないものの、自分の使い方からすると所謂「良いカメラ」です。ということで、オールマイティに使いたいというニーズなのであれば、物として気に入った上で購入されて後悔されることは少ないのではないかと思います。あとは初心者の方はレンズで迷われるでしょうが、やはり多目的にとなれば、絶対に必要なのは12-32程度のズーム。これを付けっぱなしでも正直だいたい事足りますが、せっかくのレンズ交換式なのだからとなれば標準的で使いやすい15mmか25mmの単焦点。ぶっちゃけ言えば25mmより15mmですが価格差も結構あるので予算次第で。以上、長くなりましたが参考になれば幸いです。.

重い一眼レフカメラを数十年使用し、80歳を超えると重さに耐えかね使用が億劫となりコンパクトに転換。中でもol社のこれとほぼ同価格で1600万画素のカメラは軽く機能も多彩でpcソフトも使いやすい愛用品。それでこの初のミラーレスが登場。さすがミラーレスの先駆者lumixの製品に期待いっぱい。レンズ交換のミラーレスだけあってがっちり、ずっしりの久しぶりの重量感。高齢には少し重すぎか?しかし高級感と、安定した信頼感はある。pcのソフトは使いにくく、スマホへのwifi転送も普通。画質も予想通りだが速写に少々問題。シャッターの触れるまでの手続きに時間を要する。モードも少なく、バッテリーの消耗も。しかし、以前使用の同社防水カメラと同様に耐久力に期待できる安心感のあるカメラだ。.

普段から持ち歩くソニーrx100と、ちょっとしたお出かけの時に持ち歩くこのルミックスとでうまく使い分けができています。ミラーレス一眼と言うことでレンズの交換ができてかつコンパクトと言うところが非常に使い勝手の良いところです。デザインもおしゃれなので首からぶら下げていても様になるといいますか、所有していることの喜びを感じることができます。肝心の画質は皆さんがレビューされている通りだと思います(大原ずかしながら批評できるほどの腕を持ち合わせておりません)。ただこの価格帯で購入できるカメラとしては非常に満足度が高いものと思います。.

  • インスタ映えなど、SNS用にも便利なカメラ

  • 手軽!画質良き!使いやすさ良き!

  • 自撮りに便利

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス Gf90 ダブルレンズキット 標準ズームレンズ/単焦点レンズ付属 オレンジ Dc-Gf90w-D

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • カメラ有効画素数:1600万画素
  • デジタルズーム:OFF/2倍/4倍
  • 液晶モニター:3.0型静電タッチパネル液晶(約104万ドット)
  • 充電時間:約130分
  • 質量:約240g(本体)

パナソニックとオリンパスは互換性があるので、家にあるオリンパスの14-150mmのズームレンズを付けて構えてみると、左右の親指の付け根が痛くなりました。ボディの角rが小さいデザインのおかげか、左下の前の角と、右下の手前の角が左右の持ち手に食い込みます。クッション性のある滑り止めテープを貼りました。ボディ前面の小さなグリップは小さいだけで角が立っているし、後ろの指掛かりも滑るのでホールド感は良くないです。シャープなラインのお洒落なデザインを目指したのかもしれませんが、使いにくければ意味がありません。オプションの ボディケースを付ければホールド感は良くなるかもしれません。某テーマパークのパレードで撮影してみた所、「4kフォト」ボタンを使っての撮影は全く思い通りになりませんでした。「4kフォト」は練習が必要なようです。次の回のパレードではスポーツモードならぬキッズモードを使うと、今のミラーレスだけあって反応が良く快適に撮れました。付属のレンズは標準ズームと明るい単焦点レンズですが、この単焦点レンズはどうなんでしょう?ボディ本体は信じられない事に手ブレ補正機能が無く、このレンズも手ブレ補正機能がありません。暗さに弱くてマクロ機能も無いこのレンズを水族館で使ったらまぁ使い物になりませんでした。単焦点レンズは無くてもいいので、12-60mm / f3. 6 辺りの標準ズームレンズ1本でよかったのでは?4kフォトと4kの動画を快適に撮影するためには、「microsdxc/microsdhcメモリカード uhs-Ⅰ u3」という高スペックと高容量のメモリーカードが要求されます、「transcend microsdxcカード 64gb uhs-i u3対応」を買いました。バッテリー容量が小さく、予備が必要と思われたので、ロワジャパンの互換バッテリー2個とusb充電器のセットを買いました。小洒落たデザインが好きな人はこのカメラでいいのかもしれませんが、本体に手振れ補正ぐらいは付けて欲しかったです。.

