パナソニック(Panasonic) パナソニック デジタルカメラ ルミックス Tz70 光学30倍 シルバー Dmc-Tz70-S : デジカメTZ70

 5台目のデジタルカメラとして買いました。 光学30倍(720㎜)は大変ありがたいです。 ただ、実際には、月を撮る時くらいしか高倍率は使っていません。月はクレーターまで撮れます。 普通の風景等では、200㎜くらいまでを使っています。 細かい設定があり、Pモードにしてカスタマイズして使っています。 ホワイトバランスは、細かく、しかも操作しやすいため、場所に応じて変えて使っています。 ファインダーは電子ファインダーであるため、ミラーレス一眼に近いです。 ファインダーをメインに使って撮影しています。そのため、カメラを身体全体でしっかりと固定して撮影できます。 手ブレ補正機能もかなり高性能で、三脚なしでもぶれずに撮りやすいです。 このクラスのカメラでは、機能面、大きさなど、十分であります。.

購入して時間が経ちましたが、心底気に入っています。近年稀に見るいい買い物でした。他にデジタル一眼も持っていますが、このカメラの使い勝手の良さからすっかり出番が少なくなりました。会社の小旅行でこのカメラで写真を撮り、参加したメンバーに配った所大変好評で、どんなカメラで撮ったのか聞かれた位です。建物を撮った際の歪みや、画像周辺の収差は多少気になりますが、それらのネガを上回る全体描写の良さで充分カバーしています。小型で携帯も苦にならず、この価格帯では珍しいライカレンズやファインダーが付いていることが購入の決め手になりました、既にモデルチェンジされていますが、敢えて新しいモデルに買い換えようとは思いません。物理的に使えなくなるまで使い倒すつもりです。このような秀逸な製品を製造、販売したpanasonicに感謝します。.

Amazon発送よりも発送が早くて驚きました。配送も商品も満足です。.

30倍ズ-ムが欲しく購入しました期待通りの商品で満足しています。P商品はいいですね.

  • これ一台でほぼ満足
  • 最高のコンパクトデジカメ
  • 旅カメラに最適

パナソニック デジタルカメラ ルミックス Tz70 光学30倍 シルバー Dmc-Tz70-S

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 寸法(約):高さ6.46×幅11.07×奥行3.44cm(突起部を除く)
  • 質量:約243g(メモリーカード、バッテリー含む)/約217g(本体)
  • 付属品1:バッテリーパック、ACアダプター、USB接続ケーブル
  • 付属品2:CD-ROM、ハンドストラップ
  • 有効画素数:1210万画素
  • 光学ズーム:30倍
  • 撮像素子:1/2.3型 高感度MOSセンサー
  • シャッタースピード:4-1/2000秒
  • 動画 記録方式:AVCHD Progressive/AVCHD/MP4

ファインダ付きが欲しくてtz60か70で以前迷って70を購入して使用していますが、最近感じるのですがtz60にしておけば良かったと感じながら使って居ります。その以前購入したtx-30の方が写りが良いようです現役で気に入って使用しています。 tz70の方はフォーカスに迷いが有るようで, すっきりしません。tz30より70の方が良いと信じて購入したのに非常に残念で役にたっていません。益々返品したいと感じている今日この頃です。メーカーさんどうしたらよいですか。.

性能はこの価格帯では大変よいと思います。特にビューファインダーは他の機種では見当たらない。.

撮影用としては、重宝しますが、案外カメラ自身が大きいので、以前のtz30をまだ使用してます。夜景撮影時には高性能を発揮しますが、カメラ自身が大きく、重いのでちょっと、使い勝手には劣ります。.

カメラ本体は、性能・品質・デザインとても満足しています。が、取り扱い説明書が雑で使えません。それで判らないときはその都度、電話で教えて貰っています。.

