流石にライカのレンズだけあって、キャノンでもニコンでもないボケと味を出してくれます。.

付属しているレンズが欲しくて購入しました。カメラ本体もちょっと旧型ですが、性能がよいものでした。.

一眼カメラとして初めて購入し、その後もOM-DやRX1Rなど高級カメラを買い続けているが、GF2を手放してもこれは手放せないくらい映りが良いです。しかも簡単操作なので妻も利用しやすいところが良い。.

D5000と富士フイルムfinpix f200exrを保有していましたが、gf1のホワイトカラーのデザインと手頃な価格に魅力を感じ、衝動買いしてしまいました。その後、もう一台ホワイトを買い増しました。【デザイン】ホワイトがとても気に入って購入しました。女性だけではなく、男性が持ってもオシャレです。【使いやすさ】コンデジと同様の使いやすさで、手軽です。かつ絞りやシャッタースピードも自由に設定可能ですが、オートがとても賢いので、たいていはオートでいけます。【画質】なんといっても画質が良い。とくにパンケーキのレンズが明るいです。おそらく、d5000よりも明るいです。室内での動き回る子供と犬はとても良い画が撮影できます。レンズが明るいので、室内でもオート、ノーフラッシュで撮影をしてiso 100〜200程度です。よって、結婚式や披露宴は期待できます。【携帯性】一眼よりも断然良いです。コンデジに比べたら、やや悪いですが。今まで一眼を外に持ち出していましたが、gf1にズームレンズを追加購入した事で、一眼は手放そうと考えています。【機能性】十分すぎます。一般利用レベルであれば一眼、ビデオカメラはもう不要の域に達していると思います。【バッテリー】レンズが明るい為に、室内でもノーフラッシュでいけるということもあり、バッテリー持ちは非常に良いです。300枚程度の撮影ができました。【その他】望遠、ファインダーを追加購入すれば、一眼は不要です。そのくらいクオリティが高く、コンデジの出番もかなり減りました。小さい子供がいる方、一眼にトライしてみたい方、ファッション性を期待する方、gf2の操作性にガッカリした方にはお奨めです!.

とかく比較の対象になるのがolympus pen ep-1(ep-2も)ですが、わたしも最後まで迷いました。両機は総合的に甲乙付けがたく、最終的には手に取ってみた上で、好みで決めるのがいいかと思います。わたしはデザインと手ぶれ補正でep-1に魅力を感じていましたが、実際に手にとって構えてみると、どうしてもep-1はホールドしづらく、逆にgf1はしっかりとホールドでき安定して構えることができました。このあたりは個人の手の大きさや好みの問題と思います。gf1に最初から軍配が上がっていたのは、パンケーキの性能(ep-1にこのパンケーキを付けるという手もありますが、非常に高価になる)。ネット上のどの記事をみてもlumix g 20mm f1. 7が高い評価を得ています。実際評判に違わずきれいな描写をしてくれます。ズーム全盛ですが、一眼単焦点ならでは描写力と、被写体に近寄ったり離れたりしながら撮る楽しみを味わえます。価格も大きいですね。ep-1は、ましてやep-2は非常に高価。gf1はgf2登場の噂もあるせいか分かりませんが、かなり安くなっています。とは言え、実際に使ってみると、仮にep-1が同じ価格帯であったとしても、わたしはgf1を選んだと思います。gf2がすぐに出たらちょっと後悔するかも知れませんが、これは最近のデジタル器機の進歩からは仕方ないことですね。それでも、gf1は初心者の入門としても、中級以上の方も長く使えるベーシックなカメラだと思います。.

G1を使用していたのですが、買い増しをしました。理由はそれまで使っていたムービーカメラが故障してしまったから。gf1はliteですがハイビジョン動画を扱えるので下手なムービーを買い増しするよりも便利だろうと思って購入しました。いろいろと撮影に凝る人にとってはまた違った評価になるのでしょうが、音声がモノラルであるのとアップ&ルーズの操作が手動である事を除けば単純にきれいに撮影出来るので満足しています。パンケーキセットを購入しましたが、g1のキットレンズ(14-45mm,45-200mm)とあわせて三種類のレンズで一眼ライフを満喫しています。ただ、パンケーキレンズはモーター音が大きく、動画撮影の際にはそれが一緒に録音されてしまいます。自分は14-45で撮影するのであまり気になりませんが一応書いておきます。普段使いには特に問題はないし、むしろ子どものスナップ撮影には強力です。.