現状のミラーレスでおそらく最も軽量、コンパクトであるgfシリーズにブラックが出たということで購入しました(当方男性)。本当に軽いです。レンズ込みで500mlペットボトル1本に満たない重さ。持ち出すのも苦になりません。家族連れで出かける自分にとっては非常に助かります。付属の単焦点レンズを使えば、ちょっと見ただければ一眼レフと見分けがつかないような雰囲気のある写真が撮れます。室内で子供を撮ると余計なモノがボケてくれて助かります。まあ、整理をちゃんとしろという話なのですが。。ホームページを見る限りおそらくこのカメラのメインターゲットは20~30代の女性だと思いますが、私のように家族連れで・子供のもっといい写真を撮りたい・荷物はできる限り増やしたくないにもおすすめできます。.

本当の本当にカメラ初めての人間の感想です。なので、不満をいくつか書きますが、もしかしたらこのカメラに限ったことではなく、どのカメラでもそうなのかもしれません。私と同じ様な全くの初心者の人の参考になればと思って書きます。今まではスマホの写真で満足していたのでカメラを買った事はありませんでした。が、色んな人の写真を見るうちにこんな写真を撮ってみたいなーと思い、あれこれ見比べてこちらを購入。約ひと月使用しましたが、最近やっと使い方を理解してきました。説明書を頭から読んでも入ってこないタイプで、やりたい事を逆引き(「機種名 連写」で検索など)して使っているので、使いこなせていない機能は多々あります。「スマホの様に操作出来る」とありましたが、スマホの様な直感的な操作とは程遠いです。その手軽さを期待してはいけないですね。どうしても分からないところはサポートに電話して聞きました。とても対応もよく、不明な点を即時解決して貰えて助かりました。説明書が苦手な方はさっさと電話して聞いてしまった方が早いし撮影が楽しくなると思います。自動であちこちにピントを合わせ、複数枚撮影して好きなものを選ぶ機能ですが、正直分かりづらかったです。撮影時間や選ぶ手間が増えるだけなので、オフにしてしまいました。動くものを撮るのには邪魔なだけの機能ですし、止まっているものを撮るなら自分でピントを合わせればいい話です。いまいち良さが分かりませんでした。本体は小さいですが見た目よりかなり重いです。が、きっとカメラの中では軽量な方なのでしょう。私は主にペットの写真を撮っているので、片手でペットを遊ばせ、片手にカメラで撮影です。片手だと指に食い込む重さです。痛いです。両手で景色とかを撮る分には問題ないと思います。そしてこれが1番の不満なのですが、電池持ちが悪過ぎます。あっという間になくなります。不具合かな?と思う速さでなくなります。旅行で一日中あちこち巡る場合、私なら予備バッテリー4個(1日で)は必要だと思います。そしてスマホに転送中など、操作中の充電は一切出来ません。スマホへの直接転送は一度に30枚まで。1枚2秒ちょっとかかります(これは使っているメモリーカード次第で早くなるのかも。私はu1というのを使っていて、転送速度はu3に比べて遅いと言われました。この辺はよく分かりません)転送中はスマホ側からカメラをリモートコントロールしている状態になるのでカメラもスマホも使えません。手持ち無沙汰です。wifiでの転送なのでいちいち家の中のwifiから切り替えるのが面倒です。bluetooth対応にしてくれるといいのに…そしてリモートコントロールではなくバックグラウンドでの転送が出来ればいいのに…技術的に無理なのでしょうか?メモリーカードにたまった写真を消すときは一枚ずつ、複数枚、全部と選んで消せますが、複数枚はカメラ上で消す場合は100枚まで、スマホからは30枚までしか消せず、複数選択は一枚一枚タップして選びます。100回もタップ…3000枚も溜まればそれを何度も繰り返す…2900枚は消したいけど100枚は残したい時…とても怠いです。iphoneのように指で撫でれば選択できるとかにならないかなぁお気に入りを除いて全てを消す機能はありますが、何百枚も撮るのにその中からお気に入りを探して登録してそれから削除ではあまり便利とは思えませんそして先ほど書いたように操作中の充電は出来ません。転送中にも、不要な写真を削除中にも、バッテリーはどんどん減っていきます。転送(削除)が終わったからさあ撮影!とはいきません。充電時間が必要です。結果、私の使用感では「気軽に撮影」とは程遠いという感想です。写真の出来はとても満足です。ど素人の私にもそこそこの写真が撮れ、みんな褒めてくれます。しかし、操作しながら充電出来ない、これは何よりのネックです。撮っている時間より写真を選んで転送して削除して充電している時間の方がずーーーっと長いのですから。いつも肝心な時に電池がなくて、結局スマホで撮ったりしています。撮った枚数が多いと転送中に電池切れになります。これはあまりにも酷いです。転送中くらい充電させて欲しい…しかしきっとバッテリーはこのカメラに関わらず他のカメラもそうなんでしょうね。充電中に操作しても問題ないなら出来るようにするはずで、問題があるから出来ないのでしょう。それはそうなんだろうなぁ、と思った上で、それなら尚更この電池の持ちの悪さが不満です。不満ばかりですが星3つなのはとにかく綺麗な写真が撮れるから(あくまで素人目でみて、ですが)スマホとは別物、不便さはある、という認識を最初から持てればとても良いものなのではないかと思います。ただ、宣伝では当然ですが手軽さを売りにしているので、カメラ初めての人間には買うまでその不便さは認識出来ないと思いますなのであえてその不便さを書きました。.