光学30倍もありevf付きであるこのカメラ一つでありとあらゆる撮影が可能。1210万画素万画素とセンサーは控えめだが、実際に撮ってみると画質がなかなか良い。panasonic image appを使えばスマホへ転送してsnsへ配信することも可能。このアプリのリモートシャッターが反応悪く使えないのが☆一つマイナス。.

手振れ補正はなかなかよいかも、今度運動会で活躍してくれそうですね。.

発送が早くてとても良かったです。品物も満足で買ってよかったです。.

ルミックスtzシリーズ、コンデジにして一眼レフと同じような操作ができるのでお気に入りです。tz60よりファインダーが美しくなった!、有効画素数を下がりましが逆に綺麗な写真が撮れるようになりました。光学30倍でオールラウンドな撮影ができ、ファインダーが付いているので野鳥など動きのある撮影に重宝します。操作性も良く、オートフォーカスも速く、カメラのグリップも改良されたコンデジでは最高の一台だと思います。カメラの質感が変わったので持った感じtz60より軽く感じます。逆光補正hdr合成もパナソニックは速いんです。.

手持ちで光学30倍35mm換算で720mm平気で写せる すごいですねー ファインダーがとにかく便利です 日ごろデジ1を使っていますので どうしても液晶を見ながら写す感覚になじめていません 対ファインダーをのぞいてしまうのですが 自動で液晶からファインダーに瞬時に切り替わってくれるのでまったくストレスがありません.

普段は一眼レフを使用していますが、コンデジが欲しくなったので買ってみました。なんとかポケットに入る大きさでコントロールリング、evf、超望遠、動画でも使える強力な手振れ補正などがあって安く、お得感がすごいです。ただしレスポンスはイマイチで、画質は並だと思います。こういうコンセプトのカメラは今後も続けてほしいですね。.

形状は、dmc-tz60と同様ですが、持った感じは軽く感じます。不思議です。買い増しですので、60との比較ですが、とても、動作が、早いです。特にモニターの切り替えが、便利です。.

10年近く前のルミックスからの買い換えです。動画がメインでビデオカメラと迷いましたが、手軽さを選びました。買って良かったです。ズーム時はゆっくりしないとぼけますが、仕方ないと思います。.

普段使う分にはなんの問題もありません。額に入れるような写真は気合を入れて他のカメラで撮るので、普段はこれで十分です。30倍ズームの場合も、ファインダーで見ながら、カメラを額に押し付けて撮れば、ブレはほとんど生じません。むかしはみんな、こうやって撮ってました。.

ほぼ新品同様、付属品すべて揃っていた。3年ほど前に、同機種の型落ち新品を半額ぐらいの値段で買っていたので、今回の値段はほぼ同額で決して安くはないけれど、動画撮影機能が強化された新しい機種は必要ないので、あえて使い慣れた機種を選びました。.

コンパクトデジカメは今まで何台か買いましたが、このカメラは最高です。一眼レフはcanon7Dと5DⅢを持っていますが、山登りやハイキング時には重い一眼レフよりコンパクトで軽いTZ70-Sを持って行き重宝しています。ケースを買っていつも腰につけています。写りや機能も文句なしです。.

価格なりの商品です。フラッシュの位置も悪いし、動画もソニーの方が良さそうです。.

あまりカメラには詳しくありませんが、私には使いやすくよくできたカメラでした。さすがに推薦品ですね!.

普通のコンパクトカメラとは違い、昔の銀塩カメラを思わせるマニアックなカメラで焦点距離も自由に変えれて、桜などアップのショットが撮りやすくバックのボケ味もいい。これだとファインダー装備されていて重い一眼レフは必要なく楽な写真ライフが楽しめる。中古で買ったけど期待以上に綺麗な状態でほぼ新品なのには大満足!.

