Olympusのxz-1を持っています。 こちらの方がレンズが暗いのですが、動画も良く撮るので、買い増しです。xz-1よりも設定変更が楽にでき(縦横比率)、更に背景をボカしたいときにマクロモードにするのもこちらの方が物理ボタンがあるので楽に変更ができます。 写真自体はolympusの方がふんわりと撮れて時々 はっ とするような写真がとれます。こちらは、常に優等生な写真で、若干濃いめなコッテリ画像。でも、操作性はこちらが好みで、動画に関しては圧勝なのでこちらばかり使用してます。 マイクロフォーサーズのolympusのpm1を持っていました。キットレンズではxz-1の方が綺麗だと思いました。 ミラーレスはsonyだけ残して、フォーサーズであれば、このカメラの方が軽いし小さいし動画はアクティブモード有るからいいと思います。 大満足これに東芝のflashairを使ってスマホに画像を移動してます。.

Amazonのレビューを参考に購入しました期待どうりの性能で満足です。.

デジ一d300のサブ機として買いました。これまでは、ルミックスのfx01やfx35を使っていましたが、raw撮りが出来なかったことや、シャッターレスポンスなどで不満でした。購入に当たっては同じくgf-1と比較して随分と悩みましたが、携帯性を重視してlx5に決めました。以前使用していた01や35から比べると一回り大きく重いので、ワイシャツの胸ポケットに入れて歩くワケにはいきませんが、小さめのバックやポーチがあれば十分に収納できます。また、デジ一と同じようにストラップが付属しているので、今は首からかけてジャンパーの内側に入れております。操作性は、ルミックスを使い慣れていることもあって、取説なしでも十分使いこなせました。さすが、f2. 0のレンズはすばらしい写りです。風景、花、鉄道、街角スナップを主に撮っておりますが、場合によっては一眼を凌ぐ思いです。広角24mmでのパンフォーカスは特にすばらしい写りです。1cm接近マクロもクリアーな写りで、花撮りに威力を発揮しそうです。不満ではありませんが、改良して戴ければとの思いです。”1・レンズキャップの取り外し取り付けが面倒です。電源をonにするとレンズが繰り出すのですが、レンズキャップを外さないでいるとレンズが繰り出せず、キャップを外してどれかのボタンを押して下さい・・のメッセージが出ます。”2・iaモードではraw撮影が出来ず、自動的にjpgに切り替わります。逆にjpgオンリーならiaモードのみで撮り続けても全く不満はありません。”3・バッテリーの消耗が早いような気がします。今は気温が低い季節なのでその影響かも知れませんが、先日、底冷えの京都の街撮りをした時、100枚程度撮ったあとのバッテリー残量目盛りが1/3になっていました。原因は、購入時のモニター節電モードがoffになっていたためと思います。onに設定変更をするとバッテリーの持ちが少し良くなりました。しかし万一のため、後日予備の純正バッテリー(アマゾンで4555円)を買い求めました。総合的にはこれを打ち消すくらいの、すばらしくよく出来たカメラだと思います。重たくて大きいデジ一を持ち歩くより、小さくて軽く、よく写るlx5は当分は出番が多い主役カメラになる予感がします。.