かつてニコンのフィルムのカメラでスタートし、その後キヤノン、そのキヤノンがafになってeos。そしてデジタルになったときには一眼レフをやめてコンデジ。オリンパスなどなど。ですが、いつしかスマホやipadで写真を撮るようになり、不満を持ちつつ、手軽さに流されてきました。このミラーレスを手にして、いわゆる一眼レフとは違うし、コンデジでもない。コンデジに比べればおおげさ。一眼レフに比べれば性能は劣る。でも……。このいかにも軽いカメラを首からぶらさげて、出歩くことはいかにも楽しいです。とくに4kフォトの高速連写は、待ちの猫などを撮影していて、めちゃくちゃ便利です。思いのほか、いい表情が残されていたりします。つまり、一度切ったシャッターに記録されたコマを、あとからのんびりチェックして「あ、これいいな」を発見する楽しみです。ピントをあとから選べるフォーカスセレクトのおかげで、老眼もあって適当な撮影をしていますが、あとからジャストの画像をチョイスできてしまう。あまりにも多機能なので、使いこなせるまでにはなりませんが、とりあえず、これだでも、楽しい。そう、チルト式のモニターは、タッチパネルという便利さだけではなく、猫を追うようにローアングルになるときも便利です。4kでは、連写が3モードあって、通常の連写(秒30コマ)のほか、長時間連写(s/s)なら動画のようにシャッターを押して開始してもう一度押すまで長時間の連写ができます。動く相手にはとてもいいです。さらに、プリ連写も同様に、動きの素早い相手を止めることが可能。これいいですよ。iaモードでも、うまく使えば個性的な作品を作れそうです。ダブルレンズでは、通常、ズームをセットしておけば、旅行などではたいがいokでしょう。2倍、4倍のデジタルズームもありますし、まあ、メニューが多すぎて、説明書を一度読んだぐらいではよくわかりません。お店で、「lumix gf photoレシピ」という小さな冊子をみかけたら、ぜひ手に入れておいたほうがいいです。これは10例ぐらいしかないですが(中にはマクロレンズが必要なものもあるのでけど)、とにかく「なにができるか」はわかります。そして、https://panasonic. Jp/dc/g_series/photo_recipe. Html こちらのウェブ版にはさらに多数の作例があります。ただし、手ぶれ補正機能は、限られたレンズ装着時のみで、通常はoffです。このあたりは好みもあるでしょうが、満点にはなりにくい部分かなと思います。あとpc用の専用ソフトがあるのですけれども、このダウンロードの時に、本体に刻印されている11ケタの英数字を入れなければなりません。この機体番号が見えにくくちょっと面倒でした。でも、使いやすいカメラです。.

