パッケージングの問題なのですが、商品の中身だけ取り出して、また中身をパッケージに戻しても新品と同様の状態に出来ます。中身を取り出して何回か使っても、新品とさほど変化の無い状態に出来るのです。さらに電池パックも固定されておらず小袋(しかも封が閉められていない)に入っただけの状態でした。特に電池パックは衝撃に弱い為、このような包装はひどいと思います。しかもamazonからの発送でしたが、ダンボール箱とダンボール下敷きの糊付けがあまく、商品が輸送中にジャンピングしてしまう状態でした。本当にがっかりです。.

価格の変動が激しく、5~7万円台と大きく動く中、5万円台で購入しました。sonyのhdd内蔵タイプからの買い替えです。量販店の販売員に聞いたところ、同価格帯で比較すると、手ぶれ補正はsony、画質はpanasonicが優れているとのこと。店頭のホットモックで比較した感じ、たしかにsony(hdr-cx535)は、手ぶれ補正がガッチリ効いていて、画質も十分綺麗でしたが、panasonic(hc-v750m)は画質に加えて音質がたいへんクリアな印象。迷いましたが、こどもの撮影が主な用途なので、やはり音質も大事という点と、撮像素子のサイズが、sony hdr-cx535が1/5. 8に対し、panasonic hc-v750mが1/2. 3という点でこちらを選びました。ただし、価格が同じだとほとんどの人はsonyを選ぶそうです。スペックはほぼ同じ、見方によってはsonyより優れているところもあると思うんですが、ブランド力でしょうかねえ。同梱のバッテリーは撮影可能な時間が短い(最高画質だと50分程度)ので、予備のバッテリーは必須です。純正のバッテリーに予備のメモリーカードを買い足すと、さらに2万円程度の出費が必要になりますので、結構な値段になりますが、おすすめです。.

最初のビデオカメラがナショナルのレコーダーとカメラが別々のもの、2代目と3代目がソニーのハンディカムで、今回の機種がこれ。ソニーと比較して迷いましたが、映像と価格でこちらに軍配が上がりました。.

Please, could you say me if the video camera was made in japan?.

  • ズームに感動
  • 綺麗です
  • ミニDVテープのビデオからの買い換え、もっと早く買えば良かった

パナソニック デジタルハイビジョンビデオカメラ 内蔵メモリー32gb ホワイト Hc-V750m-W

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 外形寸法 : 高さ7.3×幅6.5×奥行14.1cm(付属バッテリー装着時)
  • 本体質量/使用時質量 : 約354g/約397g(バッテリー:同梱バッテリーパック使用時)
  • 付属品1 : バッテリーパック(VW-VBT190)、ACアダプター、DCケーブル
  • 付属品2 : HDMIミニケーブル、USB接続ケーブル、CD-ROM、シューアダプター
  • 動画記録メディア1 : 32GB内蔵メモリー、SDXCメモリーカード(48GB~64GB)
  • 動画記録メディア2 : SDHCメモリーカード(4GB~32GBまで)
  • 動画記録メディア3 : SDメモリーカード(512MB~2GBまで)
  • 撮像素子 : 1/2.3型MOS固体撮像素子
  • ズーム : iA50倍/光学20倍電動ズーム/デジタル60倍/250倍
  • モニター : 3型高精細ワイド液晶モニター(約46万ドット)
  • 録画時間 : 内蔵メモリー使用時:最大約13時間40分(HEモード時)
  • 音声記録方式1 : 60p/AVCHD:ドルビーデジタル(5.1ch/2ch)
  • 音声記録方式2 : iFrame/MP4:AAC(2ch)

子供の屋内スポーツ撮影用として購入 1/2. 3cmosに惹かれました。画質だけでなく音も綺麗 技術的な事はよく分からないがこの値段でこの美しさワンランク上を求めるなら良い選択だと思います。見た目より軽くて意外でした。.

三脚にしっかりと据え付けて、晴れた日に望遠端で対象を狙い近づくにつれてズームを引いていく。陽炎の中に対象が表れて徐々に輪郭がはっきりしていき最後には目の前を通り過ぎていく。望遠端から広角端まで使って電車や自転車の映像を撮ると、プロっぽい面白い映像が取れました。フレームがベストになる位置に三脚をセットしてしまえばズームや録画スイッチを携帯電話で操作できるのが便利。パーティー会場のステージの撮影でも、会場内で飲食しながら操作できます。ただ、付属バッテリーがショボいので大容量usbモバイルバッテリーとペアで使用しています。高倍率ズームのおかげでこれまでと違った印象の映像も撮れ、撮った後の編集も楽しくなりました。.