新製品がウワサされようとしていますが,未だ素晴らしいコンデジです.panasonic lx シリーズ最後のccdモデルになるのかもしれませんね.購入して1年以上が経過したのでレビューさせてもらいます. デジイチとマイクロフォーサーズのユーザーですが,日常はricoh grdiiiとlx5を使用しております.lx5は超望遠ズームがあるオールマィティなカメラではありませんので,動画と超望遠を望まれている方には不向きかと思います.しかしながら 実力のある素晴らしいデジカメだと思います.この機種を選んだ一番の理由は 室内撮影をストロボ発光なしで行いたいという理由から,明るいレンズで 撮像素子は大きくて画素数は欲張らずに少ないコンデジを考えました.panasonic lx5の特徴は24mmという広角であること.レンズの明るさがf 2. 0であること.90mmの望遠側においてもf 3. 3の開放値ダイヤルで露出補正が可能完成度の高い ccdの1/1. 63型・1000万画素 (オリンパスxz−1と同じセンサーです)アスペクト比の補正やマクロスイッチステップアップズーム,ae/afロックが可能グリップ感に質感も良く 所有することが嬉しくなる ほとんどのデジカメが広角域が 28mmからですが,lx5はさらに広角になり,集合写真などでも便利になります.明るいレンズのおかげで フラッシュ未使用の条件で室内での撮影や夜景撮影が手持ちで感度を上げすぎず撮影ができます.leica dc vario-summicronレンズは開放からf4. 0付近あたりまでが解像力が高く,このレンズとこのセンサーのマッチングは特筆すべきものでしょう.また,低彩度寄りでの画質もハイライトがよく粘るため画質が良いと思えます. 同じセンサーで同程度の明るさのレンズであるオリンパスxz-1も使用しておりますが,マクロへの操作性やキーやダイヤルが勝手に動くほど緩いなどの不満点と,何よりもxz-1やgrdよりも広角であるという理由から手放せないコンデジのひとつになっています.画質はgrdシリーズのように特定の撮影に特化したものではありませんが,実に納得のできる画質で,いわゆるデジイチ以下でコンデジ以上です. ホールド感も良いのですが,私は専用のボディジャケット(panasonic デジタルカメラオプション 本革ケース ブラック dmw-clx5-k)を着用させ,アルティザンアンドアーティストのgrストラップをハンドストラップとして使用しております.レンズキャップは jjc lumix lx5専用 オートレンズキャップ(alc-5b)&lcd(液晶)フードセットを購入して紛失の不安から逃れました.(レンズアダプターdmw-la6とフィルターlmc52も一時期装着しましたが,持ち歩きには不便なため オートレンズキャップを装着したままになっています)予備バッテリー(dmw-bcj13)も同時に購入致しましたが,現在のところ 使用する事はありません. なによりも評価できることは ファームウェアをこまめにバージョンアップし続けるパナソニックの真面目な姿勢です.lxシリーズはユーザーの声を反映させ確実に成熟させています.大切に長く愛用できるようにメーカーが対応してくれている事から,パナソニックのデジカメブランドの真骨頂とも言えるシリーズと思えます.ricoh grの信者ですが 少しズームが欲しい場合やもう少し広角でという場合がありgrdiiiとともに 毎日持ち歩くカメラになっています..

一眼レフデジカメを所有してますが、いつも撮りたい時に持ってなく、サブ機として買いました(今はもうメインw)今時のコンデジとしてはちょっと大きいですが、ショルダーバックやポーチがあれば邪魔にならない程度。能力や使い勝手は、他の方がレビューを書いてるのでそれを参考にすると良いと思います。購入を考えて、この機種までたどり着いたのならもう迷う必要無いと思います。ちょっと高いですが素晴らしいデジカメです。.

 茶道をしている都合で、四畳半の茶室に十人集めて記念写真を撮るのに広角が必要、さらに暗い茶室で茶器を撮るのにフラッシュを焚いたりシャッター音がしたりすると雰囲気台無しになるのでかなり明るいレンズが必要で音がしない機種で、さらに狭い茶室に大きな一眼レフを持ち込むわけもいかず、着物の袖に入るくらいの大きさの機種を探していました。 こうした条件を満たす機種として、このカメラに白羽の矢をたて購入しました。 実際、使用してみると上記の条件を見事クリアし、感度は1600程度まで上がってしまいますが今までのコンデジでは諦めていた暗いところでも茶器など撮れました。 先日もiaモードで東京国際フォーラムのライトアップを撮ったところ、現実以上に明るく撮れて、減感した位「f2.0」のレンズの力を見せ付けてくれました。 画像処理で暗いところに強い機種も最近は多くなりましたが、この機種に限っては基礎体力の強さで表現してくれる機種です。ハッキリ言って半端な一眼レフが尻尾まいて逃げるくらいの実力のある機種だと実感させてくれます。.