同じパナソニックのlumix lx2を、ワルくないなと使っていたら、ある人から、まだlx3にしないのかと目前でパチリ、作例をみて驚きました。スゴい進化していたのです。デジカメというのは電子機器、レンズやボディの構造も重要ですが、電子的な画作りや処理の進化が様々な課題をクリアしてきているのです。そうしたら、また次の知人がこのgf1を見せました。女優の樋口可南子さんが色違いのカメラを数人で持つコマーシャル、女性向きのおもちゃかな、と思ったら大間違い。メーカーのホームページの作例はウソではなかったのです。aps-cに近いサイズの受光部で自然なパースペクティブ、ボケ味も満点、20mmのぺったんこレンズはライカのズミクロンも真っ青の表現力、想像したとは全く違う優秀な画作りをします。これがマイクロフォーサーズなるものか、なぜなのか?不思議です。いままでの常識からすれば撮像部(フィルムの大きさ)サイズは大きい方が有利にキマっています。しかし、それでは片付けられない要素が大きいことを知りました。私は、マイクロフォーサーズに賭けた技術陣の力に驚いています。たとえば、撮像部が小さくなれば被写界深度の問題で当然小型は不利になります。gf1のパンケーキレンズではそれをレンズ設計の素晴らしさでも補っているのです。開放1. 7の表現力は極めて優秀で、同じ被写体をlx3の20mm(35mm版で40mm相当)の位置で取り較べてみると、lx3ではパンフォーカス(画面上ほとんどピントが合う)になってしまいますが、gf1では美しいボケ具合が表現され、画質の品位も高い。これがオートのpモードでもなるべく絞り込ますシャッター速度を速めています。圧倒的に軽量で大型に負けない仕事をする部分が多いのです。オートでホワイトバランスも優秀、合焦や処理速度も速い! ファインダーは欲しい時もあるけれど。いらないよ、というひとはぜひ、使ってみて欲しいのです。初心者にはむしろ出来過ぎ、上級者向けではないでしょうか。機能的にもプロに使って欲しいマイクロフォーサーズ、がわたしの印象です。付け加えれば、このレンズ、使い方に注意が必要です。そこが魅力ではあるのですが、ピンぼけを作りやすい。もちろん露出を絞り込めば解決しますが、画面全体にしっかりピントが欲しい撮影にはむしろlx3をお勧めします。.

発売から7年たち、 新機種と比べれば性能はもの足りません。 もちろん発売当初は画期的であり、すばらしい製品であったのだろうと思います。付属レンズが非常に高性能のため、 レンズを買ったおまけで本体が付いてきたという程度ですが、カメラの画質は十分に良いと思います。 暗所での撮影は無理ですが。 ですので、このカメラ自体は2015年現在ではお勧めできません。.

利点と欠点

メリット

  • よいです
  • 描写
  • Panasonic デジタル一眼カメラ

デメリット

東京有明の国際展示場での仕事の帰りに、パナソニックセンター東京に立ち寄り、カメラコーナーで展示されている ルミックス gf1を触らしてもらうと両手の指がピッタリと自然にカメラに納まり、重さ、サイズも手にフィットし、電源を入れ、フォーカスし、記録するスピードが他のデジカメにない速さで取扱感がすばらしかったのですぐに購入しました。取扱やすさとわかりやすさはトップクラスのデジタル一眼だと思います。.