■ どんなカメラ?マイクロフォーサーズを採用したミラーレス一眼の入門機です。操作はシンプルで、タッチafやタッチaeも対応しているので、これまでカメラではなくスマートフォンで撮影してきたと言う人にも違和感無く使えます。レンズは二本セットです。一本はいわゆる標準ズームの12-32mm(f3. 6)と、単焦点の25mm(f1. 7)です。キットレンズなりの描写力ではありますが、12-32mmは35mm換算だと24mm-64mmなので、わりと便利に使えます。単焦点はキットレンズながらも充分な明るさと、描写力を備えている実力派です。とてもよくボケるので、一眼デビューの方は恐らくとても感動する事でしょう。■ snsへの投稿にも最適このカメラが発売された時期にインスタグラム用の写真である【インスタ映え】という言葉がよく話題になっていました。gf90の描写はそういった流れを意識しているのか、出てくる写真は撮って出しの状態でも鮮やかで、メリハリのある作品です。撮影モードも多彩で、淡い色、より鮮やかな色など、様々な効果を楽しむ事が出来ます。wi-fi機能もあるので、撮影したその場で専用ソフトでスマートフォンへ転送し、手を加えずにそのままsnsへ投稿…という使い方も出来ます。一つ欲を言えばキットレンズはどちらもそれほど寄れないので、寄れるレンズを用意するか、もしくはレンズに装着できるクローズアップレンズを一つ購入しておいても良いかもしれません。多く撮影した場合でもusb給電(micro usb)に対応しているのでスマホ用のモバイルバッテリーからでも充電でき、余分なバッテリーなどを持つ必要がありません。■ gf9、gf10との比較まずgf90の先代であるgf9との比較ですが、実はほぼ変わりません。外観では指を引っ掛ける小さなグリップが加えられた事と、ホワイトのボディカラーが追加された事が相違点です。撮影に関するスペックも全く同じです。撮影に関する相違点は、自撮り機能が強化されている事のみです。自撮りは余りしないよ!という方は、価格的にこなれているgf9を検討するのもアリだと思います。gf10に関しては相違点はありません。同じ機種に別々の名前が与えられているので、もし購入時に同じ内容でgf90とgf10で価格差があれば安い方を購入すれば良いでしょう。■ 感想私は元々は中級~上位機種のカメラを使ってきました。今回、縁があって入門機を使わせて頂きましたが、驚くほど良かったです。afも充分な速度があり、操作性も良くも悪くもシンプルです。ファインダーが無いカメラが初めてでしたが、よく見えるモニターや、大きく確認できる水準器などのお陰で違和感無く撮影できました。キットレンズも充分にいい写真が撮れます。特に単焦点は秀逸で、撮影の条件が揃えばクラスを超えた写真が撮れる事もあります。恐らくターゲットはこれまでコンデジやスマートフォンで写真撮影を楽しんでいた方のステップアップだと思いますが、個人的には従来の一眼レフなどで持ち出すのが面倒だなと思っているような方にもお勧めしたいです。ミラーレスの入門機と侮ること無かれ、なかなかいい相棒になってくれる一台です。添付写真として標準ズームと単焦点の作例、手持ち夜景による写真を添付します。参考にして頂ければ幸いです。.

