さすがミラーレス機だけあってニコンやキャノンのデジイチと違い、軽いです。iaボタンを押すとピントが合っている部分が四角で表示されるのが分かり易いです。グリップが大きめで落とす心配がないのもいいです。イメージセンサーの大きさの割に画質があまり良くない気がします。古い機種なのでしょうがないかもしれません。.

子どもの誕生日のプレゼントしました。とても気に入って使ってます.

ずーぅーぅーっと欲しくて手が出せなかった一眼レフ。機種に迷った(財布にも迷った)末に手にしたのがG10。言わずと知れた入門者向けモデルです。私が求めた写真は、ボケ味を使った表現でした。この手の表現はコンデジ上位機種でも苦手な部類です。コンデジか一眼か? その迷いにNikon P100が応えてくれました。娘のために購入した機種です。 私もP100を使ってみて、一眼の購入を決意。ボケ味を操るには、望遠レンズがもっとも確実な手法ではあります。この点でP100を始めネオイチタイプのコンデジは理にかなっています。ですが、撮りたい画角が広角の領域であった場合、望遠レンズは手法として成り立ちません。 P100はこの領域で殆どパンフォーカスになってしまい私の望む画像にはなりませんでした。CanonのG12ですらHPの参考画像に、広角領域でのボケを使った画像がないのを考えると、コンデジには無理の有る領域なのだと判断した次第。G10到着後、3度ほど試写に出かけました。結果として、入門モデルとしては良い位置に有る機種かな。と思います。ボケ味は明らかにコンデジの上を行きます。奥にフォーカスさせて手前を暈す手法は背景を暈すのに比べて効果が出にくいものですが、なんとか行けます。広角領域で背景を暈すのは簡単。マニュアルでピント合わせもマズマズの感じで行えます。ただ、ホワイトバランスのマニュアル設定で色合い調節が先に立つようなメニュー展開はちょっと頂けない。説明書を熟読しないと「K」の調節を望む人には「使いにくさ」を感じさせる結果になる。同じく、発色具合を「フィルムの選択」としているメニュー展開もどうなのかな? 面白いとは思うが、他社との表現に違いがありすぎると「使いにくさ」と成りかねない。入門機であるがゆえに、「色彩と光を操るのが写真の醍醐味」と考える向きには、不足もすぐに見えてくると思う。マイクロフォーサーズなので素子にフルは望めないが、シャッタースピードが上限1/4000はやはり残念。せめて1/6000あれば・・・ISOも800を越える辺りから、条件によってノイズが少々見て取れる。オート時に使うISO範囲は問題ないが、それを超える値はそれなりなのだと考えるほうが良いだろう。軽さはぴか一かも知れない。 クビから吊るして歩き回っても全然平気。バッテリーもマズマズ。稼動しっぱなしでもない限り問題ないかと。あと、コンデジにあってこのG10にないものがある。露出微調整以外の露光調節機能。P100には有って朝日の撮影には重宝したが、G10には無い。もっとも、一眼レフではレンズに装着するフィルターでコレを行うのでないのが当たり前。それでも、有ったら便利かも?もし、貴方がボケに拘る人で、予算的に+4万の余裕がある入門者なら、OLYMPASのK-rの方が良いかも知れない。もしも、もっとリッチな入門者ならNikonのマーク2クラスがお勧め。(^^;ハッキリしてるのは、価格は性能に直結してること。おっと!G10のオート機能「iAオート」はなかなか良いです。シーン別オートも使い方次第で面白く便利な機能です。ホワイトバランスの色調節もアイデア次第。操作に拘らずオートで撮る一眼として考えると、G10は最高に安価で高性能かもしれない。ファインダーが液晶表示のライブビューファインダー。まだまだ課題を抱えているとはいえ、未来のカメラの形かもしれない。そんなことを考えさせる入門機種G10です。 2011-01-13 追記10月購入以来の使用感など。散策&撮影の途中であった先輩諸氏の高級機を観るにつけ、ちょっと引け目を感じると同時に、G10の小型軽量を実感します。特に、水や食料の補給が出来ない地区への散策(トレッキング)の場面では強く実感します。水やコーヒーのみで1. 5L、軽い食料、万一の場合の雨具など、トレッキングだけでも装備は結構あります。そこへカメラ、将来的には広角や望遠のレンズ、クリーニングキット、フィルター類、ひょっとしたらフラッシュに三脚。フルサイズの一眼で想像したら、その重量はとんでもないことになります。 これではちょっと・・・・マイクロフォーサーズは画質や画角でやや劣りますが、付帯するレンズ類の軽さとコンパクトさは、写真以前の行動に支障をきたさないギリギリのサイズかもしれません。フィールドでの行動と、画質。 使い手の主観の領域ですが、標準レンズ込みで1Kgもない軽さのG10は、重さゆえに撮影が億劫になる年齢にとって、やはり嬉しい存在だと思う。実際、義父は重さゆえに折角のカメラ(フィルム式)を持ち出さなくなって久しい。しかし、その義父のカメラのファインダーをのぞいた瞬間に、G10のファインダーが如何に貧弱であるかを思い知らされたのも事実。G10はファインダー付きのマイクロフォーサーズとして、シンプルに作られているカメラである。豪華装備(私的に不要なものが多い)のGH2と違って、貧相な部分が多い。 私の希望としては、カメラとしてのシンプルさはそのままに、GH2と互角以上のファインダーなどの基本性能があってほしい。パナソニックには、そんなカメラも作って欲しいと思っています。.

パナソニック デジタル一眼カメラ/レンズキット(14-42mm/F3.5-5.6標準ズームレンズ付属) ブラック DMC-G10K-K

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : DMC-G10K-K
  • 外形寸法(約) : 高さ8.36×幅12.4×奥行7.4cm(ボディのみ・突起部を除く)
  • 質量 : 約558g(付属レンズ14-42mm装着、バッテリー、メモリーカード含む)
  • 付属品 : バッテリーパック、バッテリーチャージャー/ACアダプター、電源コード、AVケーブル、USB接続ケーブル、CD-ROM、ショルダーストラップ、ボディキャップ、交換レンズ、レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ、レンズ収納袋(メモリーカードは別売です)
  • 有効画素数 : 1210万画素

パナソニック デジタル一眼カメラ/レンズキット(14-42mm/F3.5-5.6標準ズームレンズ付属) ブラック DMC-G10K-K :