学生時代以降、しばらくカメラから離れていた私に再び撮る楽しみを思い出させてくれたgf1と20mm(フルサイズ換算40mm)パンケーキのキッド。ミラーレスの利点である小型軽量+画質の美しさ(ボケ)をフルに生かしたこの組み合わせは本当に素晴らしい。それまでのコンデジより圧倒的にセンサーが大きいマイクロフォーサーズとは言え、通常の標準ズームキッドではなかなかボケを出すのが難しく、初心者にはその良さを実感しにくい部分があっただろうが、このパンケーキレンズとの組み合わせで使うと、初心者でも一目で画質の違いを実感できるだろう。gf1はpモード(自動)で撮影した際も、積極的に開放付近を使ってくれるので、カメラに詳しくない人でも意識せずにボケを楽しむことができる。当時、後発のオリンパスのp1も同等の人気を誇っていたが、性能面ではこちらが一枚上手だったと思う。女子ユーザーを開拓し、ミラーレスブームを巻き起こしたパイオニア的名作。最近、パナソニックのカメラ(というより業界全体)は勢いを失い始めているので、この頃の初心を思い出し、ユーザーが何を求めてるのかを考えて頑張ってほしい。.

写真に大して興味がなく、手持ちのコンパクトカメラの写りに不満を感じながらも自分の腕が悪いのだと思っていました。デジタル一眼の存在は知っていたのですが、大きなボディを使いこなせる自信もなく今まで購入には至りませんでした。今回、子供が生まれたのをきっかけに、デジタル一眼について少し調べてgf1にたどり着き購入しました。決め手は小ささとコンデジからのステップアップをターゲットにしているので初心者に優しく思われた点です。使ってみて、いままでのカメラは何だったんだ?と思えるほどとびきりきれいな画像に驚きました。オートでもすばらしい写真が撮れました。子供が生まれる前から用意しておけばよかった…と後悔。高いコンデジ買うくらいならgf1がおすすめです。また、購入してから写真に興味がわき、絞りや露出などを勉強する気になりました。gf1はカメラに詳しい方も満足のいく高性能な商品なのだそうですが、デジイチはちょっと敷居が高くて…と思っている私のような入門者にもおすすめの商品だと思います。.

家電量販店で一目惚れしてしまいました。 家電量販店より、amazonはかなり安く購入することができたので満足です。 .

このカメラも以前から気になっていた一台。特に明るいパンケーキレンズが気になっていまして今回のcbキャンぺーンを機にホワイトを購入。思っていた以上にしっかりした造りでずっしり手ごたえ十分。デザインもスタイリッシュで可愛らしく女性に喜ばれるのもうなずけます。何よりうれしいのは明るいレンズの為実内でも綺麗に撮れる事。af早いしレスポンス早いので心地よいです。只、コンデジよりやや大きい程度なので望遠レンズ等付けるとバランスが宜しくない。思い切ってパンケーキのみで使うのが良いのではないでしょうか?後継機gf2?そろそろ発表になるのでしょうが情報次第ではパンケーキ付gf1お買い得だと思います。追申、gf2発表されましたが、個人的には魅力を感じませんでした。発売になってからgf1の価格が今より上がるかも、欲しい方には今の価格は魅力的だと思います。。.

E-p2の持った感触やシャッター音、ボディ内蔵手ぶれ補正などが大いに気に入っていたが、afの遅さだけが我慢できなかったのでgf1を選んだ。パンケーキレンズのカッコよさやレンズの明るさは十二分にわかっていたが、手ぶれ補正必須の条件(街なかスナップ派)だったので標準ズームレンズのみ購入。afの速さは尋常じゃない。測ったわけじゃないが持っているkissx2と比べてもまったく見劣りしない。気のせいかkissx2より速く感じときもある。これは購入していちばん驚いたところ。コンパクトデジカメからステップアップした方は特に驚くだろう。e-p2の方がいいと思っていたシャッターの感触だったが、使っているうちに感想が変わった。半押しのストロークは短いが確実、残響の短いシャッター音はとてもシャープな印象。これはシャッターを押した時のブレも少ないと感じた。以前tz3を使っていた時は、蛍光灯下のホワイトバランスにガッカリしたが、gf1のオート・ホワイトバランスは信頼できる。いちばん心配していた事だったので素直にうれしかった。インターフェイスはとてもわかりやすく、液晶表示もわりと大きめに表示してくれるのがありがたい。ハイビジョン動画/avchdはmacの場合 imovieで扱えるが、他にフリーウェアのhandbreakでもひらけた。私はフィルムモードの「ダイナミック」を愛用している。コダックのデジカメにあったような鮮やかな色合いに満足している。光学ファインダーがなくなりひと回りもふた回りも小さくなったデジタル一眼は、いつもカメラを持ち歩く人には特にありがたく感じるだろう。私は購入して大いに満足している。.

