今までfz30を十年近く使用。ズームが手動なので旅行に持参すると、他の方に一眼レフですか?と訊かれる程高級感があり、愛用していました。でも、画素数が800万でしたので、今までのバッテリーが使える同シリーズで、もう少し上位のものが欲しくて探していましたが、新しい機種は光学ズームの倍率や画素数は上がったものの残念ながらことごとく電動ズームになってしまい…。ここで中古を購入しました。今時のデジカメは電動ズームでファインダーさえ無いものが主流ですが、こういう優れものは無くしてほしくないですね。.

複数のコンパクトデジカメとデジタル一眼を持っており、ハイエンドレンズ一体型についてはdimage 7、dimage a1と使っておりましたが、一言でfz50を言うと撮っていて非常に楽しいカメラだと言えます。olympusの新機種sp-550uzなどは、ワイド端からズームして行くと鏡筒がかなり伸びますが、fz50は鏡筒の長さはワイド端からズーム端まで変わることはありません。ワイド端が28mmでないのは残念といえば残念ですが、ワイド端を28mmまで伸ばすとかなり無理がありひずみも大きくなるでしょうから現状あたりが手ごろだと思われます。これは私自身が28mm固定のgr digitalを持っているためかもしれませんが、gr digitalとfz50の二台を持ち歩けば、デジタル一眼をのぞけば最強になるでしょう。普段はevf(ファインダー)を使いますが、ローアングルなどではフリーアングル液晶が威力を発揮します。ズームもコンデジのように電動ズームではなく、ズームリングをまわす手動なので、すばやくあるいはゆっくりと任意の速度でズームできズーム調整も細かくできるのも一眼になれた者にはありがたいです。フォーカスリングもスムーズでマニュアルフォーカス時にはevfあるいは液晶が拡大表示となりフォーカシングが楽になります。デジタル一眼はeシリーズを持っていますので、オリンパスのフラッシュfl-50がそのまま使える(もちろんメーカー保証はありません、自己責任で…)のもメリットで、fz50のズーミングにあわせてfl-50の焦点距離表示も正確に連動してttlもきちんと働いているようです。デジタル一眼を持っていても、レンズ付け替えなしで35〜420mmまでカバーでき(画質を考えるとsp-550uzのような高倍率はちょっとやりすぎの感あり)、手ぶれ補正もよく効きますので、これ一台!って感じでカバー範囲は非常に広いです。接写は弱いのですが、市販のクローズアップレンズを使えばある程度カバーできます。もちろんデジタル一眼のマクロレンズには画質は及びませんが、それでもコンパクトデジタルのマクロよりはるかに良いでしょう(使うクローズアップレンズにもよりますが).

4:3モードでモノクロで撮るのにはまってます。地方の古い市街やさびれた商店街や観光地など撮影するとなんとも味わいのある写真が撮れます。望遠側のほうが綺麗に撮れます。広角側は味気ない気がします。でもこのカメラ気にいってます。所有する喜び感じてまーす。.

1010万画素になったからといって、サービス判やキャビネ判の印刷では目で見て分かる違いはない。1010万画素が生きるのはa4以上に大きく印刷した場合だ。特に遠景など細かい部分の再現は、少しでも画素数が多いほうがきっちりと解像するし、部分をトリミングする場合にも有利になる。凹凸やシワ、羽や毛までシャープかつ離れた位置にある蓮の花も大きく写せる。発色はクリアで鮮やかだ。.

  • 大切にします
  • 使いでのある楽しいカメラ
  • 焦点距離420ミリ相当を1010万画素で堪能

パナソニック デジタルカメラ Lumix Fz50 ブラック Dmc-Fz50-K

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●DMC-FZ50 ブラック●Panasonic LUMIX