ハンディカム市場では入門機かハイエンドが良く売れ、中級機はあまり人気が無いようで、このモデルの評価記事がほとんど見当たらないですが、価格と性能のバランスがよく取れたモデルと思います。入門機のsony hdr-cx535、canon ivis hf r52、panasonic hc-v550mが市場を牽引しているとは言え、それらの画質には妥協出来ませんでした。かと言ってハイエンドは機体が大きく高価で、そこまで気合いを入れて撮る気もしない。それで中級機を色々調べてこれにしました。価格が下落しづらく、一瞬だけ上新電機が5万円後半で出した瞬間に購入。あと少し頑張るとパナのw850mやキャノンのg20に手が届く価格でしたが、手軽さも捨てたくなかったのであまり上を目指さない事にしました。以下初撮り後の評価です。- 外観はペコペコのプラスチックで高級感まったく無し。特に液晶まわりは安物の中国ブランドの製品のよう。これは納得の上なので特に不満は無いです。- 最後まで悩んだsony hdr-cx630vと比べ、画質はこちらの方が良いと思う。現行で1/2. 3 cmos搭載の中級機は確かパナしか無い。ズーム倍率やズーム時の画質、ピント追従などの性能も本機の方が良い。- 手ぶれ補正はハイブリッドois(光学+電子式)をonの場合良く働き実用上ソニーの空間光学手ブレ補正と遜色無いと思うが、ズーム最大の場合わずかな持ち手のずれで撮影対象が勢いよくずれる。空間光学手ブレ補正で頻繁に発生する横滑りは起きないが、このズレは画作りには迷惑。本当に勢いよく一気にガクっとずれる。oisを切るかズーム域を光学のみにすれば起きない。おそらく5軸補正の欠点と思う。傾き補正は特に必要性を感じなかった。- 液晶操作のメニューはわかりづらい。ここはソニーの方が上手。- 色味がlumixに似ていて緑が強い。好みだがソニーの方がニュートラルで自然な感じ。- 予備バッテリーは充電器も一緒に買うならアクセサリキットの方がお得。と言うかバッテリーも充電器も単品が高過ぎ。- ストラップホールが無く、落下防止のハンドストラップやネックストラップが付けられない。ここは改善してもらいたい。- 本体経由の充電の場合、プレステ用充電器のプラグが使える(センタープラスの5v)。色々ありますが、とりあえず満足しています。各社とも低価格帯ばかり力を入れず、このレベルにもう少し力を入れてもらえると選択肢が増えて良いのですが・・・.

パナでフィルターが着けられるのが最優先でした。サブカメラは必要なかったので消去法でこれに。動画撮影中の静止画って綺麗に撮れるんですね。バス旅行をする時一眼持ってくと結構邪魔でコイツで減らせそうです。.

他社製品といろいろ検討しましたが、画質音質ともに満足です。操作性も満足でした。.

今までミニdvテープのビデオを使い続けてきましたが、買い換えてからは感動の連続です。子供の部活(相撲)の記録に使いましたが、今までは撮影できなかった少し暗い会場であっても、動きがはっきり撮影でき、また手ぶれや傾き補正も、すごく機能していると実感できます。よい思い出をたくさん記録することができました。.

ソニーより画質満足度高い。望遠に強い。しかし残念なことにリモコン三脚が使えない。決定的な欠点。.

パナソニック社のデジタルハイビジョンビデオカメラです。光学20倍の本機にするか、価格がワンランク下にもかかわらず光学50倍の機能を有する「hc-v550m」にするか、随分と迷いました。が、撮像素子が1/2. 3cmosで総画素数1276万画素の本機と、1/5. 8型mosで総画素数251万とでは、やはりその画質に価格通りの開きがあると考え、本機を購入しました。ia50倍ズームとはいえ、光学倍率では「hc-v550m」に劣る点、またバッテリーの持ちもやや劣る点だけ不満ですが、それ以外は大満足です。画質やピント合わせなど、基本的性能において、より優秀な本機をお薦めします。.

嫁さんにホームビデオ用途で買え買え言われて買いました。デジタルビデオカメラについて詳しくないので仔細書きませんが、すぐ到着、すぐ利用開始可能でした。家電メーカーが女性&子供をターゲットにしたcmを打つのでこんなことに・・・。私含め世の旦那諸氏に黙祷。さて、機能は比較可能な例を知らないのですが、室内の試し撮りでも非常に映える、オートフォーカスが非常に高速、15cm程度の近接撮りでも細部(カーペットの繊維など)まで拾えるなど、ホームビデオ用途を十分満たす製品だと思います。もう1~2レベル安い機種でも十分そうですが。.