人生初の一眼カメラということで、カメラにはそれ程詳しくない素人のレビューです。今までは安物のデジカメやスマホで撮影するのが精々の人間がこの度一眼カメラを手に入れた訳ですが驚くほどに凄い。コンパクトで持ちやすく、それでいて使いやすく、素人が使うのに苦はありませんそれでいて驚く程に綺麗な一枚が撮影出来て、その迫力には驚くばかりです。お値段は少々高くはありますが、その価値は十分にありますし、使いやすさなどを考えれば下手なのを買うよりこれを買った方が良いと思います。オススメです。.

マウントがマイクロフォーサーズの一眼カメラです。ずいぶん前に購入した同じくマイクロフォーサーズのオリンパスの一眼と比べて大きさはほぼ同じです。この一眼は液晶も綺麗で画像の再現性もかなりのものです。wi-fi接続も簡単でカメラの設定画面からwi-fi機能を選択しスマホのwi-fi画面でgf90-39a8dfを選択するだけです。その後事前に入れておいたpanasonic image appを起動すれば撮影した写真やカメラのシャッターのリモート操作もできるようになります。スマホに転送する際に写真サイズの変更も出来ます。アプリもとても使いやすいです。付属のレンズは標準的なレンズで特段高性能ではありませんが、普段の日常スナップや旅行先で撮影するには十分なレンズと言えます。マウントがマイクロフォーサーズですので同じマイクロフォーサーズ規格のオリンパスのレンズも使用出来ます。オートで撮影してもとても綺麗な写真が取れ、初心者の方でも十分満足出来ると思います。見た目も可愛く操作も簡単でとてもいいカメラです。.

説明書に従い、pcとのwi-fi接続の設定を行ったが、『検索中』→やり直しのループになった。パナソニックのサポートに問い合わせたところ、まず新規に共有フォルダを作成し、次にパソコンのユーザ名、コンピュータ名(macです)を半角英数に変更するように案内される。ユーザ名やコンピュータ名は(データのことやログインのことを考えると)簡単に変えられるものではなく、wi-fi接続はあきらめました。ちなみにipadでは簡単に繋がったので、pcとの接続だけがパナソニック独自ルールに縛られて手順が複雑になってます。デジカメではないですが、例えばjblのwi-fiスピーカーlink10は簡単に繋がったので、パナソニックのオペレータの『pcはセキュリティ上の理由で手順が複雑です』という説明も言い訳にしか聞こえなかった。これまでずっとパナソニックのデジカメを使ってきたが、今後は簡単に接続できる他社製品に切り替えようと思います。.

今までは同社のコンパクトデジカメdmc-tz7を使っていました。一眼は敷居が高いのかと思っていましたが、この機種を使ってみて撮影のしやすさ、画質の素晴らしさに感動しています。別途必要なのは4k動画対応のmicrosdカードくらいで、後は揃っています。バッテリーチャージャーが別売りでありますが、本体にusbケーブルを差し込めばそのまま充電出来ます。ただ旅行先で使った感じだと動画も撮影するようでしたら、予備のバッテリー&チャージャーはあったほうが良いかも知れません。使ってみた感想ですが、焦点の反応速度はキビキビして感動するレベルです。afに大体は任せて問題ありませんが、タッチパネルでピントを調整出来るので、ピントを合わせたい所に狙いを定めるのも楽でした。必要に応じて細かい設定は出来ますが、とりあえずiaモードで撮影すれば大抵は自動で判別してくれます。一眼の敷居の高さを感じさせない使いやすさはとても良いと思いました。撮影した写真の画質の良さも素晴らしく、ハイキングに行って撮影した野草の数々は毛先まで映っていて美しいです。最初レンズフードを付ける時に、最初から付いているデコレーションリングを外す時は結構力が必要でした。wifiを使ってタブレットやスマホに画像を転送し、googleフォトなどのクラウドにバックアップも出来る機能は、使えば使うほど便利に感じております。ミラーレスで本体サイズが嵩張らず本格的な撮影が何の気負いもなく出来る本機種はとても気に入りました。最近はスマホの写真画質も上がってきましたがやはり撮影したものを比較すると全然違います。旅先での貴重なワンシーンの欠かせない相棒になりました。.

