先月の海外旅行中 突然カメラがクラッシュしてしまいました。帰国後、修理に出そうとしたらン万円の修理代金とのことで 諦めようと思っていたところアマゾンを見ていたら 発見いたしました。レンズ2本を捨てることをすむので注文いたしました。結果 きれいな製品でした 使い勝手も慣れていますので満足しています。.

梱包に関して相当大きなトラブルが発生したが、それは別のレビューに譲る。正直今回取引した業者と再度取引することは絶対ないだろう。輸送中の破損がなくて何よりだった。ここでは、本体のレビューである。amazon上ではブラックを購入したことになっているが、実際はブルーを購入した。(業者から事前連絡・当方了承済み)普通の「青」というより、「ネイビーブルー」に近い色合いで、他社デジイチではほとんど見ることのない色である。落ち着いた色合いで、あまり目立たず個性を強調でき、良い雰囲気である。また、意外と黒のレンズと色の相性が良い。現行機種にはブルーはラインナップされていないが、ファインダー内蔵のシリーズだけでも、ぜひ復活させてほしいものだ。また、ミラーレス一眼で、唯一ファインダーを内蔵したシリーズであることもポイントが高い。ファインダーを内蔵してはいるが、本体の重量感の元になっているペンタプリズムを搭載していないため、持ち上げると驚くほど軽い。マクロや望遠など、ファインダーを使いたいシチュエーションはまだたくさんある。そういう意味で、ファインダー搭載はありがたい。(gf2までのオプションである外付けファインダーのように本体真上からファインダーを覗けないため、マクロ好きにはマグニファイヤーも入手することをお勧めするが)発売年次を考えると仕方ないのだが、外部lcdよりファインダー内の映像の方が解像感が落ちるため、mf使用時にピントの山を掴めず苦労しそうだ。まぁ、古い機種とはいえ、マルチポイントオートフォーカスは搭載しているので、多用することになるのだろうか。現行機種のg3は、女性をターゲットにするあまり、小型化、簡易化を進めすぎて握りにくくなっていたり、かえって男性の手にはシャッター操作がやりづらい場合もあると感じた。その点、g1はgfやghなどを省くと3世代前の機種とはいえ、グリップの大きさやシャッターボタンの位置など、使いやすい位置に装備されていると感じる。撮像エンジンが古いため、ノイズが発生するiso値が小さいなどのデメリットもあるが、状態の良い新古品があれば、ぜひ手に取ってほしい機種だ。.

マイクロフォーサーズ初期の製品で手ぶれ補正はレンズ側。外観は良上品ではあるがボディ外装が経年劣化しているかもしれない。ツメがあたったところに削れたような傷がどんどんついていく(これがボディのベタツキというやつだろう)。動作には全く問題なし。購入後にボディのファームウェアをアップデートしたが、ついてきたロワのバッテリーも問題なく使用できてよかった。.

Gf1にビューファインダーを装着して使って良い画像を得ていましたが、チョットした機会にドイツでハードカバーのg1解説書が出ていることを知り、パナソニックの本気度を知りたくて中古で入手しました。使った結果は満足しています。これで、欧州市場を押さえることができるでしょう。パナソニックの次の課題はフルサイズミラレスでしょう。zeiss(ソニー)に先行されたのは癪です。ライカブランドのモノクロフルサイズをパナブランドで出してください。.

  • 手持ちクラシックレンズ群の救世主
  • 良い画像を創り出します
  • 動作問題なし

パナソニック デジタル一眼カメラ Lumix (ルミックス) G1 ボディ コンフォートブラック Dmc-G1-K

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●DMC-G1ネイビー●Panasonic LUMIX ボディ

中古とは思えない極上のカメラアダプター利用でヤシカツアイス ニコンマウントを介し懐かしいレンズ描写を再び再現出来る幸せボディーキャップ無しでの配送だけは許し難い.