パナソニック(Panasonic) パナソニック デジタル4kビデオカメラ Wx990m 64gb ワイプ撮り あとから補正 ブラック Hc-Wx990m-K – さすが4k!

新品とのことで購入しましたが、内蔵メモリにはあきらかに量販店の店頭での画像が多数。知人への贈り物として購入しましたので、ものすごく恥ずかしい思いをしました。.

Wi-fiモードでスマホやタブレットと同時に楽しめるのはものすごく助かります手ぶれモードはsonyには負けますが画質に関しては文句ありません使い勝手は良く、テープ式のビデオカメラからは考えられないほどの軽さと画質の良さを実感してますただ残念なのは別売りのフィルターキットを取り付けるとフードが付きません同じメーカが販売してるのに意味がわかりませんあと別売りのマイクを取り付けると埃がカメラ本体内部に入る隙間が出来てしまいます構造上、入らないと思いますが少し不安ですまた、タッチパネルの反応が少し悪い感じがしますこれは個体差ではなく仕様かとは思いますが微妙ですが、全体的の操作性や使いやすさで言えばオススメかと思いますファインダー付きを迷われてる方へ某テーマパークの屋内撮りや、お遊戯会で周りの迷惑関係なしで液晶モニターを開け煌々と光っていたいのであればナシでもいいと思います.

広角撮影やホワイトバランス自動補正はgalaxy s7,s8の4kビデオが圧倒的にきれいです。スマホは本当にハイテクです。広い画角で撮影であればハイエンドスマホがもっと良いのーわざわざこれ買う理由はないと思います。さらにユーザインタフェースの悪さ、液晶タッチ反応の悪さ(むかつく程度)なお、ndフィルターはあった方がいいですね。自動wb・露出調整はスマホ以下。ジンバル+スマホ使いながらもこれを買った理由はズームができて、ビデオ三脚での操作が便利、電池長持ち(交換もできる)、長時間撮影、mp4フォーマット4k などなど ある意味では大変良い商品だと思います。.

量販店で展示されていたと思われる画像が記録されていた。新品のはずでしたが。さらに、型式が違う商品(価格にして20000円程廉価版)が届いた。.

あれこれ検討しましたが、いいですよ。ファインダーの件ですが、フレアー防止と考えるより、軽いプロテクターとしてこれにしました。問題は4kで撮影の後のデータ保存と動画編集かな?使用感は、本体よりバッテリーが重いと感じるほど軽いので驚きます。あれこれ、使い込んでいく楽しみがありので楽しみながらものにしていきます。.

新品を購入したはずでしたが、来た品物は画面にたくさんの指紋がついていました。他のパーツも明らかに開封済みです。新品の値段で新古品でも買わされたのでしょうか?仕事で使う予定だったので買いましたし、使う用事も立て込んでいたため返品出来ませんでしたが、詐欺にあった気分です。.

表題のとおり非常に気に入っています。2年前にhc-wx970mを買って満足しており追加購入です。実はhc-wx970mのときに最初はソニーの同程度の4Kを買ったのですが異音が出るひどい初期不良で返品、画質も「えっ!!」と思うほど良く無かったので(最新機種では無論良くなっているんでしょうが)panasonicに変えてみたら、軽いし画質はいいし、ズームは光学20倍、少しデジタルが入った25倍ズームも画質劣化は見た目全くわからないくらい。これは航空機撮影などでは大変な威力を発揮します。手ブレはソニーのほうが強力というコメントが多いですが、上記のメリットと引き替えにするほどではないと思います。熱烈なソニーファンや高価な機種はともかく、フルHDっとさして変わらない価格でもあり、一般的にはこのpanasonicのシリーズがベストではないでしょうか。.

結果としては、こちらの990mを購入して半年使った結果、sonyのax55へ乗り換えました。ビデオカメラを持って構えた際には、手への馴染み感や軽さは圧倒的にパナソニックの990mです。ただし、手ブレ補正がやはり弱い。三脚使用や動かない状態での撮影では全く問題ないですが、歩きながらなどの状態ではsonyの空間手ブレ補正とは雲泥の差です。やはりビデオカメラは取れてなんぼですからね。990mには、4k撮影後の手ブレ補正機能がありますが、思ったよりも効果がなくがっかりでした。当初はこれを期待して、軽さを優先しました。撮影者の状況によりますので、皆さんの用途に合わせて選んでもらうことが必要だと感じました。.

利点と欠点

メリット

  • たまに利用する人
  • パパの撮影用
  • 私にとって最高の自分へのプレゼント!