昔、私が写真学校の学生だった頃、先生が撮りたいと思った時にカメラを持っていなければ意味が無い事を端的に言ったものだが、今やスマートフォンがその位置を占めている。しかし、もうちょっと自由度の高い写真を撮りたいと思った時にこのカメラは良いポジションにある。非常に小さなボディと、ライカ判換算で24mmから始まる収納時は非常に薄いのに手振れ補正まである標準ズームに明るい標準単レンズのセットは、写真を撮る人が考えた組み合わせだなと思わせる。gf9からのマイナーチェンジで目立つ変更点は外装にグリップが付いたことで、これの有無は結構安定感が違う。撮影に関しては自撮りをする場合の4kフォトモードに画角がクロップされない4k連写(広角)というモードが付いた。以前の4kフォトもそのままあるのはクロップされない代わりに秒間30コマではなく15コマになってしまうからだろう。しかし、広い画角は自撮りモード以外でも使いたい機能なので、ぜひファームウエアのアップデートで対応してほしい。4kでの撮影は連続撮影が5分に制限されているが、その制限以前に本体温度が上昇して電源が切れてしまった。熱の問題でどれだけ撮れるか読みにくいので4kでの撮影は1カット2~3分程度で納めないと現実的ではないだろう。他の制限としては4k以外の撮影ではmp4でmicrosdxcカードを使っていてもファイルが4gb毎に分けられてしまう。このカメラでそこまで長尺の撮影をする事は無いと思うし、fhd/28m/60pの20分制限でもちょうど4gbに収まるのだが、4kのmp4撮影ではファイルサイズの制限がないのでこの仕様は残念だ。動画のチェックで頻繁に充電する必要があった時に気になったのは、充電に使うmicrousb端子があるグリップサイドの蓋が扱いにくく壊してしまいそうな不安感を感じた。動画撮影などをメインにするならバッテリーの容量も少ないのでpanasonic バッテリーチャージャー ルミックス dmw-btc12を別途用意するか、panasonic dcカプラー ルミックス用 dmw-dcc15aとpanasonic acアダプター ルミックス dmw-ac10を使って外部電源で使うのがいいだろう。少々辛辣なコメントになってしまったが、色々出来る多機能なカメラなのでスマートフォンでの撮影に感じるモヤっとした不満感を解決でき、さらには割り切った使い方をすれば撮影の仕事にも使える、常に持ち歩くカメラとしてお勧めである。.

まず、手に持った時に、軽さに驚きました。一眼レフと比較すると、コンパクトな分、手軽に持ち歩けます。また、見た目も音も、いかにもカメラで撮影しています、という圧迫感がないので、お店の中でお料理を撮影したい、というような場合にも使いやすいと思います。シャッターを切る爽快感はありませんが、、、。旧モデルとの大きな違いは、「自撮り」機能。モニターを見ながら、顔と風景のピント合わせを自動でやってくれます。シャッターボタンが右手、左手、どちらでも押せるようになっていて、アングル選びに幅が出ます。また、カメラをホールドしやすいグリップピースがあり、握りやすくなっています。自撮りが不必要であれば、旧モデルとほとんど撮影機能には差がないので、お値段の下がった方を狙うのもありだと思います。黒は、旧型の黒/シルバーの配色の方が、個人的には好みですが、新型の白もエレガントで素敵です。スマホのカメラもずいぶん性能が良くなりましたが、やはり、仕上がり、鮮明さが格段に違います。機能が多いので使いこなすには時間がかかりそうですが、持ち歩くだけで、テンションが上がります。sdカードは別売りですが、連写するとメモリを食うので、思い切って容量の大きいものを買っておいたほうがいいです。.