前モデルtz60に対しevf(電子ビューファインダー)の画素数が増え、アイセンサも追加され、より使いやすくなりました。光学30倍ズームなので、遠くの被写体をしっかりぶれなく撮影するにはevfはあった方がいいと思って本機を選びました。また電子水準器、レンズ周辺にコントロールリング、が付いています。またa(絞り優先)、s(シャッタースピード優先)、m(マニュアル)のモードもダイヤルで変更可能。パナソニックのミラーレスカメラにも搭載されている各種のクリエーティブモード(エフェクト)も楽しめます。流行のwifi/nfcは搭載しています。この手の旅カメラ(tzのtはtravelのtらしい)にはgpsが搭載されているケースがありますが本機にはありません。前機種のtz60にはあったのでこれは削除された機能ですのでgps必須の方は要注意です。(nikon s9900、sony hx90vなどgps付きの光学30ズームモデルと比較検討してみてください。)海外モデルにはブラックもあるのに、日本仕様にはシルバーだけというのもちょっと寂しいですね。しかし、前述の通り機能は豊富で価格もhx90vほど高くないのでお勧め度は高いです。注記:液晶ディスプレイは固定式です。自撮りには向いていないかもしれません。amazonの仕様欄にインセル静電タッチパネル式対面チルト(180°)液晶 とありますが、タッチパネルでもありません。ご注意ください。.

前身機種の tz60 が発売されてから、わずか1年でのモデルチェンジですが、確実に良くなっていると思います。なによりも良い点は「画素数を欲張っていない」点だと思います。今、エントリークラスのデジカメは 1/2. 3 のセンサーで 1600万画素くらいが主流ですが、このカメラは画素数が 1200万 に抑えられています。実は画素数は画質を決める要素の一つですが、一つ一つの画素は大きいほうが性能を上げやすいのです。取り込める光量が大きいわけですから。【このことをプロのカメラマンは1画素性能(イチガソセイノウ)と言って画素数より重視する人が多いです。nikon D4 は1600万、eos1 は2000万画素しかありませんが、1画素性能がものすごく高いわけです。】つまり、同じサイズのセンサーの場合、「画素数を増やせば一つの画素が小さくなる」という矛盾があるわけで、各カメラメーカーはこの矛盾を克服するために大変な努力をしているわけです。今の 1/2. 3 1600万画素 のカメラにはまだ共通の欠点があると思います。それは・・1. 遠景描写が曖昧になる。2. コントラストの大きな被写体に弱い。などで、要は「ダイナミックレンジが狭いので画像処理でなんとかしている」ということだと思います。その点、この tz70 はこのサイズのセンサーのカメラとしては上記の欠点が小さくなっていると思います。画質も肉眼では 1800万画素 あった tz60 よりも自然でずっと好ましく感じられます。操作系も見直されて動作も速くなり、ファインダーも見やすくなっています。手ブレ補正も 5軸 で効果の大きいものです。また、守備範囲は広く、「シャッター押すだけ 」の簡単撮影から raw で現像する高画質撮影までこなします。したがって、サブのカメラとして日常を記録するために持ち歩くには最適だと思います。現行の 1/2. 3 くらいのセンサーを搭載したカメラでは best buy だと思います。ただ、星五つにしなかったのはストロボに不満があるからです。まず、光量が小さいので必要な場合に外付けのストロボが使えるようにホットシューを付けて欲しいと思います。その方が高倍率ズームが生きます。それと、今の位置だと何かの拍子に手が掛かったりして発光が遮られる可能性があると思います。位置を変えるとか、少しでっばらせるなどの工夫があるとなお良いと思います。でも、全体としては初心者からベテランまでたくさんの人にオススメできるカメラだと思います。.

試しにいろいろ写しているうちに、味のある写真も少し写せるようになりました。オートでもけっこう良い写真が撮れますが、バックをボケた感じにするには目標物から2~3メートルほど離れズームを使うと良いみたいです。説明書を読んでも理解しにくいので、とにかくカメラをいじって自分で覚えた方が早いかな。あまり重くもないし使い勝手は良いので初心者向きですね。一つ困るのが、やや暗い場所で撮る時に光が足りないせいか、なかなか焦点が合わずシャッターチャンスを逃してしまいます。でも晴天のときはサクサク撮れますよ。まだ十分に使いこなせていないので、これからもっと研究?してみようと思います。.

