以前使っていたのは、光学3倍ズームでしたが、中途半端な感じで人物中心なら良いかも知れませんが、1台でオールマイティーに使うにはもう少し望遠が欲しかったので丁度良い品が出たと直ぐに購入しました。望遠に付きものの手ぶれに対しても手ぶれ補正が付いてるので安心です。旅カメラ!ピッタリのキャッチコピーですね、早速桜を求めて小旅行を致しました。露出補正も手軽に出来るし、操作しやすいカメラですね♪大旅行に備えて早速予備の電池を発注しました。.

光学10倍ズームなので、被写体が遠くにあってもアップで撮れます。例えば、駅の向かい側のホームに貼ってあるb2ポスターの文字でも、鮮明に読む事が出来ます。これは、一度体験するとビックリします。私の使っていたデジカメは、光学3倍ズームだったのですが、かなり世界観が変わります。そのくらい凄いズーム倍率です。手ぶれ補正機能も付いているので、走行中の電車内の車吊り広告を撮っても、全然ブレません。しかし、何故かレンズカバーが手動です。いくら起動が早くても、レンズカバーを外さなくてはならないのでその分タイムロスしてしまいます・・。また、動画撮影中はズーム速度が極端に落ちます。ですが、不満点はこのくらいで、非常に満足出来る製品だと思います。.

かなり安い!中古品なので小傷はありますが使ってたら付いていくものだしと割愛。この値段で10倍ズーム、シーンセレクト付き!とてもいい買い物でした!.

野鳥の写真を撮りたいけど重いのを持ち歩くのは嫌。3倍で我慢していたけど、tz1に出会った。アマゾンの値段も嬉しい。荷を解き早速充電。170分待ってファインダーを覗き撮ってみたら…。隣の部屋の奥の暗がりの中の犬の置物がくっきりはっきり映っている。素晴らしい倍率と処理能力。購入して良かった。.

やっと来ました,panasonic dmv-tz1。手にすっぽりと、ちょうどいい感じ。構えてみると、縦、横、意外と安定感がいい。バックの中にもすっぽりおさまる。電池の充電、170分はチョット長いと思いながら、取扱説明書を読む。ふんふん、なるほど・・・電池を入れて、部屋の窓から望遠で月桃の花を、350mmも結構いける、手振れ防止装置もきいている。ワイドでマクロにして湯のみ茶碗のアップ、陶器の肌までばっちり再現。(*`▽’*)うひょうひょ明日は早速、撮影に行こう.

高倍率ズームのコンパクトデジカメはricoh caplio r1、r3と使ってきましたが、r3でレンズが出たままフリーズしてしまうトラブル(caplioの高倍率のrシリーズでは珍しくない故障のようです)が出たので、修理後手放しまして、旅カメとしてtz1を買いました。lumixではfz50も所有しておりますが、高倍率をもっと手軽に持ち歩きたいというときに威力を発揮します。コンパクトデジタルの中ではずんぐりむっくりとして大きいほうですが、それだけにレンズ口径も大きく明るい(f2. 8のleicaのdc vario-elmarit)ですし最も暗いテレ端(350mm相当)でもf4. 5あたりからスタートする他社の小型コンパクトより有利です。lumixの手ぶれ補正はricohのものよりよく効くように思いますが、tz1も例外ではなくf2. 8のレンズとあわせて室内などでは有利になります。シーンモードの中で意外にも綺麗なのが料理モードですね。これで料理を撮るとデジカメ初心者でも構図を除けば(構図は腕次第なので)綺麗に撮れる可能性が高まります。星を一つ減らしたのは、どうでもいい話ですがレンズバリア内蔵ではないこと(後継のtz3は内蔵)、バッテリーの持ちがイマイチ(といっても悪いわけではないですが)なことでしょうか。丸一日使おうと思ったら予備バッテリーを持つのが安心です。.

1台で写真も動画も撮りたいと思いdvdカムやhddカムを検討していた時にtz1を見つけてこれに決めました。手振れ防止付きの10倍ズームがこのサイズこの価格なのは画期的です。動画撮影できる機種には連続撮影時間が2〜3分程度で区切られている機種が多いのですが、tz1はメモリ容量いっぱいまで連続撮影できるのと撮影中にズームを使えるのが非常に便利なので動画用としてもおすすめです(撮影中のズーム作動音も気にならない静かさです)。10倍ズーム時でも手振れ補正は良く効いていますしメニューも使いやすく妻もすぐに操作になれました。まだ使い始めたばかりですが今のところとても満足しています。.