デジタル一丸には興味はあったもののアナログカメラの焼き直しのようなカメラには抵抗がありました。このカメラはデジタルの利点を生かしてミラーとペンタプリズムを無くし、さらにレンズやボディを小型できるよう最適設計をしたマイクロフォーサーアズという仕様に強くひかれました。 実際に使ってみると、コンパクトデジタルとは比較にならない明るいレンズで、室内で使っても、夜の街中の撮影でもきれいに撮れます。明るく解像度の高いレンズとかなり使えるおまかせモードの組み合わせはベストマッチングです。 さらに見逃せないのは、動画機能です。1280×720のachdlightは、フルハイビジョンじゃないからダメかなと思っていましたが、ノートpcや家庭用廉価版プロジェクタにはちょうどよい解像度です。録画時間もフルハイビジョン録画に比べて長時間録画できるので、むしろ普段使いにはぴったりです。 ボディの金属の質感もよく久しぶりに買ってよかったと感じるカメラです。ぴかぴかのの白がほかにない質感でひかれましたが、赤のボディが実際に触ってみるとぞくぞくする仕上がりで赤にしました。次は45-200mmのレンズを追加しようと思っています。.

 35mmフィルム一眼レフカメラは,熟成し尽くされて現在の大きさ・形状になっていますが,構造が異なるデジタル一眼カメラが同じである必要はあるのだろうか…と疑問に思って購入をためらっていました。 オリンパスのe-p1と比較し,(1)パンケーキレンズの絞り開放値がe-p1 f2. 7,(2)内蔵ストロボがe-p1無,gf-1有,この2点でgf-1にしました。 よいところはカタログのとおりですので,このレビューでは,あえてマイナス点を挙げます。(1)e-p1がカメラなのに対して,gf-1は家電っぽい。 レンズ交換の時の「カチッ」としたフィーリング,フォーカスリングを回したときの滑らかさ…e-p1の足下にも及びません。(2)添付ソフトウェアのうち,ハイビジョン動画(avchd)の再生・取り込みソフトがmacに対応していない。 これは,imovieでavchdの再生・編集が可能だからだと思いますが,印象的にはあまりよくないですね。(3)音楽付スライドショー等,無駄な機能が多い。 このあたりも,カメラメーカーのカメラと家電メーカーのカメラの違いを感じます。 どうしても「家電メーカーのデジカメ」という点がひっかかりますが,e-p1と比べても総合性能では優れており,実際に日常的に活用するのであればgf-1に軍配が上がると思います。 ゆえに,★×5です…現状では,最も優れた製品と断言していいでしょう。 ただし,キャノンやニコンが競合するデジタル一眼をリリースしたら…評価はゼロからし直すことになりますね。【追記】 レンズ付きセットには,パンケーキレンズ付きと標準ズームレンズ付きがありますが,これはお好みで。 それぞれのレンズの単品価格(税込)がパンケーキレンズ52,500円,標準ズームレンズ36,750円ですので,それぞれのレンズ付きセットの価格差と買い足すときの出費を考えればパンケーキレンズ付きの方がお買い得です。 せっかく一眼のカメラを楽しむのであれば,ぜひ単焦点レンズの奥深さも体験してもらいたい…これは個人的な思いですが,パンケーキレンズ付きをオススメします。.