ずっと我慢して5年使ってきたtz7がいよいよレンズ内にホコリが溜まり、近日あるイベントに使用したいので購入しました。自分の使用目的は「手軽に撮れる日常風景」と、「家族などのイベント」での使用が主になります。かなりいろんなシーンに繰り出すのでコンデジしか条件が当てはまりませんし、最終的にカメラはかなりボロくなります。今回いろいろ吟味したのですが、パナの使い勝手に慣れたこともありtzシリーズをリピートしました。諸々のスペックや比較などは他のレビュワーさんに任せるとして、気付いた点を。少々一般的なコンデジより大きいですが重量はさほどでもありません。当然小型のモノよりは重量はありますが、見た目ほどは重く感じませんので持ち運びや取り回しは良いと思います。ただ光学30倍レンズを保有する筐体なので大きさは少々あります(シガーケースくらいはあります)他者さまとかぶりますが、フラッシュはグリップを持った手で遮られることが多い(画像の右下が暗くなる)ので、右手は下目に持つなど持ち方に気遣いが必要です。別途の充電器を購入しないとケーブル接続による本体充電となってしまいます。コストの問題でしょうが、予備バッテリーを合わせて購入しようとするとプラス8400円ほど掛かるのはしょうがないのでしょうね・・・本体での充電中はカメラを使用できなくなるので(使用中は充電が途切れる)、充電器はあった方が良いでしょう。ファインダーについては非常に使いやすいです。動く被写体を追ったり太陽光で液晶が見え辛い際や周囲に気を遣う暗所など、あると助かる場面が意外とありました。液晶との切り替えもセンサーによるオートでも問題無いですし、ボタンによる任意切換も簡単です。wifiでのスマホ連動はなかなか楽しいです。最初の認識に少々時間が掛かかるもののリモート操作などでいろいろ遊べます。スマホへの画像転送も出来るので、スマホ上でonedriveやgoogle+などと連携すればスピーディーに活用できます。コントロールリングも極端な味付けの変更まではできませんが、微妙な調整ができてちょっと便利です。また子供の運動会など、ムービーも持ちデジカメも持ってと2台同時撮影も珍しくない昨今、iaモードではリングがズーム機能への割当となっているので、左手のみの撮影も出来て(変な格好ですが)助かりました。肝心な画像の質感はパナらしいカチっとした絵で、この価格帯のコンデジとしてはまずまずだと思います。画素数減少の影響はハッキリ言ってわかりませんが、カチッとした中にマイルドさを感じる部分がそれなのかもしれませんね。好みは別れるかもしれませんが、コントラストや色のダイナミック感が5年の進歩を感じました。光学ズームは便利で多用しがちですが、最大望遠付近はちょっとメリハリ感の無い仕上がりになることが多いので、あまり大事なシーンでは注意が必要です。バッテリー持ちも容量を考えれば当たり前かもしれませんが、旧機の3割前後は伸びました。1日のイベント使用で3~4個だったものが2~3個に減りました。容量増による恩恵ですがその分充電に時間が掛かる様になったので、使用個数が少ないのは助かります。純正3個、互換3個を用意し出掛けますが、未だフルで使用した事はありません。あれ?と感じたところは前述のフラッシュが大きいですが、極々稀に暗めの屋内や暗所撮影時、モニターに映る被写体にノイズが出ることがあります。これは輪郭部分にだけ水色っぽいノイズがチラチラわずかにでるだけで、画像データーには乗りませんので心配は無いですが、後のファーム更新で解決されることを期待します。(日中の撮影においては発生しませんし発生自体も稀ですので当方は保証等は考えておりません)ご参考までに。.