コンパクトでとても使いやすく、立ち上がりも早いので子供たちの写真も取りやすかった。.

パナソニックのマイクロフォーサーズ最小のモデルです。・気軽に持ち出せるコンパクトサイズ。・小さいくせに写りはいいです。・レンズは標準ズームと換算50mm単焦点の二本セット。・単焦点の写りの良さ、楽しさにはまると写真趣味が色々広がりますよ。・カメラ趣味のはじめの一歩にはもちろん、マニアのサブとしても良い機種だと思います。◎小型軽量は良いですね。一眼レフはcanonの5d mk2をかれこれ5年以上愛用しています。普段使いにはさすがに大きく重く、スナップショットはスマホが多かったですが、本機はコンパクトでかさばらないので今年のgwに北海道ツーリングに同行させました。(5dはデカすぎて荷物に入らず)おかげでスマホでは撮れない良い写真が撮れました。持って行って良かったです。◎レンズは二本ついています。たのしい。・lumix g vario12-32mm /f3. 6 35mm換算:24-64mm これ一本でたいがい何とかなります・lumix g 25mm /f1. 7 asph 35mm換算で50mm、明るい単焦点 単焦点なのでいい塩梅で撮ろうと思うと、自分が前後左右に色々動くしかありません。 ズームレンズと違って一枚撮るのに色々考えます。これが楽しい。 写りははさすが単焦点。ズームレンズとは違います。◎合焦速度にほぼ文句なし。・一眼レフに比べてミラーレスはどうしてもピント合わせが遅く、ストレス! と言うのが今までの私の感覚、認識でしたが、 本品はストレスないスピードでピント合わせしてくれます。びっくり。・液晶をタッチした場所にピントを合わせてくれる機能もあり、かなり便利です。◎wifi対応・専用のアプリ経由で撮った写真をスマホに転送したり、wifi経由でtvに映し出したりできます。△各種設定がちょっと面倒・メニューが階層式になっているのはほかの一眼カメラ同様です。・スマホ慣れしている人だとちょっと面倒に感じるかもしれません。・目当ての項目がどこにあるのか、慣れるまでは少々もどかしいです。△三角カンで本体が傷つきました。・バイク後席の家内に首から下げてもらって走行したところ、多少揺れたようです。・ストラップ取付け基部の三角カンが本体塗装部をゴリゴリ削ってました。・こういう使い方をした自分に非がありますが、普段使いでも多少傷が入るリスクはありそうです。・気になる方はケース装着等対策をおススメします。△中国製です。(本体、レンズとも)・機能的には全く問題ないです。完全に気分の問題です。・個人的には5万円以上の時計とカメラは日本製が良いです。.

はじめてミラーレス一眼買ってみましたがコンパクトで良かったです。使いやすい.

自撮りには左右のボタンが使えるうえ、押した直後(ぶれ易い)ではなく、3秒後の撮影が基本なので、手振れが減って便利。.