デメリット

4k動画を撮影したいので購入しました。フルhdはきれいだと思っていましたが4kの画質を観てこのカメラに惚れてしまい写真画質で、もっと惚れてしまいました。ただし、グリップのすぐそばに電源のジャックがあるため、外部電源を使用する際、プラグが邪魔になるため星4つです。.

数年前のビデオカメラとは段違い!私は主にスポーツ観戦で収録しているんですが少しの望遠でも画像は良いです良いです、しかし近景の撮影では画面に収まらないのが残念!でも軽いので購入して良かったです。.

初心者なので、ファインダーは必要なかったかもしれません。WX990Mは、閉じたら自動で電源がOFFされるようです。.

液晶モニターにヒビが入っていました。申し訳ありませんが返品させていただきました、.

以前は970を使用してましたが、運動会で手持ち撮影していたら子供を見失ってよく似たよその子を撮影してました。やはりモニターよりファインダーの方がいいなと思い買い替えました。SONYにするか迷いましたがパナソニックのディーガと相性が悪くダビング出来ないらしいので,やめました。まずこのカメラ、みた目大きいけど超軽量でペットボトル一本分しかなく移動も楽々。目玉のワイプ撮りもスマホのカメラを利用できます(Wi-Fi利用距離10Mまで。スマホ3台まで同時利用可能で画面にワイプ2個表示対応。ウェアラブルカメラにも対応 尚、ワイプ撮り後でも無し有りでの再生が出来ます。)。さらに家でWi-Fi接続しリモートパンチルターで遠方先からスマホで上下左右に動かしてペット(自動追尾)や室内確認もできます。スマホでビデオカメラ内の録画再生やコピーしたり、SNSへUPロードも。さて画質ですが最新4K60インチのビエラで見ると輪郭のにじみもないし赤の明暗が綺麗。遠くの文字もクッキリしてボケてないのはライカディコーマーレンズの為か?ズーム音も全くしません。RGBの色の輝度がハッキリして濃いめの印象。今回から手ぶれしても本体編集で手ぶれ補正出来ます。傾き補正もお見事で、水平画像で録画できてます。4Kmp4撮影は速い動きには苦手で情報処理、内臓メモリー、SDカードへの書き込み処理が間に合わない為か、画面に警報が出ます。よって、運動会撮影には向きません。行進している子供の手足がチラつきます。記録モードをフルハイビジョン画質にしましょう。いまいちなのが、ファインダーの画面がチョット小さいかな。4K撮影時のファインダーの映像がコマ送りぎみ。ファインダーを引くか、モニターを開くと電源ONになるのは便利。あと、ホワイトカラーが欲しかった。.

4k画質で本体も軽く扱いやすい但し、レンズフードが取り付けにくいのと、フードとレンズフィルターが同時に装着できないのが残念です又、アクセサリーシューカバーが開閉式でなく、収納式のほうが使いやすいと思います。.

私は今までSONYのビデオカメラを使用していましたが、Panasonic製で4Kでこの価格も安いので、ワイプ撮りなどを試したくなりこの機種を購入しました。私が感じた事は他の製品と比べても、手ぶれ補正やフォーカス等の違いは大差なく、同等品だと思います。ワイプ撮りはサイドレンズ以外でも自分のスマホ等でwi-fiが届くエリア内なら、ワイプ撮りが出来るのも良いなぁと思います。それからマニュアル設定で赤外線で夜間に撮影しても綺麗に画像が撮れるところが良いですね。また、新品で購入出来たので、本当に良い買い物をしたと思います!.

はじめは随分高いビデオを酔っ払ってポチっと買ってしまったと思ったが、画面も綺麗パソコンに写した動画を制止し画面コピーしたら写真になるくらい子供が可愛くとれて感動。いい記録ができそう.

今までsonyばかりを使ってきましたが4kで値段も安いのでワイプ撮りなど試してみたく購入しました。手ブレはさすがにsonyの方があきらかに良いです。vx630vの方が手ブレは効いています。フォーカスはパナソニックですね。このあたりは色んなレビューにあるとおりです。手ブレが凄くてもピントが合っていなかったら意味ないしピントが合っていてもブレていたら意味ないし、どっちもどっちでしょうか三脚で撮るならパナソニックの方が安定した綺麗な画像のように思いますが、せっかくの軽さが台無しです。ワイプ撮りはサイドのレンズ以外に手持ちのスマホのカメラを繋げられますのでwifiが届く範囲ならどっからでもスマホでワイプ撮りできます。また最近のテレビならかんたんにwifiで繋げられますのでわずらわしいケーブルを繋げなくても4k以外はケーブルレスで見れます。色んな機能がありますので楽しさはこちらの方が楽しいですね.