常に鞄に入れておけて日常の様々な出来事をサッと撮影する用途で使っています。lx-5は画質や操作性など非常に良好で完成度の高いデジカメと感じました。s95 xz-1 p7000 g12 gx200_vf_kitあたりと悩みました。 lx-5の機能で良いと感じた部分コンパクトデジカメとしては大きめな撮像素子サイズ1/1. 63ccdに抑え目な1010万画素の組み合わせ。24mm-90mmの広角に強く望遠も必要十分ライバル機のオリンパスxz-1は広角が28mmからなので24mmが必要か28mmで十分かで、どちらを選ぶかが大きく分かれると思います。24mm 28mm 35mm 50mm 70mm 90mm 120mmのステップアップズームが使える。一眼などを使っている方には、この機能が無いと非常に不便に感じると思います。24mm:f2. 0の変化が緩やかで望遠端でもなかなか明るい。レンズの明るさならxz-1の方がやや上ですね。jpeg+raw同時記録が可能書き込み速度は東芝クラス10sdhcで1枚/3秒ほど、バッファは3枚ほどなので書き込み中でも3-4枚は続けてシャッターを切れます。このクラスのデジカメでは当たり前ですがa. Pモードとユーザー登録モード2個が使えます。af速度はコンパクトデジカメとしては結構速いと感じます。気になった被写体を見つけ、さっと取り出して撮影するのにafやssが遅かったり精度が悪いと使いにくいのです。afからmfに自由に切り替えられピントの微調整が出来る。切り替えるとフォーカスをリセットされちゃうコンデジもよくあります。ダイヤルで絞りや露出等条件を変更できる。1個だけのダイヤルで上手く二つの条件を変更出来、知らない間に変更してしまう事がないダイヤル構造が使いやすい。手ぶれ防止機能はかなり良く効いていると感じます。isoオート上限制限が200 400 800 1600 3200と選択できる。画質面で良好なのは400か800まで、1600は微妙、3200は使わないです。トリミングではないaspect変更で1:1 4:3 3:2 16:9が変更できる。コンデジだけ使っている人は4:3 一眼を主に使っている人は3:2が使いやすいでしょう。フラッシュがポップアップ式で間違ってフラッシュを発光させてしまう事がない。動画録画ボタンがフラットで間違って押してしまう危険が少なくシャッターチャンスを逃さない。動画でも手ぶれ防止機能は働いているようでスムースな動画になります。また動画時はズーム速度がゆっくりになるのも再生時の見やすさ向上に役立っていると思います。液晶モニターはかなり綺麗です。 良くないと感じた部分mフォーカスなどダイヤルをグルグル回す時にダイヤルの動きが硬く、指への食いつきが悪いので中々合わない。mf中心の場合はae/af lockボタンを押すことによりafが作動するのでその後の微調整をmfで合わせればイライラは減ります。モード切替ダイヤルがすごく安そうなプラ感丸出し、そしてクリック感が緩い。結構高いデジカメなので金属部品使ってください…バッファがrawで3枚しかないので連写はブラケット専用です。連写時は1枚撮影でバッファに空きがあっても操作が出来なくなる書き込み待ちが発生します。連写はraw3枚で連写速度自体も遅いですが、フォーカスなどは1枚目で固定されています。レンズキャップを外すのを忘れて電源を入れると外してボタンを押すように警告されます。再生ボタンを押せば再生モードはそのまま使えます。コンパクトデジカメとしてはちょっと大きく、特にレンズの出っ張りが持ち運びに影響します。幅 約109. 0 mm予備電池は互換品だと使い勝手が悪くなるように設計しているので、高い純正電池を買うようにされています。こういう部分は個人的に非常に嫌です。.

Love this camera, does a lot of things well, the 24-90 f:2 summicron is good in almost all situations. To bad panasonic has decided not to give multiple language options for the menus. Still i love the control layout and the quick menus. The best compact digicam i’ve ever used, i don’t think i’ll be needing another camera for a while.

利点と欠点

メリット

  • 画像がすばらしいです。
  • なかなか良いです!
  • 素晴らしい

デメリット

今まで使っていたデジカメは暗いところでの撮影では全く役に立たず、夜に強いカメラを探していましたが、最終的に選んだのがlx5でした。使ってみた感想ですが、さすがレンズが明るい!夜の室内でも手持ちでブレずにくっきりと写ります。夜景も手持ちで十分いけます。これまでのカメラで不満だった点が解消されて、スッキリしました。私は建物や風景を撮る事が多いのですが、広角での性能は他の方も書かれているように、歪みが少なく端のほうまでクッキリ写ります。望遠側があまり必要でない人にとってはベストな機種だと思います。ただレンズキャップは内臓して欲しいですね、社外品のオートレンズキャップを購入して付けていますが、デザインはイマイチです。バッテリーは予備にロワの互換バッテリーを購入しましたが、電池残量が表示されず、無くなるときは突然切れてレンズも出たままになります。持ちも純正品より悪かったりするので、値段は倍しますが純正品を買うのがよろしいかと思います。.