5万円台と、さすがに価格も落ち着いてきましたね。性能を考えるお得な印象です。購入の決め手は、自分の物欲を刺激してくれた独自のデザインと、キチッとツボをおさえた性能を持ち合わせていたところです。位置付けとしては”レンズ交換式 高機能コンデジ”と言った方が、このカメラを表現する上で解りやすいかと思います。魅力はやはり・コンデジの様に、比較的扱いやすく。・一眼の様にレンズ交換が出来て、設定も細かく行なえる。・操作は全てボタンに割り振られている為、液晶を汚さず直感的な入力が可能。・撮影した画は一眼には届かないまでも、コンデジのそれを遥かに超えます。・同梱されているパンケーキレンズの写りの良さ。この性能に、この価格…今まで、なかった世界を私たちに魅せてくれるカメラです。そんなGF1ですが、純粋にコンデジからステップアップの方には、どうしても最初は、戸惑ってしまう面もあります。・ボディの大きさ、重量の問題。小型ではありますが、ズボンのポケットには収まりません。・レンズ交換式の宿命…マクロや望遠(ズーム)撮影には別途レンズを用意しなくてはならない。・価格。手頃さを考えるとコンデジには敵いません。GF1の購入を検討している方は既にお気づきかもしれませんが、性能を見ると 一眼⇔コンデジ ”どっちつかず”な感が否めません。私は”だからこそ面白いのでは?”とも思いました。それだけ遊び甲斐があり、オーナーを楽しませる稀有な存在なのですから…GF2が出た今となってもその思いは変わりません。別売りの各種マウントアダプターを介して、フィルム時代のレンズを蘇れせるのもまた楽し。”長く付き合いたい”このカメラはそう思わせてくれました。※GF1ボディ自体には手振れ補正機構は内蔵していません。(レンズに依存)※超音波によるノンダストシステム搭載。(画像素子前面にホコリが付着するのを防ぐ)※動体用に追っかけフォーカスという機能があるが、コントラストAFの為、基本的に動体は苦手。※メーカーサイトにてボディと各種レンズのファームウェアのバージョンアップが随時行なわれてます。.

特徴 パナソニック デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属) アーバンレッド DMC-GF1C-R

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : DMC-GF1C-R
  • 寸法(約) : 高さ7.1×幅11.9×奥行3.63cm(突起部を除く)
  • 質量 : 約285g(本体)
  • 付属品 : バッテリーパック、バッテリーチャージャー/ACアダプター※(100~240V対応)、電源コード、AVケーブル、USB接続ケーブル、CD-ROM、ショルダーストラップ、ボディキャップ、ホットシューカバー、交換レンズ、レンズキャップ、レンズリアキャップ、レンズ収納袋(SDHCメモリーカード、SDメモリーカードは別売です) ※ACアダプター使用時は、別売DCケーブルDMW-DCC3が必要です。
  • 有効画素数 : 1210万画素

小柄な私でも持ってて苦にならないサイズでうれしいです。操作もほかの一眼レフと比べると楽なので、初心者でも使いやすいかと。.

20ミリのレンズがついていると思い購入しましたが、付属にレンズがついていなくて残念でした。.

ニコンのD70を持ってはいましたが子供連れだとどうしても大きさがネックで、急に子供を抱っこしなきゃいけない時などは一眼レフははっきり言って邪魔でした。ただ、一眼特有の背景のボケ具合やシャッターレスポンスの良さは捨てがたいものがありGF1を見たときに「これだ!」と直感しました。画質も申し分なく、質感も適度な重みがありしっかりしていてなによりマイクロフォーサーズレンズ群の魅力に取りつかれてしまいました。D70の時はそれほどハマらなくレンズも標準1本だけでしたがGF1を買ってからレンズを買い足すようになり今ではパンケーキ、標準ズーム、望遠ズーム、広角の4本揃えました。D70はニコンのフィルム時代を思わせるような温かみを感じる画質でしたがGF1の方はデジカメらしいシャープで輪郭のはっきりした画像が特徴だと感じました。私はどちらの画質も好きですがGF1の画質はかなり好みです。コンパクトになったことで持ち出す機会が増えて以前よりも子供たちや風景写真を撮るようになりました。ミラーレスのことをあまり良く言わない方もいるみたいですが私はこれで十分満足していますし長く付き合いたいライカ的な名機だと思っています。それと蛇足ですが、オークションの出品物の写真を撮るときにGF1で撮るとかなり印象が良くなります。出品物の魅力を高めてくれる意味でも素晴らしいカメラだと思います。.