パナソニックのカメラは質感があって良いですよね♪本機もその仕様を忠実に守っています。ゼロクリアランスの仕上げは精密感があってgood!レバータイプの電源も使いやすく、各種ボタンの配列も工夫されていて2大カメラメーカーnikon、canonも見習ってほしいなと思いました。起動も早くて、ピントもタッチパネルで狙いたい部分を決められるので便利♪シャッター音もカチッとしてるので撮ってて気持ちがいいです。4kの機能など多彩ですが、私が一番気に入ったのは画質です。少し控えめな画作りですが、ローパスフィルターレス使用機なので細かい造形の建物などを撮るとレンガのラインがハッキリ出るのでメイン機のnikon dfよりも用途によっては使える!って思いました。あと、動体予測も働きが良いですね例えばスズメが飛び去る様子などを背景に抜けることなくしっかり撮るのは凄い!って思いました。小型カメラでこれだけ撮れるのは驚異的ですね1600万画素と画素数を抑えることでピッチ面で優位になっているのが階調の滑らかな写り具合(グラデーションなどが綺麗)は見事です。散歩に、登山にあらゆる面で活躍してくれそうです。もちろん動画もめちゃくちゃ綺麗に撮れます。この一台でビデオカメラは必要なくなるのでは。。とマジで思っています。デジタル一眼レフ用のレンズ1本分の価格で大口径レンズを含む2本レンズ+本体!まさにバーゲン価格だって思いました。.

フィルムカメラでは、一眼レフを使っていましたが、デジカメでは、コンパクトカメラでした。 こちらに切り替えてみて、きれいな写真が簡単に撮れます。 機能がたくさんあり、徐々に使いこなしていく楽しみもあります。 最初に、レンズ保護用のフィルターと液晶の保護フィルムを購入して取り付けました。 レンズ単体で見ると、スマートなのですが、フィルターを付けると、レンズキャップが2つ重なったくらいの出っ張りになるので、収納時にいまいちです。 フィルターを付けることを想定したレンズデザインになっていると、うれしいと思います。 最初にパッケージを開けたとき、それほどわくわく感がありませんでした。 コンデジより高価で、趣味の領域になる商品の場合には、パッケージを開くときのわくわく感は必要だと思います。 電池を充電して、micro sdカードをいれて、すぐに写真を写してもきれいに撮れていました。 その点、コンデジから切り替えても違和感なく、よりきれいな写真が撮れるので、満足です。 レンズが、標準レンズと広角ズーム的な組み合わせですが、コンデジの望遠ズームから切り替えたとき、もっと望遠が欲しくなります。 できれば、vario 12-60mm との組合せくらいがベストだと思います。 風景と人物くらいなら、いまの組み合わせでもよいですが、ペットや孫の写真を撮るには、もうすこしズームが欲しいところです。 この点は、レンズを買い足せばよいので、減点とはしませんでした。機能が多いので、使いこなしてはいませんが、wifi接続でスマホから制御出来たり、面白いです。 液晶は、回転しませんが、十分だと思います。 グリップがついたのも使いやすいです。 交換レンズ群が、黒色が主体で、シルバーのがないレンズもあり、シルバーで揃えたいとき、ちょっと躊躇しました。 本体内に手振れ補正機能は持っていませんが、必要ならレブレ補正機能付きのレンズを買えばよいので、おいおい試してみようと思います。 望遠レンズも使っていないので、いまのところ、手振れ補正機能の必要性は感じません。フィルムカメラでは、35mmや中版カメラも使っていますが、ちょっとした記録では、デジカメが使いやすいです。 初めてのミラーレス一眼カメラですが、簡単な使い方も、凝った使い方も出来そうで、使いこなしていく楽しみがあります。 個人的には、ファインダーが欲しいところですが、液晶も大きくて見やすいので、炎天下以外では、問題なさそうです。.

携帯電話で撮る写真の画質で満足していると思っていましたが、いざちゃんとしたカメラで撮ると、やはり違いが歴然としていて、旅行や子供の成長などをきちんと記録するには断然カメラを使用するべきですね。わかってはいても、手軽さからつい、携帯電話でことを済ませがちですが。本製品は、荷物の多い子育て中の女性でも気軽に使えるサイズ、重量で、ストラップをつけて首から下げれば、本当にいつでもどこでもシャッターチャンスを逃しません。コンピューターへの転送も楽にでき、写真の編集もカンタンです。素人でも、素人なりに上手に撮れるのが嬉しいです。.