コンパクトデジカメを初めて使いましたが、このカメラでの写真には満足しています。.

最新のデジカメと比較すると、機能的にはシンプルだと思います。望遠も小さいし、動画もフルハイビジョンではありません。ただ静止画を撮ると一眼レフかと思うほど、綺麗な映像が撮れます。私にとってカメラは静止画を撮るものなので大変満足しています。一眼レフをいつも持ち歩くのは大変ですが、このサイズならカバンに入れておけますしデザインもなかなか高級感があって気に入ってます。綺麗な静止画を求めている方にお勧めします。.

思ったとおりよかったです!良い買い物をしたと思っていますよ~♪.

旅行のお供に、ビデオより写真を残したかったので、携帯性と画質のバランスを中心に、自分なりにカメラを探したらこれになってしまいました。カメラは全くの素人だし趣味にもしていないので、カメラとしての詳しいレビューは他の方にお任せしますが、いまどきのコンデジってこんなに進化してたんですね。特に動画については、使う前は全くのオマケだと思っていたので、実際に使用してみてその実用性にびっくりしました。前回の旅行にも持っていったビデオカメラも持っていったんですが、とっかえひっかえするのがとても面倒なのと、ビデオカメラとしても十分実用だと実感したので、旅行開始数時間でビデオカメラは旅行鞄にしまってしまいました。16gbのsdカードを挿入して行ったんですが、予備のカードを使うこともなく、空きメモリを1/3残して2泊3日の旅行の記念dvdを編集するのに十分な量のビデオと写真が撮れました。また毎夜、充電器で充電していましたが、日中は電池切れを起こすこともなく頑張ってくれました。今どきは編集ソフトでビデオから写真を切りだせますが、ビデオで残したい絵と写真として残したい絵があること、フレーム枠や構図を考えたり、逆光や暗い場所での撮影とか、やはり写真はカメラで撮ったほうがイイ!と素人ながら今回の旅行で実感しました。特にrawモードで記録した写真を自宅pcで調整すると、非常に綺麗に仕上がりとても満足しています。付属ソフトもなかなか優秀でした。ズームしてもレンズのf値があまり落ちないし、とてもシャープな絵が撮れるので、日の落ちかけた状況でも暗さを気にすることなくすべてオートで写真もビデオも撮れて助かりました。ライカのレンズの優秀さもありますが、レンズの性能を生かしきったパナソニックの技術陣もGJ!とても感謝しています。.

キャノンの一眼レフは持っているのですが、サブ機として購入しました。半年以上使っての感想です。まず、明るいレンズが秀逸です。f2. 0はだてじゃないですね。暗い場所でも被写体を逃さず、写りも非常にキレイ。大きな一眼カメラを使わなくなりました。キャップはオートの別売り品があるので、それを使っています。これも便利なグッズです。大袈裟に画質にシビアーな方以外はほとんどの人が満足出来る性能だと思いますよ。高性能でレンズがライカというだけで買いですね。長いこと良き相棒になりそうなカメラに出会いました。オススメです(^^)v.

コンデジ以上イチガン未満・・・ というような感じです。何よりレンズが明るいのがいいです。そして広角24mmというのも私が使用するのにはピッタリです。フィルターなんかも装着できますし、いろいろな写真を撮ることができます。とても満足しています!.

デジ一のサブカメラとして購入しました。コンパクトデジタルカメラと言っても若干、大きいですが良い感じの大きさです。画質は良いと思います。しかしiso感度800以上になるとノイズが目立つので星四つです。マニュアル操作も充実してて、デジ一のサブとしては充分です。連写ケースを着けると更にホールド性が増します。レンズは広角側でも歪む事が殆どなく、綺麗に撮影出来ます。樽型に歪む画を嫌う人にはオススメですね。.