相場価格が一気に上昇していますが、生産終了(?)による在庫数減少による希少価値が反映されているのでしょうか。スペック的にはモデル・チェンジ後の新型より劣っていても『生産終了』の活字を眼にして人気が高まるようでしたら銘機の資格がありそうですね。このレンズとの組み合わせとビュー・ファインダーを買っておけば他のレンズは必要を感じず自分の中では完結出来ます。(スナップ撮影の場合)メーカーでは『女流一眼』とか言って女性をターゲットにしたような宣伝をしていましたが、実のところ本当は『ビシ!バシ!使うカメラ』『撮ってなんぼのプロ機材』では?と思っています。現に溺愛、愛玩する部分は少なく『撮る』事にしか存在価値を見い出せないカメラですよね。私は少し溺愛、愛玩して純正本革ボディーケースと名古屋の八仙堂のメタル・フードを合体させて使っています。ところで安すぎますね、セット販売価格。これの裏返しでしょうか、純正バッテリーは驚異の高価格ですね。追記某tv番組で発見しましたが、珍獣ハンターのイモト・アヤコさんが海外のロケ地でプライベートで使用しているキャメラはシェル・ホワイトのgf1ですね。低緯度地域の強烈な太陽光線、高緯度地域の極端に光量の少ない寒々しい環境でも存在をアピール又は環境に同化して「絵」になっていました。.

コンパクトデジカメからデジタル一眼へ移行しようと思い、但し大きくて大袈裟なカメラはいやなのでオリンパスのpenと比較しました。決め手になったのは少し価格が安いこと、内蔵フラッシュ、電池のもち、液晶、デザインの素直さでしょうか。まだ使って間もないのでコンパクトデジカメとの画質の差などよく分かりませんが、意外に気に入ったのはパシャッというシャッターの音と手に伝わる感覚で、次々に写真を撮りたくなってしまうのは私だけでしょうか。カメラの質感もよく、所有する満足感も大きくてレザーケースも買ってしまいました。.

E-p1かe-p2を買おうと思い量販店に行ったのですが、afスピードの遅さや想像していたよりも大きくて重いことから断念しました。失意の中、帰ろうとした際にふと隣を見るとこのgf1が・・・ものは試しといじってみると・・・秒殺でした。機敏な動作、e-p1とは比較にならない俊敏なaf、軽量コンパクトでシンプルなデザイン、40mmf1. 7という明るいキットレンズ。それまでマイクロフォーサーズの知識は何もなかった小生ですが、一気にその魅力にはまりました。多分小生みたいな人は大勢いると思います。マイクロフォーサーズの魅力を多くの人にアピールしたのがこのgf1だと思います。デジ一眼を使っていたユーザーには軽量コンパクトなボディでレンズ交換が出来る楽しさ、コンデジからのステップアップユーザーにはコンデジ感覚で扱えるお気軽感。上級者にも初心者にも訴求できる魅力が詰まったカメラがこのgf1だと思います。スペック至上主義の人にはマイクロフォーサーズはあまり魅力がないかもしれませんが、小生はマイクロフォーサーズの将来性を大いに期待しています。気がつけばg1もgh1も手に入れ、マイクロフォーサーズ用のレンズが6本も手元にあります。その代わり、aps-cの機材は全て処分しました。マイクロフォーサーズがあればもうaps-cはいらないと判断したためです。今後しばらくはフルサイズとマイクロフォーサーズを使い分けていこうと思います。小生のようにこれまでマイクロフォーサーズに対して何の知識も関心もなかった人にもマイクロフォーサーズの門戸を広げたgf1の功績は多大なものがあると思います。それだけgf1は使っていて楽しいカメラです。.

ベスト パナソニック デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属) アーバンレッド DMC-GF1C-R 買い取り