まず何より惹かれるのは、光学10倍ズームな事。デジタルズームも使って超望遠にすると、画素が下がってしまう為、風景の撮影等が難しかったが、光学だけで10倍なので、クリアなズームが可能になった。欲を言えばキリはないが、他の機種に比べて満足感は非常に高い。また、これがコンパクトタイプで実現できた事が、嬉しい。高額な一眼レフまではちょっとという方でも、価格的にも魅力が高いし、コンパクトなのでちょっとしたお出かけでも邪魔にならない。機能も難しい事はなく、「set」ボタンを押して設定が必ず始まるので、ボタンを押し間違えて・・・という心配もない。欠点を探すとすればは、均一な色合いはシャープになるけど、人が沢山いる様な風景(例・渋谷の交差点)は少しぼやける感じはある。ただ、実際にブログやhpで使う範囲では全く問題ないだろう。.

利点と欠点

メリット

  • 小さくて持ち運びやすい
  • 高倍率ズームで連続動画撮影も可能!
  • 操作性も良好

デメリット

10倍ズームに惹かれあれこれ悩んだ挙句、購入しました。私はamazonで買わせていただいたのですが、届いた荷物を開けた瞬間「あれっ、こんなに小さかったっけ?」と思いました。まだ数日ですが使ってみた感想、サイズ:意外とコンパクト液晶:文句無しに鮮やか操作性:説明書無しでも直感的に扱えます画質:発色は良さそうですレスポンス:静かかつスムーズで手ぶれ補正も良く効いてます高感度モードに関してはどうしてもノイズが目立ちますから期待しないほうが良いと思います。屋外で使用する分にはまったく問題ないと思います。10倍ズームは最高です!.

10倍ズーム、500万画素でこのサイズは驚きです。レンズキャップは自分で取り外ししなくてはなりませんが、電源on時にレンズのせり出しがないので、はずし忘れて電源onしても弊害ありません。ファインダーありませんが、液晶モニタにパワーモードがあり、液晶モニタの発色がよいのでパワーモード使わなくても屋外でモニタ確認できます。撮影、再生時の応答も速く、操作性もいいです。シャンペンゴールドは画像で見るよりも赤っぽくありません、質感もいいと思います。。バッテリーが小さく、1000mahというのが不安で、買い増すとなるとちょっと高価(本体に対する割合高い)ですが、本体を買っての感想は大変満足です。個人的には簡単モードいらないかな。.

子供のサッカースクールや運動会などの写真を望遠で撮りたいと思っていましたが、ゴッツイ一眼レフはちょっとな−と思っていました。今流行のすごく小さいデジカメよりは多少大きいけど十分おしゃれで光学10倍ズームが撮れる、さらに画質も綺麗で言うことなしって感じです。バッテリーの充電時間が多少長い感じですが、バッテリーのもちは十分、さすがに「旅カメラ」ですね。リュックや鞄に気にせず投げ込む(持ち歩く)ことができるので、夏休みは子供といっぱい遊んでTZ−1で子供の写真をいっぱい撮ろう思います。.

満足です!とっても!目玉の10倍ズームはとてもスムースです。音も静か。動画でもズームできて便利です。動画時はズームスピードがより静かに遅くなるみたいです。起動もものすごく早く電源オンで即起動でびっくり。電池の充電時間も短いです。手ぶれ、被写体ぶれもlx1(所有)より進化した感じ。グリップ感もとても良く持ちやすいです。通常モードのiso800はノイズが多少出るもののなかなか優秀です。400ならほとんど気になりません。高感度モードの場合はややつぶれた感じになります。操作性はmenu体系が従来機より整理され使いやすくなってます。sdカードは安く手に入るtranscendの150x2gを使ってみましたが静止画・動画とも問題なく動作してます。何より10倍ズームで、この起動の早さは画期的です!ただ、レンズキャップがなぜかグレーなのかが、よくわかりません。ぼくはコンフォートブルーを買ったのですが、シルバーか、本体色に合わせるべきだと思いました。(スプレーで塗ろうかなあ).