私はlx2からlx3と移行してきました。ほぼ二年ごとに進化し、プロの仕様にも耐える機能と画質を提供してくれます。特にワイドに特化したレンズの性能は特筆すべきでした。狭い場所で友人たちと集合写真を撮ると、スゴいカメラ、端から端までピントが合っている。というコメントをもらいます。カメラマンは褒めないんです。その際は、必ず三脚(小型で充分)を使い、セルフタイマーで三枚連続のブラケット撮影にします。そうすると、必ず目をつぶった人がいたりするのが救えます。今回、さっそくlx5を手に入れ、前機種との比較が最も気になるところです。望遠側が強化されたが、ワイドのシャープネスや歪み補正は保たれているか、などが最も気になる点でした。ワイドでも四角いものが樽に写るのは好きではないのです。結果は問題なし、歪みは皆無ではないけれど、レンズの性能は高いレベルに保たれています。あまり気にしていなかったけど、レンズはライカブランドなのですね。レンズ部の突起が厚くなったのではと心配しましたが、全体で2ミリほど薄い。撮影では、電源の立ち上げからシャッターを押すまでなど、より機敏になっています。ボタン類も改善、シャッターも指の掛りが高めになって押しやすい。また他のボタン類も改善が見られ、指で認識しやすくなっています。一眼レフのように背面にダイヤルを設け、露出などをクリクリと回して変えます。大きな相違点と言えるのが、明るいカメラになったということ、ヘンな言い方ですが、いままでより暗い場面でもしっかりノイズが少なくモニター表示。シャッターを押すとモニターで見た通りに記録されます。ブレも出にくい。これはあたりまえの様でなかなかスゴい。フラッシュは多くの場面で使わない方が美しいでしょう。(もちろん逆光の屋外など必要なときも)驚いたのがデジタルズームでした。だいたい、デジタルでズームすれば被写体に妙な輪郭が出て画質が落ちると実感します。試しにいっぱいズームして、さらにデジタル域でズームすると、画面では少しボケたように輪郭の線がでます。やっぱりそうか、とシャッターを押して再生された画面を見ると、あれ、なんでこんなにシャープにキマっているのか、デジタルとは思えません。不思議なんです。補正の技術がここまで進化したのかとうれしくなりました。7mほど離れたところから本棚をズームでアップにしたら、本の名前がバッチリときれいに写る。これからは、デジタルズームが活躍しそうです。こんなにコンパクトでワイドも明るさもバッチリだと、ワイド側に関しては重たい一眼レフの出番が減りそうです。楽ですもの、、。もう少し劇的な変化を期待していましたが、目立たないけどベテラン好み。確実に重要な進化を遂げています。その辺りがプロいといえます。星1つ減らすのは、動画が私のmacに対応していないらしい、ということです。.

特徴 パナソニック デジタルカメラ ルミックス ブラック DMC-LX5-K 1010万画素 光学3.8倍ズーム 広角24mm 3.0型液晶 F2.0バリオ・ズミクロンレンズ

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●DMC-LX5 ブラック●Panasonic LUMIX

最近のコンデジは安い。そこそこの性能のものが1万円以下で買える。記念撮影の集合写真ならこのレベルで十分だろう。ただし旅行先での撮影で、風景も室内装飾も暗い教会内も食事も夜景も記念撮影も、と欲張るならこれくらいのカメラを持っていきたい。広角は一眼レフの標準レンズ以上に風景を広く捉えるし、フラッシュのたけない教会内での撮影も好感度と手ブレ補正が助けてくれる。多少暗くてもrawデータなら後でかなりの補正が効く。色温度の変更も簡単。raw保存はjpgでしか保存できない廉価デジカメにはないアドバンテージだ。むろんjpgでも編集はできるがrawデータをいじった方がより綺麗な写真を残せる。海外に旅行に行った際、コレと一眼レフ(標準と望遠のキットレンズ)を持っていったが実際に使ったのはほとんどこのカメラだった。ボケ重視の写真や連続撮影が必要になるような動いているものを撮るのでない限り一眼レフの出番はあまりない。おそらく次の旅行はこのカメラ1台だけを持っていくことになるだろう。.

ベスト パナソニック デジタルカメラ ルミックス ブラック DMC-LX5-K 1010万画素 光学3.8倍ズーム 広角24mm 3.0型液晶 F2.0バリオ・ズミクロンレンズ 買い取り