メーカーより

映画のフィルムのような映像を撮影できる4K

「WX990M/VX980M」シリーズは4K30pに対応。4Kはフルハイビジョンの約4倍の高解像度を誇り、これまでとは別次元の高精細な映像で記録できる。また、フィルム映画と同じ秒間24フレーム撮影(24p)に対応し、4K(3840×2160/24p)またはフルハイビジョン(1920×1080/24p)で記録可能。4K30p(8Mピクセル)で撮影した高精細映像をフルハイビジョンに変換して記録することで、フルハイビジョンで撮影した映像よりも鮮やかな高画質化を実現。これにより、フルハイビジョン記録でも細部まで鮮明な映像として残すことができる。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

あとから追っかけ機能

4Kで撮影した映像に対して、あとからアングルの編集・補正できる機能。被写体がフレームアウトしない範囲をあらかじめ広角で撮影しておくことで、撮影後にズーム編集をし、上手なカメラマンが撮影したような映像を簡単に残せる。

あとから手振れ補正

被写体がフレームアウトしない範囲をあらかじめ広角で撮影しておくことで、撮影後に手振れを補正する編集をし、上手なカメラマンが撮影したような映像を簡単に残せる。

あとからズーム機能

被写体がフレームアウトしない範囲をあらかじめ広角で撮影しておくことで、撮影後にズーム編集をし、上手なカメラマンが撮影したような映像を簡単に残せる。

4Kなのに高倍率

4Kながら光学20倍、iAズーム40倍を実現。4つのレンズが独立して動く「4ドライブレンズシステム」により、4K高画質・高倍率ズームとコンパクトボディを両立。遠くにいる子どもの笑顔が、ハイズーム撮影時でも鮮明に残せる。

WXF990M WX995M VX985M Panasonic HDビデオカメラ W580M 32GB サブカメラ搭載 高倍率90倍ズーム ブラウン HC-W580M-T
WXF990M WX995M VX985M W580M
4K撮影
サブカメラ
内蔵メモリー 64GB 64GB 64GB 32GB
録画時間(HEモード時) 最大約27時間30分 最大約27時間30分 最大約27時間30分 最大約13時間40分
iAズーム 4K:25倍/フルHD:40倍 4K:25倍/フルHD:40倍 4K:25倍/フルHD:40倍 90倍
レンズ広角(35mm換算) 4K:30.8mm 4K:30.8mm 4K:30.8mm 28.0mm
外形寸法(幅×高×奥行) 68mm×78mm×163mm 65mm×73mm×161mm 65mm×73mm×141mm 60mm×62mm×129mm
本体質量 約405g 約360g 約352g 約266g

ソニーのほうが手振れ補正は強力なのは周知のとおり。完全に負けています。自分はワイプ機能を使いたかったのでこれしか選択肢がなく購入。ソニーにワイプ機能があれば高くてもソニーを選ぶ。.

他社製と比べてる人もいますがあれは効きすぎるとスライドする際にスライドできないという最大の弊害が出てくるので実はパナソニックのくらいがちょうどです。さすがオリンピックで映像機材を独占し続けてるだけの企業です。.

ビューファインダーは必要ないので、この機種にしました。暗いところ(スナックのカラオケ場面とか)でも他のメーカーの機種に比べると数倍の感度でびっくりしました。編集が重たくなるので1Kで撮影してますが、他のHDカメラより鮮明です、色は少々薄い気がしますが問題ないところです。ただ、手振れ補正はいただけません、その点がマイナスです、画面が追従しない感じかな?どんなにゆっくり移動しても、字が読めません。残念です。.

これに関したは本当に素晴らしいです!youtubeの撮影に使ってますが、まず画質がいいしとりあえず最高!.

お店で見るだけじゃ判らなかったのですが、しばらく使ってみると色々判りますね。4kなんだけど、4kモニターで見ても、なんか解像感が低いです。でも解像度チャートを映すと、そこそこなので、何なんだろうシャキとしないです。さらにズーム位置により微妙に片ボケしてます。ハズレか?と思いましたが、お店の展示品を見ても同傾向。うーん、残念感満タン。.

最近、目の調子が悪くなりファインダー無しでいいと思いこの商品を買いました。機能等は良いと思っていますが、バッテリーがもう少し撮影時間が延びたらいいと思っています。.

アプリ連携(androidのみ?)で遠隔撮影可能、ナイトショットあり、4k対応、マルチワイプ、機能としては文句なし。.

ベスト パナソニック デジタル4kビデオカメラ Wx990m 64gb ワイプ撮り あとから補正 ブラック Hc-Wx990m-K 買い取り