以前にも光学10倍ズーム搭載機種のcanon powershotprois90を使っていたため、どうしても「光学8倍以上、できれば10倍」のコンパクトカメラが欲しくて購入しました。イマドキのデジカメに比べれば多少大きいとはいえ、十分カバンに収まるサイズと重さで、非常に重宝しています。比較対象としてはいわゆる「中型機」となる一眼レフ(もどき)タイプも考えましたが、やはり「手軽に持ち歩ける」という点が非常に魅力的です。この価格を考えれば、コストパフォーマンスの面もバツグンであると感じました。.

今までFZIを使用していたが、画素数が少なく海外に持って行くのにかさ張るので、同じ10倍でコンパクトのタイプが発売されないか と思っていた所で発売即購入。機能も前より充実していて、またセットもし易く、満足している。ただし本格的写真を撮ろうとしたら、一眼レフかな。.

Lumixdmc-fx7からの買い替えです。売りの光学10倍ズームは一度使ってみると驚きます。3倍ズームじゃ物足りないとおもっている人は不満が解消されるとおもいます。望遠のカメラは手ブレがとても起きやすいですが、手ブレ補正が効果的に効いていると思います。大きさと重さに関しては、コンデジとしては大型だと思います。ただ、グリップ時のホールド感と重量バランスがとてもよく、シャッターボタンを押すときに本体がぶれません。手ブレ補正もあいまって比較的暗い室内でも手ブレを起こしにくくなってると思います。fx7は小さく軽すぎるので男性の手ではシャッターを切るときに本体がどうしても動いてしまっていたので、大型のフォルムはメリットもあるんだと実感しました。これは最新のfx01にもないメリットだと思います。高感度に関しては、fujiのfシリーズなどには適いませんが、iso400まではl版印刷でしたらノイズ感なく印刷できます。iso800になると多少ノイズ感が出ますがl版印刷でしたら気になる程ではありません。暗い室内のフラッシュ無しの撮影が気軽に出来ていいと思います。iso800は通常設定の他にシーンモードで選ぶ高感度モードのiso800もあります。正直、高感度モードのiso800は古いカメラつき携帯電話で撮影した写真のようなのっぺりした画像のつくりで、l版印刷ですらとてもじゃないですが実用レベルとは言えません。高感度で使用したいときは通常設定でiso800で撮影することをお勧めいたします。バッテリーも250枚のカタログスペック程度の枚数は撮影できました。ズームは文句無くすばらしい出来で、重量はあるもののホールド感がよく、液晶も高精細で見やすいです。panasonicが苦手としていた高感度撮影も実用レベルになったと言えるdmc-tz1はとてもバランスのいい機種と言えるでしょう。星五つです。.

いろいろ検討したつもりで購入しましたが、実際に使わないと判らないことがありました。量販店で実物を見て決めたつもりでしたがアレッと言うことも。重さと大きさ、店頭では気になりませんでしたがストラップは腕に通しときなる重さです。手に隠れるとは言えない大きさです。ビューファインダーがないのも大きさを意識させます。反対に嬉しかったのが、やっぱり10倍のズーム機能です。3〜4倍とは断然違います。手ぶれ補正もあるので3脚を使わなくても高倍率で撮影できます。取り外し式のレンズキャップがアナクロですが、その分大口径レンズの恩恵を受けるのだと、なぜか納得できる一品です。.

×室内 室内等、フラッシュをたかないといけない箇所では、いくらレンズが明るいといってもぶれぶれ状態でうまくとれない。また、高感度モードにすると、のっぺりした絵に仕上がるのでいまいち。◎外 屋外で取ると非常にきれいである。好みの問題でもあるが、発色があざやかで、非常に好みの絵に仕上がる。屋外専用デジカメとすると、今までもった中でダントツによい。.

特徴 パナソニック デジタルカメラ Lumix Dmc-Tz1-N シャンペーンゴールド

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●DMC-TZ1 シャンペンゴールド●Panasonic LUMIX

ベスト パナソニック デジタルカメラ Lumix Dmc-Tz1-N シャンペーンゴールド 買い取り